CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
どうしてるかな? (07/03) はる
どうしてるかな? (07/01) はる
どうしてるかな? (06/24) ゆうき
何故…?!?!??? (11/09) てんぽファン
当たり前のこと (09/13) はる
久しぶりのブログ更新★ (07/20) はる
お茶でも一杯 (06/28) スタッフD
お茶でも一杯 (06/16) はる
お茶でも一杯 (06/07) スタッフD
最後の砦 (06/04)
最新トラックバック
2015年秋のボランティア講座修了! [2015年10月08日(Thu)]
9/5から4回に渡り開催されたボランティア講座が、無事に終わりました!

てんぽのボランティア講座にご参加された皆様、この度はありがとうございましたかわいい
実際にボランティアをしてみたいと言ってくださった方もいて、とても嬉しいです。
もちろん、てんぽに興味を持ってくださって、はるばる講座を聞きにきてくださっただけでも、嬉しく思っています晴れ

私はてんぽのスタッフとして、初めてボランティア講座を聞いたのですが…
毎回がとても勉強になり、まだまだ学ぶべきことがたくさんあるなと感じました。

第3回目のボラ講座では、よこはまチャイルドラインの代表理事を務めていらっしゃる、徳丸のり子さんより、「子どもの声を聴くということ」の話をしてくださいました。
今の時代の子ども達のお話や、風船を使ったコミュニケーションワークなど、座学だけではない講座の内容だったので、参加された皆さんにとっても、印象に残る回だったのではないでしょうか。

私が印象に残った話は、以下の二つでした。
●子どもが何よりも辛いのは、いじめや虐待をされることそのものよりも、それによって辛い思いをしている自分を誰にも分かってもらえないこと
●一人でも自分の辛さを受け止めてくれる人がいれば、それだけでも人は生きていられる
…もちろん、いじめや虐待そのものはとても辛いことです。
でも、それを吐き出せるかどうかって、とても大事なことなんだよね…と、改めて思いました。

第3回ボラ講座の様子

第4回目のボラ講座では、私たちシェルタースタッフや、実際にボランティアをしてくださっている方が講師となって、子どもの事例や、ボランティアの仕事内容について話をしました。
ボランティアさんの話、とってもステキでしたかわいい
上手く文章に起こせないのが申し訳ないのですが、スタッフとしてまだまだ未熟な私にとって、学びの深いお話だったなと感じています。

てんぽのボランティア講座は、年に2回、秋のこの時期と、春に行っています。
ボランティアに興味を持ってくださった方はもちろん、てんぽについて知りたいと思っている方も、ぜひお気軽にご参加頂けたらと思いますぴかぴか(新しい)

スタッフ ピーチ
Posted by てんぽ at 10:49
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tempo/archive/486
プロフィール

子どもセンター てんぽさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tempo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tempo/index2_0.xml