CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月24日

身の回りのヨタヘロ期、壊れていくもの

ヨタヘロ期とは
作家を樋口恵子さんの著書「老い~どん」で、健康寿命と平均寿命の間の10年間、ヨタヨタ・ヘロヘロと命名し、加齢とともに、日々ヨタヨタ、ヘロヘロとよろめきながら、明るく前進する姿を描いています。
55歳で早期退職した、団塊世代の私の体も、身の回りのいろいろな道具も、家の中の家財も18年も経つと、ヨタヨタ・ヘロヘロ状態になってきています。

まずは、団塊73歳、私の体にかなりガタがきています。

私の足は典型的な扁平足で、土踏まずがなく、ほぼ真っ平らな足です。
でも特に不自由は感じなく退職の55歳まで過ごしてきました。
全く何の違和感、痛みもなかったのかと云うとそうでもなく、ちょっとした古傷を抱えていました。
30代なかば世の中はスキーブームで、信州生まれ、育ちの私は、職場・現場でも当然スキーは出来ると思われており、週末一泊の社内のスキーバスに空席が出来ると、お声がかかりできるだけ参加していました。

そんな時、転倒で右足首をひねって軽い捻挫を起こしましたが、仕事の忙しさにかまけて、湿布とテーピングで自己流に治してしまったのですが、その後毎年寒くなってくると、右足首が痛むようになりました。
今、思えばその頃、ちゃんと整形外科で治療しておけば良かったのですが、若いし、仕事が忙しいし、冬場の超忙しい一時期のみ痛みで、暖かくなると治ってしまうのでそのまま、退職の年を迎えてしまいました。

右足首にしびれるような痛みを感じ、市内の有名なスボーツ専門医に見ていただいたのは、60歳半ばのことでした。
捻挫の古傷の問題よりも、扁平足、足裏の土踏まずが無いために、無理な歩き方が原因と診断され、靴のなかに入れる土踏まずを補強した足底板をススメられ入れるようにしてから、痛みは少なくなりました。
この足底板、2年に一度作り変えしなくてはいけないのですが、痛みがないと忘れてしまいます。
今年、また痛みがでて同じドクターに診てもらい、新たな足底板を作る時、しっかりしたウォーキング用のシューズを勧められました。
貧乏性の私は、スニーカー・ウオーキングシューズに出せる値段はせいぜい12,000円前後なのですが、持っていった常用のシューズを見て、ドクターは昔の捻挫の古傷もあるので、足首を固定させるためには、もっとハードな硬い素材の専門のシューズを勧められました。
ミズノで、値段は18,500円。確かにいままでの軽いニューバランスよりも足首が固定され、痛みはなくなりました。

スポーツ用ひざポーターを試す

しかし、ここ一年のコロナ禍による外出不足、NPOはじめとするボランティア、Webサポートの激減で自宅にいることが多くなると、素足で過ごす時間が長くなります。
足底板も足首の固定もなくなると、踏み出す方向により、右膝が変形し、軽い違和感を感じる日が多くなってきています。

私は周りの同世代のなかには、60代後半あたりから、膝が痛い、腰が痛いなどと云う仲間がいましたが、俺はそんな年寄ではない、そんな、あすこが痛い、ここが痛いなんてことはない、と豪語していたのが、ついにヨタヨタ、ヘロヘロ期に入ってきたのです。
外では痛くないのに、自宅の生活で痛いとは!

自宅内専用の、部屋専用シューズに足底板をいれる手も考えましたが、先ずは足首を固めるサポーターと、膝を固定するサポーターを試して見ると、これがしっくりときました。医療用の膝サポーターは薬局では3,000~5,000円もするのですが、アマゾンではスポーツ用として1,500円で、強さをアジャスト出るものが売っていて、ダメ元と取り寄せてみると、結合いけるのです。
実際につけた自分の姿を見ると、物凄く重症の年寄りのようにみえるのですが、自宅内で使う分には十分でした。

ついに大切に使ってきたパソコンwin8.1にもヨタヘロ期が

今やパソコンはwindows11の時代でしょうが、今更、新しいバージョンのものはいらない、win10で十分と思っています。
それに私は、未だwin8.1も同時に使っています。
最大の理由は、win10以前のOSバージョンでないと動かないアプリが沢山あるからです。
特に、デザイン、グラフィック、動画編集関係のアプリには、win10に対応していないものが沢山あります。

動画編集は、グラスバレーのEdius という放送局で使う、プロ用の編集ソフトを使っていますが、グラスバレーのEdiusは、すでに民生用から撤退しており、win10では作動しません、ラストバージョンはwin8.1なので、これを大切に使っています。

しかし、先日この2014年に立ち上げたwin8.1は、マイクロソフトのセキリティ更新プログラムの後、再起動しなくなってしまったのです。
「パソコンは突然クラッシュする、常に内部のデータバックアップを取りなさい」と講座の生徒さんに云っていたご本人の私のwin8.1が、ダウンです。
一時間待っても、画面の砂時計は回りっぱなしで、立ち上がりしません。
セーフモード立ち上げしようと、別のパソコンで調べて見ると、東芝のwin8.1のセーフモード立ち上げは、事前に設定しておかないとダメのようです。
もう半年まこのwin8.1のデータセーブはしてなかった。
特に動画のファイルは、一度ユーチューブにUPしてしまうと、安心してしまう・・・

東芝の場合、立ち上がらず、2回電源長押しをすると、データセーブ画面になるのですが、データの選択は出来ず、全てのセーブとなります。
動画・グラフック用PCなので、500GBほどのデータとなると、何時間かかるか分かりません。
思い切って、一度シャッタダウンしてから、サイド電源投入して、グルグルまわる画面を出しっぱなしにし、隣のwin10で作業を開始していると、2時間後何と、写真用のようなデスクトップ画面が復活しました。

もうwin8.1の更新プログラムはインストールしません。
直ぐに、手動インストールに設定を切り替えました。
私のパソコンは、デスクトップ壁紙はインストールした日付とバージンの画像にしてあります。
2014・7月ですから、もう7年も経つのですから、ヨタヨタ・ヘロヘロは、私と同じシニアPCなので仕方がないのですが、まだまだ逝ってもらうのは困るのです。

レフ電球をLEDにしてみたら

退職して、鎌倉の集合住宅に越してきて17年になります。
今週の朝、カミサンが洗面所の電球の片方が切れた、交換してくれる、というので見てみてる、レフ電球です。
まだ生きている片方を外すと、手がやけどするぐらい熱いのです。こんなに熱くなるとは・・・
この日、早速、駅前のヤマダに買いに行くに、何ワットなのか確認しようと見ても、刻字されている文字が見えません。
天眼鏡で拡大しても、反射して見えないので、これを持っていくことにしました。

電球売り場で現物を見せると、ソケットサイズ17のレフ電球は、:現在もう生産されていません、LEDに交換して下さい、云われました。
交換するなら2個同時が常識で2個口、1,400円 高いけど、寿命は長いので仕方がないかと、買って来て取り付けると、カミサンが開口一番、明るすぎて、顔色が悪く写り、シワがはっきり見えすぎると云うのです。
私が買ってきたのは、「昼光色」で普通のハズなのですが、どうやら前と同じにするには、「LED電灯色」を選択しなければいけなかったようです。
人も家電も17年経つと「ヨタヨタ・ヘロヘロ」期になるようです。

17年で洗浄便座が動かないなんて

10月も半ば過ぎ、急に寒くなってきた朝、カミサンはトイレを冬モードにしてと云います。
我が家は、冬場以外電気代節約と常にクリーンな状態に保つため、冬場以外はシャワートイレの電気コードを外しています。
つまり冬場の寒い時だけ、便座を温めと下部の温水洗浄シャワーが出るようにしています。

しかし、この日電源ケーブルをコンセントに差すと、便座のコントロールパネル部分から異常音がします。
長いあいだ使わなかったからかな・・・、元電気技術者はそんな素人みたいな事は云っていけない!
もしかすると、私の塩分の濃い「おしっこ」がパネル部分に飛んで、内部に入り、セミショートしたのかしれない、考えられるのはそれぐらいしかない。

修理するより、交換したほうが安い・・・一体いくらするのか?
INAXのごく一般的なもので15,000~20,000円ほど、それも自分で交換しての値段・・・
電気的には何ら問題はないが、水配管に自信はないし、元業界の知り合い設備屋さんに連絡すると、「先輩、いっその事便器こみですべて交換しましよう」
「最新式の蓋の開閉自動、洗浄自動にしましょ」と云います。知り合い、後輩のほうが却って高くつく・・・・
カミサンは、「何万もかかるなら、冬場、お尻がちょっと冷たいぐらいなら今のままで良いわよ」でこの話はおしまいになりました。

樋口恵子さんの云う「ヨタヘロ期」
最近いろいろな場面で経験しています。お歳頃になってきているのでしょう、きっと。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ

定年後の過ごし方サイト読者の投稿記事ページ
posted by 西沢 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック