CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年09月 | トップページにもどる | 2021年11月»
島根県庁「すまいる」 次回は10/27(水)です [2021年10月18日(Mon)]

 島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」の古本販売、今月は27日(水曜日)におこないます。
 
 文庫本から絵本・大型本まで1冊100円で販売するほか、一般書店等では手に入らない貴重な本も特価で販売いたします一部、セット価格・奉仕品がございます


健康に関するDVDのセット 全30巻3500円

DVDもお取り扱いすることがあります


 県庁外からのお客様も、もちろんご利用いただけます。読書の秋、お気軽にのぞいてみてください。



日時 10月27日(水曜日) 11:30から13:30まで
 
場所 島根県庁本庁舎・県民室内 障がい者チャレンジショップ「すまいる」(県庁正面玄関左、一般の方出入り自由





 古本販売はこのほか、松江市中心部・白潟本町商店街にあります本町堂でもおこなっています。
 
 本町堂の面した白潟本町通りでは、10月18日から11月13日まで、まちづくりの社会実験がおこなわれます。歩行空間がひろがるほか、出店や催しもおこなわれます。本町堂にもぜひお立ち寄りください。


秋の風景とハロウィンの切り絵

店内に、秋の飾りつけをしてみました


 本町堂は若い方の中間就労の場として、本の手入れや書棚整理、接客などの仕事を通じて、社会に一歩踏み出すためのお手伝いをしています。
 ご興味ある方は、次のリンクページをご覧ください 若者支援で働く(本町堂)(プロジェクトゆうあい公式サイト内)



 住所  島根県松江市白潟本町74大橋南詰バス停近く、Googleマップ
 
 運営日 月・火・木・金曜日 10:00〜15:00
 
 Twitter 本町堂(ここでの若者支援活動の様子もご覧いただけます)


Posted by プロジェクトゆうあい at 10:00 | U-BOOKプロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度 キッズ/ジュニアゆうあい作品展 [2021年10月12日(Tue)]

 キッズ/ジュニアを利用する子どもたちの秋の作品展を、今年も開催します。10月末の30日土曜日、31日日曜日の両日、第1キッズゆうあいを会場におこないます。
 
 4つの放課後等デイサービス事業所に通う子どもたちの工夫を凝らした作品が並びます。ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。


飾りつけをした部屋に お皿や絵 エコバッグなどが並んでいる

昨年の作品展から



日時 令和3年10月30日土曜日、同31日日曜日
   両日とも、10:00から16:00
 
場所 第1キッズゆうあい(松江市北堀町35-14、ゆうあいビル2階)
Posted by プロジェクトゆうあい at 10:34 | キッズ/ジュニアゆうあい | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
『てくてく日和・山陰』2021秋号できました! [2021年10月04日(Mon)]

 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰』の2021年秋号(第36号)ができました。
 
 今回は鳥取県西部、「奥日野」と呼ばれる日野町・日南町を特集します。奥日野地域では約100年前まで、日本古来の製鉄法「たたら製鉄」が営まれてきました。たたら場や鍛冶場の跡など、製鉄に関する遺跡が多く存在しています。展示施設の見学から、たたら跡でのAR(拡張現実)体験、鍛冶職人のなりきり体験など、たたらにまつわる観光情報をご紹介します。
 
 また全国的に有名な金持(かもち)神社、日野郡3町の特色をいかしたランチ「たたらんち」のご紹介など、奥日野の魅力が詰まった一冊です。各観光スポットのバリアフリー情報(お手洗い、段差・勾配、駐車場など)も、詳しく掲載しています。


てくてく日和の表紙 茅葺きのたたら工房を見学する車いすの女の子と 介助の男の子の絵


 中国地方の「道の駅」、山陰の観光案内所・主要観光地などで無料配布しております。また遠方の方のためのPDF版、読み上げソフトに対応したワード版も準備中です。次のリンクよりダウンロードしてください てくてく日和(プロジェクトゆうあい公式サイト内)



てくてく日和・山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

たたらの展示を見る車いすの男性と 川を長靴で渡る男性

 プロジェクトゆうあいでは、『てくてく日和』応援寄付(一口1,000円)と、広告を出していただける事業者様を募集しています。
 詳しくは本誌巻末をお読みいただくか、プロジェクトゆうあい(電話 0852-32-8645、FAX 0852-28-1116、担当・今泉)までお問い合わせください。


Posted by プロジェクトゆうあい at 13:42 | バリアフリー観光 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年9月の事業報告 [2021年10月01日(Fri)]


 9月1日は防災の日でした。障害者就労支援事業所「第1/第2プロジェクトゆうあい」では、この日に地震を想定した避難訓練を実施しました。地震が起きているとされる間、机の下に入ったり、衝撃に耐えられるもので頭を守ったりできるかなどを実践しました。
 
ヘルメットとリュックサックを身につけて避難する人たちをえがいたイラスト 地震が収まったと想定されるころに、松江市城北地域で指定避難所とされている城北公民館へ移動、全員避難できたかの確認を行いました。
 移動の間は、視覚障がいのあるスタッフ、肢体不自由のスタッフの誘導についても確認しました。全員の無事を確認して、避難訓練は終了となりました。



ゆうあいからのお知らせ

印鑑のご用命は はんこ屋ゆうあいで
 
 はんこ屋ゆうあいでは、認印(三文判)、銀行印、実印などの印鑑作成のほか、名刺の印刷・カットもしています。
 一部商品は、即日作成も承っています。オンラインショップも開設しています はんこ屋ゆうあいオンラインショップ


女性向け・男性向けハンコなど並べた商品棚



はんこ屋ゆうあい


 住所  島根県松江市雑賀町227(Googleマップ駐車場有
 電話  0852-27-7448
 FAX  0852-27-7447
 営業  平日10時〜18時
 
 リンク はんこ屋ゆうあい
 メール tsukisakaあっとまーくpjui.com(「あっとまーく」は半角の@に変換)

はんこ屋ゆうあいの駐車場と建物の位置関係を説明した画像 駐車場3台と説明あり




プロジェクトゆうあい一級建築士事務所へ ご用命を!
 
大きな木と民家の画像
 プロジェクトゆうあい一級建築士事務所は、心地よい空間とバリアフリーを基本的な考えとして、住宅、商業施設、宿泊施設等の設計、アドバイス業務を行っています。島根県では唯一、一級建築士事務所に加え、県指定障害者福祉サービス事業認可を得ています。
 
 障がい者支援事業をおこなっている法人ならではの、身体に不自由のある方の立場に立った設計、提案を行います。建築設計のスタッフだけでなく、必要に応じて福祉専門スタッフ、障がい当事者アドバイザーを含めたチームをつくり、ご相談に応じています。



プロジェクトゆうあい一級建築士事務所
(島根県事務所登録第(1)10723号)


 ・島根県建築士会所属
 
 ・日本建築士会連合まちづくり委員会 福祉まちづくり部会所属



〒690-0888 島根県松江市北堀町35-14
TEL 0852-32-8645、FAX 0852-28-1116
リンク プロジェクトゆうあい一級建築士事務所




おんぼらとステーション北堀より
 
 地域活動支援センターゆうあい「おんぼらとステーション北堀」は、障がいのある方の居場所、また地域の皆さんの憩いの場となるよう設けられた地域活動支援センターです。現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、施設登録会員様のみにご利用いただいております。
 
 レジのそばには、まるべりー工房(社会福祉法人桑友)さんのお菓子を置いております。素材にこだわったクッキーやラスクが、1個100円で購入できます。

ハロウィンの飾りつけがされたレジ

 このたび、ツイッターアカウントを開設いたしました。活動内容や予約状況を毎日つぶやいていますので、次のリンクからご覧ください おんぼらとステーション北堀



古本販売の報告・お知らせ

●島根県庁「すまいる」
 
 9月29日、島根県庁障がい者チャレンジショップ「すまいる」にて、古本を販売いたしました。毎回たくさんのお買い上げ、まことにありがとうございます。
 
 次回は10月27日(水曜日)に販売いたします。読書の秋にぴったりの一冊をお探しください。また会場では、古本の回収を承ります。不要になった本がありましたら、お持ちください。

 時間 11時30分から13時30分
 場所 島根県庁本庁舎1階・県民室(一般出入り自由)




●いいものワゴン松江 しごとね
 
 松江テルサ1階「いいものワゴン松江 しごとね」、9月はお休みをいただいておりましたが、10月1日より販売を再開いたします。松江市内の障がい者福祉施設で制作されたお菓子や小物、生鮮品などを販売しています。
 プロジェクトゆうあいの古本も販売しています。品ぞろえを充実してお待ちしております。


陳列棚をのぞく女性のお客様と 車いすの男性スタッフ


 日時 平日10時から14時30分
 場所 松江テルサ(松江駅北口、Googleマップ
 HP 福祉ネットだんだんネ
 
(「しごとね」は、NPO法人・福祉ネットだんだんねが運営しています)




●ゆうあい文庫
 
 1冊100円の古本棚(ゆうあい文庫)を設置しております。代金は棚の隣にあるコインボックスに入れていただく仕組みです。1冊250円の「どこでもバスブック」や、1枚100円の中古CDも販売しております。

ゆうあい文庫の写真

設置場所
 みしまや松江市内各店(鹿島店・八束店除く)
 まるごう古志原店
 松江しんじ湖温泉駅 待合室
 松江生協病院 新館食堂





古本のご寄付をお待ちしています

 引き続き、ご家庭で不要になった本のご寄付をお待ちしております(注)。本が重く運べない場合は、お電話をいただければ、ご自宅に回収に伺います。

 住所  島根県松江市北堀町35-14Googleマップ
 電話  0852-32-8645(担当:中路・赤山)
 FAX 0852-28-1116
 メール furuhonあっとまーくpjui.com(「あっとまーく」は、半角の@に変換)

(注)古い百科事典や文学全集、成人向けの本など、一部お引き受けできない場合がございます。ご了承ください。





動画番組「えみスマイル!」のご紹介 〜ブレイルメモスマート Air32@〜

えみスマイルのタイトルロゴ

 ゆうあいスタッフの「えみ」が出演するYouTubeの番組「えみスマイル!」。今回からタイトルロゴなどが新しくなりました。
 
 最新の配信分では、ケージーエス株式会社の新発売の点字ディスプレイ「ブレイルメモスマート Air(エア)32」をご紹介しています。手元に点字が表示でき、点字とほぼ同じ内容を音声で読み上げます。
 第1回では、主な機能と各部の名称を説明します。次のリンクから動画をご覧ください えみスマイル!「ブレイルメモスマート Air32」@



 聞こえにくい方のための字幕をご用意しています。YouTubeの字幕設定で、「日本語」をオンにしてご覧ください。
 
 今までの「えみスマイル!」は、次のリンクからご覧ください。
プロジェクトゆうあい公式サイト「えみスマイル!」
YouTube公式チャンネル






本町堂の活動から
 
大きな緑の葉をつけた植物の植木鉢 本町堂に観葉植物を置きました。マイナスイオンをたくさん出してもらえると、いいなと思います。ここにいらっしゃる方にとって、居心地のよい空間となりますように。




 本町堂は松江市・白潟本町商店街で、古本や中古レコード、小物を販売しています。
 また、悩みを抱える若者の支援(中間就労)や居場所づくりに取り組んでいます。学校に行きづらい、働く場所を探している …… そんな悩みを抱えている方、お気軽にご来店・お問い合わせください。

本町堂のショーウィンドウ 住所 松江市白潟本町74Googleマップ
 電話 0852-67-1539
 時間 水曜除く平日10時から15時
 Twitter 本町堂







キッズ/ジュニアゆうあいの動き

第2ジュニアにログハウス完成!
 
 第2ジュニアゆうあいの庭に、ログハウスが完成しました。昨年の春から取りかかり、慣れない工具を使って土台を作るところから始まりました。土台ができたら、床を張りました。
 夏から秋には汗を落としながら壁となる木材を積み上げ、雪が降る前に屋根を取り付けました。雪解けとともに色を塗り、窓はステンドグラス風に描きました。
 このように、第2ジュニアの子どもたちが、力を合わせて作り上げたログハウスです。


白いペンキを塗った 赤い屋根のログハウス


 ログハウス完成を記念して、子どもたちがログハウスでかき氷を作り、ふるまいました。他のキッズ/ジュニアゆうあいのお友達と、障害者就労支援事業所で働くスタッフをお招きしました。
 今後も、第2ジュニアゆうあいのシンボルとして活躍してくれることを期待しています!



◆夏祭りを開催
 
 今年は各事業所の単位で、夏祭りを実施しました。それぞれに工夫・特色あるものとなり、子どもたちに少しでも、夏祭りの雰囲気を味わってもらえて良かったです。

 第1キッズでは、キラキラボールすくい、輪投げ、ビンゴゲーム、スタッフ手作りの射的を楽しみました。 
 
 第2ジュニアでは、ログハウス完成に合わせて夏祭りを開きました。みんなでカラオケ大会もしました。
 
 第3キッズでは、午前に的当て・輪投げ・アヒルすくい・うちわ作り、午後からはフライドポテト・フランクフルト・かき氷などの屋台を楽しみました。
 
 第4ジュニアでは、一致団結して飾り付けをしました。焼きそばやたこ焼きを食べたり、射的やヨーヨー釣りをして楽しみました。


射的とアヒルすくいの写真




◆夏休み後半のキッズ/ジュニアゆうあい
 
 先月に引き続き、4つの放課後等デイサービス事業所のこの夏を振り返ります。今回は夏休み後半の動きからです。

《第1キッズ》
 
・堀川遊覧船に乗船しました。乗船後、保護者のみなさんが船に手を振ってくださいました。子どもたちは大喜び。船頭さんの歌を聴いて、みんなで遊覧を楽しみました下の写真・左上

《第2ジュニア》
 
・夏休み恒例の魚釣りへ行きました。大人気の行事で、釣った魚は唐揚げにしてみんなで食べました下の写真・右上
 
・スマホ犯罪防止対策講座をおこないました。島根県警察本部の方にお話いただきました。日常に起こる様々な犯罪などを教えていただき、どう対策したらいいのかを学びました。
 
・安来市の「のき白鳥の里」にある自然食品のお店「Dacha sawa(ダーチャ・サワ)さんを訪れました。ここでは藍染体験ができ、みんな藍染を楽しんでいました。キッズゆうあいで働いていた方との出会いがあり、充実した1日でした。

《第3キッズ》
 
・三瓶自然館サヒメルへ行きました。みんなとても楽しみにしていました。昆虫・動物のはく製、プラネタリウム、仕掛け絵やクイズ等があり、時間の許すかぎり楽しみました。
 
・出雲科学館へ行きました。空気砲で風車を狙って回したり、重さの違うボールを競争させたり、面白い鏡で浮いたように見せたりと、たくさんの体験をしました下の写真・左下

《第4ジュニア》
 
・出雲科学館へ行きました。普段は感じられない音や、光の展示物がある不思議な空間に、みんな興味津々でした。
 
・大根島へブルーベリー狩りに行きました。第3キッズの子どもたちと一緒に、ワイワイと出かけました。とても暑い日でしたが、たくさんブルーベリーを食べて、お土産を持って帰りました。
 
・食育では親子丼を作りました。買い物からスタート! 食材を切ったり煮込んだり。ほとんどの工程を自分たちでがんばりました下の写真・右下


堀川遊覧船の船頭さん 港での釣り 出雲科学館での展示 できた親子丼をご飯の上によそう写真



就労継続支援事業所を見学
 
 松江市八束町(大根島)にある障害者就労継続支援B型事業所「すずしろ」さんを見学しました。ゆうあいの放課後等デイサービス事業を利用していたA君・B君が、はた織りのひとつ「さをり織り」の作業をしていました。ニコニコと恥ずかしそうな仕草をしながら真剣に作業に取り組む姿は、本当に立派でした。

「すずしろ」さんではこのほか、カフェの運営や、手づくり焼きドーナツの販売もおこなっています。詳しくは、次のサイトをご覧ください。
ホームページなかうみの郷公式サイト
Facebook 障がい者就労継続支援B型事業所すずしろ

Posted by プロジェクトゆうあい at 10:01 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)