CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年06月29日

吉永小百合のCMの地を訪ねる旅 群馬の大古墳群




今年2020年1月の旅先は、吉永小百合のCMの地を訪ねる旅の伊豆ジオパークでした。
JRの「大人の休日クラブ」のCM・キャンペーンの地です。
「大人の休日倶楽部ジパング」には入会していません。
夫婦年会費が有料、7,458円もするのが大きな理由です。
日本全国のJRのきっぷが20回まで20%・30%割引でご利用できるのは魅力で、知っていますが、事前購入手続きが面倒なのと、全国の宿とJRの組み合わせの場合、大手旅行会社のフリー「宿・JRパック」と比較すると、さして安いとは言えないからです。

八幡塚古墳、二子山古墳、薬師塚古墳の3つの前方後円墳が集積する古墳群
今回、実家の兄のパソコンサポートで信州に行く予定があった時、以前から行ってみたいと思っていました、吉永小百合のCMの地、群馬に存在する、巨大古墳群を帰路に寄るプランを思いつきました。
このプランを長野に住む兄に話したところ、旅行好き・写真が趣味の兄は、高崎まで車で送ってやると、提案してくれ一緒に行くことにしました。

関西・近畿に多く点在する前方後円墳は有名で知られており、昨年は仁徳天皇陵古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産として登録されて一気に有名になりましたが、東日本にも多くの巨大前方後円墳は存在しています。
関西・近畿の古墳の多くは天皇陵の為入場規制されており、上空からの写真でしか見られませんが、この群馬の地の古墳群は地元の豪族のものと考えられ、発掘・復元された現在は、一般の観光客でも無料で、この古墳の上に立つことが出来る、全国でも貴重な存在なのです。
平成4年(1992)に、上越新幹線の建設に伴って、榛名山の噴火によって埋没された古墳群の発掘調査が行われ、数多くの埴輪に囲まれた巨大前方後円墳が姿を現しました。

まるでピラミッドのような全貌

この「かみつけの里」と名付けられた古墳群は、吉永小百合の「大人の休日クラブ」のCM・キャンペーンで一気に知られることなりました。
3つの古墳を「上毛野はにわの里公園」と整備し、ここに「かみつけの里博物館」があり、発掘当時の資料・歴史が展示つれています。
65才以上の私たちシニアは、年齢証明書は必要なく、和暦生年を云えば無料でした。
中にはここで発掘された埴輪は様々なハニワが一堂に会しています。
馬や猪、鹿や鳥に、ヒト型のものも男性もいれば女性もいて、武人らしき人、なにやら作業をしている人、楽器を奏でている人と、多彩で、私たちが知っている
近畿・九州の埴輪とは違って、様々の表情をしています。

この古墳の最大の特徴は、発掘当時を綺麗に再現していることです。
大外濠、中堀、内堀があり、様々な埴輪・壺がこのお堀を囲んで、守っているかのようです。
内堀と中央の前方後円墳の間には、丸い島が4つ造られており、私たちのこれまで知っていた古墳とは、趣が違っていました。
そして、前方後円墳の一番上まで立ち入れ、この頂上から「上毛野」と呼ばれる平野を一望できることと、解放されている八幡塚古墳の後円墳の頂上の下にある一船形石棺を納めた石室まで降りていくことが出来るのです。

この日はあいにくの小雨の日でした
天気予報では1日曇りの予報で、写真をやる兄は、こういう日陰もないような広大な遺跡の場所での撮影で却って、陽の向きを考えずに済む、曇り空のほうが良い、と云っています。確かに年々体力の衰えていく、75才と72才の老人兄弟では、この遺跡でピーカンの陽ざしはキツイかも知れません。
長野を9時に発つときは、曇り空でした。
普通、信州から群馬・東京方面に向かうと、軽井沢の碓氷峠を越すと晴天の関東平野が現れるのですが、この日は反対に碓氷峠は大粒の叩きつけるような雨になりました。
この「かみつけの里」は、兄も知らなくて、カーナビにインプットして走るのですが、高崎近くになると、カーナビの指示する道はどんどんと細くなり、田圃道になって行き、最後にはカーナビは、今、走って来た道を引き返すような指示をだす始末です。
もう、カーナビは当てにせず、スマホのグーグルマップをあてにして、上越新幹線を右に見ながら走り、途中のホームセンターで傘を買うついでに、道を尋ねながら、2時間半で辿り着きました。



当初、吉永小百合のCMの見て、行こうと思った時は、ひたすら、高崎或いは前橋からのバス便を調べていました。
確かに、「上毛野はにわの里公園」のバス停はありました、が、時刻表を見ると、午前2本、午後1本しか有りません。
公園から徒歩15分の所にある、住民用のコミュニテイバスは、1日10本の循環バスのみでした。
つくづく、車の便利さ・機動力を知らされた、兄に感謝の旅でした。
帰りは、JR高崎駅まで送ってもらい、帰路につくのですが、ここでまた貧乏根性がでて参ります。
高崎・東京間新幹線、東京・大船間在来線ですと、所要時間1時間42分 5,680円です。
高崎・大船間 直通乗り換えなし在来線ですと、所要時間2時間30分 2,640円円です。
年金ライフシニアおじさんは、躊躇なく、即決で在来線を選んだのです。
50分の移動時間短縮に、3000円は払えないのです。
帰宅するとカミサンは、お金と体、どちらが大切なの!といいますが・・・
まだ、お金の方が大切なんです。
後期高齢者になったら、少し考えが変わるかもしれませんが。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月27日

松尾芭蕉 奥の細道の地 日本海「出雲崎」へ

信州の実家の兄は、新規パソコンセットアップの謝礼として、個人レベルの電車とバスでは行くのが難しい松尾芭蕉が奥の細道の旅で詠んだ「荒海や 佐渡によこたう 天の川」の地「出雲崎」へ車をだしてくれました。
実家の長野市から車なら、高速道路を経由して2時間でいける場所です。

出雲崎へのアクセス
長野市から電車でも行けますが、新幹線が通って以降は鉄道線ですと、「しなの鉄道」・「妙高はねうまライン」の2つの第三セクター鉄道と、JR東日本在来線の「信越本線」・「越後線」の4路線を乗り継ぎ5時間弱、3,000円かかるのです。
新幹線が開通した地は、何れも並行して走る在来線は全て第三セクターへと移行して、地元住民の足は奪われてしまわれているのです。
誰の為の新幹線なのか?、
確かに大きな町、私の場合実家の長野市に住む人間にとっては、東京まで1時間25分と子供の頃、8時間近くかかったことを考えると近く、便利になったのですが、新幹線から停車駅から少し、外れた住民にとっては、却って不便になった感じる人が圧倒的に多いのです。

初めての佐渡ヶ島
兄のwin10のセットアップが一段落した2日目の午後3時に実家を車ででました。
今回の本来の目的は、佐渡によこたう天の川の映像撮影ですが、兄の一眼レフカメラ、私の家庭用のビデオカメラではとても、夜空の天の川の撮影は出来ないのは解っていましたので、まずは新潟の海と佐渡ヶ島が綺麗に見える地として、高速米山サービスエリアに寄り、先ずは目で確認しました。
佐渡ヶ島を見るのは初めてです。
この日はお天気もよく、かなり近い位置に確認できました。
佐渡は思っていたよりも大きく、この地からは平らな島に見えましたが、実際に行ったことがある兄による、かなり急峻な山・谷がある大きな島だそうです。
この日はコロナ自粛が明け、県を跨いでの移動制限が解除された、最初の日曜日とあって、結構、サービスエリアは混んでいましたが、他県ナンバーの車は少ないようにみえました。

宿場町 出雲崎
車は米山で高速降り、目的地の出雲崎までは下道で20分程度です。
知りませんでしたが、この地は中山道・北国街道追分(彦根市下矢倉町)から北国街道追分(新潟県上越市本町)に至る街道の宿場町・漁港として栄えた街で、海に面した家々は今でも板を重ねた壁と、通りに面して大棟が直角になっている「妻入り」という形式で、海岸線に沿い約4kmも続いており、これは日本一の長さだそうです。
江戸時代の出雲崎町は、越後で一番人口密度が高く、多くの人が居住できるように間口(まぐち)が狭く、奥行きの長い妻入りの形式がとられていました。また、当時は間口によって税金が掛けられていたとのことで、二間や三間半の家が多く並んでいます。
この、全国でもめずらしい「妻入りの街並」の散策に訪れる人も多く、街並み景観保存事業も進んでいるようです。

良寛の町
出雲崎は、ただ、松尾芭蕉の句碑と初めて見る佐渡ヶ島の為に来たのですが、ここに撮影に来る下調べで、あの良寛の地であることを知りました。
町には良寛生誕の地として、日本海を見渡す小高い丘の上に「良寛祈念館」と、街中の生家橘屋の屋敷跡に「良寛堂」がありましたがコロナ自粛、移動解除の直後の日曜日でもカメラ片手の観光客は私一人でした。
特に、私たちの目的が、日本海の夕陽撮影の為、この町に到着したのが遅く「良寛祈念館」は既に5時を過ぎていて閉館していました。

句碑 佐渡によこたう天の川
この超有名な句碑が、ここ良寛堂記念館の展望台にあると思っていましたが、ありませんでした。画像は、高速米山サービスエリア展望台のものです。
あまりにも有名、そして壮大な句碑は、新潟には沢山あるようです。
そして、今回調べて解かったことは、芭蕉は実際に「佐渡によこたう天の川」は見ていないようです。


今回の出雲崎探訪で調べたネット情報「私の芭蕉紀行」http://www.intweb.co.jp/miura.shtmlによると

同行した弟子「曾良旅日記」には鼠の関を出てからは、村上に泊まり瀬波に遊び、新潟を通って弥彦の明神にも参詣している。
さらに寺泊をへて出雲崎に宿泊、その夜は雨が強く降ったと記されています。

海が荒れていたかどうかはわからないが、強い雨のなかで佐渡を望むことも天の川を見ることもできなかったはずだ。
芭蕉は出雲崎で「荒海や佐渡によこたふ天河」と詠んだ。
この有名な句は写実であるよりも虚構に近いものだといわれるが、実景以上に実景らしい。
佐渡の流人の島としての悲しい歴史と旅情と乾坤の銀河。
出雲崎で佐渡を眺めると、この句の絵画的イメージが実感でき、見る人を無条件に納得させてしまう。地元の人に聞くと、夏のこの時期、佐渡海峡は風も吹かず、波もほとんどない穏やかな日が多いという。
ただ、佐渡が見えてもいつも水蒸気でかすんでいて、島影程度しかみえないとのこと。
また、天の川は夏の時期は芭蕉が云うように、本土から島の方に橋を渡すように横たわって見えるが、ただ、残念なことに町の灯りや街灯で昔より天の川が見えにくくなっているという。


まあ、そうなんでしょう。でもこの芭蕉の描写力に脱帽、完璧です。

日本海の夕陽
この日の出雲崎の日没は19:09です。
写真・映像をやるシニアオジサン、マニアはこれくらい調べてくるのは当たり前です。
ちょうどこの日は日食が見える日で、5時頃、濃いサングラス越しに欠けた太陽が見えました。
日本海に沈む夕陽は何故か、太平洋に沈む夕日よりも、人々の心を惹きつけるようです。
私が初めて、海を見たのも、海に沈む夕日を見たのも、小学6年生の修学旅行先の柏崎でした。
じっくりと日本海の夕陽を眺めるのは、その時以来、70年ぶりのことです。

日没の時間になると、大きなしっかりとした三脚・一眼レフの男性が現れてきます。
私の兄も同好の士ですから、話していました。地元の方たちかと思いましたら、一人は埼玉、一人は筑波からで、やはりコロナ自粛解禁でやって来たと云う、夕陽撮影マニアのようでした。
この日はお天気が良すぎました。
水平線には雲一つなく、沈んでいく赤い、オレンジ、ピンクの陽を受け止めるものが全くないのです。
雨や、曇りではないのですが、夕陽撮影マニアなんてこんなものです。
夕陽を見ながら、私たちは自分が出会った夕陽のポイント、映像をお互いに自慢しあいながら別れました。
ちなみに、私の自慢の夕陽は
「出雲・松江の旅2016」の宍道湖の夕陽
で3万アクセスの人気動画です。

じっくり日本海の夕陽を見て、帰路につき、長野実家に着いたのは夜の10時を廻っていました。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月25日

ウインドウズ10の新規セットアップ顛末記

実家の兄の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の「特別定額給付金」10万円の遣い先は、セキュリティサポートが切れたウインドウズ7に代わるwin10(ウインドウズ10)です。
コロナ自粛のさなかに相談があり、兄(今年、後期高齢者の仲間入り)に代り、予算10万円以下で人生最後のパソコンになるやもしれぬパソコンを選び、ネットで購入し、実家へ配達してもらう手筈を整え、コロナ自粛規制のなかで県を跨いでの移動が解除されたら、私が行って、なかなかパソコンビギナーでは面倒な現代のwin10(ウインドウズ10)のセットアップをお手伝いすることになりました。

兄の最後のパソコンのスペックは
現在、兄が使っているのはディスプレイ一体型のwin7です。
cpuはi3、hddは250GB、メモリー4G、officeありの、ごく一般的なタッチパネルのものです。利用用途は、メール・インターネット・趣味の写真です。
今回の新たなパソコンwin10へのリクエストは、特にありませんでした。
外に持ち出す訳でもないので、今の書斎のパソコンデスクに納まりの良い、ノート型、しいて言えば今利用中のwin7では、テレミーティングに使うカメラが映らないので、今流行りのZoomが出来れるような、そして、家のなかだけの使用でも、wifiが出来ればもっと助かる、そんな機能・部材全て入れて、コロナ「特別定額給付金」10万円で納まりたい。との要望でした。

選んだのは、東芝メーカー直販サイトからの

ノートPC型 hddは1テラ、CPUはi5、メモリー8G、オフィス2019搭載の東芝の2020年春限定モデルでした。
91,080円、プラス「ウイルスセキュリティゼロ」1,980円、バックアップ用の64GのSDカード、2,840円 合計95,900円
本当は同じスペックでHDDではなくSSDにしたかったのですが、予算オーバーして諦めました。
県を跨いでの移動が解除された翌日の20日、実家へ向かいました。
兄の自宅には、既に届いていましたが、事前に届いても、勝手に開封して、通電しないように伝えておきました。

win10は昔のXPやセブンのように、箱からだして、説明書も読まずに電源を入れ、インターネットLANケーブルを接続すれば、即、使えるような代物ではないからです。
それに、開封してみた驚いたのは、書類・紙類・印刷物で入っていたのは、付属品一覧確認の白黒印刷のA4一枚と「セットアップの仕方について」と題したこれもA4裏表の単色印刷たったの二枚だけです。他には何もありません。
唯一、入っていたのは、マイクロソフトオフィスのインストールプロダクトキーが記された、名刺大の紙きれ一枚。
昔と云っても4年前は少なくも、「安心してお使いいただくため」と「取扱説明書」があり、各部名称・外観図に始まり、困った時に開くページがついた小冊子があつたものですがついに、ここまで来たのか。
勿論、バックアップDVDとか、リカバリーDVDなんか、ついてくるはずもありません。

原因は、パソコンの価格破壊です

今回購入したのと同じスペック・レベルのパソコンは、10年と云わず5~6年前では、12~14/5万はしていました。

新興国産のメーカー或いは、アメリカ産google-osの格安PCの台頭、そして一番の大きな変化はスマホ時代の到来で、若い世代がパソコン、特にマイクロソフトパソコンから離れていったのが大きな原因です。
スマホの操作は出来るが、パソコンは出来ない、キーボートを打てない若者が増えています。
そこで、メーカーは、これまでのスタイル、「購入者は初心者、全て出荷段階でセットアップを済ませておき、電源・LANをさせば直ぐに使える状態、必要になるであろう便利なソフトを沢山プレインストールしての出荷」をしてきたのですが、この価格破壊では、そんなサービスは出来ません。

今回、4年前の同メーカー、同機種と比べてみると、昔あれだけ嫌だった、大手セキュリテイソフトの1年無料限定版も入っていませんし、定番のハガキソフトもなし、マイビクチャには少なくとも数枚のデモ画像があったものの、ありません。当然ながらマイミュージックのフォルダーは空っぽでした。ここまでやるのか、メーカーは。さすが!。
確かにデモ・サンプル画像も、ミュージックも不要です。

マイクロソフトwin10のセットアップに必要な環境は
1,既にインターネット環境が整っていること
2,セットアップ前に、使えるメールがあり、セットアップするPCではなく、他の手段で送受信できる環境にあること。
3,タッチパットを使い、キーボード入力が出来る事
 ※セットアップ時にはマウスはまだ使えないからです。
これが最低の条件です。この3つない、出来ないと、ご自身でwin10のセットUPは出来ません。
4,他には、これまで使っていたメールアドレスのパスワード、その他、新しいwin10に引き継ぐ各種アプリ、サービスのID・アカウント・パスワードがないと、今までと同様なパソコンの使い方は出来ません。

量販店では、win10のセットアップサポートを有料でやっています。
結構な料金になりますから、ご自身で何が出来て、何が難しいか、何を頼むかを店頭でお尋ねください。
参考料金サイト https://www.yamada-denki.jp/service/totalsupport/pc-support.html

当日の朝、自宅大船を6時半に出て、信州の実家に10時過ぎに到着、早速win10のセットアップ作業にとりかかりました。
一応、正規の手順でセットアップ作業はいりました。
電源を入れ、最初に出てくる無線LANのが設定をスキップし(何で最初に無線LANの設定が必要なの?) 簡単設定をクリックし(※この状態ではマウスは使えず、全てタッチパットです。)
これまでのWinsowsと違うのは、ここからで先ずはユーザー名とパスワードの設定が必要となり、初めてパソコンを使う人は、或いはwin7、8までの人は戸惑うと思われます。
ここでは半角英数字しか使えません。
次に東芝の場合、ユーザー登録・メールアドレス入力画面になりますが、これはスキップしても問題なく、これで基本的にパソコンは使える状態になります。

次に、兄のPCはoffice2019が必要なので、インストールしなくてはいけません。
インストールするにはセットアップ条件の1のネツト環境ですが、現在win7使っているので、何ら問題はないハズです。でした・・・
実家はネット幹線は地元ケーブルテレビの光です。
現在win7につながっているLANを新しいwin10に接続すればOKのはずですが、何故かオフラインのままなのです。
ネットが繋がらないと、officeのインストールはおろか認証さえ出来ません。
何回、やり直し、接続しても繋がりません。
仕方なく、元のwin7に戻すしてみると、ちゃんとつながるのですが・・・・
ここでケーブルテレビに電話して聞いてみると、フレッツ光の場合、無線LANではなく実機に接続する場合、1回線1台となっており、新しいパソコンに繋ぐ場合、一度電源リセットし、5分待たないと、新しいパソコンを認識しないようになっていることが判明しました。
ここまで、電源を入れてから1時間かかりました。

オフィス認証にはメールアドレスが必要です。
兄は、プロバイダーメールアドレスを持っていますが、まだオフィスはのアウトルツクは立ち上がっていないので使えない状態です。
今、セットアップするPCで受信できるメールアカウントを造らなくてはいけません。
或いは、LANを古いwin7に戻してやる方法もありますが、その都度LANルーターのリセットをする必要があるので、今、すぐ使えるメルアドを新規に造るのを選択しました。

Gメールはこれからも必要になるので、これを登録します。
Gメール、Gアカウントの登録には本人認証があり、ここでもインターネットと繋がる機器が必要で、幸い、兄はスマートフォンを使っているのでスマホで認証コードを受けて、無事にGアカウント、Gメール、が使えるようになり、オフィス2019のインストールが完了しました。
ここまでセットアップスタートから3時間以上かかりました。
LAN接続がスムーズなら半分の時間で済んだでしょうが・・・

次に、アウトルックに兄が常用している、唯一のメールアドレスを設定しなくてはなりません。
メールアカウント名とパスワードを聞くと、知らない、知っているのはメルアドだけだと云います。
そこで、10年以上も前のプロバイダー契約書を探し出し、調べるとありました。
この情報をアウトルックを立ち上げ、手動入力しても、全てエラーになります。
兄は、ケーブルテレビとメンテサービス契約を結んでいるので、呼べば無料でやってくれるはず・・・と云うので電話してみるとケーブルテレビとプロバイダーは別会社の為、連絡・手配はするが、本日は日曜日であるし、個人情報に関する件なので、電話での回答は出来ず、明日以降の本人確認のち、郵送での連絡になるとの回答でした。

私は、三日間の予定で信州の実家にきているのですが、明日二日目は、午後から松尾芭蕉の「荒海や 佐渡によこたう 天の川」と読んだ地新潟の出雲崎へ行く予定ですし、三日目は帰路の高崎にある、吉永小百合のCMで知った大古墳群「かみつけの里」行く予定でした。

それではと、今、兄の持っているメール設定dataは信用せずに、現在生きているwin7のアウトルツク内の設定DATAの解析から探り出すことにしました。
問題はメールパスワードと、アカウント名です。
win7を調べると、アカウント名と云う名称はなく、ユーザー名と云う名で、これは簡単にわかりました。
パスワードはwin7ですから、win10では使えない解析ツール「パスワード・アイ」が使えます。
結局、POPもSMTPも、パスワードも兄の持っているDATAと全く違っていました。
これで設定し直して、一発で繋がりました。

win10の最低限の機能を立ち上げるのに都合、8時間あまりかかったことになりました。
その後、出雲崎へでかけるまでの数時間は、必要なセキュリティソフトのインストール、これもクラウドからですから、ユーザー登録・本人認証が必要で、ともかく、ネット環境とメールがないと、win10の立ち上げは出来ないのです。
前述の量販店のサポート価格表をご覧になるとご理解出来ると思いますが、プリンターの接続でさえ4,000円なのですから、今回の兄のようなケースの場合、4~5万円はかかってしまうのです。

ヤマダ電機セットアップサポート料金表


win10のセットアップは、かなりパソコンに詳しい人でないと、簡単に引き受けると大変苦労しますのでご注意ください。
75才、後期高齢者の仲間入りする兄の最後のパソコンになるや?

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月23日

切れやすい、シニアおじさん、もしかして私も・・?

6月19日より県を跨いで移動制限が解除される前日の18日、20日より予定していた実家の兄の新しいパソコン・win10のセットアップに行く為に
JR大船駅に切符の手配に行くことにしました。
長兄はこの7月の誕生日で75才、晴れて「後期高齢者」となります。
これまで、ずっとパソコンはデスクトップ型のWindows7を使っていましたが、Microsoftのサポート終了後、セキュリティに危惧を感じながらも
長年の使いやすさと、Win7でしか使えないソフト・アプリがある為、今月まで使い続けていました。
60才定年2年前に、奨励退職・退職金の大幅割増しを選択し、それ以降は地元大手バス会社の嘱託パートとして72才まで週3〜4日ていど働き、趣味の車と写真の世界に浸ってきています。
パソコンのレベルは、写真・ブログをやっているので同じ年代のなかでは、中のやや上程度です。その兄が、ついにパソコンをwin10にする、と云って来たのです。
私は、すぐにピンときました。
「コロナ臨時給付金が入ったの、早いね、うちはまだだけど」
「そう、俺の寿命から行くと最後のパソコンとなるだろーな、win7だって8年使ったんだから」
「どんなパソコンが欲しいの?、写真とネットだけなら、昔よりもかなり安いよ」
「オフィス込で10万円。win10はセットアップ費用がかかるみたいだけど、お前、やって」
「鎌倉から長野へ新幹線で往復すると交通費だけでほぼ2万円かかるんだけどね。・・・」
「その分、お前の行きたい所、何処でも車を出すからさ」
と、私が事前に「価格ドットコム」で見繕って実家着で手配し、「コロナ自粛解除・県を跨いで移動OK」を待ちました。

JR窓口に新幹線チケットを買いに行く前に、念の為に銀行ATMで入金をチェックすると、二人分公金として振り込まれていました。
10万円か・・・兄のパソコンは10万円で十分動くし、色々つけてもお釣りはきましたが、私の欲しいパソコンとなると、もう一回臨時給付金を
貰わないと追いつきません。まだまだ、余分な経費は節約しないと・・・

今回の大船から長野までのチケットの買い方で先ずは、節約します。
北陸新幹線ですが、指定席は利用しない。
普通通り、新幹線指定席にすると 9,110円です。
自由席で良いのなら 8,580円で差額は530円です。少し早く行って並べば530円節約なんです。
しかし、問題が一つあります。
東京から長野までもっとも停車駅の少ない、早いの金沢行きの「かがやき」なんですが、全席指定で、自由席はないのです。
東海道新幹線の「こだま」「ひかり」「のぞみ」と同じです。「あさま」「はくたか」「かがやき」の順です。

次にもっと安くする方法
一般的に普通は大船・東京・長野の乗換・乗り継ぎを考えます。自由席で8,580円。
全く同じ出発時間・所要時間・到着時間も一緒で7,480円という乗り方もあります。これですと、7,480円です。
決して不法な方法ではなく、大船・大宮・長野と新幹線を使う期間を少し少なくするだけで、出発・到着時間は同じで1,100安くなるのです。
まともに、東京駅から指定席で行くと9,110円、大宮まで行って、もしかすると自由席があいてないかも知れない不安はあるけど7,480円。
1,630円、お得なんです。昼のランチ2回分浮く、勘定です。

カミサンにこの話をすると、
「コロナ給付金10万貰っているのだから、ケチケチしないでよ」と云いますが、「乗り鉄」としては絶対に譲れない・許せないのです。



もう一つ、もう一段安くする方法もあります。
私の地元、大船乗車で上記のルートの値段を弾きたしましたが、一本早い電車でお隣の戸塚駅に行き、一旦下車して、戸塚・大宮・長野を利用すると、7,150円です。
330円安くなりました。
新幹線を利用した場合の乗車券の計算は、山の手区内・東京都内・横浜市内の大きなゾーン割があります。同じゾーン同一料金ですから横浜市内の一番端隣は、鎌倉市の戸塚まで同じ料金なのです。
問題は、大船・戸塚間 スイカを使うと157円は必要なのですが、一度改札を出て、大宮経由新幹線長野までのチケットを買わなくてはならない手間・時間が発生するのが、難点なのですが。
最安値は大船・戸塚間 157円 戸塚・大宮・新幹線長野間 7,150円 合計7,307円 
まともな東京乗車・指定席の9,110円より1,803円も安いのです。
乗り鉄とし当然の選択です。

ここまでは、ネットで調べてはついています。
さて、出かける前日、このルート案でJRみどりの窓口で、購入を試みました。
みどりの窓口ではこんなマニアックな、ケチな乗り鉄マニアオジサンのルートでも持論かえることは解っています。
今回は、以前、東京駅が経験したことが、改善されているかの検証でした。
みどりの窓口のお姉様は、嫌な顔せず、チケット発券をぱちぱちとパソコンに打ち込み、料金を画面に掲示しました。
私は、何時も使っているJR日東日本のICカード「スイカ」で払うというと、やはり・・・ダメでした。
現金か、クレジットカードでないと払えないと云うのです。
ここは、JR東日本のみどりの窓口、ICカードは、イコカではなく、スイカです。
あれだけ、TVCMで使って下さい。駅構内の売店、レストランでも使えるようにしているのに、肝心かなめのチケット販売センターでは、いまもスイカからの支払いは出来ないのです。
解った、やはりダメなのね。
では、どうしたら良いのかと聞くと、みどりの窓口の発券機なら出来ると云うのです。
発券機で出来て、カウンターでは出来ない‥と云うのも不思議なお話なのですが・・
ここでシニアオジサンは少しイラついてきたのですが・・・・、

ここで表題の切れやすい、シニアおじさんの頭はぶち切れ寸前です。

私の場合の今回のルートの場合は、簡単ではありません。
先ず、乗車する駅は新幹線の駅ではなく在来線の駅で、新幹線の駅まで有料特急も走っていません。
とりかかりの画面のどれを選択して良いのか、乗り鉄オジサンでも迷うのです。
辛うじて、大船乗車を選択し、新幹線乗り継ぎ駅の選択です。
画面には、「東北新幹線」「上越・北陸新幹線」「北海道新幹線」などのが表示されますので、「上越・北陸新幹線」を選択し、北陸新幹線の大宮駅を選択し、下車駅を長野と選択するだけの話なのですが、北陸新幹線の駅選択リストに「大宮」がないのです。
操作を間違ったかと思い、再び、丁寧に確認しながらやっても、同じ画面でスタックしてしまいます。
仕方ないので、呼び出しヘルプボタンを押しました。
20代後半の若い社員がきたので、トラブルの説明をしました。
では私がやってみますと云うので、「いいえ、素人のお客さんの私がやるのを見てて下さい。」と云いそのトラブルになっている画面までスムーズにやってきました。

「ほら、北陸新幹線の駅選択画面に大宮がないでしょ」と私
「この画面のの上の上越新幹線の大宮を選択して下さい。」と、そんなことも解らないのジイサンといった顔の若いお兄ちゃんです。
「大宮」は上越・北陸・東北・秋田・山形・北海道新幹線共通の駅ですから、と云います。
私は、「君は日本語が読める、関東首都圏に住んでいる、しかもJR東日本の社員だ、」
「もしここに、九州熊本から出てきた地理も方向も解らない70代のオバサンがこの券売機のこの画面を見て、選択出来るとおもうか?」
「君が初めて関西に行って、京阪門真から関空までのルートを人に説明できるか?」
「外国人がこの券売機で自分なりのルートで発券できるか」
「乗車券と新幹線特急券の違いを説明できるか」

団塊オジサンはぶち切り寸前です。
みどりの窓口でスイカは使えないわ。
新幹線チケット券売機は、素人目にみても使えないわ。
遂に私は、このJR東日本のお兄ちゃんにぶちまけました。
「神奈川県の体育館予約申し込みシステム画面も、JR東日本の券売機システムの画面も、国のマイナンバー登録画面も、みんなシステム制作業者に丸投げで、発注者の誰も解っていないからあんなデタラメな、使いにくい、バグだらけのシステムが出来上がるんだ、
そして、それを、半世紀に渡って高度成長を支えて来た、団塊世代の元エンジニア・開発者が指摘すると、「キレル年寄り、シニア」と云いやがる、事務所に戻ったら上司や、そして君の父親に、今日、団塊世代と云う爺さんが、ぶち切りて説教していったと云え、文句があるならFacebookでもTwitterでもなんでも書いて構わんぞ」

こっちのネット発信力は君の100倍もあるんだ、その覚悟で書くなら書いて見ろ。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方



posted by 西沢 at 08:24| Comment(1) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月20日

ネット断食を試みる良いチャンスかもしれない

長いコロナ自粛生活で何時もよりも自室に籠り、ついついパソコンに向かい、ネットの世界に入り浸る時間は長くなったのは自覚しています。
これまで、自宅の机の上、見える場所にはパソコンを置いてありませんでした。
机の下にしまってある二台のパソコンは、何れもノートPCで、使う時に机の上に広げています。



一台は2014年のWin8.1の昔ながらの、黒い、大型画面、HDDの、主に動画・グラフック編集用のハイスペック・ゲームPCです。
最近、立ち上がりがイライラするほど遅いのですが、Win10では動作しない、アプリが沢山入っているので、辛抱強く使っています。

もう一つは、Win10のメタリック仕様の軽い、SSD・PCで主に外に持ち出す、ネット・プログラム用です。
このコロナ自粛前は、自宅書斎でこのSSD・PCで作業して終わると、シャットダウンし、電源コードも抜いて机の中に収納していました。
しかし、コロナ以降、外出することも少なく、そしてNPOボランティアを卒業してからは、自宅で過ごす時間が圧倒的に増え、いままで必ず机の上を空にしていたのが、何時の間にかPCをシャットダウンせずに、置きっぱなしになってしまいました。

コロナウィルスの情報・ニュースを含め様々な情報の検索、施設などの利用状況・制限を調べ、趣味のクラブとのオンラインミーティング、情報交換、自分がオーナーのwebサイト、ブログのアクセスチェック、facebook、メールを朝食後の日課となっています。

退職・年金リタイヤシニアですから、土日・祝日の区別もなく、通常でしたらNPOボランティアの予定や、趣味のクラブ、スポーツの日程、手配、そして最重要な毎月の2泊3日の国内旅行の予定造りなどあったのに、全てなくなり本当にすることが無くなり、ボーと、ただ暇だからと、ネットに向かう時間が格段に増えました。

となると、身体的に変化がおきました。
先ず一番の変化、トラブルがは下半身の浮腫みです。
夕方になると、座りっぱなしの足のふくらはぎから、足首にかけて、カミサンが異状ではないか、と疑うほど浮腫みがでるのです。
これは、夜、就寝時に足を大きな抱き枕「ピンククジラ」の上に置くことにより、翌朝には浮腫みは改善されているのですが、今まで履いていた靴、それも右足だけが少しキツイのはなかなか改善しません。
次に、目です。
確実に疲れ目となり、昔はなかった目ヤニが左目だけに発生するようになっています。

そんな時、「ネット断食」と云う言葉を知りました。
ネットに依存する弊害という項目がありました。
「思考」が「検索」に置き換わり、取って代わり、自分で考える力が確実に失われていく・・・ある人はこれを「検索バカ」と名付けていました。
そして、自分のホームページ、ブログ、掲示板の書き込み、アクセス数ばかり気にしだし、記述するテーマ、記事、話題についても、本来の自分たち団塊世代の生き方や、現状の生活、話題、不安よりも、今、ネットで話題の記事やネット受けしそうな話題ばかりを考えるようになります。
SNSにしても、「いいね」や、映える画像ばかりを考えしまいます。
常に発信し続けなくては、3日以上更新をあけると人が離れていってしまうのでは。
現役時代と違い、古稀70才を過ぎると親しい、友人の数は徐々に減って行きます。
今、一番会話が成り立つ、重要な知人(友人・amigoではなく)は多くはネット上の人達なのです。
退職して17年、そんな孤独・孤立の不安からはもう抜け出したほうが良いのでは、情報発信のペースを落としてみたら、と考えています。

ある人は、ネットを「遠浅の海」に例えています。
世界中どこでも行けて、誰とでも繋がることが出来る。しかしその海は何処まで行っても膝の高さまでの深さしかない。
それに対して、本を読んだり、文章を書いたりすることは「深い井戸」である。
ネットほど広くはないけど深い。
そして、読んだり書いたりにじっくり取り組むには、その前に「ぼんやりと考え事をする時間」が必要だと。


今日は、コロナ自粛による県を跨いでの移動制限が解除されらを機会に、早朝から、実家の兄の家に行き、現在のWin7のPCから、新しいwin10のセットアップと引っ越しの作業の為、6時半の電車・新幹線で信州に向かいます。

作業は恐らく1日かかるでしょう。
そのPCサポートのお礼として、翌日、兄は私が行きたかった松尾芭蕉の「荒海や佐渡に横たう天の川」と読んだ地、新潟「出雲崎」へ車をだしてくれ、翌日の帰りは、これまた、公共交通の便が悪い、高崎の巨大かつ綺麗な古墳、保渡田八幡塚古墳まで送ってくれることになっています。

少なくともこの3日間、私は自分のパソコンは触りません。
スマホは保険代わりに持参しますが、まず見ないでしょう。
ネットと切り離される時間72時間。
この体験を経験した後、少しづつ、パソコンと接する時間を少なくしようと思っています。

最後にちょっと後悔していること。
過去の自分の写真アルバム・ビデオ・手紙・絵葉書などを全て断捨離したことはお伝えしたと思いますが、確かに目の前からは捨てましたが、ほぼ全てがパソコンのなかに残っているのです。

過去を振りかえろうとする時、それはパソコンの中なのです。
断捨離を実行した時、何時でも取り出される、想い起こせると信じていましたが、果たして、私の予定・想定年齢になった時、パソコンに向かって、昔の思い出に浸ることが果たしてできるかどうか?、怪しく思えるようになっています。
ホスピスのベッドで手にするのは、パソコンではなく、きっと手垢の染みた手紙や写真なのではないのでしょうか。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月18日

アベノマスクが届いた、自粛から自制に切り替わる日に

実家・信州の兄との新しくパソコン立ち上げサポートでの電話のなかで、実家の長野市はアベノマスクも、コロナ支援金もとうの昔に届いているとの話です。
エェー、神奈川県・鎌倉市は友人に聞いても、近所に聞いてもまだ届いていません。
コロナ感染者の少ない地方・田舎より、感染者の多い、必要とされている関東首都圏、それも神奈川県の我が家には音沙汰もありません。

6/15(月)東スポWeb 配信
アベノマスク 配布おおむね終了 この日届いたとの声も多数」の見出しです。

安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルス感染拡大防止策として打ち出した各世帯に2枚ずつ、約1億2000万枚超の布マスクの配布が15日までにおおむね終了した。厚生労働省の公式ホームぺージ内「布製マスクの都道府県別全戸配布状況」でも「全国で概ね配布完了」と明らかにしている。
安倍首相が布マスクの配布を表明したのは4月1日。使い捨てマスクの入手が困難になっており、国民の不安をやわらげる狙いがあった。
当初は5月中旬の配布完了を目指したが、一部に不良品が見つかったことで検品態勢を強化するなどしたため大幅に遅れ、その間に使い捨てマスクの品薄状況は徐々に解消されていった。
もともと評判が悪く「アベノマスク」とやゆされた布マスクの全戸配布は、政府の対応の遅さの代名詞ともなった。
この日もツイッター上では「やっとマスクが届いた」との報告が多くあり、感謝の声の一方で「記念」として使わずに取っておくといった声もあった。



6月17日の朝、新聞をとりに集合住宅のポストボックスの中に届いていました。
よく見ると、この包装された「アベノマスク」の表面をみると、我が家の住所も、私の名前もありません。
そうか、日本全国の全所帯への配布と云うことで、住所などのラベルは必要ないのだ・・・
郵便局は、管轄内の各家庭のポストにただ投げ込むだけでいいんだ・・・確認もなしに。

なのに、どうして4月1日から開始して、5月中旬の予定で届いたのが6月17日で2ケ月以上もかかったの?
そして、どうして各所帯2枚なの?、子供やお年寄りのいる多人数所帯では足りないじゃないか?
都会では一人暮らしの所帯が多いと云うのに、二枚貰ってどうするの?
カミサンの友人の間では、貰っても必要ないから何処かに寄付しようと思って、医療機関や保育園などに連絡しても何処もいらない、と云っているようですし、
そもそも、この愚策に幾らかかっているのか

Yahooニュース配信

新型コロナウイルス対策で政府が配布する布マスク(通称アベノマスク)の費用内訳と、多額にのぼると指摘されている「余った金」の使途について、14日の参院厚生労働委員会で厚労省が説明した。
質問に立った社民党の福島瑞穂党首も公式サイトに議事録をアップして報告している。
厚労省は答弁で、令和2年度予備費からの233億円のうち、「購入については効率的な執行に努力」した結果として「91億円の見込み」と説明した。
さらに「印刷パッキング等費用19億円」+「郵送費14億円」+「検品費用が約8億」+「コールセンターなど諸経費0・6億円」=「計約41億」とした。
福島氏が「残りのお金、どうするんですか?」と、予備費233億円についても、100億円が残る計算となることを聞くと、厚労省は「この予算は感染症対策費の中の健康対策関係業務庁費という費目で計上してますので、その予算の趣旨、目的等に照らして適切に判断をさせていただきたいと思っております」と述べた。


住民税非課税所帯の上、年金生活で一般国民の皆様に比べて圧倒的に税金金額が少ない我が家でも、このような無駄・無策と思われる、内閣府の税金の使い方には不満・不安をいだいています。

そしてコロナ自粛生活から自制生活へ
政府による緊急事態宣言が解除され、町に人出が戻ってきたとニュースで報道されても、神奈川県、そして鎌倉市では、公共施設の利用制限の解除は遅く、ようやく先週から少しづづ、制限付きで利用できるようになってきました。
・私たち市民活動団体が利用する、NPOセンター会議室
・市民が利用する、図書館・公民館の集会場
・早く再開を待ち望んでいましたスポーツ施設、体育館。
そして、自宅近くの散歩コースの神奈川県立大船フラワーセンターも、当初のアナウンスがあった8月再開から、急きょ今週から入れるようになり、ちょうど花菖蒲の季節なので、カメラをもって行ってきました。



3密を回避するとは云え広い、大気の下の公園、植物園がなんで閉鎖されなくてはならなかったのか、不思議で仕方ありません。
ここは、元々神奈川県で経営していたものを、第三指定管理者として「日比谷花壇」が受注・営業しており、今まで高齢者が100円だった入場料を値上げしたのにも関わらず、指定管理を受注した「日比谷花壇」にとっては営業的には痛手だったでしょう。
ここは、緑の安息の場を求めて、高齢者が半日集う場所なのに。
この日は、再開を待ちわびていた多くの高齢者の皆さんが、大きなカメラ・三脚をもって来ていました。

明日19日より、県をまたいでの移動制限が解除されます。
しかし、観光は別・・・と云っても、大手旅行会社が主催・募集するツァーはまだ大手を振って出来ないものの、個人レベル、個人の都合による県をまたいでの移動は、特別、申請とか証明をする必要があるハズもなく、再び人の移動は増えていくでしょう。
posted by 西沢 at 08:03| Comment(1) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月16日

アンジャッシュ渡部のは浮気・不倫ではなく悪質重度性依存症

55才で退職し、ハローワークの勧めでwebプログラム講座を受講し、立ち上げたのは団塊世代、オジサン達の定年後の過ごし方、海外ロングステイのサイト・ホームページを立ち上げました。

2003年、ミレニアム時代すでにネット社会に移行つつありましたが、シニア世代にはまだ幾らかのハードルの高さはありました。
現在のように、SNS・Twitter・YouTubeなど個人が自分のサイト枠のなかで自由に、何時でも発言・発信できる場はまだ少なかった時代。
一番交流の場として使われたのがBBS「掲示板」でした。
一番の有名どころとしては、「2チャンネル」ですが、管理人が手放してからは、ブラック・アングラ・怪しげな情報交換なサイトとして一般の、特に若い人たちからは敬遠されがちな掲示板になっています。

掲示板やブログのコメント、或いはSNSは双方向の情報のやり取りが出来るのが特徴ですが、これが却って不用意な発言・内容により多くの反論・反響を及ぼし、炎上し、誹謗・中傷の温床になることもあり、団塊世代・シニアの大人のひとたちは、ただ読むだけが多いのですが新聞紙面の投書・投稿欄でも解るように、定年後世代シニア60代・70代の方々が云いたいこと、書きたいこと、不満、主張は沢山あるのです。

新聞の投書・投稿欄は、それをうまく、自社の論調のながれに逆らわないように、調整しながら掲載していますが、ネットの投稿欄は規制が難してのです。
特に、シニア男性の性にかんする記事、話題は女性読者からの猛烈な反発を買い、炎上は必須です。別に、管理者である私はサイトアクセス数が倍増しても、アフリエイト利益がある訳で有りませんし、却って冷静な読者に迷惑ではないかと心配したりしますが、管理者モードで削除することは、しない、関与しないことにしています。

投稿される方も私と同じ世代で、これらの事は良くご存じです。
ですから、何か掲示板上でトラブルになるかも知れない書き込み、投稿をされる時は、個人的に管理人の私宛に、原稿が送られてきます。
私が読んで、何処にどういう形で掲載するかを判断して下さい。という訳です。
これらの投稿は、昔の炎上騒動も意識しているのでしょう、やはりシニア男性の「性行動」に関わる投稿記事でした。
読んでみて、良く解る内容です。
特に私はアルバイトがらみで、性風俗業界のサイト運営のお手伝いをしているので共感する内容ですが、この方の投稿を一般の方の反論が自由な掲示板に掲載するのも問題ですし、今ではアクセス数が圧倒的に少なくなった「団塊世代の定年後の過ごし方 読者投稿欄」では折角の投稿が読まれる機会が少ないので、私のブログのなかでご紹介することにしました。

以下原文のまま掲載します。

アンジャッシュ渡部のスキャンダルをTVニュースで見た時、同じ男性として嫌悪感、汚らしさを感じました。
40代の男ですから、妻以外のとの性行動にかられるのは当たり前といえば当たり前、それがTVタレントで、金もある、女性はいつでも自分のほうから寄ってくる、そんな環境であっても、六本木のトイレに呼び出してののちょん間、5分で勝手に性欲を満たし、無造作に一万円を渡す行為は、女性からではなく、私たち同じ男性から見ても、許しがたい、男の、人間としてやってはいけない行為です。

TVに出演する人気タレント、芸能人、芸人、歌舞伎役者、落語家などの不倫・浮気などの話題・スキャンダルはよくあります。
ほとんどの場合、それは芸の肥やしとか、男のしがない性癖・衝動とかで、ある程度しょうがない、自業自得として、時間が経てば忘れされていくでしょうが、今回のアンジャッシュ渡部の行為は、女性は勿論、同じ男性として許されざる行為で、彼は二度とTVには登場出来ないでしょう。
仮に、TV業界が甘く登場させようとしても、日本人の品性・感性からして、大ブーイングが起こり、その番組のスポーンサーは、取り返しの付かないダメージを受けるのは確実です。

以前に愛と性は別と書いて、女性読者から猛反発をかい、掲示板管理者に大迷惑をおかけしましたがそれとこれとは別です。
私たち団塊世代はすでに古稀と云う年齢を迎えています。個人差はあるでしょうが、まだ数ヵ月に一度は性行動にかられることがあります。
男しての性機能の確認と云う、自分勝手な理由をつけて風俗店街に足を向けたくなりますが、今はコロナ禍で行っていません。
もし、万が一罹患した時の家族・地元周辺地域に及ぼす影響が大き過ぎ、自分の築いてきた人生が滅茶苦茶になるのでは、という恐怖が押しとどめているのです。

アンジャッシュ渡部は病気です。
あのゴルファー「タイガー・ウッズ」と同じ、性依存症です。
でも、男、人間はこの病を克服しなくはなりません。
自分の人生とって、何が一番大切なのか、考えれば解ることです。



ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方


posted by 西沢 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月14日

私が逝った後の、妻の相続・年金、生活維持について考えた。

コロナ自粛が緩和されて、カミサンの女性だけのエクササイズスポーツクラブ「カーブス」が再開され、週3のペースで行くようになりました。
スポーツに行くと云うよりも、同じ世代、境遇の女性たちのおしゃべりが主たる目的です。
皆さん、60代半ばから70代半ばの年齢層で、共通となる話題が多いのは解ります。
配偶者・亭主のこと、子供のこと、孫のこと、趣味のこと、旅行のこと。
カミサンは帰ってきてから、「こんな話があったのよ」と話ます。

話題の1、夫が亡くなった時の遺族年金のお話
お友達、ご主人は80才手前、奥様は70代半ば、出戻りの娘さんと、そのお子さんの4人暮らし。
娘さんは今は、パートで働いていますが、4人の生活費のほとんどは、ご主人の年金がメインです。この奥様と云うより、出戻りの娘さんが心配しているのは、お父さんが亡くなってからの一家の生活費です。
子供は中学生、これから教育費も嵩んでいくでしょうし、お父さんが亡くなったら、現在住んでいるこのマンションの固定資産税・管理費を払っていけるか、心配している、との話です。

一般的に、現在70代半ばから80代の元会社員の男性の方々の厚生年金は、私たち団塊世代よりもよく、今退職する現役世代からみたら1.5倍くらい違う、厚生年金をもらっています。
このコロナ自粛の生活では、外に出歩くこともなく、臨時の買い物、出費もなく、その上臨時給付金がこの4人の家庭に4人分入ってくるのですから、公的年金で貯金が出来るような羨ましい生活をしているのですが、娘さんが心配している、ご主人が亡くなった後の遺族年金が、どのくらいになるのか、知りたい気持ちは良く解ります。

一般的に漠然とした知識は、現在ご主人が貰っている年金の3/4が遺族年金として奥様が受け取れるとか思われている方が多いのですが、これは間違っています。
ご主人の年金は国民基礎年金+厚生年金保険の2階建てです。
奥様が遺族厚生年金として受け取れるのは、ご主人の厚生年金保険額のある一定割合です。
基礎年金は継承されません。
このある一定割合とは、受けとる遺族(妻)が現在受給している老齢年金額によって違ってくるのです。奥様がある働いていてある一定以上の老齢厚生年金をもらっているケースが多く、一般的
には図のCのケースが、私たち団塊世代では多いと思われます。



図は簡単ですが、年金加入時、加入年月数など細かい計算方法があり、面倒な計算になりますから、正確に幾らになるかはも社会保険事務所に出向かないと解りません。
しかし、ご主人が亡くなった後の、自分が受け取る遺族厚生年金の額は、社会保険事務所では教えてくれません。
これは、ご本人でないと教えられない仕組み・ルールとなっていますので、是非、お二人で行って下さい。

話題の2、ご主人がなくなった後の相続のお話
ご主人と二人暮らしのご夫婦、子供は一人男の子は、外に出で家庭を営んでいます。
相続の対象になるのは、現在お住まいの家屋と土地、御所人名義の2,000万円と、預貯金これも2,000万円程度。ごく普通の家庭のケース。
相続対象者は、奥様と息子さんのお二人、
とごく普通の家庭で相続問題など起こりようなと考えられるケースです。
しかし、予想される問題があるのです。
ご主人の財産の法定相続人は二人。配偶者1/2と、子供1/2です。

規定どうり相続すると各々2,000万、しかし、奥様はこのままの家に住み続けるとなると、家は奥様、預貯金は息子さんへとなります。
すると、奥様が今後の生活費は、ご主人の遺族厚生年金だけとなります。

であれば、ご主人は遺言状を造り「全財産を配偶者に相続」としても、息子さんには遺留分と云う最低限の相続権利があるので、息子さんが請求した場合、全財産の1/2をを渡さなくてはなりません。
奥様がそのまま、住み続けて、息子さんとのトラブルを無くすためには、「配偶者居住権」と云う権利を行使することです。
2020年4月にこの法改正が行われました。
自宅を1,000万円の居住権と1,000万円の負担付き所有権に分けると、妻と子供とも居住権と預貯金1,000万円となり、奥様はそのまま、住み続けられ1,000万円の生活費も得られます。
配偶者居住権は、配偶者が亡くなれば自動的に取得できるものではなく、遺産分割協議や遺言によって認められる権利の為、確実に取得するにはご主人は「配偶者居住権を相続させる」と遺言状に書く必要があります。

話題の3 夫婦二人で子供のいない夫婦の遺産相続のお話
私が亡くなった時の法定相続人は、配偶者でいるカミサンと私の両親・私の兄弟です。
二人で築いた財産でも、子供いない夫婦には亡くなった夫の両親・兄弟・或いは甥・姪にまで相続する権利が存在するのです。
そこで、私たち場合、不動産名義は二人の半分づつ、預貯金も常に50/50になるようにしています。
それでも、亡くなった時のカミサンの相続分は、二人で築いた全財産の3/4となり、1/4は、私の両親、或いは兄弟また兄弟の子供たちが相続権があります。
これを回避する為に、私たち夫婦は若い頃から遺言状を各々書き、年に一度開封し、書き換えてきました。
しかし、例え遺言状で「全財産を配偶者が相続する」と書いても、亡くなった本人の両親には、「遺留権」が存続するのです。
今回、あたらめてこのブログを書くに当たって、確認出来たことは、二人とも両親は他界しており、お互いの兄弟・甥・姪には相続権はあるものの遺言状で「全財産を配偶者が相続する」とあれば、兄弟・甥・姪の遺留分は消滅することが解りました。

私たちの場合。こうやって昔から遺言状を書いていますが、他のご夫婦と違ったもう1通があります。私たち夫婦が同時に亡くなった場合と云う注釈付きの1通です。
私たちのように、若い頃から世界中を飛び歩いていると、何時飛行機事故、交通事故で亡くなるか、他のご夫婦よりも確率はかなり高めです。
二人が同時に亡くなったら、上記の遺言状ですと相続人はいないので、財産は国庫に入ります。
そこで、二人同時に亡くなった時に備えた「遺言状」も常に用意しています。
但し、知合いの弁護士に相談した時に云われたのは、「二人同時と亡くなる」、という文言に法律的には若干問題がある、同時ではなく起因になる事故・事件から何時間とか、何日とか、具体的な数字をいれておいた方が万全であると云うのです。
確かに、悪徳・やり手弁護士でしたら、この「同時」と云う隙間をついてくる可能性はあるのでしょうね。

この話をすると、元所属していたNPO団体は、是非、うちのNPOの名前を書いておいてね。と云われました。
注:今回のこれらの知識・イラストは、カミサンの愛読書 50代からを応援「ゆうゆう」主婦の友社より一部を引用しています。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月12日

団塊ジュニアってもう40代になるの?そして迫る「2040年問題」

人気のテレ東テレビ番組、「出川の電動バイクの旅」のなかで、ゲストの「千秋」、「よゐこ濱口」と、番組ディレクターの「縫田D」3人が同い年の43才、みんな団塊ジュニアなんです、と云っているのを聞いてびっくり・衝撃をうけました。
テレビタレントと云う職業柄、実年齢よりも若干若くみえるけど、もうそんな年齢になるのか!!
TV業界でディレクター43才といえば、そろそろ現場を離れる年齢でもあるでしょうに。
私たちには子供がいないけど、もしいたらとしたらそんなおじさんのような息子や、孫がいても全然普通なんでしょう!。


そもそも団塊ジュニアとは ウィキペディア(Wikipedia)引用

私たち団塊世代が生まれた、第二次世界大戦後の昭和22年~24年(1947~1949)のベビーフーマの大きな塊の子供世代をさす言葉で、
団塊の世代は地方で幼少期を育んだが、団塊ジュニアは多数が都市部で生育して進学率が高く、受験が盛んでした。

団塊ジュニア学生時代
団塊ジュニアが生まれた1970年代前半は、大阪万博や浅間山荘事件など「冷戦の折り返し地点」となる出来事が発生し、
石油ショックによって高度経済成長が終息して安定成長期に移行し始めた時期であった。
小学校時代に当たる1980年代前半は、校内暴力が深刻化していた時期で、学校では管理教育の締めつけが強まり、いじめや不登校が社会問題となった。
その一方で、競争時代を経験した団塊の世代の親たちの教育も影響して「受験戦争」と呼ばれるほどの入学試験などの競争を強いられた。

団塊ジュニア就職期
成人及び就職の前後となる1991年に、バブル崩壊に遭遇した。
このため、大卒者は就職氷河期に遭遇し、受験戦争との相互経験から「不運の世代」とも呼ばれている。
一方で、1992年までの高卒者は、バブル景気の恩恵を受けて就職している。
この世代が就職活動時期を迎えた1990年代初頭の日本では、新卒者や同業界からの転職者以外の採用に消極的な会社が多かった。
また、当時の国内の企業はバブル崩壊の後始末や悪影響の対処に追われており、新たな人材を得て育成する余裕がなかったことも拍車をかけた。
その結果、就職活動に失敗し、フリーターや派遣労働者といったプレカリアート(非正規雇用労働者)にならざるを得なかった者も多く、旧帝国大学系の
国立大学や難関私立大学を卒業した者にさえ、新卒での就職がままならず、中小企業に中途採用も同然の形でようやく就職できたという者も珍しくなかった。


70~74才と45~49才が吐出したグラフ構成



私たち夫婦には、子供がいなかった為、今、改めてこの団塊ジュニア世代の、青年期の社会情勢を振り返ると、大変だったんだ・・・
生まれてきた時代に翻弄されてきた世代なんだな、と実感しています。
確かに、私たち夫婦二人の甥っ子・姪っ子を見ると、まさにこのウィキペディアの解説のとおりなのです。
私の兄・姉方の甥っ子は3人、姪っ子は一人。
カミサンのほうの姉妹方も同じく、甥っ子は3人、姪っ子は一人です。
甥っ子計6人の学歴は、大卒4人、高専1人、高卒1人、姪っ子二人は高卒と、親世代よりも高学歴です。
就職はこれも統計と同じく、上場企業は2人、中小企業2人、派遣非正規2人。

家族構成というと・・・
甥っ子6人のうち、既婚は一人、姪っ子二人は結婚し、専業主婦。
結婚し、家庭を持っている3家族のうち、子供のいるのは、たった一人だけです。
日本は少子、高齢化社会を突き進んでいますが、まさに私のたち親族はそれを象徴しているのです。
そして迫りつつある「2040年問題」
2040年、あと20年、人口が減少する一方で団塊世代が平均寿命ラインを越え,現役1.5人が高齢者1人を支える超高齢社会を迎えます。
700万人いる団塊世代が大量死亡するピークを迎える一方,死に場所であった病院の多くが統廃合や病床数の削減を行うため,40万人以上が”死に場所難民”になると想定されております。
こうした死に場所難民や,高齢者の孤独死,認知症のパンデミックなど,今後想定される諸問題こそが「2040年問題」です。

ある社会学の学者は、近未来の予測を最も正確に表しているのは統計学だと云います。
私たち二人は、地方の貧しい家庭で育ち、都会にでてきて、日本社会の高度成長の波に乗り、ある程度の資産を形成し、子供に関しては自然に任せてきた結果、日本の少子・高齢化社会を造ってきた張本人の世代です。
このまま、さして特別、新たに社会に貢献もせずに、統計通りの年齢になり、社会から消えていくでしょう。
2040年問題は統計学すると、必ず起こる現象でしょう。
それに、備えて私たちは具体的な「終活」について考えています。これについては次回のブログでかくことになるでしょう。

団塊世代は幸せだったのか、否か、それは終ってみないと解らない・・・
そんなことを、最近、団塊ジュニアという言葉を目にして考えています。
それにしても、現在の私の廻り80代の諸先輩方は、私から見ると随分、のんびり、楽観派の多い事か!

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年06月10日

我が家の終活 お葬式と墓地はどうするか?

後期高齢者になる前に、夫婦二人でやっておかねばならないのは、いざという時のことです。
特に、子供いない夫婦にとっては、お金・遺産相続・遺言の作成は避けては通れない道なので、常日頃からフランクに話合っています。
先日NHKの番組72時間で、東京郊外の町田にある樹木葬に集う人々、家族の模様をやっていました。
これを見ながら、私たち夫婦は、改めて葬儀とお墓のことを話し合いました。

先ずお葬式について
二人ともに両親はなくなっており、兄弟・姉妹は地方に住んでいます。
基本的に、葬儀は必要なく火葬が終わってから、必要と思われる方々にご連絡することになっています。
葬儀は直葬にします。
お坊さんも、祭壇も必要なく、亡くなった病院から火葬場に直行出来れば一番簡単なのでしょうが、そう都合よくはいきません。
先ず、亡くなるのは自宅ではなく、病院・ホスピス・或いは老人施設でしょうから、ここから火葬場に直接行く訳には行かず、また、埋葬許可証などの書類、搬送する車、棺、火葬場の予約、申し込みなど、私が亡くなってカミサンはアタフタしているでしょうから
ある程度の範囲は、お葬式のプロに依頼しなくてはなりません。
一般的に小さな火葬式とよばれているものは病院からの搬送⇒ご安置⇒火葬場のパターンで、12~18万円ぐらいです。



すべて、順調にいっての場合で、火葬場が遠かったり、混んでいたりすると少なくとも下記の料金が発生します。
私の住む鎌倉市では火葬場はありません。
隣の横浜市或いは藤沢市にお願いすることになり、費用も日数も多少の余裕を見なくてはならないようです。

調べていた「ちいさな火葬式」のサイトでは、追加発生する費用について書かれていました。
1.火葬場の空き状況等により、各プラン規定の安置日数を超えてしまう場合
火葬場の空き状況や、ご希望される葬儀・火葬の日程により、プランで規定する安置日数を超えてしまう場合、
追加で1日10,000円(税抜)かかります。

2.付き添い安置をご希望される場合
一日葬プランは告別式の前日、家族葬・小さな一般葬プランは通夜後に1日分がプラン内に含まれていますが、
規定の日数を超える場合や、火葬式プランで付き添い安置をご希望される場合は、 1日当たり50,000円(税抜)の追加費用がかかります。
通夜や告別式は必要ないと考えていますが、どうてもやらざるを得ない事態が発生することもあります。

3.寝台車または霊柩車での規定の搬送回数のうち、1回の移動距離が50kmを超える場合
50kmを超えると、10kmあたり5,000円(税抜)の費用がかかります。

ここまでは、二人で話しあっています。
今のところは、ネット上で知識だけで、実際に新聞折り込みや地元コミュニティ紙で紹介している、小さなお葬式・直葬を扱う葬儀屋さんの窓口へ伺ったことはありません・・・が、先ずは後期高齢者となった時、或いは、予想だにしていなかった重篤の病を宣告された時から動く予定です。
取り敢えず、夫婦二人だけ、誰にも邪魔されずに火葬式を執り行う費用面に関しては、ある程度の目安は解りました。


次にお墓について
カミサンはお墓はいらいない派です。
3つ違いの夫婦ですし、日ごろの健康状態を考えますと99%、私が先に逝きます。
後に残されたカミサンが「いらない」「墓参りはしない」と云っているのですから、お墓は必要ないのでしょう。
「残された遺骨はどうするの?」の問いに、昔はハワイの海に散骨といっていましたが、今は散骨も面倒だし、一人でハワイまで行く勇気はないから、
「自宅の押し入れ深く置いておくわ」「その後、私が死んだら誰かが、無縁仏として処理したくれるでしょう」とさつぱりしたものです。

万が一、カミサンが先で私が残ってしまった場合
女性と違って、男は弱い生物ですから、何処かにカミサンの面影を探し求める場所が必要となるのでは、と考えています。
そんな時は、樹木葬をと考えています。

他の誰か、他人と同じでも構わない、この辺りの土となり、その廻りには、季節の花木、出来れば桜であれば最高。
TVの72時間の霊園は、私のイメージする霊園に近いものでした。

さっそく、ネットでその霊園を調べてみました。
費用に関しては
a,あらかじめ地中に筒が埋められており1つの区画で4人まで利用できる4人埋葬エリア、と
b,直接土に埋葬する1つの区画で2人まで利用できる2段埋葬エリアの2種類あります。
やはり、死んだら土に戻りたい・・・からbのエリアにしようかな?
費用は
使用料(管理費を含む)50万円
銘板への彫刻料は1名11,500円
埋葬時には埋葬費がかかり1名30,000円

ふーん、意外と高い・・・か、マアマアか
永代供養と云っても、せいぜい50年、私が逝ったら覚えていてくれるのは、ほんの半年くらい。ネットWeb上のテキスト・画像・動画遺産のほうが残っているかも知れないな。
グーグルとか、SNSメディア主催者は、更新されなくなってからどの位の期間、アカウントを残しておくのだろうか。永遠ってことはないでしょうから。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

posted by 西沢 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ