CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月26日

必須、2年を過ぎたスマホ料金の見直し

今月のスマホ代高すぎない?

毎月、クレジット決済のメールが届きますので必ず開けて内容を確認しています。
2月20日に届いたお知らせは2021年1月利用分で、3月5日引き落としです。
昨年末からカード支払いが多い旅行には全く行っていませんし、大きな買い物もしていませんから、クレジット口座から引き落とされるのは毎月のワイモバイルスマホ、電気、2ヶ月に一度のNHKに、時々行く映画のチケットの料金ぐらいなものです。

一応、念の為、一ヶ月の引き落とし金額合計を見ると、いつもの月よりも少し多いなと思い、利用明細をみると、スマホが何時も月の倍以上しているのです。
私達二人の簡単スマホは月3GB契約で、二人で3,600円程度でここに年間推移してきました。それが7,000円ほどの請求額です。

携帯・スマホの契約は2年で見直しが常識?

確か、携帯電話ガラケーやスマホの契約は2年単位だから、必ず一度は見直す必要があると言われていましたが、ガラケーの時はそのまま放おっておいてもさほどの利用料の変化はなかったのですが、25ケ月目からなんでこんな金額になるのか・・・
思い当たるとすれば、2年まで月3GB契約だが、2年目以降は2GBになるとか、ならないとか、あやふやな記憶が有りました。
もしかすると、データパケットが2GBをオーバーしてこんな料金になったのではないか?
シニア向け通信無料のかけ放題だけど、そう云えば、カミサンは姪っ子と動画で長い間、話をしていたっけ!なんて疑いながら2018年12月20日のワイモバイルの契約書を引っ張り出しました。



確かに、私の場合カミサンと私の2台契約で家族割が効いていますが・・・・
13ケ月目までは、二人で一ヶ月1,580円
25ケ月目まではの2台合計で3.740円と、ワイモバイルがTV・CMでやっているとおり一台、イチ・キュ・パで収まっています。
しかし、三年目に入った今年(2021)1月からは、月々6,980円と、ちゃんと書かれているではありませんか!
これはまずい、年金だけが収入のシニア世帯で、通信費が固定電話を含めると軽く10,000円を越してしまう。

とにかく先ずはワイモバイルの店に行ってベストな方策を相談しなくては

sumaho-04.jpgワイモバイルのサテライトは、駅前商店街にあります。
何時、前を通っても、人が待っていて一日中混雑しているようで、特にコロナ時代は、予約が必須のようでやはり、スマホかPCでないとダメなようですが、電話でも受付ているようでした。
パソコンで、希望日・時間・相談内容・ワイモバイルのアカウントを入れて送信するととすぐにスマホに返信がありました。
・・・でもカミサンにはちょっとハードルが高いかもしれないな・・・
少し、予約時間からは待たされましたが話はスムーズに行きました。
選択肢として
今持っているスマホ実機のまま、新たな契約を結ぶ方法
・確かに一番手続きも簡単、前の契約よりも確実に安くはなるが、CMのようなイチ・キュ・パ
 にはならない
今持っているスマホ実機を廃棄して、全く新しい契約をむすぶ方法
・イチ・キュ・パにはなるが、新たに実機2台分の出費が発生する、簡単スマホで5~6万円
ほどキャリアを変えて新規申し込みにする
・ワイモバイルから他社に乗り換えると、当初の一年はかなり安くなるが、今使っている実機
 は使えない可能性がある。
 のと、事務手数料、データ引っ越しなどの初期費用が發生する・・・などなど

ここらまで話を聞いて、こころは決まりました。
面倒な手続きはせずに、今すぐ、料金が安くなればいい、この実機が古くなったり、バッテリーが使えなくなったら改めて考える。
では、いくらほどになりますでしょうか?



月々6,980円が4,714円になりました。
それも、2年契約とかではなく、ずーと同じですし、何時解約しても解約手数料はかからないとのことです。
できればCMのとおり、イチ・キュ・パの2台で4,000円を切れれれば良かったのですが、まあ30分で済んだのですから良し、としなくては。
1月からのスマホ代が急に増えたのは、契約ギガ数が減り、データ上限使用量をオーバーしたからではないかと、スマホの位置情報を切ったり、カミサンにテレビ電話を控えるように云ったりしましたが、2年間の使用データ使用量の月の平均は1GBもいってませんでした。
カミサンは「じゃテレビ電話をしてもいいのね」とおっしゃいます。
私は、結構データを食うと言われている、GPS位置データを有効にもどしました。
また二年後に考え直すことにしましょう。
生きているかどうか、いなかったら・・・カミサンはどうするでしょうか?

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック