CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月31日

トラウマ、まだ悪夢を見る タクシー恐怖症経験

木曜日は週に一度のスポーツの日です。
退職直後は週に3度、硬式テニス、バドミントン、ソフトテニス(ラケットテニス)とやっていましたが、徐々に体力低下と、スポーツ以外の
スケジュールで一週間が埋まっていき、古希を境に定期的なスポーツはラケットテニスのみとなりました。
木曜日は、かなり強い雨の日でした。
他のスポーツをやっていた時は、わざわざ傘をさして徒步15分の鎌倉武道館へ行くのが億劫で休んでいたのですが、他のスポーツを止めてからは
雨の日でも出かけて、体を動かし、知り合いのおば様方とおしゃべりをするようにしています。

5月から、会場の鎌倉武道館は、コロナワクチン接種会場となりました。

自宅からいつものように歩いて、武道館に向かうのですが、フラワーセンターの信号待ちをしていると、雨の中の跨線橋の上の道路は、赤いテールランプつけた車で渋滞しています。

こんな所で信号待ち2回なんて初めてのことで、この跨線橋の先で何か事故でも起きているのかなと歩いて跨線橋を渡り、左に曲がると、武道館の前では、交通整理員が旗を振って、車を誘導しており、これが渋滞の原因でした。

鎌倉市のコロナワクチン集団接種の会場としては一番大きいようで、入り口にはワクチン接種の受付待ちの椅子の列、会場のある多目的ホール前は記入台や、呼ばれる順番を待つ人達の椅子の列があり、廊下には、接種後15〜30分待機する人たちのスペースに大勢の80才以上の人々がいました。
会場は、最寄り駅のJR大船、モノレール富士見町から徒步15分と、私達には便利な徒歩圏内なのですが、鎌倉市の場合、結構、緑地、森、谷戸あるいは〇〇山と呼ばれる住宅街が多く存在しているので、鎌倉市議会は、ワクチン接種者に「タクシー無料クーポン券」を一人に付き4枚、接種券と一緒に配っています。

そんな訳でしょうか、雨の木曜日、鎌倉武道館の敷地は、送迎のタクシーと車でいっぱいで、跨線橋上の渋滞となっていました。
私達の最寄り接種会場は「鎌倉武道館」ですが、当然ながら「タクシー無料クーポン券」は使いません。カミさんも私も古希をちょっと過ぎたばかり、タクシーを使うような齢でも、距離でもないのです。もし、誰かみていたら「みっともない」が先立ちます。

そして私達には、「タクシーのトラウマ」がありほぼ使いません。
「タクシーのトラウマ」って何?
それは海外でのタクシーでの経験です。
海外でタクシーって怖くないですか?
海外でタクシーに乗ったら、「人質と同じ」って考えたことありませんか?


早朝のベトナム、ハノイ駅のタクシー

ベトナムのタクシーの悪評はネット上に溢れるほど多く事例が投稿されています。
ベトナムのように、経済の自由化で急激に外国人旅行者が増えたのが原因の国のタクシーにありがちな例です。
遠回り、なんて当たり前、乗る前に料金交渉は必須、それでもボラれます。
一番有名なのは、タクシーメーターが驚くべきスピートで上がる例です。

ですから、私達は1時間ぐらいの距離なら歩くことにしています。嫌な思いをするぐらいなら平気です。使わざるを得なかつたのは、ベトナム北部の少数民族を訪ねる旅の出来事です。
この旅については、下記の本サイトで紹介しています。
ベトナム・サパ少数民族村トレッキングの旅

私達の乗った寝台列車は早朝、ハノイ駅に到着しました。
駅をでて廻りを見回すと、私が知っているハノイ駅と違うのです。
ハノイ駅周辺は何度か来ており、ティエンクアン湖まわりには日系を初め、5星、4星クラスのホテルが沢山あるので、早朝ゆえ、私達が泊まっているハノイ下町のホテルへ戻るのではなく、ここらあたりの高級ホテルで朝食をとって明るくなってから、ホテルの手配したタクシーで戻ろうと計画していたのですが、寝台列車が到着したのはハノイ駅の反対側のようです。

このまだ暗い時間、方向感覚も定かでない場所で、スーツケースを持って自分たちの行きたいハノイ表駅方面に行くのは不安があります。すると、タクシーがやってきました。私達が向かう下町のホテルまで幾らで行くか聞くと「メーター」を指差します。
メーターで行くと言う言葉はあまり信用で来ませんが、外国の言葉も通じない、早朝の暗さの中タクシーに乗りました。

ハノイ駅から下町のホテルまでのタクシー料金はだいたい知っています。
どんなに遠回りしても2ドルもしないのですが、タクシーは私達の泊まっているホテルの1ブロック手前で停まりました。ホテルはもう少し先なのですが、ここで揉めてもしかてないのでメーターを見ると、10ドル換算と倍の数字なのです。
やられました、メーターに細工がされている、ネットにも登場する悪徳タクシーなのです。
ここは強気に交渉しなければならないのですが、私達のスーツケースは後ろのトランクルームに収められているのです。
金を払う前に、トランクを開けろと云っても開けません。スーツケースが人質になっているのです。
ここで5ドル10ドルの喧嘩をしても仕方ないのてす。後ろのトランクを開けると同時にスーツケースを取り出し、10万ドンを渡し、タクシーのナンバープレートをカメラで撮影しました。がタクシー平然と走り去りました。
後からホテルで聞くと、運転手は自分の車でなく、借りた車なので写真を取られても平気なんだそうです。

この事件があって以降、海外のタクシーでは後ろのトランクに荷物をいれないようにしています。
しかし、その上手を行くタクシーがいました。

アルゼンチン・アエロパルケ空港のタクシ

アルゼンチン、パタゴニアからブエノスアイレス、国内線空港に戻ってきた時のお話
ブエノスの国内線空港は、地方から来た人、外国人をカモにするのを一種の遊びとしていると評判の悪質タクシーが多いと、市民の間でも知られています。
遠回りをするのは当たり前ですから、私は乗る時に走る大きな道路(アベニーダ)を指示しました。
運転手は気さくな感じが良い男で、私のスペイン語を讃え、バタゴニアには行ったことのあるアルゼンチン人なんて、ほんの僅かだなんて話をし、この年のアルゼンチンサッカーリーグの話で盛り上がり、目的地の友人のお店に到着しました。
空港に行く時と同じ料金メーターだろう(日本円で1,000円程度)と思ってみるとメーターは3,000円ほどです。

ふざけるな、こんな料金払えないと云うと「お前の指示どおりのアベニーダを走って来た」と云います。
なかなかタクシーから降りない私を見つけた友人がきて、このトラブルを知ると「ゲームに負けたんです。払うしかない」と云います。
彼は、私のスーツーケースがあった場所を指差しました。
私は、スーツケースを後ろのトランクに入れるのを拒否して、運転席の横に置いて、夫婦二人で後ろの席に座ったのです。
スーツケースの前にメーターがありました。
この運転手は、前に乗った客のメーターをリセットせずに走り出していたのです。。
友人に云わせると、「もっとも簡単、オーソドックスな手口、確認しなかつた客が悪い、ゲームオーバ、あんたの負けよ」でした。

これまでに色々な国でタクシーに乗ってきていますが、南米のタクシーが一番注意が必要ですし、特にブエノスアイレスのタクシーはできるだけ乗らない方が良いです。幾らでも地下鉄、路線バスがあるのですからそちらを利用してください。
折角の旅の思い出が半減する確率50%です。
私のブエノスにすんでいる友人は流しのタクシーは絶対に使いません、
Remis=レミースという予約ハイヤーを使っています。
旅行者でしたらホテルのフロントで「Remis por favor」と云えば呼んでくれます。

サンパウロのタクシー
タクシーに乗るというのは命、荷物、財産、安全、など全てを知らない運転手に預けると云うことになるのも知りました。ある年、イグアスの滝から日本への帰路のフライトに乗るため、サンパウロ空港に降り立ちました。
成田行きのフライトまで6時間あまりあるのですが、手荷物は乗り継ぎ便でないため、身軽になってサンパウロ市内観光に出かけました。

タクシーの運転手に空港に帰る時の時間、場所を打ちうわせて、まだブラジルの日系人社会が成熟していない日本人街を歩き、約束していた場所に行ってもいません、時計を見るとフライトの2時間前ですから、そろそろ行かなくてはと、広場の一般タクシーを拾い、国際線空港と告げました。
空港までは30分もあれば時間は十分。

しかし、この運転手のオジサン、空港に行くのは初めてだと云うのです。
仲間のタクシーに聞いて着いた空港は、私達の空港とは違ってました。
サンパウロには2つの空港があるのです。
市郊外のグァルーリョス国際空港と市のほぼ中心地にあるコンゴーニャス空港の2つ。
遠距離国際線はグァルーリョス国際空港、南米内短距離国際線と国内線はコンゴーニャス空港。
アルゼンチンブエノスアイレスの、エセイサ空港とアフロパルケ空港。
日本東京の成田空港と羽田空港のような関係なのですが、当時の南米トラベル初心者の私は知りませんでした。

やがてタクシーは郊外の私達が乗ってきた空港に向かって高速道路を走り出しました。
すると、急に空は暗くなり、猛烈な豪雨、フロントバラスのワイパーで拭っても拭っても前が霞む状態です。
廻りをみると、ほぼ全ての車は路肩に停車して、この豪雨を避けているのに、私達の乗ったタクシーは走り続けるのです。
カミさんは怖がって、私に運転手に止めるよう云って、といい、スペイン語をポルトガル風に発音して話すのですが、大丈夫の一点張りです。
カミさんはこの年老いた運転手の頭を叩いて、「ストップ」というと、飴玉をとりだして「お前の女房うるさいからアメでもなめさせておけ」と放り投げました。

あれから、何十年たった今でも、あの時の話がでて参ります。
しかし、後日談があります。
タクシーが空港に到着したのは、成田行きフライトのちょうど1時間前でした。
出発ロビーに入ると、なにやら場内アナウンスで私の名前を呼んでいるようです。
乗り継ぎ便でボーディングパスを持っているので、カウンターに行くと、出発時刻が過ぎています。走ってくださいと云われました。
時計を見ると、まだ1時間あるのにと空港の時計をみると、なんと1時間違うのです。
私の時計はまだアルゼンチンの夏時間のまま、ブラジルとは時差1時間あったのです。
あの時、高速道路で雨宿りしていたら、乗り遅れていたことになるのでした。

バンコクのタクシー

昔、バンコクの国際線空港はドンムアンだけでした。
現在、ドンムアンはLCCと国内線で使われており、メイン空港はバンコク市内東スワナンプームで、電車でもつながり便利になっています。
ドンムアン当時、成田・BKKで一番安いチケットはNWの最終便でBKKに夜11:30に到着、BKKからの成田へは、朝の6:30という設定のチケットでした。
値段は最安値当時、1万円半ばと格安で、若い旅行者の間で人気の路線でした。

バンコク到着時の11:30は、最終バン両下ク市内行きの路線バスがまだある時間で、到着した客の長い行列がありますが、帰路の早朝6:30に間に合うバンコク中心部からのバスはありません。パックツァーなら旅行会社のバスがあるでしょうが、個人自由旅行ではこれがネックでした。
そして、事件は起こりました。
早朝のこの格安NW便に乗るために、若い日本人女性が町中で拾ったタクシーで空港に向かい、途中で暴行された上、死体で發見されたと云う事故が発生しました。
アジアの国での生活規範で云うと、早朝のタクシーに若い女性が一人で乗るというのは考えられないことなのです。例えそれが経験な日本と同じ仏教国であろうとも。
早朝のアジアの郊外では、タクシーは乗り物ではなくなり、密室となるのです。
海外での一人旅では、タクシーに乗ると云うのは、全財産と命を預けるのと一緒だという認識、覚悟が必要なのてす。
私達もこのNWのフライトを利用したことがあります。
バンコクに長期滞在し、少しでも旅費を節約する為でしたが・・・帰りの6:30に間に合わせるために私達もタクシーを使いました。
ホテルのフロントから申し込む、送迎専用のタクシーで料金も1,000バーツと高いですが、安全・確実が優先です。

イランのタクシー
イランの古都シラーズに行った時は、団体パックツアーでしたが、比較的自由な時間があり、現地おもな観光を見学した後、自由散策時間があり帰りのホテルシャトルバスの乗り場、時間を告げられた後自由解散となります。
そのシャトルバスに間に合わなかった場合は、タクシーで戻ってきてください。と現地ガイドから渡されたのはホテルカードとおおよその町中からホテルまでの現地の値段、なんと10万リアル程度でした。

私は、町中を一人歩きしていましたが、広場が多い町中で方向を失い、帰りのバス乗車バスが分からなくなり、時間も時間で夕刻が迫ってきたので、広場に停車していたタクシーで帰ることにしました。ホテルカードを示すと、運転手は電卓で70,000と表示しました。OKと乗り込んで、広場を抜けると1ブロツクも行くと停車し、屈強そうな男二人が乗り込んできました。
私は、瞬間「やられた、強盗タクシー、と、財布の中身を思い出しました」
しかし、また次の角で男一人が乗り込んできて、私の顔を珍しそうに眺めます。
ようやく解りました。イランのこの都市では、タクシーは乗り合いが普通だったのです。
ホテルに到着して、10万リアル札をだすと、ちゃんとお釣りをくれました。
イランはアラブではなくペルシャなんだと、実感しました。


日本に住んでいて、タクシーとは「全財産、命を預ける走る密室」なんて誰も思わないでしょう。
それが当たり前で暮らせるいい国なんです。
でも、わたしの場合、長い時間、駅前で客待ちしているタクシーの運転手さんに、例え大きな荷物を持っているにしろ、乗って、ワンメーターの自宅を告げる勇気も厚かましさもありません。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ

posted by 西沢 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月29日

妄想机上旅行計画、6月は北海道の予定でしたが


65才で海外旅行を卒業し国内旅行に切り替えてから、一年に10回、一回の旅行予算二泊三日平均を二人で10万円として昨年までやってきました。
しかし、いずこのリタイヤ年金シニアのご家庭も同じだと思いますが、昨年よりのコロナ禍により、旅行じたい、外出じたいを遠慮・自粛・自制しなければいけない状況になり、年間予定どころか、毎月、否、毎日の予定がコロナにより大きく影響されてきています。

70才、古希を境に55才リタイヤ直後から続けてきた、様々の活動、お付き合い、趣味などを縮小し、自分に残された月日(8〜10年)を悔いなく過ごすように計画・シフトしてきました。
”悔いなく過ごす為に”・・・旅行はそのなかでも大きなウェイトを占めていました。
月に一度の旅行をするというのは「旅プラン計画」「実際の旅」「旅行後の記録・整理」など少なくとも3回は楽しめます。
ところが、コロナ禍パンデミックは、私達年金シニアの、「旅をする愉しみ」に費やしてきた時間を奪ってしまったのです。

「小さな旅」「日帰りの旅」「下調べ・旅程など詳細に綿密に計画した旅」など、時間や費用に違いがあっても、行く前も行った後も楽しいものです。
今年に限ればこれまで、1月から3月までは、近場の春を愛でる「小さな旅」「日帰りの旅」をしてきました。
4月は、長年計画していた「日本の桜名所の旅、高遠の桜」をしてきて、今月5月は、昨年コロナ禍、非常事態宣言で行けなかった「黒部アルペンルート、雪の大谷」を、今年は、昨年のような団体パックではなく、天候をみながら個人、自由旅行スタイルで、綿密に計画していたのですが、今年もコロナ緊急事態宣言発令で神奈川県民としては、往きづらくなり自粛、延期しました。

現在、有り余る時間をどう過ごそうかと思案中です。
先ずは、近々の課題、夫婦二人のコロナワクチンの接種が終わってから・・・
オリンピック開催の是非を見極めてから・・・
緊急事態宣言の行方を見てから・・・ と云うのが二人の結論という、妥当な、分別ある、シニア、大人らしい、収まる場所におさまった的な状況です。

でも、妄想するのは自由だろう、机上プランは考えるのは自由だろうとかってに妄想し・旅行計画をしています。
机上妄想プランの1



1,東京・九州フェリー運行開始 面白そう 
 横須賀から門司港の太平洋フェリーが就航するらしい
 基本情報を調べると
 大船⇒横須賀⇒徒步 310円
 横須賀港23:45⇒翌日21:00新門司港 
 乗船料12,000+ルームチャージ6,000 費用合計18,000円
 新幹線で自宅から行くと 総額 21,870
 大船15:16⇒新横浜⇒小倉⇒20:50門司港 5時間43分
一日太平洋航路、四国沖を眺めての船旅・・・でも結局次の日からの観光を考えると、二日目、下関に泊まることになる。
何処へ行きたいとなるとバス旅には難関の「元乃隅神社」へ行ってみたいと常々思っていました。
でも団体パックツァーはゴメンです。自由に、天気を見ながら行きたい
「元乃隅神社」までの最寄り駅までは調べられるが、足がない・・・最寄り駅人丸駅にタクシーを呼んで、現地滞在15分で、タクシー代はおよそ6,500円となる、キツイ。

ここで、萩・石見空港から期間限定で日本海絶景めぐりバスがでてるのをwebで発見する
運行期間限定のよう。
2021年5月15日(土)〜2021年10月24日(日)の金・土・日曜日において合計57本運行
旅行代金・大人(中学生以上):5,000円
運行コースは
萩・石見空港 (10:20発)
道の駅 萩しまと (11:30着 → 12:40発)
元乃隅神社(13:50着 → 14:40発)
角島大橋15:30着 → 16:30発)
JR東萩駅 (17:40着)
JR津和野駅(18:40着)
<対象路線:ANA725便> 現実的に考えると、これになるのかな
理由はANAのマイレージを持っているから、75才後期高齢者になる前、動けるうちに使い切ってしましたい。
となると、萩イン、鳥取アウトのANAマイルを使うのがベストなのかもしれない。
羽田⇒萩・石見空港⇒元乃隅神社⇒津和野 泊
津和野⇒萩⇒米子泊
米子⇒鳥取砂丘⇒鳥取空港⇒羽田

机上妄想プランの2
6月と云えば、梅雨のない北海道
でも最近の北海道は梅雨があるみたいでし、コロナは首都圏の人口比からみると蔓延状態だけど
自宅のパソコンの前に座って、勝手に妄想・プラン設計している分にはかまわないでしょう。
先ず、スカイマークの羽田発始発便を調べる
06:45、これなら十分自宅から間に合う、札幌08:20 OK十分一日目を使える
帰路19:10⇒羽田20:50 三日目もある程度遠出できる。
デルタのマイルを使い切りたいので、スカイマークになるのです。

さて、次は北海道の何処へ行こうか

第一プランは夕張です。
「幸せの黄色いハンカチ」を見に行きたい。
早速、ネットの世界に入り込みます。
乗換案内で調べると
新千歳09:30⇒南千歳⇒(特急とかち帯広行)新夕張⇒バス⇒幸福の黄色いハンカチ⇒徒步幸福の黄色いハンカチ広場12:22、料金2,960円
・・高いな北海道は
2時間滞在として帰路を調べると
幸福の黄色いハンカチ14:26⇒バス⇒新さっぽろ⇒札幌16:19 2,410円
一日目はゆっくりして
二日目に向かうのは、三笠アンモナイト博物館です。
三笠アンモナイト博物館へは
JR岩見沢駅から北海道中央バス三笠線「幾春別町行」終点下車、東へ徒歩5分
札幌09:10⇒岩見沢09:51  970円
岩見沢10:00⇒北海道中央バス三笠線 ⇒幾春別町09:58 570円 バスは安いな
博物館入場料 三笠鉄道博物館込で750円

札幌に戻ってこの日の宿泊は駅の宿ひらふです。
駅が簡易宿泊所になっている稀有な場所
岩見沢13:10⇒札幌⇒小樽⇒倶知安⇒比羅夫17:02 4時間2分 3,990円
ドミトリー 朝食付き一人 5,000円
三日目
ひらふ⇒余市⇒小樽と観光して、新千歳から帰路19:10⇒羽田20:50
これじゃカミさん、うん行こうかとは云わないだろうな・・・
でも、こんな旅が出来る最終、ギリギリのお年頃なんだけどな。

机上妄想プランの3
「おわら風の盆」を現地でみたい

雪の大谷プランは、非常事態宣言と、室堂の大雪であきらめ、夏または初秋に切り替えたけど、どうせ富山まで行くんだったら、「おわら風の盆」の時に行きたい。
おわら風の盆は2021年9月1日〜9月3日、コロナを理由の全面的な中止は、祭りの性質上ないだろうと考えています。
会場の越中八尾には泊まらず、今なら富山市内なら宿は何とか取れるはず・・・
なのですが、カミさんがなんというか。
もうお金の問題ではなく、体力・気力と自分に残された時間との戦いと思っているのですが・・・

こうやって、机に座って、ネットに向かって「妄想旅プラン」を造っているとあっという間に時間は過ぎて行きます。
行きたい所、見たい場所はまだまだ日本全国、山ほどあり、私の行きたい所リストは沢山残っているのです。
でも、急がなくては、最近出不精になってきています。
今日は雲が多い空だから、映像写りが悪い・・・
今日はは晴れているけど、暑くて汗をかきそう・・・
昨夜トイレに3回起きて、ちょっと寝不足・・・なんだかんだ自分に理由をつけて、居心地の良い、自宅、パソコン机の前にいたい自分がいます。
昔は、さっさと支度して、そわそわと出かけて行ったのに。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月27日

この齢で、今更、禁煙・断煙・脱煙でもないでしょうが

禁煙・断煙日記
今年の2月3日から始まった、禁煙・断煙の日々は3ヶ月を超えました。
これまでの私の常態的な喫煙が始まった18才からの人生の中で、最長の断煙期間新記録を更新中です。
これまでの、禁煙・断煙は、自らの意思ではなく、吸えない状態に置かれたひとによるもので、自ら進んで、禁煙・断煙したものではありませんでした。
これまでの最長禁煙・断煙期間は、1997年の9月〜12月までの100日間でした。
本サイトのユーチューブ動画ページで公開している「ウズベキスタン」から帰国した一週間後から11月の末までの3ヶ月、長期入院を余儀され、とてもタバコが吸える環境、健康状態ではなかったからです。

初めての長期間禁煙・断煙の経緯

A型肝炎・C型肝炎闘病記
1997年49才の夏、ウズベキスタンの市場で食べたメロンでA型肝炎に感染したのでしょう、翌日の夜からの猛烈な下痢、体調不良に悩まされましたが、二日で回復し元気に帰国し、職場に復帰したのですが、10日後あたりから風邪のような症状、微熱。食欲不振と猛烈な体のダルさで、職場のクリニックでの見立ては、疲れ、夏風邪程度でしたが、益々体調は悪くなり、通勤の地下鉄の階段さえ一休みしないと上がれない状態になりました。

帰宅してトイレをすると、茶色のオシッコと白い大便です。カミさんに見せると、その場で友達が看護婦長をしている、総合病院に電話して、タクシーを呼びました。
「なんなんだろう」と云う私の問いに答えず、入院に必要なもの荷造りをし始めました。
タクシーに乗り込み、初めてカミさんは説明し始めました。
先ず99%、肝炎それも重症肝炎、へんな動きをすると劇症肝炎になるかも知れないから、大人しくしていて、これから〇〇子(カミさんの同期)の大病院へ行くからと、タクシーが玄関に着くと、車椅子ではなくストレッチャーが待っていました。
そのまま、血液検査でカミさんの友達の〇〇子さんは、「こんな値の患者初めて見た」という肝機能数値のようでした。
翌日の朝、担当ドクターがベッド脇に現れた美人で成り立てのような若い女医さんに、危うく劇症肝炎一歩手前、奥さんの処置に感謝しなさい、と云われ治療計画を説明されました。
ベッド安静一週間(ベッドから一步も離れていけない、食事も排泄も全てベッドの上)、病室安静一週間、病棟安静一週間、院内安静一週間と宣言されました。

話はここで終わらないのです。
翌日、かの女医さんは現れ、昨日と違い真面目な感じです。
精密血液検査の結果、A型ウィルスの他にC型ウイルスが検出されました。
これまで輸血とかしたことありますか?
中学3年生の時に背骨の手術をした時に、きっと輸血をしていると思います・・・
現在、肝臓にダメージはなさそうなので、C型ウイルスの治療をすればウイルス除去は出来ると思います。
それには、現在一番有効な治療方法はインターフェロン療法です。
体にだいぶ負担がかかりますが、四十代の男性なら、3ヶ月の投薬で治る確率は高いですから、このままここに入院していただきます。
奥様には了承していただいています。

エエー、後3ケ月も入院しなくたしいけないの
先生、お願いがあります。半日だけ時間を下さい。そしたらおっしゃるとおりここで安静にして過ごします。
私も責任ある立場で仕事していますから、突然の入院で困っている部下、相手先、取引先、協力業者さんが沢山います。
この方たちとの打ち合わせの為に、4時間だけ、会議室を貸して下さい。
答えはダメ、NOでした。妥協案は会議室ではなく、ベッドの上での打ち合わせなら2時間だけOK、ただし看護師さん同席と云う条件でした。

こうして、私のA型、C型肝炎ウィルスとの戦いが始まったのです。
タバコ・・・、なにそれ、吸いたい気分なんかある訳なんじゃん
インターフェロン療法は、強制的にインフルエンザのような状態にして、体内にC型肝炎ウィルスに対する抗体を作るような治療方法で1997年当時の最新、最適な治療方法んのですが、抗がん剤と同じで副作用が強烈で、夜は鎮痛の座薬なしでは過ごされませんでした。
ちょうど、このインターフェロン療法が始まった時に、会社関係者が見舞いに来て、そのご社内では、「どうもダメみたい」と云う噂が広がった
と後から聞きました。



この時の禁煙・断煙がこれまでの最長期間でしたが、今回の禁煙・断煙期間はついに過去最長を更新中です。

なんで、どうして古稀を過ぎて禁煙・断煙・脱煙をするのか
もう、50年以上も喫煙してきたんだから、ジタバタしないで死ぬまでタバコを吸い続けたら、どうせあんたの体なんだからそのとおり、今更禁煙・断煙・脱煙なんて、男らしくない、みっともない・・・私もそう思っていました。

我が家は、商売をしていたからかも知れませんが、父も母も、来客も、兄弟もタバコを吸います。
私が高校2年の時、初めてお袋のタバコ「いこい」を盗み吸いした時、吸うんだったらフィルター付きのハイライトにしなさいと云った、そんな環境で育ったのです。

何度か、風邪気味でタバコが旨くなく、喉がいがらっぽい時に数日タバコを止めたことがありましたが、習慣・嗜好としての喫煙を真剣に止めようと思ったことはありませんでした。
私の近所も駅へいく道の途中にお住まいの、80才近くと推察するお年寄りは、何時も道路を見ながら、本当に美味しそうにタバコを吸っている姿を見かけるたびに、ああやって自然に年老いていき、公園の緑を遠くみながらタバコを吸っている自分の姿を思い浮かべていましたから、禁煙・断煙なんて考えもしませんでした。

ではどうして、2月の初めから禁煙・断煙をし始めたのか
全ては体感、体への変化、体調からです。

1,前々から痰が続きます。
 ファミリードクターからは、ひどい色、血液まじりのような痰でなければそう心配することは
 ない、と云われ安心していました。
 痰はづつと白いままです。でも一向に痰がきれることはなく、長年続いています。
 そこに、新型コロナウイルスの登場です。
 さかんに、高齢者・喫煙者の重症化が伝えられてきており、特に入院ベット上での痰の吸引の
 苦しさが映像で伝わってきています。
 苦しいのは嫌だな・・・、ファミリードクターからも、肺の病は、患者は苦しいのよ。
 と云います。できるだけ、避けられるのなら避けたい

2,たばこを吸うと、明らかな体の変化を禁じます。
 昔はなかったのですが、60代後半から、軽い1mmのタバコを吸っても、明らかに脳への
 血流の変化を感じ、クラッときます。
 一番、ヤバいと感じるのは、一服した後に、天声人語の書き写しノートに向かつて漢字を
 書くと、タバコを吸う以前の字と吸った後に書いた漢字が明らかに違っていてるのです。
 吸った後の字は震えているのが一目瞭然なのです。

3,一番、喫煙したい思いたくなる、パソコンプログラムの世界が亡くなった。
 これまでの経験から、喫煙を止めて、一番吸いたいと思う時は、webプログラムを書いて
 いて、スタックしたり、エラーになって原因がつかめなくなったりした時です。
 こんな時一旦パソコンの前から離れ、大気の下で一服、リラックスすると自然に、もしかす
 ると、あれが原因かもと思いつくことがありました。
 タバコはそんな時のモードチェンジには欠かせないものだったのてすが、一線を卒業し、
 今はそんな機会もほとんど無くなりました。

4,廻りにタバコを吸う人間が消えた。
 ボランティアを卒業し、週に一度か二度詰めていた日課が亡くなりました。
 ここへ来ると、同じ団塊世代の喫煙するスタッフがおり、自然ともらいタバコをするようにな
 るのです。一度もらいタバコをすると、それはいつしか、一日数本ととなり、自然とコンビニ
 で買ってしまうのです。

5,吸える場所消えた
 これまで駅周辺にあつた喫煙所は全て無くなり、コンビニの外も、映画館の喫煙ルームも、
 ホテルの喫煙室もどんどんとコロナ三密回避でなくなっていきます。
 公園でも、川の散歩道でも、今や喫煙できる場所は皆無となり、喫煙していた時に、無意識に
 喫煙場所を目で探していたのがなくななり、少し心落ち着いてきました。

6,月に一度はサポートということもあり行っていた、歓楽街への用事が無くなりました。
 退職直後から、横浜の有数の歓楽街、女性が接待するようなお店のホームページの更新、
 サポートの為に月に一度は、お店の事務所へ行っていました。
 ここでは、タバコを吸い放題、廻りは全員、男衆も女の子もみんな喫煙者ですから、止めて
 イライラしていたら、ここて゛回復したものが、今、現在は3ヶ月以上も足をむけていません。

吸いたくならないの?我慢出来るの?

それが、意外なのですが、そんなに吸いたいという気持ちにならないのです。
以前なら、カミさんが外出したり、私が外に出て一人になった時、吸いたくなくとも、今吸っておかないと・・・という気分になったものですが、
電車に乗って、違う駅についた時に、喫煙場所をいの一番に探していたのが、今は探していない、自分がいます。
バックのなかには、吸わなくても何時も、ライターと携帯灰皿を持ち歩いていたのですが、今は、喫煙に関するものは一つも持って出歩いていません。
でも、誰かが隣に座って、一服しますかと問いかけられたら、ほぼ99%、ありがとうございます、3ヶ月ぶり、美味しいな・・と答えると思います。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方


ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月25日

火災保険保険料、口座振替再請求のご案内?何だそれは

口座残高不足だって!

朝、朝食の席につくと、カミさんが「ポストに何か来ているわよ」と渡されました。
手に取ると、保険会社からの案内のようで、開いてみると今年の我が家の火災保険に関してでした。
我が家は17年前の3月にここに入居しており、同時に家まわりの保険を、元勤務先関係からのお付き合い保険会社に加入しています。
鉄筋コンクリート、新築5階建ての共同住宅の火災を含む保険料は、一年で11,700円と戸建て住宅に比べると、かなり安いのです。
マンション等の共同住宅は、建物の階高、立地、周辺の環境、面している道路幅などによっても、保険料は変動します。

我が家80平米のマンションの火災保険料は

保険料は月になおすと1,000円をきっています。これには訳があります。
火災保険をかける時、自宅内の家具、家電、什器類、衣類などは保険対象から全てを省きました。
一番重点をおいたのは、私の専有住戸から火災を発生させた時、上下左右、全ての住戸に延焼、類焼、消火による水被害が及んだ時の損害賠償を無制限し、自宅内のものにはいっさい保険をかけませんでした。

例え自宅の家電類、家具に保険をかけていても、保険屋さん計算は、購入時価格ではなく、現在の価値なのです。
現在例えば家電の場合、購入時の家電の型番、領収書を要求します。
20年以上前のそんな領収書がある訳でも、当時いくらぐらいだったというと、大型量販店の値段を調べ、20年の減価償却を差し引いた価格での保証を前提としているのです。

火災保険とは、火災で全焼したとしても、火災保険金で前と同じ新しい家は立たないというのが私達世代の常識でした・・・
でもTVCMを見ていると「保険に入っていて良かった、新築当時の家が建つ」とやってますから、そんな保険もあるのでしょう。

なんで?振替、引き落としが出来なかったなんて、そんなバカな
もう20年近く、鎌倉に引っ越してきてから、毎年4月に貸し金庫と火災保険料を自動振替で処理してきたのに、なんで再請求・・・残高不足・・・「僕の口座に限って」、ちゃんと、貸し金庫分と火災保険分として別々に記帳して入れておいたのに?
ちょっと待って、火災保険の口座は・・・「みずほ銀行戸塚支店」「口座名義人 ☓☓☓」
貸し金庫と火災保険料は、「りそな銀行のカミさんの口座」だと20年近く思っていた・・・
これまでの18年ずっと3月に現金で「りそな銀行のカミさんの口座」にいれて記帳していた・・・
僕の「みずほ銀行戸塚支店」だったんだ!
カミさんは「でも、貴方のみずほ銀行戸塚支店の残高が足りなかったという事?」
「そのようだね、実は先月あたりから、終活の一環として引き出し口座に偏りを持たせているの」

終活の一貫として・・・?ってどういうこと、とカミさんは聞きます。

夫婦二人、子供なしの場合、各々公的年金やら何やらの入金は、自分名義の口座に入ってきます。
そして、夫婦二人の月々の生活費などは、定額を各々の年金口座から引き出してきています。

私達の原則は、二人の財産が何時でも50/50になるようにこれまで努めてきました。
家の権利も、預貯金残高も、常に50/50、但し個人の詮索しない小遣い口座は別と。
今年、カミさんは古希を迎え、私は73才、どう考えても私が先に逝きます。

私が逝った場合でも、全ての財産はカミさんが引き継ぐ手立ては立ててありますから心配ないのですが、私が逝った直後の口座からの引き出しやら何やらは、生きていた時と違って、亡くなってからは面倒になりまので、毎月の生活費や旅行費などの費用は、率先して私名義の口座から引き出して、カミさん名義の預金口座はなるべく手をかけないようにしようと、先月から初めたのです。

4月の私の口座には、公的年金二ヶ月分が振り込まれていました。
ここから、5月分の二人の生活費、公共料金振替、固定資産税一年分、5月予定の旅行費などを引き出すと、私の少ない年金二ヶ月分の残高はほぼ、数万になるのです。
その数万から、私の勘違いか、思い違いで貸し金庫と火災保険料をカミさんの「りそなの口座」に入金したので、残高が足りなくなったのが真相なのです。

この件に関しては、今週月曜日に銀行に行き解決済みですが・・・
今後、考えなくてはいけないこと、対処、対応が必要なことは今回は、私が健在で、銀行のことも、資産状況に関するパソコン内の処理も全て解っていますが、私が逝った後を考えると、そろそろ、手をうつ時が来たのでは、今回の「保険料口座振替再請求」は良いきっかけになるやも知れません。

考えてみれば、
マンション管理費
電話
ガス
水道
新聞
NHK
携帯電話
国民健康保険  全て私の名義で契約、私の名義の銀行口座やクレジットカードから落としているのです。
昔、結婚し、二人で住むようになってから、何度引っ越しをしたでしょう。
現在の鎌倉で5件目、引っ越すたびに色々な申請、書類、手続きの度に私の名前、私のハンコ、私の口座でやってきていました。
数字や書類作成、パソコンが苦手なカミさんは、当然私がやるものだと思っていましたし、日本では世帯主という言葉、慣習があり男がするのが当たり前だったのかも知れませんが・・・
しかし、お互いに70代になる今、私が何もせずに、ほっくり逝ったらパニック、ゆっくり長期でダラダラでもボケたらそれも大変、お金の支払い、振替だけではなく、いつかは契約者は
残る人・・・女性・妻・カミさんにしなくてはならないのでしょう。

今回の火災保険、口座残高不足という事態は勉強になりました。
では、何時から実務的な対応をするべきか・・・まだ早い・・・なんて思っていてはいけないのかもしれません。
posted by 西沢 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月23日

古稀を迎えたカミさんが興味を示す話題・記事.

今年、古稀70才の誕生日を迎えた我が家のカミさんが珍しく週刊誌を買ってきました。
これまでですと、カミさんが買ってくる本は、婦人公論・ゆうゆうといったシニア女性向けの雜誌、趣味の手芸雑誌、或いは「垣谷美雨」の文庫本なのですが、手にしていたのは、あの「週刊現代」なのです。

「あれ、「週刊現代」は新聞の広告見出しを見れば、内容は想像できるでしょうに」と私
「そう、解ってるけど、A子ちゃんに読むようにと渡す為に買ってきたの、520円もするのね」
「お友達のA子ちゃんに、どうして、何の記事」と私
「だってあの人、何にも考えていないんだもん、他人事だけど、心配になるわ」
「本当は今、評判の林真理子の小説8050を読みたいんだけど2000円するし・・・」
「林真理子の旦那って、元同じ業界の人間で一度すれ違ったことがあるよ」
「すれ違った程度じゃ、本は貰えないわよね」
「8050って80代の親の元で暮らす、50代の未婚、非正規男子の親の終末介護の話でしょ」
「うーん、近いけど違う、まだ8050には遠く現実的ではないけど、近い将来そうなりうる50代の親と、ひきこもる30代の子どもの話のよう」
「ふーん、買ったら。旅行へも行けないでお小遣いが余っているのだろうから」




ブログのテーマは、70代・80代のA子ちゃんご夫婦のお話
A子ちゃんは私も会ったことがあり、かなり良く知っています。
カミさんが料理が苦手、嫌いなことを知っているA子ちゃんは、大量に造った「おでん」や「稲荷ずし」や「ロールキャベツ」をわざわざ車で我が家まで持ってきてくれる、元学校給食のおばさんをしていた人なんです。

ご主人は元一部上場企業にお勤めの方で、私たちが「それって二ヶ月分の年金額」と聞き直すほどの額を毎月分として受け取っている恵まれた環境の方なのですが、貧乏年金世帯の我が家のカミさんが心配するほど、先のことは全く考えないで、バンバンとお金を使い、「貯金なんてほとんどないわよ」と云っているという豪快なおばさんなのです。

「そのA子ちゃんに、何を云いたいの、何の記事を見せると云うの」
カミさんの話によると・・・
「A子ちゃんのご主人は今、80才ぐらい、5年前に人身事故をおこしたことがキッカケで、痴呆症を発症したみたいで、週に3日はデーケアセンター、週一程度でお泊りサービスを利用しているみたい。
今はご主人の年金とA子ちゃんが給食のおばさんとして働いていた時の年金があるから、相当余裕のある生活が出来ているけど、ご主人が亡くなったら大変よ、あのA子ちゃんの今のやり方だと破綻するのが目に見えているわ」

A子ちゃんの家庭の様子は、少しは漏れ聞いています。
二人のお嬢さんがいて、長女は数年前嫁いて外にでていますが、次女は若くして結婚し、数年前にA子ちゃんの手で離婚させられ、戻って来ています。
次女の結婚相手は稼ぎが少なく、これまで家を建てる時や、子供の教育費などかなり金額をつぎ込んで来たのですが、次女の旦那の失業とか、働く意欲、ローンの返済能力などを考え、まだローンの残っている家を売払って離婚させて、次女と二人の子供をA子ちゃんは引き取ったのです。
次女と子供二人を受け入れるために、A子ちゃんはかなり金額を費やして家のリフォームをしたようで、すっからかんと云ってました。
それでも、ご主人との年金を合わせると、後期高齢者でも健康保険負担は二割といいますから、かなり裕福な年金かあるので、別に焦る必要ないようです。
さて、その次女は母親に強引に離婚させられたという思いもあってか、安いパートにでて家事・育児は全くせず、今年後期高齢者になるA子ちゃんが、子供面倒を見て、子供の教育費・習い事・塾の月謝など全て、朝から晩まで外と家のなかを切り盛りしているそうです。

カミさんがA子ちゃんに伝えたいことは、
全て今回の週間現代の特集記事の内容からです。


1,遺族年金について
「ご主人が亡くなった後の年金金額が幾らぐらいになるか知っている」と聞くと
「そんなこと、考えたことない、今の2/3ぐらいにはなるでしょ」
「2/3にはならないのよ、ご主人の基礎年金を引いた額の2/3と思ったほうがいいわ」
「具体的に幾らになるか年金事務所に聞きにいけば教えてくれるの」
「A子ちゃんが行ったって教えてくれない、ご主人本人でないと」
「それじゃ無理だ」

2,銀行口座について
「お金の出し入れ、銀行はどうしてるの」
「出しはあるけど、入れはないは」
「もし、ご主人が亡くなっら、ご主人の銀行通帳からA子ちゃんは下ろせなくなるのよ」
「よく聞く話だけど、今のうちに下ろしておけってこと?」
「ご主人が認知症だということ、銀行は知っているの」
「知らないとおもうわ」
「銀行は口座名義人が認知症としると、口座凍結できるのよ」
「どうしたらいいの」
「いまのうちに、銀行へ行って「代理人指名手続き」をすること」
「そして法定後見人制度はあるけど、注意して、ほんの少しでも必要なお金を引き出すには認証が必要だし、お金もかかるらしいわ」

3,遺言状について
「万が一でまだ早いかも知れないけど、ご主人遺言書書いてあるの」
「ないでしょ、だって財産なんて、この家くらいしかないから、別に相続問題なんてないわ」
「でも、遺言がないと妻が50%、二人の子供が25、25って知ってるわよね」
「二人の娘が、そんな要求することはないわよ、特に下の娘には家を建てる時にかなり援助したし、別れる時だって相当使っているわ」
「それと、遺産相続は別、あくまでも法的な権利を要求する子だっているのょ」
「長女はいいところに嫁いでいるから、いらないと云うとおもうけど」
「お父さん、認知症だと知られているから、自筆遺言書は無理ね、どこかちゃんとした弁護士事務所に相談しておいたほうが良いわよ」
「A子ちゃんはどうしているの、あなたの遺言書は」
「そんなの心配してないわ、家って財産ないし」
「今はそうかも知れないけど、貴方が死んだら今の家、長女と次女で相続するのよ」
「長女のとこは、お金持ちだからきつといらないと云うとおもうけど」
「でも、それは分からないわよ、人間その時になってみないと」
「私、そんな面倒くさいの嫌いだから、いいの」
「とにかく、自筆遺言状って結構シビアで、例えば自宅を相続と書いても無効なんだって、具体的に不動産登記簿に記載されている住所・番地までかかないと有効とみなされないだって、そして名前にしても、ご主人の戸籍上にある難しい漢字のみのるさんの實(みのる)を通常使っている実(みのる)と書いても無効なんだって。
そしてその遺言書を相続人がかってに開けはいけなくて、裁判所で開けないと無効になることもあるんだって」
「そんな面倒くさいの、銀行のサービスでやってもらうは」
「手数料として、相続財産の何%かは覚悟してね」



4,ケアマネージャーについて
「今のケアマネージャーさん、どう、よくやってくれる」
「うん、まーよくやってくれているとおもうけど」
「ケアマネさん、どこの人、何処の紹介?」
「知らない、お世話になっているデーサービスホームの人なんでしょ」
「この雑誌や、私の友人のケアマネによると、介護サービスはケアマネージャーによって大きく変わるから、不満や不安があったらどんどんと要求し、変わってもらっても結構だそうよ」
「私、そんな知り合いいないもん」
「市役所介護保険課や地域包括センターで紹介してくれるわ、原則として、どこかのホームや施設に雇われているケアマネよりも、紐付きではない人のほうが良いのだけど、ケアマネだけで独立してやっている人は少ないのが現実ね」

私はカミさんに、
「いろいろアババイスもいいけど、深入りしないほうがいいよ」
「特にお金に関係するお話は」と。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月21日

コロナワクチン接種の受付電話が何故ナビダイヤルのみだけなのか

5月17日から65才以上の高齢者対象のコロナワクチン接種の受付が開始されました。
Lineで予約、web予約、電話予約の三通り用意されており、団塊世代の私達は当然ながら、一番簡単、慣れているパソコンによるweb予約です。
当日、予約権争奪奮闘記は19日のブログで書いております。
私の分は多少のミスもありましたが、9時6分に終わり、カミさんの分もと思ってチャレンジし、入力を終えてエンターしましたが、予約完了せずに、今回のワクチン枠は全て完了とのメッセージ、時間は9時8分でした。
次の予約受付開始日は、6月17日とのこと、一体、鎌倉市は一ヶ月どのくらいの接種を予定しているのでしょうか。




この日の午後、カミさんの携帯のラインはピコピコと鳴りっぱなしでした。
話の内容は、この日のワクチン予約の話題で盛り上がっています。
午後3時ごろでも、お友達のなかではコールセンターに電話していて、つながらないと云うし、他のお友達は200回で繋がり予約できたと云う・・・
私は、ちょっと待って、鎌倉市の今回分は9時8分で終了している、まだ電話受付してるって変じゃない。
もしかすると、ネット受付枠と、電話受付枠は別なんだろうか・・・?
そして4時頃、自宅近くの防災無線から、本日のコロナ接種受付は終了しましたと、アナウンスが流れていました。

ネットと電話の受付枠は違うのか?
翌日、鎌倉市に問い合わせするとこにして、ネットで検索すると問い合わせ電話番号がありました。
鎌倉市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター 0570-001-228 「電話予約」と同じです。
電話は、65才以上無料通話契約の携帯からてすが、呼び出しと共に、「ナビダイヤルでおつなぎします。●●秒ごとに、およそ●●円でご利用いただけます」
とでます、「これはあの悪名高い、詐欺まがいのナビダイヤル」だと、即座切りました。
恐らくですが、仮に通じて受話器の先の相手に「ネットと電話の受付枠は違うのか?」と問うても、答えないでしょう。
答えたくてもその人は知らないのです、何故かというと鎌倉市の担当者ではなく、日本の何処か(海外かもしれませんが)にあるコールセンターの臨時職員人だからです。

そもそもナビダイヤルとはなにか?

・ナビダイヤルとは、NTTコミュニケーションズ(株)のサービスを利用した「0570」で始まる電話番号です。
・ナビダイヤルにおかけいただく場合の通話料金は、発信者様のご負担となります。
 電話をお繋ぎする前に通話料金の目安をガイダンスでお知らせします。
・携帯電話、PHSからもご利用いただけますが、各携帯電話の無料通話分、カケホーダイなどの定額通話分の対象外になりますので、ご了承ください。
・IP電話、一部携帯電話からは受付できないことがございます。ご契約業者に接続可能かどうかご確認ください。



なんで、コロナワクチン接種予約がナビダイヤルなのか
NTTコミュニケーションズによる利点の説明は



全国複数の拠点・オフィスの電話番号を統一して受付したり、受付用途別に番号の使い分けもできます。
企業側の電話回線工事・準備は不要で、短納期構築できる。
電話受付をコントロールするオプション機能も充実しており受付業務の効率化やお客さま窓口設置を検討される企業さまに数多くご利用いただいています。



そうなんです。一度に多くの、一時的な需要の場合、受付する側は回線数を増やしたりの工事や、機器の増設が必要ですが、NTTコミュニケーションズのシステムを利用することで、簡単に受付体制が出来る上、コールセンターの人員の配置までやってくれます。
有料の通話料金はこれらのシステムやコールセンターの人員の費用に当てられ、企業の負担はすくなるので、ほぼ全国の大企業では使われているシステムですが、電話申し込みする側からすると、「ちょつとおかしいじゃない?」となります。


というのも、「ナビダイヤルでおつなぎします」「この通話は20秒ごとに、およそ10円の通話料金でご利用いただけます」「担当者におつなぎしますので、しばらくお待ちください。
なお、この通話は電話応対の品質向上とお問い合わせ内容の確認ため録音しております。ご了承ください」
このようなアナウンスを聞いている時間や、オペレーターへ接続するための待ち時間も通話料が発生しています。

今回の場合、高齢者のほとんどは、通話料無料、かけ放題プランの携帯を利用しており、無料だとおもい、ずつと繋がるまで待ち続けているケースも多いと思われます。200回でやっと予約できたと云う方の場合、かなり高額な請求がよく翌々月くると思いますが、クレジット支払いなので、気が付かないことも多いでしよう。
今回のつながらないナビダイヤルの場合、固定電話、平日昼間3分9.18円〜22.5秒10.8円のほうが安くなります。
忘れては行けないのは、アナウンスを聞いている時間や、オペレーターへ接続するための待ち時間も通話料が発生していることです。

これを考えますと、やはりパソコンによるweb予約が一番、簡単、確実、無料でしよう。
来月6月17日、カミさんの分の予約を完了させて、この新型コロナウイルスワタクチン接種騒動を終え、二人して接種を終えたら旅に出よう。

鎌倉市の5月17日の実施したワクチン接種について、5月21日タウン誌が詳しく報道していました。記事の内容については、本サイトの「みんなの掲示板」に投稿しています。
https://www.kikuya-rental.com/bbs/?owner_name=2438
掲示板へのログインは「kmkr」のパスワードが必要です。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月19日

コロナウイルスワクチン接種予約争奪戦奮闘記

5月17日はゴールデンウィークに予定していた、黒部アルペンルートの旅の天気予報が悪く、私の信頼厚いさる天気予報サイトでは、17,18日の晴天率が90%と表示されていたのですが、17日が鎌倉市の65才以上の一般高齢者のワクチン接種予約受け付け日と知り、急遽、室堂の「雪の大谷」あきらめ、秋の紅葉シーズンまで延期として、この日は空けておきました。

※どちらにしろ、異常気象、観測史上最速の早さでの梅雨入り間近ですから行けなかったのですが・・・

この一般的な高齢者ワクチン接種の前に、他の自治体では75才以上の高齢者とか、80才以上とかiに区切っての接種予約の情報が、趣味のクラブのZOOM例会で紹介されていました。
メールアドレスとかパスワードの設定とか、通常、よくあるメンバー・会員登録のような仕様についてですが、私は現役時代、このようなweb上での予約管理をする為の双方向基本言語CGIをやっていましたので、ごく当たり前に必要な入力項目があるのは当然と考えていました。

実際には、このワクチン接種事業は各自治体単位によるためなのかに、先週知り得た横浜市の仕様・情報はあてになりませんでした。
鎌倉の場合
1,メールアドレスは必須ではありませんでした。
 マイページなどの後日連絡用に必要なだけでした。
 予約完了しても、自分の登録したメルアドには何も届いていませんでした。
 いわゆる一般的な完了メールはないのです。
2,パスワードも必要ありませんでした。
 一般的にはメルアド・電話番号・パスワードは、本人確認、認証の為に必要なのでしょうが、
  自治体が持っている戸籍上データ、生年月日のみで特定しているようです。
 1,2について、他の自治体も同じかどうか分かりませんが、65歳以上の高齢者の間では、
 メールアドレスを持っていない人がいても、不思議でありません
 今回の場合、後からよく見ると任意と書いてありました
3,CGIでよくあるケース 漢字は不可
 氏名は漢字での入力は、受け付けてませんでした。カタカナだけでした。
 入力画面をよくみると、カタカナと書いてあります。
 最終的にOK、エンターを押してから、初めてエラー入力が表示されるのです。
 これは、秒を争う入力では致命的なミスとなります。
 入力時にエラー表示してよ。
4、会場の選択、日時の決定
 鎌倉の場合、何箇所の会場の選択ができ、選択後その入力時点の空いている時間帯か
 表示されます。
 場所と時間帯を選択し、見直してOK、予約エンターを押すと、「予約できませんでした」
 と表示されました。
 なんで、今、空いていたではないか、・・・そうんなです、空いている、会場、時間帯
 を選んでいる間に、ラインよりの予約でどんどんと埋まっていっているのです。

 もう一度、マイページから最スタートしなくてはなりませんでした。
 最終的に予約完了画面が出るまでに、3回かかりました。
 時間にして、9時00分00秒スタートして、予約完了まで6分44秒でした。
 私の分が終わってから、ダメ元でカミさんの予約をしようと9時7分台で、チャレンジ
 しましたが、当然、マイページ登録もできませんでした。

これらは、事前に聞いていましたお隣の横浜市とはかなり違うようで、システム開発も別業者のようです。あるいはお聞きした横浜の方の勘違いかもしれませんが。
確かに、お年寄り、高齢者の多い鎌倉の場合、メールアドレスの入力やパスワードの設定を求める必要はなく、生年月日と連絡用電話番号でも良いのではと思われます。
さて、今回の予約で取れなかったカミさんの分は6月17日の9時00分から再開です。
ここで、このように予約アクセスが集中するwebサイトの予約・入力の基本をご紹介します。

1,手入力の手間を省く
 相手が求める自分の情報をいちいち手入力打っていたら、遅れ、間違います。
 ほぼ入力必要事項を予測し、メモ帳に事前に入力し、コピ・ペで入力します。
 名前の場合、漢字モード。ひらがなモード、カタカナモードを事前に用意しておきます。
 次回の場合はカタカナだけを用意します。
 メールアドレス、パスワード(10文字程度、英数・大文字・小文字混ぜたもの)、8文字
 以下は安全考慮して使わない。でも次回の場合 必要なし
 生年月日は基本は西暦で用意しておく 

2,重要、パソコンの時計を秒表示しておく

win10の場合、タスクバーの時計の秒表示はできませんので、この時だけ右端したの時計の上で左クリックすると、カレンダーの上部に時間・分・秒が表示されます。

ときには、PCの時計をグリニッジ標準にすると説明しているサイトも見受けられますが、これは運営しているサーバーが置かれている国に合わせる言う意味で、国内のチケット予約ではその必要はありません。
ただし、この時だけは秒表示が成否を分けます。


3,鎌倉市のサイトの場合
 9時00分前でも、予約サイトには入れます。予約出来ないだけの話です。
 如何に、入力をスムーズに入力して、最終予約完了までいくには、
 ・サイトURLをブックマークして、何時でも入れる状態にしておく
 ・時間前でも入力可能な欄は全て入力しておく
 ・前述のように必要事項は全て事前にメモ帳に書いて、最小化しておく
  ワードやエクセルはアプリを立ち上げる時間が無駄、或いは文字がプレーンではなく
 装飾されていることがあり、不適。
 ・8時59分40秒にはサイトを立ち上げ、50秒から9,8,7とカウントダウンし1でクリック
  する、0では遅い。

次の6月17日はきっとカミさんの分も予約出来るできると思います。
この混み合う、短時間で夫婦ふたり分の予約を取るためには、端末一台では難しいでしょう、一人分をおよそ3分以内ですませても次の一人を終わらすに後3分として、次回は幾らか空いているかも知れませんが、かなり厳しく、事前にパソコン2台並べてスタンバっている状態を造って神業的に2台のパソコン
を操作、入力出来れば、二人分同時に出来るのかも知れませんね。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月17日

認知症の父の視点で描く、老いの喪失と親子愛。映画「ファーザー」

最近のハリウッドの映画祭の受賞作品は、昔のような壮大な予算・人員、スケールの作品ではなく、他の外国の映画祭のような、大衆的であっても知的好奇心、道徳心を揺さぶるような社会派の作品が選ばれる傾向が強くなってきています。

アメリカの底辺で働く、ホームレスではなく「ハウスレス」の季節労働者を描いた「ノマドランド」が作品賞グランプリを獲得したり、韓国からの新移住者を描いた「ミナリ」の韓国女優が助演女優賞を得るなど、どちらかというと、全米の映画館で展開上映する商業娯楽映画ではなく、映画人たちの間でのこれは、見てほしいと社会に訴えるための映画祭のようになってきています。

そして、今回のアカデミー主運男優賞は映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンスが獲得しました。ホプキンスは、「羊たちの沈黙」(1991)の殺人鬼ハンニバル・レクター役を怪演してアカデミー主演男優賞を受賞して、今回が二度目の受賞です。

日本の興行映画界では、この前評判はあまり高くなかった、どちらかという「認知症の父親」と云うマイナーなテーマの映画に関心がなかったようでアカデミー賞発表の4月25日以前では、上映館の情報は全くありませんでした。
そして受賞が決定して関東地方の映画館での上映は5月14日と三週間も時間が経っての上映です。
その上映館も私が何時も行く109シネマ系ではたったの1館のみ、テラスモール湘南でした。
神奈川は他にTOHOシネマが強く4館と、シネチッタ川崎とキノシネマみなとみらいの2館などの映画好きが集まる上映館のみでした。

悲惨なのは東京です
東京は緊急事態宣言が出されているのが理由かしりませんが、渋谷BUNKAMURAと立川キノシネマの2館のみのようです。

ストーリーは

ロンドンで独り暮らしを送る81歳のアンソニーは記憶が薄れ始めていたが、娘のアンが手配する介護人を拒否していた。
そんな中、アンから新しい恋人とパリで暮らすと告げられショックを受ける。
だが、それが事実なら、アンソニーの自宅に突然現れ、アンと結婚して10年以上になると語る、この見知らぬ男は誰だ?
なぜ彼はここが自分とアンの家だと主張するのか?ひょっとして財産を奪う気か?
そして、アンソニーのもう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか?
現実と幻想の境界が崩れていく中、最後にアンソニーがたどり着いた〈真実〉とは─


主な登場人物は、主人公の認知症の80代の男性アンソニーと介護をする娘アンの二人、とその他のヘルパー等数人だけです。
この映画を見て終わって、私は初めて認知症とはどういう病気であるのかを初めて理解しました。

これまでに、私の父・母が晩年認知症を患い、見舞いに訪れた時、母が私の妻(カミさん)を見て、どちら様ですか、挨拶したことかがありました。
兄の晩年72才の時、兄弟最後の思い出づくり旅行の温泉の湯船りなかで、やはり軽い認知症の傾向があった兄は、私にどちらから来たのですか?と問い、私は「鎌倉からです」と答えると、兄は「私の弟も鎌倉に住んでいるんです」と云い、かなりショックでした。
私は、こんな程度の年に数度の接触でうろたえ、ショックを感じていたのですが、実際に一緒に生活を共にしていた兄夫婦は、弟夫婦にも言えない様々な苦労、葛藤があったのだろうと、今更ながら察してます。

これまでに認知症を発症した人の映画は見たことがありますが、それらは全て、廻りの介護をする立場の人からの視線で描かれていたようです。
この映画は、認知症本人の意識・頭の中からの映像や記憶が中心にあります。
ですから、映画をみる観客は最初ストーリー的にかなり戸惑うことになりますが、徐々にそれは、認知症本人が見ている、考えている世界なのだと気がついてストーリーは進んでいきます。
自分の家のなか、ドアー、洗面所、家から見える外の風景、登場してくる娘、娘の夫と云う男、次々に変わるヘルパーの女性、過去なのか、現在なのか
真実なのか、幻想なのか・・・・

私はこの映画を見て解りました
認知症の根底にあるものは何かを、それは不安なのです
娘ゃヘルパーと話して、接して、自分が見ていること、感じていることが実は真実ではないのかもしれない、今みているのは過去なのかも知れない、という不安が常に付きまとうのです。
そして、主人公は「自分の家に帰りたい」「自分のベッド」「自分の居場所」「一番落ち着く場所へ」と云うのです。
これは、私も実の母で経験しました。
実家に帰った時に、兄は母を連れて、実の娘の家へ連れて行ったことがあります。
母は暫く、久しぶりの実の娘と歓談し落ち着いていたのですが、20分ほどすると、帰る、帰りたいと愚図りだしました。
ここはネーサンの家だから、ゆっくりと孫の写真でも見て、夕飯の支度もしてあるから・・と云っても泣き出しそうになり、帰る、帰りたいと云い出したのをこの映画を見て解りました。母は不安だったのです。

不安のない場所、それが実家?・・・否、本当にそうだったのか、あの実家は、父と母が50才を過ぎて市内郊外の新興住宅地に建てた家です。
本当に帰りたかったのは、市内繁華街で小さな八百屋を営んでいたあの、家ではなかったのではないだろうか?
病弱な夫とすごした家、貧困のなか、四人の子供を育て上げたあの、六畳と三畳二間の家、あの花街の小さな路地の奥の風景・・・
或いはもっと遡って、父と結婚する前の東京の街、そしてどんどんと記憶は遡り、村と呼ばれていた郊外の神社、小学校、たんぼの風景へ

この映画でも、80才の主人公の記憶は、現在の老人ホームの部屋から、「私のフラット」と記憶にある部屋、洗面所、窓の外の公園の風景に移り、交通事故でなくなったお気に入りの次女から、最後は「ママの胸」と落ち着き先を辿るのです。

いい映画でした。
もし、私が家系が示すように、認知症の家系だったら、いつかこのブログを読み返して見ようと思っています。
でもその時に、この映画のことも、ブログのことも思い出せるかどうかは借りませんが。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月15日

ウィズコロナの生活 久しぶりに人と会うということ

2021年というは、自分の人生での節目、或いは忘れられない出来事の年かも知れないと最近思うようになってきています。
先週の日曜日、趣味のクラブの月に一度の「Z00M月例会」が行われました。
もう何ヶ月も会っていない趣味の仲間のひとたちです。
この新型コロナウイルス「COVID-19」以前は月に一度、公共施設の会議の場をお借りして、一ヶ月に撮影した動画を披露したり、日進月歩で劇的に進むデジタル技術、アニメーション動画の知識に触れたりの、一種の大人の「ビデオ動画オタク」たちが、心置きなく、遠慮なく、共通の趣味について語りあえる時間と場所であり、例会後の現役時代のような、月に一度の「軽くいっぱい」を愉しみにしている仲間も多かったのですが、ここ1年は、パソコンのなかの「Z00M月例会」が続いています。



この席でお一人、私が目標としていた先輩(今年後期高齢者となったのかな?)が語っていた言葉が身に沁みました。
現在、公団マンションにお一人暮らしの方です。
一日、誰とも会話のない日が続いている。と云います。

特にコロナ禍の影響と云う訳でもなく、近年、齢をとるに従い社会との接点が少なくなってきていると云います。
毎日、買い物に駅近くの商店街、スーパーにいく程度だが、店員との会話もなく、セルフレジで支払いをすませて帰宅するだけの毎日、コロナ禍以前は長年の趣味の世界の仲間や元会社同期との定期的な会合があったりしたが、今やリアルな接触・会話はない。
数日、自分の口から言葉として発する日がないことに気づくこともあると云います。

この先輩の言葉は昨年の「ダイヤモンド・プリンセス」あたりから実感し始めました。
1,私が古稀と云う昔ながら年齢の節目を迎えた年
2,リタイヤ後の生活スケジュールの大きなウェイトであったNPO活動を卒業した年
3,新型コロナウイルスの蔓延が始まった年


この3つが揃ったことにより、私達団塊退職者世代の生活様式は大きく変わったのではないかと思います。
現役社会人と違って、特段、外との接触をしなくても退職者世代は、家に巣ごもり状態でも、とりあえず、十分ではないかもしれませんが、公的・私的年金で生活はしていけます。

高齢者は社会から孤立すると云われますが、少なくともある程度の余裕のある団塊世代は、パソコン・メディア報道の情報の受け手としては、近い場所におりこれまで、積極的に地域コミュニティとの接触も図ってきてもおり、社会的に孤立しているとは思ってはいませんでをした。

暇なら自由に海外・国内へ出かけることも、映画にもライブにも、スポーツ観戦にでも行くことが出来ましたが、ここ一年半、自粛・自制という予定言葉に縛られています。
法的罰則のない、政府・自治体の自粛要請だから、やりたいように、行きたい所へ、生きたいようにすれば良いのかもしれませんが、万・万が一、自分が新型コロナウイルス感染した時の自分の体、健康には全く自信がありませんし、家族・地元コミュニティに対する迷惑を先に考えてしまいます。

人は一人では生きていけない・・・特に老後の人生では
この一年、この言葉を噛み締めています。
自宅・書斎のパソコン机の前には小さな卓上カレンダーがあり、部屋には大きな海外の絶景カレンダーがあります。
退職直後はこのカレンダーの空白が一種の恐怖でした。
なにもすることのない日があるなんて・・・
そして、遮二無二にこの空白の日を埋めることに邁進し、予定が入っていくのを目にして、定年後の生活、ライフに充実感を感じていました。
70才を越して、地元地域ボランティアを卒業し、活動範囲を縮小しても、自分の自由な時間が増えるだけ、「何も心配ないさ」と思っていましたが、この新型コロナウイルス「COVID-19」は、私のカレンダー予定を真っ白にしてしまいました。
現在のカレンダーの予定に記入されているのはzoom例会の日、サポート団体会議の日、ワクチン予約日と木曜日のラケットテニスの日だけです。
出来れば、この5月のカレンダーには二箇所ぐらいの国内旅行旅先を記入したいのですが、もう少し我慢しています。

相談窓口 自治体・行政の組織 地域つながり課
各自治体には、名称は違いますが、市民とコミュニテイのつなげる、連携をとる部署があります。
私が昨年まで、広報業務担当していました、市のボランティアセンターを運営する指定管理組織、寄付金控除認定NPOなどと連携を取り、コミュニテイの活性化、市民活動ボランティアへの紹介などをしている部署がかならずあります。
ほとんどの市町村では、「社会福祉協議会」略称「社協」があり、ここで福祉・医療・高齢者などサポートを行っています。

でも、「暇だから、社会と孤立したくないから」との相談に乗ってくれるかは疑問です。
せいぜい、市内にはこんな組織、団体、NPOがありますと紹介してくれるにとどまると思います。
例 鎌倉市の場合 http://npo-kama.sakura.ne.jp/ce/membersearch/membersearch.html
分野別にご相談いただける団体を紹介しています。
 ・まちづくりの推進 ・自然環境 ・子どもの健全育成 ・人権・国際協力 ・観光
 ・文化・芸術・スポーツ ・生活環境・情報 ・保健・医療・福祉 
・NPO活動団体への助言・支援
これらは団体はどちらかというと、支援・サポートにまわる側です。

困って、助けて欲しい、支援が必要な場合は「社協」です。
例 鎌倉市の場合 https://www.kamakura-shakyo.jp/index.html 
昔ながらの地元コミュニティのしがらみだらけの地縁・血縁の組織が多いです。

いずれにしても、古稀を過ぎ、暇を持て余し、ある程度の公的年金の収入のある団塊世代のオジサンの悩み・相談「毎日暇だ、行くところがない、今日は誰とも会話していない、ネットサーフィンしている毎日だ」そんな相談・悩みに真剣に乗ってくれるところは、先ず、ないでしょう。

戦後、何十年たっても、リタイヤ世代の老後後半の人生のつぶやきは変わらないのでしょう。
でも、不思議なことに「女性」「老婦人」からそんな言葉はあまり聞こえてこないのは、どうしたことなのでしょうか。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年05月13日

退職後18年を迎えて、そろそろ色々なものが壊れ始める

キッチンで大きな物音と、カミさんの叫び声が・・・
行ってみると、電気炊飯器が床に転がっています。

我が家は、リビングもそうですがキッチンも、普段何も置いておかない、見えないようにしている、他人から見るとまるでモデルルームのような生活感が感じられないような空間を心がけている・・というより子供のいない家庭なんてそんなものなのでしょう。

ですから、全ての什器・電化製品は普段は戸棚の中に収納されているので、使う度に出す手間がかかります。
別に、他人が来ることもない二人だけの生活なのですから、出しっぱなしでも、多少散らかっていてもいいと私は思うのですが、どうもカミさんの性格上許せないようです。
この時も、戸棚の奥に隠れている炊飯器を引っ張り出そうとして、床にに落としてしまったようです。
見に行くと、炊飯器の取っ手が外れ、炊飯器の外側プラスチック容器部分が破損し、内釜が転がっていました。
無理して、使えないことはないのですが、もう横浜から引っ越してきて18年にもなるので、寿命とあきらめて、新しい三合炊き炊飯器を買うことにしました。

そう、退職後ここに越して来て18年目です。

21年住んだ、横浜の集合住宅から引っ越す時に、それまで使っていた家電・家具・什器類は全て処分しました。
唯一持ってきたのは、リビングの照明器具と、ベッドだけでした。

照明器具は21年前に新居に越してきた時に、厳選した木目デザインの当時の松下の一級品で気に入っていたもので、照明器具の流行り・廃れもないし、20年で壊れる、劣化するような性質の電気器具でもないと考えた結果でした。
しかし、それは間違いでした、蛍光灯器具類のトランスやコンデンサーの耐用年数は以外と短く、数年前にLEDに交換しました

ベッドはアパートの畳生活から横浜の新居集合住宅に移る時に、大奮発してデパートの家具売り場でシモンズを購入しました。
それは、若い時代に海外で暮らし、ベッドとベッドマットが如何に大切かを経験していたからです。ベッドは素人でも解体・組み立て可能なタイプで、マットは当時、最低50年は保証と言葉を信じて購入したもので、38年経ってもマットはしつかりとしています。

テレビはまだ地デジという話が現実的でなかったので、ブラウン管TVでしたが、地デジへ対応の時に全てデジタル対応に買い替えました。
その他の家電品・電化製品は18年前と同じまま使い続けています。
エアコン・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・ミシンもアイロンもラジオも・・・
昭和生まれの団塊世代、それもエンジニア業界にいたオジサン達は、日本の電気技術・レベルに圧倒的な信頼を持っています。
車のように動くものではない、据え置き形の電化製品はそんなに簡単に壊れる訳はないと信じているのです。

我が家の冷蔵庫は未だ2ドアー冷蔵庫です。
シニア二人暮らし、あまり食生活にうるさくも、拘りもない二人生活でしは、チルド室も野菜専用室も必要ないのです。
コンビニもスーパーもホットモットも100m以内にある環境では、2ドア冷蔵庫で十分なのです。
電子レンジに至っては、色々な機能はいりません、温まれば良いのです。

エフコンの内部清掃のCMがテレビで流れており、結構な金額が云われていますが、我が家では一度もやったことはありません。
一年、ひと夏に10日使うか使わないエアコンの熱交換器にそんな目づまりを起こすほど使っていませんし、毎年使う前にフィルターを水洗いしていればあんな真っ黒な汚れた水がでてくるハズはないのです。
あれは、全く日常的に手入れ・清掃をしていない、そして、冷房・暖房を年間、一日中つけている家庭の場合のお話なんです。

ガス給湯器はどうなのか?

ガスは知識がないのでなんともし難いのですが、東京ガスはガス給湯の交換時期を10年から15年と云ってます。
以前住んでいた横浜の共同住宅群は、全て電化で給湯もセントラルでしたからガスはありませんでした。
ここでは、給湯もお風呂も床暖房もガスですから、故障・ダウンした時のダメージは大きいのですが、何度も書きますが、昭和のエンジニア出身のオジサンに云わせてもらうと、生活インフラに欠かせない、水・電気・ガスの機器が10年程度の耐用年数なんてあり得ない・・・のです。
ガス給湯器の故障で全て一括して入れ替える必要が何処にあるのか?、
電子機器の故障なら部材単体あるいは、パネルキツトの交換で2時間で済むはずです。
なんで、半日・一日かけて、総取っ替え、バルブまで取り替えし、古い給湯器の廃棄処分費まで負担しなくてならないのか?
18年目の今、別に壊れてはいませんが、いつもそう思っています。

電気製品は分かりますが・・・
なんで我が家の什器、食器、瀬戸物はどんどんと数が減っていくのか?

我が家は食事の準備はカミさんですが、食後の洗い物は基本的には私です。
食器にしても、原則・基本的には二人暮らしで、人を家に招待するのが嫌いなカミさんですから、食器は二組あれば十分。でも小皿とグラスとかは以前はセットであったものが、どんどんと失くなっていくのです。
私が洗い物で壊したり、割ったりした覚えはないので、カミさんに聞くと「形あるもの壊れる、なくなる」「いちいち、うるさい」「聞くな」と云うのでそれ以上聞きませんが、壊れたものどうしているのでしょう。

ゴミ捨て係はカミさんですが、分別・出しかたについては私の担当です。

例えば、今回カミさんが落として壊した炊飯器の出し方ですが、壊れた炊飯器家電を出す日ではなく、本体は「製品プラスチック」を出す日で、炊飯器のお釜は危険物の日です。
ネットで鎌倉市のクリーンセンターのサイトを調べれば、あいうえ順に丁寧に出し方などが出ています。
ちなみに、この日までカミさんは「製品プラスチック」というゴミの種別を知りませんでした。
すると、お風呂の蓋の古いのを捨てられずいたけど出せるかしら、と云うので調べると、50Cmをこえていても、「製品プラスチック」の日に裸で出せると書いてありました。
市民には分かりにくい、肝心なことが書いてない鎌倉市のホームページですが、このクリーンセンターのページだけはブークマークをつけております。

ものは徐々に壊れていきます。
今まではそんなことは当たり前で考えもしませんでしたが、最近は何時までこれらの家庭内の機器は修理・交換せずに持つのか?
幾らぐらいだったら修理するのか、諦めるのか?
何歳までなら修理交換する余力が残されているか?
考えるようになっています。
こんな話を友人にすると、マンションに住んでする人は分からないだろうけど、戸建てに住んでいる我々、リタイヤ世代はづっと家のことで思い悩んでいるんだよ、住もうとすれば、このままでも住めるけど・・・難しい問題さ。
確かに、それは言える、想像つく。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ