CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月12日

今、ここにある危機は、8050ではなく「7040問題」 自立しない息子、戻り娘

元エリートトップ官僚による、わが子刺殺事件の公判ニュースが1日TVニュースを賑わかせていました。ワイドショーではこの事件を「8050問題」に紐付けて話題にしていました。が・・・
ちょっと「8050問題」とは違うのでは・・・
「8050問題」は、80代の両親の年金をあてにする同居の50代の子供との生活、どちらかと云うと主眼は経済問題・介護問題であり、定年退職半ば或いは、これから定年後の生活設計をする世代からみれば、もうちょつと先の話かもしれませんが、私たち団塊世代及び、退職直前・直後の世代が今、直面しているのは「7040問題」、自立しない息子、出戻り娘と孫の問題です。

8050a.jpgよそのお宅の内情は良く解りません。
私の親族の実際をみると、兄74才は伴侶と44才になる長男と一緒に暮らしています。
地元の高校を出て、二浪して埼玉の名前だけは箱根駅伝で知っている、三流大学を出ました。
ちょうど就職氷河期でした、二浪で同級生と2歳の差があったのが原因かもしれませんが、学生時代アルバイトをするでも、サークル活動するでもなく、一人でいることが多い子供のようでした。

私は子供がいないので、兄の家の教育や子育てについて、何かや云える立場ではありませんが、二浪はよくないと反対したことがあります。
その受験する大学が二浪する価値、ブランドがあるなら別ですが、名前は箱根駅伝で知られるだけの大学で就職時に苦労すると云いました。
そして、18才時の年齢差についても話しました。成長してからの年齢差さして大きな障害にならないが、大学入学時の18才と20才の差、違いは大きく、友人関係に大きく影響するということを兄に話しました。
兄はまじめな性格で、高卒で地元の中堅企業に就職して、一度も生まれ故郷から離れたことも、一人暮らししたこともない人です。
息子の高校の成績がどの程度のものなのか、良く理解していないようで、息子の云う「井の頭線沿線のアパートに住み、東京六大学の大学に通う」夢を信じ続けていました。

3年生の夏、その子を自宅に呼んで、日本の会社、組織、職場、職種、経済構造等について彼に説明しました。そして、私はこの子に、
・お前は営業職には向いていない
・実業、つまりモノづくりのメーカーへ行け
・メーカーも直接、消費者と対応する品物ではなく、プロ同志の品物が良い
・絶対に、物体のないものを扱う業種、所謂「虚業」へは行くな
と話したのですが、結局この子は、十社以上受けてすべて不採用、で入ったのは、誰でも採用する、商品先物を扱う会社でした。
この甥っ子の性格からして続くはずもなく、1年で辞めて実家に戻り、それ以降は派遣の生活です。
近所に住む同級生が次々に結婚し、家庭を持つ生活を始めるようになってからは、付き合いもなく、派遣切りから、正社員を目指すもあるのは、名前ばかり居酒屋店長のような仕事ばかり、少しづづ生活はネットのなかだけの引き籠もりの生活になっていきました。

兄も、義姉も心配して、一度実家を追い出し一人生活をさせたのですが、最終的にはアパートの家賃延滞で実家に引き取り現在に至っています。
性格的に両親に暴力をふるうような子ではないのですが、義姉の母親は、自分たちが亡くなった後のこの子の将来が不安で、夜も眠れず、痩せ、体調を崩した生活になっています。

カミサンの甥っ子も3人います、3人とも未婚で両親と一緒に暮らしています。。
カミサンに云わせると、少なくとも3人とも、正確は温和で、一人は一部上場機企業、一人は小規模企業、一人は派遣で働いているだけ安心と云っています。

私の同世代の廻りには、このような自立しない息子が沢山存在しています。
同時に多いのは、離婚して孫と一緒に出戻った娘さんと一緒にくらしている家庭です。
今は私たちの世代70代前半は、健康面も経済面も安定しているうちは良いのですが、恵まれているという年金生活でも、夫が亡くなった後の年金収入が減った時の経済的な問題を真剣に考えている家庭が良くないのには、ビツクリします。
そして、やがてやってくる介護時代には今云われている「8050問題」は、確実にやってくるのは間違いない事実なのです。

neg02.jpg私は、7040問題、8050問題の対処・対応の一つ大きな鍵は、経済力だと云ってきました。
お金で幸せは買えない・・・は当たり前の事実です。
でもお金は少なくとも、不幸せ、嫌な事、不安の一部を軽減することは出来るのです。
今回の元官僚トップの家庭では、この経済的な問題はないでしょう。
では何か、親の教育、子供の育て方が間違っていた・・・のか。
子供のいない、私たちが他所の子の教育について云える立場ではありませんが、あまりにも子供の自主性に期待、頼っていたのではと、自分の廻りの自立しない息子、出戻り娘の家庭を見て思っています。

TVのコメンテーターは、家庭内の問題ではなく、社会全体の問題として対処すべき、と答えています。それは、必要かもしれませんが・・・民間のNPOと云うと何でも無償で対処、対応、解決出来ると思っていませんか?
NPOと云っても、ただ税制面で優遇されているだけです。
問題を民間のボランティアを基本としたNPOに丸投げしているだけでは解決できません。
古い考えかもしれませんが、学校教育・家庭内教育・地元コミュニテイの果たす責任が一番大きいと私は考えています。
posted by 西沢 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック