CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月13日

殿田の史蹟巡りツアー

かおだしたとき:2020年12月13日(日)午後1時〜3時30分
かおだしたさき:日吉町殿田区

殿田区の有志住民で組織する「殿田の歴史を考える会」が、地域の歴史と思い出をまとめた冊子『私たちのふるさと殿田』を10月1日に発行されました。それを記念し、冊子に書かれた史蹟を巡るツアーを開催されました。このツアーに、まち探検大好きな3歳の息子と一緒にかおだししました。

ツアーの参加者は49人で、そのほとんどが殿田の住民でしたが、なかには村外に住む出身者やお孫さんも来られていたようです。

殿田巡り1.jpg

ツアーはたいへんボリュームのある内容(下記の行程)で、歩行時間でいうと約2時間半。ガイド役は、同会メンバーで企画発案者の吉田正彦さんがされました。

  [ツアー行程]
   開会式
   ↓
   @殿田大火のいくん石
   A日吉神社 登り口
   B住宅街
   C胡麻川河川敷
   D水天宮
   E曹源寺
   F殿田城・行者山の入口
   G勝貫隧道
   H大西堰
   I殿田とーくほーる
   J丹波猿楽・梅若家跡 登り口
   K天神宮
   L大火で焼け残った木
   ↓
   閉会式
殿田巡り2.jpg

参加する前は、歴史好きのおじちゃんたちがだけが楽しんで、おばちゃんや子どもたちは退屈かもしれないと思っていたのですが、私の予想に反し、おばちゃん・子どもたちも楽しそう!

うちの息子と手を繋いで歩いてくれたおばちゃんたちに感想を聞きました。
「(河川敷からのまち並みを見て)ええとこやね。はじめて見た景色やわ」「ここの桜が咲いたら、お花見したいな」「長年殿田に住んでいたけど、この道ははじめて」「コロナで何もない年やったけど、こうやって歩きながらみんなのおしゃべりができて楽しいわ」などと言いながらニコニコ笑顔です。おばちゃん同士の会話も弾んでられました。

おじちゃんたちは、若者や子どもに「昔、ここにパチンコ屋があったんよ」「ここで
サワガニいっぱい捕れるぞ」「軒先に土壁がしてあるんは、防火対策なんよ」「なんでここに道が付いているか、知ってるか」などと、自慢げに話されていて楽しそう。

殿田巡り3.jpg

閉会後もまだ歩き足りない参加者がいて、有志を募り山に登っていかれました。

ちなみにうちの息子は最後まで自分の足で歩ききり、殿田のまち探検がとても楽しかったようで、閉会式の時に「もう終わりなん?」と言って名残惜しそうにしていました。

今回のまち歩きテーマは「殿田の史蹟」でしたが、どんなテーマであっても住民たちでまち歩きをすること自体に、楽しい会話を生む効果があるのだと思いました。
(記事:田畑)
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市日吉町

2020年11月28日

るり色マルシェ

かおだしたとき:2020年11月28日(土)お昼前
かおだしたさき:るり色マルシェ あかまつの丘西本梅(旧西本梅小学校)

るり色マルシェ2020_2.jpg
旧西本梅小学校で開催された「るり色マルシェ」にかおだししてきました。
昨年度から始まり今回で4回目となるこのイベントは、地元住民でつくる実行委員会が主催しています。

コロナ禍での開催であり、参加者の感染予防を重視しながら、それでも地域を楽しくしようと頑張っておられるみなさんの姿がとても印象的でした。

るり色マルシェ2020_3.jpg
校舎の裏庭をメイン会場として、さまざまなものづくりや飲食の出店があり、僕はまずたこ焼きをいただきました。
年配ご夫婦のたこ焼き屋さんは、このるり色マルシェと天引のむくむく市にしか出店していないそうで、「わしゃ素人やから素人やから」といいながら、まるっこくておいしいたこ焼きを食べさせてくれました。奥様といっしょにこういう出店を楽しんでおられる感じが微笑ましい。

るり色マルシェ2020_1.jpg
ものづくりの出店者も地域のアマチュアとプロが混ざって出店しておられる感じで、ほのぼの。
突然、突風が吹き、テントがひっくり返ったり、並べてあった商品があちこちにちらばったりしたが、その片づけを、僕も含めその場でいたみんなでやりました。紐をもらってきて、テントの固定もやりました。
もはや誰が出店者で、誰がお客なのかよくわからなくなる混沌状態。
その場にいる人たちが、みんな参加者で、売り手も買い手も分け隔てなく、仲間としていっしょに助け合い、その場を楽しむ。
地域のイベントはこういう状態が心地よいです。
(記事:高橋)

<るり色マルシェ>
Facebookページ https://www.facebook.com/ruriiro.marche/
  
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市園部町

2020年11月16日

殿田小児童が企画したごみ拾い

かおだしたとき:2020年11月16日(月)午後1時30分〜3時
かおだしたさき:殿田小学校(日吉町)

殿田小学校の児童の企画で開催された河川清掃会(ごみ拾い)に、かおだししてきました。

児童の呼びかけで参加したおっちゃん・おばちゃん6人と児童たちの一団で、田原川と胡麻川が合流する殿小前からスタートし、下流に移動しながら殿田中学校前までの川ごみを拾い集めました。1時間ほどで各自持ちきれないほどの量になりました。

125769980_1893482770790794_3670247335942253356_o.jpg

ごみ拾いのあと、小学校に戻って集めたごみを仕分けしました。仕分けの結果、塩ビ波板、マルチ、ビニール袋、缶、ペットボトルなどの固まりができました。

ふりかえり学習として、児童2人と大人1人の固まりで小グループを作り、「どういう経過で生まれたごみなのか」「どうすれば減らすことができるのか」の2テーマで15分ほどの話し合いをしました。
僕が混じったグループの中で特に印象的だった話は、缶ごみについてです。
缶ごみを細かく分けて見ると、コーヒーと酒類がほとんどで、あとはココアが2本、ジュースが1本、お茶が1本でした。それを見た児童は、「子どもが捨てたごみじゃない。たぶん大人で、男だ」と言いました。
大人で男の私は、とても恥ずかしい気持ちになりました。
大人が捨てたごみを子どもに拾わせるようなことをさせない、そんな社会にしなければと痛く心に刻む日になりました。

後日、児童の帰宅時間に殿田小学校近くの道で信号待ちをしていると、私がいることに気づいた男子児童が大きな声で「この前の人や!みんなも知っているやろ」と叫び、その声で私の存在に気づいた他の児童たちも足を止めて「ありがとうございました」と礼をしてくれました。
いやいや、こちらこそ、大人が捨てたごみを拾ってくれてありがとう。
(記事:田畑)
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市日吉町

2020年09月25日

南丹警察署かかしづくり

かおだしたとき:2020年9月25日(金)13時30分〜17時
かおだしたさき:南丹警察署(園部町)

かかし作り2020_1.png
南丹警察署で行われた、「交通安全のためのかかしづくり」にカオダシしました。
これは、南丹市警察署が南丹船井地域交通安全活動推進委員協議会の方々といっしょに、交通安全の啓発のためのかかしを作るという会でした。
今回は特に、日吉町と美山町をつなぐ府道19号線の交通事故を防ぐため、沿道にかかしを設置して、ドライバーやライダーに速度を落とす啓発をしようという試みです。

かかし作り2020_2.png
この日は、竹やペットボトル、古着を持ち寄って、みんなでせっせとかかしを作り、13体のかかしが完成しました。そこに、反射板シールをたくさん貼りつけ、夜間でも、ヘッドライトなどの光を反射して目立つように工夫しています。

南丹警察署の職員さんと、交通安全推進委員8名が参加された、このかかしづくりの会に、テダスの職員も招かれ、高橋と田畑がいっしょにかかしづくりに参加しました。
お声掛けいただいた背景には、別件のつながりがあります。
現在、南丹警察署とテダスで、横断歩道ストップ啓発活動を始めています。信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしている時、車やバイクは止まることが交通ルールですが、その停止率は日本全体で非常に低く、交通事故の原因にもなっています。この停止率を上げ、南丹市が全国一位になって、日本一安全なまちにしようという狙いで、「横断歩道どうやったら止まってくれるかな調査隊」を、南丹警察署の交通安全課とテダスで結成し、つい先日活動をスタートさせたところです。こういうつながりを通じて、今回のような場にもカオダス機会をいただき、たいへんありがたいです。まちがどんどん良くなりますように。
(記事:高橋)
posted by テダス at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市広域

2020年09月16日

セミナー WITHコロナ時代の「資金獲得」教えます!

かおだしたとき:2019年9月16日(日)14時〜16時00分
かおだしたさき:南丹広域振興局

くちセミナー資金獲得を教えます.png
南丹広域振興局が主催されたセミナー「WITHコロナ時代の『資金獲得』教えます!」にかおだししてきました。
まちづくりデザインセンターで市民団体の相談業務をしていると、資金獲得に関する相談が多くあります。資金獲得について体系的に学ぶよい機会だと思いこのセミナーに参加しました。コロナ時代に特化したというキーワードにも興味がありました。

セミナーには10数人の方が参加され、中小企業診断士の方が講師を務められました。
ビジネスシーンでよく使われるワークシート「ビジネスモデルキャンバス」を使って、活動のターゲットや価値を再整理していくというワークなどをしました。参加された方と雑談していると「あまり触れることのないビジネスの世界の考え方にも触れられ、よい機会だった」とおっしゃっていました。

セミナーの前後では、参加者同士でお話されているシーンをよく見かけました。
こういったセミナーなどで何度も顔を合わせることで、知り合いになることが多いのではないかと思います。セミナーそのものの学びはもちろんのこと、そこからつながる人間関係やその場で行われる会話から、アイディアが生まれ活動が広がっていくんだなぁと感じました。これまで、セミナーのテーマや内容だけで参加する/しないの判断をしていましたが、もう少しフットワーク軽くてもなってもよいなと、発見がありました。

とはいえ、僕は参加者の半数近くと顔見知りで、「最近こんな活動に発展しています」「相談していた助成金が採択されました」とうれしい報告を聞けました。
社会ではコロナコロナと言われていますが、そんなことを気にさせないぐらい活発に活動されている様子を知り、こういった話をしてもらえるのもいろんなところに足を運ぶからだなと改めて感じました。

もっともっといろんなところにかおだしし、いろんな人とお話ししていこうと感じた一日でした。
(記事:田中)
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市外