CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月01日

何でもある「ヤマダLAB茅ヶ崎店」欲しい物、買いたいものがない

新しくなった茅ヶ崎ヤマダ電機が新規オープンしたので行って見ました。
かつて1968年からこの地にあった地元湘南の「ダイクマ」が2002年に倒産、「ヤマダ電機テックランド茅ヶ崎」として生まれ変わり、2018年にイトーヨーカドー茅ヶ崎店内に移って今年、新しいビル「LAB茅ヶ崎」として11月26日新築オープンという折込チラシが入っていました。



地元、大船東口にも元々「ヤマダ電機」があり、今年、大船東口駅前再開発で建てられた高層タワマンビルのテナントとして再入居しています。
現在のヤマダ電気は、大塚家具や倒産した住宅建設会社(小堀住研)を取り込んだ、住宅・家具・家電・雑貨の総合店舗としてLABというブランド名で展開していますが、昨年、大船に再オープンしたヤマダ電機は、従来の家電専門店です。
今回の茅ヶ崎は大型店舗で、ヤマダがTVCMで謳っているような家具から住宅新築、リニューアル、そして最終的に葬儀まで扱う会社を目指しているようです。

折込チラシをみても特別な大目玉、びっくり価格も有りませんが、暇なので行ってみることにしました。
しかし、たいした目玉もなく、絶対買いたいものがない3駅先の「ヤマダ茅ヶ崎店」まで、お金をかけて普通に行くのでは面白くない・・・
多少は健康に配慮し、体にもお財布にも良い、遊び半分で行く方法を考えてみました。

プラン1 路線バス旅愛好家として
自宅前バス停からバスを乗り継いで茅ヶ崎へ
自宅前バス停9:28 神奈中バス渡内経由藤沢駅北口⇒09:52藤沢駅北口時間24分 263円
藤沢駅北口10:02⇒10:46茅ヶ崎駅  時間44分 367円
トータル1時間16分、交通費 630円 片道

プラン2 徒歩とバス 
自宅から藤沢駅まで歩き、そこから茅ヶ崎までバス
自宅 9:28徒歩4.6km⇒10:30藤沢駅北口着 62分 0円
藤沢駅北口10:40⇒11:31茅ヶ崎駅 51分 367円
時間 2時間2分、交通費 367円 片道

プラン3 普通にJR電車を利用
自宅9:28 徒歩⇒9:40大船駅
大船9:43 JR東海道線⇒09:54茅ヶ崎駅  12分 242円
所要時間 24分、交通費 242円 片道

プラン1〜3、敢えて考えるまでもなくバカバカしい比較となるので、最もお財布にも、体にも優しい、常識のプラン3、素直にJRで行くことにしました。

でも、何か欲しいもの、買ってもいいものがあるのか?
昔は、ヤマダ・ヨドバシ・ビックカメラ・ノジマなどの電機量販店の新規或いはリニューアルオープン、新年大売り出しのチラシを隅々まで目を通して、掘り出し物、破格値段を探したものですが最近は全くありません。

理由の大きなひとつがネット店舗があるからです。
リアル店舗ではどう逆立ちしてもネット店舗の値段にはかなわないのは、どんなに大量仕入れの大型リアル店でも、電話も机も事務所もない、ましてや在庫を置かないようなネットショップとは、経費が違いすぎるのですから、仕方ないことなのです。
私達はネットショップ上で価格と、スペックを調べ、口コミ評価を見てから、リアルショップをモデルルームとして実機に手を触れ、感触を得てから再びネットショップで注文するのは、常識以前の当たり前の手法です。
ただし、あくまでもパソコンや電子機器、或いはカメラのように、性能、仕様がスペック公開されているものに限りますが・・・
一般白物家電などは、必ずリアル店舗で確かめないと、不安はあります。

数年前までの目玉は大容量「USB」や「メディアカード」
私は数年前まで、NPOセンターや、サポート団体相手にwebプログラムやグラフィック講座を抱えておりメモリーデバイスメディアを持ち運ぶことが多かったので、量販店の特売チラシで先ず目がいくのが、小物類に分類される、USBメモリーや、SDカード類でした。安い1,000円未満のものが多く、沢山数を持っていてもさして負担にならないものでしたからです。

今回目が止まったもののひとつが16GBのUSBメモリー、480円でしたが、今どき、パソコンに精通している人は例え、500円でも買わないでしょう。
理由は
1,USB2.0と低速で、新しく買うなら3.0仕様のものです。
2,USBメモリー容量が16GBと中途半端な容量、使いにくい
3,USBに溜め込んだDATAを他人のパソコンにさせ無い時代が来ている、
 企業・官庁ではUSBの差し込み禁止が多い
4,今や、DATAは無料のクラウドに置く時代となっており、何本ものUSBに溜め込む時代ではない。

まだしも、マイクロSDカードのほうが、需要が多いでしよう。
大きな理由は使いみち・用途が広い、沢山あるからです。
今や、カメラ・スマホ・ビデオなど有りとあらゆる物の記録デバイスとして、マイクロSDカードが使われています。
昔、子供の頃見たアニメ「鉄腕アトム」のなかで、アトム自身が、自分の故障を治すのに胸を開けて、小さなチップを交換するシーンがありました。
将来、科学が発展すると、こんな事は本当にあるのだろうと思いましたが、自分がこの目でそれを見て、経験するとは・・・
でも、私は買いません、64GBの空のカードを3枚持っていますから、もう私の人生では新たなSDカードはもうかわないのではないでしょうか。

そして、少し迷っていたのがこのパソコンです。

現在ノートPCは2つ使っています。
OSはwin8.1とwin10です。
win8.1はビデオ編集専用機として、8.1でないと動かないアプリが入っているからですが、2014年7月にセットアップしたもので、先ずキーボートがご機嫌悪くなってきています。
そろそろマイクロソフトのセキュリティ更新がなくなるのは時間の問題でしよう。
それに、Adobe系のアプリがそのまま継続して利用できる最終winバージョンがこの8.1が最後なのて、手放せないのです。

もう一台のwin10にしても2017年7月セットアップしたものですから、もう丸4年経過しており、消耗品扱いとなって来ている、ノートパソコンとしてはそろそろ寿命の買い換え時であることは、パソコン講座をかつて担当していたものとして常識なのですが、でも
・パソコン講座から身を退いた身になると、まだ十分使えるものだし・・・・
・敢えて10数万だして新しくするのはどうかと思うし・・・
・現在の生活では、パソコンはそんなに大きなウェイトでもないし・・・
・薄い、軽い、持ち運び用のパソコンはもう、今の生活ではいらないし・・・
・ビデオ編集もある程度のスペックがある今ので用は足りているし・・・


あまり積極的ではないのですが、このチラシのスペックでこの値段は気になります。
CPU   Corei7
メモリー 8GB
SSD   512GB
Office 2019
メーカー Dell 
税込み 65,780円は確かに目玉です。

但し、展示処分品、抽選100台・・・ここら辺がヤマダはいつも怪しいのです。
このPCのセールは27日ですが、私は28日に行きました。店内を探すと何処にもありません。
店員に聞くと、27日のセール分は全て売り切れですと云います。
こんな、かなりマニアックなしかも、Dellの展示品が100台、茅ヶ崎店の抽選申し込みで完売する訳がない・・・
以前にもこんなケースがあり、ヤマダのチラシ掲載の台数は、往々にして全店舗の台数というケースが多々あったのです。

では本日11月28日の特売のパソコンはどうか 
CPU   Corei5
メモリー 8GB
SSD   256GB
Office 2019
DVD   マルチ
Lenovo 49,800

は何処にあるの、実機を見たいと云うと、「全て抽選で、店頭にはおいてないと」云うのです。

かなりの偏見、穿つた見方かも知れませんが、私はヤマダは信用していません。
神奈川県ではノジマは中堅ですが、顧客対応・サービスは日本一と、テレ東の経済番組「カンブリア宮殿」でも取り上げられていました。
しかし、品揃えが偏っていたり、ある大手メーカーの物を置いてなかったりしています。
量販店での販売員の製品の知識、対応力ではやはり、ヨドバシカメラが群を抜いていると、私達家電オタクのなかでは第一位です。

欲しい物、買いたい物がない
結局、新しい4フロアーある「ヤマダLAB茅ヶ崎店」をぐるっと廻ってみても、欲しいもの、買いたいものはありませんでした。
数年前から日本の老舗デパート・百貨店の売上が急速に落ち込んでいるとのニュース解説では
「何でもある、しかし、何も欲しいものがない」とう云う昔ながらの百貨店経営は行き詰まっているのに、事業拡大し続ける家電量販店最大手のヤマダホールディングスは、2024年度の売上高を2兆円とする中期経営計画を公表したとメディアは伝えています。

後二年で後期高齢者となる「団塊世代」は、ヨドバシカメラと一緒に、家電から電子機器、カメラ、パソコンの売上を引っ張ってきましたがそろそろ、その消費牽引役も交代・引退する時期なのでしょう。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ

定年後の過ごし方サイト読者の投稿記事ページ
posted by 西沢 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック