CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年08月12日

青森帰省コロナ張り紙で解る、定年後地方移住の実態

日本中が盆休みに入った今週、スポーツクラブも休みで行くところのないカミサンは、朝からリビングでワイドショーを見ています。

私は、何時もと同じように、体重・血圧の記録の後、朝日新聞の天声人語の書き写しをしていると、カミサンから「青森の、やってるわよ、」と声がかかります。

主語・目的語のない、60代女性の会話に、ちょっとイラつく私は
「青森のって何・・」と返事をすると
「ほら、帰省したら、帰って来るなの張り紙事件の」と、いもちいち解説しなくて解るでしょと云うニュアンスたっぷりの返事です。
まあ、少しは関心があったので、リビングに行くと、全国ネットでやってました。

ここから、カミサンの何時もの田舎論が始まりました。
「田舎って、隣近所の人が東京からきたら、30分以内でわかるのよ」
「半日もしないうちに、お土産の内容も解るのよ」
「田舎って、走っている車を見て、どこの家なのか分かるのよ」
「スーツケースをごろごろ転がして歩いたら、もう大変な噂よ」
「この間、山陰の田舎町までバスで行って分かったでしょ」
「人口7万の町だって、スーパーで何を買ったかわかっちゃうのよ」

カミサンの生まれ・育ちは、北関東の、町中ゴルフ場だらけと云う市のなかでも郊外。市町村合併の前は村と呼ばれていた田舎です。
隣組制度がいまだも機能している田園地帯です。

土曜日夕方の「人生の楽園」を見ながら、何時も呟いています。

都会の慌ただしい時間から、自然に囲まれた自由な時間を満喫・・・なんてウソ
田舎の田園地帯にプライバシーなんてないのよ。
まったく、隣近所・地域と縁を切っての生活なんか出来やしない。
ご近所さんから、野菜や何かのいただきものがあるけど、それに相当するお返ししなかったら、直ぐに知れ渡るわよ。
あんな田舎で、しゃれたカフェやレストランをやってるけど、TVカメラが入っている時だけよ、お客さんが来てるのは。
あの田舎で洒落たリフォームをし、厨房にお金かけているけど、投資資本の回収なんて考えていないんでしょうね。
それに、今は二人とも元気でいいけど、一人になった時のことを考えないのかしら?
車に乗れなくなった時のことを考えないのかしら?
自分が高齢者と呼ばれる年齢で、この環境のなかづっと生活出来ると信じているのかしら

私も、カミサンの意見・考え方には基本的に賛成・同意しますが、それでも、人間いろいろの見方もあると一言つけくわえています。
今回の青森帰省コロナ張り紙でも、様々な立場からの意見があるようでした。

青森の実家の件しょうがないなーとは思う 医療も交通手段も充実してる東京とはわけが違うんだよね。
東京、都会と同じ基準で考えないでほしい 病床数も全然違うし。
かかろうものならどこからか必ず話が漏れて一瞬で伝わるし良くなったところでずーっとチクチク言われ続けるんだよ


張り紙張られて、これを脅迫事件として警察に訴えた方
こんなに全国的な事件、ニュースとして広がると想像していたのでしょうか?
張り紙の画像が出回っているのを見ると、ご本人がメデイアに公開しているのでは。
事件としたご本人は、お盆が過ぎたら東京へ帰れるけど、ご実家はそのまま、青森に残るのです。警察に届けた時、ご実家のこれから先を考えましたか?


青森の実家の記事、なんで帰省した人擁護されてるんだろう。 色々な事情あるだろうけど、今年の帰省は避けるべきだと思う。
ビラ貼る行為自体はやりすぎだけど、言いたいことは分かるけどな。
事前にPCRで陰性だったから大丈夫の意味も分からない。その後感染してるかもしれないのに。


ビラを書いて張った人・・・文字から50代から60代の女性ではないでしょうか?
きっと青森の現場では、ご近所の人たちの間で、人物を特定していると思います。
ちょっとやり過ぎだったかもしれませんが、心情は理解できます。
何も、無理して帰ってこなくても良かったのではないでしょうか?
貴方の住む、東京都知事も出来るだけ控えてと云ってるのに



9月の旅の予定は
この原稿を書き終えてから、8月の旅行は自粛することにして、9月の予定をたてました。
毎月出かけたいところですが、さすがに暑いのと、自主規制で9月初旬にしました。
あまり田舎に行くと、首都圏からの旅人として目立つので、今回は近場の一泊2日、愛知県の犬山と常滑を回ることにしました。

JR東海のホテル・新幹線パックだと、Gotoトラベル対象になり、テストケースとしてポチしました。宿は名古屋駅から徒歩5分のシティホテルで朝食だけ、+新幹線こだま往復で二人で40,600円からJR東海の会員ポイント200を引き、
40,400円がGotoの対象金額で、とりあえずJR東海の支払いは35%引きで26,190円、クレジット払いです。
地域限定クーポン分の15%は6,000円分ですが、9月にならないと内容はわからないようです。
まあ、カミサンのお土産代には十分でしょう。

名古屋市内は何度か行っていて、見るところないのですが、今回は栄町のオアシス21は是非、夜に行って撮影したいと期待しています。


ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

posted by 西沢 at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
確かに仰る田舎論は我が家の周りでも見られます。
でも、少数の住人で共同体を形成していくには、皆が協力し合わなければ成り立たないこともあるんですよね。
そのためには、お互いの気心が通じ合うことも必要なんで、悪気はなくても関心を持つものです。

また田舎暮らしには第一印象が大事で、出来ないものは出来ないと理解させることや、頂き物のお返しに見栄を張らないことです。
戒名と一緒で最初のレッテルが付き合いの基準になるので、信頼を得るまでは大人しくすることでしょう。

反面、こうした監視社会であるがために、世間体を気にして後ろ指をさされる事をしないことが、非常事態宣言を出さなくてもある程度の秩序が保たれているでしょう。

麻生さんはこれが民度だと失言しましたが、村社会の恩恵だと気づいていないのでしょう。このおかげで、ほとんど無策でも大事に至っていないのは運が良いだけでしょうね。

Posted by ロッキー at 2020年08月12日 18:00
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック