CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年09月30日

田舎暮らしは頭で楽しむもの、現実にしてはいけない


新型コロナ禍の影響で、地方への移住を考える人が増えています。
一つには、テレワークが働き方として定着つししあるのと、新幹線通勤を認める会社が増えていることです。
私が現役の頃の17年前でも、私の部下の課長が母親の介護の為に離職を考えると知った時、本人から実家の静岡から通えなくもないのだが、会社は認めてくれるだろうかと相談を受けたことがありました。
17年前、まだ新幹線通勤は、現在のように一般的なものではない時代でした。
結局、その時は彼の姉が何とか、面倒をみることになり離職せずに済みました。
あの当時、バブルが弾け、恐らく会社は新幹線通勤は認める余裕はなかったでしょう。
最新の総務省の調査によれば、今年7月、東京圏から転出する人が、引っ越ししてくる人を上回る「転出超過」が初めて確認されたそうです。

さりとて、定年後、60代、70代になって安易な気持ちで自宅を処分し、田舎暮らしをしてしまうと、取り返しがつかない、事例が増えています。
私サイト、「定年後過ごし方」でも何度も取り上げているテーマです。
先週の「週間現代」でも、定期的に退職シニアの田舎暮らしについて取り上げています。
今回は、芸人の島田洋七に登場してもらい、語ったいました。

40代前半で子供の喘息のことを考え、伊豆に移住しました。
伊豆熱川から2kmほど離れた場所で、家の周りは緑に囲まれ、敷地内には小川が流れ、家の二階からは遠く海の見える最高の立地でした。
まず最初の思惑外れは、水道が引かれてなかったこと。湧き水だけでは子供の健康の為にはきれいな水が必要と、井戸をほりました。
費用はなんと600万円、予定外の出費でした。
獣害にも悩まされ、理想どおりの家庭菜園はあきらめました。
空気は綺麗でも子供の喘息はかるくなりましたが、医者に行くのも、コンビニ・スーパーに行くのも車で20分ほどかかります。
そうした不便さと、東京での仕事の両立は難しくにり、1年半で移住を諦め東京にもどりました



田舎に移り住んだ人の大きな壁は、慣れない人間関係
紹介しているのは、69歳になるリタイヤ男性のお話

定年から2年後、都内の自宅を処分し、長野県のアルプスの山々に囲まれた緑豊かな土地で暮らすことを夢見て移住してきました。
しかし、つまずいたのは地元の人々の距離感でした。
引っ越しして、近所の家にご挨拶にいった時に、家族構成や子供の仕事のことなど、プライベートなことを根ほり葉ほり聞かれ、面食らいました。
それからは、妻とちょっと実家に行っただけで、週末、家に車がなかったけど何処へいってたの、聞かれ、まるで監視されているようでした。
隣の家からは、出来た野菜をいただきますが、隣の家では、あの移住してきた家に何か差し上げても、何のお返しもない、という噂を耳にするようになりました。
人間関係が煩わしくて仕方ない、妻には少し無理行って田舎暮らしに付き合ってもらったが、最近はほとんど出歩かなくなった。
東京からの気取った奥さんと云うイメージがあるのか、友達も出来ないよう。


他の移住者お話しでは

横浜の新興住宅街に30年以上住んでいた自宅を売却して、自然豊かな農村に越して晴耕雨読の生活をめざしたが、これまで首都圏の住宅地では経験して来なかった
隣組組織・消防団・町内会・学校行事・道路補修・水路のどぶ掃除などへの参加、寄付は強制的であり、悠々自適に過ごそうと思っていたがストレスばかりでした。


一番多く移住者の間で語られているのは、伴侶の病気、介護、医療環境の問題です。
定年後、より豊かなイメージの田園生活を目指して田舎暮らし生活を考えている時の二人の未来の姿は、年老いても何とか二人で静かに縁側で日向ぼっこしている姿です。
しかし、確実に二人は老いていき、いつかは一人になるのでが、田舎暮らしを考える時、80代の二人のイメージは湧いてこないのです。
理想を絵にかいたような理想の田舎暮らしイメージしている人は、いったん冷静ななって、田舎での一日、一週間、一か月、一年のイメージトレーニングをし、話し合い、最低限、帰ることのできる家を確保したうえで、少なくとも3シーズン(冬・春・夏)のお試しステイすることです。
買い物・医療・娯楽・旅行・ご近所などの観察をすることが必要でしょう。
そして、車に関しても、いつまで乗れると思っていけません。お試しステイで車のない生活を体験することも必須事項の一つです。
お互いのライフスタイルをちゃんとすり合わせせずに、単に経済的な要因や、憧れだけで移住すると、毎日喧嘩が絶えない生活になるかもしれません。


退職後の理想の地は、毎日、晴天の日々が続くわけではありません。
冬の寒さ、雪道、木枯らし、プロパンガスの生活も体験しておく必要があります。
何でも揃う、コンビニ・スーパーの買い物は週一度の生活に慣れること。
見たい映画は、自宅から1時間の大きな都市でもやっておらず、大都市まで新幹線で行く覚悟ありますか?
近くの公共施設の温泉が利用できる・・・毎日、500円払って通えますか?
二人だけで、他人に邪魔されず仙人のような生活が出来る場所を探せますか?
一年中、綺麗な花が咲き乱れ、鳥の声が聞こえる桃源郷はこころのなかだけで十分。
田舎暮らしは定住ではなく、海外と同じように、リピート・シーズンステイが一番理想的だと、思います。
好きなところに、好きな時期だけ、好きな時間だけ住む、・・・・・
それは出来ます、可能です。貴方がお金持ちだったら。

週刊現代での記事の締めくくりは

結局「あんなところでくらせたらいいな」と日々空想にふけるぐらいがちょうどいい。
「現実」が理想と違っても、もう後戻りする時間はないのだから


と結んでいます。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

posted by 西沢 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月26日

今日(9月26日)から四日間知床へ行きます。

羽田空港北ウィングJALカウンター11:40分集合、12:30のフライトで女満別を目指します。
少し、早めに自宅を10時10分に出て、横浜から京急に乗り換えれば羽田空港に直通、楽勝、11時には着きます。
北海道の知床のお天気は、のろのろスピード台風12号で、一日雨模様のよう。
先の愛知旅行で台風に遭遇し、二日目の「犬山城」を諦めたというのに、
三日目の根室と最終日の釧路は、どうにか晴れ間もみえそうですが、肝心の知床は小雨模様のなかになりそう、今年は天気についていない。
雨対策と防寒着で、荷物膨らんでいます。

それにしても十数年ぶりの団体パック旅行です。
私たち旅は、海外も国内も基本的は出来る限り自分たち二人だけで動く旅行をしてきました。
ブータンや、ミャンマーでは、同じ日に日本の旅行社主催のツァーがある時でも、同じ料金設定で二人だけで出してくれる旅行会社はありました。
但し、全て現地ガイドは英語と云う条件でした。
退職して、初めての国内旅行はクラブツーリズムの東北の桜三日間でした。
退職前は東北の桜シーズンは、新入社員の教育実習やら、年度初めに始まる公共現場が多く、さすがにいい加減な社員・我儘社員であった私も休みを取るのは遠慮していた経緯もあり、仕事を辞めたらまずは東北の桜と決めていて、これまでの自由・個人旅行のスタイルはさて、置いて
ついつい、団体パック旅行に申し込んでしまったのです。
55歳と52歳の夫婦はこのような団体のなかでは若い部類であることを知りました。

後から振り返ると、どんなルートでどんな桜を見たのか、あまり覚えていません。
弘前城も十和田官庁街も黒石も終わっていましたし、角館は葉桜でした。
覚えているのは、宿泊したのが、三沢の古牧温泉という広大な敷地の宿だったことです。
古牧温泉は後に、星野グループが経営サポートし、「青森屋」として生まれ変わって、二度ほど訪れています。
それいらい、桜と紅葉は団体パックではなく、出来る限りお天気と、時期を見て、個人自由旅行にするようにしています。

そんな私たちですが、今回、何故、10数年ぶりの団体パックかと云うと
1,免許返納でレンタカーが使えない、公共交通機関のみの個人旅行では行きづらい場所の為。
2,Gotoトラベルキャンペーンで、お得感があるから。
 廻るところは、下記のマップ参照



阪急の団体パックの最終日程表は
1日目 女満別空港に到着後、○遠音別川サケ・マス遡上観覧施設(約20分)
   ====知床ウトロ 温泉(泊/16:50頃着)

2日目 知床ウトロ温泉(7:30頃発)○知床五湖展望台・高架木道(約60分)
    ====ウトロ港〜〜〜〜▲知床観光船/乗船料込(約3時間45分)
    〜〜〜〜ウトロ港====○フレぺの滝散策(ネイチャーガイド同行/約90分)
    ====○裏摩周展望台(約30分)====屈斜路湖畔温泉(泊/18:45頃着)

3日目 津別峠雲海ツアー(ホテル出発4:30又は6:00頃予定)
    屈斜路湖畔温泉(8:00頃発)====尾岱沼港〜〜〜〜
    ▲野付湾遊覧船(約30分)〜〜〜〜トドワラ桟橋…………
    <徒歩/約30分>○野付半島・トドワラ(約15分)……
    ○野付半島ネイチャーセンター(約20分)====
    ○納沙布岬(本土最東端到達証明書プレゼント/約30分)====
    夕食 厚岸味覚ターミナル/炭火で焼く海鮮炭火焼バーベキューのご夕食(約80分)
    ====釧路(泊/19:20頃着)

4日目 釧路(9:30頃発)====○釧路湿原散策(ネイチャーガイド同行/約90分)====
    ☆和商市場/自由昼食====☆フィッシャーマンズワーフMOO/お買い物====
    〇釧路市内自由散策(約60分)====〇細岡展望台(約20分)====
    釧路空港(18:40)ADO074⇒⇒⇒⇒羽田空港(20:25)
    20:48分の京急に間に合えば、自宅には22時前に帰れるでしょう。

こんな日程です。
帰りましたら、詳しいご報告を致します。
費用はGoto適用前、10万から-35%で一人、65,000円
現地共用クーポンは残念ながら、適用外でした。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月24日

あれから50年、1970年抜け落ちている私の日本の記憶

週刊現代の読者・購買メインターゲットの一つが、団塊リタイヤ世代だと云うのは、周知の事実です。
今の若い世代から40〜50代前半までの男性は、週刊誌を読まない、お金を払わないのです。
私たちが現役の頃の電車の中を思い出せば、朝の通勤電車内は新聞を読むか、文庫本、ハウツー本を読むか、今日の仕事の資料を読んでいるの当たり前で、帰りの電車のなかは、週刊誌でした。

退職後、朝夕の通勤電車に乗る機会は滅多にありませんが、ほぼ90%、年齢・性別を問わず見ているのはスマホ画面です。
そして、盛んに指を動かしているのが見えます。
スマホを常用するまで知らなかった頃、その動作は、メール或いはラインを打っているものだと思っていました。
ずいぶん、長文のメールをこの電車のなかで打っているなど思っていましたが、ふと覗いてみると、メールではなく、ゲームをしているのです。パズドラを際限なくやってます。
ある若い女性の指はの動きはそんなに早くなく、何かを読んでいる様子、漫画をよんでいました。
勿論、漫画ではなく、ニュースを読んでいるサラリーマンも多いのでしょうが。
時代は変わる・・・もう、新聞も文庫本も週刊誌も電車のなかで読むのは、私たちシニア世代だけなのか。
私は、旅や長時間電車移動の際は、あらかじめ読もうとする本・雑誌を事前にカバンに入れているのですが・・・

週刊現代の新聞広告は毎号、大げさで、中身を読むとたいした内容でないのは、解っています。
いつも、買って、読んで、後から520円もったいないとおもうのですが、今週号のキャッチに惹かれ、また買ってしまいました。
タイトルは「あれから50年目の秋がやってくる」「1970年秋、僕の記憶」です。
私には、1968~1974年間の日本の記憶が欠如しています。
友人・カミサンとの間の会話のなかで、「あ、その時期、僕は日本にいなかった」となるのです。
21世紀、グローバル社会、航空路で狭くなっている世界、ネットで繋がっている世界では、例え地球の裏にいてもリアルタイムで知ることが
出来るのが当たり前の今ですが、1970年、日本の出来事は、ちょうど日本の裏が南米のブエノスアイレスにいる私には、かなりのタイム差・ラグ
で伝わりますが、実感できないことばかりでした。
そう、この週刊現代の記事の「僕」は誰なのかしりませんが、読んでみようと買いました。

1970年秋の映画「ひまわり」と「いちご白書」
1970年、団塊世代の私は22歳、日本にいたなら大学を卒業して、社会人になっていた齢です。
前年には、東大安田講堂が陥落し、学内のストも解除、誰もが安保闘争の終わりを感じ取っていた、時代。
週刊現代の記事ではこの年の映画に触れていました。
「ひまわり」はあのソフィア・ローレンの名画です。
私は、ブエノスアイレスの映画街、ラバージェ通りで見ました。アルゼンチンですからイタリア語版で字幕もありませんでした。
でも、ストーリーはほぼ90%は理解できました。
「いちご白書」は存在すら知りませんでした。
この1970年の映画といえば、私の記憶に残っているのは「黒澤明」の「どですかでん」です。
地球の裏側のアルゼンチンでも、テレビでは「七人の侍」のフルバージョンを度々やっていましたし、黒澤映画となると、無条件で一流映画館でロングランしていました。
この映画は国内では興行的は失敗したと云われており、今回の現代の記事には全く登場しませんが、海外では評価は高かったのです。
でも、日本映画のスペイン語字幕は明らかに間違っていました。
この映画の中の親と子の間会話は、全て敬語が使われているのが黒澤映画のなかでは、親子の関係を表現しているのですが、スペイン語字幕では普通、親子の間で使われる二人称、それも親しい家族間で使われる「Vos」だつたのが、鮮明に記憶されています。
そして、この頃、ブエノスアイレスで見た映画で記憶に残っているのは翌年1973年の「エクソシスト」とブルース・リーの「燃えよドラゴン」でした。
映画はいつでも、見た当時の自分の生活を思い出させます。

1970年の歌 藤圭子の「夢は夜開く」と岸洋子の「希望」
ネットもTV中継もない時代、ビデオ録画はもっと後の70年代後半のことです。
地球の裏側に今、日本で流行っている歌と云うのは意外に早く伝わるものです。
一番楽しみにしていたのは、前年のNHK紅白歌合戦のフィルム「映画」です。
半年遅れて、日本大使館領事部が先ず、ブエノスアイレス市内、次にブエノス近郊の、やがてその当時海外移住事業団の開拓地の各日本人会館を巡回、上映していました。
生の歌を聞き、生の歌手を見るのはこの時が初めてでした。
アルゼンチンのタンゴ、フォルクローレは大好きですが、やはり母国語で歌われる日本の歌は、自分が日本人であることを再認識され、郷愁を覚えるものでした。
当時の流行った歌を聞くと、その当時の自分、その当時生活、友人を思い浮かべますが、私にとって「夢は夜開く」は、ブエノス時代そのものなのです。

1970年と云えば「大阪万博」と「三島由紀夫」です。
日本に帰国して、日本の社会で生きていくと、必ず、日本経済成長の起爆となった「大阪万博」の話になりますが、私にはありません。
日本を出た時のドル相場365円とアルゼンチンに入った時のペソ相場は1ドル360ペソで、全くイコールでした。
70年、ドル相場は両国とも変わらなかったのですが、日本の経済成長は急速に進み、日本に住む友人からの手紙によると、給与・ボーナスがどんどんと上昇し、確実に豊かになっていく様子が伝わってきます。
アルゼンチンに住む私は、現地採用条件でしたら、さして変わらず、所得差はどんどんと開いていった時代でした。
そして、アルゼンチンの夕刊紙に衝撃的な見出しと写真が掲載されました。
「Japon HARAKIRI」です。
大きな見出しの脇には、三島由紀夫の首が転がっていました。
恐らく、推察するに日本の新聞では、この写真は掲載されてはいないでしよう。

ざっと読み終わって
中高年男性向けの週刊誌「ポスト」「週刊現代」はお色気記事が多く、自宅まで持って帰えるのに多少対抗があったので、現役時代は帰りの駅のごみ箱に捨てていたのを覚えています。
その頃の週刊現代と今はどうかと云うと、もっと過激になっており、袋とじは無修正ヘアーヌードにあふれています。
週刊現代は、リタイヤ団塊世代向けの、退職後シニア向けの様々な情報記事があるので、カミサンもみますので、袋とじはカミサンが読み終わってから密かにあけていますが、ぜんぜんたいしたことはないのは、云うまでもありませんが。

あれから50年ですか・・・時が過ぎるのはあまりにも早かった。
最近、振り返ることが多くなってきています。
あの頃の映画、あの頃の歌、あの頃の出来事。
古稀を越すと、振り返ることが多くなるのは、齢のせいなんでしょう。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月22日

退職・団塊世代・シニア男性 今こそお洒落して外に出よう

先週日曜日、毎月一回の趣味の映像サークルの例会がありました。
会員数は昨年の夏は17名でしたが、お一人は今年後期高齢者75歳になり、町内会活動に専念するために退会され、もうお一人は80歳で、今年お亡くなりに、全会員数は15名です。

幾らか涼しくなりつつはありましたが、まだ蒸し暑い日曜日の午後の参加者は8名でした、やく半数の7名は欠席です。

欠席理由は云うまでもなく、コロナ不安です。
欠席者は7名全員が65歳以上の高齢者で、最高年齢は84歳です。
コロナ禍の感染が始まった頃から、私たちの映像クラブは全員がネットやパソコン通信に強いので、直ぐにテレミーティングに切り替えました。
全員の参加とまではいきませんでしたが、7月まで続き、8月からは、例会会場であるNPOセンター会議室がコロナ対策を十分に実施することを前提に、少人数による集会・会議で使えるようになりましたので、リアルのフェースtoフェースに切り替えました。

実業の世界では、テレミーティングと通常のリアル会議の違いについて、メリット・デメリットなど比較・検討されていますが、退職者の趣味のサークルの会議・例会は違います。
意見や、実績をみんなの前で公表、検討するのではなく、実際に会ってお話しをすること、映像作品を見てもらい、その場で感想の言葉は貰えなくても雰囲気で、評価を感じることが出来るのです。

コロナ禍騒動が始まって、半年もお会いしていない同じ年齢・団塊世代メンバーの方もいます。
メールでは、「コロナ禍のなか、感染するのも、感染を広げるのも不安で、外出は自宅まわりの散歩にとどめています。最近は猛暑・熱署でそれさえも体力的に自粛しています。」とあります。そうなんだ、ここ数ヶ月ほぼ自宅周辺で過ごしているのだ!

こんなメールを肩越しに見ていたカミサンは云います。
この人、何歳の人、おなたと同じ団塊世代なの、可笑しいよ、こんな生活を続けていたら、コロナに感染する前に、うつ病・運動不足・体力低下・全ては老化による病に拍車をかけるだけよ。
コロナを“正しく怖れる”ためには確かに社会との接触を遮断することだろうけど、それでは日本の経済と一緒で、コロナウイルスだ倒れる前に、老人病で衰弱するだけよ。
家族としたら、そんな時間をかけて徐々に老人になっていく亭主の姿を見たくもないし、介護なんてとんでもない、「コロナ」でなくなる方がマシ。と云います。

そして、外出を後押しするには、おしゃれしなくちゃ。
先ず、今着ている、シャツ・ズボン・コート・セーターなど、全て捨てる。
現役時代のお気に入りの背広上下も捨てる、今後着やしないし、本当に必要になったら、
新しいのを買えば良いのだから、昔のバブル時代の一着20万円もしたものよりも、いま風の背広5万もだせば十分よ。
貴方の廻り、NPOセンターとか、学習センターに集まる退職シニア老人はいつ見ても同じ洋服・恰好をしているわ。
きっと何年も、現役時代の昔に、買ったものを着ているのよ。
ユニクロだって、無印良品、GUだって良いのよ、何時も小ぎれいにして、外の世界に興味をもって出歩くべきよ。

貴方が最近出かける格好はいつも同じ、旅行の服装もいつも同じ、最近はホームページ用の風景写真しか撮らないもんね。
足元は軽い幅広4Eのジッパー付きウォーキングシューズか、サンダル。
下は、リーバイスのGパンか、半ズボン
上は、お気に入りユニクロの白の襟付きポロシャツ。
確かに、おしゃるとおりでゴザンス
白のユニクロポロシャツは7~8枚同じものをもってますし、ズボンはリーバイスのGパンなら、ユニクロと違って、どんな外出先でも着れますし。
靴・・・ですか、齢をとると、先ずは足元は楽なのが良いのです、第一今時、シニア用のウォーキングシューズでジッパーのついていないのなんて、ないよ。

自分で行って新しいのを買ってこいとのカミサンのオーダーは
足元はデザイン性の良い、青系統のスニーカー
パンツは(スラックスのことのようです)、少し細身、短め、素材にこだわらない、この暑い夏、軽量素材ポリエステル混紡でも良いの。

シャツは、色系統を考えて、青とグレーのポーター柄、襟付きポロが貴方は一番似合うから。
恐らく3~4万円だせば、結構ちゃんとした所でも出かけられるし、この近所でも大丈夫よ。
お金は・・・?と云うと自分で出すのに決まってるでしょ、
そうじゃないと責任がとれないでしょと。
私が買ってくると、シブシブきているけどさ。

と云う事で、横浜のデパートに行っては見ましたが、値段に見てびつくりです。
カミサンは、いつもこんな所で買っているのか!
結局、何も買わずに、着るものは地元のルミネの「ユニクロ」と、スニーカーは、商店街の行きつけの、ポイントカードが貯まっている馴染みの靴屋さんで買いました。
ここで、初めてスニーカーのサイズについて知りました。
革靴の場合、私は25.5なので、スニカーも同じサイズを選んでいましたが、その時はフィットするのですが、長い時間履くと、つま先が痛くなるのです。
それを店員に話すと、メーカーにもよりますが、スニーカーは革靴サイズにプラスワンサイズを選ぶのが常識ですよ。と知らなかった。
パンツは、ユニクロで探し、カミサンの指示のボーダー柄のポロシャツは気に入ったものがなく、最終的にカミサンは行きつけの藤沢のデパートのブランドショップ「Mcgregor」で買ってきてくれました。
値段を聞くと、ユニクロなら6枚は買える値段。とても私には買えない代物でした。
確かに、足元・パンツ・シャツと統一され、少しは外出の際はウキウキします。
これがいつまで続くかどうかは分かりませんが。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月20日

相続で揉めない為に、改正新相続法を学ぶ

相続に関する民法が40年ぶりに改正され、2020年7月から順次施行されると報じています。
私たち団塊世代はほぼ、親の代からの相続を終えており、これからは、配偶者・子・孫・兄弟への相続が発生する時期に差し掛かってきています。
実に40年ぶりの改正の背景には、社会情勢や家族あり方の大きな変化があるのでしょう。
戦後ベビーブーマー世代の高齢化が進み、老々相続が負担になったり、子供のない夫婦の増加、兄弟間の疎遠、離婚・再婚が増え、家族関係が今までより多様化していています。

カミサンの愛読書「婦人公論」から参照、要約は
今回の改正で大きく変わり、私たちに関係するポイントは7つあります。
1,配偶者がそのまま自宅に住める「配偶者居住権」
2,配偶者への「住宅贈与の優遇」
3,姑を介護した嫁も財産がもらえる「特別寄与料制度」
4,故人の預貯金を引き出せる「預貯金払戻し制度」
5、共有財産分割ではなく、お金で請求できる「遺留分の見直し」
6,遺言状の一部をパソコンで作れる「自筆証書遺言の方式緩和」
7,遺言を安価で保管できる「自筆証書遺言の保管制度」

1,配偶者がそのまま自宅に住める「配偶者居住権」のケース

亡くなった夫の遺産は、自宅(評価2,000万)、預貯金1,000万の合計3,000万円
再婚で二人には間には子供がなく、先妻との間に一人、同居はしていない。
妻と子供で財産を相続すると、妻1/2、子供1/2となり、各々1,500万となり、妻が自宅を相続すると、預金はゼロ、どころかさらに子供に500万を払わなくてはなりません。
配偶者の生活に配慮されたのが「配偶者移住権」です。
自宅の相続権を移住権のない「相続権」と「配偶者居住権」に分割し、妻は「配偶者居住権」のみを相続します。
このケースでは、子供は預貯金の1/2の500万と、自宅の相続権を相続します。
この場合、子供はこの家を売却したいと思っても、妻の承諾がない限り、売却も貸し出すことも出来ずできず、亡くなるまで住むことが出来ます。


2,配偶者への「住宅贈与の優遇」

これまでは、夫婦間で自宅を生前贈与すると、財産を先に受け取ったとみなされ、遺産分割のさい、贈与された自宅も分割される財産の対象とされていましたが、婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者に生前贈与された住宅は、相続のさい除外されることになりました。
ただ夫婦間の贈与でも妻が不動産を取得した時には不動産所得税や名義変更登記税がかかります。
そこで夫婦間の相続では、「配偶者の税額軽減」と云う特例、1憶6,000万までは相続税はかかりません。ので敢て、一般的な家庭では「夫婦間の生前贈与」は、得策とは言えないと云われています。


3,姑を介護した嫁も財産がもらえる「特別寄与料制度」

法的には、相続の対象は血のつながって人のみとされています。
特に、義母よりも夫が先に亡くなっていた場合、介護をしてこなかった夫の兄弟に相続権があっても、義母を長年介護してきた、夫の配偶者である嫁には権利はありません。
こうした不公平感を解消する為に、「特別寄与料制度」が設けられました。
これにより介護に貢献してきた妻は、相続人である夫の兄弟に対して、金銭的要求ができるようになりました。
請求できる金額に規定はないので、話し合いで決めることになり、こじれた場合は家庭裁判所での調停となります。
夫が生きている場合は、これらの権利で、夫の相続分を上乗せ請求する形になります。


4,故人の預貯金を引き出せる「預貯金払戻し制度」

これまでは、金融機関が預貯金の名義人の死亡を知った時点で口座を封鎖し、遺産分割が終わるか、相続人全員の同意がないと引き出しが出来ませんでした。
今回の改正では、方法は2つ
A、金融機関に直接出向いて依頼する方法
 引き出せる額は「残高×1/3×依頼相続人の法定相続割合」となります。
 例えば相談者が亡くなった子供のいない夫の配偶者と義姉はの場合で預貯金残高が1,000万円のケースでは「1,000万×1/3×3/4」となり、2,470,5000円となりますが、一つの金融機関から引き出せる上限は150万円と決まっています。
B,家庭裁判所に申し立てる方法
 上限は法定相続分になり、750万引き出せますが、申し立て手続きば煩雑なうえ、時間も手間もかかります。


5、共有財産分割ではなく、お金で請求できる「遺留分の見直し」

会社経営していた父が亡くなり、遺言状には、「事業を引き継ぐ弟に全ての財産、自宅兼会社を相続させる」とあり、異論はないものの、他に遺したものがなく少し、不公平に感じると、云う相談者にたいして回答は
遺言状に「全ての財産」と書かれていても、遺留分は請求出来ます。
子供二人の場合、法定相続分は1/2づつですが、遺言状が優先されつつも、この相談者には「1/2の半分の遺留分」があります。
土地とか、会社を分割できないので、弟さんが引き継いだ分から1/4分は何らかの方法で受け取ることが出来ます。その時期、方法、手段はお互いに話し合うか、こじれた場合は、先ずは家裁による調停となります。


6,遺言状の一部をパソコンで作れる「自筆証書遺言の方式緩和」

子供たちの誰に、何を、金額、割合を相続させるかを自分の意思、考えを法定相続分を超えて相続させるには、遺言状は必須です。
これまで、自筆証書遺言は手書きが原則でした。
しかし、不動産の情報、預貯金の銀行口座名、番号、支店名や、不動産の登記簿を正確に手書きする作業は大変でした。
そこで、今回の改正で、登記簿や銀行口座情報などはパソコンで作成しても良いことになりました。
また、全部事項証書や表紙はコピーなどでも認められることとなりました。
しかし、その他相続割合や相続人にかんしては、従来通りの自筆、日付入り、登録印鑑の押印は必要です。


7,遺言を安価で保管できる「自筆証書遺言の保管制度」

自筆証書遺言を自宅や貸金庫に保管しても、死後、見つからないことも多々あり、開封には相続人が家庭裁判所での「検認」を受ける必要がありました。今回の改正で「法務局」に預けることが可能になりました。
保管申請料は3,900円です。
ただ、自筆遺言書は、記載方法のちょっとしたミスで法的効力を失うこともありますので、確実性を求めるなら費用がかかりますが、公正遺言書の作成を推奨されています。費用は財産の額に応じて数万~から発生します。



我が家の遺産相続は
私の場合、
父は享年71歳、私が38歳の時、母は86歳、私が59歳の時に亡くなりました。
私の育った家庭はもともと貧しい家庭でしたから、鼻から遺産相続があること自体を考えたこともありませんでした。
両親と一緒に暮らしていた兄夫婦に感謝し、葬式費用の一部やこれからづっと長く続く、お寺さんや親せきとのお付き合いを考えると、全て、兄が相続するのに、何ら疑問も不満もありませんでした。
それでも、兄から父の遺産ほんの一部だが、家のローンの一部として、当時の私のボーナス一回分の半額程度をもらった記憶があります。
母の時は、それこそ、父が亡くなって21年間、国民年金だけが収入だった母ですから、遺産と云われるようなまとまったものは、なかったハズで、全てお葬式とお寺さんの費用として消えていったハズです。

妻の場合は
父親は72歳、妻が43歳の時に亡くなり、母親は92歳、妻が67歳の時に亡くなりました。
地方の小さな町の工場に勤めていた父親で、地元の母親のもとに婿養子として入ったような環境ですから、そんな遺産と呼ぶようなものは、ないと思っていましたが、先の大戦で激戦地域に長い間兵役を務めていたからでしょう、かなりの軍人恩給を貰っていたと推測されましたが、金額など知りませんでした。
妻の実家の遺産相続には、夫である私は一切関わり合いは持たず、全て、実家を継いだ義理妹夫婦にお任せしました。
聞くところによると、当時のカミサンのボーナス一回分ほどいただいたそうです。
後から聞いた話では、実家を継いだ妹は、カミサンの10倍ほどの金額を遺産として受け取っていたようです。
それでも、これから長い間、寡婦となった母親と暮らしていくのですから、何ら不満も在りませんし、時代はバブル期、人並み以上収入があった
私たち夫婦ですから、特に問題はありませんでした。

母親が亡くなった時も、そう思っていました。
父親が亡くなって、数10年、年老いていく母親の介護もあったので、遺産相続は、これまでの経験から何ら問題なく済むと思っていましたが、
母親が亡くなってから義理妹から、遺産相続手続きの書類が届いてから、びつくりしました。
92歳の母の遺産相続金額が思っていたよりも多かったのです。
三姉妹での1/3づづとすると、数百万半ばになります。この時も私は全く関わりを持たずに、カミサンにはアドバイスさえしませんでした。
妻が受け取った書類には、法定相続人が三姉妹ではなく、4人になっており、実家を継いだ妹の夫も法定相続人となっていたのです。
婿養子とは、この書類が届くまで知らなかったようです。
いいじゃないか、仕方ないじゃないか、特別、我が家はお金で困っているわけでもないのだし、田舎でこれからお寺や親戚とのお付き合いもありお金がかかるのだから、と伝えましたが、何か引っかり、納得出来ないものがあったようです。
これ以降、カミサンと妹との間ではギクシャクしたものが残ったようで、母親の葬式後お付き合いはないように見受けられます。
確かに、遺産相続トラブルというものは、大金持ちの間で発生する訳ではない、ということを学びました。

私たちのこれからの場合
子供のいない夫婦の場合は、妻に3/4にが原則で、次に両親が健在の場合、第二相続人は亡くなった人の両親へ1/4で、第三は、亡くなった人の兄弟、兄弟が死亡したいた場合は、兄弟の子供へと相続権は移っていきます。
これは、昔から知っていて、危惧していました。
私たち、夫婦が共同で築き上げた財産をなんで、夫の兄弟へ、或いは甥っ子、姪っ子へ・・・?
でも、そうなんです。

それを回避、遺された妻に最大限残す手段は2つ
1,夫婦の財産は常に、夫婦二人、各々の名義にして分散させる。

私たちの場合、家の購入・登記時から名義は50%づづにしています。
預貯金口座も常に、二人の名義で50・50或いは、どうせ私が先に逝くハズですから、カミサンの口座に多く残しています。
仮に法定通りの3/4にしても、私名義の財産は全財産の1/2ですから、その1/4ですから僅かなものしかないはずです。


2,1年に一度、自筆遺言状を書き直しています。

全財産は、配偶者へと書いています。
これで片付くはずですが、私の兄弟、甥っ子は遺留分は私の全財産の1/8とごく僅からものになるでしょう。
それでも、カミサンは納得していないでしょうが・・・


 
私のサイトに訪れてくる、同じ団塊世代の仲間・友人は書いています。
残された年数は、後6年、そう遠い将来の話ではなく、あっという間にやってくるごく近い将来に備えて置かねばならない問題なのです。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:25| Comment(2) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月18日

団塊世代の新首相 菅義偉新内閣に期待すること

1948年生まれ、今年72歳の団塊世代の総理大臣が誕生した。
地方出身、苦学して私学(法政)を卒業、横浜市議から、日本国の総理大臣に上り詰めた菅義偉さんには、多少なりとも親近感を覚えますが、神奈川県に住み、元横浜市民の間では、必ずしも評判は芳しくは有りません。
一つには、「IR推進法」カジノ法推進の立役者であることが、大きく影響しているからです。
それに、私たち団塊世代は、学生時代の半ばから後半で学生運動を経験しているので、保守より革新的傾向にあることは間違いありません。
新しい組閣として、同じ世代として、少子・高齢化、地球規模の気象変化に対応して、グローバル社会経済に対処できる人材の登用を願うのですが、発表された内閣の顔ぶれを見て、これまでの日本の政治構造とさて変わらぬ、人材登用であることが浮き彫りになっています。

新内閣の閣僚の年齢と出仕をみてみると
総理大臣 菅義偉 71 法政 議員秘書 横浜市議から 地盤引き継ぎ
財務大臣 麻生太郎 80 世襲
総務大臣 武田良太 52 早稲田 議員秘書から地盤引き継ぎ
法務大臣 上川陽子 67 東大・ハーバード 三菱総研 
外務大臣 茂木敏充 65 東大・ハーバード 丸紅・読売新聞
文部科学大臣 萩生田光一 57 明治 市議・都議
厚生労働大臣 田村憲久 56 伯父から世襲
農林水産大臣 野上浩太郎 53 慶応 富山県議 
経済産業大臣 梶山弘志 65 世襲
国土交通大臣 赤羽一嘉 62 公明党 慶応・三井物産
環境大臣 小泉進次郎 39 世襲
防衛大臣 岸信夫 61 世襲 安倍晋三の弟
官房長官 加藤勝信 65 世襲 東大・大蔵官僚 加藤六月の娘婿
復興大臣 平沢勝栄 75 東大・警察官僚
国家公安委員長 小此木八郎 55 世襲
行政改革担当大臣 河野太郎 57 世襲
一億総活躍担当大臣 坂本哲志 70 中央 熊本県議
経済再生担当大臣 西村康稔 58 東大・通産省 
デジタル改革担当大臣 平井卓也 62 上智 電通
五輪担当大臣 橋本聖子 56 スケートアスリート
大阪・関西万博 担当大臣 井上信治 51 東大・建設省

私が早期退職した時55歳、その当時の内閣の顔ぶれ、年齢構成を思い浮かべました。
2003年の日本の内閣は第二次小泉内閣でした。
主な閣僚の年齢は
内閣総理大臣 小泉 純一郎 61
総務大臣 麻生 太郎 63
法務大臣 野沢 太三 70
外務大臣 川口 順子 62
財務大臣 谷垣 禎一 58
文部科学大臣 河村 建夫 61
厚生労働大臣 坂口  力 69
農林水産大臣 亀井 善之 67
経済産業大臣 中川 昭一 50
国土交通大臣 石原 伸晃 46
環境大臣 小池 百合子 51
内閣官房長官 福田 康夫 67

当時55歳の私よりも若いのは、世襲議員の、中川昭一と石原伸晃と、タレント議員の小池百合子だけの三名だけでした。
いずれも60代前半からの働き盛りであることを実感し、55歳で早々と第一線を退き、悠々自適・・・何もしない、生産性のない人生を歩むことに一抹の不安を感じていたのは事実です。
今72歳の今年、同じ団塊世代1948年、昭和23年生まれの菅さんの組閣を見て、ただただご苦労様と思うだけです。
1年365日、24時間。一切心休むことなく、日本国の政治・経済・国民の生活すべてに関わる、権力・義務を一身に背負って働き続けなくては行けないのですから。
メディアで報じていた、日本の最高指導者の給与は4,000万円だそうです。
サラリーマンの4,000万とは違い、私は安いと思います。これだけの負荷・負担・責任、365日24時間労働なのですから。
今回の組閣を見て、年齢が2003年当時よりも若返っているのが解ります。
若ければ良いと云う事はないのですが、やはり、自分の人生に置き換えてみて、本当に政府・国民の為に働けるのは最大70歳まででしょう。
麻生太郎の80歳、平沢勝栄の75はいただけません。 

今の日本の政治改革に必要なのは
1,女性の登用

他の西欧諸国に比べて、女性の登用が少なすぎます。たったの2名
少なくとも、日本でもクォター(1/4)制度は、必須で、前内閣の1/4は女性にすべきでしょう。
そんな人材が何処にいる・・・と云う声も聞こえますが、先ずはともかく、国政選挙の段階で、議員定数の少なくとも1/4は、投票数に関係なく女性にすべきでしょう。


2,世襲制の制限

今回の内閣でも、世襲と云われる国会議員は21名のうち8名もいます。
選挙地盤を引き継ぐのは仕方ないにしろ、世襲はある程度の制限は設けるべきでしょう。
法律的には、個人の権利を制限することになり、政治家に任せていては、立法は難しいと思いますが、誰か、そう、菅さんご自身が苦労してきているのですからチャレンジして欲しいものです。
世襲はご本人が望まなくても、担ぎ出す地元の政治屋と呼ばれている、地元政治を職業、生活の糧としている人たちがいる限り、なくなりません。
一番の解決法は、海外のように、地方議会の報酬をほぼなくし、最低賃金並みのボランティアにすれば、職業としての魅力がなくなれば、本当に国民・住民のことを第一に考える、政治屋ではなく、政治家が育つのでしょう。


3,国会議員の定年・当選回数制限

閣僚になる資格、ステップは、当選回数で決まっているように見受けられますが、一つの選挙区からの連続当選回数に制限をかけるべきです。
常に新しい考え、時代に応じた人が必要であることから、新人が出やすい、多様な人材を求める為には、少なくとも連続当選回数を3回程度にして、新陳代謝を図るべきと考えます。 


4,内閣総理大臣の直接選挙

国政選挙の第一党の総裁が総理大臣になるのではなく、国民投票による総理大臣選出だと、何か弊害・問題があるのでしょうか?
その点は良く理解していませんが、一度、野党は国民に提案すべき、義務があると思います。


この団塊世代の定年後の過ごし方、生き方、生き様がメインテーマのブログでは、ストレートに政治に関する話題・記事を書くことはこれまでありませんでした。
今回書いた最大の理由は、この日本財団キャンパンのブログに対するアクセス解析、傾向を調べるためです。どうも、この財団のブログのなかでは、かなり右寄り記事が目立ち、アクセス数が上位にくる傾向があるようなので、あえて、政治に関する意見・考えを書いてみました。
恐らく、これが最後で次回からは、人生の傍観者的、世捨て人のひたすら旅と遊びに関するグータラブログに戻ることでしょう。

自助・共助・公助・・・ですか
確かに、団塊の私たち世代が云いそうな言葉ですね。
この言葉の元には、先ずは自己責任と云う意味が含まれているのを私たちは知っています。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方


posted by 西沢 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月16日

退職年金生活 我が家はけちんぼで、貧乏なのか?

朝食の後、パソコンに向かって今朝の体重、血圧を記録し、メモ的な昨日の日記を書き終え、ルーティンとなっている自分のサイトの掲示板・フェスブツク・メールのチェックをした後は、朝日新聞の天声人語の書き写しにかかります。
手書きなので、じっくりと心も体も落ち着かせないと、原稿用紙の文字は乱れ、はみ出すので、先ずは薄めのインスタントコーヒーをカップ半分飲むために、電気ケトルでお湯を沸かします。

もう、何十年も我が家に「ヤカン」がなく、小さな二人用1Lの電気湯沸かし器を使っています。
数か月前、もう10年以上は使っている電気ケトルのスイッチが入らなくなり、そろそろ寿命かなと思い、買い替えようかと思ったのですが、それでも、こんな単純な電気でヒーターを温めるだけの構造のものが壊れるのはスイッチ部分と考え、一度通電させてしばらく放っておいてスイッチをしれたら機能しました。

恐らくですが、スイッチ部分に使われている、バイメタルの劣化なのでしょう。
まあ、復活したので「めでたしめでたし」でしたが、あれから3か月で同じ現象が起こり、前回のように一旦通電させてから、スイッチをいれたのですが今回は復活しませんでした。
これはもう諦めましょう。
電気ケトルですから、たいした値段ではありません。
カミサンが、「ヤマダ電機の今日のチラシで電気ケトルがあったわよ。」というので見てみると、ティファールで4,800円ほどです。
高すぎる、と私は即座に却下です。
カミサンは、「量販店には沢山の電気ケトルがあり、4,000円台なら普通で、もっと高いのが当たり前に売っているわ」と云います。

たかが、プラスチック成形した容器と、台座の電気ヒーターの組み合わせで、1万円もするのがオカシイだろう。と私。

そもそも、工場原価は定価の25%、工場出荷原価は、経費・利益を入れても40%が限度、メーカー希望価格は、大卸、仲卸、小売りの利益と、宣伝広告費と輸送経費で成り立っている。
こんな単純な構造の湯沸かし器に、デザインに拘る必要もないし、細かい温度設定機能も必要ない、転倒湯こぼれ防止もいらない。ちゃんとスピーディに沸いて、ちゃんと自動的にOFFすれば、十分。と私。カミサンは「解った・分かった、量販店でもネットでもいいから、2日後には届くようにして」です。

メーカー系列の子会社として、日本の建設業界最先端で仕事をしてきましたので、見積もり・希望価格と、実勢施工価格については、骨身に染みるほど、知っています。
私たちの業種の場合、公式見積もり価格(最終エンド施主提出用、一般家電で云う希望小売価格)の「半値・8掛け・五割引き」なんて、しょっちゅう云われており、現場責任者である私たちは、営業担当に、そんな値段で出来る訳がないだろうと、毒つきながらも、何とか施工協力会社さんにも利益を確保して竣工にこぎつけるのが当たり前でした。

と云っても、家電は家電です。
ちょうどこの日は、少し小雨の曇り空、猛暑も収まったので、近くのショッピングモールの家電量販店と、ホームセンターの店頭で実物を手にし、値段を見てからネットで買うことにする為に出かけました。
今朝の折込チラシのヤマダ電機の4,800円は、安い部類で、コーナンモールもノジマも、たかが電気ケトルなのに、全て5,000~12,000円です。

ショッピングモールにいると、携帯にカミサンの連絡が入りました。
ショッピングモールのスーパー「ライフ」で、「お昼の温かいお蕎麦にいれる、長ネギと、油揚げを買ってきて」と云います。
ネギは出来れば1本でいいんだけど、ライフでは二本売りしかないと思う、120円が限度、なかったら、帰り近所の地元スーパー「ヤマカ」で買ってきて、「あぶらげ」は二枚で98円、それが相場と告げてきました。
そして雨でなかったら、運動になるから駅向こうの「セイユー」まで云ったら、長ネギだって1本単位で売ってるんだけど・・・と付け加えてきました。
地元スーパーで、油揚げとネギ(4本組)税込み172円で買って自宅に戻ると、まあまあ合格ね。と褒められました。

帰宅そうそう、ネットに向かい、新しい電気ケトルの注文です。
予算は2,000円台です。
ネットに向かい「電気ケトル」で検索すると、AMAZONで送料込みで1,200円程度のものが先ず表示されますし、ティファールでも3,000円台のものもあり、最高値はバルミューダの21,900円でした。
たかが、電気ケトル、シニア二人家庭のものですから、早く・安全にお湯が沸けばいいのです。単純構造の電気ヒーターで、そんな価格差が出る訳がなく、ほとんどが宣伝広告費と流通経費なのだと、引退して年寄ビジネスマンは考えてしまうのです。
AMAZONの最安値1,200は、コメントを見て辞めました。3か月でスイッチ壊れたという投稿と、プラスチックの匂いが消えないと投稿が数多くありました。
確かに、この単純な湯沸かし器での故障個所といえば、バイメタルを使用したスイッチ部分だけ、他に生じるクレームといったら、最初にお湯を沸かす時のプラスチックのごみ、匂いぐらいしかないのですから。
結局、購入したのは日本メーカーの2,180円(送料込み)のスタンダート型でした。

発注を終えて、カミサンと温かいお蕎麦に油揚げと長ネギの軽い昼食をたべながらの話。
我が家って、貧乏で、けちん坊な家庭なのかしら。とカミサン

他の家なんてテレビで見ていると、チルド冷蔵室ある、2ドアで野菜室もあるような大きな冷蔵庫だし、TVだって大きい画面、夏の電気代が二万円ちかいなんて言ってる。
其れに比べると、我が家の冷蔵庫は昔の昭和の時代のような代物だし、TVもそんな大きくもないし、録画機能もついてないし。
電気代だって、一万円なんてとんでもない、一度も越したことはないわよ。
私たちって、貧乏で、けちんぼなのかしら?

君のスポーツクラブのお友達や、僕のNPO関連のメンバーと比べると、確実に貧乏と云えると思う。だって我が家は住民税もはらえないのだから。
でも、けちん坊かと云うと、そうでもないと思うよ。
無駄な浪費をしない、予算・計画通りに使っているだけ、子供のいない、老後頼れる相手がいない、50代半ばから現在に至るまでいっさい働かずにやってきた夫婦なんだから、当然の生活だと思うよ。・・・と
posted by 西沢 at 07:23| Comment(2) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月14日

2020 猛暑、残暑は続き、団塊世代シニアの夏バテは限界

先週、木曜日、ほぼ一か月ぶりにスポーツサークルのラケットテニスに参加しました。

ラケットテニスとは 
ラケットテニスは、誰でもが初日から気軽に楽しめる、軽い・柔らかいスポンジボールを使った室内テニスです。
体育館等のバドミントンコートで硬式テニスとほとんど同じルールでスポンジ製のボールを使用して行います。
テニスコートより狭く、ダブルスで、ジュニアサイズの軽く短いラケットでプレーするので体力に自信が ない方にも充分楽しんでいただけます。

ネットの高さは90cmと低く、サーブやスマッシュ等が自由自在です。
ルールは軟式テニスとほぼ同じで、ボールはスポンジ製で安全に楽しめます。
ラケットはジュニア用を使い、短いので 手のひら感覚で打てますので、失敗が少なくラリーが続き、ゲームが盛り上がります。
室内の小さなスペースで楽しめる、テニス経験がなくても、誰でもが簡単に、初日からプレーできる手軽な スポーツです。

会場は耐震工事が終わった鎌倉武道館
鎌倉市の公共施設が老朽化して、数年前から図書館・公民館・体育館などの耐震工事が始まり、半年単位で、私たちのスポーツクラブも場所を、鎌倉体育館・大船体育館鎌倉武道館と移して活動してまいりましたが、9月からほぼ1年ぶりに、ベース会場としている武道館で戻ってまいりました。
その間、新型コロナウイルス対策が始まり、戸惑いの連続でした。

1,参加者全員の住所・連絡先を当日提出
2,参加者全員の検温と体調の報告
3,玄関での人の動線を触れ合わないように入り口・出口に分ける
4,玄関の履物ロッカーの使用を禁止して、スムーズな流れを作る。
5,着替えの為のロッカールームの利用者数を同時5名以内に制限し、利用者カードを発行する。
6,シャワールームは6室のうち2室のみが利用可

など等、役所が自分が管理する施設でのクラスター発生を恐れているのでしょうが、何もそこまでやらなくても、と云うのが私たちの思いです。
いずれにしろ、大船体育館も鎌倉武道館も自宅からの徒歩圏です。
二年前までは、私は雨の日以外は自転車で行ってました。しかし、昨年あたりから極力歩いて行くようにしています。

理由は、筋力低下でここ数年屈む動作がキツイ
70歳、古稀の声を聞いてから、下半身の筋力が落ちこんでいるのを自覚し、足のふくらはぎが細いのに愕然としてました。
一番筋力の低下を感じるのが、ひざまずく姿勢です。
腰を屈めて、床にあるものを拾うとか、持ち上げる時に、大げさではでなく、「ヨッコイショ」と云う掛け声が必要なほどです。
この屈むという動作がきつく感じるようになったのは、鼠径ヘルニアの手術をしてからです。
この手術をしてから、それまで私の仕事分担だったユニットバスの掃除は免除され、カミサンの仕事になりました。

先月の城崎温泉の宿は、和洋室のお部屋と云う事でリクエストしたのですが。
ベッドとは名ばかりの少し厚めのベットベースの上にマットをおいたような状態で、基本和室での寝起きです。
もう何十年も洋室、椅子・ベッドの生活に慣れいると、畳の床から立ち上がるのが億劫になり、畳にてをつき、勢いをつけないと立ち上がり辛くなってきています。
その温泉旅館の私たちの部屋の玄関でも苦労しました。
玄関部屋と叩きの間の高さの差がほぼないので、狭い玄関で屈んで靴を履くのに苦労しました。
我が家では、玄関に小さな椅子を置いていますし、手を添えることが出来るドアノブがあります。

そして、この猛暑・残暑です。

この暑さ、日差しの強さの中、全く参加者全員の日を遮る木陰のないJR線3本(横須賀線・東海道線・貨物線)の跨線橋の坂を渡らないと、目的地の鎌倉武道館にたどり着けません。
退職して、鎌倉に越してきた時、自転車でスイスイと超えていったこの跨線橋は、今年の猛暑のなか、日傘をさして行くには、覚悟が必要となっています。
まさか、自分がこんな気持ちに、こんな体力になるとは考えもしれませんでした。
いままで、感じたこともない、さほどの勾配でもない坂も、最近キツイと感じるようになっています。
この猛暑・残暑が終われば、いつもの体力・気力が戻ってくるのでは、と思うのですが。
先日の日曜日のビデオクラブの例会の席で、会員のおひとり、気象情報会社にお勤めの方が云っていました。
"今年のような、長雨の梅雨、集中豪雨、そして厳しい暑さと長引く残暑は、今年に限ったことではなく、これから毎年こんな気象になることは、気象に携わっている人間は全員が認識していることです。"と。

この日のラケットテニスに参加したメンバーは9名でした。

男性4名、女性5名で、ダブルス2コートでプレイしました。
男性の年齢は、今年から参加した元仕事仲間の68歳、私72歳、一つ年上の団塊世代73歳と最年長の83歳。
女性は、団塊世代の71歳、実姉と同い年の75・76歳が3名、77歳が1名です。
女性はお一人を除いて皆さん元気です。特に代表のお一人は山ガールですから、筋力があるのでしょう。

私と、76歳の女性は同じダブルスグループ‎はいるようにしています。ダブルスで5人ですと、少し休める余裕の時間があるのです。
彼女は高層マンションの上の方に住んでいる一人暮らしの寡婦であり、外出は常に車です。
私も似たようなもので、自分の部屋のパソコンの前が一番のお気に入りの場所、週に一度のスポーツの日でも、雨が降ってたり、カンカン照りの日は、出かけるのが億劫になっています。

下半身を鍛え、筋力をアップしないと、惨めな、悲惨な老後が待っている・・・と同じ年よりメンバーから云われています。
スクワットをしなさい、と勧められています。解っているのですが・・・・
試しに、大真面目にスクワットを10回やってみたら、大汗をかき、当分はやりたくない。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月12日

Goto愛知、何故か名古屋は美人が多い 旅の顛末記(2)

常滑では多少期待外れの気もありましたが・・・帰りの名古屋へ今度は、ちゃんと特急列車に乗りました。電車の行先はなんと岐阜です。
そうなんだ、名古屋人が言うように、信長も秀吉も家康も、みんな愛知県なのだ、こうやって名鉄に乗ると、大河ドラマの地名が普通の電車通勤圏のなかの土地なんですから。

何故か名古屋は美人が多い
名古屋には、岐阜・白川郷や、下呂温泉の旅などの途中に立ち寄ったりしてますが、特に名古屋市をターゲットとして旅はしてきませんでした。
名古屋市内泊るのは、今回が初めてです。
大きな都会、大きな駅、そして何故か若い子が綺麗、おしゃれ、美人に見えるのです。
関東の田舎の鎌倉に住んでいて、都会的な女性にあまり接していないから、そう思えるのかと思いきや、カミサンもそう云います。
ハワイのホノルルで道案内した女性も、数年前、名古屋市内で「ひつまぶしの美味しい店」まで連れて行って子も、みんな正統派の美人で
気立てのよさそうな女性・娘さんなのです。
すっごい、女優ふうな美人とか、肩を張って「美人です」と歩く、そんな美人ではなく、着てるもの、持っているもの、お化粧に至るまで東京の子と比べたら垢ぬけていて、断然、美人の割合が多く、それも好感の持てる美人ばかりなんです。
私とカミサンだけかと思って、ネットで検索すると、やはり、日本中のほぼ誰でもが、名古屋は美人が多いと感じているようです。

どうして・・・
普通、考えると全国から多くの人が集まる東京のほうが、美人の割合が多いと思われがちですが、どうも美人の質が違うようです。
全国から人が集中したとしても決して平均値があがる訳でもなく、派手な美人、女優風、タレント風の美人、キャリアウーマン的美人、お水関係的美人となってしまい、名古屋のような少し華のある、出しゃばらない、おしゃれが似合う美人となると少ないのです。

ノリタケの森へ
常滑から戻り、名鉄ビル内の名古屋飯の定番「矢場とんの味噌カツ」を食べた後、カミサンとそんな名古屋美人の話をしながら、駅から「ノリタケの森」まで歩きました。
「ノリタケの森」は前々回、飛騨高山の帰りに名古屋駅で途中下車して、行ったことがあり、今回のカミサンのお買い物のメインの場所です。
我が家の食器類は、昔からお皿も、茶碗もカップも二組だけです。
普通の家庭ではセットとして、5客とか6客が普通なのでしょうが、結婚当初からこれまで二人だけの生活なので、全て2客で済ませています。
我が家のカミサンは、人を呼ぶのが嫌いなんです。おもてなしは好きですが、お料理が大嫌いですから、例え親、兄弟がきても、外食か出前が定番で、食器は二組で十分なのです。
その分、食器には拘りがあるようで、メーカー品を選んでおり、結婚当初の「アダム&イブ」は45年経っても無傷で残っていますし、前回この店で買った「ノリタケ」のカップも健在ですし、山口に旅して買った萩の個人工房の一品は、箱入りのまま、残っています。
このようなお店での目的もはっきりしない買い物は、私は大の苦手で、二人でスマホがつながるかを確認し、時間を決めて、別行動にしてます。
予定の時間にカミサンと落ち合うと、手ぶらでした。
「何も買わなかったの?」と聞くと
「二人きりの家庭で、特にお客様もこない家だから、もう100均の食器で十分」とカミサンの返事でした。

オアシス21へ
夜はこの旅で一番期待していました、フォトジェニックな場所、名古屋の新しい名所「オアシス21」へ向かいました。

名古屋市東区東桜一丁目に所在する、公園やバスターミナルなどの公共施設と商業施設との複合施設で、2002年(平成14年)10月11日に正式オープンした。
なお、公園施設の管理・運営は第三セクターの栄公園振興株式会社が行っている。
都市公園としては「久屋大通公園」の一部であるが、公募によりオアシス21の愛称がつけられた。
吹き抜けの地下広場の真上にある水の宇宙船(大屋根)は地面はガラス張りで、中央から水がやさしく流れて銀河の広場に光の波紋を描きだす。
水面の周りには園路がある。夜にはライトアップされる。
2012年に名古屋市が主催した、第1回名古屋まちなみデザインセレクションにおいて、「オアシス21「水の宇宙船」の上と、そこからみた名古屋テレビ塔」が市民投票によって、まちなみデザイン20選(第1回)に選定されており、名古屋・栄周辺の景色を眺めるには絶好の場所となっている



ネットでオアシス21画像で検索すると、美しい、カラフルな「水の宇宙船」と名古屋テレビ塔のライトアップ画像が沢山出てきます。
そして、最も美しく撮影できるポイントとして、隣接している愛知芸術文化センター11階の展望回廊が紹介されており、先ずはそこを目指すのですが、夜8時過ぎで入口が解りません。
オアシス21周辺の警備員に聞いても、芸術文化センター11階の展望回廊が何処にあるのかも知らない様子でした。
上がったり、下がったり、回り込んだりすること20分でようやく、入り口を探し、11階の展望回廊に行こうとしても、エレベーターの表示は10階までしかなく、とりあえず10階まで上がり、ようやく階段を探して目的地にまで到着すると、先客がいました。
大きなカメラと三脚を携えており、同好の士とみかけして、声をかけました。
東京から、ここの撮影を目的としてきている若い男性も、ここまでルートに苦労したと語っており、そして「今日はダメみたいです」と云います。
眼下の「水の宇宙船」は真っ黒、そして、テレビ塔も真っ黒です。
テレビ塔は何時もライトアップされていないようですし、「水の宇宙船」の外枠鉄骨部分のライトアップも時間により点灯されるよう、肝心の水面へのライトアップは、どうやらないようです。
もしかすると、今、来ている台風10号の影響かもしれませんね、との結論です。
もう少し、待ってみようかと思いましたが、「カミサンは限界」のようで不機嫌な様子が伝わってきて、今回はあきらめました。

今回のホテル ザ ロイヤルパーク キャンパス 名古屋
2018年4月1日リブランドオープンした、駅から地下ショピングモール(ユニモール)を通って5分の好立地の、高級ビジネスホテルといった趣のホテルです。
JR東海ツアーズのホテルリストから選びました。
私たちのフリーツァーのホテルの条件は
・駅から徒歩10分以内
・20平米以上のツインルーム
・出来れば大浴場があること です。
今回のケース、小田原・名古屋間 こだま+ザ ロイヤルパーク キャンパス一泊、合計40,400円 −goto35%(14,140)=26,260円(※勿論二人分)
お部屋は、私たちの条件の20平米に満たぬ18.5平米ですが、2年前にリブランドオープしたばかりで、部屋の造りはフルフラットな床面、作り付けの洋服ダンスは引き出し付で、シニア夫婦には収納たっぷりで高級シティホテルに負けない仕様で、大満足でした。
大浴場は、部屋備え付きの作務衣でそのまま行けます。
でもコロナ対策で、入浴は事前予約制、1時間単位で利用人員は5名まで、ロッカーは20ありましたが、使えるキー付きは5か所のみでした。
私が入ったいた時間は誰もいなくて一人、ちょうど良い広さと、温度(39.8℃)でした。

普段、朝食はつけないのですが、今回はコロナ対策と、Goto割引があったのでつけました。
朝食なしで、9,000円(一人)が今回は朝食付きで11,200円で、差額1,200ですが、Gotoで実質780円です。
高級とは言え、ビジネスホテルの朝食は何ら期待していなかったのですが、普段はブッフェなのですが、このコロナ禍で取りやめ、このホテル併設のイタリアンレストランのシェフによる手作り朝食フルコースで、その豪華さにびっくりし、大満足です。
部屋にしろ、フロントの応対にしろ、朝食にしろ、先月の城崎の高級温泉旅館の何倍もの満足感を得ました。

旅の2日目、犬山城の予定が・・・
前夜からTVで、経験したことのない大型台風10号の行方と、東海地方への影響を注視していました。
朝、ホテルの窓からは、青空と、傘を差さずに歩く通行人の姿が見えます。
しかし、ものの15分もしないうちに、空は暗くなり、猛烈な横殴りの雨です。
そしてしばらくすると、また雨が止み、青空が現れるようなお天気です。
台風10号の大きな円の東側の淵、愛知県から岐阜県にかけて、東南から台風のちぎれ雲が次々と舞い込んできているようです。

お城大好き、特に古いそのままのお城、それも国宝のお城である犬山城は、今回の当初の大目的地でした。
しかし、どう見ても、傘は必要な天気模様ですし、犬山の駅からお城までは少なくとも15分は歩く・・・何より木曽川を手前にした国宝犬山城の撮影は無理だろうと、帰りの新幹線はこだまの指定席ですが、無視して、午前中のこだまの自由席で帰る事にします。
カミサンに話すと大賛成です。カミサンは特にお城が大好きな訳でもなく、城下町の散策とお買い物が目的なのですから。
と云うことは、お買い物天国の巨大ターミナル駅で1.5時間のショピングタイムを確保したカミサンは、上機嫌で駅に消えていきました。
特別、高価なお土産ではなく、全てスポーツクラブの仲間へのバラマキ用です。
一番気にかけているのは、珍しいもの、東京のデパートでは売っていないようなもの、わーこれ、面白そうというもので、味は二の次のようでした。

次は、Gotoで知床だ、行ける時行かなくては! その先は分からない年齢なのだから。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

posted by 西沢 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年09月10日

Goto愛知、台風10号、コロナ禍対策、旅の顛末記(1)

9月6日の朝、小田原駅から何時もの「こだま」に乗車、ジャスト2時間で名古屋に下り立ちました。まだ10時前です。
経験したことのない大型台風が九州に接近しているのは承知しており、前日に予定していました初日の、国宝犬山城観光を2日目にし、伊勢湾に面して、台風の影響を強く受けそうな「常滑」を初日の快晴が続いている午前にしました。

名古屋駅から徒歩5分のホテルに荷物を預け、名鉄の準急で「常滑」に向かいます。
初めてくる名鉄ターミナル、地下ホームに降りると、上り、下りともほぼ2分おきに発着しています。
行先を見ると、岐阜、豊橋、瀬戸、弥冨とか、初めて聞く地名や、方向さえ分からない方面への列車ばかりです。
東京首都圏の私鉄と云えば、ある方面への単独の路線と、その先の分岐だけで、移動のメインはJRだけなのに、改めて、東海・関西圏の私鉄の充実ぶりを実感しました。
私たちが、目指す「常滑」は単純な一直線の路線で中部国際空港方面に乗れば良いのは分かっていました。

名鉄の特急は無料とは知らなかった。
4番ホームに降りると、中部国際空港行きの特級列車が入ってきました。
カミサンが乗ろうとするのを、「これは特急料金がかかるから、次の準急に乗る」と見送って、列車を眺めると「一般席」の表示がある車両があります。
もしかすると、特急料金が必要のないのかもしれませんが、ネット検索では特急料金360円が必要と表示されますので、次の準急に乗ります。
準急と特急の所要時間の差は12分なら、安い方を選択するのは、年金シニアの国内旅行の鉄則ですから。
11時前に最初の目的地「常滑」に到着して、念のため駅で、特急料金について尋ねると、案の定、特急でも「一般席」車両では特急料金が不要で特急料金が必要なのは、豪華客席の指定席のみと判明しました。

今回の目的地「常滑」に来た目的は
以前TVの旅番組のなかで「日本の絶景」的番組をみてからです。
ネット上で私の知らない、行ったことのない色々な場所の紹介サイトがあります。

・まだあまり知られていない 日本の美しいスポット 20選


・きっとあなたが知らない!日本の絶景20選


・本当は教えたくない、日本の「隠れ」絶景9選


・ここだけは行っておきたい!一度は見る価値がある日本の絶景20選


・日本の絶景観光スポット31選!死ぬまでに一度は行きたい大自然をご紹介


・【日本の絶景・厳選11選】世界に負けない感動がここに!


・そこはまるで異世界。日本全国の“まるで異世界”のような絶景7選

などなど、なかには誰でも知っている、名所も多いのですが、私の知らなかった場所も結構多いのです。
その一つが愛知県・知多半島の「常滑」でした。

其の時に紹介していた画像が「常滑・土管坂」でした。
常滑焼は、愛知県常滑市を中心とし、その周辺を含む知多半島内で焼かれるb器。日本六古窯の一つ。
常滑焼は、瀬戸焼(愛知県瀬戸市)、越前焼(福井県越前町)、丹波立杭焼(兵庫県丹波篠山市)、備前焼(岡山県備前市)、信楽焼(滋賀県甲賀市)、とともに、日本六古窯として日本遺産に認定されたているのは知っていました。
しかし、この町に来て「常滑」の本当の姿を知りました。
近代の常滑焼は、食器や工芸品としてではなく、産業用陶器、衛生陶器として発展してきたのです。
明治期の日本の上水・下水の近代化では、ここ常滑で作られる、土を焼き固めて「土管」が鋳物製の配管か出で来るまで、日本の衛生・給排水管としての主流として使われてきていたのです。
その頃の名残りが、この小さな集落のあちこちに残っており、近年のインスタブームで「映える」画像として、急激に人気となっています。

駅中の観光案内所で、散策マップをもらって歩いてみました。
しかし、昔ながらの小さな集落のあちこちに点在する、お勧めスポットにたどり着くのに苦労しました。
村の道は入り組んでおり、近代の町中のような一本道、まっすぐな道はなく、MAPで表示されている番号に行き着くのが大変です。

理由の一つは、公式観光散策マップに表示されている場所に行くと、公式MAP以外に地元のお店などが勝手に立てた、ショートカットや、近道の案内板が林立しており、どちらに向かって歩けば良いのか分からなく、その都度地元に人に聞いて歩きました。
私は、鎌倉で観光に携わる市民活動NPOとの一緒に仕事した経験があります。
地元住民なら、簡単に理解できる案内板でも、外部の観光客にとっては相当しっかりとした案内板でないと、方向が分からないのを知り、元々の観光歩き方地図の見直しや、現地案内板の見直しをした経験があります。
インスタ投稿とTVでの紹介で、きっと人気の地となり、コロナ後には外国人観光客も増えるでしょうから、今のうちに、外部の人の声に耳を傾けて下さい。

INAXライブミュージアムへ
水まわり、衛生陶器製品のメーカーとして、知られるイナックスはこの地が創業の地で、明治から大正期、伊奈製陶所を創業し、陶管(土管)やタイル等の建設用陶器を製造してきました。

近年は家庭用の水洗用陶器、からキッチン金具に至るまでの衛生陶器総合メーカーとして成長してきたが、競合する「TOTO」との間は開くばかりとなり、2001年(平成13年)、アルミサッシなどを手掛ける建材メーカー大手のトステムとの経営統合により社名INAXとし、2011年(平成23年)4月1日、同じ住生活グループのトステム、新日軽、東洋エクステリアと合併、その後キッチンメーカーのサンウエーブ工業の開発・管理業務を統合して新会社株式会社LIXILとして現在に至っています。

そのINAXが、やきものの街・常滑で培ってきたものづくりの技術を体験できる場所として、開設したのがミュージアムです。
敷地内には6つの館があり、「発見と継承」をキーワードに、土とやきものが織りなす多様な世界を体感できるようになっています。
メーカーの歴史を伝える施設、ある程度対外的な宣伝戦略を兼ね、最大のライバルである「TOTO」並みの知名度を目指す企業の施設なので、何の根拠もないですが、当然見学無料と思っていましたが、有料でした。
私は建設業界に属していた人間ですから、衛生設備業界は良く知っており、INAXは常に業界のガリバー企業「TOTO」の陰に隠れた存在で、土管屋さんと呼ばれていた会社です。
その会社の創業地での、最も有効なPR施設の入場口で入場料が必要と聞かされ、どうしようかと迷いました。
そして、入り口でコロナ対策として検温され、検温済みと云うシールを胸に張るように指示され、メール番号・電話番号・氏名を記述して、連絡BOXに入れるように指示されました。

どうして?そこまで・・・
スタッフの説明によると、若し万が一当館でコロナ感染が発生した時の追跡用だと云うのです。
ここまで来て、私はここの見学を辞めようとおもいましたが、カミサンに「まぁまぁまぁ・・・外は暑いから少し涼んでいきましょう」となりました。
確かに、本館は内部に昔の登り窯を再現し、主力商品であった土管の製造工程が良く解り、ある程度の勉強になりました。
メインとなっている世界のタイル館は、陳腐の一言です。
メインはイスラムのモスクを飾る幾何学模様のタイルなのですが、こんなもの、この程度のものを、タイル博物館として飾ってはいけません。
ここの責任者は、本物のイラン・イラク・ウズベキスタンの世界遺産のイスラムモスクを見ていないのでしよう。

お昼は名古屋飯を
お昼も過ぎて、ここのレストランに行くと、コロナ対策で入場制限をしており、予約制だと云います。
予約していただいて、メール或いは電話番号をお聞きして、時間になりましたご連絡します。との返事です。

携帯を持っていない人はどうするのかなと思いましたが、どの位待ちますか?と聞くと、分からないとの返事、外は日差しも強く、特に日陰もないし、待合用の椅子ありませんので、あいている室内のどこかで座って待てませんか?との問いにも、出来ませんと云うのです。
コロナ対策なのでしょうが、外で熱中症になったらどうするんだろう?
お腹もすいてますし、日差しは暑いなか、シニアおじさんは切れやすくなっていますが「ふざけるな、サービス業だぞ、メーカーではないんだぞ」と云いたいのを我慢して、「じぁいいです」とこの場を後にしました。
一度、この施設のスタッフを「星野リゾート」の研修に出したほうが良いでしょう。

しかし、ここから常滑駅までのバスは1時間に1本、今行ったばかりで55分待たねばなりません。
駅から来ると時の乗車時間は5分、バス停四つで徒歩20分程度ですから、72歳のおじさんと69歳のおばさんは、炎天下、駅まで歩きました。
1,750円もするお洒落なイタリアンのランチよりも、名古屋駅内の「矢場とん」の200グラムロース味噌カツ、1,800円に期待して・・・

Goto愛知、台風10号、コロナ禍対策、旅の顛末記(2)へ続く


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ