CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
hattyotonbo.JPG
松尾湿原で身近にみられるハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ数の調査 [2020年07月16日(Thu)]
・期 日 2020年7月11日
・場 所 松尾湿原

松尾湿原の活動でハッチョウトンボ数の調査を行いました。
今年は早朝から宝塚は大雨警報が発令されて、調査時はどうにか雨もやんでいましたが、飛んでいるトンボはあまり多くありませんでした。
調査区画を14か所に定め一斉に調査を開始し、全部で90匹を確認しました。

s-DSC01299.jpg-2 (002).jpg
写真は一斉に担当者がハッチョウトンボの数を調査しています。
Posted by 川本 at 20:45
ホタルの幼虫が孵化しました。 [2020年06月25日(Thu)]
・期 日 2020年6月24日
・場 所 ピカピカランド

今年のホタルシーズンは終了しました.
子供たちを対象に今年もホタルの幼虫の放流会を計画しています。親ホタルから採卵し卵が産み付けられているミズゴケをピカピカランドの水槽の上に置いて幼虫をふ化させます。
昨日24日に幼虫の孵化を確認しました。
DSC01198-3 (002).jpg
水苔に産み付けられた卵が見えます。
0.5ミリ程度の卵が見えます。
左側の写真で卵の中が黒くなっているのは孵化直前の状態です。
右側の卵もそのうち幼虫が孵化する前には黒くなってきます。
s-DSC_0598 (3).jpg
孵化した幼虫です。
30匹の幼虫を確認しました。
体長は2.5ミリ、太さは0.5ミリ程度で肉眼では黒い糸くずのように見えます。
これから水中でどんどん成長することを期待しています。

Posted by 川本 at 16:02
緊急事態宣言が発令されており活動は中止 [2020年05月16日(Sat)]
2020年4月7日の新コロナウイルス発生に伴う緊急事態宣言の発令に伴い、下記の全ての活動を中止しています。

・松尾湿原の保全活動と植物の調査活動
・逆瀬川の美化活動
・ピカピカランドのホタル観賞に来られる方への応対
・阪急売布駅周辺の美化活動
Posted by 川本 at 13:50
ピカピカランドへ逆瀬川から採取したカワニナを補充 [2020年03月25日(Wed)]
・期 日 2020年3月25日
・場 所 逆瀬川・ピカピカランド

s-DSCN1000.jpg
本日は快晴、ピカピカランドの桜も半分程度咲いていました。

s-DSCN0998.jpg
 逆瀬川のある場所にカワニナを見つけて採取しました。

s-DSCN1001.jpg
 大きい方が逆瀬川で採取したカワニナです。 小さい方がピカピカランドに現在生育しているカワニナです。

s-DSCN0999.jpg
ピカピカランドに設置している水槽に50匹づつ入れて飼育することにしました。
写真では3基ですが4基に増やし、ここでゲンジ蛍の親ホタルから採卵した卵で幼虫をふ化させる予定です。
今年も例年のように秋頃に近隣の小学校の子どもたちを招待して放流会補を計画しています。
Posted by 川本 at 20:13
湿原周囲の朽ちた柵の交換、及び第二湿原へ柵の取り付け [2020年03月25日(Wed)]
・期日 2020年3月21日
・場所 松尾湿原
DSC00720-2.jpg-1 (002).jpg
朽ちた竹の柵を防腐処理した木製の柵に交換。

DSC00739.jpg-1 (002).jpg
杭も打ち込みます。

DSC00722-2.jpg-1 (002).jpg
すっきりと出来上がりました。

DSCN0995.JPG
小屋の撤去跡地を湿原(第二湿原)にし、その周囲に新たに取り付けた柵の側での集合写真
Posted by 川本 at 19:46
平成31年度「北摂里山魅力づくり応援事業」活動事例報告会 [2020年02月16日(Sun)]
期 日 2020年2月2月15日(土)
場 所 川西市商工会館4階多目的ホール
参加者 川本、伊藤(格)、藤田、湯浅、西村
    応援事業15団体 里山大学受講生 50数名
平成31年度「北摂里山魅力づくり応援事業」活動事例報告会に参加しました。今回、宝塚エコネットは活動報告なし。開会挨拶後 基調講演「残された照葉自然林の過去現在未来」大宮寺の森の会 活動事例報告3団体(森と水の守り人、NPO法人SUN座、菊炭友の会) パネルディスカッション 閉会後 里山大学講義 植生管理実習のまとめ 服部保学長 里山大学終了式 交流会 
交流会で宝塚エコネットの活動を湯浅さんが紹介し、宝塚エコネットのリーフレット、会員募集のチラシを配りました。

パネルディスカッション
パネルディスカッション
Posted by 西村 at 12:12
逆瀬川の美化活動 [2020年02月08日(Sat)]
・期 日 2020年2月6日
・場 所 ピカピカランド、逆瀬川

今日は冬らしい晴れの日で空気も澄んでいた。
しかし、今年最大の寒波が訪れ、おまけに木枯らしが強く寒い日であった。
逆瀬川の一部には氷がはっていた。土も凍っており硬くなっていた。
ピカピカランドの水温は8度、水の名で生活しているホタルの幼虫も寒かろう。

 ピカピカランドの中の様子pikapikahouse).jpg
逆瀬川の清掃
FI4009846_0E.jpg
水中のごみ拾いFI4009846_2E.jpg
逆瀬川の水鳥たち
DSC00246.jpg-2 (002).jpg
参加者です。FI4009846_4E.jpg
Posted by 川本 at 10:24
美化活動の記録 [2020年02月03日(Mon)]
・期 日 2020年2月1日(土) 10時分30から12時
・場 所 売布駅前から従来同様3コース
・参加者 山本、川本、西川、西村、森川、岡澤、藤田、東田、安藤、三科、豊買、伊藤(千)、戒田、山根、
 
今年初めての美化活動で参加者が14人と多く、いつもの3コースに分かれて作業しました。
ダイエー店横の道路ダイエー駐車場の間の作業ではいつもよりゴミが多く、植木の中に入り込んでいる缶を取るのに二人で植木を広げ、やっと取り出すのが沢山あり困りました。
写真右上 国道沿いの生垣の中のごみを取り出しています。
写真右 フェンス越しに投げ捨てられている空き缶を取り出す。
ごみを拾って袋に入れてくださる方もおられました。マスクも多かったです。
作業している時に年配の女性、男性3人からご苦労様と声をかけて下さいました。うれしかったです。
ごみ袋はいっぱいになって集合場所で分別しました。

本日の収集したゴミ
・プラごみ 1.65Kg(プラ系可燃ごみ0.85Kgとペットボトルの合計)
・可燃ごみ 9.25Kg(プラ系可燃ごみ0.85Kgを含む)
・空き缶缶 59(内ネコ缶4)
・ペットボトル 28(0.8Kg)
・ビン 本5
・その他 傘1本
寒い中ご苦労様でした。
DSC00123-2.jpg-1 (005).jpgDSC00127.jpg-1 (004).jpgDSC00158.jpg-1 (004).jpgs-DSCN0966.jpgDSC00170.jpg-1-1 (004).jpg
Posted by 川本 at 14:28
第10回 たからづかECO講座 最終回及び修了式に参加して [2020年01月20日(Mon)]

・期 日 2020年1月18日(土) 10時から12時
・場 所 男女協働参画センター会議室
・参加者 小川 川本 西川 西村 山本 森川 岡澤
 ECO講座受講生 19名
推進市民会議の保全団体 宝塚市自然保護協会、逆瀬川の自然を守る会、櫻森の会、他
環境政策課 山本係長、石井係長、内田係員
全参加人数 約45名

最年少の19歳の大学生を含む受講者の方々の少しぎこちないような、でも熱心に取り組まれている様子に自分の受講生だった頃をふと思い出し参加している間、新鮮な感覚でした。
現在”環境都市宝塚推進市民会議”の会長も務められている小川会長の挨拶で会が始まり 続いて前会長であられた足立先生から環境保全活動の心得について15分の講演がありました。
先生が語られた心得の中で 
@ はてな?の気持ちを持とう(小さな感動を大切に) 
A 価値観を押し付けないで一緒に考えましょうの姿勢で 
⓷理屈ではなく五感を生かす活動を などは私達にとっても大切なことと改めて学びました。 
次の”卒業生が語る環境保全活動の楽しさ”では川本副代表が長年の保全活動が稔って絶滅危惧種の「ハッチョウトンボ」が松尾湿原に現れた時の感動、美化活動の際に掛けられる「ご苦労さま」の声 に自分も何かの役に立っているのかなと思うことなど話されました。
プログラムのなかで印象に残ったのは”グループワーク”でした。
受講生と実際に活動をしている卒業生が混じってA ゴミ問題 B 温暖化とエネルギー問題 C 自然環境問題の3つのグループに分かれて話し合いました。エコネット会員も3つのグループ別れて参加しました。熱心な話し合いの後、受講生が一人一人「私のこれからの活動」を取り組み宣言書に書き込み発表されました。 
*とりあえず今あるグループの見学をして何かに参加する 
*自分の生活から変えていく
*、学んだことを友人たちに伝える 今取り組んでいる活動を広げる 
*環境についてもっと関心を持つ 
など皆さんが宣言され、頼もしく思いました。
 
修了書の授与の後、環境団体と30分ほど交流があり閉会しました。
私はどなたかエコネットにも関心を持って下さり、参加していただければ・という願いもあり参加しましが、環境全般についても又新たに考える良い機会になったと思いました。 
(記;岡澤)代表挨拶.jpgs-グループ会話.jpgs-DSCN0953.jpg円形会話.jpg
Posted by 川本 at 12:02
ピカピカランドでホタル幼虫の放流会 [2019年10月25日(Fri)]
DSC09446-2.jpg-1 (002).jpg
ホタルの幼虫の放流会は宝塚市内の3小学校の子どもたちとピカピカランド゛実施します。
 ・末成小学校 3年生 52名 2019年10月15日
 ・逆瀬台小学校 2年生53名 2019年10月21日
 ・西山小学校 3年生 111名 2019年11月15日(予定)

 内容は、@ ホタルの生態を会員手つくりの紙芝居「ピカリ君とキラリちゃん」を演じる。
     A ホタル幼虫の観察 
     B ピカピカランド内へ入りで放流
     C 質問タイムです。
Posted by 川本 at 20:53
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宝塚エコネットさんの画像
https://blog.canpan.info/teneconet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/teneconet/index2_0.xml
リンク集