CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年12月02日

サッカーワールドカップロシア大会、日本の相手は?

2018FIFAワールドカップ ロシアの組み合わせ抽選会が1日、モスクワ(ロシア)で行われたのを
夜中まで見ていました。最初NHKサブチャンネルでやると聞いていたのですが、サブチャンネルってどうやって見るのだ?
ネットで調べるしかありません。
リモコンでいつもNHK総合を選択し、チャンネル選択上下ボタンを上にするだけでした。

日本が入ったグループHは以下の通り。
グループH:ポーランド、コロンビア、セネガル、日本

もしかすると予選突破できそうかな?
第1戦 6月19日 コロンビア 世界ランク13位
第2戦 6月25日 セネガル  世界ランク23位
第3戦 6月28日 ポーランド 世界ランク 7位

コロンビアとは引き分け、セネガルには勝ち、ポーランドと引き分けて勝ち点5で決勝トーナメント進出が出来るか?

若い頃、仕事関係でアルゼンチンで暮らしていた頃、1974年のドイツ大会に参加するアルゼンチン代表にコネがあり、一緒に見に行きました。オランダのクライフが率いる、当時としては画期的なトータールフットボールの試合運びに驚愕した覚えが有ります。
次回は、1978年、アルゼンチン開催でした。
アルゼンチンは、当時TVは白黒時代、ワールドカップをカラー放送することになり、これを機会にカラー化に伴う、何かしらビジネスチャンスを学ぼうと一度日本に帰ることにしたのです。

結局、このアルゼンチンが優勝した試合は、自分の結婚式の夜、ホテルの部屋のTVで見ることになったのですが。
それ以降、日本のサッカー界のワールドカップ挑戦はづっと見続け、色々な思い出があります。
 あのドーハの悲劇の夜
 初めて突破したジョホールバールの試合は、入院中の病院で。
 アジア予選で韓国に勝った夜の試合は新宿の大型ビジョンでした。

2018ロシア大会以降は、出場国が増えそうで、日本のハラハラドキドキが減って面白くなくなるだろうけど団塊世代が70代に入るようになって、東京オリンピックではないけれど、何時まで見ることが出来るのかな、考えています。
posted by 西沢 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会