CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月31日

70歳過ぎたら、やめること、捨てること、離れること

55歳で早期退職し、webエンジニア講座受講後の卒業制作としてホームページ作成が課せられ、テーマを「定年後の過ごし方」として同じ団塊世代をターゲットとしたサイトを立ち上げました。
あれから18年「団塊世代の定年後の過ごし方と海外ロングステイ」のサイトはある意味で役割を終えてきていると実感しています。
このサイトの読者ターゲットは、これから定年を迎える世代と、退職後直後の方々向けでした。
世の中のマスメディアは大量退職していく「団塊世代」をとりあげる機会も多く、良につけ、悪しきにつけ私達の世代は主役でした。
しかし、その団塊世代は今年2021年、74、73、72歳になり、主役から少しずつフェードアウトしていく運命にあります。

またも週刊現代

ここに何度も取り上げている、男性週刊誌「週間ゲンダイ」はまるで私達団塊世代の生活・様子を注視しているかの如く、月に一度は財布を緩めるような記事の特集をうってきます。
新聞広告タイトルだけを眺める、「またまた大げさな」「そんなことは私達の世代では常識さ」的特集が多いのですが、確かにいつまでも退職直後の60代ではなく、古希をとうに過ぎ、後期高齢者の75歳、昔、母の77歳を祝った頃を思い出す、喜寿も目に見えてくる齢になってきました。

記事のファーストキャチは
人生のエンディングを悔いなく飾るために

ゴールが見えてきたら、何気なく続けてきたことをきちんと「断捨離」する。
人付合い、親戚づきあい、健康への執着、そして一番は「あなたの見栄」
誰にも嫌われたくない。そう思って他人に気を遣っているうちに人生は終わる。
本当にやりたいことは何か。
自分が必要としているものは何か。
人生終盤は「本心」に従おう。

確かに、私達の中途半端な想いを突いてくる「名ファーストキャチ」です。
キャッチ・タイトルだけみれば、少しは為になりそうな新しい知識・考え方・参考があるかと思いますが、実際の記事は、ほぼ想定内なのと、今まで近所のコンビニで立ち読みしていたのですが、なんと今回から、薄い透明なテープで表・裏ページが閉じられているのです。
ついつい、今週号は520円支払って購入しました。

本文の大見出しタイトルは
1,こんなに楽になった、兄弟・子供・友人との「距離の取り方」・「縁の切り方」
2,遺言書と生前贈与のやり方次第 
 嫌いな嫁や知らない甥には財産を渡さないと決める
3,焦って自宅から離れると、すべてが台無し 
 「リフォーム」はしない、「引っ越し」もしない、「老人ホーム」にもはいらない
4,健康への執着を捨てると、見える景色が変わる
 「人間ドック」も「サプリ」も「運動」も止めたらこんなに気持ちが軽くなった
5,もう現役時代のことは忘れよう
 あなたの見栄をきれいさっぱりと捨てる方法
6,過去の自分から離れる
 これまでの人生を後悔せずに「孤独」を楽しむ

いやいや、タイトルは素晴らしい、私達70代半ばの心の隅をついてくる
でも、読まなくてもそんなことは私達の世代なら常識の範囲内というものもあれば、何で?と思い読んでみる気になるタイトルもあります。

私の場合
1,兄弟・子供・友人との「距離の取り方」・「縁の切り方」
 子供はいません、夫婦の互いの両親は既に亡くなっています。
 兄弟・姉妹は同じく高齢者で地方ぐらし。
 関東首都圏に住む私達とのお付き合いはほぼ皆無、
 数年前から、年賀・中元・お歳暮も相手からの申し出で止めています。
 田舎の葬祭・法事に関しても、実家を継いだ兄・妹が主体でやっており特別連絡も
 ありません。
 友人に関しても、私が若い頃から日本社会の本流から離れて生活してきていますので、
 特別親しく交わっている友人もいません。
 カミサンにしても、私が亡くなったら頼れる姉妹も友人もいません。
 寂しい状況・・・でも人生ってそんなもの、夫婦ふたりだけで数十年暮らしてくると、
 頼れるのは配偶者だけ。
 それは二人共よーく分かっており、極端な言い方をすれば、配偶者の次に頼れるのは
 「お金」というのが本音です。

2,遺言書と生前贈与のやり方次第
 省略、書かれていることは常識、知っている範囲のことばかりです。
 子供のいない夫婦というのは、財産に関わる知識は他の家庭よりも若い頃から勉強して
 知っているのです。

3,焦って自宅から離れると、すべてが台無し

結婚してからずっとマンションに住み続けています。
リフォーム・リノベーション・修繕に関わる費用対効果について考えたことはありますが、70歳をすぎると、もう後何年ここに住むのかと考えるようになり
ここで数百万単位のお金をかけて、最新の設備・環境にする意義が見いだせません。
ただ一番考えるのは、数千マンの価値がある現在の鎌倉の共同住宅が私が逝き、カミサンが逝くと何処へいくのか、誰にいくのかです。
できれば、二人が健在なうちに現金化して二人の老後の資金に加えれば、もっとゆとりのある生活になるのでしょうが、お互いに70歳を越して新しい
環境、土地、新たな友人関係を構築していくにはもう遅すぎると思います。
今住んでいる土地・環境・利便性に慣れすぎてしまっており、ここを売って、二人で住むに十分な2LDKを購入する予定はもうなくなりました。
老人ホームは、私が逝った後、カミサンが必要なら、現在の家を売ってそちらに住むように話しています。

4,健康への執着を捨てると、見える景色が変わる
 もともと私は、若い頃から大病を患い、2ヶ月以上の入院を3回しているので健康に対する
 自身は全くありません。
 ただ、年老いても、自分の足で動ける程度の状態であったら満足ですから、健康器具・
 サプリには全く興味はありません。

5,もう現役時代のことは忘れよう
 もともと地方の貧しい家庭に育ち、日本の経済社会の本流を歩んで来ていませんから、
 学歴・職歴・仕事の見栄は有りません。 
 現役時代、日本を代表するような多くの建設現場で監督として働いてきました。 
 しかし、職種そのものが広く一般から見えるようなものでも、光があたるようなものでも
 なく、社会インフラを底辺から支える技術屋のほんの一部分
 でしたから、誇りはありますが、見栄のようなものは全く存在せず、支えてくれた職人さん
 に一番シンパティーをいだいています。
 
6,過去の自分から離れる、これまでの人生を後悔せずに「孤独」を楽しむ 
今回の「週刊現代」の記事のなかで、このセクションだけ熟読しました。
過去の自分を忘れる、離れる・・・
これはまだ出来ません、今やってる作業は過去の自分の歩んできた道、思い出の整理に明け暮れています。 
今、退職直後に整理、廃棄した過去の旅行のHISビデオのことを悔やんでいます。
何で廃棄してしまったんだろう・・・
ビデオ再生機はどうせ無くなってしまうのだから、と全て捨ててしまいました。
膨大な写真も、旅の思い出の品々、お土産、絵も全て捨ててしまいました。
古希を過ぎた頃から、無性に過去の旅の記録・ビデオ・写真を思い起こしています。
残しておけば、今のこのコロナ巣ごもりの時間に、もっと違った形に仕上げることができたのに。と、廃棄した時には、十数年後こんなに、IT化が進みコンパクトに、何時でも、どこでも取り出せる記録とは思いもしませんでした。

 でも、カミサンは全く興味がないのですから、もういいか
 私はわたしで、後悔せずに「孤独」を楽しみましょうか。
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月29日

コロナ感染で急変する人、しない人

コロナにかかって深刻な容体になる人の特徴とは・・・?


私は自身は、これまでマスディア、ニュースなどで取り上げられている、重症化しやすい様々で条件、高齢者・喫煙者・高血圧など複数を満たしているので、かなりのハイリスク者として自覚してきていますが、実際どうなのか、公的な組織から知りたいと思っていました。

これまで曖昧な情報が飛び交うばかりで、数値化されてこなかったコロナの実情に関して、今週発売された「週刊現代」で国内最大規模の調査資料機関「CIVID-19に関するレジストリ研究」を紹介していましたので、買って読んでみました。
ホームページは下記のURLです。
https://covid-registry.ncgm.go.jp/

重症化の定義とは
1,ボンベによる酸素投与をうけている
2,人工呼吸器を取り付ける
3,呼吸回数が24回/分
4,血中酸素濃度計の値が94%以下
上記のいずれかに該当する患者を「重症」と定めています。

週刊誌はいつも、過剰、センセーショナルな書き出しをしますが、今回に限っては、分かりやすく、客観的に数値を交えて解説していました。

基礎疾患の病気と生活習慣
TVニュースでは、重症化しやすい人として、高齢者・基礎疾患のある人と報じていますが、後期高齢者になるまで後、2年、3年の団塊世代の私達は多かれ少なかれ、何らかの基礎疾患を持っていますが、それらの名前がつけられ、薬を飲んでいる病名ごとのリスクが、このビックデータではある程度、数値として公開されていました。

基礎疾患
1,太っている人=肥満は基礎疾患だそうです
肥満とは体重(Kg)÷身長(m)÷身長(m)÷身長(m)で算出されるBMI数値が30以上は、「肥満」という病名になるそうです。
自分で計算してみました。65.5÷1.7÷1.7=22.66
BMIでの適正体重の数値は15.8〜24.9だそうですから、範囲内に収まっています。
現役退職前時の体重は度々70Kgをオーバーしており、ドクターから前肥満と云われて、一年間かけて落として現在の体重です。
肥満は脂肪細胞が多く、コロナウイルスを受け入れやすいのが重症化リスクが増す要因となるとの解説でした。

2,透析している人=腎機能障害
腎不全の患者は普段から人工透析を受けていて、ただでさえ免疫力が低下している状態でコロナ感染すると、一気に重篤化するリスクは高くなると云われています。特に免疫抑制剤のステロイドを服用している患者の53%は重篤化すると云うデータがあるそうです。

3,肺気腫や間質性肺炎の「慢性肺炎患者
この患者は、肺の機能が著しく低下してた状態が続いています。常にギリギリの状態で酸素を取り込みやり繰りしてるのですか風邪をひいただけでも重症化する可能性があるので、コロナと重なると深刻な状況に落ちるのは目に見えています。

4,肝硬変・肝炎をはじめてとする肝機能障害を持つ人
肝臓には食物から吸収したアミノ酸をタンパク質に変える工場としての機能があります。
肝機能に障害がある人がコロナに感染すると、タンパク質が十分に作られなくなり、その結果体力低下し、さらに重症化すると思われます。

5,糖尿病患者
レジストリ研究データによると、糖尿病を患っているカロナ感染者の重症化リスクは、一般の人の6.6倍に跳ね上がると云う数字が残されています。

6,7,8 高血圧・高脂血症・心臓疾患の患者
最近の研究ではコロナウィルスは心臓の血管や、筋肉の細胞に直接感染するケースがあることが報告されており、ウイルスが心臓の冠動脈に感染すると血管が傷つき血栓が出来やすくなり、狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなります。

以上のように、高齢者と云われる私達世代は多かれ少なかれ、前述のような基礎疾患は持っているので、重症化しやすいと考えられています。
PCR検査で陽性とされ、入院前一日で急逝の羽田雄一郎(53)・元国交相の直接死因はコロナ感染症ですが、長い間、糖尿病、高脂血症の持病を持っていました。

生活習慣とコロナ重症化



気になるのがコロナ重症化患者と生活習慣の関係です。
このレジストリー研究で解ったことは、基礎疾患を持つ患者よりも、喫煙・飲酒の生活習慣を持つ人のコロナ重症化割合が多かったことです。

もっとも多かったのが「喫煙」でした。
そもそも喫煙者はウイルスから身を守ってくれる気道の粘膜の働きが非喫煙者より低下しています。
粘膜にはブラシのような「線毛」があり、ウィルス排除に役立っていますが、喫煙者は炎症により無くなったり、粘膜自体が剥がれ落ちている状態でウイルスが体内に侵入するとみるみる悪化していきます。
昨年亡くなった志村けんさんも一日60本のヘビースモーカーでした。

次に「飲酒」です。
データを見るとコロナ感染者のうち、毎日お酒を飲んでいる、定期的な飲酒習慣があると回答した人の31%三人に一人が深刻な状態に陥っています。
原因は過度な飲酒は人間の免疫機能を一気に低下させるためです。
さらに悪いのは、アルコールは体内の病原体を食べてくれる「マクロファージ」の働きまで減退させてしまう、という報告がなされています。

「CIVID-19に関するレジストリ研究」の資料データをみると、高齢者と云われる団塊世代の半分以上の仲間はハイリスク要員になります。
特に私のように、政府は予算消化されていない「Gotoトラベルキャンペーン」の上乗せに追加補正予算を組むとの報道に、「Gotoトラベル」が一番広く、浅く、薄く、景気刺激、ばら撒き施策であるとともに、金余りの高齢者の金を吐き出される方法である、と拍手喝采し、Gotoトラベルの再開を待ち望んでいる輩はきっと、コロナの狙い撃ちになるのでしょう。
それはそれで仕方ない、出来るだけ注意はしますが、運命・天命と受け入れます。
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月27日

2021 令和3年の高齢者世帯の年間予算計画

月末25日に銀行へ行く

私達退職者夫婦は、現役時代と同じように毎月25日の給料日に、翌月の生活費を給与振込口座から下ろしていたのと同じく、月末の25日周辺の日に年金振り込み口座から下ろしています。

55歳で退職し60歳の厚生年金の一部が振り込まれるまでは、予てからの計画どおり個人年金口座に振り込まれている資金を毎月、定額をこれまでの会社から給与的に引き出してきました。

私が厚生年金を満額もらったのは私が63歳、カミサンが65歳で満額もらい、世帯として若い頃作った老後資金計画の満額になったのは、4年前のことですから、55歳から68歳まではひたすら、自分で貯めたお金を引き出していたことになります。
令和3年今月、一般社会の給料振込み日は1月25日月曜日です。
きっとこの日の銀行は混むのは分かっていました。
普通の月末では、25日と限定せずに23日や24日の混まない日を選ん幾つかの銀行へ行ってました。
年金が振り込まれる口座、公共料金振替用の口座、生活費を引き出す口座、クレジット決済用口座、アルバイト振り込まれ口座など幾つもの銀行、貸し金庫の銀行を含めると4つの銀行を回らなくてはならず、一般現役の方々の給料日はとても混むので避けてきています。
では2021年の1月はどうして混むのが分かっているのに25日にしたのかと云うと・・・
・年金振り込まれ口座の確認・記帳は必要なし
・クレジット決済口座に新た入金する要件がない・・・つまり旅などの決済がないから
・とりあえず2月の生活費だけを下ろす銀行口座ひとつだけを回れば良いからです。

年金生活高齢者の今年の年間予算は

基本計画
一ヶ月の退職者世帯の予算は
・食費 60,000円
・雑費 10,000円
・公共料金及び住戸管理費等 65,000円
内訳
 マンション管理費 40,000
 国民健康保険    3,000
 ガス        3,300
 新聞        3,600
 固定電話      3,200
 水道(一ヶ月)   3,500
 電気       4,000 クレジット
 スマホ(二人分)  3,800 クレジット
 NHK(一ヶ月)  1,260 クレジット
 小計      65,000

・夫小遣い、妻小遣い 各々30,000円☓2 60,000円
・その他予備費 5,000円となります。
月合計200,000万円 年間240万円
と、食べて寝るだけの生活は政府が公表している、給与所得者の厚生年金の世帯標準程度で何とか暮らしています。
一ヶ月の二人の生活費予算は、退職直後の17年前から現在に至るまで全く変わっていません。
これは、良いことです。
日本経済はこの17年間、私達年金生活者が一番恐れるインフレーションはなく、かえって反対のデフレ気味なのはありがたいことなのです。

勿論、高齢者夫婦ふたりが生きて行くためには、月々の固定費の他に沢山の出費があります。
・医療費二人分   120,000円
・夫教養・娯楽費  120,000円
・妻教養・娯楽費  120,000円
・保険・固定資産等租税公課 300,000円
・冠婚葬祭、旅行費、耐久消費財、予備費等  940,000円
年間総予算は 400万です。退職以来18年間、少しつづ減らしてきた結果現在こうなりました。

退職直後の一年目は別予算を立てました。
退職直後は一年目で動くことが多くなりがちで、旅行費が膨張するとともに、前年の収入による住民税の負担が多くなるのを見越して別予算にする必要があります。
私達の場合は
私が55歳退職二年目から、60歳厚生年金の一部支給が始まる60歳
60歳から厚生年金満額の63歳
63歳からカミサンが厚生年金満額の年(私が68歳)
68歳から古希を迎える70歳
そして現在は70歳から後期高齢者になる75歳の年間予算で暮らしています。

私の場合、30歳で日本の年金制度に加入し、55歳で退職していますので、当然ながら年金受給額は政府の発表している平均的な金額よりも下回っています。

全てが予算通りにいくはずもない

全てが計画予算とおりに行くバスもないので、毎年1月には見直しをしています。
昨年はコロナ禍の外出自粛の後、Gotoトラベルで旅行予算は余りました。

今年は一応、例年通りの予算計画をたてましたが、今の所、旅行予定は全くありません。
今年は、この鎌倉の共同住宅に越して来て18年目に入り、室内にほころびが目立ってきており、室内の修繕費の支出が予想されます。
家電製品もそろそろガタが来はじめています。
2台のエアコンは何時故障してもおかしくありませんし、ガス給湯器も東京ガスから使用耐用年数を過ぎていますと、案内が来ています。
和室の畳も陽に焼けてきているし、カミサンは全部の部屋のカーテンの模様替えをしたいと言ってます。

これらの予算は特別組んでありません。
では何処から捻出するか?
一つは旅行予算からが一番先です。
旅行も行きたい、室内の模様替えもしたい、ガス給湯器が壊れたらどうのこうのではなく、至急取替工事をしなくては。
こんな時は、私、カミサンが各々持っている自分の小遣い口座からの出費するしか有りません。

私の場合、月々の夫小遣い30,000円は最近余ってきています。
60代の頃のような動きが減り、特に何か買いたいものが少なくなってきているのが原因ですし、月々数千から1万程度のアルバイト収入があるので、余る月が増え、昨年の年間12万の教養費は、スマホdata通品費で年間22,000円使っただけですから、私の個人小遣い口座の残高は全く減らないで、微増しています。

もし、家庭内で必要な出費があり、計画予算内で処理出来なかった場合は、即刻、私のプライベート口座から出す予定です。
カミサンのプライペート口座残高は私の倍以上あります。
細かいことは聞かないようにしていますが、もし家庭内の出費があった場合、私の小遣 口座からの出金を優先させています。
理由は簡単、どうせ私が先に逝くのは明白ですから、先ずは私名義の口座から出金するのは当たり前です。

さてコロナはどうなるのでしょう。
ワクチンが有効で、早い段階で私のような高齢者・リスクの高い人間に行き渡るようになり、コロナの抵抗力が本当についたら、行きたい所がまだまだ沢山あるのですが、今の所、今年の行動計画が全く建たず、予算計画を立てています。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月25日

東京オリンピックは2032年開催を目指す Bプランの本気度

毎日、コロナ感染者死亡者増加のニュースで溢れています。
TVも新聞もそして、もちろん私たち高齢者グループでの話題でも同じです。
極端に怖がり、家から一歩も外に出れない人もいれば、自分がしっかりと予防していれば大丈夫と、普通どおりのマイペースの生活している人・・・と言っても高齢者男性の場合、通勤・通学で駅や職場や会合にでる訳でもなし、スーパーに買い物に行くではなく、人との接触が現役
世代と違って極端に少ないのが罹患率が少ない理由なのでしょう。

趣味のクラブのメンバーで定年前の現役社員は、毎日の通勤や客先との面談、お昼のランチなどで大変気を使っているそうです。
万が一感染したら、会社や、客先、会社のある高層ビル全体にまで迷惑を及ぼすことになり、自分自身の健康よりも、そっちのほうが怖い、と日本人らしいことを言っています。

東京五輪2032案が取りざたされてるようで

そんななか、英紙が「日本は今年夏のオンリンピック開催をあきらめ、2032年開催を目指す方向」と報じたと日本の各紙が報じていました。
さもあらん、今の東京首都圏のコロナ感染者増加カーブをみていれば、今後第三波の減少曲線が現れても、かなりの数のコロナ感染者が続きます。
東京五輪の開催日は7月23日ですから、ちょうど半年後、六ヶ月です。
例え新規感染者数が、東京都知事の小池さんが目標としている一日の新規感染者数500人台となっても、現在の医療現場の逼迫度は変わらないでしょう。
そこに、五輪開催となると、これまでの何処の開催地でもそうですが、各会場は事故や急病に備える医療スタッフが常駐し、ある程度の医療設備を整えます。
東京五輪では、1万人以上の医師・看護スタッフが動員される計画と聞いています。
今、1月の医療崩壊がいくらかは緩和されたとしても、今の日本の医療機関に7月23日から8月8日、パラリンピツクの8月24日から9月5日の二ヶ月間対応出来るのか?既に逼迫している東京圏の医療体制を思うと、六ヶ月後での不安は拭えません。

政府の対応はまるで昭和の太平洋戦争突入時の精神論のような発言が続いています。
「人類がコロナに打ち勝った証として開く」
「心をひとつにして」
「成熟国家としてやりとげる」

東京五輪1964のあの頃

団塊世代昭和22年23年生まれの私達は、高校2年生でした。
県庁所在地とは言え、地方都、市では外国人の姿をみることは、まずない時代でした。
そこに、アジアとして初めての開催のオリンピックに大勢の外国人がやってくるのです。
テレビもこの年に合わせてカラー放送が始まり、私はカラーテレビのある近所の美容院の外から、オリンピック入場式をカラーで見ました。
外国人が来るから街・道路を綺麗にしよう、と、市内のあったこれまでのごみ箱がふた付きのコンクリート造りのものに変わりました。
東京では、街のチンピラ・ヤクザ・不良少年が一斉に取り締まれ、理由も裁判もなく、オリンピック開催中、各警察の留置所に拘束されました。
これは、実際にこうして二週間、留置・拘束された人から聞いた話ですが、警察側は「申し訳ないけど二週間ここに居てくれ、TVをみれるようにするからオリンピックはここで見てくれ」と云われ弁当もかなり良いものが出たそうです。

この話、どこかのニュースで見たことがある・・・
2008年の北京オリンピック当時だ・・・街中の古い建物が取り壊され、新しい道路が出来、貧民街・出稼ぎ労働者がまちなかから消え、職場でも、学校でも
公衆衛生、礼儀、作法を町内会館で学び、英語学習熱が起きる・・・
各国、オリンピックを一つ政治・社会改革のステップとしているのは、古今東西一緒なのでしょう。

外国人アスリートたちはどう思っているのか

日本政府・IOCが予定通りに開くと云っても、主役である外国選手・アスリートがこのコロナ禍の日本にやってくるかどうか?
オリンピック期間中の空路・航空機をどう確保するのか?
外国人アスリートに期待されているワクチン接種を義務化できるか?
相手国の出国時のコロナ陰性検査の義務化、?
アスリートの二週間の国内待機と練習、コンデションの調整など
主役である世界のアスリートが二の足を踏むような大会では、もはや「夢の祭典」とは呼べないでしょう。

四年に一度オリンピックに選手生命、自国で開催される世紀の五輪に、人生の夢・希望をかけてきた日本人選手の気持ちはよく解ります。
アスリートの能力・技術・気力の頂点を四年のたった二週間に合わせてくるのは大変なのに、昨年一度キャンセルされ、再び一年後の今年の7月に全てを集中しなくては行けない時期のコロナ禍、思ったように動けない、集中出来ない環境下にあって、一部からは、スポーツどころではないだろう、と云う声も確かにあります。
今年、73歳、74歳にならんとしている団塊世代にとって二度目の自国開催オリンピックは楽しみにしています。
1月から続く緊急事態宣言の元、不要不急の外出を控え、唯一楽しみにしていた国内旅行はGotoがなくても行きたいところですが、控えています。
小学生の子供が夏休みを楽しみにしているように、身近なところに、目標・楽しみがないと普段の高齢者の生活は退屈そのものになります。

今年の夏を楽しみにしてますが
そんな意味では私達もできれば、この7月東京オリンピック2020が開催されることを強く望んでいますが。
とても11年後の2032年まで生きているかどうか・・・2032年って私は何歳だ・・・
簡単な引き算が暗算でできなくなって来ている自分に腹が立つ、2032-1948=84か
ラケットテニスで、今、試合中のスコアが分からなくなって、審判に毒づいている困った爺さん84歳と同じ歳か

もしここで、イギリスのブックメーカーの賭けに乗らなくてはいけないと云う状況に立たされたら・・・
6対4ぐらいの確率で、2032延期に賭けるでしょう。
何故なら、日本人政治家の思考だからです。
中止ではない、将来の開催の可能性を残す前向きな方向。先送りだからです。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
続きを読む・・・
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月23日

血中酸素濃度計「パルスオキシメーター」を買ってきた


カミサンがスポーツクラブから帰ってきて開口一番
「お友達みんなで、パルスオキシメーターをネットで買うというので、たのんじゃった」
「一人が楽天のポイントを持っていてそれを使うんだって」
「5,000円しないって話、でも少し時間がかかって、一週間から10日待ちだって」
私、「パルスオキシメーターって家庭用と医療従事者とあるの知っているよね」
「知ってるわよ、ともかく極端に低い値90以下でないこと、90以上あることの確認だけできればいいのよ」
最近、ネットで血中酸素濃度計「パルスオキシメーター」がバカ売れで、品不足に陥って病院・医療関係者の間で問題となってると報じているようです。

引用

パルスオキシメーターは何が測れるの?
本当に必要な方への供給が優先されることを願って
報道関係各位
グローバルに新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、パルスオキシメーターは感染者の肺炎の早期発見に有効なツールとして軽症者宿泊施設での活用も始まり、
その名前だけが急速に広まりましたが、実際にパルスオキシメーターとは何か、パルスオキシメーターで何が出来るのかという知識はまだまだ一般には知られていません。
例えば、「パルスオキシメーターの数値によって、新型コロナウイルスの感染判断ができる」という間違った認識が一部で広まり、パルスオキシメーターを感染予防目的のために一般家庭で購入されるケースも増えていると聞きます。
パルスオキシメーターは、病状の重症度の判断には有効で、急性呼吸不全を起こす可能性のある慢性疾患患者の日常管理や、医療機関・介護施設などでの患者・入所者の病状判断に重要な製品です。特に、高齢者や基礎疾患を持つ方々は新型コロナ肺炎重症化のリスクが高いと言われており、
そうした方々に使用いただく機会を確保することが現在、重要な課題となっております。
コニカミノルタでは、本当に必要な方への供給が優先されるよう、パルスオキシメーターの正しい情報をお伝えすることを目的に、本資料を作成いたしました。本資料が報道関係の皆様の一助となれば幸いです。
                           コニカミノルタ



コロナ陽性自宅待機 者の増加



急激に一般家庭の需要が高まったのは、先週のTVニュース番組のなかでの報道でした。
今や、コロナ感染爆発、オーバーシュートで症状のない陽性者は、入院はもちろん以前はホテル自粛二週間も出来ずに、自宅待機・静養となる方の数は16日の厚生省発表では全国で30,000人を越したようです。そのなかには、死亡する方の例が増えていると報じています。
ニュースのなかで、ある高齢者70代女性の例を紹介していました。
特別、症状もなく、呼吸器も苦しいとかもなく過ごしていました。二週間の待機中に運良く、介護の女性が見え血圧・体温を測り 血中酸素濃度を見たところ、90を下回っているのに驚き、保健所に連絡して病院に行き、レントゲンをみたところ、肺炎が進んでいたそうです。
番組の中で呼吸器内科の専門医師が説明していました。
「幸せな低酸素症」(ハッピーハイポキシア)ではないか、と

新型コロナ軽症者が急死する「幸せな低酸素症」とはどういうこと?
引用 https://www.clinicfor.life/articles/covid-033/


新型コロナウイルスに感染していることを診断されたものの軽症として自宅で経過観察を支持されていた方が突如重症化して亡くなってしまうということが、
テレビなどで多々報道されています。
この新型コロナウイルス軽症者が突然重症化して亡くなってしまう事態について、「幸せな低酸素症」(ハッピーハイポキシア)の可能性が高いことが懸念されています。
幸せな低酸素血症とはもともと航空医学で使われている言葉で、パイロットに起こることもあります。
実際に、墜落事故を起こしたパイロットの中にこの幸せな低酸素症に陥った可能性がある方もいるということが懸念されています。
低酸素状態になると、多幸感といいとても具合がよく気持ちの良い気分になるとしています。
例えば自分の名前が書けなくなったり、今までできている行動がとれなくなったり判断能力が鈍ったりします。
これは低酸素症の方全員に起こるのではなく、一部の方に起こると考えられています。
多幸感に陥ったことにより正確な判断がつかなくなると、低酸素血症の症状が出ていたとしても自分が低酸素血症となっていることに気づけなくなり
初期症状を見逃してしまいます。そのため、気づいた時には重症化しており、死亡してしまうのです。
攻略



どうやら、このTVニュース報道が引き金になったのでは、と考えています。
70歳以上の高齢者、高血圧症で降圧剤を毎日服用して、冬場の寒い時は130〜90と高め、喫煙歴ありの私は、コロナ感染したらかなりの重症化ハイリスク層で
、ワクチン投与順番でしたら、かなり早いほうではないかと、勝手に思っています。
このニュース報道が出る前から、血中酸素濃度計については、カミサンと話していました。
私のファミリードクターの二ヶ月に一度の受診の際に、血圧を測った後、パルスオキシメーターで血中酸素濃度をみていると、私が云いますと、カミサンの
ファミリードクターの話になり、カミサンの医院では、「血中酸素濃度計」は見たこともないそうです。
そこのドクターは消化器系だからかもしれませんが、話は、アナログとデジタルの話になりました。

デジタル体温計を買おうか、私が話すと

体温計は水銀体温計に限るとカミサンは云います。
家庭内で体温がコンマ何度まで測って、見えても何になるの?
特別に人体実験してるんじゃないのだから、37度の赤線の上か下か分かれば良いのよ
水銀温度計が一番正確に測れるのよ、但し1分以上と云う時間的なハンデーがあるけど、病院で次から次の患者さんの熱を測る時、
振れば水銀が元の値に簡単に戻るから便利なのよ。
今流行りの非接触型、ピッは測定温度にバラツキが多く、信頼性を比べるやはり、体に触れた部分で測らないとね。
と、デジタル体温計は専門家から却下されました。
私はただ、老化により視力が落ちてよく見えないから、数字で表示するデジタル体温計のほうが、良いのかな、と思っただけなんですが。

デジタル血圧計

ついでにと、私が毎朝朝一番、朝食前に測っている電子血圧計についてのコメント・うんちくを聞かされました。
カミサンの通っているファミトリードクターの所にある、オムロンの血圧計と同じタイプです。
カミサンに云わせると、彼女の通っているドクターは、手動・水銀血圧計で患者の血圧を測れないそうです。
20年も前には手動・水銀血圧計だったのそうですが、何回測ってもいつも同じ値、110の65なのだそうです。
カミサンは自分が医療従事者であることをドクターに伝えていません、ある時腕の圧迫と水銀の上がり下がりを目で追っていて、「このドクター、血圧を測るのが苦手のようたな」と気がついたそうです。
数カ月後、このクリニックではドクターが直接血圧を測らず、置いてある電子血圧計で患者自身で測ってもらうようになりました。

一方、私が通っているファミリークリニックドクターは女医さんで、元湘南鎌倉総合病院からの独立の循環器・血圧系のドクターです。
血圧は昨年まで、カミサンが使っているのと同じ手動の水銀血圧計を使っていました。
理由は一番正確に測れるからと、災害などで電気・電池がない時、所でも使えるから。
今年に入って、シュシュの圧力は手動ですが、水銀がデジタルに変わりました。
なんで・・と気軽に話せるドクターなので聞いてみました。
デジタルって便利よ、血圧測定の値が自動的に、電子カルテに記録されるのよ。なーるほどね。
もう、16年も通っていますが、この女医さんのクリニック、少しづづですが電子化が進んでいます。

さて、 血中酸素濃度計「パルスオキシメーター」は何時届くのだろうか。
願わくば、この血中酸素濃度計の出番が来ないことを祈ります。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月21日

高齢者の体力補強にはスクワットか、ウォーキングか

現役時代には全く意識していませんでしたが、退職した後も、趣味や海外旅行、そして地域のNPOボランティアなどで出歩いていて、日中のTVを見る機会は少なかったものが、昨年NPOボランティアを卒業し、同じ時期に重なったコロナ禍により、在宅する時間が急激に増え、同時に日中のリビングでTVを見る時間も増えました。
地上波はともかくとして、日中のBSチャンネルのCMは、そんな在宅して昼間からTV見ているだろう、シニア層をターゲットとしているとしか思えない商品・健康食品・薬のオンパレードです。

TVの通販番組の買い物

数年前に亡くなったかみさんの母親がかなり頻繁に、TVの通販番組から買い物をしていると聞いたことがありますが、ここ一年、「うん解かる。」と思うと同時に、大相撲人気が高齢者ほど高いという理由も、理解できるようになっています。

確かに、昼のさなかから夕方にかけてコロナ禍のせいもあるでしょうが、いろいろな趣味・サークルから卒業した70代は、特別な想いではなく、ただ暇つぶしにスポーツ観戦として、テレビをつけ放しで相撲中継を見ているのでしょう。

老化による体力・筋力の衰えは仕方ない、受け入れるしかないと考えているのに、TVCMは、ここぞとばかりの健康補助食品・サブリ・器具の宣伝です。
・そんな何種類も飲んで大丈夫なの?
・お試し一週間や一ヶ月で、成果・結果がでる訳ないじゃないの
・第一、高すぎない?
最近、自宅に引き籠り、パソコンに向かっている私をみて、週3〜4で、女性専用のフットネスクラブ「カーブス」に通っているカミサンは、
「老後、歩けなくなっても、私、面倒みないからね」
「少なくても毎日、1時間は外にでて、ウオーキングするか、さもなくばスクワットで足の筋力を鍛えて」
「外は寒いから、スクワットがいいじゃない」
と、云います。

スクワットは嫌いです。

確かに、自宅にいながら筋トレできるでしようが、かなりキツイ運動です。
何よりも、ただ何回も壁や、椅子に向かつての一人でやるのは面白くない。
確かに、下半身の筋力が衰えているのは、年々実感しています。
最近、マスクをつけて外出することが日常化するに連れ、駅の階段の下りが怖くなってきています。
マスクをつけることで、メガネが曇るのが一番の要因ですが。
ゆっくりと、階段ひとつづつを確認しながら下って行く時に、いつかはこの階段を踏み外して、前のめりにて手をつくのではないか、すると必ずかばい手で骨折までいかなくても、ヒビ程度の怪我はするだろうと、考えるようになっています。

ユカタン・ウシュマルの魔法使いのピラミッド

階段を下るといえば思い出すのは、魔法使いのピラミッドの急勾配階段です。
保存してあった、メキシコ旅行の画像フォルダーを探すと、1992年ですから、44歳の時です。
この急勾配のピラミッドを登る時は手をつきなが登るのですが、下りが怖いのです。
この急な石垣階段を登っているのは、カミサンです。
この時、勝手についてきた現地ガイドの少年は、私達が後ろ向きでソロソロと降りて行くのに、前向きに走るように降りていくのです。慣れ、というより若いからなんでしょう。

このユカタン・ウシュマルの魔法使いのピラミッドは何回も観光客が下りで落下して、大怪我や死亡事故がおきていることは、後から知りました。
この年齢になると駅の階段下りでは手すりを使うべきなのでしょうが、コロナ感染の危険があるので、手摺には触れません。
そのかわり、マスクで曇るメガネを外して、ゆっくりと足元の一段、一段を確認しながら下っています。

そんなある日、散歩道の川べり遊歩道を歩いていると、前かがみで、足を引きずりながらゆっくりと歩いている高齢者がいました。
足元をみると、つま先が全くあがっていませんし、かなり内股で歩いています。
足早に追い越すとき、拝見するとそんなにお年寄りでもなく、私より2つ、3つ年上ぐらいかなと思った程度です。
追い越してしばらくすると、後ろでなにか物音がし、振り返ると、先ほどの高齢男性が倒れています。
私よりも近くにいた壮年のご夫婦が駆け寄って、抱きかかえ、救急車をよびましょうかと、声をかけていました。
手のひらを少し擦りむいた程度で立ち上がり、またゆっくりと歩いていきました。
こんな、平らな遊歩道で良かったけれど、階段の下りでしたら大怪我になっていたでしょう。

スクワットはやりたくないが、ともかく一日一万歩はあるかなくては。
この高齢者の男性を見て、いつかは自分も・・・、否、今から歩く習慣をと、目標は一万歩です。



と云っても、家の近所だけを歩いても往復1万歩もありません。
私の一歩は65cm〜70cmですから、1万歩で6.5km〜7km、ということは片道5,000歩を目的地としなくてはなりません。
そこで、これまでは電車・バスしか選択肢になかった、隣町、隣駅の藤沢までの距離をネット地図アプリで調べると、4.2km、私の身長・足幅で歩くと、52分と表示されました。
昔は、藤沢駅前の「ビックカメラ」には自転車で行ったことがあり、ルートも道の様子も分かっています。
出発から到着までの道のりは全て歩道があり、道沿いには大きなお店・スーパー・ツタヤなどもあり、田舎の一本道と違ってバラエティに富んでいて、歩いていても退屈しません。
そして何よりも魅力的なのは、藤沢は鎌倉、大船に比べて比較にならないほどの大都市、大繁華街あるのです。
「ビックカメラ」があります、本屋の「有隣堂」もあります、湘南地区で一番品揃えの大きな「ダイソー」もあり、横浜と同じレベルのお店があるのです。
今回、歩いてみて往復で15,000歩でした。
十分体力・筋力アップ的には効果がある距離な上楽しいのですから、これからJR一駅をベースにして歩こうと想います。

これに味をしめて、大船駅を拠点とした隣駅、隣町までの歩くルートと距離を調べてみました。
東海道線を反対方向、戸塚駅までの距離と徒歩所要時間は、6.53km 1時間20分
根岸線横浜方面、本郷台までは3.3km 40分
横須賀線北鎌倉駅までは2.6km 33分
もうひとつ先、鎌倉駅は 5km 70分 と表示されましたが、所要時間はもう少し短縮できるでしょう。
解ったけど・・・毎日は無理だな。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月18日

大相撲、砂被り、たまり席、桟敷席の美女は何者?

コロナ禍での非常事態宣言の発令で、大人しく自宅待機自粛している日々が続いています。
あまりにもお天気の良い暖かい日は別ですが・・・
そんな日は、完全防備、マスク・手洗い・うがいに加え、外出時に携帯除菌アルコールスプレーを持参し、誰とも会わず、会話せず、健康と体力維持を目的として歩くことにしています。
そして、遅くても午後4時には帰宅して、TVの前に座ります。
NHKの大相撲中継を見るためです。

平日の夕方、一人で大相撲中継を見る。

私が抱いていた退職後男性のイメージ・・・・典型的なリタイヤ・引退老人ののイメージ、姿そのものです。
もっと何か、前向きな、アクティブの生活をしろよ・・・と55歳で退職したオジサンはつい最近までそう思い、夜6時のニュース報道が始まるまではTVをつけませんでした。
それが変わったのは、古稀を過ぎ、70代になって、色々なこれまでの活動・生活スタイルを少しづつ卒業しはじめた昨年2020年,プリンセスダイヤモンドから起こった
コロナ禍とそれに伴う自粛生活です。
平日の午後、カミサンはリビングで3時からワイドショーの梯子をしてるのを横目で見て、自室でパソコンに向かって、今すぐ必要でもない、不要・不急の作業をのち、5時から大相撲中継をみるようになりました。

大相撲中継を見るなんて何十年ぶりでしょう
新聞のスポーツ欄で、今場所の平幕「大栄翔」の活躍、平幕力士の三役以上を倒して7連勝の記事に、30年前の若花田以来という記載があり、あの若花田・貴花田の時代は30年前なのか、自分の年齢から30をひくと42歳の頃・・・あの頃はNHKの大相撲中継は時間的にもみておらず(当然ながら仕事していましたから)夜のニュースで優勝力士を知る程度でさして興味は、もっぱら野球とサッカーでした。

若・栃時代 NHK大相撲中継

大相撲中継を夢中で見つめていたのは、若花田・貴花田の大叔父さん、初代「若乃花」と「栃錦」の時代です。
昭和34年、私は11歳、小学5年生、貧乏な我が家にはTVはなく、相撲中継は近所の商店街の電気屋さんでみていました。
若・栃時代、子供たちは、圧倒的に体格に恵まれない、東北地方から出できた貧乏人のヒーローの「若の花」を応援していました。
一方の栃錦は子供からみれば、体制側の悪役的存在でした。
今は、大型スーパーが建っている場所の神社の広場で、草相撲に夢中の少年時代でした。

あの時代以降、大相撲中継を生で平日の夕方みることはありませんでした。
昨年の後半頃から、72歳の老人・高齢者と(多少、そう呼ばれ、見られるのに抵抗を感じつつもあるのですが)呼ばるようになってからNHKの相撲中継を毎日見るようになって、相撲以上に気になることを発見しました。

あの毎日同じ場所にいる美女は何者

NHKのTV中継は正面から向正面にカメラが向いています。
画面中央に行司と力士、左側が東、右側が西となります。
土俵は砂被りと桟敷とか、溜り、と呼ばれる土俵に一番近い特等席に囲まれています。
一般的には、TVと同じ方向でみる席、正面が一番高く、ついで向正面となるようです。
国賓・天皇陛下のお席は正面の二階座席となります。

毎日、4時から相撲中継を見初めて、3日程たった頃、昨日も一昨日も今日も同じ席に、背筋をピンと張ったマスク姿の美しい、若い女性お一人が向正面、砂被りの東花道側に座っているのが、チラチラと見えます。
若い、美しいそうな女性が、毎日、同じ席それも高そうな席に、来ている。
それも、毎日着ている洋服は違うが、やや、ロリータ風の装い、一体何者、何が目的で・・・

私だけが気になっているのかと、ネットで検索すると

かなり以前、数年前からSNS上で話題となっているようで、TV画面から切り出した画像が溢れていました。
マスクをしていない画像も多くありましたから、数年前から、この女性は話題になっているようです。

相撲好きのタレント・女優の名前も挙がっていますが、仕事を抱えた女性が毎場所、15日間連続して、高額な席を抑えるのはスケジュール的にも、財政的にも無理だろうとか、相撲中継観戦が許されている、「塀の向こうの皆さん」に元気に姿を見せる為の大物親分の彼女、娘さん説も溢れています。
こんな話題は、特に誰にも大きな迷惑をかけることはないのでと、SNSでは大盛り上がりのようです。

久しぶりに大相撲を見て思い出しました。
東京の世田谷のアパートに住んでいた頃、田舎の父親を大相撲見物に招待したことがあります。
私は33歳、父親は66歳、考えてみれば40年前の話。
それまでやっていた青果店を畳んで隠居生活に入った年でした。
相撲好きの父親に用意したのは、初日の正面の二階椅子席でした。
初めて購入した大相撲の席、正面、2階、椅子席はその当時、たしか5,000円ほどでした。
30年後の現在は・1〜6列目はイスA席となり8,500円、7〜11列目はB席で5,100円、12〜13列目はC席で3,800円です。
さして、興味がなかった大相撲観覧、今思えば、初日ではなく、千秋楽に。そして二階椅子席ではなく、なるべく土俵に近い席をとってやるべきだった後悔しています。

父親は一人で上京し、相撲を見て、渋谷・井の頭線沿線の私たちの1DKのアパートに泊まって、翌日上野界隈でお土産を買って帰って行きました。
その頃、私もカミサンも働き盛りの平日で何もしてあげられませんでした。

あの頃の父親の年齢72歳、動脈瘤破裂で逝った年齢を過ぎました。
私と同じような年齢の頃、父と母はどんな老後生活をしていたのか、私は全く知りません。
今日も、何事もなく過ぎていき、カミサンは仲通り商店街へお買い物、私は相撲中継の夕方になるのでしょう。日本の冬、高齢者家庭の冬。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月17日

私たち世代から見た、子、孫の名前と漢字

毎朝のルーティンとして、朝日新聞のコラム「天声人語」の書き写しをしてます。
1月16日のコラムテーマは、「現代学生百人一首」でした。
コロナの世相を反映した応募作が目立ったと述べられていますが、私は書き写しをしていて和歌の内容よりも、作者の名前と使われている漢字の難しさに驚きました。
小さな新聞の文字を書き写すのに、虫眼鏡で拡大しないと正確にかけない漢字が多いのです。




麒麟のりんは、辛うじて大河ドラマで解るのですが、実際にネットで拡大して、一度別紙に大きく書いてから、天声人語書き写しノートに書くのですが凛と璃は一度、ネットに「凛として」と読みを入力、「浄瑠璃」のリンと入力し、拡大しないと書けませんでした。
最期の男の名前「こうき」に至っては、よみを入れても私のパソコンは表示せず、IME手書きパットをだして「皐」の字引っ張り出しました。
JIS第一水準の漢字のようですが、この皐の字を使った言い回し、文章は私は知りませんし、ネットにあった4文字熟語「九皐鳴鶴 (きゅうこうのめいかく)」は意味も知りません。

なんで、こんな難しい字を子供につけるのでしょう。
私たちは子供も孫もいませんので、命名するという行為はいままで経験がありませんが、きっと子供や孫に名前を付ける時は、その子の将来の幸せを願ってつけているのでしょうが・・・
子供も孫もいない私たち夫婦には、そんな発言権はないことは分かっていますが・・・

昨年、2020年(令和2)の子供につけた名前ランキングがありました。






子供たちの名前を考える親の年齢は20代後半から30代半ばと考えられます。
私たち団塊世代の子供、団塊ジュニアよりも少し下の世代でしようが・・
きっとアニメで使われている名前やTVなど活躍するタレント・俳優の名前に大きく影響をうけているのではと、推測されます。
私たち、二世代上おじいちゃん・お祖母ちゃんは、小学校時代に書きやすい漢字や、将来の色々な義面で、いちいち読みを入れなくても、読み取ってもらえる漢字を考えるのですが、今やパソコン時代で、そんなことを考えないのでしょう

2020年、名前に使われている使われている漢字のランキングがありました。
男子
1,翔 2,大 3,斗 4,太 5,陽
女子
1,花 2,菜 3,莉 4,結 5,愛
と今日の天声人語ででてきた、難しい漢字ではなく、普通に画数もまあまあの字でしたが、どうやら、読みは単純ではなく、今様のようです。

では、私たちの世代、昭和23年生まれの子供の名前はどうだったのか調べてみました。
昭和23年
(1948)〔男子〕 1,博 2,進 3,茂 4,清 5,実
昭和23年
(1948)〔女子〕 1,和子 2,幸子 3,洋子 4,節子 5,悦子

確かに、同級生に多かった名前ばかりで、少し安心しました。
最期に2020◆キラキラネームベスト10を紹介します。
1位:昊空(そら)
2位:心愛(ここあ)
3位:希空(のあ)
4位:希星(きらら)
5位:姫奈(ぴいな)
6位:七音(どれみ)
7位:夢希(ないき)
8位:愛保(らぶほ)
9位:姫星(きてぃ)
10位:匠音(しょーん)を紹介します。

両親は、この子供たちが学校を卒業、就職、結婚し、私たちのような高齢者となって、病院・役所の窓口に並び、名前を呼ばれることを想像しているのでしょうか? 老婆心ながら考えてしまう、今日の天声人語のコラムでした。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月15日

コロナ下の不要・不急の外出 富士山と菜の花畑へ

緊急事態宣言が東京首都圏から全国に広がりつつありますが、果たして昨年のような効果があるのか、素人目にみても疑問です。
昨年の緊急事態宣言下では、駅構内は閑散としており、駅ビルのルミネも、地元商店街もほとんど人が歩いておらず、電車車内もガラガラと空いており、座る際にも、特に要請された訳でもなく、自主的に一人分空けた状態で座り、その中間の空いている席は、混雑してても誰も座らないような雰囲気がありましたが、今はごく普通の通勤電車風景です。
それでも、カミサンに云わせると、昨年のようにスーパーのインスタント食品売場の棚に空きスペースが目立つし、ドラッグストアーのアルコール消毒スプレーが姿を消してしまっていると云います。

政府の政策の小出しのが原因と云う見方があります。
若者はたとえ感染しても、無症状や軽かったりするのという意識があるのでしょうか。
政府は、感染すると重症化する世代を守り、医療崩壊を防ぎ、医療従事者の負担を軽減するという意識を国民全体に丁寧に何度も伝えていかねばならないか、あるいは、欧州のようにロックダウンを限定的にでもやるしかないでしょう。
と云っている側から三連休の翌々日、電車に乗って菜の花と富士山の名所に出かけました。

不要・・・ではなく必要です。
三連休とその翌日は、一歩も外に出かけていません。
一番の理由は、寒く、お天気が良くないからなのが本音ですが、緊急事態宣言の発令も大きかったのですが。しかし三度、4日間一歩も外にでず、一日中室内、それも自分の部屋のパソコンの前、食っちゃ寝の生活が良い訳がありません。
不要ではなく、健康維持の為の必要な外出なのです。



不急・・・ではなく、「緊急」「至急」今しかないのです。
先週の新聞の湘南版で、東海道線二宮の吾妻山の菜の花が見頃と報じており、お天気が良かったら行かなくてはいけないと、決めていました。
13日朝、起きて西の空をみると綺麗に晴れており、昨日まで寒さもなく、天気予報では一日中晴れ、気温も14℃まで上昇するとの様子なので、朝食後すぐに出かけることにしました。
過去三度行ったことのある吾妻山から富士山撮るには、午前中が良いのです。

朝9時東海道線で大船⇒藤沢⇒辻堂⇒茅ヶ崎⇒平塚⇒大磯⇒二宮で 25分 510円です。

二宮・吾妻山公園

湘南で富士山を正面に綺麗に見える、そして駅から近い場所として「二宮 吾妻山公園」は人気・有名な場所です。
吾妻山は標高136mとちょっとと、高い丘ていどの山で、二宮駅北口より公園入口までは徒歩で約5分、そこから階段、山道を登り、山頂(標高136.2メートル)の展望台までは約20分です



水仙の群生

頂上公園にいく途中には、この時期、水仙の群生が見られます。
ここをすぎると、頂上展望台までは5分程度です。
展望台手前には、子どもたちに大人気の地形を巧みに活用した「ローラー滑り台」があります。
全長は102メートル、傾斜は約10度。 相模湾を見下ろしながら、一気に下っていく大人でも楽しいすべり台です。



吾妻山展望台

吾妻山公園には1年中咲きほこる花々や、包み込むように生い茂る木々に囲まれた小道があります。
また、頂上には湘南のここちよい潮風を受けながら相模湾を一望できる全面芝生の展望台があり、この日は真っ青の雲ひとつない青空で公園内の一本の緑の葉を落とした大樹が見事でした。



相模湾を一望

公園から左手、東南方面には国府津・小田原の町並み、静かに広がる相模湾、そして箱根の山々が見えます。
山頂公園には東屋、ベンチ、椅子、トイレも完備されていますが、山頂にはレストラン・売店、飲み物の自販機はありません。
これらは、下から上る途中に小さなお店がありますが、いつも開いているかどうか分かりませんので、駅周辺で準備したほうが良いでしよう。



お目当ての富士山と菜の花

二宮町の吾妻山では、12月下旬頃から斜面に植えられた6万株の早咲きの菜の花が咲き始め、1月上旬から中旬に見頃を迎えます。
吾妻山に菜の花が植えられたのは1989年(平成元年)。
初秋に、ひとつかみの種をまくと11月中旬頃から花を咲かせ始め、新聞には「日本一早い菜の花」という見出しで掲載されました。
しかし、規模が小さかったことから、訪れる人たちにとっては期待外れだったようです。
そこで、5年をかけて斜面を開墾し、試行錯誤を重ねた結果、6万株もの菜の花が咲く景色が出来上がったのだそうです。
今では二宮町のシンボルとなり、訪れる人々に感動を与えてくれています



ほぼ全員シニア・高齢者

朝9時に自宅を出て、10時15分でこの晴れた絶景にたどり着きました。
1月の緊急事態宣言がでている平日の午前、ざっと見回すと20人ほどのカメラを変えた男性と、シニアのカップルが見受けられます。
10時半をすぎると、人がどんどんと増えてきます。
皆さん見た限りで、私と同年代のシニア・高齢者です。
考えるのは一緒のようで、自宅巣ごもり、自粛しているが、4日ぶりの晴天と暖かい日、朝起きてお天気が良いので、来たそうで、ほぼ皆さん湘南、遠くても横浜にお住まいの方々のようです。
お一人、かわいい猫を連れた方がいました。
自宅から猫を連れて、写真を撮るのが趣味のようで、「あら今年もネコちゃんがいるのね」という、吾妻山の常連の方もいました。

自分も高齢者・シニアと呼ばれる年齢なのですが・・・
最近、このような観光地や人が大勢集まる場所にくると、以前は皆さん、私よりもお年寄り、年齢が上に見えていたのですが、古希を越すと最近、この大勢のなかで自分はかなり年齢が上のほうではないかなと思うようになってきています。

お昼頃に帰宅すると、やはり4日ぶりの女性スポーツクラブから帰ってきていたカミサンが
「どうだった、このコロナ自粛でも人が出ていた」と聞きます。
「ピーカンの青空、富士山はくっきり、雲ひとつなし」
「吾妻山はジジ・ババでいっぱいだった」と云うと、
「君だって、十分、立派なジジだよ」とおっしゃいました。
そうか、ジジと云われ、そうじゃないとも返答できる年齢でもなくなってきているのか


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年01月13日

成人の日とJR上野駅公園口の思い出

成人の日は1999年(平成11年)までは1月15日だった。
それがハッピーマンデー制度により、1月の第2月曜日にあてられるようになったのは私に団塊世代にとって、そんなに昔の話ではなく、1999年と聞くと、ウインドウズ98の翌年なのだからほんのすこし前、最近の話なんです。
成人式については、過去のブログで何度か書いていますが、私は出席していません。
団塊世代のど真ん中の1948年生まれの私はが20歳になった年は、すでに海外に出ており日本にはいませんでした。
TVのバラエティ番組で今年の成人芸能人が、浮かれている日、カミサンが一冊の文庫本を買ってきました。

柳美里(ユーミリ)の「JR上野駅公園口」です。

昨年の全米図書賞の翻訳文学部門を受賞した純文学の小説です。帯には

「全世界が感動した一人の男の物語」
オール紀伊國屋書店 ランキング1位
オール丸善・ジュンク堂ランキング1位
アマゾン ランキング1位
NHK・朝日新聞他メデイアで話題沸騰・・・・
これは、読まなくてはと云い出したのはカミサンです。

というのも、我が家では本を読む場所はお風呂のなかなのです。
1時間の半身浴でゆっくりとするには、 本を読みながら入るのが一番です。
カミサンは婦人公論など少し、硬めの婦人雜誌と中高年女性向けの「ゆうゆう」などの他、芸能人ゴップ週刊誌から、高齢者のお金・健康・介護・老後の不安を煽る記事まで、ゆっくりと1時間楽しんで入っています。
今回の柳美里の「JR上野駅公園口」は私達二人共にTVのニュースで、全米図書賞の翻訳文学部門を受賞を報じたときから興味がありました。
というのも、この小説に登場する「JR上野駅公園口」は、私たち新婚時代を過ごしたアパートの最寄り駅改札口でもあり、いまだ私達二人の本籍地だからです。
住民登録は現在の住まいの鎌倉ですが、本籍地はお互いの生まれた場所ではなく、結婚・入籍した場所にしてあるのです。
ですから、パスポートなどの申請する時の戸籍謄本は、わざわざ台東区区役所まで行くことになってます。
退職・引退・隠居し17年たち、今後発生するだろう、色々な戸籍手続きを考えると、東京都台東区から鎌倉に本籍を移そうかと話したことがあります。

未だ本籍を移さない理由は

移してしまうと、あの新婚時代に過ごした街と縁が切れ、再び上野界に出向くことがなくなってしまうのが寂しいからです。

29歳と26歳で同棲し、結婚したアパートは、三畳と四畳半二間、風呂なし。一人暮らし男性お年寄り、女性お年寄り、とアパートオーナー大工さんの小僧さんと私達の4世帯で、数年前近くまで行った時まだ残っていました。

まるでリアルな「神田川」の世界で、二人でよく銭湯に行き、帰りに500円づつパチンコをしたのを覚えています。
都心に出る時は、地下鉄「根津」駅がが一番近いのですが、私達二人は散歩を兼ねて、不忍池をとおり、水族館・動物園脇を抜けてこの小説に登場するホームレスの森を抜けて、JR上野駅公園口まで歩いたものです。
時には、言問通りの坂から、谷中経由で芸大の森を抜けて歩いた二十代の思い出の地なのです。
アパートの裏は東京大学のキャンパスがあり、商店街は東京の下町風情が色濃くのこる、肩肘張らずに暮らせる庶民的な下町でした。
やがて、55歳まで勤めた会社に就職した都合で、世田谷に引っ越し、新築マンション購入で横浜に、そして退職後に鎌倉に住むようになっても、カミサンは未だに新婚生活を過ごした、東京台東区の下町時代を懐かしみ、ああいう、学歴や夫の仕事先会社名や、周りを気にせずに住む街に戻りたいと云います。

上野駅は、この小説に登場するように、東京の北の玄関口です。

東北線・信越線・上越線・常磐線のターミナル駅で、私の生まれ育った信州の人間にとっては、初めて目にする東京そのものの地なのです。
私が18歳になった時、就職や進学で故郷を出る時、その当時はもう集団就職する姿はありませんでしたが、必ず駅には同級生が集まり、見送っていましたし、その後の10年ぐらいは、駅には新婚旅行の二人を見送り、胴上げする姿は残っていました。
故郷と上野駅が大きく変貌したのは、長野まで新幹線が開通した、冬期オリンピックの年でした。1998年。
それまでは、正月・お盆の帰省の時には、上野駅にはお土産を抱えた帰省客がホームに新聞紙を敷いて列車を待つ姿が見受けられていました。
10数年前の中国の旧正月民族大移動のような姿は30年前まで、日本にもあったのです。

カミサンは「JR上野駅公園口」を持ってお風呂へ。

30分もしないうちに出てきて、
「この本、私には難しすぎて駄目」と云います。
「どうして?」と聞くと
「私はこの本は、東北から集団就職してきた人たちのドキュメント的な本だと思ったのに」
「ストーリーが過去と現在をいったり、来たりで、苦手なの」
「ともかく、私ストーリーが単純なほうがいいのだけど、文章表現が凝っているとか、複雑でダメだわ」

と云うので、どれどれと、今度は私がこの本を持ってお風呂に入り読み始めました。

作者「柳美里」は日本生まれ育ちの韓国籍の作家で、現在福島県相馬に住んでいます。
この小説の主人公は高度経済成長期を支えた労働者の一人でやがてホームレスとなり、オリンピック誘致のために彼らの生活の場が奪われたこと、福島の復興への関心は失われつつあることなど、日本の負の現代史側面が克明に描かれており、小説の底辺には日本の天皇制への思いが流れています。
確かに、お風呂には入って、優雅に読むような種類の本でないようでした。

そうだよな・・・
私の思い出のなかの「JR上野駅公園口」といえば、懐かしい新婚時代の他に、一時期、休日にはイランから出稼ぎ労働者が溢れかえっており、異様な、危険な雰囲気が溢れた場所
そして、公園の中のブルーテント村、大震災の後の常磐線で現地に向かう、旧同僚の姿。
いまでは、故郷に向かう新幹線から眺める上野駅の新幹線ホームしか浮かばないのです。

半分ほど読み終えて、カミサンに云いました。
コロナが落ち着いたら一度、上野池之端にいつてみようか、グーグルマップで見る限り、あのアパートはまだあるようだから。と

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ