CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
どうしてるかな? (07/03) はる
どうしてるかな? (07/01) はる
どうしてるかな? (06/24) ゆうき
何故…?!?!??? (11/09) てんぽファン
当たり前のこと (09/13) はる
久しぶりのブログ更新★ (07/20) はる
お茶でも一杯 (06/28) スタッフD
お茶でも一杯 (06/16) はる
お茶でも一杯 (06/07) スタッフD
最後の砦 (06/04)
最新トラックバック
「どろぼうのどろぼん」 [2015年03月03日(Tue)]
どんです。
先日何十年ぶりに童話を読みました。
「どろぼうのどろぼん」です。
大好きなペットシッターさんのブログで紹介されていたので迷わずに購入。


51iRhuG8W-L.jpg

内容紹介 Amazonより
チョコレートやクッキーの缶に入れといわれても困りますけれど。でもそれが家だったらどこへだって入れますよ……。どろぼんはどんな鍵だって開けてしまう。どろぼんは「もの」の声を聞くことができる。どろぼんは絶対に捕まらない。どろぼんはどろぼうの天才だった。これは、ぼくが、どろぼんから聞いた話。今まで盗んできたもののこと。その「もの」たちのあげる声のこと。持ち主たちにまつわること。そして、絶対に捕まらないはずのどろぼんが、あの雨の日の午後、どうしてぼくに捕まったのか。

※ ※ ※ ※

絶対捕まらないはずのどろぼうを捕まえた警官とのやりとりで話は進みます。
勝手なイメージで「きっと物を大切にすることがテーマなんだろうなー」と軽く考えて読み進めていました。

ところがどっこいです。
最後の最後に話は意外な方向に進んでいきます。
この本のテーマは物、人、動物、全ての「命」について。

なんでどろぼんがものの声を聴けるようになってしまったのか。
きっと児童養護に関心のある方なら胸に突き刺さると思います。
また動物愛護に関心のある方ならもっともっと胸に突き刺さると思います。

私は猫を2匹飼っています。もちろん購入せず、保護団体を通じて出会いました。
また仕事はこのような仕事をしています。
だからだとは思うのですが、私にとって大切な1冊になりました。


多くの人々に読んで欲しい本です。
そして考えて欲しいのです。命ってなんだろう。自分を取り巻く世界を大切にするってどういうことだろう、と。
Posted by てんぽ at 16:21
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tempo/archive/476
プロフィール

子どもセンター てんぽさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tempo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tempo/index2_0.xml