• もっと見る

2024年01月31日

70代、指名手配犯 末期がんの末路

爆破事件で指名手配されていた「桐島聡」なる人物が50年逃げ回って、鎌倉の病院に運ばれた記事がツィター上を賑わしていた。

翌日には、「ウチダヒロシ」と偽名でお隣の藤沢市の土木工事会社住み込みで働いていたとの報道。
藤沢市で働き、路上で倒れて運ばれた鎌倉の総合病院と聞けば、私の自宅近くの、私のメインの病院、徳洲会の旗艦病院、「湘南鎌倉総合病院」決まっている。
夕方の散歩の次いでによってみると、エントランス玄関を挟んだ路上にはマスコミのカメラの放列、と中継車の列で、警察による交通整理がされていた。
病院内には、ひと目みて、通院患者とは思えない、公安警察やマスコミと思われる人々が静かに佇んでいた。
流石に、病院内には。テレビカメラは入っていなかった。
事件報道から2日後、容疑者「桐島聡」なる人物が亡くなった云う。

「ウチダヒロシ」はもしかすると私たちと同じだったかも知れない

1975年企業連続企業爆破事件とは
連続企業爆破事件とは東アジア反日武装戦線が旧財閥系企業、大手ゼネコン社屋・施設などに爆弾を設置し爆破した事件。
1974年8月から1975年5月にかけて、東アジア反日武装戦線は日本国家をアジア侵略の元凶とみなし、アジア侵略に加担しているとされた企業に対し断続的に爆破事件を起こした。
三菱重工・三井物産・帝人研究所・大成建設本社・鹿島建設・間組・韓国産業経済研究所など

1974年、私が南米の放浪から戻ってきたの75年2月、これら事件は知らないし、今回の75年の「桐島聡」なる人物が関与した事件も、帰国直後で日本での生活に溶け込む支度で精一杯で、事件があったことすら知らない。
「桐島聡」なる人物は1954年うまれ。私達団塊世代よりも6才年下。
ということは全共闘世代ではない、日大江古田のデモ(1968)も東大安田講堂(1969)も知らない世代、遅れてきた学生闘争過激派。
浅間山荘事件(1972)以降の過激派の流れを組む組織に所属していたのだろうか。
指名手配の事件、韓国産業経済研究所(1975)の時、彼は21才だった。
広島の高校から、上京し明治学院大法学部の学生だった。

全共闘学生運動から過激派の時代1968年から1975年
団塊世代にとっての節目の年月、ノンポリの私は南米、ブエノスアイレスで青春を謳歌しており、そろそろ日本の高度成長に乗り遅れまいと帰ってきた時期です。
あの頃、「桐島聡」なる人物は「ウチダヒロシ」と名乗って、今日まで生き延びてきたのか。

私は専門学校へ入り直し、結婚し、日本の建設業界最前線の現場でリーダーして、何ら社会の不公平に目もくれず、ひたすら、早期退職を目指し、老後のことだけを考えていた時、団塊世代の一回りしたの「ウチダヒロシ」氏はお隣の藤沢市の土木会社で、職人さんして一人、公安の目を恐れ、暮らしてきたのだろうか。
湘南鎌倉Hに運ばれた報道を目にした時、先ず思ったのは「健康保険証」はどうしたのだろうと思った。
後から報道によると、「自費診療」ともあるが・・・
徳洲会湘南鎌倉総合病院は、日本一救急患者を断らない病院として知られているから、受け入れはするが、最終的に健康保険証は求めるだろう。
きっとお給料から、源泉徴収はされていても、、失業保険もない生活だったのだろう。
ましてや国民年金も、今や国民の義務化されているマイナンバーなんて絶対に登録するような生活でなかったろう。

この事件で真っ先に思い起こしたのは、実の兄のことでした。

信州の貧しい家庭に育った姉、双子の兄二人、そして私の、戦後直後生まれの四人。
姉は昭和19年、双子の兄兄弟は昭和20年、そして最後に生まれた私は昭和23年、あの頃の日本の家庭の典型的な家族構成です。
姉は、小学・中学・と学年トップの優秀生徒でしたが、貧困家庭で高校への進学をあきらめてかけていたのに、母は親戚の反対を押し切って,県下一の進学校に薦めました。
その反動で双子の兄二人の一人は、その頃あった県下の大企業の中卒受け入れ教育生として就職、もう一人の兄は定時制工業高校へ進学しました。
3つ年下の末っ子の私は、その頃経済的にも安定したきた家庭情もあって、普通に進学しました。
思い出したのは、工業高校を卒業して、都内の企業に勤めた兄のことです。
高校時代から、まわりの、革新系政党団体に属している友人に誘われ、いろいろなサークル活動をしていたようです。
昔、流行った「歌声喫茶」のような団体で、盛んにロシア民謡を歌っていました。
東京の製造会社に入ってからも、その系列の運動に参加していたようで、いつしか、会社をやめて革新系の新聞販売店な反戦でバイトをしながら、全国の反戦運動に出向いており、経済的には、長野の実家から一歩でずに、工場で働いている双子の兄弟の格差はどんどんと広がっていきました。

信州に残った姉も兄も結婚し、家庭をもち、各々二人の子持ちになってきた頃、実家の母は、東京に住む兄が40才になった頃、兄の将来の生活に不安をもち、引っ越しから兄が住んでいた大家さんの挨拶までこなして、兄を信州に引き上げさせました。
今でも、母と長野に帰る兄とその友人が、私の新しいマンションに来たことを覚えています。
新しい、広い、快適に見えるマンションのソファに座って、兄と友人が話して言葉は、
「日本にもこんな生活があるんだ」と云いました。
私達、普通のサラリーマンにとっては、普通に働いていれば手に入る程度の環境なのですが、兄たちの住む世界の人々からみると、異質と見えたのでしょう。
信州に戻ってた兄の生活は、親戚の水道工事会社の職人の生活でした、が、転職を繰り返し、一時期はパチンコ三昧の暮らしでした。
父がなくなった後は、母が兄の生活を後ろから支えていたようです。
現場で怪我をしたり、発注元とのトラブルを繰り返したり、いろいろあったようですが、60才で仕事を辞めたようです。

国民年金じぁ、アパート代払ってお終い、生活出来ない

60才で退職した時、実家来た時、「国民年金じぁ、アパート代払ってお終い、生活出来ない」と、兄嫁に話しちそうで、兄や実家の母親には話しませんが、私のカミさんに「60才になるまでなにも準備せす、母親に頼って生きて、あの言葉、私の家庭にまで壊さないで云いたいわ」と話していました。

兄、72才までづっと独身、アパート暮らしでした。
71才の春、盲腸癌ステージ4と告げられました。この頃、もう頼りになる母親はなくなっていました。
一人暮らし、70代の男性の食生活は、見なくても分かります。
好きな時、好きなものを好きなだけ食べ、外出は毎朝、近所のお寺の境内のラジオ体操だけ。
生活の元になるのは、国民年金の2つで13万程度、でも母親がなくなる時、数百万程度の貯金通帳を残していたようです。

お金がなくなると、自分のクレジットカード口座から引き出すのを姉に問い詰められているのを見ました。
兄は、銀行ATMは市内まで行かないとないから、コンビニで自分クレジットカードから引きだすほうが、簡単というのを、姉に責められていました。
「あんた、貧乏人のクセに、自分のお金を引き出すのに、利子を払っているのよ」と
そんな兄も、医者の余命宣告どおり、なくなりました。72才。
三ヶ月ばかり、緩和治療、看護師さんがアパートにきて、麻酔ワッペンを張り、様子をみる生活が続き、最後はキリスト系ホスピスで三週間、意識のないまま、72才で息を引き取りました。
今、日本社会で多い、70代男性の孤独死ではなく、最低限、姉、兄弟に見送られてのお葬式でした。

テレ東「家についてっていいてすか」
今回のこの逃亡犯「ウチダヒロシ」或いは「桐島聡」のようなケースは珍しくないのでは思います。
我が家、カミさん私が共通してみる、数少ないTV番組「家についてっていいてすか」に度々、自分同じ団塊世代の独身男性が登場します。
70代、独身、アパート住まい、家のなかは総じて片付いていない、半分ゴミ屋敷
いつも、見ていて、自分と同じ年齢って、こんな風に映るんだ
オレはもっと若い・・とカミさんに云うと、「おんなじよ」といいますが・・・


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月29日

後期高齢者のチャレンジ ワイヤーレスイヤホン

Bluetooth無線イヤホンに興味津々

電車内で若者がスマホ片手に、音楽を聞いている姿をみると、ほとんどがワイヤーレスイヤホンで聞いている姿を見かけます。
耳に端末を入れている姿、理屈的にブルートゥスでやっているのは、パソコンエンジニアであったのだから、勿論わかります。
昔は、あのイヤホンが絡んで取り出しにくく、イライラしていたことを思いだし、耳から端末がちょつと出でいる姿が、ちょっと微笑ましくみえます。
あのBluetooth無線イヤホンって幾らぐらいするのだろうと考えました。
勿論、音質とかがあるから、ピンキリなのでしょうが・・・

そんなことを思っていた時、ユーチューブにUPしてある、自分の動画をスマホで見ました。
パソコンとスマホの液晶の違いがあるのでしょうがが、意外とパソコンよりも鮮明・綺麗に見えるに我ながら美しくみえました。
これなら、移動や、病院での時間待ちに使えるかも知れない、特に考えたのは、これから先の自分の終末医療で過ごす環境は、おそらく湘南鎌倉病院の四人部屋のベットの上であろうと思う想像しました。
カード式の有料テレビはあるでしょうが、暇な時間、自分のこれまでの人生を振り返って見る時、パソコン内にこれまでの色々なデータ、画像、お気に入りの音楽などがあり一人、見る姿を想像します。
恐らく、ミニノートパソコンは持ち込めるでしょうが、今や病院館内、昔と違ってWiFiが飛んでるし、スマホで自分の電波も拾えるし、小さくて持ち運びに便利。
自分のユーチューブチャンネルには200以上のこれまでの旅の思い出、世界遺産の旅、そして限定公開の家族の静止画ビデオもUPしてあり、当分飽きは来ないその時には、イヤホンはコードレスのほうが断然便利だから、今、元気なうちにに試しておこうと考えました。

先ずワイヤーレスイヤホンって幾ら位するものか


値段はピンキリあり、音質もそれ相応に違い、充電スピードもバッテリー容量も違いのも分かります。
先ず最初に自分のスマホにBluetooth機能があるか調べました。
ともかく、ワイモバイル・京セラの高齢者向け、超簡単スマホですから、常識的なものでも付帯していない可能性がありますから・・・
流石に、安物・簡単スマホでもBluetoothは設定画面から確認出来ました。
音質・バッテリー容量に関しては、若者が通勤時間の行き帰りに使うのではなく、在宅あるいは入院先の病室ですから、そんなに問題となりません。
では、価格は、安ければやすいほうがが良い、ちゃんと機能すれば十分。
問題はBluetoothの設定が簡単なものです。
実は私は、Bluetooth設定のトラウマがあるのです。
現在使っているノートPCは、5年前「東芝ダイレクト」からのネット購入です。
購入の才、Bluetoothマウスが期間限定で付属とあったので購入しました。
これまで、Bluetoothの機能を使ったことがなく、どんなものかと試してみました。
しかし、マニュアルどおりやってもBluetoothマウスは本体とつながらないのです。
途切れる、反応が悪い、カクカクする、動かなくなる、等ネット上のトラブル全て発生して、捨てました。
こんなもので、イライラするなら、USB無線ワイヤレスのほうが良いと、それ以降使っていません。

そんな危惧もあるので、テスト用として安いものを

ネット上には1,000以下のものは多数ありました。
ふと、またここで考えてたのは、ネット上でこれだけ、1,000円以下で売られているのなら、もしかして100均で扱っているかもしれない。
100円はあり得ないけど、300円、500円はあるかも知れない。
有りました。「CANDO」で、アマゾンと同じメーカー中国 delicoco 1,000円+税で1,100円
ネット上アマゾンでは888円税込み、送料400円(ただしポイント払い0円)
片耳/両耳 防水 低遅延 ブルートゥースイヤホン IOS/Android対応 ゲーミ/音乐/ラジオ/通勤通学/skype/zoom/WEB会議/ビジネス
ブランド: delicoco 評価 5つ星のうち4.5 269個の評価
もちろん、アマゾンでポチしました。

さて、問題なくつながり、簡単にスマホの動画が再生出来るか

アマゾンにポチした翌日、月一の定例のサポートに出かけました。
相手は30代の鎌倉市嘱託職員、マイナンバー担当のITに強い女性てす。
彼女にスマホ・アンドロイドのBluetoothイヤホンのつなぎ方、設定について訪ねました。
「先生、何にもしなくても、スマホはつながる機器を探し出し、反応するので、設定OKにするだけですよ」
「先生みたいな人が、私に聞くなんで信じられない」
私は、「明日自宅に届き、やってみるけど出来なかったら、来週、市役所のお昼休みに持っていくけど、いい」
と聞くと、「いいですけど、今時、小学生だって出来ますよ、先生に出来ないことはあり得ない」

でも、最初は出来ませんでした。

イヤホンを耳にさして、アンドロイドスマホの設定画面を開いても、このワイヤーレスイヤホンを認識してくれません。
そもそも、このワイヤーレスイヤホンの型式、番号さえ分からないのです。
スマホが何かのを認識しているようですが、されが何かも分かりませんでした。
その型式・型番は、ネットで調べてみると机の上にあるプリンターでした。
ということは、スマホはちゃんとBluetooth電波をキャッチ、認識しているのが分かりました。

さて、仕方ない、この小さな英文のinstructionsを読んでみるか?
ともかく、名刺と同じ大きさの紙に小さな文字で、英語で書かれています。
天眼鏡を持ち出して、必要と思われる所を読んでみて、箱から出したら2時間、電源をチャージして下さいと書かれていました。
そっか、スマホ側で電波をキャッチしていなかったんだ。
私の認識が間違っていたのです。
Bluetooth電波はスマホが出しているのではなく、この小さな、耳にさすイヤホン本体からでているんだ、この白いケースはこのイヤホンの電源チャージようなんだ。
電車のなかで、若者が取り出していたのはこれなんだ。
2時間、電源チャージしてからテストしました。
全く問題なく私のスマホのユーチューブ映像からBGMも現場の音もステレオで流れてきました。
これは、使えるぞ、たった900円で、当分、大人のオモチャとして楽しめるぞ。

そして次を考えています。
今まで、ソニーのデジタルウォークマンで聞いていた、青春の懐かしの音楽をスマホに入れて、このBluetoothイヤーホンで聞こう。
これまで、スマホで音楽を聞こうと思ったことがありません。
でも、今回のこのワイヤーレスイヤホンで確認てきたのですから、どんな方法でやるか調べて見ようと思います。
一番簡単な方法は、無料の音楽プレーヤーをダウンロードして、ネット上にある無料の楽曲を聞く方法でしょうが、今試みたいのは、すでに
ソニーに入れてあるお気に入りの音楽フォルダーをアンドロイドスマホにそのまま、移設して、聞く方法を考えてみます。
もしかすると、物凄く簡単な方法なのかも知れませんが、なんせ、使っているスマホが高齢者用の簡単スマホなので、パソコンハードユーザーでは当たり前のことが、難しいのです。
もし、わかる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月27日

終活の加速?平均余命?日々の日記に追加項目

半分冗談、半分本気で、団塊世代余命5年と公言しています
早期退職計画プラン作成時、団塊世代、パソコン初期95・98世代、建設現場監督という職業柄、何でもパソコンに向かってスケジュール計画を建てて自己満足を浸っていました。
資金面では、投資を全て引き上げて、リスクをなくしたのでほぼ計画どおりに行くだろうと目論み、日本の30年余に渡る低迷、デフレーションが追い風となり、最近のインフレ気味ではありますが、まあ「いい線をいっているだろう」と思っています。

もう一つの大きな要員、自分の寿命、逝く年齢スケジュールは当時の昭和23年生まれの平均余命から78才として入力しています。
平均寿命と平均余命が違うということは、退職フリーになってからの考え方ですが・・
では団塊世代、昭和22〜24年生まれの私達男性に平均余命、残された時間はと探してみました。
バい、後12年もある
何でもある、ネットですが平均寿命に関する、データは沢山あるのですが、平均余命に関するものは少なかったです。
あるサイトに平均余命の計算式が掲載されていました。
「平均余命を簡単に計算するには、定常人口を生存数で割ればよい」というものですが、そもそも定常人口なるものが何か分かりませんのが、2022年のdataがありました。7
5才の余命12年もあるんだ。
例えこのデータ最新のものに置き換えたとしても、ほぼ12年、2024年、団塊世代のど真ん中、昭和23年早生まれの私は、87才までとなる、正直な感想「嫌だ、そんなに生きていたくない」

カミさんのカーブスのお友達・鎌倉婦人の夫は
カミさんは72才、最近髪の薄くなったり、白髪染めの美容院代が大変とこぼしますが、お仲間の間ではダントツに若いのです。
皆さん、80才前後の富裕層のようですが、カミさんたちのお茶会・食事会のメインの会話は、夫の話だそうです。
皆さん、80才を超えてかなり介護施設のお世話になりかかっていたり、あるいは老健にもう二年も入り、年に300万ほどかかるとこぼしたり、同じ環境にいるのか、ついつい本音がでてくるようで、「もういい加減にして」「早く逝って」欲しいという言葉が自然にでてくると云います。
カミさんは云いませんが、かの鎌倉婦人の夫は日本経済のメイン通り歩んできた大会社を定年退職し、企業年金も含めて、私の二ヶ月分の年金の倍以上もらっている家庭はかりで、もし、ご主人がなくなったらかの、鎌倉婦人の家計は大ピンチになることは、あまり考えていないようです。
確かに、今年76才になる私の12年後、もうヨレヨレになっているのは間違いない。
づっと、初期の退職計画の78才で逝く計画だったのに、大誤算です。

そんなことを考えながら、今年のプランを考えています。


先ず最初に始めたことは、毎朝の記録エクセルの変更です。
退職してから、ファミリードクターから「血圧がやや高め」「高脂血症」と云われました。
建設業界、日本を代表するような建造物を担当していましたので、社員、作業員の安全・健康管理は「バッチリ」とやってきました。
現場での定期血圧測定もやっていました。
その当時40〜50代、上の血圧は120から130、下の平均は80〜90で、自分の血圧は正常だとずっと信じていました。
なぜかと云うと、現場作業員の皆さん、総じて血圧が高い方が多く、140以上だと要注意、150だとちょつと下がるまで作業中止程度でした。
退職してから、老人医療がお得意のファミリードクターから、私の血圧は「服薬が必要なほど高い」と宣言されました。
「えー130・88で高血圧なの・・・?」
ということで、退職した年から毎朝の日課として、記録をつけることにしました。

項目は
■ 体重
■ 体脂肪率
■ 一番最初に測った最高血圧と最低血圧
■ 二番目に測った最高血圧と最低血圧
■ 前日に食べた昼・夜の主な食事内容
やがて数年後から追加項目として
■ 夜間のトイレの回数
■ 天候と大まかな生活のメモ
そして今年2024更に追加した項目は
● 外出したか、しないか マル・バツ印
● 歩いた歩数、距離
特に、ドクターからの指示があった訳ではありません。
一番の理由は、暇・朝ゆっくりと机に向かいたいからだけでです。

「To do list」は一日一件だけにすることにしました。

いままでは、自宅から街なかにでると時、あのお店に寄って「あれ」を買って、ついでに本屋さんに依ってとか、そうだ髪が伸びたから床屋さんへもと考えていましたが、止めました。
別に急ぐわけでもない、緊急の用事以外は、一日一件、自分の部屋から目的を持って外出る・・用事があることが大切です。
何も、効率を求める必要もない、急ぐ必要もない年齢になってきているのだと、考えるようになりました。
退職直後、自分のサイト・ブログで退職後は
「教養」今日する用事がある
「教育」今日いく所がある
 があることが大切だと書いていながら、最近まであたらためて考えなくても良かったのが、75才、後期高齢者となり、色々な団体、社会活動の一線から距離を置くようになったここ一年です。
別に、せっかく街なかに来たのだから、そう何箇所も行かなくていいの、明日の用事を今日やらくてもいいと考えるようになってきています。

でも、自分の部屋を見舞わたすと、気になるものがあります。

一つは海外絵葉書のフォルダー
自分が海外から自宅あてだしたものや、海外旅行仲間・知人からいただいたものの集大成です。
一冊120葉、8冊にあるプラスですから1000枚、千枚、千箇所,千人からの思い出が記されている年賀状です。
退職して20年、断捨離・終活をしてきましたが、最後まで残ってきました。
海外からの絵葉書は写真だけでなく、手書きの文章が記されており、なかなか処分出来ないのです。
いつか、海外旅行にも出向かなくなり、自分の自室で外を眺めながら、これらの千枚近い、絵葉書をみながら、日長な一日を過ごすことを夢見て残してきたものです。


同じく、動画・静止画DVD30枚
退職後本格的に撮りだした旅のヒデオ、そしてビデオクラブの年間作品集が凡そ30枚が書棚にあります。
これも「海外絵葉書」と一緒で、自分が動けなくなったら、昔の思い出に浸って暮らす時、過去に生きた若かりし自分を見るために残してきました。
同じく、DVD以前のVHSビデオテテープは十数年前に処分しました。
ビデオデッキでみても、画質が悪くいつかこのデッキも壊れだろうしこのVHSテープをのデジタル化も考えましたが、当時十数年前は時間もお金もかなりかかったので諦めました。
でも、今振り返るとあの当時の動画VHSを処分したのを後悔しています。
現役時代、カミさんと二人で旅した世界の秘境の動画「パタゴニア」も「イースター島」も「マダガスカル」も静止画としては残っていますが、退職前のVHSテープはいっさい残っていません。
そんな思いをしてきたので、これらの動画DVDも、静止画CDも処分出来なかったのですが・・・
いざ、今年76才になる後期高齢者、果たして、これらの見るでしょうか?
少なくとも、考えてはいませんが、私が介護施設の自分の部屋に入った時に見るかと考えると、先ず99%見ることはないでしょう。

海外絵葉書のデジタル化も考えましたが、同じ理由でやめようと思います。
現在、介護系グループフォームのサポートをしており、各個室の大きさ、設備やらを知ってから、相当の超高級施設の特別室でないかぎり外の緑の庭、山々を眺め、小鳥のさえずりを聴きながら、自室で過去の思い出に浸る生活環境は難しいと云うより、体力・健康的には無理でしょう。
何度も夢見ている「ゴッドファザー」のラストシーンのように、生まれたシチリア島の田舎の庭で、ロッキングチェアに座ったまま逝くの現実的には難しいのは解ってはいます。
でも、私はここ、鎌倉に越してきた時、いの一番に「ロッキングチェア」を買いました。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月25日

老人性なのか「短気」「許せない」「許容範囲が狭くなる」のは


最近「短気」になったと云われることが多くなりました。
自分でもやや、自覚しているのですが、カミさんから云われる反発したくなります。
そんな時、僕の「たんき」は気持ちの「キ」ではなく、期間、「あいだの期」だから。
残された時間・期間を考えてしまうからだと、答えています。

ネット上ではいろいろな解説があります
老化すると怒りっぽくなるのはなぜ?
加齢による脳機能の低下があります。
前頭葉の機能が衰えることで感情を抑えることがうまくできなくなります。
これまでは理性的に判断、対処できていたものが抑えが利かなくなり、感情的になったり、思わぬ暴言を吐いたりしてしまいます。
そのほかにも老眼になれば細かい字が見えなくなりイライラし、耳が遠くなれば聞こえないと怒ります。

高齢者がわがままな理由は何ですか?
高齢の家族から、「どうせ私なんて…」というひがみが聞こえてくる場合があります。
自分を卑下してしまうのは、高齢によりストレス耐性が低下していることが原因です。
さらに体が上手く動かなくなり、自分が年を取ったストレスを感じてしまいます。
また、病気の問題や、自分の死に対する不安も、ストレスを高めてしまうでしょう

歳をとると頑固になるのはなぜ?
年を取ると新しいチャレンジが少なくなります。
だから、物事の判断材料は今までの自分の記憶や体験。 新しい価値観を外からぶつけられても、抵抗感が高まるばかり。
新しい習い事を始める、散歩コースを改めるなど、生活スタイルを変えてみて物事を柔軟に受け入れていくことが、頑固にならないコツです

なぜ短気になるのか?
短気な人には、すぐ頭に来て怒鳴りやすい、周りの人たちへの共感性の欠如などの特徴があります。 また、短気になってしまう原因には、強いストレスがあって自分自身に余裕がない、自信を持てなくなってしまっていることなどが挙げられるでしょう。

このネット上の解説を読んでいて、一つ、納得いく解説がありました
・老眼になれば細かい文字が見えなくなりイライラする
・耳が遠くなれば聞こえない・・説明が悪いと思う
・自分自身、年齢と共に動作は鈍くなり、手先の動きも衰えます。

退職後、50代後半で80代の生徒さんに、photoshopを教えていた頃、全てノートに取り、おまけに固定ビブオカメラで録画してる方がいました。
「それは構いませんけど、一緒に聞いて、頭と腕を動かすほうが、覚えますよ」と云いますと
「先生、情けないけど、今、一緒ならできるけど、家に帰ったら出来ないのです」
「全く自分ながら情けないと思いますが、これが年老いるという事だと、最近実感します」と涙ぐんでいました。
後期高齢者となった今、まだこの程度のことは出来ますが、確かに理解力は格段に落ちてきているのは実感します。

「キレる寸前」の事例は駅なか点字ブロックを塞ぐ高齢オヤジたち

今や、街なかの道路でも、公共施設でも、ましてや駅・ホームには、視覚障害者にとって大切な案内補助となる点字ブロツクは当たり前にあります・・が
大船駅の改札前は東西自由通路となっており、真ん前は「駅ビルデパートルミネ」があります。
毎日、毎朝、9時から10時ごろ、駅改札の正面に大勢のグループが固まって集まっています。
場所柄、鎌倉の史跡を歩くツァークループや、県立フラワーセンターに一緒に行こうする、高齢者のグループが、改札正面の見つかり易い場所に集まっています。
久しぶりの再会を喜んでいるでしょう、駅構内を歩く人の通行の妨げになっているなんて「露ほども」考えていません。
でも、「点字ブロックの上」はいけません。
唯一、視覚障害者の道しるべなのですから。

JR東日本大船駅では構内アナウンスで「点字ブロックを塞がないで下さい」「点字ブロックの上で立ち止まらないで下さい」と流していますが、誰も聞いてはいません。
私は一度、改札前から見える位置に、団体名を知っていたグループが固まって点字ブロツクの上にいたので、ちょっと声をかけました。
「皆さん、グループの責任者はどなたですか」とすると、このグループの一人の高齢者男性は
「あんた何者、なんでそんなプライバシーを公衆の面前で答えなくていけないのだ」とかなり声高にきました。
私は「鎌倉市民活動NPOの人間で〇〇と申します」
すると「で、何なの、今日のリーダーは私だけど」
私は丁寧に「申し訳ございませんけど、皆さんの集まっている場所は点字ブロックの上で、視覚障害者の通行を阻害してますので、場所を少し移動して下さい」
すると納得された移動していただきましたが、なかには、「鎌倉駅は西口にグループが集合する広場があるけど、大船はないの?」と聞いてくる方がいました。
「大船のグループの集合場所は、東口バスセンターの2階屋外と西口にちいさな広場があります」とお答えしました。

この画像を撮影した「シニア男性グループ」はかつての同僚仲間同士で、いっぱいやろうというような雰囲気で、後一人、二人くれば街なかの居酒屋にでも移動するでしょうし、
前述の「歩け歩け」「歴史探訪」グループのと違って、クレームを云われてと勘違いするかも知れませんし、注意したほうが嫌な気分になりそうなので、声はかけませんでした。

歩道を横いっぱいに歩く学生邪魔、苛立つ

自宅周辺には、中高一貫男子校と、女子校があります。
女子校は原則、駅前からバス通学ですが、男子校は急坂を徒歩20分で、バスは禁止です。
道路は二車線で当然両側に歩道があり、両校とも通学の際指定側の道路を歩きます。
朝夕の時間、学生は指定された側の歩道を歩いて問題はないのですが、駅からの自宅からの帰路、方向的に男子校生徒の歩く側の歩道のほうが最終的に自宅へ曲がる方向になりますし
、駅からの道では横断歩道を渡っていけるので、自然とその方向、向かって来る方向歩きがちになります。
学校側でも、近隣住民からクレームも行っていると思いますが、12才から18才の楽しい盛りの少年・学生たちは、歩道を二人並びどころか三人・四人横並びで坂道の歩道を下ってきます。
ほとんどが隣同士で語らい合いながら、一人はスマホ画面を見つめながら私のいく方向から降りてきます。
以前は、彼らが歩いてくるのを見ると、自分からしゃどうの反対側に身体を寄せていましたが、最近、齢のせいか、「お前ら若者が前方を良く見て歩るき、前からくる高齢者道を譲れ」の思いが湧き上がってきます。

若い中高生相手にオジサンのチキンレースの始まりです。

本当に何が楽しいのか、全く前を向いて歩いてきません。
私も、チキンレースでこちらから停まって、避けるのは自分自身の人生にかけて、男として、こんな青二才に道を譲れません(大袈裟ですが・・・)
本当にギリギリまで彼らは私に気づかず、衝突、当たる寸前まで迫って、眼の前に、自分たちの親の親、おじいちゃんが武膳と行道に立っているのに気が付き、道を譲るのです。
でも、私はわざわざ学校にクレームを云いにいくことはありません。
特別、被害を受けている訳でもなく、彼らは学校が指定している道路を、楽しんで歩いているだけなのです。
嫌な気分、怒りを起こさせるようだったら、学校が生徒に指定している反対側を歩き、自宅近くで道路を横断すればいいだけなんですから。こちらは、もう75年も生きている、大人なんですから。

横断歩道で一時停止しない、運転者、特に中年女性に苛立つ

自宅マンションの前はバス通りでもあり、藤沢方面に抜ける交通量の多い住宅街のなか道路です。
自宅前から駅に向かうにはこの道路にある横断歩道を渡って向こう側に渡る必要があります。
住宅街の見通しの良い道路でけっこう、スピードを出して走る車は多いです。
私達元建設現場責任者は、いまでも指差し確認のクセがあり、一旦立ち止まって「右よし」「左よし」を心のなかで確認しています。
ここは、自動通学路で、しかも自動公園前ですから交差点に信号なくとも、道路は目立つよう茶色と白のコントラスで目立つようになっています。
後期高齢者となってから、自己注力が散漫になっているのを自覚してきたので、かならず遠回りしても横断歩道を渡るように勤めています。

横断歩道の手前で一度立ち止まると

絶対に止まるのは、バス・タクシー・運送業などのプロの運転者さんは、横断歩道のかなり前から前方を注視し、人の姿をみると減速し必ず止まります。
しかし、一般車は横断歩道の近くに小人影をみても、一時停止する車は少数です。
横断歩道等に歩行者等がいないこ とが明らかでない時は、その手前で 停止できるように横断歩道等の手前 で減速しなければない。

人がいない横断歩道では一時停止しなくてはいけないか、義務か

歩行者マナー改定 道路交通法では、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいるのに一時停止しないと「横断歩行者妨害」の違反行為になり。 3か月以下の懲役または5万円以下の罰金の罰則があり、違反点数は2点、反則金は普通車で9000円となるのは知らない、高齢者とくに女性が多いです。
私は、意地悪ではないのですが、一度一瞬横断歩道で立ち止まり、車がくる方向に目やり横断歩道を渡ることがあります。
チキンレースのようなものですが、もし停車も減速もしなかったことを十二分に考えての行動ですが、止まらない、減速しない一番多いのは、40才から50才の中年女性です。
このような見通しの良い道路ではなく、入り組んだ狭い小路からでた横断歩道が二回、接触したことがあります。
こちらは、お年寄り、相手が気づいて停止し、歩行者優先と思っていても、ゆっくりですが、停止せずに、歩行者が停まってくれると思っているドライバーは結構います。
私は横断歩道を渡っている時に、女性の運転する車に接触されました。その時、ドライバーの女性はチラっと見ましたが、そのまま立ちされました。
勿論、怪我もなく相手の車の損傷もなく立ち去りました。
後日、知り合いの警察官にこの話をすると、100%、ひき逃げ、逃亡として立件出来ます、と云いました。
私は、「別に怪我もしていないし、相手の車のナンバーも覚えていなから、良いです、」と云うと、時間をはっきり解れば、お宅のマンションの監視カメラに
その車が映っているのハズですから、特定出来ます、と張り切っていましたが、そこまでしなくても結構です、とお断りしました。
ネットで「信号のない横断歩道の一時停止」で検索すると、全国のデータがあり、都会ほど一時停止が守られていないことを知り、一番守られているのが、故郷の長野県であることを知りました。

カミさんにはこの話をしていません。
そうでなくても、年寄の冷水、高齢者の意固地、自分は正しい、と云われているのですから。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月23日

江の島のイルミネーションを見に行く


退職して湘南・鎌倉に住むようになって21年になります。

東京に住むひと人が、東京タワーに登ったことがないの同じように、湘南に住む人は意外と江の島に行ったり、クラゲの展示で有名な江の島水族館に行ったことがないのと同じです。

鎌倉の「鶴岡八幡宮」や「高徳院の露座の大仏様」と同じで、普段の通り道にあるものですし、以前は鎌倉市民は60才になると、シニア手帳が交付され、市内のお寺さんはほぼ無料だったのが、近年シニア無料はなくなり、300円払うようになりました。
お陰で、眼の前にある「大船観音寺」さえも行かなくなりました。
江の島とて同じです。
普段、稲村ヶ崎や、七里ヶ浜から江の島や富士山をみていますので、わざわざ行かないのですが、この冬の季節、江の島の頂上にあるシーキャンドル(江の島展望灯台)とそのまわりの
サムエル・コッキング苑のイルミネーションが話題となっているので、暇ですし一度見てもいいかにな、考えるようになりました。

サムエル・コッキング苑とは
サムエル・コッキングは、英国出身の横浜外国人居留地に在住した貿易商の名前
各種雑貨類や骨董品、植物などを取り扱う商社「コッキング商会」を経営し、江ノ島に別荘を持ち、当時日本最大級といわれた近代的温室をもつ庭園を造営した人物
コッキングの庭園は、当時の西欧の回遊式の庭園の様式を持ちながらも、東洋趣味を反映して、特に南洋の植物なども持ち込んで造営されたものだといわれている。現在もクックアローカリアやタイミンチクなどの珍しい植物が現存しており、これらはコッキングが持ち込んだといわれている。



江の島へのアクセスは

江の島最寄り駅は3つあります。
1,江の島に最も近いのは、小田急片瀬江ノ島駅、JR藤沢駅から7分 167円です。
2,次に利用者が多いのが、江ノ電江の島駅 JR鎌倉から26分 260円です。
 一般的に、鎌倉観光を兼ねて江の島を訪れる人が利用しています。
3,JR大船駅から湘南モノレール利用で湘南江の島へ 14分、320円です。

東京都区内から、最も早く、最も安いアクセスは
最も安く、早く行く方法は2回乗換になりますが、
品川⇒京急特快⇒横浜東海道線乗換⇒藤沢、小田急江の島乗換⇒片瀬江ノ島 51分 898円です。
この距離案内標識は、江の島大橋にありますが、江の島の参道入口まで300メートル手前の位置ですから、一番短時間のアクセスのモノレール駅から
は早足で歩いても15分から20分かかることになります。

江の島は様変わり、日帰り温泉が出来ていた。

平日の4時過ぎ、かなりの人出です。
20数年ぶりに、久しぶりに来た江の島ですが、様変わりしていました。
参道入口のおみやげ物屋さんや、海鮮物の食事どころに加え、島にはいって直ぐのところに、日帰り入浴施設「江の島アイランドスパ」なるものがてきているのです。入浴料3時間、2,000円、タオルつき、webサイトをみる限り、お風呂から富士山は見えないと思います。
上の食事フロアーからなら勿論見えますが、大浴場は2階にあるようで、前の海岸を島の裏にある、弁財天洞窟への船が通るのできっと見えないと思います。
入ったことがないので分かりませんが、でも、恐らくこれから先も行かないと思います。

江の島の弁財天仲見世通り

インパウド客が目立つ仲見世通り
ほぼ、浅草の仲見世並に、外国人の姿、特にアジア系が目立ちます。
韓国・香港・台湾・シンガポールそして中国の旅行者は、すれ違っても全く分かりません。
今回、あまりきつい発音及び、大声で話す広東語は聞こえませんでした。
韓国語で話す女性に至っては、日本語の発音に近いせいもあり、昔と違って、化粧・髪型・ファションでは、日本人と区別できません。
メディアのニュース報道で、インバウンド旅行者がコロナ禍前を超えたと伝えていましたが、実感します。

弁財天仲見世通り上がった先からのエスカレーター

今日のメインの「シーキャンドル展望灯台」のある「サムエル・コッキング苑」は江の島の頂上にあります。
標高は60mです。
江の島神社の鳥居の先から、標高60mの急坂、階段を登るか、エスカレーターを使うかです。
これまで、2回江の島に来ていますが、最初の学生時代にはまちろん、エスカレターはありませんでしたし、20数年前にはありましたが、使おうとも思ったこともありません。
しかし、今回は後期高齢者、最近も右膝に違和感を感じていますし、一応エスカレターの券売機に寄ってみました。
エスカレータは3区間に分かれており、目的地のサムエル・コッキング苑夜間入場券への通し1,000円です、がここで初めて、エスカレーターは登り専用で下りは歩かなくていけません。どうしよう・・・、やはりまだ歩ける、歩いて登ることしました。

夕焼けに染まる富士山が見える日

階段を歩いて、15〜20分、サムエル・コッキング苑の入場券は500円、別途シーキャンドル展望へは必要だけど、この高さで十分です。
別に、この庭園内にはいらなくとも、サンセット展望台もありますが、富士山方向は、森の木がじゃまします。
この日は、かなり澄んだ青空の日です。
ここのイルミネーション点灯時間は、web上で17:00と書かれていましたが、現場で聞くと17:30、陽射しが伸びたので点灯時間を先週から遅らせたようてす。
残念ながら、太陽は富士山の方向からかなり西に寄っていて、日の入りと富士山のコントラスの画像の撮影は無理でしたが、日の入り30分後の残照で、「まあまあ」の画像で撮れて、後はイルミネーションの点灯を待つたけとなりました。

一番の目玉は「藤棚をイメージしたトンネル」

本物の藤棚のライトアップは足利フラワーパークで見ていますが、
イメージとしては、こちらのほうが良かったかもしれません。
ただし、イルミネーション全体として、わざわざ歩いて、寒い海風が吹き抜ける、標高60mまできた甲斐はありませんでした。
今回、ここのイルミネーションを見にくる時、カミさんを誘いましたが、
「人工で作られた物は飽きる、好きでない、そんなものにお金をは払って見たくない」
この返事は予想していました。
昔、鬼怒川温泉に泊まった時、近く「東武ワールドスクウェア」の無料入場券をいただき、帰りに寄ろうかと誘ったところ、
「そんな偽物は見たくない、私達は本物を自分の足で歩き、見てきたじゃない」
「そんなとこに寄るなら、日光のおみやげ物屋さんでゆっくり買い物したい」と云います。
確かに、「ハウステンボスのイルミネーション」を見ても、「ナバナの里」を見ても、「綺麗だけど、あっそという程度」と感性の持ち主です。
確かに・・・「東武ワールドスクウェア」のミニチュア、造り物世界遺産です。
それも、かなり偏った地域の・・・
日本・アメリカ(合衆国)・アジア(中国、インドシナのみ)・ヨーロッパの世界遺産、40数カ所のみ、中米・南米・オセアニア・中近東・中央アジア・アフリカ大陸など、私達がメインとしてきた世界遺産はなく、「なーんちゃてワールド」なんです。

確かに、各地のイルミネーションのは一度みれば十分でしょう。
でも、来週はまた、横浜港のイルミとライトアップの撮影に行く計画です。
今回の江の島ほど歩かなくても済みそうですし、今回の撮影主目的はは、復活したWin11の動画編集ソフト「Edius」のテスト為だからと、まだまだ外の世界に興味・関心をもち続けなくてはいけない、という団塊世代、後期高齢者の余命強迫観念があるからでしょう、きっと


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月21日

団塊世代余命5年、もうハイスペックにこだわらない

年明け早々、パソコンで悩んでいました。

悩んでいたのは、1月4日の「定年後の過ごし方ロングステイ画像投稿板」に投稿しました、ビデオ編集ソフトの不具合についてです。
70才を機に、これまで定年後の過ごし方のメインワークでした鎌倉の市民活動センターの広報の仕事を卒業し、「しなくていけないワーク」或いは暇つぶしがなくなり、一週間、一ヶ月の予定は、週に一度のスポーツ「ラケットテニス」と、ますます衰えていく「口の中」「歯茎」「口腔」ケアのための歯医者通い、月に二回のこれまでサポートしていた市民活動団体のホームページのアフターケアだけとなり、圧倒的に暇な自由な時間が増えてきました。
することと云えば、二ヶ月に一度の「旅行計画作成」と最低月に一度の「映画鑑賞」だけとなりました。

退職する前、メデイアなどで退職シニアの毎日の生活を拝見すると、一日中、パソコンの前で過ごす時間が増え、同居家族、伴侶から、一日に一度は外にでて、散歩あるいは、お買い物を促される男性を多くみかけますし、いったい一日パソコンに向かって何をしているのかと、不思議に思ったことがあります。
仕事でもあるまいし、一日中パソコンとテレビの生活なの?
しかし、後期高齢者75才となり、新聞・メデイアでは同年代の男性の死亡記事に目がいくようになりました。
そう、私にもそんな時間がやってきているのです。
そんななか、退職してから本格的にやりだした「ビデオ動画作成」ツール不具合、それもかなり深刻なトラブルが発生しました。

動画・ビデオ撮影・編集は1998年、マンションのローン完済の年、40才で夫婦で始めた世界遺産の旅からS-VHSビデオを始めました。
まだ、ノンリニア編集ではなくビデオ編集機、タイトラー、音源テープなど、部屋中ケーブルを広げて、最終的にビデオデッキに録画する、今から考えればごく、原始的なやり方でした。
やがて、1995年から、パーソナルパソコンの登場で、動画編集はノンリニア編集に次第に移行していきます。

ビデオ編集の変遷はリニアからノンリニアへ

リニア編集とは、ビデオテープを再生し必要な部分をリアルタイムで別のテープに記録していく方法です。
基本的にはテープからテープへのダビング編集のことを指します。
ノンリニアとは、テープを使用せずにパソコンに映像を取り込んで作業し、最後に収録媒体へ記録する方法です。
当然ながら、動画のノンリニア編集には一般的な事務・計算作業用のパソコンでは難しく、ハイスペックなPCが必要で、編集ソフトは当時は「アトビー・プレミアム」という10数万以上する高額ソフトが必要な時代が長く続きました。
まだ、一般的にwebに載せられるような圧縮、軽量化な方式でなく、自作旅行動画は全てS-VHSテープに書き出し、旅先で知り合った方々に郵送で送ったいち時代が長くつ継ぎました。

本格的にノンリニア編集時代の登場は、2000年にはいってからです。
私は2003年に、早期退職し、入った趣味のビデオクラブからです。
あれからもう20年になります。
このクラブでノンリニア編集ソフト「グラスバレー社のEdius」を紹介されました。
すでに、この頃には、一般向け、ビギナー向けのパソコンによる動画編集ソフト(アトビー・プレミアム)などは徐々に発売されるようになっていましたが、ビデオクラブとして、その当時最高スペックのものを推奨していました。
カメラもパソコンもソフトも全て高額なハイスペックな仕様でないと、動作しない代物です。
特に、「Edius」は、今も世界の放送局、つまりプロの世界で使われているソフトです。
価格的には最高機種「グラスバレー EDIUS 11 Pro 通常版」現在¥57,649 から ¥65,780で発売されています。
一般的な汎用動画編集ソフトのほぼ倍はします。
他にかなり人気なのは「Adobe Premiere Pro個人版」は2,728 円/月、Adobeは製品版の買い取りはやってなく、「サブスク」のみです。
つまり、毎月使っても使わなくても、一年で33,000円かかるのてす。

プロユーズの動画編集ソフトは

今回、私が使っていた「Edius2.5」は20年も前のものです。
まだシリアル番号だけでインストールできた時代で、クラブとして購入し、その当時不法と知りながらも仲間うちだけという理由でコピーして使っていました。
WinXPの時代でした。
現在のWin10とWin11に入れてこれまで使ってきました。
さすがに20年前のソフトですから、少しづつ、現在のPC事情とは違って、取り込み出来ない動画ファイル(mp4)もあったり、ロースペックのPC、ではフリーズしてしまいますが、何とか動いています。
昨年の2月、支援団体のほとんどがWin11にアップグレードし、仕様と使い方の違いに悩んでいる時、パソコンサポートする立場として、知ってなくてはいけないと個人的に新しく「Win11」を買いました。

購入する際、現在のWin10で今のワークに十分なので、ビデオ編集専用機とすることにしました。
ビデオ編集専用とするには、CPUはCorei7、メモリーは大きければ大きいほど良いし、グラフィクボートは別ボード、予算は税込み10万円。
ヤマダ電機のパソコン売り場主任をしている、甥っ子に聞くと、鼻から「絶対無理」と云われました。
確かに、無理なのは解っていましたが、「そこは何とかならないか」との相談で
1,マイクロソフトオフィスはやめよう、オープンオフィスで十分
2,CPU、Corei7も色々あるけど、それに近いCorei5でもいけそう
3,その代わり、メモリー16Gにしよう。
4,今、Win11のセットアップをヤマダに頼むと、最低12,000かかるけど、自分でやって。
5,うちでなくメーカー直販サイトから買って。
それでも、10万はきれませんでしたが・・・・

win10は日常使い、win11はビデオ編集専用機に
しかし、昨年の暮「静岡・駿府」の旅のビデオを編集中に、「映像フアイル」が編集のVAタイムラインにドラッグ出来なくなってしまいました。
その前から「ナレーションファイル」が素直にオーディオタイムラインに張り付かない現象がでてきており、とりあえずwin10で編集を終えました。
win10はメモリー容量が少なく、動きますが、フリーズの繰り返しでストレスがかかります。
年明けから、20年前のソフトをそのまま、大幅に変更になったWin11で動かすのは限度かな、とWin11で動く動画編集ソフトを探し出しました。

フリー、無料とうたっているものが多いけど
ここで解ったのは、様々な動画編集ソフトが世の中にて回っているということです。
ネットで検索すると、山ほどでできます。ダウンロードしてテスト出来るのが大半です。
前々から耳していました、「手軽にクオリティの高い動画を作りたいなら、Filmora」を試してみました。
プロユーズの「Edius」慣れた身では若干、不満はありましたが、一応書き出してみて、断念しました。
出来上がったものに「Filmoraテスト版」の透かしがはいっており、使えません。
透かしなしにするには「サブスク」一年プラン7,000円or月2,000。買い切り版9,000円
その他にも、アプリ本体のダウンロードではなく、その都度クラウド側との通信で作り上げていくスタイルが多いのです。
つまり、良好なネット環境にないと、ビデオ編集出来ないのが、現在のソフト・アプリの特徴です。そして、ほとんどが買い切りでなく、サブスクなのです。

高齢者にとってのパソコン・ソフトの費用負担は
団塊世代、高齢者にとっては、初期費用、イニシャルはあるていど計算するけど、維持するための費用ランニングコストは、月々の年金収入が決まっているのですから、極力抑えるのが常識です。
後期高齢者の終活で必ず云われているのが「サブスク」なのです。
夫が亡くなったあとでも、手続きしない限り永久的に、手数料、会費、利用料が引き落とされるのがサブスクです。
今や、ホームページの定番となっている「ワードプレス」も同じです。
全て、クラウド側にあるテンプレートを使います。
テンプレートは何万種類もあるので、他と似通ったページになるのを避けていますが、やはり印象と同じです。
全く、web言語の読み書きが出来なくても、ホームペーシはできますが、ちょっと拘ったレイアウト、例えば画像とテキストの間隔をピクセル単位で変更することは出来ません。そしてサブスクであり、本体クラウド側ですから、例え自分のサイトでも自分のパソコンのなかには残りません。
一生、ネット回線をつないでいないといけないのです。そして費用もづっとかかります。

ビデオ編集ソフトとて、現況はおなじようなものです。
無料とか、簡単とか謳っているものは、ほぼ全てホームページでいう、ワードプレスのようなものです。
拘ったものと云うよりも、自分のパソコンのなかで完結出来るソフトでなければならない・・・が団塊世代のおっさんの考え方なのです。
そこで、再度、Win11における「Edius2.5」の不具合に挑戦しました。
この現象が起きたのは何時だったか?
何があったのか?
調べてみると、WIN11のセキュリティの更新の後から不具合が発生したのが分かりました。
もう20年も前ですから仕方ないこと。

そこで、「Edius2.5」の詳細設定について、調べてみました。
2つのパソコンwin10とwin11の同じ画面を表示して、じっくりと一つづつ比べてみて、やっと原因がわかりました。


動画編集クリップファイルのタイムラインは3つです

VA ビデオ+オーデイオ ファイル
T タイトル ファイル
A オーディオ フアイル
これらの細かい設定、条件がこのさいさなアイコンで表示されているのですが、何かしらのwin11の更新で、もっとも重要なアイコンがOFF状態になっているのが比較して分かりました。
これで解決と安堵して、一旦終了されてから、夜にもう一度再起動すると、前の不都合、不具合のままです。
そこで、再起動して、もう一度再設定すると元通りに動きました。
ということは、その都度保存しても、一度PCを落とすと元に戻ってしまうのが分かりました。
でも、いいや、原因が解ったのだから、今更、団塊世代の平均的余命、5年なんだから、このために十数万の投資はしたくないし、ビデオ映像を撮って、編集しユーチューブにUPするのもこの年になるとせいぜい年に4~5本程度、win10のスピード不足でストレスを感じながらやるなら、win11でその都度、修正しながら仕上げることにしました。

ハイスペックにはもう拘らない
パソコンをやるようになって、DOSV-PC時代から30年、いつも最先端、最高機種、アマチュア用に飽き足らず、プロユーズソフトを目指してきました。
画像処理。グラフイックソフトは間違いなく、PhotoShopてすし、ホームページ作成にしても、web言語を習得し、html・CSSで作るのが、どんなホームペーシソフトよりも、格段に上のレベルになります。
しかし、もうそろそろ、後が見えてくる年齢にさしかかり、ここで時間とお金をかけなくてもいいか?と考えるようになりました。
例え、使いなれた画像処理ソフト、プロユーズでなくても、5分10分の、自己満足、思い出用のビデオなんだから、と考えるようになってきました。

フルハイヒジョンや4Kは必要ない
これまで、動画撮影はカメラの最高画質、大きさで撮ってきました。
最終的には、大きいホールのスクリーンに投影しても大丈夫な高画質でと思っていましたが、もうそんな機会はないだろうし、ユーチューブにUPして、スマホで綺麗に見れればいいやと、という心境に落ち着いてきています。
WIN11でEDIUSが使えなくなったら、ストレスがありますが、最後までWIN10・PCを使いつづけます。
使えなくなったら、スマホモードのmp4、ショート動画で結構、いつか何処か病院のベッドで、かわいい看護婦さん相手に、自慢している自分を想像しています。
「すごいだろう、こんな世界の秘境を旅してきたんだ」と自慢して、嫌われているでしょう。きっと。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月19日

ドキュメント映画 ビヨンドユートピア・脱北 を見た



Biyondo「〜の向こうに」「〜を超えて」 Ytopia 「理想郷」
映画好きのファンの間で、新年で話題となっている、アメリカのドキュメント映画「ビヨンドユートピア・脱北」を封切り日の金曜日に見に行った
奇しくも、その先週金曜日、韓国映画「コンクリートユートピア」を見てきました。
「コンクリートユートピア」は韓国・ソウルが未曾有の大地震で壊滅し、たった一つ崩壊を免れた高層マンションの住民が、まわりの非難民を排除し生き残っていく、創作映画でした。
二週連続して、韓国・北朝鮮ものの映画のタイトルに「ユートピア」というタイトルが使われています。
「ユートピア」という言葉を鮮明に思い出すのは、ブエノスアイレス時代に友人の弁護士が云った言葉です。
彼は、弁護士としてアルゼンチンの労働者階級、貧困階級を客先とした法律事務所で働いており、客先の労働者が盛んに「ユートピア」という言葉を使うと云います。
階級社会のラテン社会では、所属する階層によって、同じスペイン語でも使う「語彙」が違うと云います。
相談相手の男性は労働者階級なのに、スペイン語ではない「ユートピア」を使う。
もっとも、自分の世界とかけ離れた世界、到達出来ない世界、「理想郷」として使っていると話した言葉を、この2つの韓国と北朝鮮を舞台とした映画を見ながら思い出していたました。

この映画のことは、ラジオ番組で知りました。
早速、どこで上映しているのかをネットで調べました。
私がいつもいく、二駅先のテラスモール湘南の109シネマでは絶対にやっていないことは明白です。
テラスモール湘南の109シネマは、場所柄、湘南のショピングモールに集まる、比較的若く、経済的にも中の上クラスが多く住む地域のシネコンですから上映作品は「子供向けアニメ」「若者むけ恋愛ドラマ」そして、ハリウッド製の「荒唐無稽・CGだらけの活劇」がメインで、映画好きシニア高齢者が好む社会派、芸術的な問題作は先ず、絶対に上映しません。

かと云って横浜市内の「名画座」系の「ジャクアンドベティ」はこのような日本の商業映画配給ルートの作品は絶対にやらないのは解っています。
自宅周辺の「ビヨンドユートピア・脱北」の上映館は2つヒットしました。
ひとつは、横浜みなとみらいにある名画座系、木下グループの映画館「キノシネマみなとみらい」と平塚にある「ユナイテッドシネマ」系の「CINEPLEX平塚」でした。
「キノシネマみなとみらい」は上質な映画専門館でよくいく場所です。
しかし、私のパソコンで予約しようとすると以下の画面がでます。

この接続ではプライバシーが保護されません
kinocinema.jp では、悪意のあるユーザーによって、パスワード、メッセージ、クレジット カードなどの情報が盗まれる可能性があります。Chrome の最高レベルのセキュリティで保護するには、保護強化機能を有効にしてください。



どうも、私のグーグルアカウトのせいなのか、エッジにしても同じ、ファイヤーフォクスにしても同じこのアラートが発生するので、「キノシネマみなとみらい」はやめました。※しかし、アンドロイドスマホでは何の問題もないのですが・・・面倒なのでパスしました。

「CINEPLEX平塚」へ久しぶの平塚駅下車

一時期、仕事関係で東海道線沿線、小田原までの客先を担当しており、平塚には協力会社さんの本社もあり、二ヶ月に一度ていど割合で来ていました。
しかし、退職して20年、平塚の七夕撮影で北口に降りることあっても、「CINEPLEX平塚」のある南口は久しぶりです。
平塚の南口と云えば、平塚競輪へいく、オジサン達が屯する駅前で、「ガラが悪い」場所としてのイメージがありましたが、今回下車してびっくりしました。
北口の駅ビルショッピングセンターが南口に新しく駅ビルを造り、駅前は全く昔の面影のない、広い道路と、マンションが立ち並ぶ町に変貌していました。
退職し、70才を越すとなかなか新しい町へ出かけることも少ないのですが、たまには普段と違う駅に降りてみるもんだ、思った次第です。

「ビヨンドユートピア・脱北」はガラガラでした。

封切り初日の金曜日、上映は13:50分という時間・・・
前日、ネットで座席表をみると、209席にたった一人だけです。
お天気も不安なので、金曜日の朝もう一度見ると状況は変わらず、わざわざ事前予約しなくもと出かけました。
30分前、入口のカウンターで、現金で払う時聞いて見ると私を含めて5人だと云います。
私のは入口から入って一番手前三列の通路側を選びました。
理由はトイレに一番近いからです。
先週の韓国映画「コンクリートユートピア」の時は、二時間で二回もトイレに行ったのですから。
※しかし、今回は二時間の間、一度も行かずに済みました。それは、スクリーンに映し出される画面に釘付けで、尿意を催す暇がなかったからです。
最終的には、この日の観客は7人、男性6人、女性1人、すべて一人客でした。

ビヨンドユートピア・脱北は実写ドキュメントです。

今年のアカデミー賞での長編ドキュメンタリー部門へのノミネート、そして受賞への期待も高まっている作品です。
監督、プロデューサーら制作陣はアメリカ人。監督は女性
製作/ジャナ・エデルバウム、レイチェル・コーエン、スー・ミ・テリー 監督/マドレーヌ・ギャヴィン 配給/トランスフォーマー
2023年/アメリカ/上映時間115分
一番最初、この映像はすべて実写映像で、再現映像は一切使っていませんとのコメント表示がありました。
そして、何より驚くのは、脱北する一家の運命が細かく記録されている点。安全を考えれば、彼らの姿を撮影することはほぼ不可能だが、本作のスタッフが同行できない場所では、スマートフォンのカメラなどでこっそり撮影された模様です。
その際に録音された音声には、命の危機が迫る一家の悲痛な叫びも入っていたりして、ひたすら生々しい。特に80代の祖母には、あまりに辛い道のりなのが、手に取るようにわかります。

韓国側の脱北サポート、支援金元はキリスト教団体

ここに登場する牧師さんは、まだ南北の交流があった時代に、北朝鮮で知り合った女性に恋して、彼女と結婚し、韓国で住む為に脱北のルール・ルート・組織をを造った人です。
この映画で解ったことは、脱北のルート・方法はいろいろな人の善意で成り立っているのではなく、すべてブローカーと呼ばれる人たちの営利事業だと云うことです。
全て金・金・金で成り立っているのです。
この牧師さんは、頻繁に北朝鮮のブローカーと携帯で話していました。
北朝鮮のブローカーは、中国国境に近い、中国の電波が近い所にすみ、南からの金銭で働き、脱北の仕組みを造っているのです。
全て、金です。
北朝鮮・中国・ベトナム・ラオス・タイとつながる脱北ルート各所に存在するプローカーも全て、金儲けです。
あるブローカーは、脱北者は「商品」と呼んでいました。
一番の商品は北朝鮮の若い女性で、脱北組織からの金額と、これら若い女性を、中国農村部の独身農家女性に売るほうが、儲かると話していました。

今回脱北するのは六人家族です。

夫婦二人、子供二人、夫婦の母親と北朝鮮で生まれ、育ち、一人で脱北してきた、このファミリーの長男男性の六人です。
牧師はこの映像のなかで、悪質ブローカーの心配はこの家族にはない、理由は商品価値がなく、韓国のキリスト教団体からの金のほう選ぶからと云います。
いくら位の金額なのか、このドキュメントのなかの会話にありました。
ベトナムからラオスに抜けるジャングルを夜中に歩き通すこと6時間かかるのですが、雨も幼い子供、そして老齢の母の逃避行のなか、いつしか同じ道をぐるぐる回っているのに気がついて牧師がブローカーに詰め寄り、その時に金額の話が漏れてきました。
800万韓国ウォン、ほぼ100万円なのです。六人と多いかと思いましたが、そう人数には関係ないようです。
脱北ルートは、中国・ベトナム・ラオス・タイから韓国ですが、一番危険なのが中国だそうです。
中国の警察官にとって、北朝鮮からの脱北者を捕まえると、ほぼ半年分の給与報奨金が手に入るし、プローカーからの賄賂も入るのだそうで、北朝鮮と隣接地方やらベトナム国境周辺は危険だと話しています。

最後ラオスに入り、メコン川を渡りタイに入ります。

ここまで、通過してきた中国・ベトナム・ラオスは、いずれも共産主義政権で、北朝鮮というよりも中国の影響下にあるので、つかまれば必ず本国に送還され、たどり着く先は「死ぬまで出れない強制収容所」なのです。
このドキュメントはこの家族の脱北撮影と並行して、長男を北に残して脱北してきた母親が登場し、手をつくして、お金を造り、北朝鮮のブローカーを通じて中国との国境の黒竜江を渡らせようとしましたが、失敗し拘束されます。
この息子の様子を心配した母親、大金を用意して、なんとか、息子を救い出そうと試みますが、全てに遅く、息子の消息は「強制収容所」で途絶えるのです。

このメコン川まで一緒にやってきた牧師さんはここでお別れです。
牧師さんは云います。
川を渡るボートは細長い小さなボートで、しっかりと座っていないと揺れて転覆する。
タイの岸辺に近づいて、慌てて立ち上がり上陸しようとして、何人も転落し、メコン川に流された。ここまでやってきた苦労を思い出し、船頭の云うように、ゆっくりと岸辺上陸するように。
上陸したら、まっすぐ国道を目指し、タイの住民に「ポリス」「ノースコリア」と云え、すぐにパトカーが来るからそれに乗って警察署に自首しろ、私はここまで、ラオスから帰る、皆さんと一緒にタイまで行って警察のお世話になると、二度とタイに来ることか出来なくなるから、と脱北の映像はここで終わります。

無事に韓国、ソウルに着いた家族の映像でドキュメントは終わります。

これまでの映像のなかで、二人の幼い少女は、逃避行途中のブローカーの隠れ家で、温水シャワーや水洗トイレに驚き、大型液晶テレビにはしゃぎ、緑あふれる景色や、豊富な食べ物、小綺麗な洋服に触れます。
いっぽう、おばあちゃんは、この脱北を心底からは望んでいないようなコメントを口にしてきた。おばあちゃんと云っても、まだ60才前ていど、北朝鮮が如何に住みやすく、金正恩様が如何に素晴らしく、国民のために働き、私達が生活していると本気でそう思っているコメントを逃避行中、アメリカ人のカメラに語っていました。
ラストシーンは、娘が「もう、本当のことをいっていいのよ」で終わります。

各国で起こっていることは、メディアのニュースですぐに知ることができるのが、今の世の中の常識。
しかし、メディアでもなかなか報じることができない“真実”を伝えてくれるものもある。
それがドキュメンタリーで、この作品はセンセーショナルな事実を突きつけてくる意味で必見の一本になっている!
北朝鮮を脱出し、韓国などで生活する“脱北者”の存在は、われわれ日本人も知っている。
特に一度北朝鮮を観光旅行で訪れた私は、マスゲームで踊る、少年少女たちがどんなに毎日、寒空のなか練習していたか、マスゲームのカードの一枚の出し忘れ失敗を恐れ、トイレにもいけない子がいる事実も知っている。
大型観光バスでホテルに帰る道すがら、暗い街灯もない道をもくもくと岐路につく大勢の子どもたちを車窓から見て知っている。
こんな北朝鮮の現状を考えれば、容易に国を出るなんてとんでもないことも、周知の事実。
この映画は、北朝鮮から逃れようとする一家を中心に、脱北者と彼らの支援者の現実を追っていくのだが、異常なレベルの過酷さに、観た人の多くが全身を硬直させてしまうだろう。

こんな映画を世界に広めてしまい、制作陣に危険が及ばないかと心配になるほどの衝撃作だった。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月17日

婦人公論 老後年金ライフの家計簿診断

カミさんの愛読書の中高年女性向け雑誌「ゆうゆう」と「婦人公論」です。
新年号は両誌ともにお金にかんする特集記事が組まれています。
大概は人の家庭の家計収入・支出を見て、「まあまあ、我が家の月々の家計と老後貯蓄は、人並み、中の上じゃない」と世間一般の
高齢者家庭と比べて、安心しているのが現状でしょう。

今月の婦人公論は読者四人の家計簿診断です。
設問1 わが家の収支に満足しているか
■ 普段は節約しているのに、時々数十万単位の大きな買い物をしてしまう
■ 有料老人ホームに入る為のお金がない
■ 空き家になった実家の管理費、固定資産税がバカにならない
■ パートの仕事を増やしたいが、健康に地震がない
■ 夫には「もったいない」という言葉が通じない

設問2 家計を圧迫している支出は
■ 物価高騰の影響で約六割が食費と回答
■ 大好きな「ぶりカマ」が398円から750円に
■ 肉も野菜も高いので量を減らしている。
■ 光熱費の高騰でエアコンの使用を制限した
■ 子供や孫へのお小遣いが減らせない




設問3 わが家の節約テクニックは
■ 献立を考えてから割引の日にまとめ買い
■ 窓を二重サッシにして冷暖房費を抑えてる
■ 車を普通車から軽自動車に代えた
■ 遠方の親戚づきあいを止めた
■ 見てもいないテレビを消して早く寝る



FPのアドバイスは収支の流れの「見える化」
値上げラッシュで「以前より生活か厳しくなった」と感じる人が増えてる。
人生100年時代、「貯蓄がいつまで保つか」、「医療や介護が必要になった時、お金は足りるか」と不安になるのは無理もありません。
不安解消の第一歩は、収支の見える化です。
これ以上削るのは無理と思っても、数値化、見える化すれば、必ず工夫出来る余地はあります。
家計簿をつけるのが苦手なら、一ヶ月の費用、一年間の費用、税金、保険料、などを先ずは書きだすことからスタートしましょう。

プロが診断&アドバイス
Aさんの場合
家族構成 本人73才(年金受給者)
手取り世帯月収 13万(遺族+国民年金)
手取り世帯年収 156万
貯蓄     100万円
お金悩み
収支トントン、貯蓄が少ないのが悩み
固定費を見直したりするが、これ以上どこを削除すべきか?



Bさんの場合
家族構成 本人63才(年金受給者) 夫73才(年金受給者)
     娘39才、息子36
手取り世帯月収 25万(年金20万+息子5万)
手取り世帯収入 300万
貯蓄     1,000万円
お金悩み年金生活にはいっても生活レベルが落とせず、大幅な赤字がつづく
時間が出来た分、地元の友人と会う機会も増え、このままでは良くないと解っていますが
ことの重大さが理解できていないのが本音


Cさんの場合
家族構成 本人74才(パート) 夫77才(自営)
     長男夫婦、孫、二世帯住宅同居 
手取り世帯月収 20万(パート6万+年金4万)
手取り世帯収入 240万
貯蓄     100万円
自営で長男が夫を手伝っています。経営が不安定な為、二世帯住宅を建てた時から「息子たちも大変だろう」と彼らの生活費の負担をしてきました。
老後資金がゼロに近いので、やめ時が分からなくて


Dさんの場合
家族構成 本人89才(年金受給者) 娘(年金受給者)
手取り世帯月収 24万(年金18万,投資信託配当6万)
手取り世帯収入 290万
貯蓄     1,500万円
70歳まで働いたので、貯蓄はあるものの、毎月赤字なので、今後が心配です。
サプリメントと教養娯楽費が高いのは自覚しています。
でも、仲間との趣味などは健康のためにどちらもやめたくない。

四者の月家計簿を拝見して疑問に思ったのは
1,租税公課としての、介護保険費、国民健康保険費、住民税、固定資産税、その他保険類の項目がないこと
2,医療費が一月の収支予算に入っていること
3,住宅などの修理・補修積立項目がないこと
4,大型消費財、車・家電などの予算がないこと
5,本人、家族などのゆとり、旅行、趣味、冠婚葬祭費の項目がないこと。

私達団塊世代夫婦の場合
この家計簿見本に当てはめると
原則として、一ヶ月単位の生活費収支は、二人の年金範囲に収めます。
食費 
雑費(日用品など)
ガス・水道・電気・新聞・NHK・電話・携帯
住宅費(マンション管理費・修繕積立)
夫 小遣い 衣服費・床屋・趣味の費用
妻 小遣い 衣服費・美容院・スポーツクラブ・趣味の材料など

これらは、一ヶ月の固定費として、二人の月手取り年金収入内に収めます。
月額 22万円 関東首都圏で70代の夫婦二人が、ただ生きて、食っていくためにこれだけはかかります

他に、年間予算は別に組みます。
■ 租税公課・保険類、等一年間にかかる費用の予算化
■ 医療予算
■ 旅行予算
■ 臨時予算(冠婚葬祭、大型消費財等の買い替え・修理)

これらの年間150万は、毎年赤字となることは、早期退職、年金生活をスタートした時から解っていたこどて、毎年、老後資金を取り崩しています。
現在、日本年金制度では、ゆとりのある老後生活を公的年金で済まされるのは、一流大企業に長年お勤めで、企業終身年金がしっかりした会社でないと成り立ちません。
ゆとりある老後を過ごすに、ある一定以上の取り崩しできる自己資金は必須です。
それかいくらかは、人によって、家庭環境によって、或いは健康状態によって当然変ってきます。

基本は月々の生活費は、可能な限り、年金収入(個人年金も含む)内に収めた生活をすること。
一年間の毎月の生活費以外に必要な費用を予算化して、蓄えること。
夫婦ふたりの世界観・人生観を若い頃から話し合い、その実現に一緒に手を携えて歩むみことが、家計簿をいじるより必要なことでしょう。

どちらにしろ、メデイアの年金ライフ、家計簿、お財布事情を探る番組、記事は最初からやや低めを対象した調査で、これらの記事を読んだ読者は、「みんな老後年金シニアは大変だけど、わが家はこれに比べれば、まあまあ、人並みだ」と思わせるのが常套手段であることを、知っておくべきでしょう。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月15日

昭和万葉集を選ぶ

文芸春秋では、作家の五木寛之氏が識者と読者に「昭和万葉集」をと呼びかけ、今月発売号でその結果が掲載されました。
五木寛之氏コメント引用

日本人の心を歌った、素晴らしき昭和歌謡の文化を後世にも遺したい。そんな思いから、私は「万葉集」に倣い、昭和歌謡の名曲を厳選して「昭和万謡集」として編むことを思い立ちました。
 実際に編纂するにあたって、各界の識者のご意見も参考にしたいと思い、「後世に遺したい昭和歌謡の名曲3曲」というテーマのアンケートをお送りしました。
作家、評論家、音楽家、科学者、スポーツ選手、政治家など、実に30人以上もの方からご回答をいただきました。
この場を借りて、感謝を申し上げたいと思います


掲載順不同
■栗山英樹 プロ野球監督 62歳
「石狩挽歌」「天城越え」「北の旅人」
■浅田次郎 作家 72歳
「黄昏のビキン」「真冬のかえり」「トラベル・パス」
■坂東玉三郎 歌舞伎役者 73歳
「達者でナ」「Friend」「夏の終わりのハーモニー」
■中西進 国文学者 94歳
「リンゴの唄」「こんにちわ赤ちゃん」「四季の歌」
■細野晴臣 作曲家 76歳
「からたち日記」「山のつり橋」「潮来花嫁さん」
■石破茂 政治家 66歳
「マリリンモンロー・ノーリターン」「やさしい悪魔」「銀河伝説」

■達増拓也 岩手県知事 59歳
「木綿のハンカチーフ」「大都会」「TOKIO」
■中野信子 脳科学者 48歳
「舟歌」「伊勢佐木町ブルース」「越冬つばめ」
■内田樹 フランス文学者 73歳
「中央フリーウェー」「勝手にシンドバッド」「君は天然色」
■高田文夫 放送作家 75歳
「勝手にしあがれ」「スーダラ節」「公園の手品師」
■齋藤 孝 教育学者 63歳
「ヨイトマケの唄」「石狩挽歌」「木綿のハンカチーフ」
■片岡杜秀 政治学者 60歳
「スーダラ節」「上を向いて歩こう」「ひょこりひょうたん島」
■柳家 喬太郎 落語家 60歳
「スーダラ節」「春一番」「うぐいすだにミュージュックホール」
■中野 翠 コラムレスト 77歳
「見上げてごらん夜の星を」「リンゴ追分」「青春サイクリング」
■林 芳正 政治家 62歳
「学生街の喫茶店」「また逢う日まで」「昴」
■大ア 洋 吉本興業社長 70歳
「圭子の夜は夢開く」「あの素晴らしい愛をもう一度」「おふくろさん」
■近田 春夫 ミュージシャン 72歳
「無情の夢」「ボーイ・ハント」「君に会いたい」
■有田 芳生 ジャーナリスト 71歳
「相聞歌」「時の流れに身をまかせ」「紅い花」
■重松 清 小説家 60歳
「ブルーライトヨコハマ」「今日でお別れ」「また逢う日まで」
■山極 壽一 人類学者 71歳
「岸壁の母」「友よ」「傘がない」
■四方田 犬彦 映画評論家 70歳
「ふりむかないで」「ジエルソミーナの歩いた道」「石狩挽歌」
■内館 牧子 脚本家 75歳
「津軽の故郷」「無法松の一生」「風雪ながれ旅」
■永田 和宏 歌人 76歳
「織江の唄」「カスバの女」「雪山に消えたあいつ」
■金田一 秀穂 国語学者 70歳
「人形の家」「思い出ボロボロ」「夢で逢えたら」
■清水 ミチコ ものまねタレント 63歳
「喝采」「また逢う日まで」「木綿のハンカチーフ」
■山川 静夫 元NNKアナウンサー 90歳
「いい日旅立ち」「北国の春」「栄冠は君に輝く」
■石井ふく子 テレビプロデューサー 97歳
「川の流れのように」
■中沢 新一 文化人類学者 73歳
「カスバの女」「北の蛍」「望郷じょんがら」
■楠木建 経営学者 59歳
「また逢う日まで」「経験」「虹と雪のバラード」
■酒井 順子 エッセイスト 57歳
「中央フリーウェイ」「夏の扉」「てぃーずぶるーす」
■みうら じゅん イラストレーター 65歳
「京都慕情」「恋の奴隷」「ホテル」

これら多くの方々の年齢は、私たち団塊世代によりもやや若いといっても、同世代と思っても差し支えないと思い思いますが、各自色々な人生、過ごし方、
思い出がありのは当たり前で、ヒット曲ランキングとは大きく変わっていて、当たり前というのが感想です。

では私の昭和の「万葉集」3つは
■「見上げてごらん夜の星を」
永 六輔 作詞 / いずみたく 作曲 /坂本九が歌う名曲
この歌は、夜間学校定時制に通う高校生をイメージした、応援歌と聞いています。
私は高校時代、夜間に通う学生の為に、図書館を9時まで開けて、維持するアルバイトを、学校から請け負っていました。
全て、図書館を閉めて、日報を書いて、まだ残っている定時制の守衛さんに施錠をお願いして、自宅に帰る道すがら、見上げた夜空に星が輝いているのを思いだします。
一般の高校生と全く違った道を歩もうと、この時から思っていました。

■「Zamba de Mi Esperanza(サンバ・デミ・エスペランサ)」
アルゼンチン・フォルクローレ(地方の民謡)の名曲です。
この地で一番最初に覚えた唄、広く続く平原(パンパ)を思い起こします
El tiempo me va matando     時は私の輝きを奪っていく
Y tu cariño sera, sera      君の優しさもいつか、いつか
Hundido en horizontes      地平線の向こうに隠れるだろう
Soy polvadera que al viento va  私は風にふかれて消える砂埃
Zamba, ya no me dejes      サンバよ、私を一人にしないでおくれ
Yo sin tu canto no vivo mas    君の歌がなければ生きてはいけない

■あずさ2号
狩人の名曲、新宿を中心に仕事をしており駅構内の中央線ホームを見る度に、八ヶ岳に咲くコスモスを思い出しています。
 ♬明日、私は旅にでます。
  あなたの知らない人と二人で
  いつか行くはずだった
  春まだあさい信濃路へ

カミサンと結婚する前、私は信州の実家から東京に戻る際、カミサンは友人と八ヶ岳に旅行中途中から、小諸駅で待ち合わせたことがあります。
約束の時間になって現れず、心配しましたが、小海線が遅れただけでした。、

これから先、二人で思い起こし、口ずさむ唄はあるだろうか

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2024年01月13日

2024年、八掛け社会の到来 2040年問題

新年になると、新聞メデイアは日本の将来に関す諸々の社会問題に関する、懸念などを取り上げる特集記事を掲載する。
昔から、未来予測で一番信頼性の高い予測は人口に関するデータで、過去を振り返っても、天災・戦争などが起きても、ほぼそのとおりに推移することは証明されてきている。
今年、各紙が取り上げているのは2040年問題です。

2040年問題とは、
2040年頃に日本の高齢者(65歳以上)人口の割合の最大化と生産年齢人口の急減が同時進行で起こり、国内経済や社会維持が危機的状況に陥るとされる問題です。
その背景には、日本社会を覆う急激な少子高齢化と人口減少があります。
まず、現在に最も近い「2024年問題」は、主に物流業界で起こる問題全般のことです。
物流・運輸業界は、労働時間の長さや低賃金・過重労働など、過酷な労働環境がかねてより問題視されており、離職者の増加による人手不足が止まらない状況です。
これを是正するために、政府は2024年4月からトラック運転手の年間時間外労働時間(残業時間)の上限を960時間までに規制することにしました。
しかし、それによって逆に
■流通量の低下による配送業者の利益減少
■利益減少による消費者への価格転嫁
■運転手の残業代や給与が減少
■離職者増加によるさらなる運転手不足

などのさまざまな問題が起こることが懸念されています。これが2024年問題です
現実に今、地方都市で起きている、働き手の偏りを朝日新聞では取り上げていました。



地方都市の代表として新潟市の例を取り上げていました
地方都市の場合、どこかに人が集まれば、何処かに人が足りなくなる
20年代後半から生活維持を中心とした担い手が不足、それは慢性化し40年代には人手不足率は30%以上になると予測される。
人口77万の新潟市、今年10月にも水道料を2〜3割に値上げしなければ、24年の水道事業は初めて赤字に転落し、25年には資金ショートする。
市水道局は、水道管の補修工事の入札に何処の業者も応札しないと嘆いています。
最大の理由は人手がいないこと。
深夜や緊急の屋外の工事をする作業員に対する賃金を上げても人が集まらない、ほぼその程度賃金の値上げならもっと楽な、室内のデスクワークの仕事があるからです。

新潟市の2040の未来予測は
人口
2020年79万人から2040年67万人に減少、転出超過は若者の首都圏への転出
高齢化率
29.7%から37.8%へ、介護・医療サービス担う人材が不足する。
救急搬送人員
31,000人から39,000人に増員するも、緊急対応に支障がでる
水道使用量
7382万m3から6497万m3へ減少するが、水道事業の維持が困難になる
橋・道路の老化率
現在の26%から70%に、維持する人が足りず、直ぐに修復出来ない
75才以上の移動数
53,612トリップから76,981に、バス・鉄道は減便、高齢者の移動が制約される

2040年にはどんな日本社会か
総務省が公開している「未来カルテからみる2040年の日本の社会」
■人口減少と高齢化
■インフラの老朽化
■温暖化と自然の荒廃
■地方消滅無縁社会


以上の課題は、社会を支える人的資本(ひとストック)、人工資本(ものストック)、自然資本(しぜんストック)、社会関係資本(しくみストック)という四つの資本ストック(資本基盤)の持続可能性が脅かされているという課題として総括できる。

資本基盤の持続可能性を確保するためには、資本基盤の量に応じた「手入れ」を行うことが求められる。とくに、人口が減少していく中で、各資本基盤の「手入れ」を確保することが喫緊の課題となる。
詳しい総務省の未来予測については、82ページにも及び資料・論文(pdf)を公開しています
未来カルテからみる2040年の日本の社会

2040年、団塊世代はほぼ生き残ってはいないけど
2040年、今年から16年後、団塊世代のど真ん中1948年(昭和23)はの私は92才、まず99%生きてはいない、しかし、3つ年下のカミさん1951年生まれのカミさんは89才、かなりの高確率が生きているかも知れない。

その頃の日本の社会保障費の推移を表すグラフがある

年金・医療・介護・子供子育て、確実に国家予算の大きな部分を占めるこちとになる。
今、2024年の年金・医療・介護のレベルが16年後でも維持出来ているかどうか?、前述の新潟県の未来予想を見ても、やや、かなり疑わしい。
どうせ、私は生きてはいないし、カミさんの場合、残る財産で何とかなるだろうと思うのは、子供のいない夫婦だから云える事。

人口ピラミッドから分かるけど
2040年、16年後、私達の世代の子供たち、団塊ジュニアは65才に達する。
今、自分たちの兄弟の子供達を見回すと、男子50才、独身、職業は派遣から、中小の正社員が多い。
親たちは、バブル勝逃げ世代だから良いが、彼らにはかける言葉は、励ましの言葉しかない。
「今からでも遅くない、備えよ」と。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ