CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月29日

2012春 就職人気企業の変遷に団塊オジサンは驚い

コロナ自粛が一部解除されて、日常が徐々に戻ってきています。
メディアでは、今回のVID-19による就活の変化を伝えていました。
私たちには子供おらず、二人の親戚の子供たちも既に40台ですから、就職先についての話題や興味もなく過ごしていました。
今週、新聞紙上で見た21年春の就職人気企業ランキング100社を見て、びっくりと云うか、時代の変遷を感じています。
就職情報会社「学情」データ https://service.gakujo.ne.jp/data/recruit/ranking/2021




私たちの世代では、常に上位にランキングされている人気の業種・業界である、金融・保険の大手がトップ30にはなく、辛うじて60位に三菱UFJ、79位にゆうちょ銀行、92位にみずほグループに入っている程度です。
確かに、低金利時代の金融・保険には厳しい時代で人気がないのでしょう。

この人気ランキングで解る特徴として
商社、旅行業、出版社が相変わらず人気なのは解りますが、食品会社が多いのに驚きます。
どうしてなのでしょうか?
特別、お給料が良いとは聞いていませんし、開発・営業は私の所属していた建設エンジニアリングが同じレベルの知識・プロ集団同士の仕事だったのに対して扱う商品は直接エンドユーザーに直結するものなので、かなり神経を使う、繊細な仕事だと私は思うのですが。
この考え方は、カミサンの甥っ子が大卒で就職活動している時に、話したことがあります。でも彼は、私が云っている意味・内容を理解出来ず、飲料関連会社に就職しました。が、数年で辞めて、今は、建設設備業界のかなり特殊分野の営業をしています。
一昨年葬式で会った時に、この時の話になり、あの時云われたアドバイスが今になってようやく理解出来ました。と云いました。
飲料関連会社では、相手の顔も見えず、ただただ毎月のノルマに追われた生活だったが、今はものづくりのプロ同士の話が出来るし、形となって行く過程に満足感を感じていると云ってました。

物づくり企業のランキングは何処に
このトップ30社ランキングには、私たち団塊世代が得意としてきた、ものづくり、電気・機械・建設は一社も入っていません。
日本は、ものづくりの為の設計・デザイン・プロデュース・金融・販路などのソフトウェアの世界だけ抑えて置けばよく、ものづくりの実際は、全て世界の工場である中国に任せておけば良いということなのでしょうか?
中国がダメになったら、新たな国に移れば良い・・・
私たちの先輩世代が実際に、ものづくり技術・精神が次の世代に伝わっていかない、何とかしなくてはと云っていたことが20291の就職人気ランキング企業一覧からも読み取れます。

ちなみに
データの残っている最も古い1976年の大卒人気企業ランキングがありました。
   文系        理系
1位  伊藤忠商事    日立製作所
2位  朝日新聞社    日本IBM
3位  三井物産      ソニー
4位  日本放送協会   東京芝浦電気
5位  日本航空      日本航空
6位  丸紅        富士通
7位  東京海上火災   松下電器産業
8位  三菱商事      三菱重工業
9位  住友商事      日本電気
10位  松下電器産業    鹿島建設

私たちの頭に残っている70年代の企業とはまさにこれでした。
2020年現在、文系はともかく、理系では日立・IBM・東芝・富士通・NEC・鹿島もトップ100には残っていません。
辛うじて、77位に三菱重工業が残っています。
何故、斜陽といわれている重工業が人気なのか・・・給料が特別高い訳でもありませんし、
考えられる理由は、宇宙開発と軍事兵器産業という安定した分野のリーディングカンパニーであることからでしょうか?

ランキングと云うのどの程度信用できるのか?
この新聞のデータをみてから、ネットでも調べてみました。
https://job.career-tasu.jp/2021/guide/study/ranking/1_1.html




このデータと就職情報会社「学情」データを比べるとこの手の情報には著しい相違があります。
調査対象者、調査方法、調査時期、調査会社自体の背景によっては、こんなに違いがあるのだと、解りました。

他には ビジネスパーソンが就活中の学生に薦める「“本当の”就職人気企業ランキング2021」と云うのもありました。
1 三菱商事        11 ユニクロ        21 ディー・エヌ・エー   
2 トヨタ自動車      12 パナソニック      22 日立製作所
3 ソニー         13 三菱東京UFJ銀行     23 武田薬品工業
4 三井物産        14 アップル         24 マッキンゼー
5 グーグル        15 本田技研工業      25 国家公員        
6 日本アイ・ビー・エム  16 キヤノン        26 野村證券        
7 ソフトバンク      17 NTT 東日本       27 日本GE
8 リクルート       18 伊藤忠商事       28 日産自動車
9 楽天          19 グリー         29 ゴールドマン・サックス証券
10 P&G ジャパン     20 日本マイクロソフト   30 住友商事

学生さんは大変ですね、その時代時代により人気企業は変化しますし、アンケート調査に回答する方にも、その時の事情があり、経験も違い、仕事に対する人生観は千差万別なのですから。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月27日

メールでもラインでもなく、手書き葉書での近況便り

コロナ巣ごもりが続き、親しい友人とも暫く会えない日々が続くなか、郵便ポストに一枚の絵ハガキが届いていました。
カミサン宛ての彼女の古い友人からの便りです。
彼女は、私たちの住む街のとなり駅と近くに住んでいて、カミサンはニ三月に一度は、互いの町の喫茶店で長時間のおしゃべりを楽しんでいました。
暫く会っていないので、そろそろ電話でもしようかと思っていたところに、予期していなかった葉書が届き、そこにし手書きの、細かい文字でびっしりと、コロナ巣ごもりの日常がかかれていました。
このカミサンの友人は、我が家のカミサンと違って、看護師からケアマネージャーの資格をとって活躍している、ITに強い女性なのですが、今回はメールでもラインでもなく、手書き葉書での近況便りには、彼女らしさと誠実さを感じとられました。
私はカミサンに、「電話ではなく君も手書きで返事をかいたら」と勧めましたが「私はメールもラインもキーボード入力が苦手だし、ましてや字が下手なので、お便りなんて書けないから、電話するわ」と云っています。
今回、カミサンの友人からの手書きのハガキと便りで、改めて、人柄や想いが凝縮された手書きの葉書の持つ偉大さに気づかされました。

ここ10年、旅の友人たちの海外からの絵葉書がパタリと途絶えています。
世界遺産・世界の辺境の地・イスラムの世界への海外旅行が日常化した40代半ばから海外旅行を卒業した65才までの20年間、訪れて土地から必ず海外旅行で知り合った方々へ絵葉書を書いて送っていました。
多い時には、その数は30葉にもなりました。
出発前予め日本で、あて名はにシール印刷をして、ハガキに貼るのですが、一番苦労したのは切手でした。
なるべく、現地の雰囲気、感想、想いが通じるように、訪れたその町、その日の夜に、その遺跡のホテルで書き投函するように努めていました。
切手代を渡して、投函をホテルに頼むと到着しない確率は50%以上になりますので、必ず自分で貼って、郵便局窓口で投函するようにしていましたが、奥地、辺境の地に行けば行くほど、切手の種類は海外向けの高額切手がおいてなく、少額の国内向けを宛名面の半分ちかくに貼るようになります。
それでも、町に郵便局があるだけマシな地は多く、半数はその国の首都に戻ってきた時や、時間がない時には空港で投函した事も多数ありました。

概して、海外旅行の友人たちは筆まめです。
私が海外の辺境の地から、半分自慢交じりで出すように、友人たちも「ここには来たことないでしょう。今回はこんな所にきています」的な、勿論手書きの絵葉書が年に3回、GW、夏休み、正月休みに自宅のポストに届き、楽しみにしていました。
旅の友人たちの大半は、私たちと同じ世代、同じ世界遺産・遺跡・辺境の地好きの方が多く、なかには「カントリーハンター」と呼ばれる兎に角、国連に加盟している国全てに足跡を残したいという人もいました。
このカントリーハンターは、マダガスカルで知り合いました。30代後半の女性、職業はなし?どうやら家族が会社経営をしているお金持ちのお嬢様のようですが、かなりタフで強靭な心臓と体力をお持ちのようで、マダガスカルで知り合った後、次はカリブ海の小さな島国を一気にクリアすると豪語していました。
私が行きたいと願っていることを知っている旅の友人女性は、天空列車に乗り(西寧〜ラサ間)チベット・ラサから「お先にきています」とポタラ宮の絵葉書を送ってきましたし、高度順応に苦手で行くのをためらっていたインド・ラダックからは、ウズベキスタンで知り合い、私が買い替えて要らなくなった当時高額だったデジカメを差し上げた、日本を代表するホテル勤務の若い女性からは、カメラのお礼とともにラダックから便りがありました。

海外からの絵葉書の整理・断捨離に悩んでいました。
今、自分の書斎本棚には、このような友人たちからの絵葉書をフォルダーにまとめて保存しています。
旅行関係の本の断捨離に続き、語学関係の本の処分、昔の旅のS-VHSビデオテープはデジタル化し処分しました。
年賀状などの手紙類も処分しました。
最後に残っているのは、これらの海外旅行の思い出が残る、絵葉書類です。
この絵葉書フォルダーの中には、旅先から自分・自宅宛てに送ったものも含まれております。
何時かはこれらも処分しようと思っていましたが、今回、カミサン宛の友人から「コロナ自粛近況」のハガキをを拝見して、今暫く、絵葉書フォルダーの処分を保留することにしました。
全て、デジタル時代となった現代、メールは見たらほぼ1日で消去しています。
このような、形として残るものは、後から読み返す可能性は少ないものの、スペースが許す限り、出来るだけ残そうと決意しました。
私が逝った後、処分はカミサンに任せましょう。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

posted by 西沢 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月25日

人生100年時代の現実 ピンピンコロリが理想だが

朝日新聞オピニオンから

「人生100年時代」と云う言葉には、前向きな響きがあります。
でも大勢が長生きしながら「死」へと進む社会には、想像以上に厳しい現実が待ち受けているのではないでしようかと問いかけてます。
「病気にかからずに、ピンピンコロリであの世に逝きたい」と言う方はまわりに沢山おり、死に方の見本のような云い方をしています。
ピンピンコロリは、言い方をかえると、突然死とも言えます。
昨日まであんなに元気だったのに……」が枕詞となり、本人もまわりも、予期せぬ形で死を迎えることになります
ピンピンコロリは、果たして本当に幸せな死に方なのでしょうか。



私の家族、親戚にはこのような突然死、或いは家族に長い時間の入院・自宅介護の世話にならずに逝った方がかなりおります。
父の場合、動脈瘤破裂で一晩で逝きました。71才
母は認知症を患っていましたが、入院とか施設の世話にはならず、自宅のトイレで倒れそのまま意識なくなりました。85才
姉の夫の場合、心筋梗塞で自宅で倒れ、その日のうちに亡くなりました。70才
妻の姉の夫の場合、クモ膜下出血で倒れ、3日でなくなりました。42才
兄の場合、ガン宣告時ステージ4で、6か月でホスピスで亡くなりました。72才
人が亡くなるのに「理想的な死に方」と云うのははばかれますが、実際問題として70代を超えますと、如何に家族に迷惑をかけずに亡くなる逝く、死に方を考えます。

オピニオン欄で、私と同じ団塊世代の医師「富家孝」氏(1947生)の記事に目が留まりました。

「ピンピンコロリ」はまれ。
医療や介護といった社会保険はお手上げ寸前で、打開策が必要です。
高齢者にも出来るだけ長く働かせようと云う思惑でしょう。「人生100年時代」とは政府もうまいことを云った思います。
<中略>
ずっと元気でいて、あまり苦しまずに亡くなる「ピンピンコロリ」が理想ですが、残念ながら滅多ににいません。
病気やケガなどにより不自由な体で生きる期間が平均して、男性で9年、女性で12年ほどが実情です。医療・医薬品の進歩で寿命が延び、がんを克服しても、先には認知症が待ち構えており、80代後半では4割、90代では6割が発症します。
<中略>
そもそも「延命治療はして欲しくない」と云う人が多い中、何処まで治療すべきなのか?
例えば、胃に直接栄養を流し込む胃ろうには功罪があります。欧米では口から食べれなくなった高齢者への安易な適用は「生命への冒涜」ともみなされます。
<中略>
今の若い医者は死について全く解かっていない人が多い、治療のことばかり教育されていたからです。死を「旅立ち」と表現するなら、旅行前のように病気や死のことも事前に話して考える必要があるでしょう。



宗教学者「山折 哲雄」氏 (1931生)のオピニオン

「人生100年時代」と云う言葉には直観的な反発を覚えます。
戦後40年で、50年から80年になった人生が、医学の進歩であっという間に100年に延びた。
そのことの明るい面ばかり語る意見が多いからです。
<中略>
私は昨年88才を迎えました。昨年不整脈が原因の脳梗塞で倒れ、一命を取り留めたこともあり、人生の最晩年をどう生きるか、どう死んでいくかは、
私自身が直面する問題でもあります。
周囲の老人からは「そろそろ向こうの世界へいきたい」と云う切実な声が聞こえます。橋田寿賀子さんの「安楽死で死なせて下さい」はベストセラーなにり
樹木希林の本があれほど読まれたのは、副題にあった「死ぬときぐらいすきにさせてよ」の言葉に多くの共感を集めたからでしょう。
ただ、こう願っても今の日本では聞き入られません。
<後略>



「PPK」(ピンピンコロリの略)の相対にあるのが「NNK」(ネンネンコロリの略)です。
「NNK」とは高齢者が寝込んで介護が必要な時期を経てから亡くなることをいうようです。
「PPK」は高齢者が元気なうちに突然、もしくはごく短い期間の療養の後に亡くなることで、さしずめ、私の家族、親族をそれに近い逝きかたでたし。
誰も「死」から逃れられないことは、私たち知っています。
しかし「死に方」は選択が可能であるとも云います、だから「PPK」を望む。
それは長生きをしたい、ということの裏返しであり、長生きをした上、元気で人に世話をかけずに最期を迎えたいというのが「PPK」をというシニアの本当の気持ちでしょう。

日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団「ホスピス・緩和ケアに関する意識調査2018年」による理想の死に方というデータがあります。



77%の人が、家族、他人、医療機関に迷惑をかけずに「PPK」(ピンピンコロリ)と死んでいきたいと願っているのです。






PPKの場合、ほとんどの場合、自宅で最期を迎えることができる点からも、理想の死に方として望まれています。
そして、気になるご本人希望する最後の場所ですが、かつて、私たち子供の頃は寝込んでも自宅で家族や周りの人が世話をする、ということが多かったように思いますが、成人してからは、ご自宅で亡くなったと云うケースはほとんど見受けられなくなりました。
1977年(昭和52年)に自宅と病院が逆転し、それ以後は核家族化の進行や病院や福祉施設の整備に伴い、死ぬときは病院や福祉施設など自宅以外で亡くなるケースが増えいます。
しかし、平成から令和に変ってから明確なデータは有りませんが、再び自宅で亡くなりたいと希望するひとが増えているのと思います。

私のホームドクターは女医さんで、地域中核大病院時代からの知合いで、独立・開業後もずっと診ていただいています。
長い付き合いなので、軽口・冗談・我が儘の通じる話しやすいドクターなので、2ケ月に一度の診察の時にPPKの死に方について相談することがあります。
この女医先生は地域中核大病院時代に末期医療に携わって自宅訪問診療もやっていました。
彼女、曰く、末期がんステージ4で見つかって、自宅訪問診療・介護で半年緩和治療、その後ホスピスで二〜三週間、ご本人とご家族が望めば、最後の場所をご自宅と云うことも出来る。
私「いいじゃないですか!、それって理想、うちの兄貴がそれでした」
 「カトリック系ホスピスで亡くなり、礼拝堂に手の空いている看護師さん・シスターが
  みんな集まって賛美歌で送ってくれたそうです。」
 「姉さんはボロ泣きで、予定していた町の葬儀場での葬式はいないと云ってたそうです。」
先生「でも、肺がんはダメよ、苦しいわよ」と。

PPKを望んでいるわりには、頻繁に定期的に検査を受けています。
胃カメラ・大腸カメラ・胸部レントゲン・頭部MRI・膵臓/肝臓MRI・血管狭窄撮影調査などなど、PPKとは真逆のことをしています。
私が設定した死亡年齢、78才まで後6年、6年後ピンピンポックリと逝ったら、どうぞ「あいつは偉い、計画・予定通り逝った」と拍手して下さい。

参考・お遊び程度ですが、各地にある「PPK」願望・詣・祈願のお寺は結構沢山あります。
■ぴんころ地蔵尊 長野県佐久市野沢 http://pinkoro.com/
■瑠璃寺 長野県下伊那郡高森町大島山812 http://www.takamori.ne.jp/~pinkoro/
■福泉寺 「ぽっくり大師」横浜市緑区長津田町3113  http://www.fukusenji.jp/
■吉田寺 奈良県生駒郡斑鳩町 http://kichidenji.com/
■保寿院石屋山常満寺 埼玉県日高市 http://xn--y8jwb6d8b6785a.jp/toiawase.html
■福島県にある会津ころり三観音 
福島県会津地方の大沼郡会津美里町根岸の弘安寺(中田観音)、
河沼郡会津坂下町塔寺の恵隆寺(立木観音)、
耶麻郡西会津町野沢の如法寺(鳥追観音)の三観音をあわせて、会津ころり三観音という。
http://www.nct.ne.jp/~kannon/sankannon/map/index.htm

こんなにあるとは思いもしませんでしたが・・・webエンジニアの感想としては、各々お寺にちゃんとホームページがあるもんですね。時代ですね。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月23日

人生やり直したいと思ったことありますか?

コロナ巣もごりが続いている毎日の日課は、朝、じっくりと新聞を読み、カミサンとラジオ体操をし、お昼はなにを食べようかと思案し、昼のワイドショーをみて、定番のお昼寝をし、午後はテレ東の三流ハリウッド洋画枠のうち、週に一度は往年の名俳優、イーストウッドやスターローンのアクションものを見ています。
今週木曜は「アウトロー」でした。金曜はスターローンの「ランボー怒りの脱出」
それでも、まだ夕飯まで時間がありすぎて暇です。もう、近所の散歩は飽きてきており、特に今週は寒いので、内籠りです。
本棚の整理をしていていましたら、昔、海外旅行の長いフライト用に愛読していた文庫本が出ててきました。

記憶を残したまま、何度も死に、何度も生き返る、と云うSFと云うよりは、人生の教訓のような内容の小説です。普通、一度読んだ小説は、そう何回も読み返さないのですが、この本は解っていても、何度も読み返しています。
再びと云うか、数年ぶりに読み返しました。

リプレイ 新潮文庫 ケン・グリムウッド著 1990の作品です。
ニューヨークの小さなラジオ局で、ニュース・ディレクターをしているジェフは、43歳の秋に死亡した。
気がつくと学生寮にいて、どうやら18歳に逆戻りしたらしい。記憶と知識は元のまま、身体は25年前のもの。
株も競馬も思いのまま、彼は大金持に。が、再び同日同時刻に死亡。気がつくと、また――。
人生をもう一度やり直せたら、という窮極の夢を実現した男の、意外な人生の結末のお話


私は、どちららかと云うと、一人妄想の世界に浸るのが好きで、もし、自分がこの小説のように死の直前まで記憶を持ったまま、高校三年生として生まれ変わったらと妄想している時間が好きです。本探しの間にふと、スクラップブツクの切り抜きのなかに朝日新聞土曜版「読者とつくるアンケート」を思い出し、引っ張り出しました。

人生やり直したいと思ったことありますか?
人間だれしも、一度や二度は「人生をやり直したい」と思ったことがあるのではないか・・・
勝手にそう考え、アンケートを実施したところ、予想通り「やり直したい」と云う人が7割に迫りました。
コメントの中身を読むと、身につまされることばかり、まさに人生いろいろと実感します。
「人生をやり直したい」人は意外に多く67%でしたが、実際にやり直した経験、努力した人はそのうち21%いました。


さて、私の場合、この小説リプレイを読んだ時は1990年、当時の私は42才、そしてこの小説の主人公も43才と云う設定でした。
もし、この小説のように前世の全ての記憶を持ったまま、生まれ変わるとしたら、何時の時代、何歳の時に生まれ変われたら良いのか、真面目に妄想したことがあります。

全くの子供の頃に生まれ変わっても、同じ貧乏な家庭ですから、小学生では自らの人生を切り拓いていくだけの才覚もお金もないでしょうから、やはり、この小説の主人公のようにハイスクール時代、高校二年生ぐらいだったら、
少しは、前世の記憶を頼りに、これから先の自分の人生にとって何が大切なのか?、今何をすべきのか解ると思うのですが・・
果たして、過去の記憶のある17才の少年は、今の私と同じく、学業途中で海外、それも南米を目指すのでしょうか?

アンケートの結果にあるように、やり直したい人生の理由の大きなのが、学業・職業・そして健康が多いように見受けられます。
でも、リプレイの主人公のように、二十歳前にリボンしたとしたら、健康的な若々しい身体をてにしているので、例え過去の記憶が残っていても、さほど、70才を過ぎた今考えるような、健康第一は考えずに、全ての世界経済の変遷、出来事を知っているのですから、金・石油・株式投資に精出していることでしょう。

やり直したいと答えた人のやり直す方法はの解答は次のようなものでした
転職     134人
資格の取得  69人
大学への入学 52人 
離婚     44人
再就職    42人
引っ越し   36人
進路変更   28人
結婚     27人  当たり前、普通過ぎて面白くない回答ですが・・・

このアンケートの最後に記者の言葉が掲載されていました。
英国の日本研究家 チェンバレンの言葉
「人生とは、我々が稽古する時間もなしに、役割を演じなければならない劇である」
私も同じようにと云うか・・・最初から日本社会の本流・王道を歩く気は全くなく、(生まれ育った環境・出自・能力から縁の遠い世界と思っていました)
自分の道は自分で探す、造ると云う意思だけでこれまでの人生を生きてきて、例え、小説のようなリブレイ・リボンが出来たとしても、今とそして変わらぬ人生を歩んでいると、思います。

私はカミサンに常々云ってます。
僕が逝く時の言葉「ああ、楽しい、面白かった人生だった」と。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月21日

5月16日は「旅の日」でした。松尾芭蕉が江戸を発った日。

阪急交通社からのメールマガジンで知りました。

「旅の日」は日本旅のペンクラブ(旅ペン)が1988年に制定しました。
元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)、松尾芭蕉が「奥の細道」の旅へ出発しました。
せわしない現代生活の中で「旅の心」を大切にし、旅のあり方を考え直す日。
今は旅にはまだ自由に出られるタイミングではありませんが、来たるべき旅立ちの日に備え、自分にとっての旅のあり方を考え直してみるのもいいかもしれません。



松尾芭蕉の奥の細道は、海外卒業後、東北を旅していると様々な土地で、松尾芭蕉の足跡が残っており、よく目にします。
でも、実際に「奥の細道」は読んだことがなく、どんな旅だったのか少し調べてみました。
「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。」で始まる一節で広く知られている奥の細道は、松尾芭蕉によって書かれました。
江戸を出発し、東北地方、北陸地方を巡り岐阜の大垣までの道中の出来事を記した紀行文です。

芭蕉は何歳だったのか?
芭蕉が江戸を発ったのは西暦で云うと1689年、45才の時と云われています。
同行者の弟子「河合 曾良」は当時40才と記録があります。
40代の二人の中年男が東北・北陸を約5か月間かけて巡ったことになっています。
現代では、45才、40才と云えば働き盛りの中年のふたりでしようが、江戸中期の1670年代の日本人の平均寿命は、資料「寿命図鑑」
https://www.amazon.co.jp/dp/4866070102/
によると、平均32〜44才と云いますから、松尾芭蕉は晩年の旅立ちだったのでしよう。



亡くなったのは1694年(元禄7年) 50才の時、生まれ故郷伊賀上野から大坂に向かう途中の大垣で下痢・腹痛で亡くなりました。
奥の細道の旅程の最後の宿が大垣だったのを知っていました。この記事を書くまでは奥の細道の旅程のなかでの客死かと思っていたのですが、そうではなかったようです。
最後に詠んだのが「旅に病んで夢は枯野をかけ廻る」でした。
現代の寿命から考えると若い!と云えますが、当時では寿命を全うしたと考えられるでしょう。
奥の細道から5年後のこと、当時の交通事情を考えると、5ケ月の旅は最後の旅立ちだったのでしょう。

漠然と奥の細道を知っていますが、残された有名な句から、現代のルートを探ってみました。



地図map参照 http://www.asahi-net.or.jp/~ee4y-nsn/index.htm

夏草や兵どもが夢の跡 :岩手県平泉町     行きました。
閑さや岩にしみ入る蝉の声 :山形県・立石寺  行きました。
五月雨をあつめて早し最上川:山形県大石田町  行きました。

一番好きなの句がこの日本海を詠んだ句です。
「荒海や佐渡によこたふ天河」 :新潟県出雲崎町  まだ行ってません。
何故か、この句を目にすると松本清張原作の映画「砂の器」の親子のシーンを思い浮かべます。
海なし県・信州に生まれ、育った信州人にとって海は新潟の海、日本海です。
小学6年生の修学旅行先の柏崎で初めて海を見て、海に沈んで行く夕陽の美しさを今でも思い出されます。

新型コロナウイルス騒動が落ち着いたら、この句碑のある出雲崎へ行ってみようと考えてます。
行き方プランと費用
いろいろと調べると、最寄り駅JR出雲崎からのルートは、JRの本数もバスの便はすくないので、
長岡からバスで行くのが一番時間的にロスがなく、バスの便が多いことがわかりました。
そして問題なのは、日本海に横たわる天の川が見たいのですから、句碑のある良寛堂発の最終バスの時間でした。
結局、最短無駄なく行くには次のような日程時間になります。
早めに長岡に行って観光する手もあるのですが、長岡ってみるところあるのかな?

大船12:46⇒東海道線・上越新幹線 長岡15:25 9,770円
長岡16:25 路線バス⇒17:20出雲崎車庫行 55分 良寛堂前下車 770円 
日の入りの時間 19時02分ですから 最終バスまで2時間あり十分です。(7月22日)
良寛堂前 最終 19:40⇒長岡20:36  770円
長岡20:48 上越新幹線・東海道線⇒ 大船23:25 9,770円
交通費 21,080円

6月になって外出規制が解除されたら、天気予報をじっくりと調べ、日本海に天の川が横たわる姿が眺められる日をどんぴしゃりと選んででかけるぞ・・・
こんな先の予定があれば、もう少しコロナ巣ごもりも耐えられるかも。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月19日

コロナ財政出動でハイパーインフレが起きる可能性はあるのか

私たち夫婦が、定年後・老後資金計画を始めたのは住宅ローンを完済した40才の時からでした。
目標金額の設定と、どうその資金を造る、ちょうど時代はバブルでした。
投資信託銀行の預入5年物の金利が8%の時代、金融公庫の30年ローンの金利が5.5%と云う逆ザヤが発生し、やがてそれが問題になり、徐々に金利が下がり始めてきた、そんな時代でした。
資金計画を考える時に一番問題となったのが、20年後の生活物価上昇率・インフレ率です。



誰も、どんな経済評論家、経済専門家、大手投資ファンドマネージャーでも、そんなことは解らないのは理解しています。
でも、何か指針となる数字がないかと調べたところ、参考になる数値がありました。
一括払い、20年後、受取開始の個人年金の確定金利の数値です。
手元には破綻した中堅生命保険会社から解約した資金がありました。これを取引銀行担当者と相談して系列の生保の20年据え置き、受け取りの個人年金にすると、幾らになるかの目論見書を造ってもらいました。
20年後の金額から逆算すると、複利計算での年利がでてきます。
定期預金の金利イコール物価上昇率でないことは解りますが、20年先の物価上昇率なんて誰にも分かりませんが、保険経済のプロ集団が、損のでない妥当な金利予測した数字であろうと、これを指針とすることにしました。2.4%です。
1988年の当時、銀行の1年定期金利は3.5%でした。
金融のプロは20年後の日本社会の物価上昇率を凡そ、2~5%の間と予測していたのでしょう。
これは、今2020年、上記グラフを改めてみると流石、経済のプロ集団の予測に合致しています。但し日本を除くと・・・ですが。

私は、南米アルゼンチン時代に、ハイパーインフレを経験しています。



時の政権は、労働者階級の支持を受けていた、亡命先のスペインから戻って来たペロン政権でした。
それまでの軍事独裁政権に代わり、労働者階級に向けての国家財政を無視した優遇政策を次々に実行し、外国資本の国有化をしました。
あっという間に国家財政は破綻し、お札を増発していき、インフレがスタート。ついにはお札の印刷が間に合わず、旧札に判子を押した新札が出回るような状態に突入したのです。
一番の被害者は、当時南米では最も充実した社会保障・年金制度を享受していた年金者でした。
年金支給日の朝の銀行前には長蛇の列を目にしたものです。
その後アルゼンチンは2001年に(債務不履行)を起こし、2014、そして今年2020年もコロナ危機で財政が悪化し自国の法律に基づき発行したドル建て債券でデフォルト(債務不履行)を計画している。と経済各紙が報じています。

同じような光景を崩壊した旧ソ連、モスクワの市場で目にしましたた。




観光客が訪れないようなキエフ市場の裏通りには、ロシアの年金生活者の女性が、手に自分の洋服や、靴をぶら下げて行きかう人に人に売る姿、何処か昔の写真で見た光景です。そう日本の前後の焼け跡闇市の「たけのこ生活」姿でした。
モスクアの赤の広場の廻りの観光客相手のお店では、西側のブランドショップが立ち並び、ドル換算すると、庶民の1か月分以上もするレストラン、では、食事を楽しむモスクワ市民がいるのに・・・・
宿泊した最高峰老舗ホテルウクライナから外にでると、ロシア人老女が綺麗な英語で話しかけてきました。
「私に100ドル下さい、貴方にとって100ドルは大した金額ではないでしょうが、今の私にとっての100ドルは、私の人生を救うだけの価値がある」
と、まくしたてるような英語なのです。すぐにガードマンが飛んできてこの老女を連れ去りました。
自分たちの両親が戦後直後、経験したような世界が、アメリカと世界を二分したソビエトでも起こっていたのです。

そして私たち日本は今。
年金リタイヤシニアにとって幸いなことに、2003年に退職して以来、日本経済は慢性的なデフレ傾向にありました。
しかし、今年のコロナウイルス問題で、日本政府は巨額の財政出動に向かっています。
アメリカは全国民に1,200ドル給付し、失業者は一律失業手当を含める月に4,500ドルまの収入になり、コロナ危機が過ぎても、働かないほうを選択するのではないかと云われているほどの大盤振る舞いをしています。
世界は、日本は、いつか必ずこの反動が来ます。
私たち、年金シニア世代はどう対処、どう防衛、どう準備したら良いのでしょう。

日本でハイパーインフレは起きるか
ダイヤモンドオンライン引用 https://diamond.jp/

日本には、デフレを脱却しなければならない切実な理由がある。
デフレは借金の負担が重くなるので、国の借金が世界一多い日本は返済できなくなる可能性が高くなるからだ。
日本は東京五輪に備えて多額の借金をしたが、コロナショックで1年延期となった。
そして悪くすると、1年後もコロナ感染が終息しておらず、五輪は中止に追い込まれるかもしれない。
また、今回のコロナショックで大規模な経済対策を再び借金で行うことになる。
国の借金である国債を返せない確率が上がると、その国の通貨の価値が下がる。そこでさらに通貨を発行すると、一層価値の下落に拍車が掛かる。
このようにして通貨の価値が急激に下がると、モノの価値が急激に上がり、極度のインフレになる可能性も否定はできない。これを「ハイパーインフレ」という。
戦後の日本でも、このハイパーインフレが起こっている。1945年の終戦から1949年末までに物価が約70倍になったのだ。
コロナショックは日本の財政寿命を縮めた。
1年先延ばししても東京五輪が開催できない可能性を考えると、日本は借金を増やしただけに等しくなり、世界から財政赤字が問題視されることになる。
2021年の五輪が万一中止になるとしたら、そのタイミングを購入までのタイムリミットと考えると、あと1年が限界とはいえないだろうか



日本は大丈夫だと云う論評は多いのですが・・・・
少なくとも後6年はこのままの状態でいて欲しい。
後6年、老後資金計画上での私の死亡年齢までは。
出来ればプラス15年、カミサンが生きている間は無事に過ごして欲しい。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月17日

感染者データをFAXで送る、日本の役所のIT化に不安・危機感

ここ数日の新聞・TV・ネットメディアで話題になっているのが、コロナ感染に関しての数値集計や、補助金申請トラブルに関してです。
中国・台湾・韓国が国民の権利である個人情報保護に制約を加えてでも、活用してコロナ封じ込めを行ってある程度成功している例は聞いています。が、日本ではそこまで個人的人権を侵害したり、監視したりしてまでとはやるべきものなのか、と考えてしまいます。
それは、今回のような事態に限り・・と云うような臨時立法をしたりしても、その先、将来は必ず国家権力は今後、無制限に利用するのは過去の歴史であきらかですから。

今回の話はそんな、大げさな個人の主権保護の話ではなくシンプルなIT化の遅れの話です。
毎日報道されている、新型コロナウイルス感染者の統計に、ダブリや落ちがあったと云う報道を目にします。
コロナ終息に向けての専門者委員会の考えの基礎は統計学のようですが、その統計の基礎・基準なる数値に間違いがあるとなるとこれは問題です。
新聞を読んでびっくりしました。各保健所から毎日の集計データーを都福祉保健局へ送るのに、手書きのファックスで送っていたとは。

昔、現役時代(今から40年も前の頃)私たち、建設業のなかでも、FAXが日常的に使われるようになりました。
一番重宝したのは、協力下請け会社さんへの連絡でした。
まだ携帯電話が普及していない頃、緊急を要する、明日朝一番の仕事を依頼する時、日中、相手は現場に出て云いて捉まりませんし、また、依頼する工事を断わられる可能性もあります。

そこで私のいた部署では、関連する施工協力会社数十社に、まだ出始めたばかりのFAXを、相手の承諾なしに勝手に購入・納品・導入し、代金費用は、次の現場から差し引くという、昭和の建設業界ではよくある手法でFAX網を構築しました。
捉まらない相手にFAXで工事依頼書類を流すと、相手の返事がなくても担当者は「ひと先ず手配完了」と云うことになるのです。
当時、協力会社さんから、散々文句がでたことを覚えています。

FAXは、メールと違って必ず相手に印刷物として届くから安心・・
メールは相手が開いたかどうか解らない、読んだかどか解らない・・・というひとがいます。
しかし、それは違っています。今時のFAXは自動受信ですし、印刷するかしないかの選択も出来るし、紙やインク節約の為に内部メモリーに蓄えているかも知れないのです。
都道府県単位での集計と云っても、一番大きい東京都の場合でも集計拠点は31か所です。
簡単に考えれば・・この31箇所の集計をオンラインでやるには、特別なソフト開発は必要なく、DBを構築して許可された31か所からオンライン入出力すれば済むことで、このシステム造りは高校生レベルでも数時間で出来るものです。
実際の運用には他にセキュリティの強化・暗号化も必要でしょうが・・・

この都道府県のデータを中央官庁の厚生労働省が一括管理する・・・たったそれだけの事が日本で出来ていなかったとは?
台湾・韓国とは別として、これでは中国の若者から笑われるハズです。
日本の情報通信技術(IT)政策担当、内閣府特命担当大臣は竹本直一氏 御年80才
具体的な担当は仕事はクールジャパン戦略・知的財産戦略・科学技術政策・宇宙政策です。
この大臣、IT・web・netはおろかパソコンも出来ないととのことです。
何も、台湾のように若い超天才を責任者にしろと云いませんが、あまりにもお粗末な、安倍政権の適材適所と云う大臣の椅子配りなのでしょうか。


特別給付金オンライン申請でもトラブっているようです
私の場合、運転免許証・パスポートを返納した時点でマイナンバーカードを造りました。
日本ではまだ、顔写真入りの身分証明証が必要だからです。
このコロナ騒動で、当初収入がある一定期間・一定割合以上減収した人に30万円の支給と云う話があり、私は賛成でした。
私は当然ながら貰えないものの、営業自粛をする人に対する手当・協力金の意味からも必要だと思いましたが、しかし、手続き書類は大変だろうな・・、提出するほうも、受け取り審査、決定するほうもと先ず思いました。
長年建設業界にいて、官庁物件も数多く担当してきており、役所の監理・監督体制を熟知していますから。
役所の仕事は後から書類上で確認・証明できることが前提なのです。
建設工事にしても全ての工事・搬入・設置・試験など写真と証明書類が必要なのです。「」
目の前にあるものを見れば一目瞭然なのに・・・しかし役所は違います、会計監査は現場ではなく、中央官庁のオフィスでの仕事ですから全て、書類で証明しなくてはいけないのです。



今回の30万円の特別給付金の場合、危惧した通り、自分の店の減収割合を証明するには、かなりの数の書類、それも税務署や自治体の公的な書類が必要になり、嘘・偽りでないこと証明しなくてはならないので、支給までの時間がかかる事想像されていました。
そして、今回は全国国民4月26日に生まれた赤ん坊から、亡くなったお年寄りまで全ての国民に対して一律10万円の支給とは・・・

呉れると云うのですから、住民税非課税所帯の私は嬉しくいただきますが・・・正直、このコロナウイルス騒動による家計負担は有りません。
却って、毎月出かけていた旅行の中止でお金は余ってきています。
全てのシニア世帯とは云えないでしょうが、退職年金シニア世帯は定収入・定支出ですから、コロナによる家計的な負担はゼロなのです。
でも受取を拒否すると、国庫にもどるだけですから、一旦は受け取ってから使い方を考えます。

オンラインよりも窓口の方が早い日本社会
特別給付金オンライン支給が私の住む自治体でも開始されたことを受け、5月1日「マイナポータル」にログインしました。
政府のTVCMでは簡単と云われていますが、web講座講師を務める私でも戸惑いました。
マイナーポータルを使うにはAPインストーラなるものが必要ですし、Win10に対応したハードカードリーダーを新規購入せねばならないのと、カミサンのを調べると、電子署名用のパスワードが申請してありませでした。のことなんでしょう。

そもそも、マイナーAPとは何かの説明も有りません。おそらくですがapplication(アプリケーション)それもセキュリティ・暗号化に関するつまり、自分が使っているパソコンOSとブラウザ毎のAPをインストールしないと、まずはマイナーポータル入口にもたどり着かないことになります。
そして、手元にカード実物があり、パスワードも解っていても、カードリーダーを通して、再認証しないと使えないのです。

そして、今回のような一斉・同時ケースを想定してなかったのでしょう。マイナポータルついにアクセス障害が発生し、使い物にならなくなりました。
行政では、早くもらいたかったら郵送のほうが早いと云いだしました。
これが日本の役所・行政のIT社会の実態です。
システムを構築する大企業とのなれ合い、癒着で莫大な金額と長い時間をかけない、出来上がったシステムがこれです。
台湾・中国のように、起業したばかりの若い、頭の柔らかい頭脳集団を使ってみよう、試してみようと云う考えは、日本の役所にはないのです。
こりゃ無理です。シニアにしては、PC廻りになれている、私が手こずるのですから・・・普及率16%も頷けます。

私は、韓国・中国・台湾・シンガポールのように、クレジットカード・国民総背番号化や監視カメラを使ってのIT化、国民管理には反対ですが、少なくとも、アメリカのように全国民が社会保険番号一つで、納税からパスポート申請、埋葬まで出来る社会にして欲しいと願っています。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月15日

コロナ自粛暇つぶし Googleストリートビューバーチャル散歩

朝、朝食を食べながら、新聞のテレビ欄の今日の映画放映と、旅番組のチェックが日課となっています。
テレ東の午後枠は、以前は三流アクションドラマが主流でしたが、このコロナ自粛が始まってからは、有名俳優の昔の名作が放映されるようになってきました。
クリント・イーストウッドやアーノルド・シュワルツェネッガー、シルヴェスター・スタローンの往年のアクション名作が度々放送され、楽しみに見ています。
13日(水)には、昼はマイケル・ダグラスのヒットしなかっただろう凡作。
夜は、テレ東BSのゴールデンでイーストウッドの往年の名作マカロニウエスタン「夕陽のガンマン」を楽しみました。

もう一つはNHKBSプレミアム過去に放送された、世界の町歩き番組を見ています。
65才でパスポートを更新せずに海外旅行を卒業してから、滅多に海外旅行番組を見てこなかったのですが、あまりにも暇なので見始めました。
最近目に留まったのは、南米パタゴニアのパイネ国立公園トレッキングと、ペルーのアマゾン川源流の町イキトス街歩きでした。
若い頃の南米時代、帰国してからの現役時代、ペルー、アルゼンチンは何度も旅してきましたが、パタゴニアのパイネ国立公園とペールーのイキトスは時間的な制約があり、行けませんでした。
個人旅行でも全くの自由旅行とは行かず、一定の日にちは帰ってこなくてはならないサラリー間生活ですから退職後の楽しみととっておいたものの・・・。
退職後、時間的・費用的な制約が薄れた現在、今、行こうと思いましても、体力的・健康面の制約が重くのしかかり、先ず無理でしょう。
そこで今、テレビ画面を見て楽しみ、終ってからは、グーグルストリートビューで、疑似体験して楽しんでいます。

パタゴニア・トレス・デル・パイネとは



パタゴニアは南米の最南端の山岳地帯です。
地球の温暖化を象徴する、氷河が溶けて湖に崩れ落ちる映像のほとんどは、ここ、モレーノ氷河がアルゼンチン湖に崩れ落ちて行く様です。
パタゴニアへは1991年12月、まだ日本発の団体パッケージツァーがパタゴニアに来なかった頃、個人自由旅行の形態で訪れました。
日本からの直接手配は難しく、アルゼンチンに住む友人が現地の旅行代理店経由で手配してくれました。
ブエノスアイレスからのフライト・現地ホテル一泊・氷河観光で一人800ドルでした。
現在では観光の起点となる町、カラファテへは、BsAsからも 長距離バスが出ていて、もはや、パタゴニアは秘境ではなくなり簡単に行けます。
この旅の帰路、最も近い空港リオ・ガジェゴで、若い日本人ご夫婦にお会いしました。
彼ら、これかパイネを目指すと云っていました。
「いいな、パイネか、今回いけなかったけど何時かは行ってみたい」
あれからもう20年近くなり、もう私たちは行けません。
その分、豊富なスタッフ・機材を持つNHKの映像で旅した気分になりました。

参考・私たちのパタゴニア紀行
今では、日本大手旅行代理店でも、この地域への手配を扱っていますし、チリ・サンティアゴやアルゼンチン・ブエノスアイレスには、日本人専用の旅行代理店もありますから、比較的簡単に日本に居ながらして手配は出来ます。
参考・アンデス・ニッポンツーリスト
但し、高いです。言い値です。ネット上での交渉の余地は期待出来ません。
一番安い確実な方法は、拠点となるパタゴニアの町カラファテまで、自力で行き、この町に沢山あるツーリストの英語ツァーに申し込む方法でしょう。
それには、かなり余裕のある時間と語学力が必要となるのは云うまでもありませんが。

ペルー・アマゾン源流の町イキトス
南米ペルー観光と云うとマチュピチュやナスカが代表的なアンデス山岳地帯ですが、アマゾン川の源流はここ、ペル―にあるのです。
このアマゾン源流の町、「イキトス」が日本人に知られるようになったのは、亡くなった冒険家「植村直己」氏からです。
世界5大陸最高峰単独登山や、極地探検で知られていますが、彼の最初の冒険旅は、ここイキトスからのアマゾン川縦断でした。イキトスからブラジルのマナオス経由大西洋の出口ベレンまで、手漕ぎ筏で縦断しようとする、地元民からは大反対された無謀な自殺行為と云われたものでした。
結果的には、彼は途中でこの冒険を諦め、山に専念することになったのですが。
NHKBSでは、街歩きスタイル(揺れない・スタビライザー抱えての撮影スタイル)で番組構成上のアポなしのまるで自分がその町を歩いているような疑似体験が出来る番組ですが、実際には、台本があり、しっかり事前に仕込んだ登場人物ばかりなのですが・・・・
ではと、本当にこの町なかをグーグルストリートビューで歩いて見ました。



暇な時にはこうして世界の観光地や自分の足で歩くようなバーチャルな旅をしています。

さて、グーグルはいったい何処まで撮影しているのか?
暇なので、自分の歩いたことのある都市をグーグルストリートビュー散歩してみました。

アジアでは、その国の首都と地方都市の二か所をチェックしてみました。
韓国・台湾・フィリピンは全てOK 中国北京は静止画のみOK
オーストラリア・ニュ―ジランドは大都市、観光地は全てOK
タイ 首都バンコクOK・地方都市チェンマイOK
カンボジア 首都プノンペンOK 地方都市 シェムリアップOK
ベトナム 首都ハノイOK 地方都市 ホイアン 一部のみ
ラオス 首都ビエンチャンOK 地方都市 ルアンバパーンOK
ミャンマー 首都ヤンゴンOK 地方都市 X 幹線道路のみ
インドネシア バリクタ OK ウブドOK
インド 首都デリー 市内の一部観光施設のみOK ムンバイ静止画のみ
スリランカ 首都コロンボ OK 地方都市キャンデー OK
ネパール 首都カトマンズ一部静止画のみ 地方都市 ポカラ X
他のアジア・中近東各国でストリュートビューで旅できるのは、イスラエルだけでした。

アフリカ大陸はどうか
ほぼ見れませんが南アフリカの大都市、ケニアのナイロビ、ガーナ、セネガル、ナイジェリアの一部都市がOK

ヨーロッパはどうか
ヨーロッパはドイツとオーストリアの地方都市をのぞく、全ての町でグーグルストリートビュー散歩が可能です。
ドイツでは個人情報による反対意見が強く、グーグルストリートビューはこの二か国から撤退しています。

北米・中米はどうか
カナダ・アメリカ・メキシコ・グアテマラまでほぼ全土OK
ホンジュラス・ニカラグア・コスタリカ・パナマは首都の一部のみ、ほかは静止画です。

南米はどうか
ベネズエラ X
パラグアイ X
その他南米の国の首都と地方都市は全てOKです。
南米大陸最南端のウシュアイアの町でもパーチャル散歩が出来ます。



私は時々、アルゼンチン時代に住んでいたボカの町なかをストリートビュー散歩をして懐かしがっています。

コロナ外出自粛で、自宅近くの散歩にも「自粛警察」の目が光っている昨今、グーグルストリートビュー散歩してみませんか?

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月13日

スマホ充電も出来る災害・非常用・防災ラジオを買いました。

関東首都圏に住む私のスマホには、最近頻繁に、緊急地震速報のけたたましいアラームが届くようになりました。
あまりにも大きな音と、響きでびっくりして身構えるのですが、直近の二回とも、ほとんど揺れは感じませんでした。

緊急地震速報は、震源近くで地震(P波、初期微動)をキャッチし、位置、規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震による強い揺れ(S波、主要動)がはじまる数秒〜数十秒前に素早くお知らせするものです。
ドコモでは、気象庁から配信された 「一般向け緊急地震速報」を利用して最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域(全国を約200の地域に区分)の携帯電話に一斉配信いたします。



そこでカミサンは、非常時の為の防災ラジオを買おうと提案してきました。
最大の理由の一つは
カミサンの友達親子が東北・松島を旅行中に東日本大震災2011に遭遇し、3日間知らない土地の避難所で過ごしたと云う経験談を聞いていたからです。
全く知らない土地での避難所生活で一番困ったことの一つとして、携帯のバッテリーがなくなり、今どうなっているのか解らない情報不足に陥ったことと、鎌倉の家族との連絡手段が途絶えてしまったleftことだつたそうです。
石巻から首都圏へ戻る手段もなく、3日間音信不通の状態で、鎌倉の家族に心配をかけ、後悔した話を聞いていそうです。
理由の2つ目は
現役時代20年住んでいた、横浜のマンション群では一度も停電は経験しませんでした。が、鎌倉に越して来て17年、停電は3回経験しています。
一度目は、この鎌倉の共同住宅に越して来て1か月目、大雨の日に自宅裏のある栄光学園の崖が崩れて、数本の電柱をなぎ倒して停電でした、ほぼ丸1日電気のない生活でした。
2度目は、東日本大震災の日、翌日昼間迄停電で、情報が全く入らない夜を過ごし、それから1週間以上続いた計画停電。
3度目は、昨年末の大雨で、また裏山の栄光学園の崖が再び崩れての停電でした。電気は1日で復旧しましたが、道路まだは工事中でバスは迂回したままが続いています。

そこで、早速、ネットで「防災ラジオ」で検索してみました。
思っていたよりも沢山あるのを知りました。
条件として考えたのは
■手回し発電が出来て、スマホに充電できるFM・AMタイプ、価格は5,000円まで
探し当てたのはamazonで売っていたもの、社名Phyismor、型番なし、中国製のもので3,499円でした。
4way充電とありました。
・ソーラーパネル
・手回し充電
・内部リチウムイオン電池
・AAA電池?
早速注文して、3日後に届きました。
取扱説明書は日本語でペライチ一枚・・・は最近よくあることで特別驚きません、もし解らなかったらwebでダウンロードすれば良いと思っていたのですが、ネット上ではメーカー名で検索しても出てきませんし、そもそも型番はなく「防災ラジオ」だけなのですから。

先ずは充電について
・ソーラーパネルでの充電ですが、フル充電は陽の当たるところで60~70時間・・・エェーそんなにかかるの!
・手回し充電は、130~150回転/分でフル充電7時間・・・1分間に150回転って物凄いスピード、それを7時間ですか?
 手回し1分間の発電でLEDライト15分点灯、ラジオなら5~10分、スマホなら3~5分利用可能
・内部リチウムイオン電池・・取り外しにはドライバーが必要で、交換は出来ません。
・AAA電池でなんだ?・・調べてみるとアメリカ規格で、日本では単4アルカリ電池と判明しました。避難所とか、電源のない場所の想定で購入したのですが、このような防災ラジオは、本当の緊急用なのだと理解しました。

入出力端子について
入力はリチウムイオン充電外部端子がついています。専用ケーブル付属
出力は5.1v/700mA USB端子からスマホなどの一般的なIT機器へ出力できますが、私の場合付属ケーブルでは自分のスマホの端子と形が違うのでに新たなUSB Type Cタイプ ケーブルアタブターが必要となりました。100均で売っていました。

ライトについて
前面にズーム機能つきLEDライトがあります。
ソーラーパネルを開けると、かなり大きさの照明になります。

SOSアラームについて
大きな警報音がなり、赤いランプが点灯します。
災害などで動けなくなった時にSOS、位置を知らせる為のようです。

肝心なラジオ機能について
AM・FMの受信ができるのですが、この防災ラジオを買うに当たって、多分、ラジオ機能が一番の課題になるだろうと予測していました。
我が家、鎌倉の自宅では日中はテレビではなく、ラジオを聞いて1日過ごしています。
結構形の大きい日本製のラジオでも電波状況は良くなく、唯一「ニッポン放送」だけがクリアに聞こえますが、あとはNHK第一程度です。
ですから、今回購入した防災ラジオのチューナーには不安がありました。
想像していたとおり、唯一、自宅で受信できる「ニッポン放送」のチューニングには手強っかったです。

初めてこのような手回し発電・防災ラジオを購入して分かったことは。
普段の生活ではまず使用しないだろう・・・と云うこと。
万が一の使用する為には、普段から・・二三ケ月に一度は、手回し充電、バッテリーへの充電を確認、スマホへの出力確認をし災害時持ち出しバックの中身の再確認、補充をすべきだとあたらめて思いました。
私は、どちらかと云うと楽天家なのですが、我が家のカミサンは正反対で、全てに慎重・怖がり派でちょうどバランスが取れているのです。
それにしても、齢を重ねるにつれ、カミサンは慎重になってきます。
これほど慎重派だとは若い頃は感じませんでした。
こんなに、慎重派の我が家のカミサンなのに、若い頃よくも一緒にアジアの奥地や、中南米に個人・自由旅行に一緒に付いてきたものと今更ながら感心しています。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
すまほ
posted by 西沢 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2020年05月11日

アベノマスクがまだ届かない、コロナは終ってしまう。

なんで届かいないのか、何時届くのか
週間東洋経済より引用

厚生労働省は21日、受注企業3社と契約額を明らかにした。
興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で、契約額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円で計約90・9億円だった。
野党が受注先を公表するよう求めていた。


「布製マスクを納入した事業者は、興和、伊藤忠、マツオカ、横井定,ユースビオの5社であります」
4月27日午前に行われた官邸の記者会見で、菅義偉官房長官は用意したペーパーをさらりと読み上げた。
この日、納入業者は5社だったことを明らかにし、未公表だった2社の社名を公表した。
それまで納入業者4社のうち1社の名前だけが公表されていなかったため、臆測が飛び交っていた。



伊藤忠は解ります。総合商社で手配力も組織力も信用もあります。
興和は健康・医療事業を核とした中堅商社で、中京圏が拠点。
マツオカは広島県福山市に本社をおく日本最大手の縫製企業で、海外に多く拠点を持つ企業で2017年に東証一部上場した。
横井定株式会社は1958年に創業、「日本マスク」というブランドで中国やフィリピンに工場を持つマスク専門企業です。
と、ここまではいいのですが・・・・・

最後まで社名が明らかにならなかっユースビオとは
ユースビオは福島市にある無名の会社で、ホームページもありません。
特にマスクの専業会社でもありません。
国の指定を受ける前の4月9日、社長の自宅が競売公示されましたが、4月24日に取り下げされ、27日に官邸の業者発表がありました。
また、この会社の社長は2018年6月7日、約3200万円を脱税したとして、懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金400万円の判決をうけ、執行猶予の身です。

このお話は、一党独裁社会主義国家の中国や、アジアの発展途上国、アフリカ最貧国の話ではなく世界のG7先進民主国家、日本の話です。
4企業と言っていたのに3企業と云い、最終的に発表されたのが5企業と云う、不自然さが残ります。安倍さんのお友達仲間なのか、はたまた公明党筋なのか。
こんな問題で国会の予算審議が遅れ、政争の道具に使われるのはご免です。
先ずは早く、国民の手元に届けなくてはいけないのは明白ですが、届かない。

それにしても、5月11日現在、コロナ特別措置法は3月13日に成立し、それに基づき4月7日に緊急事態宣言が発令された首都圏、神奈川県の我が家に届いていません。かなりの量の不良品があったせいかもしれませんが、しかし、一般競争社会ではそんな理由は通じません。
別にたった二枚のあの安倍さんがつけている「まるで小学校の給食当番」のようなマスクが欲しい訳ではなく、却って不要なくらいです。
何処か我が国はおかしい?、間違っている!

そもそも、マスクでコロナウイルス感染は防げるのか?
今、私は外出する際、マスクは持ってでかけます。
公道ではつけません。なにも人と接触したり会話することもないのですから。
マスクは、駅構内のエスカレーターの手前からつけ始ます。スーパーの買い物、本屋さん、人と接する、相対する時は付けます。
そして家への帰り道、駅構内から公道にでると外しています。
歩道を歩いていると、前から歩いてくる人はマスクをつけていない私の顔を見て、嫌な顔をするひとがたまにいます。

何の為にマスクをつけるのか?

政府は当初、明確な説明をしていませんでした。
マスクはコロナウイルスの罹患から身を守る為・・・と云ってました。
しかし、COVID-19は空気感染はしないのに何故?
飛沫感染から身を守る為・・・なら納得します。
それなら3密の状態ではない、公道、大気の下なら飛沫感染はない・・マスクは不要では?
では、感染していない人も何故マスクをつけなくてはいけないのか?
咳エチケットなんて言葉ではなく、はっきりと自分ではなく相手を守る為、とはっきり云えばいいのです。
当初、このCOVID-19の発症プロセスが解らなく、症状がなくても、陽性・保菌者となることが徐々に解ってきました。
最初から政府・厚生省は、相手を・家族を・社会を守る為、自分が菌をまき散らさないようにする為に、マスクをつけて下さい、と云うべきだったのです。
自分は平熱、味覚障害もない、症状もない・・・けれどももしかすると感染者かもしれない、だから外出時はマスクを着けよう。

しかし、現在街中で私たち付けている一般的なマスクでは、完全に感染予防は出来ないのです。
よくサージカルマスクと云う名前を聞きます。
これは外科手術用のマスクです。
これは着用者(医療従事者)の呼気中に含まれ排出される微生物などから患者を守ることにあります。
一方医療者の間で使われているのがN95マスクです。
「N95マスク」とは「呼吸器防護具」などとも呼ばれる、ある種の空気感染源からの呼吸器感染のリスク軽減を目的として設計、開発された着用者(医療従事者)保護用マスクです。
両方とも、顔・肌への密着度を高く、つまり頬に紐あとがはつきりと残るぐらいきつく耳にかけ、マスクと鼻・口元の隙間を造らないことが肝要であると、説明書に書かれています。

つまり、現在街中で見かける使い捨てのマスクでは、完全に微小なウイルスを遮断出来ないのです。しないよりもマシ程度で、完璧に防御するのなら、人と接触しない、物に触らない、つまり外出しないだけしか防げないと思ったほうが良いのでしよう。

小池百合子東京都知事の云ってる通り「ステイホーム」家から出ないことが、一番の自分を守る方法なのでしょう。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ