CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年06月18日

鎌倉市のコロナワクチン接種予約状況 リアルタイム報告

6月17日 第3回予約受付開始



5月17日よりの65歳以上の高齢者対象の第2回コロナワクチン接種受付のさい、私の分の予約は、割と簡単に繋がり予約できたのですが、少し甘く見過ぎたのか、自分の分が終わってからカミサンの予約を入れようとした時に既に予約分が埋まっていました。
たった3分で終わってしまい、不思議に思いました。

・一体どのくらいのワクチン接種数を用意していたのか?
・電話予約とネット予約の数は、別々の枠なのか、同一の枠なのか?


まあ、次の機会にカミサンの分をすればいいや、と考えましたが、ちょっとひっかかるものがありました。
翌日、カミサンも私も外出した、スポーツ仲間の間でいろいろな噂話を耳にしたのです。

●9時00分予約スタートだったのに、同日の深夜00時からネット受付が出来ていた・・・
●200回電話して、やっとつながり予約が出来た・・・


そんな馬鹿な、流言飛語、デマだよと話したのですが、どうやら本当だったようです。
後日、ワクチン接種会場で知り合いの鎌倉市職員に聞いたところネット受付時間は最初から、同日深夜00時と朝の9時受付開始と決まっていた。
理由は一時的に予約が殺到してサイトに接続できなくなるのを考慮して2回に分けたのが、市民への案内が不十分だった。
ネット受付枠と電話受付枠は別枠なので、ネットで満杯でも電話枠にあきがあることもある。
web弱者への配慮も含まれて、こうなっている、枠ないの数は知らないけど、1/50ぐらいではないかと思う、との「立ち話」でした。

そして、第3回のスケジュールが掲載された市の広報誌が送られてきて、初めて各回の予約可能量が示されました。
1回目 80歳以上 12.600人
2回目 65歳以上  8,000人 たったこれだけだったの!
3回目 65歳以上と1,2回で予約できなかった80歳以上 25,000人


2回目の三倍の枠があるので、希望する方全員にいきわたる数と云います。
そして、三回目からは6月17日と18日、市役所本庁舎、4つの行政センターの他、各地の自治会館・公民館20か所で、市職員によるネット予約の入力サポートを行うとの告知がさなれていました。

6月17日AM09:00 ジャストログイン

このサイトは、AM09:00以前でもここまでは入れます。
一度自分の予約でログインいた時に、カミサンのワクチン接種クーポンの番号と、パスワード併用の生年月日を入力しておけば、いつでも呼び出せる状況になっています。

これは、予約の再確認とか、キャンセル・変更の為にいつでもここまででしたら、一度ログインした人(アカウントを持っている人)ははいれるのです。
カミサンの番号でログイン待機状態にし、パソコンの時計を秒表示にして、08:59:50からカウント始めて、08:59:59でマウス左クリックすればジャスト、ピッタリログイン出来て、ワクチン接種会場と日にち、時間を選択して、予約完了です。

カミサンの場合、本日の予約で一番早い、来週、木曜日の午前中の予約がとれました。
私は同じ週の土曜日が第2回目、そしてカミサンは一回目から数えて、3週間後に7月15日には第2回目が終わり、晴れて二人とも免疫・抗体保持者となり少なくとも、国内旅行にはいける思います。
カミサンは、この予約完了の朗報をうけて、さっさと本日の女性だけのスポーツクラブに出かけていきました。
少しは、わたしの努力に感謝してるかと思いきや、「これは、プロの貴方の役目、出来て当たり前」と云う顔をしていました。

今回の結果に皆さん満足している様子です

この予約を終えて、鎌倉市のなかで一番大きな接種会場である「鎌倉武道館」へ向かいました。
木曜日はラケットテニスの日です。
ここ毎週木曜日の武道館前は、交通渋滞が発生していました。
鎌倉市が65歳以上の高齢者が、コロナワクチン接種会場にくるのに大変だろうからと、タクシークーポンを発行しているのが、この会場の混乱、渋滞に拍車をかけているのは目に見えていました。しかし、今日は幾らか会場は空いていました。
やはり、知り合いの市の職員に話を聞くと、全て予約制なので、予約時間の10分前で十分間に合いますとの、市からのお知らせ、告知がようやく伝わったようで今まで、1時間前に来られていた高齢者が少なくなったのと、タクシーの予約にも手間取ることが知れ渡ったので、歩いてきたり、バスで来る人が増えたせいでしょう。と云っていました。

この日ラケットテニスメンバーは11人、半分の6名は65歳以上の2回目の予約が取れなかった鎌倉市民です。
皆さん、このコロナワクチン接種予約の朝、ご家族に頼んで簡単にに取れと喜んでいました。
そして、スポーツで汗を流して帰宅し、やはりフィトネスクラブから帰っていたカミサンにお友達のコロナワクチン接種予約状況を聞くと、皆さんとれたようで「これで一息つけて、次のことを考えられる」と喜んでいたそうです。
やれ、やれ、という言葉が一番似合う日でした。
これで、菅首相の目指す、五輪までに65歳以上の高齢者全員接種が見えてきて、素直にオリンピックが素直に見れるかも知れません。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ