CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
はる
どうしてるかな? (07/03) はる
どうしてるかな? (07/01) はる
どうしてるかな? (06/24) ゆうき
何故…?!?!??? (11/09) てんぽファン
当たり前のこと (09/13) はる
久しぶりのブログ更新★ (07/20) はる
お茶でも一杯 (06/28) スタッフD
お茶でも一杯 (06/16) はる
お茶でも一杯 (06/07) スタッフD
最後の砦 (06/04)
最新トラックバック
上村先生講演会「メール相談から見た若者の性の現状と寄り添い方」 [2014年04月08日(Tue)]
先日NPO法人ピルコンさんが開く勉強会に参加させて頂きました。
テーマは「メール相談から見た若者の性の現状と寄り添い方」
講師は岡山県で女性総合診療クリニックを開業する傍ら、年間100校での性教育、デートDV予防教育についても全国で活発に活動。中高生から毎日100通以上のメール相談をうけて返事を書いていらっしゃいます。

まず「女性総合診療」と言う言葉を初めて私は耳にしました。
「婦人科」ではないんですね。

●女性の為の総合診療クリニック
●患者さんの症状が治るまで必ず責任を持つ
●身体と心の両面からの診療を行う
●どんな相談にも親身になって聞いてくれるクリニック
●診察内容、検査、金額、診療方法は患者さんと
  相談しながら、 患者さんが 納得できる内容で
  決定をする
●専門病院への紹介はクリニックが行い、
  治療完了までクリニックが責任を持つ
●DV にも対応する医療機関
             ※HPより抜粋※

これが上村先生のクリニックだそうです。
「女性総合診療」でググってみましたが「DVにも対応する」と言う言葉をきちんと明記しているのは上村先生の病院だけです。

今回は最近の10代の恋愛事情や、デートDVの発生の仕組み、相談への対応方法などを中心にお話いただきました。


先生は実際に10代の子達とLINEで日々やりとりされているので
先生から聞く話は「生きている」話で、本当に胸にひびくものばかりでした。
その中でも一番響いたのは「相談への対応方法」です。
てんぽでも日々利用者さんの相談に乗っていますが、
なんて答えればいいんだろうと悩むことがたくさんあります。
彼女達の抱えている人生の問題に、あまりに私の持ち合わせている言葉が力なく情けなくなることばかりです。

でも先生から教わった言葉は、さすが「命」といつも面しているお仕事をされてるだけあり
夢でも理想でもない、現実に即したよりそいの言葉ばかりでした。


多分、世間で言うところの「命」は
「尊い」とか「望まれて生まれて来た」等々の言葉で表現されることがあると思います。
でも私はその言葉が大嫌いです。
なんて乱暴なんだろうと思います。
「自分は望まれていない」と言う苦しみを長年抱えた子がてんぽを利用する子の中にはいます。
なのに「命は尊い。大切にしなければいけない。」と私は言えません。
私の「命」のイメージはただただもうものすごいたんたんと過ぎゆくものでした。
たんたんと過ぎて行ってしまうんだから、せめて楽しくハッピーに過ぎて行って欲しい。

私の長年の疑問「命」って何なんだ…上村先生の言葉がすぽっとはまりました。
知りたい人は是非上村先生を講師に招いて学んで下さいるんるん


そして勉強会に参加している人達で活発な意見交換がまたものすごい良かったです。
自己肯定感って人をそもそも追い詰めるよね、とか
どうやったら若者がAVでの性交渉は作りものだと理解してくれるのか、とかとか
学生の子達もいたので、それはそれはナイスアイデアまで!!

興味が湧いた方は是非定期的に開かれるピルコンさんの勉強会に参加してください!

皆さん、本当にありがとうございました!

ボスD

以下性のことについて取り組まれている団体のFBページですぴかぴか(新しい)
若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会
Jfpa若者委員会「u-com(ユーコム)」
Jash(日本性の健康協会)
Posted by てんぽ at 17:26
この記事のURL
https://blog.canpan.info/tempo/archive/452
プロフィール

子どもセンター てんぽさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/tempo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tempo/index2_0.xml