CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2021年9月の事業報告 | トップページにもどる | 令和3年度 キッズ/ジュニアゆうあい作品展»
『てくてく日和・山陰』2021秋号できました! [2021年10月04日(Mon)]

 まち歩きバリアフリー情報誌『てくてく日和・山陰』の2021年秋号(第36号)ができました。
 
 今回は鳥取県西部、「奥日野」と呼ばれる日野町・日南町を特集します。奥日野地域では約100年前まで、日本古来の製鉄法「たたら製鉄」が営まれてきました。たたら場や鍛冶場の跡など、製鉄に関する遺跡が多く存在しています。展示施設の見学から、たたら跡でのAR(拡張現実)体験、鍛冶職人のなりきり体験など、たたらにまつわる観光情報をご紹介します。
 
 また全国的に有名な金持(かもち)神社、日野郡3町の特色をいかしたランチ「たたらんち」のご紹介など、奥日野の魅力が詰まった一冊です。各観光スポットのバリアフリー情報(お手洗い、段差・勾配、駐車場など)も、詳しく掲載しています。


てくてく日和の表紙 茅葺きのたたら工房を見学する車いすの女の子と 介助の男の子の絵


 中国地方の「道の駅」、山陰の観光案内所・主要観光地などで無料配布しております。また遠方の方のためのPDF版、読み上げソフトに対応したワード版も準備中です。次のリンクよりダウンロードしてください てくてく日和(プロジェクトゆうあい公式サイト内)



てくてく日和・山陰』は、山陰各地の観光地・施設をプロジェクトゆうあいのスタッフが実際に取材・執筆・編集し、バリアフリーの視点から情報をお届けする季刊の観光情報誌です。

たたらの展示を見る車いすの男性と 川を長靴で渡る男性

 プロジェクトゆうあいでは、『てくてく日和』応援寄付(一口1,000円)と、広告を出していただける事業者様を募集しています。
 詳しくは本誌巻末をお読みいただくか、プロジェクトゆうあい(電話 0852-32-8645、FAX 0852-28-1116、担当・今泉)までお問い合わせください。


Posted by プロジェクトゆうあい at 13:42 | バリアフリー観光 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント