CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年04月10日

シニアライフには身近に予定・目標・楽しみが必要

日一日と暖かくなり、春本番の季節となってきています。
毎年、この季節、新年度4月には今年の前期、半年先までの行動予定、旅行予定が出来上がっているのですが、2020・2月、横浜港・大黒ふ頭のダイヤモンド・プリンセスの撮影をした日以来、全世界、そして私達年金シニアの生活は一変し、暮らしにくくなってしまいました。
あの時撮影したのビデオ映像を紹介します。



あの当時は物見遊山気分で、大黒ふ頭の撮影し終えてから、いつもの横浜の馴染みの通い慣れたお店に寄ったのですが、これが最後になるとはあの当時は思いもしませんでした。
年金シニアのように、自宅を中心として狭い半径内で行動する世代にまでまん延する感染症が大きな影響を及ばすと考えもいませんだした。

2020年2月を境に老後・退職後のシニアライフは大きく変った。
1948年2月生まれの私は、この年に72歳の誕生日を迎え、これまでの退職シニアライフのスタイルを大きく変えました。
特に感染防止ということに重点を置いた訳でもないのですが・・・結果的には人との接触を避ける、減少する方向になったのです。

・生活の中心でしたNPO広報スタッフを正式に辞任、退会しました。
 これは前々から唱えていました持論「最長72歳で現場から引くべきだ」を自ら実行したまで
 です。でないと、NPOセンターでの時間が生活の一部となっている高齢者が辞めないうえ、
 何時までもリーダーでいたい、と居座り続けるからです。
・スポーツのうち、若い相手についていけなくなったバドミントンを辞めました。
・趣味のクラブのうちの幾つかを退会しました。
 実際に会って話したり、情報交換をしている時と、Zoomでの会合は明らかに濃度が
 ちがいます。こんな一方的に、自分の話、自慢話ばかりする人とは思わなかった方もいま
 した。もう十分です。

毎日サンデーの年金シニアライフの一日・一週間・一ヶ月・一年
退職する前に、いろいろな本・記事・ネットを読んで、予定のない一週間、一ヶ月、一年をどう過ごしてよいのか先輩諸氏のから学ばしてもらいました。
・毎日、規則正しい生活をする。
・夫婦の間でも尊重しあい、各々の時間を守り、深くは踏み込まない。
・何か、目標・目的をもって生活をする。
 これらの前提は、食べるために働かなくも良いだけの、余裕のある年金・自己資金がある場
 合に限られるのは云うまでもありませんが・・・

あれから二年、毎月初めに自分のカレンダーに予定を書き入れています。

書き込むのは、
・週に一度、木曜日のスポーツの日 茶色まる
・月に1回、web関連サポートをしている二つの団体と会議の日 二つの緑まる
・決められている、クリニック・大病院の診察予定日 黒まる
・リモートでする、体育施設の抽選入力日と確定入力日に忘れないように赤まる

基本的には、カレンダーの入力はこれだけなのです。
つまり、「まる印」以外は予定がないのです。
退職直後の自分の予定カレンダーとは大違いです。
あの頃は、18年前は・・・、多くの趣味の団体に属しており、スポーツ関係も週に三回、そして週に一度はNPOセンター広報としての業務があったりして、カレンダーの書き込む色鉛筆の色に苦労、工夫していたのが、ウソのようてす。

今月、4月からは桜も咲きはじめ、まん防が解除され、少しづつカレンダー予定表に書き込む要件も増えてきています。
一つは、好きな映画鑑賞、少なくとも月に2回は、電車に乗って映画館に足を運びたいものです。
次は、自分の「気力・体力・好奇心」の衰えを回復させる為に、日帰りでも良いから旅にでることです。
先週のほぼ三日間は、次の旅行予定を計画、手配することで、暇な日中の3日間が埋まりました。

その結果が「デルタのマイレージを使って、北海道に行こう計画」



現役時代から退職直後の10年間、ほんとうによく海外にでかけていました。
ほとんどが、個人・自由旅行ですから、利用する航空会社は自分で選べます。
アジアが中心でしたから、チケット料金・時間帯にさほどの差がないと時は、ノースウェストの安い便をりようしました。
多く訪れた、タイ・バリ島はNWが多かったです。
理由はNWのマイルは永久不滅だからです。
他に、よく南米便で利用したのは、ユナイテッドUAでした。
UAを使って南米を往復していたので、10万単位のマイルが貯まっていましたが、退職後はアジア・ハワイが中心になり自然にUAに乗る機会が薄れついに、うっかり「Disappear ディスァペヤー」しまったのです。それ以降は、公共料金はUA提携クレジットカードで支払い、日本国内のANAのマイルを貯めて、二年に一度程度二人のマイル特典旅行に使っています。

NWはDeltaに吸収合併されてしまいました。
せっかくの永久不滅ポイントはどうなったの?と問い合わせしてみる、使えるようです。
二人合わせると10万マイルほどあり、日本国内線で使おうかと思い調べてみたのが一昨年です。
NWからDeltaのカードは簡単な申請ですぐに出来上がり、マイルもそのままで、Deltaになっても永久不滅でした。
その頃は、パスポートの更新を止めた時期ですから、国内線を使うにはと調べて見ると、「超おどろき」なんとスカイマークしか使えないのです。
そして、その必要なマイル数はUAの倍以上必要なのです。
以下参照
デルタ・スカイマイル特典旅行徹底ガイド

二人のマイル数では、二人揃って北海道一回、沖縄一回しか行けない。

そして、いざ使おうとしましたら、Deltaのマイルカードだけでは行けないのが判明しました。
日本国内の提携航空会社を使うには、「JCB・SKYMILES」を作らねばならないとのこと。

退職・年金・シニアの身では、そんなにクレジットカードは必要ないのですが、この時、JCBカード年会費は無料でしたから作りました。
が翌年から3,300円の会費が取られています。

ともかく、この「JCB・SKYMILES」で国内旅行に使って、1万マイル以下で何処にも飛べなくなったら、JCBから退会しようと、昨年辺りから「JCB・SKYMILES」で国内線のスカイマークを使おうと、DELTAのサイトに入るのですが、すぐにエラーをおこしスタック・フリーズしてしまうのです。

一度ログアウトしてから再びログインすると、ログインも出来ない状態が一週間も続き、電話で問合せしてみました。
コールセンターの返事は「アメリカの日本語サイトがエラーが発生しているので、もうしばらくお待ち下さい」というのですが、何回ログインしても同じです。
こんな状態にあきれたのと、計画していた旅先をスカイマーク以外の地にしてUA提携のANAで行きました。

DELTAサイトのエラー続出に悪戦苦闘
そして今年、春の季節がやってきて、日々カレンダーの空白が目立つこの頃、やはり旅にでるのが最良の暇つぶし、計画を練るだけでも楽しいとゴールデンウィーク明け、もしかして桜はまだ残っているかもしれない、そしてフライ便が多い札幌に行こうと、数カ月ぶりにDELTAにサイトにログインすると途中までの入力できるのですが、やはり、フリーズしてしまうのです。
再び、電話で相談し、オペレーターの云う手順で途中まで入れるのですが、先には進まず、トップページに戻ってしまうのです。

すると、オペレーターは「ブラウザは何を使っていますか?」問います。
「グーグルクローム」と答えると
「エッジで試して下さい」と云います。
再び「同じところでスタックする」と答えると
次は「FireFox」で試して見て下さい。と云います。

私は、元webエンジニアですから、「FireFox」はインストールしていますが、一般人がそんなもの入れてる人はごく少数なのです。
誰が、日本人の何%の人が、「ブラウザ・火狐」を使っているのか?
結局、「FireFox」でもダメなのは当たり前・・・

すると「セキュリティレベルの調整」はできますか?の問いにあきれてはてて、
私のIDもパスワードもそちらで確認しているのだから、
「電話で予約出来ないの?」の問いにしばらく時間を置いて、
「電話では出来ないけど、メールで入力フォームを送るので、入力して返信して下さい」
「24時間以内に、登録されていますお客様のメルアドに送ります」
「メールでの入力フォーム入力は一定時間後は無効になる設定がされています」と云います。
「結構じゃないですか、送って下さい」返事した夜、メールが入っていました。

第一希望から第三希望のフライト名、希望搭乗日、二人の名前ローマ字入力・・・をすぐに書いて返信すると、翌朝、全てOK。搭乗の際のQRコードを送ってきました。
やれやれ、これで厄介もののDELTAのマイレージが処分できた。
次はカミサンのDELTAのマイルが使えるようにして、使いきったら、年会費がもったいないので、すぐ退会しましょう。

次回は
「札幌の、まだGWあけでも残っているかもしれない、桜の名所」
「夕張 幸せの黄色いハンカチ広場」
「日本一のアンモナイト展示 三笠博物館」
を目指す3日間の旅計画をフログ上でお届けします。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック