CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年12月02日

DENSO学園視察!

IMG_0624.JPG
こんにちわ^^島根はだいぶ寒くなりましたね!本日タイヤをスタッドレスに変えた三浦隆雄です!
今日は、先週の週末にあったDENSO学園視察の紹介です。

視察には、
江津市小中学校校長会のみなさまと江津高校教諭とてごねっとから2名で視察に行って来ました^^

DENSO工業学園とは、、、灰ENSOの企業内学園です。
入学者はDENSOに入社したこととなり、未来のDENSOの技術を担う技能者として教育を受けます。
そう!生徒のみなさまは灰ENSOに入社しており、給料も貰いながら学んでいるのですね!

今回は、校長先生方が来られるとの前デンソー学園校長の阿部さんにご案内頂けました。
実は阿部前学園長は奥出雲出身の島根人です!

今は、マネージャー向けの研修を担当されており、全世界を飛び回っております。
今回も前日まで中国でお仕事されていたところを駆けつけてくれました!
本当にありがとうございます。

DENSO学園の説明を阿部さまに行って頂き、その後は学園見学と隣接する工場を案内して頂きました!

写真は実習授業の見学
IMG_0631.JPG
IMG_0632.JPG
IMG_0630.JPG

驚いたのは、教える側の方々が、技能オリンピックでメダルを取った方(世界レベル)、日本大会で日本一になった方々が大勢いたことでした。また、設備も立派なものばかりでDENSOがいかに人財育成に力を入れていることがわかります。
技能オリンピックの時期でもあり、技能オリンピックに挑戦する世界中のDENSO社員の方々がおられました。

上の写真は実習での点呼の様子なのですが、もう迫力が凄かったです!ハキハキと答える生徒さんの様子にびっくりしました。
高校教諭の方も「ウチの生徒に見せてやりたい」と驚かれておりました。

この他、

教師スタッフの皆さまは日本のモノづくりを支える人財を育てる熱意を共通して持たれており、生徒の方もその熱意に応える形で切磋琢磨している姿。

環境を整えてやり、動機付けをしっかり行えばどんな子でも自然に育つという学園の姿勢。

「技能オリンピックに挑戦して、自ら試行錯誤を行うプロセスがその子にとってデンソーにとって宝となる。」
という阿部さんの言葉など感動の連続でした。


工場見学では、時代のニーズにあわせながら、
常に改善を重ねて生産性を上げ続ける仕組みの数々に、視察メンバーは驚くばかりでした。

見学が終了した後は、質疑応答を行い視察終了となりました。

視察メンバーと阿部さま
IMG_0635.JPG

個人的には、
環境を整えて、動機付けを行えば子ども達は育つという素晴らしい基本を見れたと思っています。
てごねっとスタッフとしても、子ども達のために、少しでも「やりたいことに挑戦できる」環境作りに貢献できればと思う視察となりました。

posted by てごねっと石見 at 15:31| Comment(0) | キャリア教育
この記事へのコメント
コメントを書く