CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月11日

お散歩ではなく「ウォーキング」お気に入りのコース

退職して17年、年齢も古稀を過ぎると色々なことから卒業していきます。
数年前に、退職後の時間の過ごし方の憧れでもあった海外ステイ・旅行を卒業し、今年3月には、退職後の大きなウェイト&時間を割いてきた市民活動を支援するNPOの正会員、活動する広報部会リーダーを辞め、一登録団体となったり、コロナ禍で夜の街関係を整理し縁遠くなったりして、平日、自宅で過ごす時間が圧倒的に増えてきています。

定年・退職後の過ごし方と云うメインテーマを掲げて17年もサイトを運営してきて、同じ世代の退職者の方々が、一様に思うのが「リタイヤ後、毎日すること、行く所がなかったらどうしよう」という不安にたいして、
私たちはこうしています。何とかなるから心配はいりませんよ、
と云う発信を続けてきました。
そういう私は、退職直後から今年になるのでほぼ15年間、今日はどうしよう、今週の予定はと悩むことありませんでした。
が、NPOを辞め、コロナ禍で行動、移動制限がかかってからと云うもの、圧倒的自宅にいる時間が増えました。
自宅デスクワークでやることは沢山抱えていますので、予定がないことの不安はないものの、家から一歩も出ない日が何日もあり得ます。

私にとって、自宅、自分部屋のパソコンデスクの前が一番、寛げる楽しい場所です。
あらゆるものが、手を伸ばす範囲にありますし、PCに向かえば、世間、世界と繋がっているワンダーランドなのてすが、カミサンにとっては煩わしい、湿気の籠った、巣籠りの空間と映るようです。
カミサンは云います。
「1日一度は、外に出て散歩せよ、少なくとも5,000歩は歩け、
足が衰えても私は介助しないからね、今から鍛えておいてね。」

と、冷たく、そして本気で云ってます。

散歩だって、そんな爺くさいこと・・・
退職直後、まだ50代後半の頃、夕方カミサンから頼まれて、近所のドラックストアーにトイレットペーパーに行く途中(大きなもの、かさばるもの、重たいものの買い物は、私の役目なんです。)、講座の生徒さんの女性にお会いしました。
「先生、お散歩ですか?」と聞かれ、「エェーお散歩?」
当時のわたしのなかでは、朝夕のお散歩というのは、かなり人生の黄昏時の、何もすることのないお年寄りすることでした。

2020年、もうその当時イメージしていた年齢と体力になっています。
外にでる時間が少ない、家の中、パソコン机から移動するにも、椅子事滑らせて動くような生活です。
そして、間食。身近にはカミサンののカーブスお付き合いの物々交換の甘いものが溢れており、ついつい手を出し太っていきます。
流石にこれではまずい!、動かなくては・・・でも、当てもなくただただ、年寄の散歩と思われるものは嫌だ

カミサンは云います。お散歩ではなく、「ウォーキング」
団塊世代のおじさんが好きな、計画を立て、実行し、それを記録し、達成する。
せっかく鎌倉に住んでいるのだから、歩くコースは沢山あるじゃない。
家の周りではなく、ひと駅歩く、横須賀線なら少なくても「北鎌倉」まで、東海道線なら「藤沢」まで、根岸線なら「本郷台」まで。
現役時代にダイエットとして、仕事先の内幸町にいくのに、わざわざひと駅先の東京駅まで歩き、帰りは田町まで歩いていたじゃない、毎日とは言わないけど
週に二日は、少なくとも一万歩歩かなきゃ・・・

なるほど、解った、極力努力します。
そこで、お得意のパソコンに向かって、ルートと距離と歩数を調べてみました。
アプリはhttps://japonyol.net/distance.html 地図蔵 ≫ 地図で距離測定です。
これは、旅先でよく使っています。バスの便が少なかったりして、歩ける距離であるかどうか、地図上で測定する便利なものです。

鎌倉方面
北鎌倉・円覚寺までは片道、3,2Km 35分、私の身長から一歩0.7mとして4,600歩 往復9,200歩です。
但し、これは県道をまっすぐに歩いての距離で、これでは面白くないので、少し周りの住宅街のなかを通ると、一万歩になるでしょう。
その時、浄智寺・建長寺・鶴ケ岡八幡宮まで足を延ばすと、ゆうに、もう散歩ではなく、ハイキングとなり帰りは、鎌倉駅から電車に乗って
帰るを選択することになるでしょう。

根岸線本郷台方面

ここへのルートは、いたち川プロムナードと云う、横浜市の整備された散歩コースが設定されていて、川沿いの車は通れない気持ちの良いルートがあり、
朝夕、散歩、ウォーキング、ジョギングしている人たちが大勢いるコースです。
本郷台の手前の警察学校まで片道4km、往復すると2時間、12,000歩です。


藤沢方面
自宅からまっすぐ県道を歩く道は、歩道は整備されていますが、車が多く、真っすぐの道でウォーキングにはつまらない道の為、ご近所のショッピングモール内を横切り、大病院「湘南鎌倉総合病院」を迂回し、今、コロナ対策の新施設を造っている、武田薬品研究所の裏手と閑静な住宅街を抜け、東海道線の線路に沿って行くルートになりますが、ほぼ5kmとなり、途中のどこかで引き返すことになります。

週に二回の運動不足の為の散歩、ウォーキングとしては、長続きさせるためにあまり欲張らず、散歩に適したコース設定としては、歩きやすい、車の少ない、景色の良い、出来れば開けた場所から朝・夕の富士山が眺められ、四季折々の花、桜、紅葉が身近にある所、最大でも往復6km、時間にして1時間半いない、歩数は10,000歩が理想としています。

無理して歩く必要はない
今の季節は涼しく、帰宅するとちょっと汗をかいている程度が理想です。
カミサンの云うような、特に歩いた歩数・距離は記録していません。
何が何でも、歩かなくてはとも思っていません。
特に、大相撲が始まった11月は5時からは相撲中継を楽しみにしています。
昨年までは、NHK相撲中継は全くみることはなかったのですが、NPOを卒業し、やらなくてはならない事が無くなり、そこにコロナ禍で時間がありあまり夕方からは自室で寝転んで、郷土出身の「御嶽海」の相撲を楽しみにみています。
そう、現役時代に忌み嫌っていた、定年退職した年金シニアの1日を今経験しているのです。
今週は週2回のウォーキング、何処を歩こうか・・・?

でも、今週は元NPO関係の会議、見たい映画「波留主演のホテルローヤル」の封切りがあり、来週打ち合わせの団体のwebページの原稿締め切りと、勝手に自分で忙しいスケジュールにしているので、ロングウォーキングは休みにしたい、自分には甘くなっています。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ