CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年11月12日

鶴見総持寺のSDGs仏教と音楽のイベントコラボ

b01.jpg「つるみうちなー祭り」から鶴見駅に戻ると、名刹「總持寺」山門近く仏教と、SDGsx音楽の大看板を発見、今、私たち市民活動団体のなかでの流行りのSDGsの文字と、仏教と音楽、どんな関係があるの、と行ってみることにしました。


b02.jpgちなみにSDGs(持続可能な開発目標  Sustainable Development Goals)とは、国際社会が決めた“2030年までに達成すべき17の目標”のことです。
目標1  貧困をなくす
目標2  飢餓をゼロにする
目標3  すべての人に健康と福祉をもたらす
目標4  質の高い教育の普及
目標5  ジェンダー平等を実現する
目標6  安全な水とトイレの普及
目標7  手ごろな価格のクリーン・エネルギーの普及
目標8  ディーセント・ワークと経済成長を両立させる
b03.jpg目標9  産業と技術革新の基盤をつくる
目標10 人や国の不平等をなくす
目標11 住み続けられるまちづくり
目標12 責任ある消費と生産
目標13 気候変動に具体的な対策を取る
目標14 海の豊かさを守る
目標15 陸の豊かさを守る
目標16 平和、正義と充実した制度機構
目標17 パートナーシップで目標を達成することはなぜ大切か


b05.jpg市民活動を支援するNPOの広報部リーダーですから、SDGsが何かを知っていますが、お寺さんは音楽とコラボするのは国連の掲げた 17の目標のうちのどれなのか、と思って行ってみました。
本堂の前には大屏風の前に大太鼓とドラムセットがあり、大太鼓がドラマチックに、強弱・静乱に叩かれ、70人ほどの若い お坊さんが一緒にお経「般若心経」を唱えるのです。
昔、地元善光寺で弦楽器と読経のイベントを経験したことを思い出しました。 午前中に行った、沖縄祭りのエイサー、三線、指笛とは違った、壮大・荘厳なオーケストラのようでした。

総持寺は臨済宗の総本山ですが、今回のイベントは「浄土真宗」に属する10派の僧侶青年団の企画イベント とのことで、宗派を超えた若い仏教界の若者の集いに、これからの仏教界の未来と彼らの想いを感じました。
来年の初詣も此処に、しよう
posted by 西沢 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック