CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月16日

リタイヤ年金シニアの外食ランチ 牛丼吉野家が我が町から消えた?

私55才、カミサン52才で共に退職して以来、いっさい働かず家がベースとなった時に二人で決めたルールとして、「お昼は勝手に食べる」という約束をしました。
基本的には、丸1日二人とも家にいると云う時間をなくそう、どちらか一方は、用事を造ってて外出する、昼食はかってに食べて下さい。二人とも昼食時に家にいる時は、交互に簡単なものを造る・・・大抵は簡単な冷凍ものが多くなっていますが・・・

gyudon1.jpg色々、健康面ではご意見があろうかと思いますが、私は「吉野家の牛丼」が好きです。
「松屋」でも「すき家」でもなく、吉野家の牛丼が好きです
学生時代、築地市場でアルバイトをしていました。
ご存知の方もいらつしゃると思いますが、「牛丼吉野家」の発祥の地は築地市場の1号店なのです。「安い」・「うまい」・「はやい」は、築地市場という環境から生まれたものです。
そして、吉野家は新橋駅前、今のSL広場に進出して、全国展開をしていきました。
私たち夫婦が新婚生活をスタートした、上野池之端にも「吉野家」があり、二人で行って、カミサンに「つゆだく」とか「頭の大盛り」なんて云う注文方法を伝授したものです。
もう、あれから40年の月日が流れました。

現役時代のランチは、建設現場の弁当であったり、都心の現場ではオフィス街のレストランあつたりしましたが、建設業界の慣習としては、ほとんど「現場経費」で処理していましたので、1,000円以下だったら特別、自分の財布からだしたことはありませんでしたが、退職してから当然、ランチは自腹です。
退職しても、日本経済はデフレ傾向で、日本経済の為には良いことではないものの、年金リタイヤシニアにとっては有難いことで、15年経った今でも、ランチ予算はワンコインとしています。

ワンコインのランチで何が食べれるか?
松屋・吉野家・すき家の牛丼、日高屋の中華そば、てんやの天丼。
大戸屋のランチは食べられず、後はセイユーの弁当ぐらい・・・、数年前までは、マクドナルドの100円バーガーがあったのですが、今は、マックでワンコインは難しくなっています。

現役のサラリーマンからみれば、年金に恵まれた団塊世代シニアがそんなに節約してワンコインランチに拘るのはみっともない、貧乏たらしい、と思うのは想像出来ますが、しかし、インカムが一定あるいは、減少傾向にある年金シニアにとって、そう自分自身がみっともない、情けないとは思っていません。

その大好きな「吉野家」で久しぶりに食べようと、出かけたところ、閉店しているのです。
つい、この間、数週間前には、そんな閉店の案内もなかったのに、突然の閉店ですか。
何があったのか、我が町の駅周辺は大規模再開発が進行中で、マクドナルドもヤマダ電機も、100均のダイソーも消えそして吉野家までも消える。
この大規模再開発で出来る大型ショッピングセンターに戻つてくるのは解っていますが、それはまだ2年先の2020年です。
松屋やすき家の牛丼ではだめなんです。

gyudon2.jpgここまで書いたところで、カミサンから情報がありました。
今日から仮店舗で再開するそうで、ちょっと分かりづらいけど、旧店舗の近くのようです。

歳をとると昔の話をしたくなりますが・・・
金曜日夜から月曜日朝までの三晩連続の徹夜改修工事の現場事務所では、ゼネコン・サブコン・協力会社・職人さんチームみんなで集まって、無事事故もなく、月曜日の朝を迎えて、ご苦労様と云ってみんなで牛丼を食べていました。
そして、「やっぱり牛丼は吉野家にかぎるな」と云っていた言葉を覚えています。

私たち建設エンジニアは、確かに表の舞台に現れませんが、今のTVの缶コーヒーCM「世界は誰かの仕事でできている」は、私たちのような職種の人間だったとって、好感度の高いCMです普通し、「牛丼」が好きだと云う人には好感を抱いています。
posted by 西沢 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック