CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月20日

運動不足で、足を伸ばして湘南・茅ケ崎サザンビーチへ

最近の関東のお天気は、へん?
例年なら残暑の厳しさが続く、「秋のお彼岸前」なのに雨の日が多く、タオルケットだけで寝るには寒い日が続き、外出は控え気味、出不足・運動不足の日々。
午前中は日課のパソコンの前、午後4時からは「相撲中継」となると、足の浮腫はひどくなる一方で、足の甲の血管がみえなくなるような有様、少なくとも、一日5,000~6,000歩、距離にして3.5~4kmはあるかないと思っていても、もう近所では歩く所はないし、飽きたし、鎌倉のお寺は、最近、60歳以上鎌倉市民無料パスを適用しなくなったお寺が多いし、少しは遠出してあるこうか・・・湘南の海岸でも

湘南とは、湘南の範囲は



一般的に湘南と呼ばれる範囲は、東海道線沿線では私の住む「大船」から「藤沢」・「茅ケ崎」・「平塚」あたりまで、「小田原」となるとちょっと湘南ではなく、神奈川県の箱根方面、南足柄方面のちょっと田舎と云うイメージです。
横須賀線沿線では湘南は「鎌倉」・「逗子」までで「葉山」は微妙、「横須賀」「久里浜」は東京湾側なので湘南ではなく、三浦と云うのが正解です。

一番馴染みの薄い茅ケ崎へ

出掛けるとしたら、通過・乗り換えするだけ、下車したことはない茅ケ崎か!
自宅最寄り駅のお隣「藤沢」はこの沿線では一番大きな街で、駅周辺に大きな量販店・デパートもありますし、何よりも東海道線・小田急線・江ノ電のターミナルでよく利用しますし、自宅から歩ける距離です、そしてその先の「辻堂」は駅前開発が進み、お気に入りの映画館「109シネマ湘南」があるので、月に一度は行きます。
但し、電車ですが、いつか藤沢から歩いてみようかとも思っています。
理由は、藤沢・辻堂間には多くのショッピングモールがあり、パソコン専門の「はPCデボ」に一度行ってみたいと思っています。

自宅から茅ケ崎駅そして徒歩でサザンビーチへ

自宅から三駅、普通電車11分、快速だと2駅10分です。
茅ケ崎駅の南口から茅ケ崎サザンビーチへはほぼ一本道です。
地図アプリで駅からの距離を測ると、1.3km、散歩程度のスピード出歩くと15分です。
茅ケ崎駅南口からは、茅ケ崎の南側住宅街を回るミニバスが1時間に2本出ており、150円、5,6分でサザンビーチ入り口に到着します。

通りの名前は、桑田佳祐にちなみ、「サザン通り」

「湘南・茅ケ崎・サザン通り」と云う名から、サザンにちなんだおしゃれなショップ・カフェが並んでいるかと想像していましたが、普通の民家が並ぶ通りでした。
15分程度で、茅ケ崎漁港入口の西湘バイバスに到着します。
ここは、関東に住む人にはお正月の「箱根駅伝」でお馴染みの、左手に湘南の海を望む松林が並ぶ真っ直ぐな一本道でこの道を横断した先にの左側に今回の撮影ポイント、サザンビーチモニュメント「茅ヶ崎サザンC」があります。

サザンビーチモニュメント「茅ヶ崎サザンC」

昔からあるものではなく、平成14年3月3日に竣工にできたもの。
設置者の観光協会が民間に公募したもので、全国から寄せられた32点の応募作品の中から、建設検討委員会により「サザンビーチちがさき」のイメージに相応しいもので記念撮影のスポットとして最適な物として選出されました。
茅ヶ崎の頭文字のCであるとともに、Cの右側の文字の切れ目の部分に立ってCを1つの円(輪)として完成させれば、縁(円)結びの輪となり、海の安全と平和を祈る輪となるという意味が込められています。
また、輪の中央に「えぼし岩」が顔を出して一緒に記念撮影ができるデザインになっています。

烏帽子岩

この日は、曇天のくもり空でした。
まだ9月の彼岸前で残暑の厳しいなか、海岸線を歩くの嫌い云う、曇り空と解って出てきたのですが、観光協会の説明にある、茅ヶ崎サザンCモニュメント
のなかに、烏帽子岩をいれることは出来るのですが、普通のコンデジカメラでは、小さく、あるかないかの、見えるか見えないかのレイアウト配置しか出来ず、
あきらめて、望遠で撮るのがせい一杯でした。



駅からサザン通りを西湘バイパスのアンダーパスのなかに、このビーチの壁画が展示されており、この中の一枚、「茅ヶ崎サザンC」と烏帽子岩のレイアウトがあり、私の中のイメージピッタリですが、実際にはどんなカメラでも、この構図の写真は撮れないのことは、この日はっきり解りました。


サザンビーチから江ノ島

お天気も悪く、イメージしていたような、湘南の海、サーファーの姿、そして江ノ島のシルエットの写真は、コンパクトデジカメでは、これがせい一杯です。
関東以外から、イメージとしての写真「湘南の海、サーファー、江ノ島」を納めるには、やはり、藤沢か鎌倉の海岸からしかないでしょう。

湘南の海、サーファー、江ノ島プラス富士山、夕日となると、場所は限定されます。
私の経験では鎌倉の稲村ヶ崎からしか、思い浮かびません。
やはり、地元に住む人間でないと撮れない写真は多いのです。

足の浮腫と体調は?
午後1時に自宅出て、少し小雨まじりのお天気のなか、かなり早足でに歩いて、帰ってきたのは3時20分、2時間の運動不足解消のための歩きと電車で距離計は1万歩に少し足りない程度でした。
やはり、歩くことは足の浮腫にはてきめんに効いて、甲の血管がはっきりと浮き出ています。
これで、この日の夜の頻尿はいくらか改善されたようです。
一日は、少し足を伸ばして出かけなくては。
いつも、通過するだけ、車窓からホームを見ている駅に降り立ち、歩いてみることにしようか。
次は、大磯の駅に降り立ってみようかな。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ

posted by 西沢 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック