• もっと見る
« 2022年07月 | トップページにもどる | 2022年09月»
「松江城天守VR体験」に参加 [2022年08月29日(Mon)]

 8月9日(火曜日)、松江歴史館にて「国宝松江城天守VR体験」キックオフセレモニーが開催されました。プロジェクトゆうあいのスタッフも、VR(仮想現実)体験に参加させていただきました。


VRで映し出された松江城天守の地下


 国宝松江城天守の階段は傾斜がきつく、エレベーターの設置も困難なことから、車いすで登閣することができません。
 そこで松江市と、同志社大学・文化遺産情報科学調査研究センターとが連携し、松江城天守への登閣が疑似体験できるVRを製作されました。
 
 今回体験した車いすユーザーのスタッフも、「かなりリアルで臨場感があり、井戸の中を覗き見たときには吸い込まれそうな感覚になった」とのこと。


VRを見るためのゴーグルをつける車椅子男性


 実際にお城の中に入り込んだ気分になれるこの企画は、松江歴史館にて11月27日まで、毎週金・土・日曜日に無料体験できます(1人につき15分程度、事前申込必要)。下のリンクページからお申込みください。
外部リンク松江歴史館・VR体験詳細ページ
Posted by プロジェクトゆうあい at 13:41 | バリアフリー観光 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
島根県庁「すまいる」 次回は8/31(水)です [2022年08月25日(Thu)]

 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」の古本販売、8月は最終日の31日(水曜日)に行います。
 単行本から文庫本・絵本等を販売するほか、一般書店等では手に入らない貴重な本も特価で販売いたします一部、セット価格・ご奉仕品がございます


島根県歴史大年表など


 県庁外からのお客様も、もちろんご利用いただけます。気軽にお立ち寄りください。
 また会場では、古本の回収も承ります。不要の本がございましたら、ぜひお持ちください。



日時 8月31日(水曜日) 11:30〜13:30
 
場所 島根県庁本庁舎・県民室内 障がい者チャレンジショップ「すまいる」(県庁正面玄関左、一般の方出入り自由





 古本販売はこのほか、松江市中心部・白潟本町商店街にあります本町堂でも行っています。こちらでは古本のほか、昔なつかしいレコードやCD、手作りの小物も取扱っています(レコード等の試聴可能)

 本町堂は本の手入れや書棚整理、接客などの仕事を「中間就労」として若い方に提供しています。詳しくは、次のPDFファイルをご覧ください 本町堂のご案内(PDF、397KB)


色鉛筆やマジックによる手書きの栞

本をお買い上げのお客様に、手作りの栞をプレゼントしています




 住所  島根県松江市白潟本町74Googleマップ
 
 開店日 月・火・木・金曜日 10:00〜15:00
 
 Twitter 本町堂(ここでの若者支援活動の様子もご覧いただけます)

Posted by プロジェクトゆうあい at 09:41 | U-BOOKプロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『ゆうあいレポート』発刊から10年 [2022年08月16日(Tue)]

 プロジェクトゆうあいの取り組み、活動を紹介する季刊『ゆうあいレポート』が、2022年7月発行の第40号で、ちょうど10年の節目となりました。

 当初は法人会員やゆうあい利用者に配布することが中心でしたが、古本事業でスーパー「みしまや」さんに無人古本販売棚を設置させていただいたことをきっかけに、『ゆうあいレポート』を自由に手にとっていただけるよう小さなラックを据え付けたり、北堀町・ゆうあいビル入口付近のボードに『レポート』を貼り出し、道行く人に見ていただけるようにしています。

 近年では、松江市城北公民館のご理解のもと、城北地区町内会の回覧板に『ゆうあいレポート』を挟ませていただき、地域のみなさんにプロジェクトゆうあいのことを少しでも知っていただけるよう努めています。


ゆうあいレポート40号の紙面


『ゆうあいレポート』をご覧になりたい方は、プロジェクトゆうあいの各事業所で配布しているほか、次のプロジェクトゆうあいホームページにて公開しております。
外部リンクゆうあいについての発行物



 プロジェクトゆうあいは、障がい者・健常者のへだてのない、よりよい地域社会をつくっていけるよう、今後も活動してまいりますので、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
Posted by プロジェクトゆうあい at 10:36 | ゆうあいからのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夏季休業のお知らせ [2022年08月08日(Mon)]

 平素より弊法人の活動にご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 プロジェクトゆうあいでは誠に勝手ながら、次に掲げる施設・店舗におきまして、8月13日(土曜日)より15日(月曜日)を夏季休業とさせていただきます。


就労継続・移行支援
 プロジェクトゆうあい本部、第1・第2プロジェクトゆうあい、PCエコステーションゆうあい
 
地域活動支援センター、相談・若者支援
 地域活動支援センターゆうあい、相談支援事業所ゆうあい、本町堂
 
一般店舗
 はんこ屋ゆうあい、パソコンドック24松江店
 
放課後等デイサービス
 キッズゆうあい(第1・第3)、ジュニアゆうあい(第2・第4)


 上記期間にいただいたお問い合わせ等につきましては、8月16日(火曜日)より、順次対応させていただきます。期間中はご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
Posted by プロジェクトゆうあい at 09:58 | ゆうあいからのお知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年7月の事業報告 [2022年08月01日(Mon)]


 島根県立大学(松江キャンパス)、東出雲観光バス(有限会社 いやタクシー)、プロジェクトゆうあいの三者による観光モニターツアーの企画会議を、6月下旬にゆうあいビル別館で開催しました。
 
 島根県立大学で観光学を学ぶ学生が中心となって、視覚障がい者も楽しめるツアーコンテンツを企画。農業、陶芸、石鹸・アロマキャンドル作り、楽器の演奏会の4つが案として出されました。
 視覚障がいのあるスタッフが、それぞれの案についてアドバイスをしました。

ウェブ記事のページ画像

 この会議の様子は、6月24日夕方のNHK松江放送局「しまねっとNEWS 610」で取り上げられました。ニュースの内容は、以下のリンクページでお読いただけます。
 
外部リンク 誰もが楽しめる観光プランを 視覚障害者が楽しめる観光を提案(記事は予告なく削除されることがあります)




 松江/山陰バリアフリーツアーセンターは、障がいのある方が松江・山陰の観光を楽しめるよう、旅のサポートをいたします。ガイドサポートや旅行プラン作りの他、観光施設のバリアフリー情報の発信、職場・学びの場でのバリアフリー接遇研修等々、活動を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

介助者とともに石段を登る白杖ユーザー

視覚障がい者のための松江城ミニツアー(2018年夏)


 住所  〒690-0056 松江市雑賀町227
 電話  080-3873-4220
 FAX 0852-27-7447
 リンク 公式サイト「てくてく山陰」






ゆうあいの近況

プロジェクトゆうあい一級建築士事務所へ ご用命を!
 
大きな木と民家の画像
 プロジェクトゆうあい一級建築士事務所は、心地よい空間とバリアフリーを基本的な考えとして、住宅、商業施設、宿泊施設等の設計、アドバイス業務を行っています。島根県では唯一、一級建築士事務所に加え、県指定障害者福祉サービス事業認可を得ています。

 今年に入ってからは、隠岐郡海士町の新庁舎計画ワークショップに参画するなど、活動を展開しています。
 建築設計のスタッフだけでなく、必要に応じて福祉専門スタッフ、障がい当事者アドバイザーを含めたチームをつくり、ご相談に応じます。


プロジェクトゆうあい一級建築士事務所
(島根県事務所登録第(1)10723号)

 
 ・島根県建築士会所属
 ・日本建築士会連合まちづくり委員会 福祉まちづくり部会所属


〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14
TEL 0852-32-8645、FAX 0852-28-1116
外部リンク プロジェクトゆうあい一級建築士事務所




本町堂の「料理教室」
 
 本町堂では月1回、メンバーのための「イベント日」を設けています。7月は、料理教室を開催しました。チキンカレーとキーマカレー、それにサラダとデザートも作りました。みんなチームワークばっちりで、手際よくできました。
 講師となったメンバーの教え方もわかりやすく、とても繊細なレシピを皆で丁寧につくりあげました。お味も素晴らしく、みんな大満足でした。

皿に盛られたカレーと、サラダ、デザート

(本町堂の活動につきましては、下の「7月の古本販売&お知らせ」もご覧ください。)



「おんぼらとステーション北堀」より
 
 ゆうあいビル別館1階の地域活動支援センターゆうあい「おんぼらとステーション北堀」は、6月に「おんぼらとブックカフェ」を開催するなど、障がい者の居場所提供に加え、地域の方との交流の場としての活用を目指しています。
 
 昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大もあり、施設利用は通常、関係者および施設登録会員の方限定とさせていただいております。
 ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。




7月の古本販売&お知らせ

おことわり
 
 松江テルサ内「いいものワゴン松江 しごとね」は、6月より部分的に再開しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大により、8月末まで販売休止となりました。
 急なことでご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


●島根県庁「すまいる」
 
 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」の古本販売、7月は27日に行いました。たくさんのお買い上げ、まことにありがとうございました。
 8月は月末の31日(水曜日)に出店いたします。
 古本の回収も承ります。不要の本がありましたら、気軽にお持ちください。

古本販売の様子

 日時 8月31日(水曜日) 11時30分から13時30分
 場所 島根県庁本庁舎1階・県民室(一般出入り自由、Googleマップ


 
●ゆうあい文庫
 
 無人の古本販売棚(ゆうあい文庫)を松江市内各所に設置しております。代金は棚の隣にあるコインボックスに入れていただく仕組みです。
 清掃・ラッピング等に注意を払いつつ、お手に取りやすい形で販売しています。こちらもよろしくお願いいたします。

設置場所松江しんじ湖温泉駅にある本棚
 
 みしまや松江市内各店(東川津・鹿島・八束店を除く)
 まるごう古志原店
 松江しんじ湖温泉駅 待合室
 松江生協病院 新館食堂


 
●本町堂
 
 松江市中心部・白潟本町にある本町堂では、古本の対面販売を行っています。今では手に入らない中古レコード等もお取り扱いしています(試聴も可)
 
 また、悩みを抱える若者の支援(中間就労)や居場所づくりに取り組んでいます。学校に行きづらい、働く場所を探している …… そんな悩みを抱えている方、お気軽にご来店・お問い合わせください。

本棚が並んだ本町堂の内部

 住所 松江市白潟本町74Googleマップ
 電話 0852-67-1539
 時間 水曜除く平日10時から15時
 Twitter 本町堂(日常活動の様子をご覧いただけます)




古本寄付受付中と書かれたバナー



 ご家庭で不要になりました本のご寄付をお待ちしております。本が重く運べない場合は、お電話をいただければ、ご自宅に回収に伺います。

 住所  島根県松江市北堀町35-14Googleマップ
 電話  0852-32-8645(担当:中路・赤山)
 FAX 0852-28-1116
 メール furuhonあっとまーくpjui.com(あっとまーくを半角の@に変換してください)

【おことわり】
 一部の書籍(古い百科事典や文学・美術全集、成人向けの本など)は、お引き受けできない場合がございます。何卒ご了承ください。






「えみスマイル!」最新動画から 〜グルス音声タイマーBC〜

 プロジェクトゆうあいのスタッフ・えみが出演するYouTubeの番組「えみスマイル!」では、(株)インテックから発売された「グルス音声タイマー」を5回に分けてご紹介しています。
「グルス音声タイマー」は、見えない/見えにくい状態でも使えるように、点字や表示に工夫の施されたしゃべるタイマーです。


番組の一場面


 7月はカウントダウンタイマーとカウントアップの操作を、実際の動作を交えて動画配信しました。
 動画にはあらかじめ、字幕テロップが付けられています。下のリンクからYouTubeに移動して、ご覧ください(冒頭部分で、本編と無関係の広告が流れる場合があります)

外部リンク
 第3回「カウントダウンタイマー」(再生時間 11分55秒)
 第4回「カウントアップ」(再生時間 11分21秒)



 YouTubeのプロジェクトゆうあい公式チャンネルでは、過去に配信した「えみスマイル!」や、プロジェクトゆうあいの事業紹介動画をご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

公式チャンネルを開いたときの画面画像

外部リンク
 プロジェクトゆうあい公式チャンネル(YouTube)
 「えみスマイル!」(プロジェクトゆうあい公式サイト内)






キッズ/ジュニアゆうあいの動き

環境を整え、すごしやすく
 
《第1キッズ》
 5月に部屋の模様替えを行い、机の配置等を変えました。よりスッキリとした空間になり、おやつや昼食の際には各自が固定の席でゆっくりと食べられる雰囲気になっています。

《第2ジュニア》
 廊下・居間・トイレの段差を解消しました。段差がなくなったことでスムーズに歩けるようになり、落ち着いて過ごせるようになりました。子どもたちからも、転倒する心配がなくなり、歩きやすくなったと声が聞かれています。これからも快適で安心できる環境作りをしていきたいと思います。

《第3キッズ》
 棚の整理を行い、おもちゃは見えやすく、工作棚は沢山の材料と集中できる環境整備を心掛けました。「やってみたい」「遊んでみたい」「作りたい」と、今まで以上に、沢山の遊びと工作が出来るようにしていこうと思っています。

《第4ジュニア》
 1階リビングの環境整備を行いました。限られたスペースを有効活用するために、おやつを食べる場所、活動を行う場所など、パーテーションで仕切りました。最初はビックリした様子の子どもたちでしたが、すぐに慣れて、おやつ後の動きがスムーズになりました。


仕切りや棚で整頓された部屋

【左】第1キッズ、【右】第4ジュニア




オンライン療育研修
 
 6月14日に、臨床発達心理士でゆうあいのアドバイザーでもある難波寿和(なんば ひさかず)氏を講師に迎え、4事業所合同のオンライン療育研修を実施しました。各事業所が令和3年度を振り返り、令和4年度に向けて新たな療育を考え、スタートを切ります。

パソコンの中継画面を見る参加者

 それに伴い、本年度の方針を事業所毎で話し合い、その内容にぴったりなキャッチフレーズを考えました。一言でやりたいことを表現することはとても難しいのですが、この事業所はこういったことをするのが特徴です、とはっきり言えることの大切さを実感しました。
 今後は、そのキャッチフレーズにふさわしい年間スケジュールを考えて、利用者に提供できるように日々精進していきたいと思っています。
【第2ジュニアゆうあい・児童発達支援管理責任者 関谷有美子】




キッズ/ジュニアゆうあい通信と書かれた文字の画像


 プロジェクトゆうあいでは、放課後等デイサービス事業の近況をお伝えするニュースレター「キッズ/ジュニアゆうあい通信」を毎月発行しています。普段の活動の様子や、今後のお知らせを掲載しています。次のPDFファイルをご覧ください 「キッズ/ジュニアゆうあい通信」第124号(PDF、6.5MB)

Posted by プロジェクトゆうあい at 10:05 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)