CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年06月 | トップページにもどる | 2022年08月»
『愛のバスものがたり』でクラウドファンディング開始 [2022年07月25日(Mon)]

 プロジェクトゆうあいでは、このたび新たなチャレンジとして、「小冊子『愛のバスものがたり』制作と全国バスマップサミット in 松江の開催」と題したクラウドファンディングを開始しました。


クラウドファンディングのサイトページ


 このクラウドファンディングは、島根県が運営する「しまね社会貢献基金」制度を活用したものです。他の民間サービスと違って返戻(へんれい)品はございませんが、ふるさと納税の仕組みを使っているため、「税額控除」のメリットがあります(後述)。現金のほか、クレジットカードによるご寄附も可能です。
 
 下のリンクページ、またこの記事の後半に、今回のクラウドファンディングの詳細を掲載しております。ご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
外部リンク クラウドファンディング情報詳細(「島根いきいき広場」内)



今回のクラウドファンディングについて


はじめに プロジェクトゆうあいでは、障がい者就労支援事業の一環として、公共交通の利用促進事業に取り組んでいます。
 松江市内のすべてのバス路線・時刻を掲載した「どこでもバスブック」を約20年にわたって毎年継続発行しているほか、安来・松江・出雲の観光スポットに訪れるための交通マップ「縁結びバスマップ」の制作・発行、上記に関わる様々な交通情報をネット上で発信する取り組みなどを行っています。
 
 今回のクラウドファンディングは、「バスブック」に毎号掲載してきた「愛のバスものがたり」の冊子化と、公共交通利用促進のための「全国バスマップサミット」開催に伴うものです。



■事業概要
 
(1)『愛のバスものがたり』の制作・発行
 
 本年8月に開催予定の「全国バスマップサミット in 松江」開催にあわせて、小冊子『愛のバスものがたり』を制作・発行します。
 夫婦漫才「よしこじゅんじ」の角純二氏左下の写真・男性執筆のバスに関する小文と、物語にあわせた挿絵で構成される22編の物語です右下が表紙デザイン(予定)。また巻末には「愛のバス短歌」も掲載予定。
 A6判フルカラー50ページ。制作部数2000冊を予定しています。

マイクを前に並ぶ男女と 小冊子の表紙


(2)「第19回 全国バスマップサミット in 松江」の開催
 
「分からないバスを分かりやすく」をモットーに、身近かつ切実な乗り物である路線バスの情報提供について話し合う「全国バスマップサミット in 松江」を、本年の8月27日・28日の2日間にわたって、島根県民会館で開催します。
 初日は展示のみ、2日目が本番のサミットとなります。
 
参考第19回バスマップサミットのご案内(PDF 1.44MB)

会合に集まった参加者たち

2003年、松江市で開催した第3回バスマップサミット



この事業で実現したいこと・「全国バスマップサミット in 松江」を大成功に導き、松江でのバスマップ(交通まちづくり)の取り組みを、広く全国の方々にアピールします。
 
・小冊子『愛のバスものがたり』を制作発行し、愛と感動のバスのものがたりを多くの人と共有します。
 
・漫才師「よしこじゅんじ」の今後の大ブレイク、全国展開に向けての大きなターニングポイントにします。
 
・この取り組みをきっかけに、コロナで乗客の落ち込んだ路線バス事業者を応援し、乗客復活の足掛かりにします。



■目標額
 900,000円

■寄附方法
「島根いきいき広場」のサイトからお願いいたします。現金またはクレジットカードで参加いただけます。
外部リンク クラウドファンディング情報詳細

■税額控除
 島根県(行政)への寄附の扱いとなりますので、寄附金のうち2,000円を超える部分について、税額控除を受けられます(世帯所得により上限あり)
 税控除を受けるには、確定申告等の手続きが必要となります。お近くの税務署・市町村窓口へ確認いただくか、総務省「ふるさと納税ポータルサイト」をご参照ください。
Posted by プロジェクトゆうあい at 10:24 | 公共交通利用促進 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
島根県庁「すまいる」 次回は7/27(水)です [2022年07月19日(Tue)]

 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」の古本販売、今月は7月27日(水曜日)に行います。
 単行本から文庫本・絵本等を販売するほか、一般書店等では手に入らない貴重な本も特価で販売いたします一部、セット価格・ご奉仕品がございます


青いコンテナに入った本


 県庁外からのお客様も、もちろんご利用いただけます。気軽にお立ち寄りください。
 また会場では、古本の回収も承ります。不要の本がございましたら、ぜひお持ちください。



日時 7月27日(水曜日) 11:30〜13:30
 
場所 島根県庁本庁舎・県民室内 障がい者チャレンジショップ「すまいる」(県庁正面玄関左、一般の方出入り自由





 古本販売はこのほか、松江市中心部・白潟本町商店街にあります本町堂でも行っています。こちらでは古本のほか、昔なつかしいレコードやCD、手作りの小物も取扱っています(レコード等の試聴可能)

 本町堂は若い方の中間就労の場として、本の手入れや書棚整理、接客などの仕事を通じて、社会に一歩踏み出すためのお手伝いをしています。詳しくは、次のPDFファイルをご覧ください 本町堂のご案内(PDF、397KB)


遊覧船に乗る青年

本町堂では月1回、メンバーのための「イベント日」を設けています。6月は宍道湖遊覧船「はくちょう号」に乗って、気分転換ができました。



 住所  島根県松江市白潟本町74Googleマップ
 
 開店日 月・火・木・金曜日 10:00〜15:00
 
 Twitter 本町堂(ここでの若者支援活動の様子もご覧いただけます)

Posted by プロジェクトゆうあい at 14:23 | U-BOOKプロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『てくてく日和 山陰』2022夏号できました! [2022年07月13日(Wed)]

 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和 山陰』の最新号(第39号)が完成しました。
 今回は「『たたら』の恵み 奥出雲」と題し、鳥取県や広島県と境を接する島根県奥出雲町を特集します。奥出雲は江戸時代からたたら製鉄が盛んで、山に囲まれながら文化的に開けた地域です。先人の思いのこもった景観を保ちながら、地元ならではの「おいしいもの」を育んでいます。


たたら製鉄と棚田の表紙イラスト


 誌面では、たたらで栄えた時代が分かる各種施設のほか、車椅子でアクセス可能な自然散策、出雲そば・仁多米など奥出雲ならではの食をご紹介します。また日帰り温泉を含めた宿泊施設のバリアフリー、駐車場やトイレの情報もご案内しています。

 好評連載「盲導犬ハダルと矢野のよもやま話」をはじめ、プレゼント企画など、今回も充実した内容でお届けします。


車椅子の女性がキャンプ場でバーベキューをする


 中国地方の「道の駅」、山陰の観光案内所・主要観光地などで無料配布しております。
 また、遠方にお住まいの方のためのPDF版、読み上げソフトに対応したワード版も準備中です。バックナンバーを含め、プロジェクトゆうあいの公式サイトよりダウンロードいただけます。
 
外部リンク てくてく日和(プロジェクトゆうあい公式サイト内)



『てくてく日和 山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

 プロジェクトゆうあいでは、本誌発行のための『てくてく日和』応援寄付(一口 1,000円)をお願いしているほか、広告を出していただける事業者様を募集しています。
 詳しくは本誌巻末をお読みいただくか、下記までお問い合わせください。



NPO法人 プロジェクトゆうあい
 
 TEL 0852-32-8645(担当・今泉)
 FAX 0852-28-1116
 メール tekutekubiyoriあっとまーくpjui.com(あっとまーくを半角の@にしてお送りください)


Posted by プロジェクトゆうあい at 11:44 | U-BOOKプロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2022年6月の事業報告 [2022年07月04日(Mon)]



 5月29日付の『島根日日新聞』(本社:島根県出雲市)に、 「点字名刺の普及を目指す/プロジェクトゆうあい」という見出しで、点字名刺についての記事が1面に掲載されました。
 視覚障がいのあるスタッフの写真とコメントが掲載されたほか、別のスタッフが名刺に点字を打つ作業の写真も、掲載されました。

 『島根日日新聞』は、島根県東部の情報を中心に掲載している地方紙です。地方紙の電子版(バックナンバー)が読める「新聞オンライン.COM」では、一部170円でお読みいただけます。

外部リンク
島根日日新聞 公式サイト
島根日日新聞 2022年5月29日(新聞オンライン.COM)



点字名刺のご案内

点字名刺を指で触る写真


 お手持ちの名刺に点字で、お名前と団体名・連絡先を打ち込みます。打ち込まれた点字は、視覚障がいのあるスタッフが、内容をしっかりとチェックいたします。

点字の内容
・ご所属(法人名、会社名等。自治体の方は県・市の名称まで)
・お名前
・電話番号

制作日数(目安)
 3日〜7日。でき上がりしだい、郵送させていただきます(送料は実費を頂戴いたします)

制作価格(税別)
 50枚 1,000円
 100枚 1,500円
 200枚 2,500円
 (200枚を超えるご注文も承ります。お気軽にご相談ください)

お申込み・お問合せ
 電話・FAX・Eメールで承ります。下記まで、お気軽に問い合わせください。



ゆうあいのロゴマーク


 住所  島根県松江市北堀町35-14(Googleマップ
 電話  0852-32-8645
 FAX  0852-28-1116
 メール infoあっとまーくpjui.com(「あっとまーく」を半角の@に変換してください)





ゆうあいの近況

「たのしい楽団」が再スタート
 
 障がいのある子どもや若者の音楽サークル「たのしい楽団」は、新型コロナウイルス感染症拡大のため、この約2年間休止に近い状態が続いておりました。
 
 6月26日、川津公民館で久しぶりの練習会を開催しました。今年は10月23日に開催される「こどもアートデイ」への参加を目標に、再始動していきます。

楽器を持って演奏する子どもと大人



たのしい楽団」は、即興の音楽を通じて、それぞれの興味と社会活動の場を広げていくことを目的にした活動です。
 応援団長の歌手・浜田真理子さんをはじめとして、各回地元ミュージシャンの方々がボランティアで子どもたちの演奏のサポートをするとともに、ひとりひとりの音楽感性をひきだします。

 詳しくは、次のPDFファイルをお読みいただくか、プロジェクトゆうあいの公式サイトをご覧ください。

リンク
「たのしい楽団」のご案内(PDF、1.18MB)
たのしい楽団(プロジェクトゆうあい公式サイト)





「モーニングブックカフェ」再開
 
 松江市城北地区で月1回開催してきました「モーニングブックカフェ」は、新型コロナウイルスによる感染症拡大防止のため、2020年1月より中止となっておりました。
 
 このたび場所をゆうあいビル別館・地域活動支援センターゆうあいに移し、「おんぼらとブックカフェ北堀」として、6月24日に再開第1回を開催しました。
 マスターの音田さんが自家焙煎したこだわりのコーヒーをお出ししたほか、古本の販売も行いました。


ブックカフェの立て看板



『どこでもバスブック』最新版 好評発売中!
 
 松江圏域の公共交通情報を一冊にまとめた『どこでもバスブック』2022年度版が、好評発売中です。
 かつてテレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」でも紹介された『バスブック』。東京の書泉ブックタワーでも販売されています。
 宍道湖に沈む鮮やかな夕日を描いた表紙が目印です。

バスブックの表紙



価格 250円(税込)

販売場所
 
・JR松江駅構内「おみやげ楽市」
・今井書店グループセンター店、学園通り店(島根県松江市)
・無人古本販売棚「ゆうあい文庫」
 (松江市内のみしまや主要店舗、まるごう古志原店等に設置しています)
・書泉ブックタワー(東京都千代田区)




本町堂の活動から
 
川を進む白鳥号 古本販売と若者支援の事業所・本町堂では、通常の作業とは別に「イベント日」を設けています。6月は、宍道湖遊覧船「はくちょう号」に乗船しました。風を感じてリフレッシュできました。
 
(本町堂の活動につきましては、下の「6月の古本販売&お知らせ」もご覧ください。)


傘、かえる、天の川、貝殻などの貼り絵

本町堂利用者が制作した壁面飾り
6月から8月を貼り絵などで表現しました





6月の古本販売&お知らせ

《6月に出店したイベント等のご報告》

15日】中国労働金庫松江支店前で開催された「第9回 雲南(雲南市・奥出雲町・飯南町)観光・特産品フェア」で、古本を販売しました。
 
24日】約2年半ぶりとなる「ブックカフェ」をゆうあいビル別館・地域活動支援センターゆうあいで開催しました。コーヒーの提供とともに、古本を販売しました(「ゆうあいの近況」も参照)
 
29日】島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」で古本を販売いたしました。


お買い上げ、まことにありがとうございました!



《古本販売情報》

お知らせ
 
 松江テルサ内「いいものワゴン松江 しごとね」は、6月に営業を再開しましたが、新型コロナウイルス感染拡大により、現在販売を休止しております。再開時期は未定です。
 ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


●島根県庁「すまいる」
 
 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」の古本販売、7月は27日(水曜日)に出店いたします。
 古本の回収も承ります。不要の本がありましたら、気軽にお持ちください。

 日時 7月27日(水曜日) 11時30分から13時30分
 場所 島根県庁本庁舎1階・県民室(一般出入り自由、Googleマップ


 
●ゆうあい文庫
 
 1冊100円の古本販売棚(ゆうあい文庫)を松江市内各所に設置しております。代金は棚の隣にあるコインボックスに入れていただく仕組みです。

設置場所松江しんじ湖温泉駅にある本棚
 
 みしまや松江市内各店(東川津・鹿島・八束店を除く)
 まるごう古志原店
 松江しんじ湖温泉駅 待合室
 松江生協病院 新館食堂


 
●本町堂
 
 松江市中心部・白潟本町にある本町堂では、古本の対面販売を行っています。今では手に入らない中古レコード等もお取り扱いしています(試聴も可)
 
 また、悩みを抱える若者の支援(中間就労)や居場所づくりに取り組んでいます。学校に行きづらい、働く場所を探している …… そんな悩みを抱えている方、お気軽にご来店・お問い合わせください。

本棚が並んだ本町堂の内部

 住所 松江市白潟本町74Googleマップ
 電話 0852-67-1539
 時間 水曜除く平日10時から15時
 Twitter 本町堂(日常活動の様子をご覧いただけます)




古本寄付受付中と書かれたバナー



 ご家庭で不要になりました本のご寄付をお待ちしております。本が重く運べない場合は、お電話をいただければ、ご自宅に回収に伺います。

 住所  島根県松江市北堀町35-14Googleマップ
 電話  0852-32-8645(担当:中路・赤山)
 FAX 0852-28-1116
 メール furuhonあっとまーくpjui.com(あっとまーくを半角の@に変換してください)

【おことわり】
 一部の書籍(古い百科事典や文学・美術全集、成人向けの本など)は、お引き受けできない場合がございます。何卒ご了承ください。






「えみスマイル!」最新動画から 〜グルス音声タイマー@A〜

 プロジェクトゆうあいのスタッフ・えみが出演するYouTubeの番組「えみスマイル!」では、(株)インテックから発売された「グルス音声タイマー」を5回に分けてご紹介します。
「グルス音声タイマー」は、見えない/見えにくい状態でも使えるように、点字や表示に工夫の施されたしゃべるタイマーです。


番組の一場面


 動画にはあらかじめ、字幕テロップが付けられています。下のリンクからYouTubeに移動して、ご覧ください(冒頭部分で、本編と無関係の広告が流れる場合があります)

外部リンク
 第1回「主な仕様と各部の名称」(再生時間 6分11秒)
 第2回「タイマーを使ってみよう」(再生時間 12分45秒)



 YouTubeのプロジェクトゆうあい公式チャンネルでは、過去に配信した「えみスマイル!」や、プロジェクトゆうあいの事業紹介動画をご覧いただけます。チャンネル登録、よろしくお願いいたします。

公式チャンネルを開いたときの画面画像

外部リンク
 ・プロジェクトゆうあい公式チャンネル(YouTube)
 ・「えみスマイル!」(プロジェクトゆうあい公式サイト内)






キッズ/ジュニアゆうあいの動き

季節の花と野菜を植えました
 
プランターに植物を植える

第1キッズ
 花に順番に水やりをしてくれて、キレイに咲きました。
 
第2ジュニア
 庭に植えたトマトに、実がつき始めました。ジャガイモも葉が生い茂り、収穫が待ち遠しいです。玄関先には、ペチュニアがきれいに咲きました。
 
第3キッズ
 花と野菜を植えました。「学校でも植えたよ」と、慣れた手つきで作業をしてくれました。
 
第4ジュニア
 玄関前のスペースで、ジャガイモを植えたり、インゲン、イチゴ、ハーブなどを植えたりしています。収穫が楽しみです。



イオン「黄色いレシート」寄付でおもちゃを購入
 
 全国のイオングループ各店では、毎月11日のイオン・デーに「黄色いレシートキャンペーン」が実施されています。
 この日、レジ精算時に受け取った黄色いレシートを、地域団体名が書かれたボックスに投函していただくことで、この金額合計の1%相当が商品券として寄贈される仕組みです。

 今年プロジェクトゆうあいでは、24,000円相当の商品券をいただきました。キッズ/ジュニアゆうあいの事業所ごとに、子どもたちに合わせた遊具を購入させていただきました。
 
 商品券を寄贈いただきましたイオンリテール株式会社様、またレシートを通じて寄付いただきました市民の皆様に、この場を借りて心より感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。


購入された沢山のおもちゃ




キッズ/ジュニアゆうあい通信と書かれた文字の画像


 プロジェクトゆうあいでは、放課後等デイサービス事業の近況をお伝えするニュースレター「キッズ/ジュニアゆうあい通信」を毎月発行しています。普段の活動の様子や、今後のお知らせを掲載しています。次のPDFファイルをご覧ください 「キッズ/ジュニアゆうあい通信」第123号(PDF、9.3MB)


Posted by プロジェクトゆうあい at 10:05 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)