CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月16日

今年の桜、コロナ禍の下、何処へ行こうか

3月14日、春の桜開花が発表されました。

2020年は、東京で観測史上最速の開花を記録した関東地方。
記録的に早かった昨年と比べると、今年の桜の開花時期は4日程度遅くなると見られますが、
平年と比べれば早いか非常に早い開花となる予想です。
年々、齢を重ね、2月の誕生日を迎える度に、あと何回、春の綺麗な桜を見れるだろうかと思う、お年頃になっています。
特に、昨年よりのコロナ禍では、自由に移動も出来ませんし、お花見などの人の密集するところは、大人として、高齢者として避けなくてはとなると、いっそう春の桜の絢爛さを愛おしくなり、出かけたい気持ちになります。

近場・日帰りなら許されるのでは
そう思い、自由に動ける、私の人生に残された桜の季節は予定では後、5年、上手くいっても7~8年と計算し、今年は、多少緊急事態宣言下でも
近場、日帰りで行ける、今まで一度も行ったことのない場所をピックアップして考えています。

候補地1 熱海MOA美術館と伊豆山神社

例年3月下旬から4月中旬にかけて、MOA美術館敷地内には、ソメイヨシノ、ベニシダレ桜、瑞雲桜など、さまざまな桜が見頃を迎えます。
バックは真っ青な相模湾でとても絵になる風景となるはずです。
源氏の守護神として、縁結びの神様として親しまれている伊豆山神社。
相模湾を一望できる高台に位置し、境内では大島桜やソメイヨシノをはじめ、約70本の桜とともに素晴らしい景観を楽しめる桜の名所です。
特に、参道の両脇に咲くシダレザクラは実に見事で、4月上旬に見頃を迎えます。
いずれも、熱海駅から路線バスで15~20分以内に行ける場所です。
問題はソメイヨシノと枝垂桜、同時にみられるタイミングでしよう。
今年のソメイヨシノは早そうですしね、そしてバック相模湾の青とのコントラストを期待すると、お天気次第です。
宿泊を考えないでの当日決定の候補地のNo,1です。
ついでに熱海城。絵としては平凡ですが

候補地2 東伊豆の桜
東伊豆クロスカントリーコース

最寄り駅 伊豆稲取
稲取高原の豊かな自然の中にある東伊豆クロスカントリーコースに咲く桜です。
桜スポットとして知られているのは、スタート地点から約400m続く芝生の直線で、約110本のソメイヨシノが桜並木をつくっています。
東伊豆クロスカントリーコースのある周辺一帯は「ふれあいの森」と呼ばれ、お花見イベントのほかにも、ツツジやツバキが植栽されていたり、長いローラーすべり台が設置されていたり、展望台からは稲取港や海を一望できる場所もあります。
クロスカントリーコースは1周5kmで、定期的に大会が開催されるのはもちろんのこと、ハイキングなどの散策コースとしてとても人気です。
例年、桜まつりのイベントがある日には、お花見の家族連れなどで賑わっています。

伊豆高原の桜並木
例年、3月中旬頃に伊豆急行線・伊豆高原駅前の「おおかん桜まつり」から始まり、4月上旬頃まで桜並木が見事な姿を見せる「伊豆高原桜並木」です。
総延長約3kmにわたる伊豆高原の桜並木は伊豆の代表的な桜名所として知られ、多くの観光客で賑わう人気も知名度も高い桜スポットです。
約600本が頭上を覆う桜の並木は圧巻で、まさに「桜のトンネル・桜のアーチ」のようになっていて、とても見応えがあります。
伊豆高原駅から桜並木にかけては、オオカンザクラからソメイヨシノまで咲くので、長い期間桜を楽しむことができるのも特徴的です

候補地3 熊谷桜堤と大河ドラマの舞台

典型的な桜と菜の花の風景で、埼玉県の桜の大名所でかなりの混雑が予想されますが、まだ一度も行ったことのない場所です。
今回、行ってもいいかなと思ったのは、今年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の舞台となっている深谷の隣駅だからです。
そして、私の最寄り駅から乗り換えなしの普通電車でいける場所でもあるからです。
一番イージーな選択かもしれませんが、カミサンはあまり興味がないので、一人で行くことになり、実現性が一番高いのは間違いないでょう。 

候補地4 高遠城址公園

ここ数年、毎年計画して一番行きたい場所なのですが、実現出来ていないのです。
一番の障壁が湘南から遠いということです。
車に乗れない私たちが個人として行く南信州、伊那は新宿・塩尻経由の飯田線、或いは豊橋経由の飯田線といずれにしても遠い、時間がかかるそれならば、仕方なく大手のツァーとなるのですが、出来るだけされは避けたい・・・
見つけた方法が、この桜の季節限定で、中央線茅野駅から「茅野・高遠直通バス」が運航されると知り、俄然具体化しました。
日帰りは無理で、諏訪湖あたりで一拍すればゆっくりと高遠の桜と諏訪湖・諏訪大社の観光が可能なのですが・・・
昨年は、コロナの影響でお祭りどころか、外部観光客は城址公園内にも入れなくなり、中止。
さて、今年はどうなるか注視してます。
時期的にも、ソメイヨシノよりも2週間以上遅い4月中旬が満開の予定、今年こそは行けますように。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ

posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック