CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年01月07日

楽天が元監督の星野仙一氏の死去を発表

hosino.jpg
1月4日すい臓がんの為死去
70才、私と同じ団塊世代(1947〜1949生まれ)でした。
電車のなかのニュース画面で知った時、私はかなりのショックでした。
体が資本のスポーツ選手、私たちよりも数段、体には気を配っていたでしょうに。
それと同時に思ったことは、妻に先立たれた夫の寿命は短い、と云う現実です。
奥様は、20年ほど前に白血病で亡くされています。50才でした。

そして考えたことは、遂にこの時代の幕開けが始まった、という事です。
この時代・・・とは何時かは必ずくるであろう「団塊世代の終焉」です。
世の中、男性平均80才、人生90年時代と云われてますが、今年70才の古稀を迎える私は終活を本格的にスタートし、60代世代にバトンタッチスタートの年と云えばいうほど、そう云う人ほど長生きする、70才男性の平均余命は15才なんだよと、自分よりも若い世代の方だけでなく、同世代の方もそうおっしゃいます。
しかし、それはあくまでも統計であり、DATAなのでマクロ的には正解でしょうが生身の人、ミクロの個人には当て嵌まりません。

私が早期退職した15年前頃、退職後の第二の人生と云う云い方をしていました。
昔は、50代後半から60才還暦の年に、晴れて定年退職、おめでとう、と隠居に入った頃は、確かに第二の人生だったのかも知れませんが、定年が65才に定着し、一部の大企業勤の豊かな年金受給者以外の、その他大勢のサラリーマンはその少なさや、就職氷河期の団塊ジュニア、独立しない子供の問題もあって働かざるを得ない時代なり、退職後の人生は第二の人生ではなく、残された人生となってきています。

団塊世代が徐々に消滅していく時代が、2018年、われらが同僚星野仙一の死で始まっています。
この日の事は覚えておこう。

団塊世代の有名人は、人口比率が高いので沢山います。
野球選手      衣笠祥雄 堀内恒夫 江夏豊 村田兆治 
その他スポーツ   尾崎将司 アニマル浜口 ガッツ石松
歌手        小田和正 五木ひろし 武田鉄矢 矢沢永吉
俳優        西田敏行 泉ピン子 舘ひろし
タレント      北野武  蛭子能収 テリー伊藤 志村けん
政治家       小泉純一郎 鈴木宗男 海江田万里   

みんな同い年なんだ!何時かは団塊世代の最後の一人が死んでも、ニュースにもならないでしょうね

今回の星野仙一氏の死去で思い出したことがあります。
それは、数年前から綾小路きみまろが盛んに云っていた冗句です。
1964の東京オリンピックを高校生の頃見た団塊世代は、2020年の2回目のオリンピックが決まった時に、自分の年齢を計算して、その時は団塊世代の俺たちは72才だ、東京オリンピックをこの目で見るまで、健康で元気にいような、誓うのです。
そして2020年、東京オリンピックが終わると、頑張って張り詰めていた72才の団塊世代の大量死が発生します。
これを「五輪終・ご臨終・ごりんじゅう」と云います。お粗末様でした。
posted by 西沢 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ