CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« てとだより | Main | 地域»
てとてと とは?
山口県山口市中心商店街の空き店舗を活用した子育て中の家族とそれを取り巻く地域の人々の交流スペースです。山口市の委託を受けて 特定非営利活動法人あっと が運営しています。
開館:月〜金曜 、第3日曜日10:00〜15:00
閉館:土・日(第3除く)・祝日・第3木曜日・年末年始・お盆
住所:〒753-0046山口市本町2-1-3
               →マップ
Tel&Fax:083-921-0428
           →もっと詳しく

カテゴリアーカイブ
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ
Google
www ブログ内
最新コメント
くぼっ
みなさんのおかげです (09/11) tae
マタニティヨガ (09/11) 古谷慶大郎
みなさんのおかげです (09/03) hako
マタニティヨガ (09/01) まこ
てとてとのお誕生日 (08/18) 通りすがり
ドキドキわんぱくの会 (08/17) 石田真輝
てとてとのお誕生日 (08/13) くぼっ
すてっぷあっぷ講習「子育てを楽しもう!」 (07/31) 二児の母
すてっぷあっぷ講習「子育てを楽しもう!」 (07/31) もとてとっ子
家族って・・・ (07/08)
リンク集
https://blog.canpan.info/teto/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/teto/index2_0.xml
【報告】今年度のすてっぷあっぷ講習修了 [2020年11月26日(Thu)]
本日、今年度最後となるすてっぷあっぷ講習を開催しました。

子育てと子育て支援についての学び
子育ての基礎を学ぶ基礎編、実践を中心とした応用編、保育の現場を見学実習する実習編を終えたママたち5名と最終日を迎えました。

育休中のママ、託児を利用しながら自分の子育てに役立てたいというママ、自分の子供が親になったときに大変さや喜びを共感してあげたいと思うママ、など受講者の置かれている環境や思いは様々ですが、共に学んだ日々をこれからの子育てや仕事に活かしてくださると思っています。

今年度このすてっぷあっぷ講習の担当となり
私も学び、発見、再確認できる場面もたくさんありました。
ありがとうございました。

くみこ

20-11-26-16-43-56-434_deco.jpg

20-11-26-16-58-45-364_deco.jpg
Posted by てとてと at 16:08 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】保育実習事前ワーク [2020年10月17日(Sat)]
今年度のすてっぷあっぷ講習修了者、5名の子育てママが保育園実習へ。
14日(水)てとてとにて、保育園実習事前ワークを行いました。

自己紹介を兼ね、講習に参加したきっかけ、受講してためになったことをそれぞれ発表してもらい温まったところで、実習に入るめばえ保育園の概要や当日の注意点等を学びました。

本日のメインは、グループワーク。
それぞれの実習目標と、5名1グループとしてグループ目標設定。
実習で見たいポイント、不安なところ等、ワークしていきます。
ここはもうみなさんにお任せ。
最後は、リーダーが発表。

20-10-16-12-19-10-077_deco.jpg

20-10-16-12-18-03-943_deco.jpg

目標は『年令に応じた先生の声かけを注視する』となりました。

ワーク以外の時間には
マスクがあることで、今まで感じなかった子育ての困りごと
『もぐもぐしてね』のもぐもぐがマスクで子供にたちに伝えにくい
子ども達が描く絵は、マスク姿が当たり前になってしまうのか・・・等
コロナ時代特有の話題にもなりました。

さて、保育実習は来月。
みなさんからどんな報告が聞けるのか楽しみです。

くみこ
Posted by てとてと at 19:12 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「子どもの病気と対応」 [2020年09月24日(Thu)]
9月24日(木)
本日のすてっぷあっぷ講習は
山口県立大学の看護栄養学部看護学科の小迫幸恵先生を講師に迎え
「子どもの病気と対応」を学びました。
小迫先生は、NICUでのご勤務経験もある看護師さんで、今は学生さんたちの実習指導等されていらっしゃるそうです。
そんな小迫先生の講和はとても分かりやすく、コロナ禍で話題になっている手洗い歌や感染症の知識等詳しくお話しくださいました。

受講者の声(一部)
・これからノロやロタウイルスが流行してくるので、予習ができた気持ちです。対応策を詳しく教えて頂いて有難かったです。次亜塩素酸ナトリウム(ペットボトル)つくってみようと思います。
・1才と3才の子供を育てている娘に伝えてやりたいと思います。

最後の先生のお言葉【何か変】【いつもと違う】この感覚の大切さについて、大きく頷きながらお聞きしました。
小迫先生、本日はありがとうございました。

すてっぷあっぷ講習は、次回からはじゃんぷ編です。
保育所実習にむけ、講習の振り返りや実習の心構えなどを学んできます。

くみこ 

20-09-24-17-13-06-975_deco.jpg

IMG_20200924_171339.jpg
Posted by てとてと at 16:51 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「子どもの発達に沿った遊び」 [2020年09月14日(Mon)]
9月14日(月)
NPO法人下関子ども・子育ちネット理事長の今村方子先生を講師に迎え
すてっぷあっぷ講習「子どもの発達に沿った遊び」を開催しました。

なんと、今回は!!
すてっぷあっぷ講習初の試み、オンラインを取り入れました。
今村先生はオンラインでの講和と実践、受講者は白石地域交流センターにてリアル受講するというスタイル。
前半は、コロナ禍による子育ての現状、子どもの発達と関わりなどを学び
後半は、わらべうた、手遊びをYouTubeを用いて実践的に学びました。

20200914113553_IMG_2341 (1).JPG

IMG_20200914_212611.jpg

受講者アンケートより
・オンラインの講座は初めてでしたがとても分かりやすかったです。今日教えて頂いた手遊びなど家で子供と一緒に遊びたいと思います。
・遊びの中から集団のコミュニケーション能力を知る遊びが沢山あることを改めて知ることができました。ドキドキとゆらぎは大切。

IMG_20200914_212519.jpg

先生は、さぽらんてからのオンライン。
さぽらんての皆さんご協力ありがとうございました。

先生が仰られた『人としての特性』『環境』『人との関わり』
個人的にとても響いてきました。
子供の発達についてまだまだいろんなお話を伺いたいです。
今村先生、ありがとうございました。

くみこ
Posted by てとてと at 21:51 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達」 [2020年08月25日(Tue)]
8月24日(月)山口県立大学の大石由起子先生を講師に迎え
すてっぷあっぷ講習「乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達」を開催しました。

参加者アンケートより
抱っこさせてくれる時期は短いと思いました。
今いっぱい抱っこしておきたいなと思いました。
先は長く、今からいろんなことが待っているんだろうな、しっかり側にいて見守っておける存在でありたいと思いました。

私は6年前に大石先生の講座を受講していますが
6年経つと子供の成長と共に響いてくるフレーズも変わりそこも含め面白く受講出来ました。
育児って育自だとよく言われますが、自分を育て、振り返り、周りに感謝していける広い目を持ちこれからも子育てと向き合っていきたいと思います。
先生ありがとうございました。

20-08-25-07-10-13-723_deco[1].jpg

くみこ
Posted by てとてと at 22:30 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「イヤイヤ期の健康管理と食生活」 [2020年07月13日(Mon)]
今年度初となるすてっぷあっぷ講習。
本日、湯田地域交流センターにて
『イヤイヤ期の健康管理と食生活』を開催致しました。
講師として、山口市保健センターの管理栄養士である油利さんと下本さんがお越しくださいました。

前半は、乳児期の食事のポイントをお話しくださり
イヤイヤ期の食べむらや好き嫌いの原因について
道具よりも環境を見直すこと、歯の生え具合によることもあるなど
離乳食で悩むお母さんたちに是非とも聞いてほしい内容。
また、偏食がありどうしても食べられないものがあるお子さんに対して
「必ずしも食べることがゴールではない」というフレーズが印象的でした。
例えば、ある野菜が食べられないが、一緒に収穫する、種を取る、調理を手伝う・・・
いろんな関わり方を持っていくことが大切ですね。

後半は、調理デモンストレーションと実践。
〇青のりとしらすのおにぎり
〇鶏肉だんごと野菜のスープ煮
〇かぼちゃとツナのマヨサラダ
〇ナスでピザ
の4品を短時間で作りました。
みなさん仲良く出汁を分け合い、和気あいあいの調理実習となりました。

乳児期の食事についての講習でしたが
少し大きくなったお子さんの食事や好き嫌いを
見直すきっかけにもなったのではないでしょうか。


今回はコロナ感染症予防対策もあり、縮小したところもありましたが
講師の油利さん、下本さん、受講者の方々のご協力で充実した2時間となりました。
ありがとうございました。


くみこ

20-07-13-17-53-22-472_deco.jpg


20-07-13-17-54-45-596_deco.jpg


20200713114108_IMG_0433.JPG

Posted by てとてと at 18:01 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【受講者募集】7月13日(月)すてっぷあっぷ講習 [2020年06月23日(Tue)]
次回のすてっぷあっぷ講習は

7月13日(月)10時〜12時
山口市管理栄養士さんによる「イヤイヤ期の健康管理と食生活」
@湯田地域交流センター

1歳半〜2歳前後の幼児の健康管理と食生活について学びます。
調理実習もありますよ。
受講のご予約は、来館とお電話で受け付けております。

管理栄養士さんへのご質問、事前にお伺いしていますので
ご予約の際よろしければお話くださいね。

ご参加お待ちしています。



くみこ


20-05-27.jpg
Posted by てとてと at 21:00 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
2020年度すてっぷあっぷ講習 〜延期のお知らせ〜 [2020年05月27日(Wed)]
〜 延期のお知らせ 〜

6月29日(月)に予定していました今村先生の講習が
9月14日(月)に延期となりました。

全国的に緊急事態宣言は解除されましたが
この度の講習延期についてご理解のほどよろしくお願いいたします。
受講を楽しみにされていた方、申し訳ございません。

次回の講習は7月13日(月)
山口市管理栄養士さんによる「イヤイヤ期の健康管理と食生活」
調理実習もありますよ。
お申し込みは、講座日の1か月前より受け付けています。
ご参加お待ちしています。

くみこ



20-05-27.jpg

Posted by てとてと at 20:29 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
2020年度すてっぷあっぷ講習 [2020年05月12日(Tue)]
こんにちは。
今年度もすてっぷあっぷ講習を開催します。
毎年、受講された方から好評をいただいている講座の数々です。
5月の講座は新型コロナウイルス感染症の感染予防のため8月に延期になりました。
興味のある講座を単発で受講してもOK、連続して受講もOK!
申し込みは講座日の1ヶ月前より受け付けています。
みんなと一緒に子育てについて学んでみませんか?
たくさんのご参加をお待ちしてます。



すてっぷR2年度チラシ.jpg
続きを読む・・・
Posted by てとてと at 12:27 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【受講者募集】9/26(木)「子どもの病気と対応」 [2019年09月21日(Sat)]
5月からスタートした今年度の「すてっぷあっぷ講習」。
第4回目となる今回の講義テーマは「子どもの病気と対応」です。

こんなとき、あなたならどうしますか??
・急な発熱
・突然の嘔吐
・気になる咳

苦しむ子どもを目の前に、いざという時、
あわてず落ち着いて、適切な対処ができますか?

山口県立大学から講師の先生をお招きして
子どものからだの特徴や子どもによくみられる症状など
事例を踏まえながら学びます。

毎年、人気の講座です!
是非この機会に、安心と知識の備えをしてみませんか?

2019年9月26日(木)10:00~12:00−−−−−−−−−−−
「子どもの病気と対応」
山口県立大学看護栄養学部 小迫 幸恵 先生

場 所:白石地域交流センター
参加費:500円
託 児:あり(一家族500円)

お申込みは、
・teto2@c-able.ne.jp
・083-921-0428(てとてと)  まで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Posted by てとてと at 15:11 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】講習が修了しました! [2018年12月06日(Thu)]
IMG_20181206_114836.jpg

今年度のすてっぷあっぷあっぷ講習が修了しました!

子育てを一緒に学ぼう!と5月から始まった学び。
子育ての基礎を学ぶ基礎編、実践を中心とした応用編、保育の現場を見学実習するじゃんぷ編を終えたママたち6名と最後の会をしました。

今回共に学んだ6人は、育児休暇中のママ、保育士を目指して勉強中のママ、これから子育て支援や保育の現場で活躍したいママなど様々でしたが、共に学んだ日々をこれからの子育てや仕事にいかしていけそうや素敵なママ達でした。

そんなみんなが持っているメッセージは、すてっぷあっぷ講習で学んで感じる、子育てとは!を書いてもらいました!

子育てとは、、

○やってみないとわからない。そして両親に感謝!!

○子どもと一緒に自分も成長する事。忍耐体力が必要。周りの人の協力やアドバイスのありがたさ

○親子で一緒に成長すること


○(今すぐには伝わらないけど)自分の思い、愛情を伝えて続けることが大事。親子の信頼関係を築くことか大事。

○心に余裕を!!
見守ることも大切!

○己育てです。


Posted by あっとほーむ at 19:19 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】「子どもの病気と対応」 [2018年10月01日(Mon)]
9月13日
山口県立大学看護栄養学部講師の小迫幸恵先生をお招きし、「子どもの病気と対応」を学びました。

小迫先生は、元々NICUにいらっしゃった看護婦さんなので、様々な経験もお持ちで、現在は
看護婦を目指す学生さんに指導されていらっしゃるので講義もとってもわかりやすくて、参加された方は、充実した2時間になったのではないかと思います。

内容は子どもがかかるかもしれない感染症や風邪など、どんな種類があって、どんな症状になるのかをしっかり学び、感染症の際の対応などの実技も行う、内容の濃いいものでした。

すてっぷあっぷ講習は、次回からはじゃんぷ編です。

保育所実習にむけて学びの整理をしていきます! 
Posted by あっとほーむ at 14:30 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【受講者募集】「子どもの病気と対応」  [2018年08月14日(Tue)]
5月からスタートした「子育てすてっぷあっぷ講習」

9月は子どもの病気と対応を学びます。

急な高熱!
どうしたらいい?
インフルエンザや嘔吐の時の対応は?

実践を踏まえて学びます。



平成30年9月13日(木) 10:00〜12:00
「子どもの病気と対応」 
山口県立大学看護栄養学部講師 小迫 幸恵 先生 

場所:山口市男女共同参画センター

参加費:500円

託児:あり(一家族500円)

申し込みは、teto2@c-able.ne.jp
または、083−921−0428 まで



Posted by あっとほーむ at 14:28 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷセミナー「イヤイヤ期の健康管理と食生活」 [2018年07月13日(Fri)]
7月12日(木)湯田地域交流センターで「イヤイヤ期の健康管理と食生活」を行いました。

講師は山口市保健センターの管理栄養士油利さん。

前半は、食生活や、なぜイヤイヤ期に食べむらや好き嫌いが起こるのかなど、食生活を
改善するだけでなく、成長やかかわりの側面から考えることも大切になりますよ、という
お話がありました。

IMG_20180712_101323.jpg

後半は、ヘルスメイトさんとイヤイヤ期でも野菜やお魚をたっぷりとってもらいたい、
とのことで、
○ あおのりむすび
○ お野菜たっぷりお味噌汁
○ さばの缶詰を使った豆腐
○ プチトマトのチーズグラタン
を作り、試食をしました。

IMG_20180712_111526.jpg


IMG_20180712_120139.jpg



「ふりかけを使わなくてもいいかも」
「お味噌汁の塩分がうちの違ってうすいけどおいしい」
「トマトがあまい」

などいつものレパートリーになり料理に驚きの声も上がっていました。

IMG_20180712_115711.jpg


次回は、9月13日(木)
子どもの病気と対応です。
お申込みも受け付けていますよ。



Posted by あっとほーむ at 13:45 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷセミナー「子どもの発達に沿った遊び」 [2018年06月18日(Mon)]
6月18日(月)「子どもの発達に沿った遊び」と題し、NPO法人子ども子育ちネット下関の
今村方子先生をお招きし講座を開催しました。

前半は、子どもの発達を関わり、年齢別の方法などを学びました。
関わり方も様々な方法があることや、そのポイントなども教えて頂きました。

IMG_20180618_103256.jpg

後半は、わらべうた、手遊びを実践的に学びます。

IMG_20180618_112840.jpg

いないいないばあのふかーい意味。
声のトーン、リズムのとり方で同じ歌でも子どもにとっては捕らえ方が大きくかわること。
手遊びでは人と人とのかかわりや、歌詞が持つ意味、すべてが子どもの成長にとって大切
になってくることを身をもって学びました。

IMG_20180618_115142.jpg

学んで歌って手遊びして、
とても充実した2時間の講座でした。
Posted by あっとほーむ at 14:11 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達 [2018年05月24日(Thu)]
5月21日、すてっぷあっぷ講習の第一回として、「乳幼児期から児童期にかけてのこころの発達」と題して、山口県立大学の大石由起子先生を講師に向かえ講座を開催しました。

いつか子どもが困難にぶちあたるなど、何かがあった時に、人を信じられる力、人と協力できる力、助け合える力、そんなつながりやきずなは生きる力に繋がります。
その生きる力を身につける時期が乳幼児期のかかわりなんですよ、というお話からスタートしました。

母性的関わり
基本的信頼感
自己の存在の肯定感
心の安全基地
第一次反抗期
自己中心性からの脱却
社会性の発達

などなど、乳幼児期から繋がるさまざまな成長について、とても興味深くあっという間の2時間でした。

以下参加者の声の抜粋

○とても勉強になりました。

子育てしていて不安になることも多くあるので納得することが多く、これからの日々の生活に子どもとしっかり向き合っていきたいと思いました。


○赤ちゃん返りをする上の子の質問をしたのですが、とても分かりやすい答えをいただ

きすっきりしました!参加してよかったです!


講座の様子 ↓


IMG_20180521_120213.jpg




次回は「子どもの発達に沿った遊び」です。

知っているわらべうたや手遊びの奥深さがわかる内容です!

参加したい!という方はご連絡お待ちしています!


ちか

Posted by あっとほーむ at 13:50 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習じゃんぷ編 [2018年01月16日(Tue)]
5月から始まったすてっぷあっぷ講習に連続して参加し、「じゃんぷ編」に進んだ10名の子育てママが講習を修了することができました。

じゃんぷ編は今までの子育てに関する学びについて、実践する回です。
市内の認可保育所の2歳未満児のクラスで3時間保育実習をさせてもらい、子育ての現場を体験するというものです。

じゃんぷ編の第1回は、「実習の前の事前ワーク」

 
IMG_20171026_112040.jpg

IMG_20171214_112508.jpg


心構え、どういった視点で学ぶのかを事前に理解し、その後11月中に一人3時間の実習へ、最後12月はそれぞれの実習と今までの学ぶについての報告会と修了式を行い、じゃんぷ編が終わります。

IMG_20171214_113529.jpg

この実習の3時間が数カ月に及ぶ座学の総まとめとなり、それぞれ深い学びとなっていったようです。参考:☆修了者の声☆

またみなさん0歳から3歳のお子さんのママ、長い期間の託児でのお子さんの成長に保育をするスタッフもうれしい限りでした。


30年5月から、新年度がスタートする予定です。
子育て中だからこそ学びの時間を!と思うママ、お申込みお待ちしています!


☆ 修了者の声 ☆

Posted by あっとほーむ at 19:21 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】子育てすてっぷあっぷ講習「子どもの病気と対応」 [2017年10月15日(Sun)]
9月28日山口県立大学看護栄養学部講師の小迫幸恵先生をお招きし、「子どもの病気と対応」について学びました。

いざ、というときのために学びたい!

子どもが風邪を引くといつもあわてるので学んでおきたい!

など、11名の1歳から3歳のお子さんを持つママたちが参加されました。

IMG_20170928_115418.jpg

小迫先生はNICUのお勤め経験もあり、実体験に基づいたお話と様々な感染症や病気などの予防や対応について2時間しっかりとお話していただき、

参加者からは、

「分かっているようで不明瞭だった点が詳しくわかりました」

「普段からの観察の大事さがわかった、子どもだけでなく大人にも使える知識をいただきた」

など、病気に対する対応や予防についてしっかり学べた2時間になったようでした。


Posted by あっとほーむ at 09:06 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】イヤイヤ期の健康管理と食生活 [2017年07月31日(Mon)]
7月27日、「イヤイヤ期の健康管理と食生活」と題し、山口市管理栄養士さんを講師に迎え、講義と調理実習をしました。

1歳半から2歳過ぎにかけて「遊び食べ」「むら食い」「立ち歩き」「好き嫌い」など、食に関する様々なことで悩みが増えていきます。そんな時期のお子さんを持つママたち、16名が参加されました。

IMG_20170727_101810.jpg

講義では、歯の生え方で今まで食べていたものが食べにくくなって食べなくなった、ということがお母さんにとっては急に食べなくなった、と感じてしまったり、ジュース1杯でも満腹を感じれるほど砂糖が入っているんですよ、といった、とても興味深い講義でした。

IMG_20170727_094236.jpg

調理実習では、みなさん嫌煙しがちな「魚」をつかったハンバーグがメインでした。

IMG_20170727_113926.jpg

この「魚」も缶詰を上手に使うことで簡単においしくつくれることをこの調理実習で知ることができ、みなさんレパートリーが増えた様子でした。

IMG_20170727_114504.jpg



アンケートでは、
レパートリーが増え食事の用意をするのが楽しみになった。
幼児期の食生活を見直すきっかけになった。
同じくらいの子どもをもつママたちとの調理実習が楽しかった、

など、イヤイヤ期を過ぎると向き合う機会が少なくなる子どもの食生活について、学ぶことができるいいきっかけになったのではないかと感じました。





Posted by あっとほーむ at 13:25 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
【報告】すてっぷあっぷ講習「子どもの発達に沿った遊び」 [2017年07月05日(Wed)]
今年度第2回目となる「子育てすてっぷあっぷ講習」を6月30日(金)に開催しました。

「子供の発達に沿った遊び」と題して、NPO法人下関子育て・子育ちネットの今村方子先生にご講義いただきました。

子ども達は、年齢ごとにどんどん遊びを広げ、複雑に発展させながら自然と、身体能力や知的能力、自立心や協調性、社会性など発達にとって必要なものを身につけていきます。

講義は、前半に子ども達を取り巻く現代の環境から、乳幼児の発達と遊びについて等の大まかな理解をしたうえで、後半、わらべ歌を中心としたリズム遊びを実際に体験しました。

IMG_20170630_114329.jpg

「わらべ歌」の良さといえば、歌と動きを組み合わせて遊びながら、言葉や数を覚えたり、体を動かしたり、感覚を刺激したり、親子で触れ合ったり、できること…

これらは理解し、納得しやすいところです。
それが、今村先生によると、さらに

向かい合って同じ動きをすること=協調性を育んだり、“じゃんけん”=(勝ち負けではなく)お互いが違う存在であることを知ること、遊びのアレンジ=期待と変化への対応…などなど。

わらべ歌に秘められているのは、“人と人との関係を構築すること”でもあるようです。

“環境(遊び)があり、そこに人との関わりがあり、そしてそれが豊かかどうか”
先生のお言葉が、とても印象的でした。

IMG_20170630_112619.jpg

ある受講者の方のアンケートには、
「“時代はこどもにつながっている”という言葉が心にぐっときました。」とありました。
親となった今、幼い頃の自分がそうだったように、わらべ歌ではしゃぐ我が子を見ていると、改めて熱いものがこみ上げてきます。


さて、次回のすてっぷあっぷ講習は、
7月27日(木)「イヤイヤ期の健康管理と食生活」(講師:山口市管理栄養士)です。
講座・託児のお申込みは、てとてと(083-921-0428)まで。


Posted by てとてと at 21:36 | すてっぷあっぷ講習 | この記事のURL
| 次へ