CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年09月16日

アフターコロナの夢物語か、株価バブル再炎か

東証株価31年ぶりの高値



資金に余裕のある人は、いつかは元の値に戻すと、塩漬けにするかも知りませんが、株式投資をしている友人に聞くと、30年も資金を寝かせておく投資家はいない、そんなのは、嘘・戯言の世界と云ってました。・・・
ようやく、戻ってきたようですが、さてどう動くか?

週明け13日の東京株式市場は、ワクチン接種が進むことへの期待から、多くの銘柄に買い注文出て、日経平均株価は小幅に値上がりしました。
そして、何故か?私のブログのアクセス数も上昇気味で、特別、最近、経済記事を書いた記憶もないのでアクセスを解析してみると、ちょうど3年前の記事が読まれているようですので、ここに再掲載します。

内容は掲示板の投稿記事でした
※その当時の掲示板は、私の手書き、自作のCGIプログラムによるものでしたので、中国・ロシア・南米の若者が、暇を持て余してのセキュリティーホール探しの対象になったのか、対象になったのか侵入を試みた形跡があり、利用していたサーバーからの閉鎖警告があり、現在はありません。

2018年09月05日
私がシニアライフホームページに掲載した記事

「65歳なにもしない勇気」と云う題名の本の斜め読み。 
題名に惑わされるな “退職金をもらってから投資を始める”では遅すぎる。

という記事に対しての「金融リテラシー、定年後の投資」と云うタイトルで掲示板に投稿があり、退職シニアの集まる自由投稿掲示板上で、日本人シニアの投資に関する意識について賛否両論が投稿され、最近ようやく落ち着きました。

発端は、8月31日 ハンドルネーム”トワ・エ・モア ”さんの投稿「金融リテラシー」からでした。


投稿記事1

「実は、資産運用に関して興味がある方が多く、講習会開催の希望が本当に多いのです。健康マージャン以上なんです。この間も80歳を超えた方から開催の希望があったのですが、100%損が出ないなら別ですけれど区という立場で資産運用の指導はちょっと・・・」
お金の話をしますと「卑しい」、「品格にかかわる」といった考え方が、まだまだ流れていると感じています



これにたいして、色々なご意見が寄せられています。
投稿記事2

資産運用について、収益面に力点を置いた意見が多いですが、頭を使い生活にわくわく感を持たせるという観点から、私は60歳以上の方の資産運用として失っても生活に影響のない範囲の少額で投資に参加することをおすすめしていいます。
ここの掲示板は、誹謗中傷がなければ自由に投稿させてもらえますが、勧誘目的ならご自分のブログでされる方が良いと思います。
また、2017・2投稿の「“退職金をもらってから投資を始める”では遅すぎる」は私も同感です。
http://www.tt.em-net.ne.jp/~soy7686/life.html#hifumi
色んな考え方があるとは思いますが、リタイアしたら「小欲知足」を心掛けたいものですね



投稿記事2

金融(投資)の世界は、素人と玄人が同じ土俵で勝負をします。
相撲や野球や将棋や囲碁を見ても判るように素人が玄人(プロ)に勝てるわけはありません。
以前、あるプロジェクトで金融コンサルタントの方とお付き合いをしたことがあります。
彼の話や仕事ぶりを身近で見ていて玄人のすごさを思い知りました。
彼には世界中の金融情報がリアルタイムに入ってくるのです。
その取引額も信じられないくらいの額でした。
この時に私のような素人は、彼のような玄人とは勝負にならないことを痛感しました。
当時、彼はPwC(PricewaterhouseCoopers)日本法人の代表でした。
金融コンサルタントなる商売がありますが、そんなに儲かるのなら人に教えないでどうして自分でやらないのでしょうか。



投稿記事3

ネットは多くの情報をリアルタイムで得られる便利なツールですが、face to faceではないので相手の表情や言葉の強弱が伝わらず、誤解が生じることがあり、本当に難しいですね。リテラシーは知識や判断力なので、これまでに積み上げられたスキルの中で、退職金やシニアをターゲットにした投資話の情報が溢れている状況を心配して、そうしたものに引っ掛からないアドバイスかなと読んでいました。
ところが「投資に参加することをおすすめします」とあったので、反応してしまいました。



投稿掲示板上では、一般的な公序良俗に反しない限り、自由に投稿していただいていますが、あまりにも過激になり、炎上も困るもので、私は大手メディアの記事を転載して、火消しにかかりようやく、落ち着いてきています。

朝日新聞土曜版 読者アンケート 「資産運用してますか?」を拝見して

はいと答えた人は46%その理由は
1,預貯金の金利が低い
2,老後資金の確保
3,余裕資金の活用
4,収入を増やしたい
5,株主優待を楽しみたい
6,年金の不安
7,生活費を補う
8,金融機関に薦められて
9,趣味や遊びの資金にする

いいえと答えた人は54%、その理由は
1,リスクが怖い
2,余裕資金がない
3,金融商品の知識が少ない
4,損する可能性が高いと思う
5,面倒くさい
6,金融機関の勧誘に乗りたくない
7,やり方が判らない
8,損得で一喜一憂するのが嫌
9,不労所得を得ようとする考えが嫌


このいいえの答えをアメリカ人が聞いたらびっくりするでしょうね。
日本らしい。それが当たり前なんでしょう。
超ハイパーインフレや、自国通貨の暴落、外国資本の横暴を経験していない日本ですからね。
資産運用しないかわりに、していることは
・節約
・大切に使う
・健康維持 だそうです。
こんな日本人大好きと、今のところそう言っておきます。


さて株価はコロナと首相選・衆院選でどう動くか
全く株価に影響を受ける金融資産を持っていない私達夫婦、この後、カミサンは20年、私は長くても10年、私達の生活にどう影響を与えるか?
この2021年9月13日のバブル時に戻った日のことを覚えておこうと思っております。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月14日

老化の原因は人との接触・コミュニケーションの減少?

72歳リーダー世代交代論
2020の春、72歳を迎えた時、退職後続けてきた地元のNPOセンターボランティア活動を辞めました。
持論である、古希を迎えた70歳男性は、72歳までの2年の間に今まで培ってきた経験、知識、対人関係を、次のリーダーに徐々に引き継いでもらい、72歳以降は、代表・リーダー・理事・決定権から遠ざかったもらうをことを唱えてきました。
しかし皆さん、頭で理解していてもいざ団体としてルールを明文化するのは難しく、特に長年この団体に携わってきた私達よりも一つ上の世代の男性の皆様の反対は強く、「で、ありたい」程度の認識で終わりました。

私はNPO団体の会員、部会のリーダーを辞め、担当していた市内の市民活動団体向けのIT・web講座の講師も辞めました。
団体を退会するのは問題はなかったのですが、これまで講座を受講してきた団体のアフターケアについて、現組織内ではフォローの確約が出来なかったので、私個人として「webサポート友の会」的な任意団体を設立して対応することになりました。

不要・不急?オジサン達は会う理由があるのだ

あれから1年半、私のリタイヤ生活及びボランティア団体の環境は「コロナパンデミック」で大きく変わりました。
NPOセンター会議室は一時利用禁止、閉鎖を経て、再開されていますが、ソーシャルディスタンスで多人数の会議、催し、集会は出来ずほとんど、使われていません。

今やほとんどの市民活動団体や趣味のクラブ、サークルは「Zoom集会・会議」と変化し、一年以上、実際に会っていない状況が続いています。
よって、これまで週に二度ほど、広報業務や講座対応で通っていたセンターへは全く行っていません。一週間、7日の予定表は、木曜日のスポーツの日以外真っ白です。

ボランティア業務としてではなく、個人的に定期的にサポートしていたも横浜のお店も、コロナで開店休業状態、月に一度の趣味の動画クラブも「Zomm集会」では最初の頃は参加していたメンバーももの足りない・・のか徐々の参加者は少なくなってきています。
大雨でスポーツの日を欠席すると、一週間、まるまる、カミサン以外と話すこともなく、もくもくと一日中ネットに向かう生活となってしまいます。

人は一人では生きてはいけない

良く聞く言葉ですが、これは頭に「社会的には」という言葉が前提でしょう。
実際には大きな団地、あるいはアパートで、一日中誰とも話さず、誰とも会わず、生きている高齢者男性は多いと思われます。

特に、今や、パソコン・スマホがあれば世界中とつながっていますので、都会の団地であれ、山奥のぽつんと一軒家であれ、さして孤独感を感じぜずに暮らして行くことは可能で、生きていくこと、生き延びるみことはできるのですが、果たしてそれが、ご本人の意思・希望なのかは別でしょう。

人間誰しも、誰かと繋がっていたい、誰かと触れ合っていた、というのが本能だと思います。
昨年春、72歳で宣言通りにボランティアを卒業したのは計画通りだったのですが、コロナまでは想定外でした。
このままでは、毎日、スポーツに出歩き、友人とおしゃべりし、午後から商店街・スーパーに買い物に出歩く、カミサンに遅れをとり、ますます老化に拍車がかかるのでは恐れる毎日がつづくのでは・・・

しかしすこしづつ変化が出始めています。

一つ目は、
かつてweb講座に参加していた団体からの、若い後継者への技術講習の依頼です。
この団体は、自然環境系の市民団体で、市の施設の指定管理を請け負っており、資金的にも多少の余裕があるのと、これから先、継続して指定管理を獲得しなくてはならないので、若手後継者の育成には力を入れています。
三十代の女性にたいして、月一ですが画像処理・グラフックデザイン・web言語のレクチャーを先月から始めています。
人に教えるというのは、自分自身が再度、勉強すると云うことです。
73歳になり改めて、生徒さんの実力にあった資料を、ネット上で探し、準備する時間は楽しい・・・というよりも私達シニアにとって必要な時間です。
神奈川県の最低賃金にちょっとプラスとしたものを頂いていますが、本当は無料でも十分なのです。

2つ目は、
二年前に短期集中でやった環境保護団体のトラブル緊急ヘルプです。
生徒はごみ処理問題を扱う団体の三人の70代女性三人です。
最初は、別にホームページを作るのにweb言語を勉強しなくても、簡単ソフトで出来る時代と云う説明をしました。
幾ら超簡単なweb言語である「html」とは云え、基本的にはパソコンの基礎体力とプログラム記述の最低限の知識が必要なのですが、この団体の三人の女性の要望は、

1,お金がかからないこと
2,お仕着せのデザイン・レイアウトでなく、自分たちのオリジナルのものが出来ること
3,データが自分のパソコンの中に保存出来ること


と・・・何処かで調べてきたのでしょう、
まさに、今や世の中の主流となっている「ワードプレス」はまさにその正反対なんです。

1,お金がかからないこと
 ソフトのWordPress自体は無料オープンソフトなのですが、それを運用・保存するサーバー
 はデータベースを利用するので高度な設定、セキュリティが必要なサーバーで年間利用料
 も一般向けよりも結構高いです。

2,オリジナルデザインについて
 WordPress、他、ホームページ作成ソフトは、予めソフト側で用意されているテンプレート
 を使うやり方で、沢山用意されたものを選んで、書き換えるやり方ですから、どことなく
 他のページと似通ったデザイン・色合いになるのは避けられません。
 これを防止するには、グラフィックデザインの知識と力を必要とされています。

3,自分のパソコンにデータが残せない
 WordPress他、簡単ソフトはあくまでも、クラウド側にあるデータベース内のテンプレート
 を使って作るために、自分のパソコンには作成データは残せません。
 提供する側は、常時ネット接続の時代、何が悪いのよ、と云いたいのでしょうが、団塊世代
 よりも上の世代の三人の女性は、雲の中に自分たちのデータを預けるのは嫌うのです。
 確かに、アメリカの何処にあるのか解らない、利益を追い求める企業を100%信用出来は
 ない・・・これは当たり前の考えなのです。
 何が何でも、都合が良いから、クラウド・・・と云うと大失敗があり得ると云うことを
 肝に命じておかないとなりません。

という訳で、先週、緊急トラブルのお三人にお会いしました。

私から見ると、超簡単な彼女たちのミスなのですが、それを見つけるのにものの一分もかからなかった私は、おばさん三人から見ると天才に見えたことでしよう。
今回は、ものの1時間で彼女らが苦労したものを修復し、時給最低賃金程度の謝金を頂きました。
そして、2年に一度くらい、専門家に見てもらうだけの年間予算を団体として組むことをお勧めしました。
すると、私達は何処からも資金をいただいていない、会員二十名弱の団体で、運営経費は会員の会費と、ゴミのリサイクル販売の売り上げくらいしかなく、とてもそんな予算は組めないんです・・・でした。

誰に聞いても、ホームページをしこしこと手書きhtml・CSSで作成する時代ではなく、今や、スマホ・タブレットで膝の上で造りそのままクラウド側にアップする時代・・・ホームページ(webpage)ではなく、FaceBook・Twitter・Instagram・You Tubeのほうが、即効性・拡張性あると云います、確かにそのとおりです。
スマホ用にカラフルな色使い、読みやすい短い文章・・・

でも、彼女たちは云います。
「私達のホームページは、意見・考え・世界の現状を発信するサイトです」
「物や、サービスを売るホームページとは違う」
「じっくりと、読んで欲しいの」
「電車の中でうつむいて読むようなページではない」
「これからも自分たちの手で作っていきたいの」
「だから、先生に辞められたら困るんです。」

私、「もっと若い、少なくとも50代のおばさんに、そう云ってもいたかったけど、まあ、いいか
あしたは月一のサポートをしている鎌倉の自然保護団体のweb担当者(30代女性)へのレクチャーあるから。」

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月12日

テレ東「モヤさま」につられ、今年二度目の埼玉・北部行田へ

パラリンピック2020は見ていない
2020東京五輪は、かなりTVで見ていましたが、パラはほとんど見ていませんでした。
自分の育った時代・年齢的なものなのでしょうが、障害者のスポーツを支援する意味なのは解るのですが、最終的には広告・販売、しいては経済利益につなげる企業の思惑が見えてしまいます。障害者にとっては、自分たちの生きがい、リハビリ環境に大きく貢献してくれるオリパラと、私は理解しているのですが、何か100%納得はしていません。
もっと他の方法があるのではないか?・・・とも考えてしまいます。

という訳で、暇な時間TVに向かうのですが、何もやっていません。
民放の番組は、全てお笑い芸人の「楽屋落ち」的なものばかり、ドラマも若者向けの現実離れした漫画世界の恋愛ドラマで見てません。
唯一、見ているのはテレ東の
「youは何し日本へ」・「ニッポン行きたい人応援団応援団」・「ワタシが日本に住む理由」
などの外国人、海外ものと、旅系統番組
「路線バスの旅」と、同じような「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅の」「鉄道路線歩き旅」を楽しみにして見ています。
地上波・BSと日本の中で1番チャンネル選択肢の多い、関東平野に住んでいて、1番多く見ているのがテレ東なのです。

テレ東「モヤモヤさま〜ず」

先週の日曜日、旅・バラエティ番組「モヤモヤさま〜ず」が歩いたのが埼玉北部の「行田」でした。
「モヤさま」の番組は、一般民放の旅番組と違って、町中をぶらぶら歩いて、ちょっと気になるお店を紹介するような番組ですから、私の知らない、興味ありそうな街だけをちょっと覗き見する程度でした。
なんでこの時期、行田なの、この時期は何にもないはずなのに・・・今年の春に、古墳に咲く桜風景の撮影に行っていますが、その他は「忍城」ぐらいですが、復元のコンクリート造りだし、と思って他に面白そうな番組はないしと期待もせずに見てみました。

私の知らなかった行田の街



テレ東の番組「モヤさま」が土曜日から日曜日の9時台に変わって、その時間他局でみたい番組がなかったので、見たのが行田でした。
そこで初めて知ったのが、行田の街の中心は、JR行田駅ではなく、秩父鉄道の行田市駅まわりであることでした。
それで納得しました。JR行田駅前は整備されているものの、新しくできた大きな道がまっすぐに伸びているだけの駅前でJR高崎線一駅隣の熊谷と全く違っており、古い寂れた街として写ったのですが、「モヤさま」の三人が歩いている街は結構大きな商店街があるような街並でした。
前回の埼玉古墳群の桜撮影の時は、桜と古墳の撮影が終わると、すぐに次の桜名所の「熊谷桜堤」へ移動して何も、見ていないので、今回は「モヤさま」で紹介しているところ「田んぼアート」「忍城」「成就院三重塔」三箇所を見に行くことにしました。

自宅大船から行田への行き方

今年、三度目の埼玉県北部です。
一度目は4月、行田の古墳桜と熊谷堤の桜、
二度目は7月、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の舞台、「深谷」の撮影に。
今回9月は、テレ東「モヤモヤさま〜ず」で紹介していました、日本一の「田んぼアート」の撮影と、ついでに忍城の撮影です。

自宅最寄り駅から行田までは、乗り換えなしで2時間、片道1980円です。
関東首都圏のJRの料金の大体の基準目安は1時間の乗車で1,000円です。
例えば
大船⇒熱海は   1時間7分 990円 距離58km
大船⇒新宿は   50分 935円 距離51km
大船⇒成田空港は 2時間10分 2,310円 距離125km
とまあまあある程度の推測はできます。

今回の一日日帰り観光の費用
最寄り駅⇔行田 JR往復 3,960円
行田市内コミュニティバス 4回 150円 計600円
田んぼアート展望台 入場料 400円
忍城        入場料 200円 合計 5,160円 でした。
往復の移動時間が4時間、観光は正味2時間のシニアおじさんの小旅行一日でした。

ギネス世界一の記録を持つ田んぼアート

昨年の秋、青森を旅する時にチェックしていたら弘前市郊外の私鉄弘南鉄道「田舎館」駅から徒歩圏に「田舎館田んぼアート」と云うページが目にとまりぜひ行ってみたいと思って思っていましたが、今年もコロナで中止の模様・・・しかし、こんな近くのそれも、かって知ったる行田にあり、今が見頃とは思い、先ずは天気予報を調べました。

先ずは、路線バスと歩きが基本のシニアの健康旅ですから、何よりもお天気が大切です。
ここ一週間、関東はぐずついたお天気・空模様ですが、調べると、雨が降らないのは火曜日・金曜日と解り、木・金・土・日は、暇を持て余しているシニアオジサンですが、予定スケジュールが有るので、翌日の火曜日に出かけることにしました。

行田田んぼアートとは

お米の産地である行田市の水田を彩る初夏から秋の風物詩として定着した田んぼアート。
水田をキャンバスに見立てて、色彩のことなる複数の稲を使い、絵や文字を表現するこの取組みは、行田の観光スポットとして脚光を浴びています。
約2.8ヘクタールの大きさを誇り、平成27年には「世界最大の田んぼアート」として、ギネス世界記録にも認定されました。
この田んぼアートは、6月中旬に田植えを行い、10月中旬に稲刈りを行います。
見ごろは、7月中旬から10月中旬までで、隣接する古代蓮会館展望室からご覧いただけます


最寄り駅を07:47⇒乗換なしで行田09:45
駅前コミュニティバス10:05⇒古代蓮の里 10:24です


先ずは、50mの展望台に上がって全貌を見る前に、現地のたんぼの様子を撮影してから展望台に登ったほうが、インパクトがあると思っていたのですが、係の人に聞くと、テレビの影響で放送後翌日の昨日は、お天気も悪かったのに展望台へは1時間待ちの行列だったそうで、今日もそろそろ、長い列ができる時間帯にはいるので、今なら空いているのことで、すぐに直行してあがりました。

確かに、私と同じか少し上の年代のカメラ片手のシニアおじさん・おばさんいっぱいでエレベーター内はかなりヤバイ三密状態でした。
これを予想して、普段はカミサン手作りの布マスクをしているのですが、密閉度が高い不織布マスクにしていて正解でした。

展望台もかなりの密の状態と下りのエレベーターも混み始めそうなので、展望台からの静止画・ビデオを10分で撮って、下り、実際にの田んぼへ行きました。上で全体を見た後ですから、この黒米稲の位置の意味が解りますが、同じ目線で見てもこれは解らないないでしょう。
田んぼアートでも、スマややっぱりパソコンによって設計図は作られているのでしょう。きっと

行田の古刹 成就院三重塔

市内方面に戻るバスは1~2時間に一本ですから、次のバスが来るまで、徒歩1.2km程度にある、名勝「成就院三重塔」に行ってみました。

この三重塔は、享保14年(1729年)に建立されたもので、昭和56・57年に解体復原工事を実施し、現在に至っています。

塔内には、忍城主阿部豊後守忠秋より拝領と伝えられる葉衣(ようえ)観世音菩薩が本尊として安置されています。
地方の大工の手による特色ある塔で、1間4面、初重(しょじゅう)柱間一間、銅瓦棒葺の構造となっています。

各層とも二手先の料栱、吹寄棰、一軒、各種箱型の積み上げで、塔の中心柱は2層で止めて下に降ろさず、内陣には須弥檀を設け、格天井を組み、花鳥の図を飾っています。
享保時代の強い観音信仰を背景に建立されたものと思われますが、江戸時代の三重塔は埼玉県内には3基のみで大変貴重なものと言えます。



境内には私の他には、カメラをかかえた80代前半と思われる男性が一人、カメラのシャッターを何枚もきっていました。
撮影を終わったのを見計らって声をかけました。
「田んぼアート」の撮影にいらしたのですか?
「いいえ、この三重塔が目的です。」
「大観光地ではなく、こんな田舎・・失礼、江戸中期の塔が立ち、現在まで受け継がれているのが珍しくて」
「これから、田んぼアートの古代蓮の里ですか?」
「いいえ、このまま秩父鉄道に乗って三峰神社にまいります」
「私は、これから忍城によって、帰ります。お気をつけて」

今年の春まで場所を知らなかった「忍城」へ

関東七名城の一つとされる忍城は、室町時代の文明年間(1469年〜1486年)の初め頃に築城されました。
時は戦国時代の終わり、豊臣秀吉の関東平定に際して、石田三成らによる水攻めにも果敢に耐えたことから「浮き城」の別名が生まれたと伝えられています。
現在の忍城御三階櫓は、明治維新の際に取り壊されたものを再建したもので、最上階からは市内の景色が一望できます。
昭和63年に開館した郷土博物館は、かつての忍城本丸跡地にあり、『行田の歴史と文化』をテーマとした展示を行っています


忍城(おしじょう)は、映画「のぼうの城」を見て初めて知りました。
そして、今回初めてお城の資料館で、当時の城主は「成田氏」であり、直接的には秀吉の関東遠征の目的の敵「小田原北条氏」とは関係ないことを知りました。鎌倉の地元郷土史家の間では、「鎌倉にもお城あった」というのが定説で、鎌倉の荒廃する姿を見て、小田原で「北条」を名乗る在郷武家集団が鎌倉源氏の菩提神社「鶴岡八幡宮」ほ再建し、保護したと伝えられています。
そして、小田原・相模から関東各地に北条を名乗る武家集団が登場し、私の住む鎌倉にも、「北条玉縄城」があったとホームページにも掲載しています。

そして、この玉縄北条氏の歴史のなかに、秀吉の関東遠征、小田原征伐のは話がでてきて、家康が城守の自害を条件に城を落としたと伝えられ、私の住む地域にも沢山の首塚とか、鎮守の神社があります。
この行田の忍城は、あの秀吉の大軍、三成の水攻めにも耐えた城として、地元郷土史家の間でも人気の城ですが、実際に何処にあったのか、今年、桜見に行田に行って初めて知りました。
天守閣は昭和の時代のコンクリート造り、そう大きもなく普通しかコメントはありません。
一つ言えることは、何処のお城もそうですが、桜の木が多く植えられており、春の桜の季節はフォトジェニックなものが撮れそうです。

これらの撮影してきた素材は近日中にビデオとしてUPする予定です。
動画はかなり仕上がりをイメージしながら、素材を選んで撮影してきましたので・・・
気合を入れたものをUPする予定です。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月10日

理想の家計管理 妻か、夫か、あるいは共同で

みんな家計費管理・老後資金計画どうしてるのか

朝日新聞のオピニオンで読者から、理想の家計管理とはどのようなものか、意見・体験談を掲載していました。
私達、リタイヤ団塊世代は、今更、家計費管理について家庭内でどうこう云う時期はとうに過ぎていますが、これから退職する、老後の資金づくり、老後ライフの参考にと訪れてくださる、皆様に幾らかでも役立てっていただけるか、このコラムの投稿とともに、自分たちのやってきた事を紹介します。

前文は
新型コロナウイルスの影響で家計の状況は一段と厳しさをましているようです。
失業を余儀なくされたり、残業代やボーナスがカットに見舞われ、約4割の人が年収減を実感(明治安田生命3月調査)しています。
こうしたなか、家計管理の見直しをされている方、検討しようと思っている方も多いのではないでしょうか。
これまでの無駄な支出を見直すなど、ピンチをチャンスに変える機会になるかもしれません。

投稿記事要約

妻に一任 60代男性
 60代男性結婚するにあたり、財布をどちらが握るか話し合った。先ずは銀行に新しい口座をつくった。
二人は稼ぎが少なく、共稼ぎを前提として、スタートした。
名義は私、通帳と印鑑は妻が保管、私の給与は妻に渡し入金してもらった。
根本にあったのは、私が育った家庭環境、父は兼業農家で収入は多くなく、家計は父が管理し、毎月食費を母に渡していたが、母はお金に苦労していた。
そのため、私は結婚したら給料を妻に渡し、小遣いをもらおうと考えた。
「要は面倒くさいお金の管理はしたくなかっただけ」、と云われてそのとおり答えるだけ。


財布は別、管理されるのは嫌 30代女性
我が家は個人事業主の夫と会社員の私、子供二人の四人家族。
住宅ローンや公共料金の引き落とし関係は夫の口座、食費やこどもにかかるお金は私、とざっくり分けているそれぞれの趣味・交際費・保険・スマホ代は各自。
夫の稼ぎ、逆に私の収入がどのくらいなのか、お互いに知りません。
お互いに経済的に自立しているので、何の不満もありません。
男が女を養う、養ってもらう時代は終わりました。
男女関係なく、育児、家事、仕事をしていくのは当たり前だと、子どもたちに示しています。


使うお金の見通し立つように 50代女性
8年ほど前に私が仕事を辞めて収入が減り、毎月、通帳間のお金の移動できゅうきゅうしていました。
真剣にお金の流れと使い方を見直そうと「正しい家計管理」という本を参考に家計に向き合いました。
貯める・使うの口座を分け、年間と月々の予算を決める。
家計簿は私がつけますが、予算は夫と話し合い、子供にも伝えて家族全員が関わることで、安心につながっています。

名言 どんぶり勘定は低収入よりもおそろしい


家計管理は夫の習慣 60代後半男性
我が家では、夫の私が毎月の収入と支出をパソコンソフトに入力し、妻と共有、子供が小学生の時から初めて20年以上になる。
当時は子供の教育費が心配ではじめたが、今は老後の家計が不安で続けている。
月末の収支がプラスなのかマイナスなのか知ることからはじめたが、その後家の総資産も把握するようになった。
今後、予測が難しいのは、税と夫婦の医療・介護の費用。
これが予測できないのがリスクである。



さて、早期退職18年,70代男性の場合は
私達が結婚し、一緒に住むようになった時(カミサンのアパートに私が転がり込んだ・・・神田川の世界でした)
カミサンは私に、今後の二人の壮大な計画のために、貴方が管理・運用してと銀行通帳と印鑑を差し出しました。
壮大な計画とは、二人で働いて、お金を貯めて二人で世界中を旅しよう、できれば海外に住みたいと・・・
カミサンが通帳を出すので、私も自分通帳を出しました。私29歳・カミサン26歳、二人あわせて7桁後半の金額でした。
カミサンは、お金の管理はしたくないけど、今二人の懐具合はどうなっているのか、何時でも開示・閲覧できる状態にしておいて欲しいとの要望で、毎月決算の手書きノートを造りました。やがてそれは、パソコンになり、毎月決算のエクセルシートになりました。

収入は、時はバブルの真っ盛り、しかし、支出計画はどんなにその年の収入が増加しようが、前年に作成した予算の範囲内としました。
子供のいない専門職の二人の一ヶ月の支出は10年単位ではほぼ、変わらず、退職し年金生活になっても一ヶ月の家計支出は、夫・妻の小遣いが減少した程度で、20年前とほぼ変わらない月々の決算となっています。
夫婦ふたりでの家計費管理の原則は、どちらが管理しても、何時でもその内容が解るようにしておくことが肝心です。
もう一つ、重要なのは、夫・妻共にお互いに詮索しない、使いみち自由の少なくとも各々2~3百万程度の、家計資産に組み入れない口座を持つことが円満の秘訣ではないかと思います。

新聞紙上の結論・締め
妻が、夫が、あるいは共同で・・・と管理の方法は家庭によって様々のようですが、うまくいくポイントは夫婦間の情報共有と信頼関係にあるようです、と
結んでいます。
私がそこにもうひとつ付け加えるとしたら、お金を貯める・使う、共通の目的があることだと考えています。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方


ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
 
posted by 西沢 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月08日

お年寄りの男性の落とし物 一万円のお釣り事件

私は、ブログやSNSで団塊世代、古希を越した73歳と年齢ははっきりと書いています。
一つには、同じ世代向けのサイトですから当然なのですが、もう一つ、この裏の深層心理を探ってみると、73歳はまだ若い、そんなお年寄り扱いされるのは真っ平だという気持ちもあるのでしょう。
でも、メディアのニュースを見ていると、事件の主人公や、登場する人物は高齢者、60代のお年寄りという形で紹介されています。
特に自動車事故、自損事故などを見ているとほぼ必ず、「運転していたのは、年寄、高齢者であろう」と、殆どの視聴者は推測し、実際に映し出される年齢をみて、やっぱりね、と納得するのが、今の時代です。

私達は戦後のベビーブーム世代

昭和22年~24年生まれの大きな塊の世代は、よそから見れば、立派な、押しも押されぬ、お年寄りなのでしょうが、当の私達は、全くそうは思っていません。

特に、子供も孫もいない、結婚していらい50年近く、友達・戦友・遊び仲間夫婦としてやってきた私達は、自分たちは年寄といわれる社会・年代層に属していることは、理解していても、実際に「お年寄り」とは自覚も、認識もしていないのです。

カミサンも、子供もなく、ずっと専門職として働いてきており、特にお金の苦労もせず、仕事上の悩みや人間関係のいざこざは、職場を変えることで避けてきた人生を送ってきており、52歳で退職し、働かず、旅行と趣味の手芸だけで生きてきています。

カミサンのスポーツクラブのお友達とて、同じような経済環境の人たちばかりで、着るもの、足元、髪型、買い物にしろ一般的な同じ世代とは、すこしかけ離れた社会層のご婦人ばかりですから、自分たちが「お年寄り」「おばあさん」と誰も思ていないと云います。

私が、自分自身の年齢を意識するのは、旅の計画を作っている時です
今、9月末の日帰り旅行計画を作成中です。

9月も末、団体パツクではなく個人でJRと路線バスで動き、宿泊しないのだから、まあいいか!と云う感覚です。
早朝、自宅からJRを乗り継いで、を最初の下車駅は「猿橋」
一度は見てみたいと思っていました日本三大奇橋の木造の橋です。
ここから、大月経由富士急行線を乗り継いで下車するの「十日市場」です。
松尾芭蕉の句碑がある名瀑「田原の滝」を動画におさめたいのです。
そして、ここからが本番、富士山駅から精進湖経由新富士行、一日4本の路線バスに乗って、「ふもとっぱら」を目指します。

NHKの「72時間」で紹介された、富士山を真正面に間近で見るキャンプ場です。
車に乗れない私は、ネットを駆使して一番近いバス停を探し、距離アプリで歩ける距離かを計算します。
最寄りバス停から2,2km普通に歩いて30分、楽勝です。
問題は帰りの河口湖方面・あるいは富士宮方面のバスの時間ですが、「ふもとっぱら」をゆっくり往復して、1時間富士山の風景を楽しんでバス停に戻ってきても、十分時間があります。

こんな事を考えていて、客観的にこの旅姿を他人の目にはどう映るのか?
富士急富士山駅からの路線バスの後ろ座席に髪の毛が薄くなりつつある、73歳の男性が、1時間10分、づっと乗り続け、誰も降りないようなバス停で下車し、人気のキャンプ場に向かう車を横目に、テクテクと30分歩く姿・・・
あんな、お年寄りが何処までいくのだろう・・・
大丈夫かな・・・
家出老人で迷子になっているのかな・・・
とでも思って見られるのかも知れません。

昔からいわれる言葉「世間体(せけんてい)」「年甲斐(としがい)もなく」「年寄りの冷や水」が浮かんできます。
72歳で、NPOボランティアから卒業するまで、そんなことは、一切思いも、考えもしませんでした。
私達が社会の主流、私達が動かしてきた、私達の意見・考えが真っ当!
しかし、55歳で日本経済社会の本流から離れ、72歳で、地域社会コミュニティを卒業した今、客観的にみれば、「おじいちゃん」であっても、全く不思議でもなく、当然なのでしょうが・・・本人が自覚していないのです。

事件勃発 自分は年取ったのかも知れない

そんなある日、自分が「お年寄り・おじいさん」であることを自覚する事件が起こりました。
日曜日の昼間、カミサンに頼まれて、近くのレジ二台の小さなスーパーに行きました。

一万円札とマイバックを渡され、お米2kと、井村屋のあずきアイスとトイレットペーパーを頼まれました。
我が家では重いもの、かさばる物の買い物は私の役目と決まっているのです。

3点の買い物を終え、セルフレジで精算をすませ、お釣りとレシートを店頭のビニール袋に入れ、マイバックに買い物をしまい、帰宅しカミサンに渡す段になり、お釣りとレシートを入れたビニール袋が、マイバックの何処をさがしてもないのです。
お釣りは、たしか8,080円あるはずがないのです。
家からスーパーまでは徒歩5分、途中で落とす訳がありません。きっとスーパーのなかで、買ったものをマイバックに入れてる時に何処かに置き忘れたに違いありません。

すぐに、スーパーに引き返すことにしました。
カミサンは「なくても仕方がないから、しょんぼりしないで帰ってきて」と云います。
「子供じゃないんだから、大丈夫」と私。
スーパーに戻って、マイバックに品物をいれたデスクまわりを見ても落ちていません。
そこで、レジのおばさんに聞くと、「届け出がありました、店長を呼びます」

店長は「すいません、一応確認ですが、中身の金額とレシートの中身を覚えていますか?」と聞きます。ほんの15分ほど前なので、全てスラスラと話すと、納得されて、無事に私の手元に「レシートとお釣り6,080が入ったビニール袋がもどりました。
この落とし物を見つけ、レジに声をかけた方は、さっきのセルフレジの「お年寄りの男性」のものだと思いますと云ってとどけたそうで、2つのレジの「おばさん」(女性従業員さん)も覚えていて、すんなりと収まりましたが・・・

そっか、私からみれば「レジのおばさん」で、むこうから見れば私は「お年寄りの男性」なんだ。世間体を気にするなとと云っても、日本社会では「望まれるお年寄り像」と云うのは確実にあるのは確かなんだ。
でも、今の自分は、まだまだそのイメージ枠には収まりたくない、見られたくないという気持ち
が強いのですか・・・

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月06日

日本て、物価が高いの?安いの?住みやすいの?住みにくいの?

オリンピックで来日した外国人メディアが、日本のランチの安さ、100円ショップ・コンビニの品揃えに驚いたりする記事が目立ちました。
私は、過去形ですが、ワイキキの一週間程度の滞在から日本に戻ると、物価の安さにほっとした事を覚えています。
確かに、私達旅行者の立場で海外の都市に行くと、其の国の物価は気になります。
退職直後のタイ・バンコクなら、夫婦ふたりのランチ200バーツはかかりませんでした。
でも、おそらく今でしたら、一人、200Bでもたべれないのではしょうし、ここに簡単な家を建てようかと思ったバリ島ウブトにしても、安いけど何にもない、必要なものデンパサールまで
行って購入となると高くつく・・・、長い目で住んでみないと、分からないことなのでしょう。

世界で最も生活費が高い都市ランキング 2021年6月発表

このランキングは、米国の会社マーサーが実施している『世界生計費調査』のデータをもとに算出されたものです。
同調査は、主に多国籍企業や政府機関が海外駐在員の報酬や手当を設定する際などに利用するものとしています。
世界の209都市における、住宅、交通、食料など、200品目以上のコストが調査対象となっているようですが、調査項目の200品目が何かは、この調査では公表されていないのと、ジーンズ、ハンバーガー、ハイネケンのビールといったアメリカの定番商品が含まれていたこともあったようで、私達のような短期旅行者向けではないのは、以下の都市をみると、さもあらんと頷けそうです。

1. アシガバート(トルクメニスタン)
2. 香港
3. ベイルート(レバノン)
4. 東京(日本)
5. チューリッヒ(スイス)
6. 上海(中国)
7. シンガポール
8. ジュネーブ(スイス)
9. 北京(中国)
10. ベルン(スイス)


1位のトルクメニスタン首都 アシガバートはちょつと特殊な政治・経済状況があり、一般の旅行者や国民の生活物価とはかけ離れており私たち個人旅行者の物価判断の材料にはならないでしょう。そして、住んでいる私達の感覚からすると、食費も一般雑貨も世界4位といわれるほど高くはなく、近年に限って云えば、大都市としては比較的安いのではないかと思われます、おそらくですが、高い原因の一つが住居費なのでしよう。米国に住む自分の会社の社員が、東京で同じような住環境を求めるとするとかなり高い経費にならざるをえないでしょう。

そしてアメリカの都市が入っていないのは、ドルの評価によるものと思われます。
アメリカで最も物価の高い都市に選ばれたのは、
14位 ニューヨーク
20位 ロサンゼルス
25位 サンフランシスコ
43位 ホノルル
45位 シカゴ  でした。

世界のビックマックの値段比較
一方、世界に共通している食べもの値段から、比較する方法もあります。
ビックマックの値段 2021年7月調査  1ドル 110円換算
   国 名    円   ドル
1位  ベネズエラ  918  8.35
2位  スイス    774   7.04
3位  ノルウェー  693  6.30
4位  スウェーデン 681  6.20
5位  アメリカ   621  5.65
6位  カナダ    584  5.31
7位  イスラエル  568  5.16
8位  ウルグアイ  562  5.11
9位  ユーロ圏   552  5.02
10位 オーストラリア527  4.79
15位 シンガポール 474  4.31
19位  韓国     440  4.00
21位 アルゼンチン 434  3.94
23位 タイ     429  3.90
31位 日本     390 3.55
33位 中国      380 3.46
40位 ベトナム   329  3.00
47位 台湾      282  2.57
52位 インドネシア 257  2.34
56位 ロシア     249  2.27

この1位のベネズェラも特殊な理由があります。調査時点でベネズェラは大統領の失脚でハイパーインフレの最中で自国通貨が信用されずドルの値段が急騰している時期と推測されます。
この調査でもスイスの物価高は目を引きますが、スイスや北欧の各国の個人収入は日本の倍以上なのが理由です。
スイスは平均月収が約52万円(税引き後)。つまり年収が約620万円(税引き後)で、時給22スイスフラン(2550円)がおよその最低賃金だそうです。
例えばマクドナルドでアルバイトをしたときの最低の時給ということですね。
日本・東京のマックのバイトは時給1,200円ぐらいかな。

しかし、このマクドナルドの値段比較にも問題がありそうです。
それは、日本のランチの値段が、デフレーションの影響で低すぎるという問題です。

テレ東の夜の経済ニュース番組「WBS」によると

日本・アメリカ、中国でランチ価格を比較。日本は米中に比べてランチ価格が安いことがわかりました。その理由は消費者の値上げに対する拒否感です。また、平成時代に進んだデフレーションからいまだ回復していないことも理由の一つでした。
東京・新橋、飲食店の前にはランチメニューの看板が並びますが、定食で500円という店もあります。新橋のサラリーマンにランチの予算を聞くと「800円ぐらい」「ふだんは1000円未満」「700〜800円くらい。定食かラーメンですね」との声が上がります。
新生銀行の調査では、日本のサラリーマンのランチ代は平均649円。では、海外のランチ事情はどうなのでしょうか。まずはアメリカと比べてみます。

世界の金融の中心、ニューヨークでランチの値段を聞くと「ランチは12〜14ドル(約1320〜1540円)」「ランチ代は20〜30ドル(約2200〜3300円)」「ベーグルとスパム、サーモンで30ドル(約3300円)と返ってきました。ニューヨークではランチ代の平均は15ドル(約1650円)と、日本に比べるとかなり高めです。

続いては、中国・上海の人たちはランチ代にいくら使っているのでしょうか。街で取材すると「40〜60元(約680〜1020円)。定食や蒸し料理などを食べる」「60〜70元(約1020〜1990円)。ご飯や麺類など。普段は同僚との会食が多い」「最低50〜60元(約850〜1020円)。ラーメンでも40〜50元かかる。ここの物価は高い」などの声が聞けました。上海のランチ代の平均は60元(約1020円)でした



この日本のデフレランチの恩恵に助かっているのが、年金シニアの私達です。
ご存知ですか?100円マックって?

数年前、マクドナルドは100円ハンバーガーを各種発売し、100円コーヒーと共に、サラリーマン世代・学生そして、シニアへの簡単なランチへと展開しましたが、収益が落ち込んだのか、CEOの交代の影響か、見かけなくなって残念と思っていましたが、ひそかに復活しているのです。
マクドナルドのお店に行き、カウンターに並んで見上げたメニューに、100円マックは有りませんし、全てセットメニューですし、目を落としてメニュー表を見ても100円マックは掲載されていません。しかし、ホームページにはちゃんとあるのです。



今どき、コンビニでも街のパン屋さんにも、110円で菓子パンは売っていません、ちょっとしゃれたフランス語の看板のお店では、200円以下のパンを探すのも難しいこの時期、マックならバーガー2つとコーヒー1つでゆっくりと冷房の効いたなか320円で過ごせ、ネット環境も整っているのです。
でも、どう考えても立地の良い場所にお店を構えているマクドナルドでは、この100円マック、コーヒーでは赤字は必須でしょうから、積極的に店頭のメニューに掲載していないのは、頷けます。

15〜20年前、海外ロングステイブーム的なものがありました。

TVでは各局が有名タレント夫婦を登場させ、各地の邸宅や別荘地、レストラン、海を紹介し、退職後こんな素晴らしい場所に、日本の年金だけで暮らせると盛んに紹介していました。
いつしか、戦後ベビープーム・団塊世代の一斉退職で、日本の各都市には、海外ロングステイクラブが誕生し、総務省が後ろ盾となって、ロングステイ財団が夢の年金で暮らせるリタイヤライフを後押ししました。

あれから18年、あの当時からみると、私達の手に入る情報は数倍以上増えました。
いかなる情報も使い方、見方によって異なって見えます。
日本が、東京が、そして今住んでいる地域が住みやすいのか・・・田舎が良いのか、ぽつんと一軒家が良いのか、都心に近い便利なタワマンがいいのか十人十色、千人千色、違うのは当たり前、もう比べるのを辞めるお年頃になってきています。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月04日

今どきのプリンター、スマホからダイレクトプリントは当たり前なの

エプソンからキャノンへ

ブログで連日のネットの買い物なかで、長年のエプソンをあきらめ、CANONのプリンターを注文しましたが、納期が未定と書きましたが、わりと早く2日で届きました。
プリンターと云えば少なくとも2万以上はするものですが、今回購入したのは、4色・A4までの家庭内・簡単印刷用で税込・送料込で6,600円です。
そして、今やネット上では納期はお問い合わせがほとんどした。

なぜそんなに人気なのか?理由は
そして、どんな人がそのようなプリンターを求めているのか
ユーザーは2種類
ひとつは、コロナ禍で自宅テレワークの若手サラリーマンです。
何時も会社ではデータを扱って、念の為、記録のためにプリントアウトしていたり、モニターよりも一度紙に印刷したものを、ファイリングしたり、書き込んだりしていたのに、自宅、テレワークになって、自宅にプリンターがないのにイラついていたのです。
会社経費では買ってくれない、写真印刷ではなく、エクセル・テキストが主流の文字データですから、白黒主流でいい。
そして、自宅でコピー・スキャンができればいい、サイズがA4までで十分。
価格は、自分の小遣いの範囲内、子供や奥さんも使うかもしれないから、インク代だけは出してもらおうかなと考える、テレワーカーが急増しているのです。

もう一つのユーザーは、
シニアのカメラとパソコンに精通したシニア層です。

これまでの私達、団塊世代のおじさんのブリンターと云えばWindows95・98バソコン、そしてデジタルカメラのながれで、自宅にプリンターの購入という流れです。

そして、自分の初めてのデジカメで撮って、パソコンに取り込み、写真用プリント用紙を吟味し、如何に綺麗にうちだすか・・そしてフレームを買ってきて、自己満足に浸る・・・ほとんどの団塊世代おじさんはこの道を通ってきています。
ですから、プリンターを選ぶ時、単純な4色、CMYKではなく、微妙な色分けの7色・8色顔料のインク仕様と、できれるだけ大きく印刷をしたいのでA3伸びサイズのプリンターを、選んできたのです。
中程度で、エプソンEW-M973A3Tで80,000円クラス
キャノンだと、PIXUS PRO-S1で70,000ぐらいは当たり前でした。

しかし、今回、古希を過ぎた、元写真愛好シニアおじさんが目指しているのは4色・A4までの家庭内・簡単印刷用で予算はできれば、5,000~6,000前後なのです。
もう、写真を撮って印刷はしない、スマホで撮っても整理もしないで、クラウドに放おって置く。六色顔料のA3伸びの大型プリンターの出番は少なくなり、小遣いに占めるインク代が気になりだしているのです。
紙代・印刷代だけで、ゆうに10,000円はかかっていたあの頃、もう、黒を含めて4色でいい、用紙サイズも年賀状と町内会の名簿印刷ぐらいしかないんだから・・・と。

プリンターのセットアップに取説なんていらないはずが
プリンターの接続、セットアップに関しては何ら、専門的な知識は必要ないのですが・・・・
但し、今回、キャノンは全く初めてなので、事前にネットで取説を読んでみました。
普通、このような単純なものは、取説は、困った時、躓いた時に読むというもので、同じ団塊世代のおじさん達はいちいち、丁寧に読みません。
でも、今回、セットアップの項にwifi接続が書かれておりました。
私の場合、狭いひと部屋でパソコン1台、プリンター一台ですから、敢えてネットワークを構築する必要がないのですが、どこにもUSB接続が書かれておらず、付属品にも接続ケーブルがないので、もしかしたら、今どきのプリンターは全て、wifiのみなのかなと思ってもみました。

今どき、スマホから直接プリンターは当たり前?
先日、久しぶりにセンターに行き、受付当番の女性スタッフと話していて、今どきの子供の学校からの連絡は全て、スマホにくると云う話になり、提出する書類もスマホに添付されてくるので、家のプリンターで打ち出して、必要な箇所に手書きで署名・捺印して、翌日子供が学校に持っていくと、と云う話になり、
「スマホから直接プンターに接続するの、どうやって」
「エー、当たり前じゃないですか、簡単ですよ」
「知らなかった」と私。
今回の家庭用・簡単プリンターキャノンPIXUS TS3330も、まるで当たり前・常識のようにWifi接続を前提とした書き方なのです。
色々と調べてみて理屈が解りました。
つまり、自分のスマホに、キャノンからスマホダイレクト印刷アプリをダウンロードするようです。でも、私の場合、スマホから直接印刷は100%ないので、無駄なことと、アプリのダウンロードはしませんでした。

そして、パソコンとプリンターのWifi接続ですが、付属された設置基本マニュアルには掲載されていませんでしたので
ネット上にあるのですが・・・・「PIXUS TS3330 パソコン Wifi接続」で検索してもよく分かりません。

私達の世代でのイメージとしてはこんな風になります。

私達オジサンの知識として、これまで何度も、仕事上の現場事務所内の複数のプリンター・パソコンなどのネットワーク構築をやってきており、LANケーブルで各々の機器を接続して、アドレスを振っていくと云う、おそらく昔ながらの知識・やり方はもう古く、通用しないのでしょうね。
こんなことで苦労したくないので、超簡単、自宅の3台のPCからは其の都度usbケーブルを差し替えて印刷します。
スマホから直接印刷は先ず、一生しないでしょうね。


ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年09月02日

シニア向け 誤嚥性肺炎にならないための「喉の筋トレ」とは

あまり長湯しないでね、とカミサンに云われ

婦人公論オリンピックが終わって、見たいとも思うTV番組もないので、いつもはシャワーだけですませていますが、久しぶりにゆったりと浴槽に横たわろうとすると、カミさんが
「あまり長湯しないでね」
「お風呂の温度は低め、38度」
「それと、この本の40ページをじっくり読んで」
と、渡されたのは、カミさんの愛読書、中高年女性向け「婦人公論」です。
湯船に浸かりながら、指定の40ページを開くと大タイトルは誤嚥性肺炎にならないため「喉の筋トレ」

巻頭は飲み込み力チェックリスト
□ 食事中にむせたり、咳き込んだりすることが増えた
□ 上を向いてゴクゴクと水を飲むとむせることがある
□ 大きめの錠剤を飲みにくく感じるようになった
□ 食後にガラガラ声になることがある
□ 以前よりも食べるのがおそくなった
□ 声がちいさいと云われるようになった

全てとはいいませんが、かなり思い当たる節があります。
特に三番目の「大きめの錠剤を飲みにくく感じるようになった」は感じる程度ではなく、実際に何錠も一緒にのんだ時、口の中に残ることもあります。
龍角散のゼリーと一緒に薬を飲む「らくらく服薬ゼリー」TVCMを見た時、そんな大げさな、小さな子どもじゃないだからと思ったことがありますが、昨年あたりから、もしかすると将来、このゼリーのお世話になるかも知れないと、思い始めています。

らくらく服薬ゼリーとは
ゼリーメーカーによると
【1】糖類、保存料、合成着色料、果汁が入っていないこと。
糖類や保存料、果汁が入っていると、薬の溶出や吸収に悪影響を及ぼす可能性があります。
カロリー制限や果汁アレルギーのある方は、特にご注意ください。
「らくらく服薬ゼリー」は、ノンシュガー、合成着色料・保存料不使用、果汁不使用です。
【2】のどに張りつかない流動性があること。
流動性が低く、粘着性・付着性が強いゼリーだとのどに張りつきやすくなり、かえって誤嚥の危険性が高まりかねません。
「らくらく服薬ゼリー」は適切な流動性があります。

まだ早い、後期高齢者とよばれるまでまだ2年ある、と思っていましたが、先日NPOセンター会議室で、昔、退職直後に入った「鎌倉ロングステイクラブ」の女性リーダーとお会いした時に、彼女のご主人が誤嚥性肺炎で急逝されたことを思い出しました。
ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアなどの白人先進国がお好きで、一ヶ月単位の個人旅行をされていた、私達アジアの安宿派からみれば、鎌倉にお住まいの優雅なお金持ちご夫婦でしたが、ご主人は自宅で食事中に喉を詰まらせて、救急車ではこばれましたが、その日に亡くなりました。
前々から、お話をしている際に、ヨダレがながれるのかハンカチをあてている姿をよく見かけはいたのですが・・・

「誤嚥性肺炎」とは
2020年4月20日、俳優の志賀廣太郎さんが71歳で亡くなりました。
死因は「誤嚥性肺炎」とされています。
誤嚥性肺炎は、食道から胃へ向かうはずの食べ物や唾液などが気道内に入ってしまうことで、引き起こされる肺炎です。高齢者や障がい者が罹りやすい病気として知られています。
高齢になると、喉の筋肉が衰えて、嚥下機能が低下します。嚥下機能とは、食べ物を飲み込む機能のことを指します。誤嚥性肺炎は、誤って気道内に嚥下してしまう症状が見られることから、この名がつきました。

厚生労働省が発表した「人口動態統計月報年計(概数)」によると、誤嚥性肺炎が原因による死亡者数は2018年で3万8,462人となっています。
70歳以上の肺炎患者の7割以上は誤嚥性肺炎であり、いかに高齢者に身近な病気であるかわかります。
誤嚥性肺炎による死亡の中心が85歳以上の男性と90歳以上の女性であることもポイントです。

誤嚥し、窒息してしまったら

ハイムリック法誤嚥した5分以内が勝負のようです
水やご飯を飲み込ませるのは却って悪化させる場合があるのでNG
上半身を前側へ、床と水平に倒し、背中を叩いて強く咳をして吐き出して下さい。
それでも出てこない場合は救急車を。
救急車がくるまでの間「ハイムリック法」という上腹部を突き上げる方法を試す。
家族が後ろから抱きかかえて行う。

これらを防止するには普段から喉を鍛えるトレーニング「のど筋トレ」をしましょう。
というのが、カミさんが私に、風呂の中で読めという訳です。
婦人公論ではのど筋トレとして
・嚥下おでこ体操
・あご持ちげ体操
呼吸筋トレとして
・ハフィング訓練
・口すぼめ呼吸
といろいろ紹介していますが、面倒くさくて先ず私はやらないだろうと、風呂から上がって、ネット検索してみました。

検索ワードは「のど筋トレ」です。
いろいろヒットしましたが、なんとかできそうなものを2つ紹介します。

水を飲む喉の筋トレによく登場するのは、大声で歌う、コーラスをやるです。
確かに肺機能もよくなり、何よりも、外出してお友達とのコミュニケーションがとれるのがいいですが、75歳を過ぎた男性がすぐに実践するのは難しでしょう。
そこで、登場し、誰でも簡単に出来る方法の一つとして、水を飲むです。
ごっくん運動でのど筋トレ
ステップ1 空嚥下をマスターする 水なしでごっくんでできるまで意識する
ステップ2 喉を上下に動かし、動かす幅を少しづづ広げていく
ステップ3 喉を上下に動かし、動かす幅を少しづづ広げていく

次にネットでヒットするのは「パタカラ体操」です。

パタカラ体操


パタカラ体操とは
「パタカラ体操」は発声しながら口を動かす、「口の体操」のことです。
「パ」「タ」「カ」「ラ」の4文字を発声するため、「パタカラ体操」と呼ばれます。
高齢になるに従い、口の筋肉や下の動きが弱まるため、飲み込む力が低下し、食べ物を誤嚥してしまうことがあります。
「誤嚥性肺炎」は、誤嚥により食べ物が気管に入り、肺が炎症になることが原因で起こります。
そこで、「パタカラ体操」を取り入れることにより、口や舌の動きが鍛えられます。
食べ物を上手く飲み込めるようになれば、誤嚥性肺炎を防ぐこともできます。

パタカラ体操のやり方は?発音するだけです。
「パ」「タ」「カ」「ラ」を、それぞれ5文字3回ずつ発音してみましょう。
「パパパパパ、タタタタタ、カカカカカ、ラララララ」を3回繰り返し発声すればOKです。
「パ」の音は、口をしっかり閉じて発音すること
「タ」の音は、舌を上あごにくっつくように発音する。
「カ」の音は、のどの奥を意識して発音する。
「ラ」の音は、舌をまるめて発音する。
このパタカラ体操は、食事前が効果的と、ネットでは書かれており、ユーチューブ動画も公開されています。

ここまで一応調べてみましたが、実際には当面はやらないだろうと思います。
確かに「パタカラ体操」は普段使っていない筋肉のトレーニングにはある一定の効果はあると思いますが、幾ら子供のいない、シニア二人だけの生活とは云え、大の大人が大きな声で「パパパパパ、タタタタタ、カカカカカ、ラララララ」はちょっと恥ずかしいよりも、辛い、惨めです。
「おれはそんな年寄ではない」
老人ホームやデーケアセンターで、幼稚園児のように、リクレーション、幼児のような遊びをさせられるのを嫌うお年寄りの気持ち、今はよく理解出来ますから。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年08月31日

昭和の時代の文房具 18年前のテプラテープの残り

テプラをしってますよね。テープライターです

手元に旧式、発売初期頃のキングジムのテプラがあります。
JISキーボード搭載の旧式のTR11です。
調べてみると1995年の製造で低価格商品で、これで一気に小規模事務所や家庭に普及し始めたのです。
しかし、この機種は単漢字変換のみで、文章変換は出来ないのですが、小さくて、安いので建設現場としては、現場経費で処理できるので大助かりでした。
その当時のテプラが2003年に退職してから18年後、今、2021年でも私の机で活躍しています。

今も使っている当時の文房具

このテプラ以外にも、退職直前までの私の机引き出しにあったものが、現存しています。
ほとんどが、文房具用品で、現場管理者の決済範囲内で購入出来るものばかりです。
しかし、一つひとつは最高級品でハサミひとつでも数千円するスグレモノ。テプラのテープを切るだけ専用のはさみ、カッターも「オルファ」の高級品です。
3月末日に退職する前に、前々から欲しかった文具類を数ヶ月かけて少しつづ、現場経費で購入してきたものが、18年経った今でも私のリタイヤライフを支えてくれています。




この当時一緒に買ったもので、18年後使えていないのは
ここには紹介していませんが、文房具類の他に、絶対必要、欲しい、現場管理者決済で購入出来るものは買っておこう、と買ったのはデジカメと(現場写真撮影用と云う名目)と記録メディアです。

まだ、一眼レフデジの時代ではなく、コンパクトデジカメ、そのなかでレンズが長く、デジなのにボケの効いた画像が撮れるSONYの名機があったのですが、私の当時の現場決済額10万円を超える金額で、諦め、経費で処理したのは当時のソニーカメラの専用のメディア「メモリーステック」のなかで一番容量の大きい64MBでした。64ギガではなく64メガです。それでも当時5,000円もしたのです。

自前で購入した、10万円を超すデジカメは、残念と云うよりもみの日進月歩の電子技術の発展スピードのなか、当然ながら18年たった今は手元にありません。
退職後後、何度も旅したミャンマーの日本語ガイドに現地でプレゼントしました。
退職後急速に進んだ、電子・ITの世界では最先端のスピード・能力のものはあっという間に、ゴミ箱行きですが、使いやすい、一級品の文房具は、何年経っても使えるものだと今更ながら感心しています。

18年経って、ついにテプラテープの在庫がなくなった。

退職する前にも各種テプラテーブを色・サイズを色々混ぜて10本ぐらい(8〜9,000円)購入(現場経費で)したと思うのですが、ついに先週終わってしまいました。
さて、どうしよう・・・NPOセンターにいけば、もっと大きく、文章変換も出来るテプラもあり、使えますが、其のためだけで行くのもみみっちくて、恥ずかしいので、ダメ元でネット検索してみました。

なんと、アマゾン・モノタロウで、TEPRA11用、白の9mmを扱っていました。
しかし、高い、アマゾンは単品833円プラス送料、モノタロウは込みで1,033円、よーく見ていくと、中古新品、外箱なしでアマゾン内のショップ「DINARY Store 」で送料無料で798円で売っていました。但し。一回の注文は2ケまででした。
DINARY Store って中国なのと調べてみましたが、そうでもないらしく、茨城県神栖市から2日で日本郵便で送ってきました。製品には問題なく、テストしてOKでした。
 
4日連続してアマゾンで買い物をしています。

一日目は、朝日新聞で紹介していました、PLUSの携帯用めくりクリーム「メクールポケツト」280円
スーパーでの買い物で、レジ袋やポリ袋を開ける時、開けにくく、コロナ禍のなか置いてある湿ったタオルに触るのはちょっとと悩んでいるご婦人の間で大流行中の、お財布や買い物バックに取り付けられる、クリップ付きのめくるクリームセットです。
カミサンの要望でお友達分を含めて5ケ注文しました。 1,500円ほど

二日目は、上記のテプラテープ 2ケ 1,600円ほど
三日目は、プリンターのインク、黒の互換インク3本、昔互換性のインクを使って、キレイな色が出ずに失敗してからと云うもの、プリンターのインクは絶対にメーカー純正品を使い続けてきましたが、最近気づいたことは、「4色プリンターでカラー印刷したことがない」ということです。
もう、写真は印刷しません。印刷するのはテキストファイルやエクセルデータのみで、グレースケール印刷だけですから、インクは黒だけ、それも互換インクで十分だと悟ったのです。3本で800円ほどと超安い・・・
しかし、やはりダメでした・・・
エプソンは反応せず、拒否してしまう・・・おまけに強引に印刷させると、インクヘッドの詰まりで大きくカスレがでてしまう。もう、このエプソンと格闘するのは時間の無駄、イライラするだけ、全て純正品にしても、ヘッド詰まりは解消するかどうか怪しいものです。
何十年もエプソンを使ってきましたが、もうキャノンの6,600のプリンターを新規に買ったほうが、速い、安い、イライラも解消すると、エプソンに見切りをつけて、再びポチしました。
テレーワークで、安い・小さい・黒文字主体のプリンターは大人気で、納期はかかりますが、待ちます。だって6,600円なんですから。

四日目は、カミサンがまたまた新聞を見ていて、これなんかどう、目に優しいし、パソコンを打つ時の姿勢も良くなりそう、買ってあげようか、というので見てみると、LEDスタンドで、価格は13,200円・・・スタンドとしては高い・・

朝日新聞土曜版「そばに置きたい」記事によると

目の疲れを感じることが増えて、歳のせいかな、メガネを買い替えたほうが良いかな思っていたが、新しく導入したLEDデスクスタンドのおかげで格段に仕事がはかどるようになった。
「文字くっきり光」モードがあり、ただ明るいだけではなく、紙面の白さが際立って、その上文字がはっきりと浮かび上がる・・・
攻略



確かに、カミサンの言う通り、今の私の机のライトは、図面をひく専用の現役時代のライトスタンドです。
大きく、自由に動き、使いやすいのですが、100Wの図面用白色ライトは、夏の季節結構、暑いのと、寿命が短いのです。
もう、この図面用のスタンドライトは何十年使っていることか・・・
たかが、手元を照らすスタンドライトに13,000円は勿体いないけど・・・
今年のコロナ禍の自主規制、外出も控え目、で毎月のお小遣いの3万円は余る一方だし、私の思い出の図面用ライトスタンド、ずっと長い間、現場の苦労をともにしてきたライトスタンド、そろそろ引退か・・・LEDの時代か

このコロナ禍、ネットマーケット・お取り寄せ・ランチ宅配などが好調だと云うのは良く分かります。だって、楽しいじゃないですか、注文したものが届く瞬間は。

ブログ管理人のホームページ団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方
  
ブログ管理人のwebサイト2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ

2021年08月29日

救急車の走る街 新型コロナで医療崩壊しつつある神奈川県

夕方のNHK首都圏ナビの報道

神奈川県内では、1日の感染確認は、8月18日まで6日連続で2000人を超えるなど、急速な感染拡大が続いています。
新型コロナの患者を受け入れる病床の使用率は、17日時点で81.6%と8割を超え、特に重症患者用は89.8%と9割近くに達しています。
※別メディアではすでに100%と報じている所もあります。

自宅療養をしている人は1万3000人を超えて最多となっていて、県は、このままでは8月24日には、確保している1790床がすべて埋まると危機感を強めています。
持病がある高齢者など、これまでは入院の必要があると判断されていた人も、場合によっては自宅での療養を求められる事態になっています。
新型コロナ以外の通常の医療にも影響が出ているということです。
県は、「もはや災害レベルで、通常の医療が崩壊しつつある」と危機感を強めています。

我が家からワンブロック行った先に消防署があります。

一方反対方向1km先には、救急搬送を断らない病院という理念を持った、湘南鎌倉総合病院があります。
ここに住んで17年、自宅前のバス通りを走り抜ける救急車のサイレンの音にはかなり慣れてきています。
しかし、ここ一ヶ月サイレンの音は鳴りっぱなしです。
ワンブロツク先の消防署からだけでなく、横浜市・藤沢市あるいはもっと離れた市からの救急車を頻繁に見かけるようになりました。

今年の春、神奈川県が設定した、新型コロナウイルス感染症に対応する医療体制「神奈川モデル」の一環として、中等症患者を受け入れる「重点医療機関」の病床数を確保するため、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、設置された臨時の仮設医療施設が、湘南鎌倉病院の隣の武田薬品研究所敷地内湘南ヘルスイノベーションパークに、180床の病棟を中国武漢の10日間で完成した武漢「火神山医院」をモデルとして建設されました。

アイパーク入口付近から遠くでプレハブ建設の姿が見えていましたが、その先は一般の車・患者・家族は近寄ることは出来ず、ネット上の画像しかありません。
病棟はプレハブで1階建て。酸素投与などが必要な「中等症」の患者を受け入れ、患者が入る部屋にはベッドやトイレ、消毒液、医療機材などがあり、運営は湘南鎌倉総合病院などを展開する医療法人の沖縄徳洲会が担います。



中国・武漢の新型コロナ報道のニュースのなかで、10日間で新病棟を建設し始めた中国のやり方を見ていて、現役時代に都立駒込病院や荏原病院の感染症対策病室のクリーンルーム・陰圧ントロールを担当した私からみると、「そんな、無理でしょう、10日間で感染症病棟をいくらプレハブとは云え建設するのは」と、みていたのですが、一つの現場に集まる、建設重機の数に驚かされました。
日本でしたら、先ずは設計・見積・公募と最低限のプロセスを経ないと、官庁物件は進まないのを、一国一政党の国(独断・独裁の国)の国ならではのやり方と冷笑を交えて見ていたのですか・・・

最近の中国のニュースを見ていると、あの武漢病棟建設から学んだかのように、プレハブエアードーム病室セットが誕生している映像をみました。
流石というか、中国はやり方は早い・・・
まるで武漢での新型コロナウイルスの蔓延を予測していたかのように・・・と云われるのも頷けます。

我が家の味方 湘南鎌倉総合病院ER

先日、カミサンの友人が自宅を訪れた時、マンション内に響く、外を走る救急車の「ピーポー」の音の多さ、頻繁さに驚いていました。

カミサンの友人は、鎌倉山の高級住宅街に住んでいるので、自宅にいながら救急車のサイレンの音を聞くことはないのでしょう。

でも、とカミサンは云います。
「救急車は走っているのだから自宅待機、療養ではなく、きっと受け入れてくれる病院があったんじゃない、このご時世ラッキーなのよ」
「確かに、私達は何時でも、何処でも、救急車は来てくれて、何処の医療機関でも受け入れてくれることが当たり前だったのね」
「去年、イタリアの病院の廊下に寝かされている医療崩壊という現実を見た時、イタリア政府は何をしているのと思ったけど・・」
「そうよね、まさか日本で、医療崩壊がおこるなんて」
「自宅療養中の妊婦さんが、何処も受け入れてくれなくて、自宅出産して新生児がなくなったなんて・・・ここは日本よ」
「横浜市長選挙で菅さん一派が負けたは・・・カジノが争点ではなくて、横浜はコロナが争点だったのよ」

ここで私に話が振られました。
「〇〇君(私はそう呼ばれています)、来週湘南鎌倉の定期検診があるでしょ」
「定期検診と云うか、4ヶ月に一度の前立腺PSA検査だけど」
「つまり、〇〇君のかかりつけ医は、湘南鎌倉総合病院よね、診察カードも持っているし」
「それが何か・・・」
「今まで、湘南鎌倉総合病院のER(救急外来)は、絶對に拒まない全国一の病院としてやってき             たけど、最近はその神話が崩れてきているそうよ」
「で、僕のPSA検査と何か関係は」
「〇〇君のような持病持ちは今どき、何処も受け入れてくれないけど、湘南鎌倉総合病院はかかりつけ医療機関だから、受け入れてくれるわよね。」
「来週、行ったら、そのことを確認してきてよ」だそうです。
「でもそれって、病院のどの窓口で聞くの?」
「まさかERへ行って、僕のかかりつけ医はここだから、何かあってもここで受け入れてくれますよね、と聞くの?」
「どこか、サービス窓口かなんかあるんじゃない?」

後日、このお話の結果をご報告します。

ブログ管理人のホームページ
団塊世代の海外ロングステイと定年後の過ごし方

  
ブログ管理人のwebサイト
2011から2019年過去のブログ
posted by 西沢 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シニアライフ