• もっと見る

2022年07月19日

おしっこの悩み だまされたと思ってノウハウ本をアマゾンでポチ


関根勤も夜4回トイレに
テレ東の人気番組、出川の電動バイクの旅のゲストに、関根勤が登場し、夜の宿探し、部屋割で「トイレは夜中4回は起きる」と云ってるのを聞いて「関根勤」って何歳だ、私よりも相当若いはず、私の夜中3~5回のトイレはそう異常でもないのか、とググってみました。1953年8月21日、来月69歳?テレビにでるタレントだから若作りしているのだろうけど、それでも若い、わたしより5歳下69歳でトイレは夜中4回は、異常なのか、普通なのかは解らないが、顔見知りのテレビタレントがそうなのだから・・・ちょぴり安心する。

騙かされたかもと思いアマゾンをポチ

そんな翌日、カミサンは朝刊の書籍広告欄を指さして、「夜間頻尿の症状、あなたにぴったりの本がでているわ」と云ってきました。
週刊誌でのおなじみのスタイルでの広告ですが、これはノウハウ本の出版社「文響社」の本で、最近団塊世代をターゲットとした健康問題や子供向けの「うんこドリル」を出版している会社で、最近とみに高齢者を対象とした「ノウハウ健康本」をだしています。
定価税込1,518円とこの手の本としては高いのですが、あてにならないだろうけど、泌尿器科の受診代あるいは、薬代と考えれば、「まあいいか」とAmazonをポチしました。

最近、本はほとんどAmazonです。送料無料ですし、以前買った時のポイントの割引もつきます。
しかも、本でしたら宅配ボックスではなく、郵便受けで受け取れるので在宅時間を気にしなくても助かります。

タイトルは尿トラブルの改善法の決定版

私の最近の尿トラブルは
■夜間頻尿
 ひどい時は10時就寝し、6時起床まで5~6回起きることがあります。
 1時間半がいいところで、結構の量のおしっこがでます。
 60代でも夜間頻尿はありましたが、最近は頻繁で朝起きた時、既に疲れていることも
 しばしばです。
 不思議なのは、一晩に2回で済まされることもあります。
■昼間の尿意
 映画館で2時間の映画を見る時、最後の15分から20分ほどのミステリー映画の謎解きとか、
 エンディング手前の重要なシーンで居ても立ってもいられず、トイレに立ち、席に戻って
 くると、ストリーは進んでいて、私がトイレに立っている間に、重要な謎解きや、会話・
 シーンがあったようなのです。
 先週の「ベイビーブローカー」でも追ってくる女性刑事と赤ちゃんポストに置いた女性
 の間で、この映画のエンデイングに必要な、何らかの会話・取引があったハズで、それを
 トイレの間に見逃して、エンディングシーンを迎えてしまいました。
 こんな経験は度々あり、最後の15~25分のシーンの為に、もう一度観に行ったことも
 あります。
■突然の我慢しきれない尿意
 分かっているなら、映画のエンデイング前15~20の前にトイレに立てばいいじゃないかと、
 お思いでしょうが、尿意は突然に、しかも強烈にくるのです、
 下手とたら、失禁するほどの尿意なので、予測不能なのです。
■長距離バスではどうしてるの?
 北海道などの長距離路線バスはトイレが付いているバスはほとんどありませんが、1時間半
 以上の移動の路線バス・長距離バスは途中にトイレ休憩があります。
 これまで、団体旅行のバス移動でトイレに苦しめられたことはありませんが、友人の車での
 移動で尿意を催して、一番近くのコンビニに立ち寄ってもらった経験は何度もあります。

尿トラブルの原因は
なにも、改めてこのようなノウハウ本を買って読まなくても、病名・原因は分かっています。
 ・過活動膀胱炎 
 ・前立腺肥大
 ・加齢による膀胱の硬直
 ・運動不足


解決・治療法は

■前立腺の手術
 内視鏡や低侵襲式レーザー手術が行われるようになって、高齢者への体力的負担も和らい
 でいますが、それても入院は一週間は必要で、後遺症はゼロとは言えません。
 生命・命に別状がなく、一般的な不便程度の症状なら・・・しかも後期高齢者なら手術は
 しないのが常識です。

■薬による、夜間頻尿・過活動膀胱・前立腺肥大の緩和
 このノウハウ本にも色々な薬は紹介されていますが、個人差、副作用もいろいろあり、
 私も経験しています。
 自分のホーム・ページ掲示板にも、同じ悩みのご同輩からアドバイスや、服用している薬
 の情報を頂き、担当泌尿器科のドクターに処方されて服用した
 ことも何度かありますが、私の場合、薬による副反応は100%でました。
 一般的に日本で一番使われているネット友人から紹介の「夜間頻尿」改善薬は服用して二日
 目には、排尿障害が起き、おしっこが2日間全くでなくなり、脂汗ががでました。
 まだ別の友人が服用して調子良いという薬もドクターから処方されで使用すると、この処方
 箋の副作用にかかれていた男性器機能に影響に障害が出て辞めました。またある友人が服用
 して絶対的な効果があると云う薬を紹介され、担当泌尿器ドクターに相談すると、前立腺
 がん腫瘍マーカーPSAの値を低下させる為、わたしの場合は使用してはいけない、
 と言われました。

自力で克服 最新体操・生活習慣
泌尿器のドクターに云わせると、「QOL」が大切といます。
「QOL」とはクオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)の略称で、「生活の質」や「人生の質」という意味です。
QOLは、とくに医療や福祉の分野で使われる用語です。
病気にかかったり、加齢による身体能力の低下でそれまでと同じ生活が送れなくなったりしてしまうということは多々あります。
そのときに、いかに生活の質を保ち、あるいは向上を目指していくか考える中で、QOLは非常に大切な概念です。
今すぐ、命にかかわる病・症状でなく、普段生活環境、自分の行き方に合わせた治療が必要であると云い、この本でも自力、簡単な日常生活習慣の見直しで改善出来るといってます。

そして始めたのが@骨盤スクワットです。
 
下半身の血流不足や筋力の低下は、前立腺肥大による症状を悪化させる可能性があり、肥大による頻尿を改善させるために、下半身の血流と筋力をアップする運動をしましょう。と呼びかけています。
スクワットはキツイけど
元々、中高年は年々下半身の筋力が衰えていくので、スクワットを勧める本は多いのですが、スクワットって意外に難しく、キツイのです。
所謂「空気椅子」の状態を創り出しキープするのが基本ですが、どうしても体が前に傾き、膝頭がつま先よりも前に出てしまいます。
ですから、ヒンズースクワットのように手を前に出したり、頭の上で組むようなハードなやり方ではなく、中高年は図のように、片手を椅子に手をついて、
呼吸の吸い・吐くをキチンと合わせれば、十分効果が上がるようです。

夜間頻尿対策A仰向け足上げ

以前からNHKの情報番組や、当サイト掲示板よりの情報で、夜間頻尿の元となる水分は、下半身ヒザ下太ももに貯まる水分・浮腫みが原因というのは分かったいました。
通常若い頃でしたら、通勤やら仕事で動いているので普通に食生活で摂った水分は、運動や自然発汗するのですが、退職して自宅にいる時間が多いシニア男性、私のように半日以上机に向かい、パソコンでプログラムを書くような高齢者は体内に水分がたまり続けるようです。
夜間頻尿の原因は、夜、横になると心臓と足の高さが同じになります。
すると、日中に下半身に貯まった血液は心臓に戻ります。すると心臓にある身体の水分量に感知するセンターが働き、余分な水分を排出する「利尿ペプチド」というホルモンを分泌し、腎臓にはたらきかけて排尿をそくす働きかけする為、就寝中にトイレに行きたくなると仕組みです。
「足上げにより却って心臓に血液が戻ったら尿量が増えるのでは?」
その通りで、就寝前の3時間ほど前に行い、就寝前に余分な水分を排出し、下半身に血液が溜まっていない状態にして、夜間頻尿を改善しようという試みです。

対策そのB膝の浮腫みの軽減させる弾性圧力ストッキング

下半身ヒザ下の浮腫みが、夜間頻尿に影響しているのは、前々から知っていました。
とくに、夏の季節、水分を多く摂り、汗もかいているはずなのですが、昔の若い頃のような汗のかきかたがない上、運動不足でますます夜間頻尿の度合いをましていきます。一晩に3回か4回までで限度で、それ以上、1時間半に一度起きる無ペースになると、翌朝、かなりの疲労感が残っています。
色々試していますが、なかなか改善しません。
一晩に2~3回は許容範囲とすることにしました。
毎日の水分量は測ることは出来ません。そうでなくとも高齢者の熱中症などが懸念されるので、水分は多く取っています。
そして出来るだけ下半身に水分を溜め込まないようにするには、弾性圧力ストッキングが有効であること、確認されており、今回のこの「自力で克服」本の購入の機会に以前に使っていた、「ストッキング」やら、「竹踏み」やら総動員して、次の旅行「大阪を拠点にして白浜でパンダ見る」までには、ある程度成果・結果をあげようと、後一週間頑張っております。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイ 関連情報がメイン
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ・アーカイブ

定年後の過ごし方サイト読者からの投稿・体験記事ページ
posted by 西沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック