• もっと見る
«2022年6月の事業報告 | トップページにもどる | 島根県庁「すまいる」 次回は7/27(水)です»
『てくてく日和 山陰』2022夏号できました! [2022年07月13日(Wed)]

 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和 山陰』の最新号(第39号)が完成しました。
 今回は「『たたら』の恵み 奥出雲」と題し、鳥取県や広島県と境を接する島根県奥出雲町を特集します。奥出雲は江戸時代からたたら製鉄が盛んで、山に囲まれながら文化的に開けた地域です。先人の思いのこもった景観を保ちながら、地元ならではの「おいしいもの」を育んでいます。


たたら製鉄と棚田の表紙イラスト


 誌面では、たたらで栄えた時代が分かる各種施設のほか、車椅子でアクセス可能な自然散策、出雲そば・仁多米など奥出雲ならではの食をご紹介します。また日帰り温泉を含めた宿泊施設のバリアフリー、駐車場やトイレの情報もご案内しています。

 好評連載「盲導犬ハダルと矢野のよもやま話」をはじめ、プレゼント企画など、今回も充実した内容でお届けします。


車椅子の女性がキャンプ場でバーベキューをする


 中国地方の「道の駅」、山陰の観光案内所・主要観光地などで無料配布しております。
 また、遠方にお住まいの方のためのPDF版、読み上げソフトに対応したワード版も準備中です。バックナンバーを含め、プロジェクトゆうあいの公式サイトよりダウンロードいただけます。
 
外部リンク てくてく日和(プロジェクトゆうあい公式サイト内)



『てくてく日和 山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

 プロジェクトゆうあいでは、本誌発行のための『てくてく日和』応援寄付(一口 1,000円)をお願いしているほか、広告を出していただける事業者様を募集しています。
 詳しくは本誌巻末をお読みいただくか、下記までお問い合わせください。



NPO法人 プロジェクトゆうあい
 
 TEL 0852-32-8645(担当・今泉)
 FAX 0852-28-1116
 メール tekutekubiyoriあっとまーくpjui.com(あっとまーくを半角の@にしてお送りください)


Posted by プロジェクトゆうあい at 11:44 | U-BOOKプロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント