CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月09日

東日本大震災後、日本各地で市民電力立ち上げた人々を追ったドキュメンタリー映画『おだやかな革命』

解説
過疎化や高齢化など多くの課題を抱えた地域で、これからの暮らしを自分たちの手で作り出し、本当の豊かさを取り戻していく人々の姿を描いたドキュメンタリー。
監督は、在来作物をテーマにした「よみがえりのレシピ」の渡辺智史。
原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力、放射能汚染によって居住制限区域となった飯舘村で畜産農家が立ち上げた飯舘電力、集落の存続のために100世帯全戸が出資した岐阜県郡上市・石徹白の小水力事業といった、
さまざまな地域で行われている自立のための取り組みを紹介し、それぞれの「暮らしの選択」の先にある生きがいや喜びに満ちた暮らしを通して、
現代社会が見失った「豊かさ」とは何かを問いかける。ナレーションを女優の鶴田真由が担当

映画『おだやかな革命』は、日本各地のパイオニア精神あふれる市民電力を追ったドキュメンタリー映画です。2015年から撮影が開始され、昨年の8月に完成したばかり。つくったのは、山形県鶴岡市に住み、ドキュメンタリー映画監督である渡辺智史監督

「渡辺 智史」監督は語っています。 
今の日本社会が抱えている様々な矛盾は、一見すると解決が困難に も思えることばかりです。
でもそれらが意外にも「暮らしの選択」という身近なキーワードから解決していけるのではないか、そこにこそ確かな希望があるのではないかと思うのです。
本映画には自らの手で仕事や暮らしを作っていく人々が手を携えながら、新しい時代を切り開いていこうとす る姿が描かれています。
その先には、これまでの拡大・成長を追い求めてきた時代が見失った「本当の豊かさ」が見えてくるはずです。
ワクワクや 共感によって動く新しい時代は、もう始まっています。
この映画の上映を通して、全国各地で皆さんと一緒に「おだやかな革命」の動きを作ってい きたいと思います




身近な上映場所
鎌倉市市民活動センターフェスティバルのメインイベントとして、この映画上映します。
http://www.npo-kama.sakura.ne.jp/ce/fes2018/index.html
場 所  神奈川県鎌倉市小町1丁目105
日 時  8月25日 13:30
入場料  前売1,000円、当日1,200円 中学生以下 800円
問合せ  鎌倉市市民活動センター 0467-60-4555

当日、上映後この映画を造った「渡辺智史監督」の特別対談があります。
posted by 西沢 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック