CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月20日

私の周辺にも忍び寄る、新型ロナウイルスの影 濃厚接触者との会議

北海道をはじめ、日本全国に新型コロナウイルスの第三波が広がりつつあり、地元の神奈川県もその例外ではないようです。

今週、あるNPO団体との月の一度の打ち合わせ会議あり、出席しました。

会議の冒頭、主催者から
「先日、濃厚接触者ということでPCR検査をうけました。」
「結果は陰性でした。」
「唾液からの検査で翌日には判明しました」
「家に介護が必要な高齢者母親がいるので、かなり心配はしました」
「妻が介護ヘルパーとして働いていましたが、私の陰性の結果でるまで仕事は休みました」
「新型コロナウイルスは何処にいても感染のリスクがあることは理解していましたが、まさか自分の身近にまでとは思っていませんでした」

会議の参加者から質問、その濃厚接触者との接触は何処でですか?
「大和市にお住まいの方で、横浜市内の会合でご一緒しました」
どうやって、濃厚接触者として知ったのですか?
「大和保健所から連絡がありました」
「大和保健所は、この感染者から数日間の行動を聞き取り調査をして、私に繋がったようです」
ご家族はPCR検査をうけたのですか?
「いいえ、保健所からは先ず、私が濃厚接触者としてPCR検査を受け、もし陽性だったら、ご家族も受けてもらいますと言ってました」
PCR検査は何処で受けたのですか?
「湘南鎌倉総合病院の専門外来です」
費用は幾ら、保険は効くのですか?
「私の場合、保健所から濃厚接触者の検査というので、無料ですが、自費検査ですと、20,000円だそうです。」
まあ、良かった、よかったですが、本当に身近なところまで新型ロナウイルスの影が忍び寄ってきているのです。




やはりと云うか、神奈川県のコロナ患者発生数が多いのは県の中央部から北西部のようです。
特別、偏見的な見方ではないのですが、北西部の中核都市、厚木・大和に共通しているのは、米軍基地があることです。
神奈川県の発表にはもちろん、感染者の国籍、住所・地域とかの発表はありませんが、そう思わざるをえません。
テレ東の「ユーは何しに日本へ」では、成田空港から入ってくる、米軍家族をよく見かけますが、軍務で日本に入国するアメリカ国籍の人は軍用機で直接、横田なり厚木に入ってくるので、日本側の入管手続き・検疫は米軍に委託してしているのでしょうか?
これらについては、ネットで調べても、日米地位協定について調べても何も書いてありませんでした。
この神奈川県のコロナ警戒マップをみると、現在のところ、同じく米軍基地のある横須賀「黄色マーク」です。
新型コロナウイルスの感染が艦内で拡大した原子力空母「セオドア・ルーズベルト」以来、かなり神経質になっているのは確かで、沖合の船から陸地への上陸と云うステップがあるので、検疫体制は飛行機ではいるよりはチェックし易いのではないかとの見方もあるようです。

厚木市民・大和市民に対する偏見を述べるつもりはありません。
神奈川県と云っても、東京首都圏と交通機関密接につながっていますし、千葉・埼玉ほどではありませんが、神奈川都民的な地勢上仕方ありません。
鎌倉・藤沢が「緑色」ですが、JRも私鉄も直接つながっていますし、関東有数の観光地ですから、何時クラスターが発生してもおかしくはないのです。

11月16日の朝刊紙に、県内の新型コロナウィルスの感染者61人が発表されました。
県内の感染者は延べ12,217人、かなり大きい数字ですが、これには横浜港のクルーズ船などの感染者が含まれているのでしよう。
居住地別の内訳は
横浜市21人、藤沢市9人、茅ケ崎市8人、横須賀市6人、相模原市5人、川崎市4人、海老名市3人、平塚、鎌倉、三浦市各1人、東京都内2人。
横浜・藤沢・茅ヶ崎が比較的多いのは、クラスター発生の病院関係者との報道です。
これらと別に、米軍厚木基地は単独に感染者数を発表しています。16日は一人で、基地内に隔離したと発表記事がありました。

アクセルとブレーキ
TVのワイドショーは連日、このコロナ第3派波について、政府の方針・やり方に疑問符を投げかけています。
確かに、Gotoトラベルで人の動きが活発になったのと、コロナ感染者の増加の因果関係は小学生でも分かります。
アクセル、経済的な政策は政府の分担、責任・担当範囲。
ブレーキ、緊急事態宣言は各自治体の役目。
とは云っても、やはり現内閣が責任と主導権があるでしょうが。

私たちは来週、3連休明けから愛知・岐阜を旅します。
もちろん、Gotoトラベルを利用しての3日間、香嵐渓・岐阜金華山・犬山城と前回台風で行けなかった場所への再チャレンジです。
一概に、Gotoトラベルのみが悪者ではないでしょうが、大人しく、安全に、三密を避け、小金持ち年金シニア世代の勝手な旅行と、後ろ指さされないに行ってくるつもりです。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
posted by 西沢 at 07:00| Comment(1) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
毎回ブログ楽しみにしております。
本ブログ内容にて気になることがありましたので、ちょっと書かせて頂きまね。
細かいことを言うようですが、厚木基地は厚木市にはございません。綾瀬市になります。
また、JRの厚木駅は海老名市になります。
厚木市の小田急線の駅は本厚木と愛甲石田駅になります。
とても複雑で分かりづらく、いつも誤解を招くことになっています。
貴殿のブルグがとても参考になります。これからも、ブログ頑張ってください。山田
Posted by 厚木在住の厚木大好きシニア at 2020年12月01日 10:43
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック