CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月02日

新しいカメラのテスト撮影  コスモス畑へ 

新しく買ったビデオカメラは緊急事態制限解除後の富士周辺旅行に持っていこう、とその前にぶっつけ本番は危険だから、家の周辺で慣らし、テスト撮影をしようと考えました。
近所のフラワーセンターは近すぎますし、まるで植物図鑑の撮影になってしまいます。
そこで、秋の花と云うと平安古来から曼珠沙華と萩が秋を代表する花のようですが、萩は如何にも花が小さく、カメラテストには向かないかなとおもうのですが、一応、鎌倉の萩寺と云われているお寺のご近所に住む、講座の生徒さんに聞いてみるとと、ここ最近覗いてみなけど、まだのようとのお話です。

鎌倉の萩寺として有名なのは

宝戒寺  鶴ヶ岡八幡宮の近く
海蔵寺  駅から徒歩圏 源氏山公園への途中
浄光明寺 駅から徒歩圏 扇が谷 線路沿い 
どうも情報によるとたいしたことがなさそうですし、テスト撮影用としては若干地味なのと
せっかく暇つぶしでの遠出、撮影テストなので、少なくとも、電車・バスに乗って、半日ぐらいは時間つぶしのが出来る場所へと考えました。

では秋といえばコスモス
そこで、検索「神奈川県 コスモスはたけ」で検索しました。
季節柄何箇所かヒットしたなかで、入園料はなし、自宅最寄り駅から直通一本、電車代も安い、平塚、相模川河川敷の「イシックス馬入お花畑」に行くことに敷くました

平塚 イシックス馬入お花畑へ



平塚駅北口からバスは何本も出ています、が歩くことにしました。
どうせ運動不足、暇を持て余しての散歩がてらですから、2kmは無条件に歩きます。およそ普通に歩いて25分はかからないでしょう。
駅北口を出て、毎年七夕がひらかれる旧東海道を右、茅ケ崎方面に曲がり、相模川まで道なり、交通量も多いですが、歩道はゆったりしています。が、普通の町中の道で面白みはありません。
相模川を渡らずに左側土手沿いを行きます。

Jリーグ湘南ベルマーレグラウンド

この相模川河川敷には、平塚市のスポーツ施設、体育館、グランドが集中している地域で、土手の街側にはドーム型市立体育館が見えます。
河川敷側は、プロサッカーチーム湘南ベルマーレの練習グラウンドが2面あり、この日、チーム練習をしていました。
周りには、この土手を散歩する、私と同年輩の暇なオジサンシニアが、土手に座って若く、躍動する若者を見ていました。

イシックス馬入(ばにゅう)花畑。
公園ではなく約3万平方メートルの本当に畑です。
市営で、春はポピー、秋はコスモスを中心に四季折々の花が咲き、ボランティアと協力しながら、草取り等の維持管理を行っています。

 

コスモスは思ったよりも背丈が有りませんでした。もっと背が高く、下から仰ぎみるようなイメージを抱いていたのですが。
9月の最終週、そろそろ終わりになるようです。
10月の第二週末あたりに、コスモスの花摘みが行われるので予定のようです。

イシックスとは
このお花畑の名前の馬入とは、この相模川が太平洋に流れ出るこの当たりの地名です。
ではイシックスとはなんぞや
多分、平塚市がこのお花畑を運営するにあたって、命名権を売り、そこの会社名では何かと推測しました。その通り、「イシックス」とは平塚市内の石材店・墓石屋さんでした。
納得、いい買い物したね。社長

テスト撮影の結果は・・・
ソニーは動画はmp4しか記録出来ないと思っていましたら、AVHCDでも出来て私PC環境では、楽になりました。
以前、困っているのは、ファインダーがないため、液晶画面を見ての撮影なのですが、日中の撮影は往々にして液晶が反射して、メクラ撮りになってしまうことが多いし、花の色もまともに見れないことが多かったです。
何も、ソニーに始まったことではないのでが、何か対策を立てないと・・・

良かった点は、今回購入した汎用ビデオカメラと以前から持っていたアクションカムのバッテリーが同じで共用出来ることです。
来週から行く、富士周辺の二日間の旅では、バッテリーチャージャーは必要ないようです。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック