CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年12月06日

「21世紀に残したい日本の風景」って知ってますか?

今回の大分・別府の旅のなかで、別府温泉街を紹介する画像で、温泉街全体に立ち昇る湯けむりの映像って何処で撮ったら良いのか調べていくうちに、この場所は鉄輪の「湯けむり展望台」と云う場所であることを知りました。
そして、この「湯けむり展望台」が「21世紀に残したい日本の風景」の第2位にランクされるいるのに、びっくり。日本の観光地はいろいろなランキングでありますが、何なんだ「21世紀に残したい日本の風景」って?

yu01.jpg

「21世紀に残したい日本の風景」は2000年、次世代へ残したい美しい日本の風景を視聴者からの投稿をもとに選び、シリーズ「21世紀に残したい日本の風景」としてNHKが放送したものです。
約20年経っており、選出基準に賛否両論ありますが、早期退職し、5年前に海外旅行を卒業して以来、カミサンと二人、毎月2泊3日の国内自由旅行と云うスタイルで旅しており、現役時代から旅を含めると、ほとんどの有名観光地を歩いているので次は何処に行こうかと、考えるいる所で、このランキングリストの登場です。
次の旅先を決める、一つの目安にはなることでしょう。

※印はこれまでに行ったことのない場所或いは、目にしているがじっくりとカメラ・ビデオの映像として撮影したことのない場所です。






1  富士山
2  別府湯けむり
3  函館の夜景
4  飛騨高山の街並み
5  虹の松原 唐津市浜玉町浜崎 
6  志摩半島英虞湾 
7  奈良 室生寺 
8  宮城 松島
9  蔵王
10 上高地・穂高

11 白石城
12 立山連峰
13 阿蘇山
14 舞鶴湾
15 錦帯橋
16 十和田湖
17 日光・華厳の滝
18 洞爺湖・有珠山
19 尾瀬
20 天橋立







21 安芸の宮島
22 サンゴ礁の海 沖縄県宮古島市 
23 神戸の夜景
24 出雲大社
25 奥入瀬
26 しまなみ海道
27 秋吉台・秋芳洞
28 長崎の夜景
29 足摺岬 
30 桜島

31 東大寺
32 昇仙峡 山梨県甲府市 
33 三隈川 大分県日田市 
34 琵琶湖
35 美瑛の丘
36 八ヶ岳
37 富良野
38 嵐山
39 黒部峡谷
40 東京タワー







41 鴨川
42 関門海峡
43 兼六園
44 瀬戸内海
45 横浜港
46 日南海岸
47 霧島山
48 摩周湖
49 佐賀バルーンフェスティバル 
50 九十九島

51 岩手山
52 高千穂峡
53 有明海 
54 京都の町並み
55 知床半島
56 大山
57 帝釈峡
58 岩木山
59 白川郷
60 屋久島 







61 磐梯高原・五色沼  
62 雲仙
63 箱根・芦ノ湖
64 清水寺
65 大雪山系
66 函館の町並
67 鳥取砂丘 
68 常盤公園 山口県宇部市野中 
69 浜名湖
70 金閣寺舎利殿

71 弘前公園
72 浅間山
73 白神山地
74 四万十川 
75 日光・東照宮
76 釧路湿原
77 明石海峡大橋
78 宍道湖
79 三陸海岸・浄土ヶ浜
80 大阪城







81 姫路城
82 江ノ島
83 鳥海山
84 天草
85 東京ディズニランド  千葉県  
86 伊勢神宮
87 赤城山
88 由布院
89 名古屋城
90 熊本城

91 小樽
92 山寺
93 筑波山
94 瀬戸大橋・鷲羽山
95 甲斐駒ケ岳・南アルプス
96 青島
97 駒ヶ岳 北海道
98 白山   
99 八甲田山 
100 安曇野


湯けむり展望台への行き方(バス&徒歩)

ネット上では、別府駅からバスで湯の川バス停下車、徒歩20分のルートがヒットします。
私たちもこのルートを考えていましたが、観光案内所では、別のもっと簡単なルートを紹介してくれました。
別府駅西口から鉄輪行きのバスは沢山でているので、取り敢えず鉄輪へ行きます。
ここに、バス会社の案内所があり、ここで湯けむり展望台への行き方を教えてくれます。
鉄輪から停留所2つ先の貴船城入口バス停で下車、徒歩10分、住宅街を抜けた先に小さな展望台がありすぐに見つかります。
バス停2つですから、本数の少ないバスを待つよりも、鉄輪から歩いても20分ですから、こちらをお勧めします。

72才を迎える2020年以降の旅の目標地が出来た。
学生時代から国内を旅し、青春時代から海外に出て、帰国後も世界の辺境の地、世界遺産の地を廻り、退職後も存分に海外を旅し、65才を機会に海外旅行を卒業し、国内旅行に専念してきた私たちですが、最近、何処へ行く・・・?が多くなっています。
今回のこの「21世紀に残したい日本の風景」リストを知って、またまだ日本には絶景、見たい所は沢山あるし、見たい、撮影として残したいお祭りも沢山あるのだと、この先数年は楽しみが残りました。
posted by 西沢 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック