• もっと見る

2022年11月28日

京都旅行プランにカミさんのダメだし もう若くないんだから

京都紅葉自由旅行のチケットがJR東海から届いた。
いつもなら出発日の10日前に届くものが、郵送しますとのメール連絡があってから5日過ぎても届かないので、もし7日前に届かない時にはここにご連絡をという電話番号があり、念の為電話するが、全然つながらす、人工ボイスでは、「現在、全国支援割のお問い合わせが多く繋がりにくくなっています、接続まで2時間お待ちいただくことがありますので、ご了承下さい」と流れるのみ。
いったん諦め、翌日出発6日前にようやく、郵便受けに届いた。

メールには
この度、JR東海ツアーズをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
お申し込みいただきました、12月01日出発のご旅行(お問合せ番号603800-xxx)につきまして、クーポン券類(JR乗車票を含む)を専用封筒にて本日発送しましたので、お知らせいたします。
「ご旅行にあたってのご案内」が同封されているお客様は必ず内容をご確認ください。
本メール到着から6日(土日祝日を含まず)経過してもクーポン券類(JR乗車票を含む)が届かないときは、下記お問い合せ先まで営業時間内にお電話にてご連絡下さい。
また、本メール到着からご出発の10日前を切っていて2日経過してもクーポン券類(JR乗車票を含む)が届かないときは、下記お問い合せ先まで営業時間内にお電話にてご連絡下さいとあり、
同封されていたのは、行き帰りの小田原・京都間、こだま自由席チケット往復、二枚二人分のみだった。
メールに記載されているクーポン券類とは「京都二泊宿泊分に付加される地域限定クーポン」のことかと思っていたが、入っていなかった。

数年前、何回か利用したJR東海ツアーズのGotoのおりは、地域限定クーポンは電子クーポンのみであり、宿泊当日の午後15時に以降に所定のサイトにログインして、ダウンロードする
仕組みだったが、今回同じJR東海扱いでも、紙クーポンとのではないかと予想はしていたが、ともかく封筒には新幹線往復チケットと、ホテル宛のバウチャーのみで他に何も見当たらない
所定の問合せ電話番号にかけたが、相変わらずつながらず、人工ボイスがながれるだけ。
先月のJTBの、後から全国割支援適用で、クレジット先払いしたもの返金金額が所定金額よりも少なかったり、今回のJR東海ツアーズといい、どうも今回の旅行支援政策は混乱していて、よく分からない。
実際にJR東海ツアーズのサイトでは下記のように説明している。

【お知らせ】 2022年11月21日
・千葉、神奈川、愛知、京都、滋賀、大阪、広島の全国旅行支援専用商品を発売しました。
お申込みはこちら(下記の概要・適用条件等すべてを必ずご確認ください)。
・各都道府県の制度や当社へ割り当てられた給付額により適用条件が異なります。
都道府県ごとの取扱一覧(PDF)を更新しましたのでご確認ください。
※当社に割り当てられた予算枠に達した場合は適用できなくなります。

全国旅行支援とは、国の財政支援を受けて都道府県が実施する観光需要喚起策で、新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で行われるものです。
割引率は最大40%、地域で使えるクーポン券は最大3,000円付与されます。
なお全国旅行支援の補助適用には、ワクチン接種歴(3回以上)や陰性証明、本人確認書類の提示などが必要となり、各都道府県によって適用条件や取扱い方法が異なります。
事前に各都道府県の全国旅行支援のウェブサイト等で詳細条件をよくご確認のうえお申込みください。
制度開始前にご予約いただいたご旅行については、各都道府県の制度詳細と当社が定める条件や商品とが合致している場合に対象となります。
※全国旅行支援を実施する都道府県であっても、当社では予約を受けない場合があります。
また、都道府県の適用条件を満たしている場合でも、対象外とさせていただく場合があります。
※当ぺージの記載内容が最新情報となり、お問い合わせいただいてもお答えできかねますのであらかじめご了承ください。


コレを読むと、実際に予約して、最終金額を確認し、チケット、クーポンを手にするまで分からないということになりそうです。
前回のJTBバスツアーでそうであったように、全国支援割の適用を受けるには、本人である確認の証明証原本と3回以上ワクチン接種を受けた証明書(コピー化)か必要のハズがどこにも記載はない、ということは私達が勝手に地域クーポンが支給されるものと思っているだけなのか?
旅行代金の40%オフにしても実際にクレジット口座から引き落とし金額を確認しないと分からないかもしれない、先月のJTBバスツアーのように・・・

旅のプラン、プレゼンにカミさんのダメだし
ともかく、ひさしぶりの秋の京都、新幹線と四条・烏丸のど真ん中のホテル二泊で二人で35,200円に(プラス12,000円分クーポン・・定かではなく実際に宿泊いるホテルが確認するまで疑ってみるしかない)のだから、文句を云わずに楽しまなくてはと、旅のプランを考え、カミさんに提示した。

「キミ、何歳だと思っているの」
一日目
小田原からの京都へのこだま直通は1時間に一本だけですから、選択の余地はなく、少し朝の余裕をみて
大船06:35⇒小田原07:14 新幹線 小田原07:35⇒京都10:34
このご時世なのに、京都まで3時間かかるのです。
シニアの暇つぶしの旅ですから、各駅停車で何ら問題ないのです。

問題は京都に着いてからの一日目の過ごし方です。
第一プランとしてカミさんにプレゼンしたのは鯖街道

私には未知の世界、福井方面の宿場町、若狭熊川宿観光と鯖寿司です。
京都10:45⇒近江今津11:34 
乗り換え11:55⇒若狭熊川12:19 @1,830円
滞在2時間30分 観光・食事
若狭熊川14:24⇒近江今津14:53 乗り換え15:08⇒京都15:57 @1,830円
ホテルチェックイン16:15分

ゆっくり休憩して・・・17:00から始まる高台寺のライトアップとプロジェクションマッピング
四条烏丸からバス停(京都中央信用金庫前)から207系統「東山安井」下車
進行方向ファミリーマート手前左折、徒歩5分
1時間観光して、帰路は徒歩で八坂神社・祇園経由でホテルに戻る2.3km ブラブラ歩いて35分

一日目のプレゼンでカミさんのダメだしです。
私が古い、街道筋の宿場町が好きなのは、カミさんも知っています。
そして、今回この鯖街道の宿場町に行こうと云い出した理由もカミさんはご存知です。
先週やっていたテレ東の「出川の充電バイクの旅」でやっていた所なんです。
いつも二人の旅の話、行き先で話題になるのが、今まで踏み込んだことのない「県」、宿泊したことのない「県」として、福井県と佐賀県が話題になっており頻繁に、京都や福井のお隣の金沢に旅しているのにも福井だけが空白地帯となっているのです。
考えてみれば、戦国時代の歴史上からも、京都と越前は隣同士で近かったのですが、行く機会がありませんでした。
これを機会に、思い切って行ってみよう、秋の京都の紅葉の名所はほぼ全て行きつくしているし・・・

カミさんの第一声は、
「君は来年後期高齢者になるんだよ」
「ドラゴンドラの一泊二日のバス旅であんなにヘロヘロ・ヨレヨレになったのに懲りないの」
「この旅程は退職直後の55才の体力の壮年のスケジュールよ」
「私達の高齢者の旅は、ゆっくり出発、一日の観光メインは最大三箇所」
「一日、一度はホテルに戻り、シャワー、お昼寝が必須、原則」
「夜は出歩かない、ホテル周辺だけ」
「朝は早起き、このホテルなら鴨川を散歩して、何処か美味しいパン屋さんで朝食」
「これが私達シニアの旅のマスト」
「却下」

ある程度予測はしていましたが・・・
となると、一日目のプランの練り直し、再プレゼンです。
ノーマル、何度目かの京都紅葉観光プラン
大船06:35⇒小田原07:14 新幹線 小田原07:35⇒京都10:34
京都10:34 コインロッカーにスーツケースを預け
午前 東福寺へ JR 奈良線10:49⇒東福寺10:52 2分 
東福寺観光 2時間 
もう4度目の東福寺ですが、確実に綺麗に紅葉していて、駅から近い所となるとここになります。
東福寺13:03⇒ 京都駅 13:06
京都⇒地下鉄「四条駅」後方5番出口 ダイワロイネット四条烏丸ホテル
チェックイン13:30、午睡
15時に起きてから、これも何度目かわからないけど、確実紅葉しているのと、久しぶりの京都観光の賑わっている場所をブラブラ歩きたいから・・・それに、清水大改修も終わっているし・・・
「四条烏丸」バス停→ 京都市営バス58号,207号(所要時間10-13分)→「清水道」バス停‥徒歩‥清水寺へ、清水寺へのバス停は四条烏丸Fのりば。 烏丸駅の24出口、京都中央信用金庫の前にあるバス停と知っているし・・ちょっとつまんないけど・・・

清水は1時間あれば十分、カミさんの大好きなお土産物屋さんで、生八ツ橋のつまみながら「ねねの道」を高台寺へ
夜 高台寺ライトアップ 17:00  @600円
徒歩ホテルに戻る、ホテル着おおよそ19時そこそこ、夕食は何にしようか
熊川宿にいったつもりで、鯖寿司専門店、ホテルに近い「SABAR 京都烏丸店」(高辻・新町)に行こうかな。
地域クーポンがあるので少しは奮発して・・・と云ってもアルコールは飲まない二人でから、クーポン券四枚程度ですませたいところ。
どうだ、これで、カミさんは納得するか?

しかし、TV報道でこのプランの実効性が怪しくなった
東福寺はなんとかなるけど、清水の茶碗坂は、この間の韓国のハロウィン並みの大混雑、そして高台寺のライトアップの行列が3時間とは・・・
私達が行くの12月1日とかなりピークを外しているが、どの程度の混雑ぶりなのか、
先ず、京都市内中心部のバスは乗らないほうが良さそう、歩るこう。ホテルは近いのだから。

二日目の予定は20年前に一度行った三千院へ

京都の春も秋も何度もきていてるし、今回は少しピークから少しずらしているので、紅葉の季節には行ったことのない、大原に行ってみるか
と考えました。これもテレ東「出川」の影響です。

行き方は一番混まない、渋滞しないルート、地下鉄四条から国際会館へ
朝はゆっくりどこか美味しいパン屋さんで済ませて・・・
四条08:59から地下鉄 国際会館09:16
国際会館からバス 09;27大原09:49 大原バスターミナルから徒歩
滞在予定2時間〜2時間半
大原から国際会館バス 京都バス 毎時30分発 23分で到着
13:00⇒13:23国際会館or13:30⇒13:53国際会館
国際会館⇒烏丸四条 ホテル着14:30分
休憩・午睡 以後未定

このプランも怪しくなりそう
先週のTV報道で見かけたのは、大原三千院の8時間門受付に並んでいる行列の姿、大原に8時まえにくるには、京都駅を少なくとも7時台前半に出発しなくてはならないはず。

昔と違って、今は自宅のパソコンの前で、全ての時刻表が手にとるように分かり、歩く距離もアプリ上で距離・歩数が解る時代。
全て、分単位で決められ、まるで行ってきたような気分になります。

そして三日目は
予定は未定、たまには観光客でごった返す、嵐山へでも行ってみようか
本当なら、以前立案してしていた「保津川下り」も考えましたが、もうそんな季節でもないでしょうから・・・
決まっているのは帰りの予定だけです。
京都駅新幹線 こだま15:10⇒小田原18:09 東海道線 18:18⇒大船18:55 
もう、齢、来年は後期高齢者ですから、6時台には自宅にもどり、ゆっくりと風呂に入りたい・・・
すでにサムライブルージャパンの結果は出ているだろうし・・・
さて、このプレゼンでカミさんは納得するかどうか・・・
結果は来週、京都から帰ってきてから報告します。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ

ブログ管理人の動画サイトユーチューブページ

ブログ管理人のつぶやきツイッター
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック