• もっと見る

2022年09月07日

ツイッターとフェスブックの違いを検証してみました。

現在、ホーム・ページの更新はほとんどしておらず、Blog、TwitterとFacebookから情報発信がメインとなっています。
ホーム・ページは2003年に早期退職した同時に、同じ年代、団塊世代向けの定年後の過ごし方と、当時流行っていた、退職後の海外ロングステイに関する記事と過去及びこれからの「世界遺産の旅」に関する情報を発信してきました。
しかし、私自身が66才(2014年)でパスポートを更新せず、海外旅行を卒業したことと、2020年のタイヤモンドプリンス号がきっかけの、感染症世界的大流行で海外渡航が出来なくなったことで、メインであった「海外ロングステイ地情報」は途絶えています。
ホーム・ページの大幅なリニューアルは専門教育を受けてきた私でも、ちょうど古希を迎えた身には重荷となり、毎日の精力はブログとフェースブックに切り替え、同じ団塊世代や、鎌倉NPO時代の仲間、友人との絆をキープしてまいりました。

ツイッターを今年から再開しました。

Twitterはかなり前から一応、アカウントは立ち上げていましたが、全角140字までという文字数と、一度書いたテキストはアカウントオーナーでも編集出来ないと云う制限ですぐにやめていました。
しかし、昨年、同じビデオクラブに所属していました、私の師匠(4才年上)がこれまで暮らしてきた横浜を離れ、生まれ故郷の秋田のサ高住に移るのを機会に生涯独身男性の生まれ育った故郷での「老人施設・サ高住」での生活や過ごし方を知りたく、そして関係を保ちたくTwitterアカウントを復活しました。

と同時に、鎌倉のNPO広報部を卒業しましても、繋がりが深い市民活動団体の幾つかのサポートが残っていましたので、月いちの割合でweb関係のサポートをしています。
そのなかの環境・緑地保全のNPO団体の効率的な情報発信の手法を探っている際に、これまでのホーム・ページとフェスブックによるものに、私が復活してみた、Twitterを加えてみようかと、試験的発想でスタートし、私自身も同じ、ハッシュタグでfacebookと同時発信してみて、アクセス数の違いを調べみました。

8月1日~31日まで一月のTwitterとFacebookのリーチ数を公表します。
    Twitterハッシュタグとインプレッション数
0801 #カタカナ語  40
0802 #猛暑大阪 #JR難波駅  143
0803 #長島一茂ハワイ  288
0804 #白浜のパンダ  75
0805 #四回目ワクチン  45
0806 #大阪暴走自転車  41
0807 #鎌倉雪洞祭  286
0808 #四回目コロナワクチン接種  53
0809 #帰国出来ない  1,250 
0810 #鎌倉雪洞祭  79 
0811 #大谷翔平年俸  528
0812 #御巣鷹の尾根  131
0813 #NHK72時間  148
0814 #盆里帰り  45
0815 #アドベンチャーワールドのパンダ  100
0816 #島原鉄道 #大三東駅  191
0817 #位置情報 #位置情報共有アプリ  146
0818 #2050問題  33
0819 #アオキ  63
0820 #大阪万博公園 #難波八坂神社  267
0821 #ソフィアローレン  998
0822 #ビジネスホテル #アパホテル  36
0823 #白河の関 #仙台育英  210
0824 #国葬中止  476
0825 #熟年離婚  123
0826 #シニアの住替え  30 (8月最少数)
0827 #ヤクルト村上宗隆  133
0828 #無言館  1,355 (8月最大数)
0829 #山口茜  115
0830 #2022定年退職  56
0831 #福島・浪江町  65

Facebookでも全く同じハッシュタグで発信しました。

Twitterで発信した、日テレ24時間テレビ内のドラマ、戦時中の戦没画学生のドラマの舞台、信州・上田の「無言館」に翌日1,000を超すアクセスがあり、10日経過した
今でも、アクセス数は伸びていす。しかし、誰でもが見れるフェースブックページでも40です。
私のフェースブックページ平均アクセス数は25程度ですから、かなり多いの間違いありません。がしかしTwitterの1,355に対しての40です。
30倍以上の差があります。
如何に、ツイッターの発信力、波及力が大きいかが分かります。

アクセス数だけが評価かと云うとそれは違う

私のサイトのメインテーマは、団塊世代の定年後過ごし方、生き方です。
シニアの住替え、2050問題、熟年離婚、四回目ワクチンなどのハッシュタグで発信したものは、ツイッターもフェスブックページもさして変わらない数字なのです。
ツイッターの数字は、自分が発信したい情報よりも、私達団塊シニア以外の常にスマホ・パソコンでトレンドな話題を求めている人達、若者に、受けるかを考えてる傾向になりがちで、自己満足の世界だと思われます。
それでも、何も云わない、何も発信しない、黙っているよりは、ある程度社会・世間と繋がっているほうが、健康・長生きの元であることを信じています。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック