CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年05月26日

エンデイング改め未来への連絡ノート

最近、日々、起床時間が早くなってきています。
日の出の時間がますますはやくなり、5時前にはリビングルームから東側の観音山先から陽の光が見えてきます。
私は基本的にはベッドからでるのは、6時半と決めています。カミサンは私よりも1時間以上も前から起きているようです。
特に朝食の為だけではなく、一人でゆっくりと新聞を読んだり、朝のラジオを聞いたりする自分だけの時間を大切にしているようです。ですから、私はベッドのなかで目をさましていても、6時半までは自室をでないようにしています、

朝食は夫婦別々、ラジオを聞きながら

リングルームに行くと、カミサンは既に朝食を食べ終え、新聞を読みながら、朝のラジオを聞いています。
朝、5時からのラジオ番組は、主に早起きのシニアをターゲットとした話題が多いようで、病気や認知症などの話題が多いなか、私が、食卓に座った時に流れてきたのは、「エンディングノート」に関する話題でした。
この時のゲストが言った言葉が気に入り、そばにあったメモ用紙に書き写しました。

忘れないようにメモをとる
最近、気になった言葉、テーマ、話題、解らないカタカナ語などは、後から調べるために、メモをとるようにしています。
これも老化の一種でもあり、予防なのでしょう。
解らない、理解できない言葉(特にカタカナ語)は聞き流さず、調べるようにしていますが、後から調べようと思っていても、そのカタカナ語が何だったっけ、忘れていることがあるので、リビングルームには、カミサンのメモ用紙があり、私の部屋にも置いています。
実際には、解らなかったカタカナ語はその場て、スマホ・グーグルに向かって語りかけたほうが早いのは分かつているのですが、出来るだけ、パソコンを開いてキーボードを叩くようにしています。

閑話 最近調べた、知ったかぶりのカタカナ語
直近の中途半端に、分かったふりをしていた言葉は「リテラシー」です。
テレビのニュース報道で、山陰の町の給付金振込騒動の解説のなかで、元銀行支店長の解説で
「役場の人間二人が付き添って、宇部の銀行に行く数時間の間に、24歳青年はスマホを操作していたのではないでしょうか、あの年代の若者の”リテラシー"と、役場の人間の間には大きな差があったのでしょう」と。
この場合の「リテラシー」は、経験とか知識とか常識とかに置き換えられないことはないのですのでしょうが、専門家はカタカナ語を使いたがるのでしょう。

解説
リテラシーは英語の「literacy」からきており、意味は「読み書きの能力」になります。
参考:Weblio英和・和英辞典
日本の場合は「読み書きの能力」という意味で使われることはほとんどなく、ある特定の分野に関する知識や理解能力のことを言います。
また、その知識や能力を有効活用する能力などの意味合いで使われることもあります。
特に日本では以下のケースでの使い例が多く使われています。
◯ ITリテラシー
 通信・ネットワーク・セキュリティ・コンピューター・SNSなど、インターネットに
 関する知識や情報を正しく理解し、活用できる能力。 
◯ 情報リテラシー
 適切な情報を収集し、収集した情報を自身の目的のために正しく利用するための能力。 
◯ メディアリテラシー
 新聞やテレビなどの内容を読みとりメディアが伝えたい本質や与える影響に関しての正確な
 知識を身につけて利用するための能力。 
◯ 金融リテラシー
 株式、保険、投資信託などの各種金融商品やお金やお金の流れに関する知識を有し、お金
 との付き合い方について適切に判断する能力。 
◯ ヘルスリテラシー
 健康でいるために必要な情報を収集し、医療や体のしくみを適切に理解することで、収集
 した情報を利用するための能力



「エンデイング」改め「未来への連絡ノート」

閑話はさておき、数日前の朝のラジオのなかでゲストは、リスナーであるシニアに向けてエンデイングノートを書く必要性について語っていましたがそのなかで、「エンディングノート」という名称をやめませんか?提案していました。

まるで、すぐに自分が亡くなる、家族と離れ離れになる、縁起でもない、というイメージであってなかなか正面から向き合えない人々が多くいる云います。
我が家は子供もいない二人暮らしですから、自分の逝った後のことを考えると、反対にちゃんとやっておかないと、ちゃんと記録し、伝えておかないという気持ちになっており、少なくとも5年毎には、お互いに書き換えるようにしています。

何を書き残すか?




■ 基本情報 年金番号、パスワード等
■ 遺言書の有無、保管場所
■ お金に関して ・預貯金明細 ・株式・投資信託など ・人に貸しているお金
■ 不動産、その他の資産 
■ 生命保険 契約先、担当者、いざという時の電話番号
■ PC・携帯電話 契約状況
■ ローン・サブスクリプション・クレジットカードの有無
■ 葬儀・納骨・埋葬の希望
■ 親戚・知人・友人・勤務先の連絡先
■ 伴侶・家族へのメッセージ
一度、自分が元気なうちに、自分自身の記憶の整理のためにもやっておいたほうが・・・

私の生き方連絡帳
最近、多く言われるようになっているのは、エンディングではなく「私の生き方ノート」と言われる、ゆえんは、病気になって、家族とのコミュニケーションが困難になった時の治療、延命に関する希望を書き残しておくというケースが増えているようです。

リビングウィルとは

リビングウィルとは簡単に説明すると生前の意思という意味で、本人が生きていた時の尊厳死に関する意思として、生前遺言書や生前発行遺言書とも訳されています。
自分の病気が治らない状態、あるいは終末期の段階になったときに延命措置を施さないでほしいことを宣言し、苦痛を取り除く緩和を重点に置いた医療へ切り替えてもらうことで、平穏かつ自然死を望むということを自らの意思として書き残しておくものです。
尊厳生前死が選択肢として挙げられたときに、本人の明確な意思表示として使用されます。
遺言書とは違い、法的な拘束力はありません。
そのため、一般的な書式や内容は大まかに決まっていますが、延命処置に関することだけでなく、葬儀の方法や臓器提供の可否などの内容が含まれていることもあります。



リビングウィル 終末期医療に関する事前指示書の例文

私は、自分自身の終末期の医療・ケアについての私の意思を明らかにするため、下記の通りの指示を致します。
(延命措置)
私の傷病が不治の状態であり、既に死が迫っていると診断された場合に、延命措置を取ることをお断り致します。
意識がなくなった場合はもちろん、はっきりと意思表示が出来ない場合も同様に扱って下さい。
・鼻管の挿入をしないでください。
・胃瘻の処置をしないでください。
・人工呼吸器を取り付けないでください。
・昇圧薬の投与・輸血・人工透析・血漿交換の実施をしないでください。
(苦痛の緩和)
私の状態が苦しく見えるようであれば、その苦痛を緩和するための処置・治療はお受け致し、下記の措置を取ることに同意いたします。
・苦痛を和らげるための麻薬などの適切な使用による措置
以上が私の終末期医療に関する事前の指示書となります。
これらの要望を受け入れ、治療に当たった方に深く感謝を申し上げるとともに、これらの指示内容に従って行った行為の責任はすべて私に有ることを表明致します。

作成日  平成  年  月  日
(本人)
住所
氏名(印)
生年月日
(本指示書の証人)
住所
氏名(印)
連絡先電話番号
(私の意識がなくなった時の連絡先)
住所
氏名
連絡先電話番号



後期高齢者目前の日々の体調
後期高齢者になる75歳を翌年に控え、特に治療を要するような重篤な病気・症状は今のところありませんが、しばしば体調の悪い日、外出、何かを始めるのに億劫になる日が、日増しに多くなって来ているのを実感する日が増えています。
徐々に「体力・気力・好奇心」の衰えを感じるのは、確実に年齢を感じています。

このブログを書いている日がそうです
前夜の頻尿で就寝してから朝起きるまで、2時間起きにトイレに行く日が続き、翌日の体調は50%以下の日が増え、予定していた「きょういく」「きょうよう」は全てキャンセルし、大人しく自宅に籠もる日々が多くなっています。
web上で紹介された、「過活動膀胱」治療薬を処方されて試しましたが、薬の副作用で反対に「排尿障害」が發生し、苦しくなり一週間で辞めました。
こんな体調が毎日続くわけでもなく、週末に回復して、次の旅行計画をたてるのですが・・・
自分では勝手に遅れてきた「男の更年期」と呼んでいますが・・・
男性ホルモンの低下が一番の原因か?
感染症も落ち着いてきたようで、再び夜の街のバイトを再開しようか?

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ
posted by 西沢 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ