CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月15日

本当に住みやすい街大賞2022とシニアが選んだ街

12月8日、国内最大手の住宅ローン専門金融機関「アルヒ」が自社の顧客調査から、本当に住みやすい街ランキングを発表したというニュースを見ていろいろ、ネットで調べてみました。
住みたい街ランキング云うのはよく目にします。
そのようなランキングの多くは、不動産会社・デベロッパーなどの住宅関連企業が多く、どんな目的で、どんな社会層からのデータかによって違ってくるのは当たり前で、若いこれから結婚するため賃貸物件を探すために街の様子を調べるのと、家を新築する、購入する働き盛りの層と、私達のように、退職して老後を過ごす為の街を探すシニア層では全く違ってくるのは明白です。

今回の「本当に住みやすい街大賞2022」は次の街でした。

1位:辻堂
2位:川口
3位:多摩境
4位:大泉学園
5位:海浜幕張
6位:たまプラーザ
7位:花小金井
8位:月島
9位:船堀
10位:新秋津


このアンケート回答者は、「アルヒ」ローン利用者ということで、新たに住宅を購入した30代から40代の子育て層と推測できます。
評価基準ポイントとしては、住環境と教育環境を最優先させ、次に交通の利便性、と将来の発展性、意外にもコストパフォーマンスにはさほど力点が置かれていないようですした。
1位に選ばれて辻堂は、毎月一度は映画に行く二駅隣で、この駅西口再開発前の大昔からよーく知ってました。元特殊鋼の大きな工場が駅西口にあったところで、東側の湘南海岸とは全く違った工場地帯でした。

その西側は旧住宅公団の分譲マンションから始まり、特殊鋼の跡地開発には、地元藤沢市・茅ヶ崎市・JRなどがからみ、計画的な大規模開発が行われた新しい街です。
評価は以下とおり
●再開発により利便性が急上昇、都市とリゾートの融合で進化を続けるシーサイドタウン
駅周辺は再開発事業「湘南C-X(シークロス)」が完了し、大規模工場跡地に商業施設「テラスモール湘南」・「湘南藤沢徳洲会病院」の移転などが行われ発展、藤沢ICから横浜方面への横浜湘南道路が開通すればさらなる車の利便性向上が期待できる
●湘南エリア最大級の複合商業施設「テラスモール湘南」が駅前に立地しているほか「オーケー」・「Luz湘南辻堂」など生活圏内に買い物施設が充実、駅から車で約6分の場所には「辻堂海浜公園」や「辻堂海岸」があり自然環境も整っている
●JR東海道線で横浜駅まで約23分、品川駅まで約40分、JR湘南新宿ラインで新宿まで約1時間と、都市部へダイレクトアクセスで、藤沢ICまで駅から車で約10分と伊豆や箱根といったレジャースポットも行きやすい
●駅から10分以内の新築マンションは70平方メートルで4500万円前後と、隣の藤沢駅に比べ新築マンションの坪単価は20万〜40万円安く、買い物やレジャーなど周辺環境が良好であることからコストパフォーマンスは高い

このニュースを見て、カミサンは「信じられない、なんで辻堂なの、私は選ばない」と云います。
確かに、便利なのですが全てが、駅前西口に集中していて、便利なのですが、生活する面白みがない・・・というのです。
確かに、自然環境は、湘南の海があると行っても駅の東側ですし、海まで結構遠いです。
買い物にしても、今住んでいる商店街のような対面販売のお店もなく、全てスーパーだらけ、若い子育て世帯、そして車で移動する人たちには、利便性と将来の発展性が優先されるようです。

「本当に住みやすい街大賞2022 シニア篇」
対して、同じ「アルヒ」では、シニア層に向けたアンケートもあります。
評価基準は本当に住みやすい街大賞と違います。
生活環境
日常生活の中で、シニアの暮らしを支える環境条件を考え、徒歩圏内に飲食店が充実しており、移動に便利な場所に位置しているのかを基準に審査しました。
レジャー環境
シニアにとっての「余暇の過ごし方」に視点をおき、近場での娯楽施設へのアクセスの良さや、遠出の際の交通アクセスの良さから審査しました。
福祉 医療環境
「福祉」及び「医療」の制度が充実し、シニアにとって健やかに生活できるのかを判断基準に審査しました。
街の安全性
シニアが生活することを考え、「バリアフリー環境」と「防犯性」を重視し審査しました。
交通の利便性
「出かける」という視点において、電車やバスの交通網が充実しており、都心の主要駅へのアクセスも良い場所に位置しているのかを基準に審査しましたそして選ばれたのが次の3つ街です。




1位:ひばりヶ丘 西武池袋線東京都西東京市
23区全域に好アクセス、駅前に買い物環境がコンパクトにまとまる成熟した街
評価のポイント
●「ひばりが丘PARCO」・「エミオひばりヶ丘」など商業施設が駅に隣接しているので近場で買い物を済ませられる、「ひばりが丘総合運動場ひばりアム」では野球やテニスなどスポーツも楽しめ、ひばりが丘北口商店街で開催されるお祭りでは地元学生との交流など、地域一体で街を盛り上げている。
●西武池袋線急行や快速の停車駅のため練馬駅まで約12分、池袋駅まで約17分と短時間で移動でき、関越自動車道「大泉IC」が近く軽井沢まで約2時間で行けるなど、都心にも観光地にも好アクセスの魅力的な立地
●駅から車で約7分の場所には西東京市内最大規模の「西東京いこいの森公園」があり散策や自然観察が楽しめる、吉祥寺や三鷹エリアも車で約30分と週末のお出かけ先として気軽に行きやすく、45歳以上を対象とする「自由学園 リビングアカデミー」では木工や料理など身近なテーマを学べる環境が整っている
●平たんな地形が多いため歩きやすい、西東京市内では地域の防犯力を高めるため「西東京市防犯活動団体」が地域のパトロールや環境整備などの活動を行っている

2位:稲毛海岸
●駅周辺のフラットエリアに買い物や医療施設が充実、海を身近に感じるベイサイドタウン
東京湾に面したフラットな街並みで海を感じるベイサイドライフを実現可能、「ピアシティ稲毛海岸」や「イオンマリンピア店」などの商業施設、
バレーボールやプールで体を動かせる「高洲スポーツセンター」が身近にそろうエリア
●駅前には内科・皮膚科・歯科など多様なクリニックが点在しており、「千葉市立海浜病院」は駅から車で約10分の場所にあり通院もしやすい
●海沿いに広がる「稲毛海浜公園」にはいなげの浜やヨットハーバーがあり気軽にマリンレジャーを楽しめる、2駅先の海浜幕張駅まで行けば「イオンモール幕張新都心」での買い物や「ZOZOマリンスタジアム」で野球観戦もできる
●活発に住宅供給されている住宅地の多いエリアなので人の目も多く安心感があり、駅周辺に飲み屋街はないため夜でも騒がしくなく、ゆっくりと過ごせる落ち着いた雰囲気のある街

3位:相模大野
リゾートにも都心にも近い駅には商業施設が集積、買い物から余暇まで楽しめるハブタウン
●駅直結の複合商業施設「相模大野ステーションスクエア」や、ペデストリアンデッキで結ばれた商業施設「ボーノ相模大野」など、スーパー、飲食店、金融機関、医療施設などが駅周辺に集積し、日常生活を幅広くカバーし利便性が高い
●新宿駅・横浜駅まで約35分、渋谷駅まで約40分と主要駅へのアクセスが良好、小田急小田原線の快速急行まで停車するため乗り入れ本数が多く、「小田急ロマンスカー」を利用すれば箱根湯本駅まで約1時間と行楽地への移動にも便利
●駅周辺には多くのクリニックが点在し、地域災害拠点病院であり特定機能病院にも指定されている「北里大学病院」や、免疫異常分野における高度専門医療施設に位置づけられている「相模原病院」などの総合病院も生活圏内で通院がしやすい
●駅から車で約15分の場所に露天風呂のある温浴施設「おふろの王様町田店」、約20分の場所に映画館「イオンシネマ座間」があり近隣にお出かけスポットが点在、小田急ロマンスカー利用で片瀬江ノ島駅・小田原駅・箱根湯本駅へ乗換えなしで行けるため、休日のお出かけも楽しめる立地

以上の評価から見えてくるものは・・・・
・先ずは利便性、それも車ではなく、電車・バスなどの公共機関
・散策など近場に気軽な自然環境があること
・徒歩圏に、大きなスーバーや商店街があること
・近場に医院・クリニックがあり、近場に基幹大病院があること

そしていっぽうの願望の「住んでみたい街ランキング」は
調査はアパート・マンション等不動産情報・賃貸、売買のリクルートSUMOですから、若い世代が、ただ単純に住んでみたいなという願望の結果が以下です。

この結果はほどんど何の役にもたっていないでしよう。
第一に1位に上げられている「横浜」って、アンケート回答者は、東京に出て来たばかりのお登りさんではないの?
横浜に住みたい、住めればいいな・・って横浜の何処に住みたいの、何区、何線のなんて駅なのか?全くあてにならないアンケートデーターだと思います。
遊んでみたいランキングと、混同しているのではないのかな。

鎌倉にしたって、鎌倉市内にある3駅、私の住む大船と北鎌倉と鎌倉では大違いなんですから。
これは、私の本サイト「団塊世代の定年後の過ごし方と海外ロングステイ」をつくるにあたって、定年後(かってに早期自己都合退職)、世間でもてはやされている海外のロングステイ候補地を廻っていた時の日本人シニア夫婦と同じなんです。
単純な青い空と海と安い宿、食事を夢見てくるけど、短期の観光旅行の滞在と、長期数ヶ月の滞在や数年の移住ととなると全く違った見方、考え方をしなくてはいけないことをここで、悟るか、理解できるかが、老後の憧れのロングステイ生活の分岐点でした。

日本の理想の住まい、理想の住む街にしても、人生の節々、年齢によって変わって来るのは当たり前、私は、これから退職するシニア予備軍に、できれば退職後は、今の生活から違った環境、場所を選ぶのもいいのではと、推奨します。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ

定年後の過ごし方サイト読者の投稿記事ページ
posted by 西沢 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック