• もっと見る

2022年11月28日

京都旅行プランにカミさんのダメだし もう若くないんだから

京都紅葉自由旅行のチケットがJR東海から届いた。
いつもなら出発日の10日前に届くものが、郵送しますとのメール連絡があってから5日過ぎても届かないので、もし7日前に届かない時にはここにご連絡をという電話番号があり、念の為電話するが、全然つながらす、人工ボイスでは、「現在、全国支援割のお問い合わせが多く繋がりにくくなっています、接続まで2時間お待ちいただくことがありますので、ご了承下さい」と流れるのみ。
いったん諦め、翌日出発6日前にようやく、郵便受けに届いた。

メールには
この度、JR東海ツアーズをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お申し込みいただきました、12月01日出発のご旅行(お問合せ番号603800-xxx)につきまして、クーポン券類(JR乗車票を含む)を専用封筒にて本日発送しましたので、お知らせいたします。
「ご旅行にあたってのご案内」が同封されているお客様は必ず内容をご確認ください。
本メール到着から6日(土日祝日を含まず)経過してもクーポン券類(JR乗車票を含む)が届かないときは、下記お問い合せ先まで営業時間内にお電話にてご連絡下さい。
また、本メール到着からご出発の10日前を切っていて2日経過してもクーポン券類(JR乗車票を含む)が届かないときは、下記お問い合せ先まで営業時間内にお電話にてご連絡下さいとあり、
同封されていたのは、行き帰りの小田原・京都間、こだま自由席チケット往復、二枚二人分のみだった。
メールに記載されているクーポン券類とは「京都二泊宿泊分に付加される地域限定クーポン」のことかと思っていたが、入っていなかった。

数年前、何回か利用したJR東海ツアーズのGotoのおりは、地域限定クーポンは電子クーポンのみであり、宿泊当日の午後15時に以降に所定のサイトにログインして、ダウンロードする
仕組みだったが、今回同じJR東海扱いでも、紙クーポンとのではないかと予想はしていたが、ともかく封筒には新幹線往復チケットと、ホテル宛のバウチャーのみで他に何も見当たらない
所定の問合せ電話番号にかけたが、相変わらずつながらず、人工ボイスがながれるだけ。
先月のJTBの、後から全国割支援適用で、クレジット先払いしたもの返金金額が所定金額よりも少なかったり、今回のJR東海ツアーズといい、どうも今回の旅行支援政策は混乱していて、よく分からない。
実際にJR東海ツアーズのサイトでは下記のように説明している。

【お知らせ】 2022年11月21日
・千葉、神奈川、愛知、京都、滋賀、大阪、広島の全国旅行支援専用商品を発売しました。
お申込みはこちら(下記の概要・適用条件等すべてを必ずご確認ください)。
・各都道府県の制度や当社へ割り当てられた給付額により適用条件が異なります。
都道府県ごとの取扱一覧(PDF)を更新しましたのでご確認ください。
※当社に割り当てられた予算枠に達した場合は適用できなくなります。

全国旅行支援とは、国の財政支援を受けて都道府県が実施する観光需要喚起策で、新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で行われるものです。
割引率は最大40%、地域で使えるクーポン券は最大3,000円付与されます。
なお全国旅行支援の補助適用には、ワクチン接種歴(3回以上)や陰性証明、本人確認書類の提示などが必要となり、各都道府県によって適用条件や取扱い方法が異なります。
事前に各都道府県の全国旅行支援のウェブサイト等で詳細条件をよくご確認のうえお申込みください。
制度開始前にご予約いただいたご旅行については、各都道府県の制度詳細と当社が定める条件や商品とが合致している場合に対象となります。
※全国旅行支援を実施する都道府県であっても、当社では予約を受けない場合があります。
また、都道府県の適用条件を満たしている場合でも、対象外とさせていただく場合があります。
※当ぺージの記載内容が最新情報となり、お問い合わせいただいてもお答えできかねますのであらかじめご了承ください。


コレを読むと、実際に予約して、最終金額を確認し、チケット、クーポンを手にするまで分からないということになりそうです。
前回のJTBバスツアーでそうであったように、全国支援割の適用を受けるには、本人である確認の証明証原本と3回以上ワクチン接種を受けた証明書(コピー化)か必要のハズがどこにも記載はない、ということは私達が勝手に地域クーポンが支給されるものと思っているだけなのか?
旅行代金の40%オフにしても実際にクレジット口座から引き落とし金額を確認しないと分からないかもしれない、先月のJTBバスツアーのように・・・

旅のプラン、プレゼンにカミさんのダメだし
ともかく、ひさしぶりの秋の京都、新幹線と四条・烏丸のど真ん中のホテル二泊で二人で35,200円に(プラス12,000円分クーポン・・定かではなく実際に宿泊いるホテルが確認するまで疑ってみるしかない)のだから、文句を云わずに楽しまなくてはと、旅のプランを考え、カミさんに提示した。

「キミ、何歳だと思っているの」
一日目
小田原からの京都へのこだま直通は1時間に一本だけですから、選択の余地はなく、少し朝の余裕をみて
大船06:35⇒小田原07:14 新幹線 小田原07:35⇒京都10:34
このご時世なのに、京都まで3時間かかるのです。
シニアの暇つぶしの旅ですから、各駅停車で何ら問題ないのです。

問題は京都に着いてからの一日目の過ごし方です。
第一プランとしてカミさんにプレゼンしたのは鯖街道

私には未知の世界、福井方面の宿場町、若狭熊川宿観光と鯖寿司です。
京都10:45⇒近江今津11:34 
乗り換え11:55⇒若狭熊川12:19 @1,830円
滞在2時間30分 観光・食事
若狭熊川14:24⇒近江今津14:53 乗り換え15:08⇒京都15:57 @1,830円
ホテルチェックイン16:15分

ゆっくり休憩して・・・17:00から始まる高台寺のライトアップとプロジェクションマッピング
四条烏丸からバス停(京都中央信用金庫前)から207系統「東山安井」下車
進行方向ファミリーマート手前左折、徒歩5分
1時間観光して、帰路は徒歩で八坂神社・祇園経由でホテルに戻る2.3km ブラブラ歩いて35分

一日目のプレゼンでカミさんのダメだしです。
私が古い、街道筋の宿場町が好きなのは、カミさんも知っています。
そして、今回この鯖街道の宿場町に行こうと云い出した理由もカミさんはご存知です。
先週やっていたテレ東の「出川の充電バイクの旅」でやっていた所なんです。
いつも二人の旅の話、行き先で話題になるのが、今まで踏み込んだことのない「県」、宿泊したことのない「県」として、福井県と佐賀県が話題になっており頻繁に、京都や福井のお隣の金沢に旅しているのにも福井だけが空白地帯となっているのです。
考えてみれば、戦国時代の歴史上からも、京都と越前は隣同士で近かったのですが、行く機会がありませんでした。
これを機会に、思い切って行ってみよう、秋の京都の紅葉の名所はほぼ全て行きつくしているし・・・

カミさんの第一声は、
「君は来年後期高齢者になるんだよ」
「ドラゴンドラの一泊二日のバス旅であんなにヘロヘロ・ヨレヨレになったのに懲りないの」
「この旅程は退職直後の55才の体力の壮年のスケジュールよ」
「私達の高齢者の旅は、ゆっくり出発、一日の観光メインは最大三箇所」
「一日、一度はホテルに戻り、シャワー、お昼寝が必須、原則」
「夜は出歩かない、ホテル周辺だけ」
「朝は早起き、このホテルなら鴨川を散歩して、何処か美味しいパン屋さんで朝食」
「これが私達シニアの旅のマスト」
「却下」

ある程度予測はしていましたが・・・
となると、一日目のプランの練り直し、再プレゼンです。
ノーマル、何度目かの京都紅葉観光プラン
大船06:35⇒小田原07:14 新幹線 小田原07:35⇒京都10:34
京都10:34 コインロッカーにスーツケースを預け
午前 東福寺へ JR 奈良線10:49⇒東福寺10:52 2分 
東福寺観光 2時間 
もう4度目の東福寺ですが、確実に綺麗に紅葉していて、駅から近い所となるとここになります。
東福寺13:03⇒ 京都駅 13:06
京都⇒地下鉄「四条駅」後方5番出口 ダイワロイネット四条烏丸ホテル
チェックイン13:30、午睡
15時に起きてから、これも何度目かわからないけど、確実紅葉しているのと、久しぶりの京都観光の賑わっている場所をブラブラ歩きたいから・・・それに、清水大改修も終わっているし・・・
「四条烏丸」バス停→ 京都市営バス58号,207号(所要時間10-13分)→「清水道」バス停‥徒歩‥清水寺へ、清水寺へのバス停は四条烏丸Fのりば。 烏丸駅の24出口、京都中央信用金庫の前にあるバス停と知っているし・・ちょっとつまんないけど・・・

清水は1時間あれば十分、カミさんの大好きなお土産物屋さんで、生八ツ橋のつまみながら「ねねの道」を高台寺へ
夜 高台寺ライトアップ 17:00  @600円
徒歩ホテルに戻る、ホテル着おおよそ19時そこそこ、夕食は何にしようか
熊川宿にいったつもりで、鯖寿司専門店、ホテルに近い「SABAR 京都烏丸店」(高辻・新町)に行こうかな。
地域クーポンがあるので少しは奮発して・・・と云ってもアルコールは飲まない二人でから、クーポン券四枚程度ですませたいところ。
どうだ、これで、カミさんは納得するか?

しかし、TV報道でこのプランの実効性が怪しくなった
東福寺はなんとかなるけど、清水の茶碗坂は、この間の韓国のハロウィン並みの大混雑、そして高台寺のライトアップの行列が3時間とは・・・
私達が行くの12月1日とかなりピークを外しているが、どの程度の混雑ぶりなのか、
先ず、京都市内中心部のバスは乗らないほうが良さそう、歩るこう。ホテルは近いのだから。

二日目の予定は20年前に一度行った三千院へ

京都の春も秋も何度もきていてるし、今回は少しピークから少しずらしているので、紅葉の季節には行ったことのない、大原に行ってみるか
と考えました。これもテレ東「出川」の影響です。

行き方は一番混まない、渋滞しないルート、地下鉄四条から国際会館へ
朝はゆっくりどこか美味しいパン屋さんで済ませて・・・
四条08:59から地下鉄 国際会館09:16
国際会館からバス 09;27大原09:49 大原バスターミナルから徒歩
滞在予定2時間〜2時間半
大原から国際会館バス 京都バス 毎時30分発 23分で到着
13:00⇒13:23国際会館or13:30⇒13:53国際会館
国際会館⇒烏丸四条 ホテル着14:30分
休憩・午睡 以後未定

このプランも怪しくなりそう
先週のTV報道で見かけたのは、大原三千院の8時間門受付に並んでいる行列の姿、大原に8時まえにくるには、京都駅を少なくとも7時台前半に出発しなくてはならないはず。

昔と違って、今は自宅のパソコンの前で、全ての時刻表が手にとるように分かり、歩く距離もアプリ上で距離・歩数が解る時代。
全て、分単位で決められ、まるで行ってきたような気分になります。

そして三日目は
予定は未定、たまには観光客でごった返す、嵐山へでも行ってみようか
本当なら、以前立案してしていた「保津川下り」も考えましたが、もうそんな季節でもないでしょうから・・・
決まっているのは帰りの予定だけです。
京都駅新幹線 こだま15:10⇒小田原18:09 東海道線 18:18⇒大船18:55 
もう、齢、来年は後期高齢者ですから、6時台には自宅にもどり、ゆっくりと風呂に入りたい・・・
すでにサムライブルージャパンの結果は出ているだろうし・・・
さて、このプレゼンでカミさんは納得するかどうか・・・
結果は来週、京都から帰ってきてから報告します。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月26日

ツィターとアクセスカウンターから見えてきたもの

朝日新聞の天声人語で今、世間を賑わかせているツィーターを買収してイーロン・マスクにいて取り上げていた。
一部引用すると

Vox Populi Vox Dei
はラテン語で「民の声は神の声」と云う。
イーロン・マスクはこの言葉をツィートしていた。と云う記事。
驚いた・・この朝日新聞の「天声人語」の英訳版のタイトルと同じである。
そして、マスク氏は同時に、トランプ前大統領のツィーターアカウントの復活をツイッター投票で決めたと表明した、「民が選んだ」と云いたいのだろう



私は今年3月からツィーターアカウンを復活させました。
理由は、2月まで所属していたビデオクラブの先輩師匠が77才を契機に、生まれ故郷の秋田にもどり、サービス付高齢者住宅に入ることになったのが一番の理由です。
先輩師匠は、パソコンでも写真でも動画でも私の師匠であり、独身の先輩の行き方、そして今先輩が考えている「逝き方」が私のある一つの指針・メルクマールとなっているからです。
この先輩は昔はご自身のwebサイトやブログを持っていましたが、秋田に越してからのご自身の発信は全て、「ツイッター」一本に集約すると云いますので先輩の「ツイッター」をフォローするために、過去に造っていたアカウントを復活させ、私自身も気になることをツイートすることにしました。

Twitterとは何か?

Twitterとは、140文字以内の文章を投稿する無料のウェブサービスのこと。
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と呼ばれるものの1つで、スマートフォンや携帯電話、パソコンなどから使用できます。
文字だけでなく写真や画像、動画の投稿も可能で、他人が投稿したものを閲覧することもできます。
一般的には、身の回りに起こったことを投稿したり、趣味の情報を収集したりするために使用されます。
さらに、日本だけでなく世界中のさまざまな人とコミュニケーションを取れることも魅力の1つで、初めて知ったのは英会話スクールのアメリカ人教師からでした。
ツイートとは、小鳥がさえずるように、「つぶやく」と云う意味と知りました。

ツイッターのサービスが始まったのは2008年4月から
たった140文字の発信、それもリアルタイムとなるには、スマートフォンの普及が前提でした。
奇しくも、3年後の2011の東日本大震災でその情報波及力が認識され、一般的になりました。
23日のイーロン・マスクの発言によると、買収後の雇用やシステム改善には、日本を見本として考えるとの発言が伝わってきています。
ツイッター利用者はアメリカ本土が最多ですが人口比でみると日本が最大であることの発言ですが、真意はわかりません。

ツイッターの最大のメリットは拡散力
Twitterでは、あらゆる種類の情報がリアルタイムでつぶやかれています。
これらを閲覧することで手にできる情報を爆発的に増やすことができるようになります。
情報を発信するには「#」ハッシュタグをつけることにより、この言葉に興味を持つ人に届きやすくなり、またこの情報意見を他の人に「リツィート」して拡散することは出来ます。
何もこれは、ツイッターに限らず、webページのリンクやFacebooシェアとおなじことなのですが、ツイッターの拡散力は驚くべきパワーを持っています。



上記は私のサイト・ブログ・SNSのアクセス解析のグラフです。
平均して一日4,500PVですから、リタイヤシニアのサイトとしては「マアマア」でしょう。
退職して、5年後、海外ロング・ミドルステイの最盛期、世の中も団塊世代の定年後、海外ステイを夢見てい頃の一時期はこの数倍、年間300万PVを記録したこともありますが、「団塊世代」「海外ロングステイ」が死語、ネツトメディア上でもみかけなくなった現在、年間その半分の150〜180万PVと予測されています。
昨年は150万から増えた20〜30万は、ツイッターからの影響と考えています。
グラフをご覧になってお分かりかと思いますが、平均の4〜5千の棒グラフが、
1万と吐出する日が数日続く日がありますこの原因はツイッター
9月11日、PVは11,100です。
この日に何があったのか、何をつぶやいていたのか、振り返ってみると「#石田さんち」でした。
日テレの番組あの大家族の「石田さんち」のその後を放送して翌日、ツイッターでつぶやいたのが、全国に拡散された結果てす。
私のサイトのテーマ「定年後の過ごし方」と少しは似かよっていますが、本質的に違いありません。
次の10月13日からしばらく吐出グラフが見えますが、これは何か?
調べてみると「#全国旅行支援」「#鎌倉殿13人」「#クラブツーリズムバス事故」が連日重なってのグラフの伸びでした。
つまり今、社会が興味あるものは何かについて、「つぶやく」とアクセス数は伸びるのです。

ツイッターとは今のトレンド、バズるものは何かを知る道具


であり、何かを宣伝したり、意識して拡散したりするツールではない、ということです。
私のサイトの場合、同じ世代、団塊世代、定年後の世代、後期高齢者に近づく世代、日々、自分の体力が落ちていくのを世代の毎日の有様心持ちを発信し、共有するサイトとしては、幾ら#ハッシュタグを意識して、ツイッターで発信しても、一日万単位にバズることはないのです。
これは、今現在サポートしている鎌倉の自然保護団体にたいして、自分たちの活動を知ってもらうため発信力・拡散力のUPをと考え、今年春からホームページサイトよりツイッターとFacebookにウェートを置くようにアドバイスした結果も同じでした。
ツイッターは社会が興味がありそうなものを探して、迎合した話題を発信しなければならないのか・・・

否、そんなことはなく、普通に発信した「つぶやき」で社会に影響を与えた例は沢山あります。
数年前の事例、鎌倉市図書館の司書がつぶやいた
「学校にいきたくない、いけない子供、君たち、そんな時に図書館においで、きっと自分の居場所をみつけられるよ」
が、全国から「いいね」と「リツイート」があり、全国規模のニュース、話題になり、全国の図書館でも、学校に行きつらい子どもたちの支援活動につながったそうです。

11月23日、今、トレンドのツイートは #トイレ撤去
六甲山の麓にあるお寺では、一部のハイカーがトイレを汚したまま立ち去るほか、水道の栓を壊したり、トイレットペーパーを持ち去ったりしたことも。長い間改善されず、撤去を決めたというが。これは、あるwebニュースサイト(ヤフーニュース)が記事として取り上げたものに対してのツイートです。
ツイッター単独ではなかなか難しいのです。
コレを考えると、ツイッターの力ではなく、ネットメデイアニュース担当者でもなくのトレンド、流行、流行り、関心事、多く検索されたワードを自動的に、探しだしてくる「AI」でき次第でもあると思います。

そして、現在ツイッターではあまり大きく取り上げられていませんが、イーロン・マスクがトランプ元大統領のアカウントを復活させるというニュース、これは、原則論・正論から云えば正しいやり方だと思います。
ネットサービスメディの運営者側が、個人のアカウントの制限をする・・・特定の人間の発言を封じる・・・これは民主主義を奉じるアメリカではありません。
かと云っても、狂人、犯罪者を野放しにしていても良いのか、それは決めるのは、一民間メデイアのCEO、資本家ではなく、アメリカ国民による司法によって決めるしかないでしよう。

今週から来月にかけて、バズるツイッターは間違いなく、#ワールドカップ #FIFAカタール #サムライブルーでしょう。私が発信したい、#京都紅葉 はもう遅い、季節はずれのトレンドになるのは間違いないでしょう。

ブログ管理人のツイッタービデオ小僧@kamakurajpn

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月24日

退職後は、 目指せ住民税非課税世帯

何時か、誰かは、気がつくと思っていた、非課税世帯とは

ポストや現代など週刊誌は盛んに、退職間近の男性に対する老後に関しての不安をあおるような記事を定期的に特集しています。

若者はスマホですが、或る一定年齢の男性にはまだまだ、ペーパーレベル、手元に残る資料として週刊誌は貴重な情報源なのです。
今月号の週間ポストはまたまた年金問題を取り上げてます。

世代別、新・得する年金術
1, 65才以上の人 働き方チェンジで年20万円の負担減
2, 65才以上のパート妻 年13万円の受給アップが狙える
3, 60才目前の人 考えるべき「住民税非課税世帯」の選択 
4, 50代の人 「繰り上げ」「繰り下げ」年齢の正解はコレ
私が現役サラリーマンなら、ちょっと書店で立ち読みしたくなる、具体的な内容です。
特に注目するのが、3,の60才目前の人「考えるべき住民税非課税世帯の選択」

ムムムム、ついに誰かがコレに気づいてしまったか!
日本の税制の盲点をついた制度、住民税非課税世帯優遇税政策を


住民税非課税世帯・・・って貧乏な可哀想な人たち・というイメージが社会にはあります。
そんな、生活に苦労している人たちと、現役サラリーマンや、余裕のある年金生活者と同じ土俵の税制ではおかしいと、ある一定レベル以下の収入の人たちへの優遇税制制度が住民税非課税世帯です。 
実は結構な割合で、全世帯に占める住民税非課税世帯の割合は23.7%となっています。
年代別の住民税非課税世帯の割合がもっとも多いのは80代以上の44.1%で、次が70代の33.1%となっています。
70代以上の方の多くは、年金を受け取っているでしょうから、住民税非課税世帯は、年金生活者に多いといえます。

非課税世帯の条件とは

東京都港区区役所サイトより引用
所得額や扶養親族の有無、または本人が未成年者、障害者、ひとり親、寡婦であるなどの条件によって課税・非課税が決定します。

●非課税は次の人が該当します。
(1)その年の1月1日現在で、生活保護
   法による生活扶助を受けている人。
(2)障害者、未成年者、ひとり親、寡婦(夫)の人で、前年の合計所得が135万円以下
  (給与収入なら204万4千円未満)、(令和2年度までは125万円以下)の人。
(3)前年の合計所得が一定の所得以下の人。
   35万円×(本人+被扶養者の人数)+21万円(21万円は被扶養者がいる場合に加算)
   +10万円(令和3年度から加算)なお、所得割の非課税の場合は、次の所得以下の人。
   35万円×(本人+被扶養者の人数)+32万円(32万円は被扶養者がいる場合に加算)
   +10万円(令和3年度から加算)

●前年の収入が以下より少ない人(合計所得が45万円以下(令和2年度まで35万円以下))
(1)アルバイトやパートの給与収入が100万円以下
(2)65歳以上で年金受給のみの人は、年金収入が155万円以下
(3)65歳未満で年金受給のみの人は、年金収入が105万円以下
(4)不動産収入等所得がある人は、収入から必要経費を引き、合計所得が45万円以下
  (令和2年度まで35万円以下



では実際に、収入が年金だけの夫婦世帯、夫厚生年金、妻、一部厚生年金、多くは国民年金の場合幾らまでなら住民税非課税になるのか?
お住まいになる市町村によって異なると、云っているようですが、ほぼ同じだと思っても間違いありません。
実際の現在2022年の経験値で云うと、年金収入二人合わせて255万以下なら、間違いなく「住民税非課税世帯」になれます。
幾ら以上だとなれないか?、実際の数字は分かりませんが、現在、日本のシニア夫婦、標準世帯の年金が年に265万円と公表されています。
日本のシニアリタイヤ年金生活夫婦世帯が、住民税非課税とは聞いたことがありません。
もし、日本の標準年金生活世帯が、非課税レベルなら世の中に革命・暴動ものです。
てすから、推測ですが、非課税・課税にはいろいろな条件があると思いますが、255万〜265万の間にボーダーがあると思われます。

住民税非課税だと何が得なのか?

その前に、日本の税制は前年の収入によって課税されます。
年金以外に収入がある場合、当然申告しなければなりませんし、投資・保険などの解約で得た利益も確定申告しなければなりませんし、ある一定以上のアルバイト収入も申告の対象であるのは云うまでもありません。
つまり、年金収入が255万〜265万の間にボーダーある方が、正式にパートで働くと、あっという間に非課税ではなくなります。

私は過去に一回だけ、行政の依頼に寄る講座の申告を源泉徴収されていたのでいいかと忘れた時、翌年、住民税課税され、全て、国民健康保険・介護保険らの段階が上昇して、課税されました。でも・・・と友人は云います。
仕事もせず、しょっちゅう夫婦二人で海外へロング・ミドルステイしていて、何で優遇されるの、変じゃない、と云います。
確かに、年金収入だけでは、夫婦二人食べていくだけでせい一杯、ゆとりある生活は出来ません。その分は現役時代に蓄えた預貯金を取り崩しています。
預貯金の取り崩しは自分のお金ですから、収入には当たらないないのです。
つまり、公的年金は収入になり、私的年金は収入にならないという事です。

週間ポストの記事はそこを注いています。
60才目前のサラリーマンは、自身が社会保険事務所に赴き、自分が将来受け取れる年金額を聞き出すことが出来ます。
奥様も一緒に行くと、65才以降の二人の世帯収入概算が分かります。
ここで頭に入れておくことは、住民税非課税のボーターライン金額です。
一般的なある一定規模の企業で働いていると、二人合わせて、このラインは軽く超えています。
ましてや、65才まで雇用延長すれば、受け取る年金も増えますし、支払う所得税も増えます。
週間ポストの実際の記事はよんでいませんが、60才目前ではすでに遅いのです。
退職後足りない生活費は自前の預貯金を取り崩し、公的年金はギリギリ、非課税で済ませるには、遅くても50才から始めなくてはいけません。

厚生年金の調整は一般的には出来ません
このまま、働き続けたら、何歳の時に将来受け取る年金年収がボーターを超えるか計算する。
或いは調整する・・どうやって?退職し個人として独立して会社から同じ給与をもらい、国民年金に切り替え、後はせっせと個人資産として蓄えることです。
一般的には、週間ポストの云う、「住民税非課税世帯」の選択をするよりも、65才までそのまま働いてほうが、非課税の利点よりも、収入の多さのほうに軍配が上がるとと思います。
週間ポストの提案は、サラリーマンであっても、現役時代の収入が多く、貯蓄で少ない年金をカバーできるような人限定でしょう。

住民税非課税世帯は何がそんなに得なのか

・政府の臨時給付金が受け取れる、来年1月に世帯5万円支給されます。
・国民健康保険、介護保険の算定所得区分段階がさかります。
 私の場合一般なら第6段階72,600円ですが、第三段階39,000になり、年間33,000やすく
 なります。
 国民健康保険は月々二人で2,900円です。
 国民健康保険の高額医療費上限もひと月12,000が8,000に下がります。

私の周りの鎌倉の知り合いは皆さん、超一流企業にお勤めしていた方ばかりで、これら方々の一ヶ月の年金額は私達二人の二ヶ月分よりも多いのですからこのような、世間に公表出来ないような些細な金額については、全く心配する必要のない方々ばかりです。

海外で遊んで暮らし、帰国後生活保護を目論む友人がいる
しかし、ネット上で繋がっているweb上の友人の中には、もっと上を行く人を知っています。
独身、日本のITをリードする会社に勤めて55才、私と同い年で退職し、全ての財産を現金化して海外へでました。
最初の二年間は、今まで泊まれなかった超豪華ホテルに連泊し、今まで憧れていた世界各地、名所を旅し、アジア・南米・アメリカ・欧米を放浪・・けっしてバツクパッカーのような貧乏旅行ではなくある一定レベルの旅だったと云います。
5年間、そんな旅をし、アジアに戻り、現在一箇所にアパートを借りて、暮らしています。
いつかは自己資金が尽きることを彼は知っています。
私と同い年、団塊世代ですから退職して20年、自己資金が尽きたらどうするの?と聞いたことがあります。
彼は、それが目的で旅している、自己資産ゼロでないと、日本で生活保護が受けれないのだ、と言ってます。
なるほど、そんな行き方(逝き方)もあるものですね。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月22日

97才高齢者男性 人生のアクセルとブレーキ間違えたの?

97才の高齢者に免許更新を許可したの?
月曜日の朝のワイドショーを見ていてカミさんがリビンクから声をかけてきた。
97才のお年寄りが、追突事故を起こし、そのはずみで歩道に乗り上げ暴走して、歩道を歩いていた女性40代に衝突し、死亡させたニュースを見ていた。
「なんで97才のお年寄りに、免許証を発行するの?おかしいでしょう」と云う。
その後の報道では
長男のコメント(推定・・60代から70代前半、つまり私達と同年代)
「父は、いままで事故をおこしたことはなかった」
「母がなくなって、5年一人暮らしだった」
ご近所の方のコメント
「最近まで普通車だったけど、軽自動車に買い替えた」
「普通車の時は車庫入れに戸惑っていたみたい」
TV報道では
「最寄りのバス停まで徒歩5分、バスは1・2時間に一本程度」
「一番近い大型スーパーまで、徒歩15〜20分程度」
「車がないと絶對に生活出来ないほどではないが、ないと不便は不便と周りに住む人は云う」

75歳以上の自動車運転免許の更新はどうなっているのだろう





おそらく、この事故を起こした97才の方は、これらの試験・ハードルをパスしているから、現在でも免許証を持ち、日常的に運転しているのだと思います。
地方に住む人達は、私達、東京首都圏の駅近に住む人間が、運転免許証を早々と自主返納するのをみて、田舎に住んでいない、公共交通の便の悪さを知らない都会人の云うこと・・と云います。
私の実家の兄77才も云います。
「今、車がなくなったら社会から孤立してしまう、家から一歩も外にでなくなる。」
それは、違います。住んでいるのは
県庁所在市の新幹線の駅から車・バスで15分、バスは朝夕は1時間に2本、その他1時間に1本、最終21:30 最寄りバス停から自宅まで3分、大型スーパーまで徒歩10分、銀行ATMまで徒歩7分の坂道なし、平坦な道路の住宅街です。

近所には、市の地区センターもあります。
私から見れば、車がないと生活出来ない、引き籠もりになる住宅環境ではないです。
あまりにも、車のある生活の利便性が当たり前に現在の生活に染み付いていてるのです。
数年前までタバコをすっていた兄は、その当時、タバコの自販機のある所に行くにも、自宅車庫から車をだしていました。
兄・兄嫁・息子の三人家族で道路に面した前には三台の車が停まっていました。
聞くところによると、昨年、兄嫁は免許を返納したそうで、ますます兄が運転する機会は減らないでしょう。

この事故を起こした97才の男性(お年寄り、おじいちゃん)は実は薄々、自分の自動車の運転の不安、自信のが薄らいでいたのは間違いないのでしょうが、
奥様をなくして5年、誰もそれを指摘しないし、公的免許センターの試験もパスしているのですから。
でも、私が思いますに、確実に、反射神経、反射行動能力は落ちているはずです。
とっさの時の右足、ブレーキ・アクセルの踏み間違いをこれまでに経験していると思います。

私は、オートマの車を運転したことはありません。

60才還暦の齢に返納ではなく、更新をしませんでした。
それ以降、勿論車を運転してません。
それ以前も滅多にハンドルを握っていません。
いつ頃からか、そうオートマ車が増えだした頃からでしょうか?
ある郊外の直属の部下が担当している大型建設現場の駐車場で、車の移動を頼まれた時、初めて目にしたのがオートマ車でした。
その車をほんの少し、移動させた時にクラッチがなく、左足の置き場に不安を覚えました。
その気持ちが今でも思い出し、絶対にオートマ車は運転してはいけない、という深層意識があります。

もう何十年も運転したことがないので、ふと、このブログを書きながら、右足の感覚を思い出しています。
左がブレーキ、右がアクセル?だったよな、
クラッチのない車なんて運転したことがないから、分からない・・・
何か、パニックを起こした時、足を強く踏ん張ってしまう・・・これは当たり前だと思います。
私は高校生の時、車ではありませんが初めて、大型バイクに乗った時、何かの拍子にパニクって右手にアクセルを強く握ってしまい、ビルの壁に激突寸前まで
行ってしまったことがあります。
人間はとっさの時に本能的に何かを強く握る、強く踏んてで体制を立て直そうという本能があるのだと思います。
昔の車は、左足でクラッチを踏むという動作が必ずあり、クラッチを繋がないとエンストするということが身に付いていました。
同じように、ブレーキとクラッチの関係も身に付いていたので、アクセルとブレーキを踏み間違うといことは、先ずあり得なかったのでしょう。

最近カミさんの友人のご主人が80才頃、死亡事故を起こしたことを書いた
相手は同じ年頃高齢者男性でオートバイでした。
勿論、刑事裁判では有罪で禁錮3年、執行猶予5年でした。
民事でも訴えられましたが、保険て全て補えたようですが、この事故・裁判がストレス、きっかけになったのか、認知症を発症し現在は、家族からも汚い老人扱いされ、施設・病院をたらい回しされています。
今は、元大手デパートのお偉いさんだったご主人の年金で、月々30万近い施設の費用を賄っていますが、カミさんのお友達の本音は、「早く亡くなってほしい」
と家族、孫までそう思っているようです。
でも、このファミリー、ご主人の企業年金・厚生年金がいつまでもあるものだと半分信じているような、どんぶり家計(後期高齢者でも当然に割負担)で、カミさんがそのことを指摘しても、相変わらずのお金の使い方をしているそうです。

今回のこの97才の高齢者男性も年齢的にも、収監はされないでしょうが、もうお歳です。
人生の最後に悔いを残すのは間違いないでしょう。
そうそう、あの池袋事故の元エリート官僚の男性は現在どうしているのか。
収監中であるようですが、その様子は報道されていません。

NHK首都圏ナビの報道を転載します。
事故で妻と幼い娘を亡くした松永拓也さんが弁護士を通じて出したコメントの全文です。

本日、加害者が収監されたとの報道がありました。
今回のマスコミ向けの彼のコメントでは、過失を認めたようですが『最初からこの言葉があれば』とどうしても思ってしまいます。
これから真の意味で償える日が来るかどうかは彼次第だと思います。
ただ、彼が収監されても、世の中から交通事故が無くなる訳ではありません。
私は、真菜と莉子の命をむだにしたくありません。皆様にも忘れないで欲しいです。
そして、未来の命が守られることを心から願っています。
なお、数社より、彼からの謝罪の有無に関しての問い合わせを受けました。
今回の彼のコメントに謝罪の事が書かれてはいますが、そこには、公になっていない部分もあります。
そのため誠実さを感じることはできませんでした。
一方的に手紙を送ってきたこともありましたが、その内容は事務的なもので、民事裁判の席であれば謝罪するが、そうでない限り、謝罪をしたくないご意志のようでした。
彼の刑事判決後の言動によって受けたショックと疲弊が大きいため、今回はコメントのみの発表とさせていただきたいと思います。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。



どうか、今回事故を起こした97才の男性そして、そのご家族の皆様、これから先穏やかなこれからの生活が、営まれるよう願います。
高齢者の事故は、相手だけでなく、自分の人生の最後まで滅茶苦茶にしてしまいます。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月20日

映画はシニア娯楽の王道 すずめの戸締まりとあちらにいる鬼



すずめの戸締まり」を封切り日見に行った。

「すずめの戸締まり」は「君の名は。」 や「天気の子」などを手掛けてきた映画監督・新海誠氏の新作映画。
これだけの大作で宣伝広告費も膨大なもので、私の行く最寄よりの二駅先、辻堂駅前のテラスモール湘南内のシネコン「109シネマ湘南」ではなんと、この「すずめの戸締まり」だけでて以下のようなシアター数、上映回数です。
109シネマ湘南の立地環境から云って、子供ファミリー層が多いのは解るが、一つ作品を一館でこれだけのシアターで同時にやるとは驚きです。

一つの作品を同時にこんな多くのスクリーンでやるとは


お気に入りの定番の席は、通路側、トイレに行ける場所

今回、平日、金曜日、テラスモール開館前の9:40、229席のシアター3での上映を選択した一週間前では埋まっていたのは20席未満でした。
このような映画の特徴として、先ず、中央H,Jのエクゼクティブシートから埋まっていきます。
つまり、新海誠作品を待ち望んでいたようなファンの方々や、絶対にみてやろうという熱意のある方々、封切り初日、一番はやい時間に、誰よりも早くみたいと思うのでしょう。
私定番の席は「H-5」あるい「J-5」です。
この席はエクゼクティブシートの並びで、他の一般席よりも前の部分が広く、足を伸ばせるのです。先の早い時間に「H-5」あるい「J-5」を抑えると、本当に超満員にならない限り、お隣は埋まりません。
そして次の理由は、トイレに行きやすい場所であることも大きな要素です。

予告や宣伝を見ていたよりも、いい映画だと思いました。
ストーリーは 少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語で、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる”扉”を閉めていく物語です。
そして、今ヒットする映画の定番の人物設定は、主人公は地方に住む、普通の女子高校生で、都会のイケメンだけど、素朴な男子学生にあこがれているけど、なかなか地元を飛び出す勇気のない、普通の女子高校・・・という設定。
大ヒットした「君の名は」やもう一人のアニメの巨匠細田守監督の「竜とそばかすの姫」も同じです。
「君の名」は岐阜県飛騨地方、「竜とそばかすの姫」高知県、仁淀川沿線の町、そして今回の「すずめの戸締まり」は宮崎県の田舎町からスタートして愛媛・神戸・東京・東北三陸海岸へと、アニメ上で美しい風景や、街並みを描いてストーリーは進みます。
新海誠監督のストーリーには、荒唐無稽なアニメ上の話だけでなく、日本神話や、日本に伝わる伝統的な昔話がの伏線が必ずあります。
勿論、今回「すずめの戸締まり」の底辺にも登場します。

「すずめ」ってこの主人公女子高校生の名前なんです。

この女子高生は四才の時に「東日本大震災」に遭遇し、母親を亡くし、叔母に引き取られ九州・宮崎で暮らしています。
ある日通学の途中、イケメンの青年からひの町にある廃墟の場所を聞かれます。
廃墟・・・と聞かされ、「すずめ」はいつも夢の世界のもやもやしたなかで見た光景が気になってしかたなく、学校へいかずに、かなり昔、土砂災害に見舞われ、今、荒れ放題で、人のすまないリゾート開発地に行き、そこにある、不思議なドアを見つけ、開けることから、日本各地の災害を引き起こす、災い神が再びこの地に現れ始めます。
その災い神を鎮めるには力を持った若者は、災い神によって、「すずめ」の母親が造った木製の椅子に変えられてしまい、「すずめ」はその椅子と一緒に日本各地の災いの扉を閉じ、要石で封印していく・・・という物語です。

ともかく、映像が美しい。
フィルムで実写した映像を下に、大勢のデジタルイラスト職人が一枚づつ描いているのですから、莫大な量の画像DATAでしょう。
そして、ストーリーに何か日本人の持つ、哀愁があるのは、「君の名」と同じです。
今回、初日に見に行くと109シネマ窓口でし、「新海誠本」という小冊子が配られました。
これまでの作品から次の作品の企画を考える時の、自分のスタンス、大切にしたいものについて語っていました。
一つの作品の企画から完成までほぼ4から5年かかるようです。
次回作品も期待しています。

一方、同じ日、カミさん女性三人組が向かったのは


「あちらにいる鬼」直木賞作家・井上荒野が、父・井上光晴と母、父と関係のあった瀬戸内寂聴をモデルに創作した同名小説を映画化。
それぞれに家庭を持つ作家の男女がひかれ合い、肉体関係だけでなく“書くこと”でより深く繋がり、互いにかけがえのない存在になっていく様を描く。
W主演に寺島しのぶ、豊川悦司。共演は広末涼子ら。

この映画は、私の行く辻堂109シネマ湘南では、上映していませんでした。
神奈川全県内で9館のみ、自宅から一番近いのが桜木町駅前のブルグ13でした。
カミさんはいつもの映画女性仲間(70代の3人)です。
私にチケットをスマホで取ってくれと頼まれ、見るとこの映画「R15」指定です。
「ネー、知っているR15の意味・・」
「知ってるわよ、みんな70代、関係ないわよ」
「うんーん、知ってるならいいけど、内容は想像できるよね」
「私の見る映画に詮索しないで・・」
「はい、奥様」

そして、帰ってきて「どうだった?」と聞くと
「ほぼ満席、観客の80%はシニアの女性」
「ほぼ全編、寺島しのぶと豊川悦司の裸のからみあい」
「もっと文学、芸術作品かと思ったけど・・・」
次は話題の映画「ある男」、安藤サクラと妻夫木聡のミステリー。
これなら、近くの辻堂109湘南てやってるわよね。
「はいはい、奥様、いつでもネットで取って差し上げます」
「でも後からちゃんと、お金払ってくださいね、人数分」

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月18日

来月で丸4年になるスマホは買い替え時なのか

ガラケーからスマホに切り替えてもうすぐ4年になる。

携帯電話などの契約は一年に一度は見直しするという話を、以前、自分のwebプログラム講座に参加していた、その道のベテランに聞いたことがあります。



スマホベテラン彼が云うには
低価格な料金プランも、そのままでは安くならない
「スマホ・携帯電話料金は、自分から見直さないと、そのままでは安くならない」ということです。
ここ数年の法改正や、政府の方針によって、通信会社ではどんどん安価な料金プランが提供されています。
「スマホ・携帯電話料金が安くなったと言っていたのに、どうして自分の料金は変わらないのだろう」と思っているシニアも多いと思います。
スマホ・携帯電話の料金プランは・・・
「利用者が自ら契約変更を申出ない限り、従来の料金プランのまま継続されてしまう」のです。
つまり、「どんなに今より低価格の料金プランが提供されていても、契約変更をしなければ何も変わらない」ということになります。
携帯電話業界は、良くも悪くも頻繁に新しい料金プランが登場する業界ですので、最低でも半年に1回くらいは、料金プランを見直しすべきなのです。

しかし、ここで落とし穴、ハードルが高い
最近のシマホショップでは、ふらっと入って色々質問とか相談は出来ません。ほとんどのショップは事前に来店予約をしないと対応してくれません。
それも、パソコンやスマホでの予約が必須でなかなか電話での予約を受けいてるショップが少ないです。
私達団塊世代おじさんなら、スマホでの予約より、パソコンのフォーム予約のほうが断然簡単です。

そもそもなぜ、「2年目から」料金があがるのか?
一般的に、「1年目だけは特別に安くて、2年目から料金が高くなる」というプランでの契約が一般的です。
そして、「最低2年は使い続けてください」という契約をしないと、その低価格の料金プランでは申込めなかったシステムでした。
さらには、契約時に何万円相当ものポイント還元や、高機能なスマホが0円だった、という形もありました。
そもそも、毎月1,000〜2,000円しか払わないのに、どうして何万円相当もの還元や値引きができるのか、不思議に思われたことはないでしょうか。
従来のスマホ・携帯電話の料金プランは、その多くがいわゆる「2年縛り」と言われる契約期間を拘束した契約が一般的で、契約更新のタイミング以外では、高額の違約金が発生していました。
スマホ・携帯電話は毎日の生活に欠かせませんから、一度契約したらやめる、ということはほとんどありません。
つまり、ほぼすべての人は、常にどこかの通信会社と契約していることになります。
そこで通信各社は、他社から乗換えてもらうために、1年目の料金を安くしたり、スマホ代金を極端に値引きしたり、契約特典を積み増すことで、購入における初期費用を安く魅力的な提案にしています。
では、その「初期費用を安く魅力的にするための原資」は、いったいどこから来ているのでしょうか。
それはまさに、私達が毎月支払っている通信料金なのです。
正確には、「料金プランの見直しや、乗換えをしないお客さま」の通信料金です

つかっていないデータ通信容量の「料金」分だけ、損をしている!
スマホ・携帯電話の料金プランの多くは、データ通信容量無制限のプランや、段階的にデータ通信容量が区切られたプランから選ぶものが主流です。
どれだけデータ通信容量をつかうかわからないので、とりあえず契約したときのままの料金プランになっている、というシニアがほとんとです。
たとえば、あなたが15GBのプランを契約していて、実際には5GBしか利用しなかった場合、10GB分は無駄にお金を支払っていることになります。
少し古いデータですが、総務省の調査では、全体の49.5%の利用者が2GB以下のデータ通信容量しか利用していない、といわれています。
若い世代、毎日通勤電車のなかでニュースをみたり、ゲームをしたり、ユーチューブを見たりしていると簡単に20GBはオーバーします。
オーバーしても使えますが、極端に通信スピードが落ちます。
私達、年金リタイヤシニアの場合、外で通信会社の電波を使うよりは、自宅で契約しているwifiの電波でスマホ通信しているケースが圧倒的に多いし日頃通っている、市の施設、私達のようなNPOセンターでは、施設利用者向けにWifiを公開しているので、5Gもあれば十分なのです。
それに、だいたいが60才以上のシニアの場合、電話通話料は無料、使い放題になっているはずですし、Lineを使っての会話も多いので特殊な例以外は5GB以上は必要ありません。

特殊なケースとは
孫や子供相手に、沢山の写真や動画をやりとりしている方はです。

契約更新のきっかけはカミさんです。

一ヶ月4,612円です。
全て私一人の契約で家族割などをしての料金です。
一人、2,300円はこのご時世仕方ないかかと思っています。
今どき、スマホは通信手段だけではなく、全てのネットサービスを使う為の認証に欠かせないものとなっていたりするのですから。

そのカミさんか、私と同じスマホなのに、バッテリーの減りが私のより断然多いと云います。
一度、ワイモバイルショップで裏側でなにか余分なアプリが動いていないか、調べてもらえといっておくりだしましたが、ワイモバのショップ店員のレベルでは、そう簡単に調べられる訳もなく、そろそろバッテリーの寿命、買い替え時と勧めてきました。
じゃあ、同じ時期の私のスマホのバッテリー減りと何が違うの?・・・
一番はカミさんのラインです。
ラインで電話すればいいものを、カミさんのカーブスのグループはいちいちラインスタンプで競うようにもやり取りしており、お友達とのお付き合いやおしゃべりが嫌いでは無いカミさんは、かなり長い時間、スマホに向かっています。
契約している通信データ量はオーバーしないものの、私の何倍もの時間、使っているのは目に見えています。
そして、時々、Gメールやヤフーメールを除くと、大量のメールがそのままに残っており、私が削除しています。
これも、バッテリー劣化の原因になっているかもしれません。

カミさんがワイモバイルショップで相談すると、カミさんのスマホは私が契約者になっている、家族割スマホであるから、私が行かないと相手にしてくれません。
これは唯一いいことです。カミさん一人ならどんな契約を扨せられるかか分かったものではないのですから

先週、二人揃ってワイモバイルショップにいってきました。

カミさんのスマホは、現在使っている京セラ「かんたんスマホ」を同じく「かんたんスマホ2+」にする。31,680円に機種変更私はこの才、何も出来ない、「かんたんスマホ」は卒業して、あるていどパソコン知識のある人間がカスタマイズできるスマホのなかで一番安い「AQUOS Wish2」21,960円に機種変更にするプランの見積もり依頼しました。
買い替えるスマホは現金一括払いです。

料金体系は一昨年変更したシンプルSプランを適用すると、月々の費用は4,710円、100円の値上がりですが、ソフトバンク電気の100円割引が適用されて同じとなります。
但し、この機種変更の才、一度だけでけ契約事務手数料翌月2つ分6,600円引き落とされます。
次にデータ移行サービス(電話帳・写真・LINE)、3,960円かかるそうです。
データ移行、つまり引っ越しですが、アンドロイドの内部ティレクトリー構造が分かっていれば、コピべで数分で終わる作業ですが、パソコンと違って私は内部のディレクトリー構造には詳しくないのてすが、簡単な話、手作業で打ち込めば済む話です。

・・・がカミさんはやってもらってと云います。
私として、(電話帳・写真・LINE)だけでなく、もっと深い場所にあるメモ帳とかカレンダーとかの移行、各種設定やらショートカットまで自動でやってくれるのなら納得するのですが、たったこれでたけで4,000円は払いたくありません。
カミさんには、私の口座から落とされるこの料金は自分で払えと通告しています。

考えみれば、私に機種変更する理由が見当たりません。

バッテリーはちゃんと保ちますし、スマホには過大な期待はしていません。
でも今どスマホでないと、出来ないことも多く、映画館のチケットとか認証コードの受送信とか、アルゼンチンの友人とのビデオ通信とかはやはりスマホでないと出来ません。(パソコンでも出来ないことはないけどやったことがない)
そこで、私はもし、今買いかえるとしても同じ「かんたんスマホ」ではなく、シンプルスマホ。お財布携帯機能、セキュリティレベルを自分で設定できるシャープのAQUOS Wish2にする予定です、京セラかんたんスマホより、10,000円安いてすし・・・
どちらにしろ、この費用は来年1月に政府が支給してくれる、住民税非課税世帯向け、「緊急支援給付金」で賄う予定です。
AQUOS Wish2のカメラには幾種類化の撮影モードがあるみたいでし・・・


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月16日

全国旅行支援のお得感につられ、ついポチしてしまった。

やっとJR東海全国旅行支援専用サイトが誕生した

【お知らせ】2022年11月10日
JR東海ツアーズから、会員登録者宛にメールで以下のテキストが送られてきました。
東京、京都、滋賀、大阪、広島の全国旅行支援専用商品を発売しました。

これまで、新幹線で西に向かうのにJR東海サイトが気になっていましたが、全国旅行支援商品が何処に表記されているのか分からず仕舞いでした。
いつもの「ぶらっとこだま」「ずらし旅」「おとくなセットプラン」「新幹線ダイレクトパック」から入っていっても、対象商品にだどりつかなかったり、対象から省かれていました。
プランに入っても、途中でフリーズしたり、対象となるホテルの数が滅茶苦茶少なかったり、異常に高かったりしても諦めていました。
10月末の「ドラゴンドラ」44人の団体パック、一日バスで動く過密スケジュールに、心も体も疲れ、当分旅行は「イイヤ」と思っていたところに【お知らせ】2022年11月10日のJR東海のお知らせメールでした。

どれどれ、勝手知ったる京都なら・・・
のんびりマイペースで動けるだろうし、インバウンド客が戻りつつあるといっても、まだまだ少なく中国本土客は当分これないだろうから、久しぶりに、秋の京都にいこうか、とサイトに入ってみました。
これまで、秋の京都は退職後は5回、春と夏の京都・滋賀、奈良は14回、と毎年一年に一度は京都にきています。
他にも、和歌山や大阪、兵庫など関西にくる時は、京都途中下車できるチケットできており、東の軽井沢、北の札幌と並ぶ私達の老後の旅の拠点となっています。

京都二泊三日の予算は初めて京都の桜の時から20年変わっていません。
■ 小田原・京都間新幹線こだま、自由席
■ 宿は、「からすま・四条」から「御池・河原町」周辺の築浅の高級ビジネス、
  ツインルーム、24平米以上、食事なし
■ 旅行日は春・秋のシーズン最高値前後4〜5日ずらした3日館間

20年近く、JR東海ツアーズのみ見続けてきて、予算の目安を建てています。
上記の設定で二人で最高70,000円、安くても56,000円がこれまでの経験値です。
今回テスト的に入力してみました。ジャスト二人で70,000円です。
70,000円から全国旅行支援割引28,000円で支払い額は42,000円
プラス二泊、二人分の地域クーポン二泊分、12,000円が着いた翌日から使えます。

私達のこれまでの京都・2泊3日の予算は
■ JR東海支払い(新幹線・宿) 上限70,000円
■ 大船・小田原間交通費+京都観光移動費+観光入場料
■ 三日間の二人の食事・喫茶費 30,000円
お土産代は各自個人負担・・・が原則です。
それでも足りない分は各個人のお小遣いから出すのが夫婦間の約束事。

今回の場合
12月01日(木) こだま 小田原 → 京都 自由席 
ダイワロイネットホテル京都四条烏丸 スタンダードツイン23.8u 2泊 食事なし 
12月03日(土) こだま 京都 → 小田原 自由席 
【JR東海請求金額】
 旅行代金等合計  59,200円
 ポイント使用分   -200円(JR東海会員200ポイント)
 値引等       -23,680円 支援割引分
 ご請求金額     35,320円

この決定の後、支払いを済ませてから実は、後悔しています。
予算はJR東海分70,000と三日関経費30,000円確保してあるのだから、普段泊まれないような、豪華なロケーションに良いホテルにすべきではなかったのか!
小田原からこだま各駅停車ではなく、ひかりで二人+4,000円払ったも良かったのではないか?
12月1日ではなく、最高値の11月25、26、27日でも良かったのではないか・・・
それでも、40%の旅行支援割引と、二人分の地域クーポン二泊分、12,000円でいつもの10万円以内に収まるはず・・・
貧乏性なんだな、まだキャンセルが間に合うかもしれないけど・・・・。

でも、京都三日間、何処へ行こうか?
先ず、最後の京都の紅葉はいつだったのか思い返して見ました。

2016年、蓮華寺・金福寺・真如堂・金戒光明寺
2014年、二度目哲学の道・永観堂・貴船神社・叡山電鉄ライトアップ・東福寺・嵐山・平等院

2011年、覚えているのはこの年の「そうだ京都行こうキャンペーン」毘沙門堂だけ、何処へいったっけ?
2010年、初めての秋の京都、メイン名所を廻る 南禅寺・東福寺・清水寺・源光庵・実相院
ともかく、初めての京都の紅葉は衝撃でした。
庭園紅葉の美、永観堂・東福寺の紅葉は、山国生まれで、山・渓谷・谷の自然の紅葉が当たり前として育った私には、信じられない美しさでした。
同じ事は、桜にも云え、退職後、このリーズナブルの各停こだまと京都市内便利な街中のホテルパツクを利用して、毎年くるようになっていくすが、ここ数年の過剰・異常なインバウンド人気と、パンデミックで京都を素通りすることが多くなっていました。

過去の12月1,2,3の紅葉状況を昔の写真データーから調べて見ました。

 

 


これまでの秋の京都の経験から、京都の紅葉は北の「鞍馬」「貴船」や洛北の「大原」「三千院」や金閣寺周辺や哲学の道の端っこ「銀閣寺」は11月の最終週はかなり落葉しており、最終週から12月1,2,3は洛南・東山周辺や嵐山あたりはまだ十分に楽しめます。

もう若くはないから・・・
今回は旅では、昔、10年前の私達は十分若い、60代前半ですが、今は70代半半ば、そんなにガムシャラに動かず、初日・最終日はせいぜい市内の地下鉄、バスで動ける範囲の二箇所程度にとどめ、二日目に一日目一杯動く予定にしていますが、その日のお天気、体調次第にする予定です。
今、振り返る、先月のJTB旅物語44名のバスツアーは間違いだった。
70才を越したら、夫婦二人、ある程度のレベルのホテルに泊まり、ゆっくりと午睡と、夕方の市内散歩が出来るような旅にしたいと思っています。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月14日

「ぴんびん」後の「ヨタヘロ期」がやって来た?

日本の平均寿命は女性87.57才、男性81.47才(2021統計)という。
テレビ番組の山間地に暮らす「ポツンと一軒家」や「秘境食堂」などを見ていると、60代はヒョッコ、70代が若手、80代が現役、90代で一人前扱いされている姿は、特に映像制作側の演出でもなさそうです。
それに引き替え、都会、東京首都圏、ターミナル駅周辺に暮らす、まだ後期高齢者手前、団塊世代74才男性の、私自身の「ひ弱さ」「不養生」をたった一泊二日の、団体・バスツアーで知らされました。

ツァーの二日目午後、食事あたりから、体が重く感じていました。

下半身に力が入らない、直ぐに座り込んでしまいたい、そんなような状況です。
でもまだ、まだバスツアーは続きます。
最終目的地、八海山ロープウェーに行く間、地元の人しかしらない、紅葉が綺麗なダム3箇所をまわります。
乗ったり、降りたりを繰り返して定刻通りに八海山へ到着しました。
44人のギューギュー詰めバスツァーの最後列の席(初日一番前だったので)からのバスの乗り降りが面倒と思うようになりました。
外の紅葉が素晴らしく、素晴らしく一刻もはやく、カメラを構えたい・・とは思えない普通の紅葉であったのも一因だったのでしょう。
八海山を後にして、帰路の新幹線・越後湯沢駅で55分の余裕があり、一時解散。
カミさんは予定外、お買い物タイムで散っていき、私はこのだるい体を休ませる場所を探しましたが、ゆったりと体を休ませる場所もつなく、構内通路の硬い椅子で過ごしました。

いつもの坂道が辛い、長い
鎌倉に戻り駅から自宅に向かう、ほんの少し坂道を一泊二日には必要もないスーツケース(どのくらい寒いかわからないし、雨具も必要というカミさんの判断で多少大きくなった)
と毒つきながら歩く姿を、カミさんはちょと「変」、前かがみで「年寄りみたい」と云います。
確かに、自分でも分かつています。足はあがらず、すり足のような足運び、自然に体は前傾、あごをだして歩いている自分の姿が目に浮かびます。

何だこのボトルネックのような足の浮腫みは

帰宅して、洗面所で着替えている時にびっくり、この体の怠さ、重さの原因が判明しました。
靴下を脱ぐ時に、ふくらはぎがボトルネックにように膨らんでいるのです。
そして、靴下の脱ぐと、まるでマジックで描いたかのような没んだ赤いラインがくっきりと残っているのです。
もともと、退職して自宅でのデスクワークが多くなってきているので、足の浮腫みは気になり、竹ブミとか、軽いスクワットをし、一日一回は外にでて、最低4〜5,000歩、出来るだけ1万歩を歩くように努めていますが、年々その歩数は減少していますが・・・これまでの浮腫みは初めてです。
第一、私達の旅は「運転免許がない」こと、故に公共交通機関か歩きがメインですから、都市によっては、京都なら一日2万〜3万歩を歩くの平気でした。
タクシーによる移動は「もったいない世代」という世代かもしれませんが、基本的には昔のバックパッカー気質「飛行機とタクシーはご法度」が未だ離れられないのでしょう。
この足を見たカミさんは「明日の朝一番でかかりつけ医に見てもらって」と云います。
確かに、今回は素直にカミさんの言葉を受け入れて、翌朝二人いるかかりつけ医の消化器系の男性医師のもと訪ねました。
肝臓とか胆石をを見ていただいている「湘南鎌倉系列の医院」の先生は懇切丁寧に説明してくれました。

足が浮腫む原因は
A. 全身性の原因
■ 心不全、心負荷
  心臓の働きが弱ると血管内に余分な水分が溜まってきます。
■ 腎不全
  腎臓の働きが低下して余分な水分や塩分を排泄できなくなることにより、心不全と同様に
 余分な水分が溜まってきます。
  また大量に尿タンパクが出ると血液中のタンパクが減ってしまい、これもむくみの原因
 となります。
■ 低栄養
  何らかの原因で食事が十分にとれない場合、または腸や腎臓からタンパクがもれてしまう
 病気では血中のアルブミン値が低下します。
  すると膠質浸透圧が下がり血管の外に水分が漏れやすくなります。
■ その他
  腹水が溜まるような肝不全や甲状腺機能低下、副腎皮質ホルモンの異常症などの内分泌
 疾患、などでも浮腫がみられる場合があります。

B.局所的な原因
■下肢静脈瘤
 静脈がこぶのように膨らむ病気で見ればすぐにわかります。
■深部静脈血栓症
 足の静脈が血栓でつまってしまう病気です。病気やけがで寝ている時や長時間乗り物に乗っ
 ている時などに起きやすいといわれています。
■ リンパ浮腫
 リンパの流れが悪く足が腫れる病気です。
■蜂窩織炎
 細菌が足に入ることにより炎症を起こし腫れた状態です。
■皮膚病変
 湿疹や皮膚炎、虫刺され、しもやけなどの皮膚の疾患に伴い足が腫れる場合もあります。
■腫瘍
 腹部や骨盤内の腫瘍により静脈やリンパの流れが妨げられることにより足が腫れることも
 あります。通常片方の足が腫れます。
■筋内血種
 急に痛みを伴って足が腫れた場合、筋肉内に出血している可能性があります。
■体位によるもの
 横になって寝ることができず24時間座っている方はどうしても足が腫れてしまいます。

ここでは、私のもう一人かかりつけ女医「血圧と老人医療専門」と元湘南鎌倉の同僚で、話が早く済みます。
足のむくみから病気について説明した上で、先ずは長時間のバスツアーが原因でしょうが、心臓・腎臓系の血液検査だけはしてみましょう。で、当然ながら
薬類はいっさいなしの先生です。
血液検査の結果は
特に異常なし、平均的なシニア・高齢者の値・・
平均的な高齢者の値なんて信用できるのか!

バスツァーの疲れ、後遺症はこれで終わりではなかったのです。

足の浮腫みとは関係ないのですが、ホテルの暖房のせいか、朝起きるとくちの中がカラカラで喉が痛く、元々睡眠時無呼吸は云われていましたが、お金をかけて造った強制的に喉を開けさせる、マウスピースは痛くて使わずじまいです。
そこで、TV・CMでもやっている、口を絆創膏、テープで貼って、鼻呼吸を促すのを試して見ましたが、自然に夜中にはがしてしまいます。
次に濡れティッシュを収納できるマスクをしても、苦しくなると外しています。

足のむくみは、除々に引いて体調は戻るかと想いきや、大量の緑色の粘っこい鼻水で、ボックスティシュが手放せない状態が土曜・日曜と続きます。
週初めの月火のたった二日間のバスツアーから帰ってきて、土・日、心休まる日もありません。

月曜日の朝一番、ご近所の耳鼻咽喉科かかりつけ医の元へ飛び込みました

ここも、女医さんです。
私の場合、眼科も元々女医さんです
鎌倉の開業医は、立派な住宅街の戸建て、駐車場にはベンツが二台停まっている・・・確かにそんなイメージの開業医が多く、私はもっぱら街中にある若手に行くようにしています。

耳鼻咽喉科では、鼻・喉の洗浄するコーナーがあり、私の場合風邪症状があるので、ここで洗浄(だけではなく、治療の薬も入っているのでしょうが)するだけでこれまでは直ぐに治りました。
今回、かなり鼻のなかの状態が悪かったのか5日分、4種類の薬を処方されました。
これで5日間で治るだろう・・・とクリニックビルから帰る途中・・・

「ぴんびん」後の「ヨタヘロ期」がやって来た?
事件が・・つまづき、片手をつきました。
何もない、ほぼ平坦な歩道で、つまづき片手をつく!!だと・・・

この、つまづき、片手つき事件ですぐに頭に浮かんだのは、「ヨタヘロ世代」という言葉と名付け親「樋口恵子」さんの笑顔です。
これか、この瞬間か?

諸先輩は色々な言葉・名文を残しています。
■「ぴんぴん」している元気な後に「ヨタヨタ・ヘロヘロ」、半分自立しいる時期があり、その後ドタリと寝たきりになる

■石や段差につまづいて転ぶのが70代、黙って立っているだけでふあーと転ぶのが90代
■昔は本格的な「ヨタヘロ」に入る前に、「ヨタリ」ぐらいで「ドタリ」そして死亡が
 多かったが、今は世界一の医療制度で寝たきりになるのが多い

寝たきりの原因
要介護1〜5まで5段階)の直接原因は、
1位 脳卒中(24・1%)
2位 認知症(20・5%)
3位 高齢による衰弱・老衰(13・1%)
4位 骨折・転倒(9・3%)
5位 関節疾患(7・4%)となっています。

お年寄りの転倒防止に転ばぬ先の杖、の名言は

注意すべき場所
「ぬ」・ぬれている場所
「か」・階段、段差
「づけ」・片付けていない場所
転倒注意は「ぬ・か・づけ」です。



あれから一週間、今、精一杯気をつけていることは
・歩く時、大股に、つま先を上げ、踵から着地する
・体重・血圧・夜間トイレ回数・ついでに一日歩いた歩数をエクセルに入力する
・これまで、自分に甘く、二日連続して外出しなければOKと甘やかしていた、これからは
 全く自宅外にでない日をゼロにする

何でそんなに頑張るのか?
あれだけ、旅先で疲れたを連発していたのに、全国旅行支援の誘惑に勝てず、晩秋12月1日からの京都をJR東海のサイトに予約してしまった。
カミさんから課せられている課題でもあるのです。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月12日

定年オヤジ改造計画 垣谷美雨

郷ひろみが定年ダメおやじを演じる?
日曜日の午後4時にNHKのテレビをみることは、相撲中継以外にないことなのですが、この日は旅の疲れから(たった一泊二日バスツアーだったのに)か自分の部屋のベッドでダウンしていました。

TV画面は日曜日の午後の必見番組、「フジテレビ系列」の社会派ドキュメント「ザ・ノンフクション」をみながら寝落ちしていたようで、画面は8chらしく芸能人のおふざけをやっており、消そうとしたらボタンを間違えたのか、NHKに変わりました。
こんな時間にドラマ、そして俳優を見ると「郷ひろみ」です。
消して寝ようと思ってみたら、タイトルが「定年オヤジ改造計画」です。
2022年7月25日に「特集ドラマ」としてNHK BSプレミアム、BS4Kにて郷ひろみ主演で放送されたもの再放送です。
これってもしかして、あの「垣谷美雨」原作の・・・以前から気になっていた本です。
生まれて初めて、2時間、あの「郷ひろみ」を見続けることになりました。

ドラマは主人公の退職祝いあパーティーから始まります。

主人公は同僚・部下から赤いチャンチャコと赤い頭巾とチャンチャコを着せられ上座に座っています。
定年退職おめでとうと祝福され、最後に女子社員から大きな花束を渡されます。

私は、いつも思っていたのですが、あの大きな花束を抱えて帰宅通勤電車にのるのですか?と思っていました。
しかし、ドラマのこの主人公の会社では、退職お祝いの日だけは、会社が手配したハイヤーで自宅まで送るようです。
確かに、大会社ならそうなのかもしれません、初めて知った。

私の場合は・・・
55才、勝手に自己都合、社内の部署は部長と言う肩書きだけで、部下はなく、7年以上も前から客先大手スーパーゼネコンに出向と云うご身分で仕事を自社にまわしてきたお客様扱いでしたから、多くの元部下はいましても、退職祝いはするような雰囲気ではありませんでした。
退職祝いは、各現場単位で職人さんグループによる飲み会で終わりです。

ドラマのストーリーは
退職した主人公は本社関連会社の取締役に就任する予定でしたが、業績上の都合でその会社は精算することになり、退職金の割増で無職ということにあいなり円満退職しました。
特に今すぐ働く必要もなく主人公は、妻(伊藤蘭)に「昔、ベニスに行きたいと云ってたけど連れていってあげようか」というと不思議な顔をし、いいえと返事します。
二人の子供がおり、長女(33才)のキャリアウーマンで未だ独身、自宅に同居しており、長男はすでに結婚して離れてくらしています。

主人公は長女に聞きます。
「おかーさん、あれだけベニスに行きたいと云ってたに、お前知ってるか?」
長女は呆れて「夫退職後に一緒に海外旅行に10日も一緒に行く夫婦ってどのくらいいると思う、昔はいたかもしれないけど、豪華客船で90日間とか、1,000万円もかけてさ、今じゃそんな余裕のあるサラリーマン夫婦はいないわよ、老後資金のこともあるし、せいぜいハワイの豪華ホテルに一週間がいいところ、それもね2割もいないわよ」

主人公は「どうして、夫婦じゃないか?」
長女は、「アンタ、本当に夫婦と思っているの、」
    「上司と部下じゃない、お母さんはアンタの下女じないのよ」
主人公「アンタとは何だ、」
長女は「お母さんは、病気なの、アンタと一緒に旅したもっとら重症化するわ」
主人公「病気、元気そうだけど、何の病気だ」
長女「アンタ、それも分からないんだね、」
  「それがお母さんの病気の原因だよ、フ・ゲ・ン・ビョウ

主人公は「フ・ゲ・ン・ビョウ」をネットで調べ「夫源病」と知る。

夫源病とは、
夫の言動によるストレスで妻の更年期障害を誘発したり悪化させたりすることを指します。
正式な病名ではなく、「熟年の妻が訴えるめまいなどの原因の多くが夫にある」と考えた石蔵文信医師によって命名されました。
基本的には、熟年の妻に現れた体調不良を夫源病と呼びます。ただ最近では、更年期でなくても似たような症状で悩んでいる妻も多いようです。
夫源病は、夫がいるとストレスや体調不良を感じ、いなくなると解放されたような安心感を持つことが特徴です。
以下のような症状に当てはまる人は、夫源病の可能性が高いでしょう。
▢ 帰宅して夫がいるだけでストレスを感じる
▢ 夫と会話するだけでめまいや息苦しさなど体調不良になる
▢ 夫の行動1つ1つにイライラしてしまう
▢ 夫が家にいない時は心が軽く、体調も良いと感じる
▢ 夫の帰宅時間を考えただけで頭痛や動悸、手の震えが出る



元会社のOB会に出てみると、知り合いの顔が多く、現役時代の仕事話に花が咲く。
出席している顔見知りに、いまどうしているか聞くと「悠々自適、毎日ゴルフとテニス」とか「晴耕雨読、晴れた日は庭いじりと散歩三昧」とか云う。
親しい元同僚は「みんなああ云っているけど、半分は見栄、嘘ではないと思うけど、みんな自分の居場所がなくて、学習センターとか図書館とか金のかからない場所はそんな、シニア爺さんでいっぱいだよ」
主人公は「夫源病って言葉知っているか?、娘は母親が夫源病だって、どうも最近車の助手席に乗るのを拒むので、俺の運転が怖いのかと思ったら、隣に座りたくないようだ」
同僚は「その程度ならまだ良いよ、うちの女房は密かに熟年離婚を考えているようで、この間社会保険事務所に行ったみたいだよ」

退職者男性は以下を事故チェックして下さい。


退職して来年で20年目、身近に熟年離婚をみています。
そうでなくとも、別居状態のシニア夫婦をも沢山います。
それ以上に多いのが、同居別居状態の熟年夫婦が如何に多いかも。

そうこうするうちに長男からお願いが

外で暮らす長男夫婦は共働き、半年前に出産した妻は六ヶ月の産休が開け、元会社に復帰するにあたり、子供を三歳児以下でも預けられる保育園にいれることになり、朝夕の送り迎えが親族であることを義務つけられ、実家にお願いに来たのです。
主人公は「人間の母性本能として子供が3才になるまでは、血の繋がった、乳を与えられる母親がそだてるべき」と主張し反対します。
長男は実家の母親に頼みこみますが、自分も仕事を持っており出来ない、ちょうど父親が定年退職したのだから、父親に頼めと拒絶します。
主人公は当然、拒絶します。
そんなのは男の仕事ではない、子供生んだお前たちの責任だと云い出します。

ここからタイトル「定年オヤジ改造計画」の本編が始まります。
戦後のベビーブーマー世代「団塊世代」が後期高齢者となり、一回り下の世代の退職期を迎えています。
高度成長とバブルを経験してきた団塊世代は比較的経済的に恵まれ、年金も人並み以上と云われていますが、これから終末期、医療・介護の問題、最終的に斎場の確保も問題となっている今、一回りしたの世代はこのドラマで描かれているように、上の世代と自分の家族が現代抱えている社会問題のまった中にいます。

若い夫婦が購入したいマンションの平均価格が6〜8,000万となると、当然ながら一人の稼ぎでは返せず、共働きとなり、子供が出来たら保育園は必須条件です。
今、若い母親の「ワンオペ」が問題となっています。
団塊オヤジや退職オヤジだけではなく、日本の男たちの意識改革をしなければならない、と作者垣谷美雨は本書で訴えているのです。
「女性だけが、食事・洗濯・掃除・育児・近所付き合いする意識を全日本人男性から改革しなければいけない」と。
続きは実際の小説を御覧下さい。
アマゾンで立ち読みもできますから。

主演した郷ひろみも伊藤蘭も 本年67才だって、さすが画面では若いな・・・
67才の頃の自分を思い出します。
七年前、俺たち夫婦の最後の海外旅行、ホノルルだった。
二人で7泊9日、全経費込みで30万円以下なんて、夢のような時代だった。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2022年11月10日

毒吐きブログ、もう団体バスツアーは懲り懲り

久しぶりというか、人生で初めての大大手「JTB」主催旅行に参加して、いろいろと驚き、気づいたことを「毒吐きブログ」として書きます

宿泊ホテル 苗場プリンスは他社旅行社ではBクラスランク
参加者44名 バス一台 のコロナ対策なし
旅のトイレ事情
団体ツアー参加者なりの時間ルール
一泊二日で廻る観光地が「too much」多すぎる
全国l旅行支援のルールとは

苗場プリンスか、嫌な予感がしていた。

1962年に開業(団塊世代が高校生の頃)。スキーをメインとしたリゾートホテルのはしりであり、その後1970年代から1980年代にかけて改築や別館の増設が相次いで行われバブル景気後半のスキーブーム期にはリゾートホテルの上位として当時の若者の憧れであって、その当時ヒットした映画「私をスキーに連れていって」(1987年)の舞台になり日本一のリゾートホテルとして賑わった。

そして、バブル景気で、越後湯沢周辺には高層リゾートマンションが立ち並ぶようになった。
私は当時、建設業界に身を置いており、この建設ラッシュのさなか、越後湯沢の現場を新幹線で日帰りし、六本木の再開発現場で夜通し図面を描き、翌朝新横浜プリンスの現場に向かうような、今思うと社内で自殺者が出なかったのが僥倖のような狂った生活をしていました。

今回、宿泊した苗場プリンスは正当な西武グループのホテルですが、全国にあるプリンスと名がつくホテルの大半は、別資本により建設され、ホテルマネージメントだけをプリンス系運営会社に任せている、外国のシェラトンとかヒルトンと同じような経営状態です。
なぜ知っているかというと、建設に携わっていると、設計事務所そして、資金の出どころが本体A工事とホテルB工事に分かれている上、最終的にこのホテルに入るテナントC工事にまで発展するのです。

現在、旅行業界はコロナ不況で、大変な状況で大手ほどその打撃が響いています。
この二年で阪急のパックで三度プリンス系に宿泊しましたが、悲惨でした。客室の床カーペットはシミだらけでとてもお客様を迎える状況ではなく、ひと手も足りなくフロントも手薄で宅配便は到着時払いのみの扱いち限定してます。フロント業務省エネ化です。
唯一宿泊客が使える地域クーポン一人3,000円分があるのに、売店・お土産コーナーの品揃えは、カップラーメン程度しか置いてなく、一目みてここで二人6,000円のクーポンを使うのを諦めました。
ブッフエは半世紀近い旅行人生で最悪でした。
生まれて初めてこんな惨めな怒りを感じるブッフェを経験しました。
この10月のもっと客が押し寄せる時期、確かに沢山のツァーバスが駐車場に並んでいます。
この一年で一番忙しい時期に、ブッフェのコントロールが全く出来ていなく、指定された時間に行っても待たされ、トレーをもって料理が並べている列の一番後ろに並んでも15以上待たされ、おまけに料理は「ホテルとしてプライドはないのか」と思われるほど貧弱です。
料理の種類が少ないとか、量が足りないとかのレベルではないのです。
はっきり云います。「最低のホテル」でした。阪急交通社のホテルランクではBクラスとありますが、それ以下のCクラスでした。

参加者44名 バス一台 コロナ対策なし
東京駅八重洲口集合の時、添乗員さんに聞きました、何名様ですか?
46名の予定が一組昨日キャンセルして44名です。
バスは一台ですか?「一台フル座席」です。
「コロナ対策はどんな」
「バス車内原則マスク、食事厳禁、車内に入る際の消毒の徹底」
「このツアーは3回以上のワクチン接種者とこの集合時の検温としいます」
まあ、この繁忙期、絶邸に集客が見込める場所、仕方ないかとおもうけど、49席バスで44人のフルシート大丈夫なのかな
少し高めの設定でバス二台という選択は、超大手JTB「旅物語」にしなかったのかな。
まあいいや、二度と少なくとも二度と「旅物語」のバス中心のツァーには参加しないから。

旅のトイレ事情

当然ながら、このツァーバスにはトイレはついていません。
送られてきた旅程表からグーグルマップにバスルートをインプットして、距離・時間を想定してみると、ノンストップ最長距離・時間は1時間20分と判明なら何とか大丈夫か、高速道路もあまり通らないようだし、何とかなるか?

添乗員は30代の若い、美しい女性、コロナ前まではアメリカに住み、日本人団体客のツアーガイドをしていたそうです。
生活出来ずに今年日本に帰国し、添乗員会社に籍を置き、国内旅行を担当しているそうでした。
この日の客は44名、全員ほぼ高齢者世代、彼女の挨拶はなんとトイレ事情から始まりました。
各観光ポインから次の距離、時間。観光ポイントの混み具合、施設の女子トイレの数、男子トイレの場合、個室と小便器の数、最後には和便器と洋便器の数までを説明してました。

特にこの時期、紅葉のドピーク時で、ゴンドラ・ロープウェーに乗るのも行列するし、トイレも大行列になる可能性が大ということを懇切・丁寧に説明してくれました。
ある施設のトイレから帰ってきたカミさんの一言
「和便器しかなかったのよ、用を足して立ち上がる事が出来ず、焦ったわ、スマホで連絡しようと思っても電波が圏外になるし」
「もうこの歳では和便器は御免だわ」

後日、ラケットテニスの女性陣にこの話をすると「お宅の奥さん若いのにそうなんだから、私は絶対に立ち上がれないわ、トイレにスマホは必然ね」

団体ツアー参加者なりの時間ルール
44人のツアー観光客が一日何度も観光地で乗車・下車するのですから集合時間を守るのは絶対の常識です。
添乗員は、観光地に到着した時に、このバスの止まる所、発車する所を懇切・丁寧にある時図解をもってし、手持ちのボードに大きくバス発車時間を表示しています。
まるで、小学生の修学旅行だな思いながら、粛々と私達シニア中心の観光客降り、散って行きます。
そして、皆さん旅慣れた大人ですから、バス発車時間の10〜15分前には着席しています。
一日目に気がついたのは、集合時間1分前に戻ってくる80代の母親と娘さんと思われる二人組です。
定刻時間10分前頃、添乗員が車内の人数チェックを始めます。
ほぼ全員が座って待っている車内に一組だけ席が空いています。
でも、まだ集合時間まで5分以上あります。
そろそろ来ないとヤバいジャスト1分前、座っている全員の間をその二人が戻ってきました。
普通、日本人の常識なら「すいませーん」「ごめんなさーい」と明るく声をだして入ってくるのですが、無言です。
これが何と、最終日、越後湯沢の新幹線改札口の集合まで続きました。
※団体旅行の新幹線チケットは団体用なので個人一人ひとりには渡されないのを初めて知りました。
このお二人・・と言っても娘さんのほうだと思うのですが、
「私達は集合時間を守って帰ってきている」「何も皆さんに迷惑をかけていない」と顔に書いてあるように見えます。
確かに、な〜んにも迷惑をかけていないのは確かです。
でも・・・日本人の団体行動ルールには反していないけど、「マナー」には少し配慮が必要だったのでは。
恐らくですが、お母さんのほうは気を使っているのでしょうが、娘さんは「時間通り」という意識が強かったのでしょう。

一泊二日で廻るには寄る所が「too much」多すぎる

送られてきた旅程表を見て、「ふーん こんな所へも行くんだ」と思いました。
一日目の奥只見湖の紅葉を見てからの帰路、ツアーバスは「豪農の館 目黒邸」と「試飲が出来る日本酒酒造見学」がありました。
二日目のメインのドラゴンドラの絶景の後、向かう「八海山ロープウェー」への途中、三ヶ所の美し紅葉がみえるダムを巡っていきました。
メインルートから外れた、場所で地元では紅葉が綺麗な場所として知られているようで、このツァー企画者が選んだのでしょう。
なかなか個人では行けない場所ですから、サービスの一環として考えたのでしょうが、前日から49人定員のバスに44人、目いっぱい詰め込まれ、これまでさして歩いてはいないのに下半身固定の状態が長く続き、ふくらはぎパンパン、ソックスの形ばくっきり残るほどの浮腫みが残る状態、かなりの重症「エコノミー症候群」状態でした。
一日目にしても出来れば早くホテルに到着してゆっくりと大浴場に入りたかったし、二日目にしても帰宅時間が早くて文句を云うツアー客はすくないはず。
阪急交通社は全く同じ時期、ゆっくり出発・ドラゴンドラだけ自由に散策し、二日目は早めの新幹線で帰宅プランを、旅物語より15%安い金額でだしていました。
もう、団塊シニアは、「なんでも、沢山みてみよう」は終わったのです。

全国l旅行支援のルールとは
帰ってきてこのツァーのなかで、全国l旅行支援が適用されなかった方お二人いたことを、旅好き団塊世代サイト掲示板で取り上げました。

支援対象の旅行に携行しなくてはいけないもの
・ワクチン3回以上の証明書 ※コピー可
・本人確認証書類 顔写真付き、有効期限内のもの 現住所の記載の
 あるもの、原本(この文字だけ太文字、ゴシックで強調されている)
・または健康保険証プラス年金手帳あるいは公の機関証明書のいずれか2点
 以上。
当日、確認できない場合は対象外となり、天引きした旅行補助金、と当日の地域クーポンは支給されません。
と、事前の案内にかかれています。

44名バス一台の大所帯、一組が原本ではなく、コピーであったため、添乗員が念のため、本社に確認したところ、宿泊当日の地域クーポンはこの方々には支給されず、
すでに返金した旅行代金の40%の返金を求めていました。
お客さんはシニアの女性二人組、もちろん納得行かず、かなり揉めているようでした。
くれぐれもご注意下さい。
その後、添乗員と話しました。
書類確認をする添乗員の私が見逃してもホテル側は気が付かないのですが、このような話はかならず外に漏れ、「私はあの時のツアーで大丈夫だった」という話が、本社に届く・・と云うのです。
お客様にはルールを厳格に当てはめてかわいそうと思うが、添乗員としての立場、身分を守るために必要な処置です。とはっきり話していました。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ