CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年08月05日

五輪が終わったら、さあ出かけようと思ってはいるのですが

今週日曜日で、57年ぶりの私たち団塊世代の オリンピックは終わる。
もうこの先、このように毎日、朝の新聞で放送スケジュールにラインマーカーをし、TVの前で、チャンネルボタンを頻繁に変え、夜のハイライトで結果を再確認するような生活は終わる。
パラリンピックは残っているものの、果たして開催されるかどうかも怪しいし、五輪のような、興味・関心・情熱をもって一日中みることはまずないでしょう。
8月いっぱいは、大人しく、コロナの状況を見て、成熟した大人、高齢者なんですから、外出・遠出は自粛します。
しかし、9月からは、もう先行き短い高齢者予備軍ですから、勝手にさせて下さい。

コロナ前から今年の行きたい所リストは出来上がっています。
今年、辛うじてクリアできたのは、4月の「高遠の桜と諏訪湖」だけです。
残るリストは季節順には
 9月 黒部アルペンルートから越中八尾の「おわら風の盆」
10月 軽井沢からバスと徒歩で「鉄道遺産」めがね橋経由横川までの小旅行
10月 越後湯沢 苗場のドラゴンドラの紅葉 一泊二日
11月 マイルを使って高知を拠点とした四国の旅
12月 マイルを使って、鹿児島or奄美へ

9月 黒部アルペンルートとおわら風の盆

おわら風の盆私は、黒部アルペンルートは二回行ってますが、カミさんは初めてなので、それなら、私も見ていない「雪の大谷」の季節に行こうと今年の春に計画しました。

どうせ個人旅行ですから、絶対にお天気の良い日にと、連日、天気予報を見ていると、一番滞在時間が長くなる「室堂」は一面の積雪です。
ただ通り抜けるだけなのに、装備は完全冬山に近い格好だと分かると、カミさんは、別に雪の大谷をみなくてもいいから、簡単な格好で過ごせる、夏か、紅葉の季節がいい、というので中止にしました。そして、付け加えた条件は、富山は一度も行ったことがないから、富山市内の宿泊は必須の条件。

私にとって富山と云えば、「越中八尾 おわら風の盆」です。
私の住む大船のお隣藤沢市では、夏の商工会議所のお盆のお祭りは、日本各地の盆踊りを招待する企画があります。
初めて見た時の動画映像を紹介します。



秋田の西馬音内の盆踊り、高円寺の阿波踊り、越中八尾 おわらの盆踊り、岐阜・郡上踊りが行われました。
このうち、特に心惹かれたのが、胡弓の音にあわせて踊る、怪しい美しさの越中八尾の盆踊りでした。いつかは、この本物を見てみたいと常々考えていました。

場所は富山からJRで30分ほどの小さな町、越中八尾。
開催されるのは毎年、9月1,2,3の3日間のみ。
一番の見どころは一晩中町中を踊る、街流し・・・
もちろん、この3日間、富山市周辺の宿はありません。
一晩、この街流しを撮影して、夜が明け、少ない電車・バスが動き出した頃、空いていそうな民宿・カプセルに流れこむという方法しかないのですが・・・
でも、今年もダメです。越中八尾 おわら風の盆は2年連続で中止です。
では来年、そしてその先は・・・・。
もう若くない、夜中から夜が明けるまで撮影し、移動し、カプセルや健康ランドに潜り込む体力ははたして残っているか?
後期高齢者になる2023年までが勝負だと考えているのですが・・・果たして行けるか?

10月 碓氷峠のめがね橋への小旅行

旧信越線軽井沢から群馬県側、峠の釜めしで有名な横川まで、信州の人間にとっては懐かしい、大都会へ続くトンネルの鉄路、蒸気機関車が黒い煙を吐きながら幾つかのトンネルを超えていき、途中アブト式の急勾配を抜けると、広い、明るい、関東平野が現れる場所が、軽井沢の先、碓氷峠です。

長野冬季オリンピックを機会に新幹線が開通すると、軽井沢・横川間の鉄道は廃線となり、バス輸送となっています。
そのバスも、国道18号ではなく、碓氷バイパスを通ります。
今、鉄道遺産の名所となっている、めがね橋 は旧中山道・国道18号にあるのです。
JR関東の軽井沢・横川間の代行バスはノンストップで、碓氷バイバスを通ります。
旧18号・中山道を通ってめがね橋などの鉄道遺産に停車する各駅のバスは一日1往復のみの運行、しかも期間・曜日限定です。

■注意 期間限定運行
2021年運転日:4月29日〜5月5日・7月17日〜25日・8月7日〜22日・9月18日〜20日・10月9日〜10月11日・10月24日〜11月21日
となると、軽井沢の紅葉がピークとなる10月24日〜11月21日このあたりを目指すことになりそうです。
免許証があれば、車なら簡単な場所なのですが・・・
一日、軽井沢方面からと、横川方面からの各々一便ですから、中間地点のめがね橋で降りると、もうバスはなくどちらかへ歩くしか方法はないのです。
そこで計画しているのは、軽井沢から代行バスでめがね橋で下車して、鉄道遺産を見たあと、徒歩で旧中山道を昔の線路沿いを5.5km歩いて横川へ、およそ70分、ただし峠からの下り道なので多少は楽なはずです。
※テレ東の路線バスの旅などで学習しました。
バスが運行していて、紅葉がきれいな時期となると10月24日〜11月21日かな・・・
カミさんは、歩くのは慣れているし、軽井沢なら買い物も出来るし、先ず反対はしないはず。

10月 越後湯沢 苗場のドラゴンドラの紅葉 

日本最長5,481mを誇り、アップダウンを繰り返しながら苗場と田代の間を約25分結ぶ紅葉の名所。関東・上越では大人気の紅葉の名所と知ってはいました。
交通の便もよく、各社沢山のバスツアーを組んでおり、混み具合は半端ではなく、ゴンドラ待ち数時間と云われているのを嫌い、これまで行ったことはないのですが、多少費用は高くつきますが、個人・自由旅行で行こうと計画しています。

個人自由旅行のアクセスは
大船05:09⇒東海道線・新幹線⇒08:05越後湯沢 7,890円
苗場プリンスホテルへは路線路線バス
越後湯沢駅東口08:20⇒08:57プリンスホテル 670円
ホテル ⇔ 苗場ドラゴンドラ山麓駅
無料シャトルバス 09:00
ゴンドラの運行は2021年10月9日(土)〜11月7日(日)まで
9:00〜15:00(下り最終16:00)料金 往復 おとな3,500円です。

これが、首都圏から一番はやく、混雑しない時間帯にドラゴンドラに乗る方法です。
時間が経つに連れ、観光団体客が到着に連れ、待ち時間は3時間になることもあるようです。

苗場のドラゴンドラの紅葉の条件は
ここへは、お金と暇があれば誰でも簡単にいけます。
特に旅のテクニックは必要なく、お天気と紅葉次第です。
一番確実なのは、個人の日帰り旅行、お天気と紅葉具合はドンピシャリとなるのは間違いないでしょう。
現在、8月3日のコロナの状況では、旅行会社各社、まだドラゴンドラの紅葉のツアー企画は出ていません、が・・確実に個人自由旅行よりも安いのは間違いありません。が、先行き短い、後期高齢者一歩手前の団塊世代として、今、行かないと、何時いけるか分からない世の中なんです。



11月 マイルを使って初めての高知 二泊三日の旅
・徳島の大歩危の先、奥祖谷の天空のかかしの里
・「竜とそばかすの姫」の聖地巡り 仁淀川沿線
・高知市内観光
12月 マイルを使って、鹿児島
日本一早い菜の花畑と開聞岳と、桜島島内観光
以上の2つは、次回のブログでお知らせします。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ