CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年07月17日

西本梅 農林業を考える会(第7回)

かおだしたとき:2021年7月17日(土)
かおだしたさき:あかまつの丘 西本梅(旧西本梅小学校)

第7回西本梅農林業を考える会.jpg

「第7回 西本梅 農林業を考える会」にかおだししてきました。

西本梅地域振興会は昨年10月から農業の未来を考える座談会を不定期で開き、専業農家や兼業農家、有機栽培農家など多様な方々が一緒に意見を深め合ってきました。

これまでの話し合いで「販路開拓について学びたい」という意見が多く出ていたことを受け、7回目となる今回は、兵庫県丹波市春日町で家族経営する専業農家「婦木農場」でマーケティングを担当している渡邊真司さんが講師に招かれました。出席者は西本梅地域の農家を中心に20人で、婦木農場でされている戦略について学ばれました。

渡邊さんの話は、「米が儲からないのは、売れないものを作っている場合と、売っていない場合がある」という問題定義から始まり、米を売る秘訣を「消費者のニーズを知る」「美味しい米を売る」「消費者に美味しいと思ってもらう」「消費者と顔見知りになる」の4点にしぼって解説されました。
渡邊さんは「今、無農薬米や玄米のニーズが高い」「精米後2週間以内が美味い。だから精米2週間以内の米を売る」「食べてくれたら美味さが分かるという言い分では買ってもらえない。美味しいと思ってもらえる写真やメッセージ、説明が大切」などと迫力ある講演をされ、出席者たちはメモを取りながら聞き入っていました。

出席者たちの関心を最も集めたのは、「農家は地域を出てはいけない」という言葉でした。「農家はただでも忙しい。売りに行くことよりも、良いものを作ることに集中してほしい。それに、地域外に売りに出るとコストが合わなくなってしまう」ということで、婦木農場では「(農場に)来てもらい顔見知りになることで、定期購入してくれるファンを少しずつ増やす」という戦略を立て、そのために第1・第3日曜日に農家レストランと農場見学を楽しめる「オープンファームデー」を行い成功されています。
出席者から「どうすれば来てもらえるのか」という質問に対し、渡邊さんは「特別なことをすればしんどくなり長続きしない。普段の農作業をそのまま手伝ってもらったり、ふだん農家が食べているものをそのまま出したりするのがよい」と答えていました。

今回の講演は、私にとっても刺激的な内容でした。
農業について地域の方々と話をする時、オンライン販売やブランド化、六次産業化などの話題になることが多いのですが、渡邊さんの講演を聞き、難しく考えて二の足を踏むぐらいなら「顔見知りに売る」「顔見知りを増やす」ぐらいのシンプルな思考で動き出し、顔見知りの人たちの反応を見ながら自分に合ったやり方を少しずつ固めていくのが良いと思いました。
(記事:田畑)

<丹波 婦木農場>
https://fukifarm.com/
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市園部町

2021年06月26日

めえめえマーケットやぎかよ!!

かおだしたとき:2021年6月26日(土)
かおだしたさき:八木駅前商店街周辺

めいめい1.jpg

「めえめえマーケットやぎかよ!!」にかおだししてきました。
以前から空き地を利用して開催されていた「南丹やぎの青空市」を地域全体に拡大する感じで、8か月前からスタートしたこのイベントは、毎月第4土曜日に開催されています。

商店街の活性化を目的に開催されていますが、中心となっている「青空市」だけでも10店舗ぐらいがテントやキッチンカーで出店されており、おなか一杯になります。また、地域の方々があちこちで会話されていて、つどつど参加していると、通り抜けるだけでもかなりの時間を要しました。

めいめい2.jpg

めいめい3.jpg

商店街の中を歩くと、NPOや店舗があちこちで当企画に参加されており、あっちもこっちもカオダシしているとにっちもさっちもいかなくなります。
カフェや駄菓子、アクセサリのワークショップ、似顔絵、工芸品の展示会など、1日中お祭り気分で過ごせます。

この取り組みは、地元の住民や移住者、ちょっと外部の方々がうまく連携して実行委員会を作って実施されており、定期的に開催することで少しずつ参加店舗が広がっている様子です。それぞれの店舗でお話を伺うと、それぞれに地域や商店街への想いを語られたり、子ども達に残したいものを真剣に考えておられたりして、楽しい中にも真剣さが漂っていました。

しかし、とにかく現場の雰囲気がよかったです。知ってる人とも初対面の人ともなんだか気楽に会話が始められる。そんな空気が流れていました。
もっともっと広がっていくことを期待したいと思います。

<めえめえマーケットやぎかよ!!>
Facebookページ
https://www.facebook.com/%E3%82%81%E3%81%87%E3%82%81%E3%81%87%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%84%E3%81%8E%E3%81%8B%E3%82%88%E3%81%A3-101554671829437

(記事:高橋)
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市八木町

2021年05月02日

パッションフルーツの苗木配布(川辺地域)

かおだしたとき:2021年5月2日(日)11時〜11時30分
かおだしたさき:おいで〜なかわべ(旧川辺小学校)

川辺振興会が地域住民向けにされた「パッションフルーツの苗木配布」にかおだししました。

パッションフルーツ1.jpg
【無料配布されてパッションフルーツの苗木】

川辺振興会は、南丹市の新しい名産を生み出すため、昨年10月からカンポリサイクルプラザの跡地(園部町高屋)にあるビニールハウスで、パッションフルーツの苗を育ててきました。約700本の苗木ができ、それを地域住民に無料配布して普及しようと試みられています。
苗木の配布は5月1日から3日までの3日間行われました。

パッションフルーツ2.jpg
【パッションフルーツジュース】

受け渡し所となったおいでーなかわべ(旧川辺小学校)では、パッションフルーツの活用方法を紹介するため、果肉を使ったジュースや、葉っぱを使ったお茶の振る舞いも行われました。お茶は正直ちょっと私の口に合いませんでしたが、ジュースはほどよい酸味で美味しかったです。

私も苗木を分けていただいたので、プランターで育てはじめました。
パッションフルーツが南丹市の新名産になるかは未知数ですが、川辺地域の新たな挑戦を応援するため、頑張って育てていきます。
(記事:田畑)

≪パッションフルーツ≫
パッションフルーツは、アメリカ大陸の亜熱帯地域を原産とするつる性の多年草で、時計の文字盤を思わせる白色のかわいい花を咲かせることから、観賞用やグリーンカーテンとしても用いられます。果実はタネを含む半透明のゼリー状で甘酸っぱく、タネまで食べられます。
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市園部町

2021年05月01日

アートスペース543―芸術の交流空間―

かおだしたとき:2021年5月1日(土)13時30〜14時
かおだしたさき:森の学舎五ヶ荘(旧五ヶ荘小学校)

森の学舎五ヶ荘(旧五ヶ荘小学校)のアートスペース543―芸術の交流空間―で開催中の写真展にかおだししてきました。

五ヶ荘アートスペース543.jpg

南丹市内には現在11カ所閉校した学校があります。その利活用が始まって5年ほどが経ち、ちょっとずつ各校の活用方法に特色を感じられるようになりました。
森の学舎五ヶ荘では、レンタルBOXを使った作品ギャラリーや、放課後美術クラブ、映画を語る会、ギター教室、イルミネーション、黒板アートなど、表現活動が活発に行われています。
今回かおだしした「アートスペース543」は理科室跡を使った画廊で、今4月にスタートしました。展示を希望すれば、絵画や写真、タペストリーなどジャンルを問わず1ヵ月間無料で展示させてもらえます。

現在、5月1日〜30日の会期で開かれているのは、胡麻在住の井筒一博さんとサイモン・マーラーさんによる写真展です。和紙に印刷された写真作品があり、被写体の動きやにおいを感じさせる素敵な作品でした。

五ヶ荘アートスペースが、1ヵ月も無料でお借りできることに正直驚いています。
無料ならチャレンジしやすいですね。私も五ヶ荘の木造校舎の雰囲気に合った写真を撮りためて、いずれ写真展を開きたと思います。
(記事:田畑)
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市日吉町

2021年03月06日

殿田の大火の資料展示&切り絵ワークショップ

かおだしたとき:2021年3月6日(土)11時〜12時
かおだしたさき:日吉町殿田区 日吉殿田交流センター殿田とーくほーる

日吉町の殿田とーくほーるで3月6・7両日に開かれた「殿田の大火の資料展示&切り絵ワークショップ」(殿田の歴史を考える会の主催)にカオダシしました。

大火の写真展1.jpg
【大火直後の日吉橋付近(昭和16年)】

殿田の大火は昭和16年(今から80年前)、山陰線の蒸気機関車のばい煙がかやぶき屋根に燃え移ったことで発生し、100戸を越える民家などが全焼する大火災でした。大火を教訓として、殿田では「家屋を建築する際は、隣家に面する側は防火設備をする」という条件が付き、外壁の両側に“袖壁”を付けることや、屋根の軒に土を塗り込むこと、隣の家屋から二尺(約60センチ)離して建てること、数軒おきに田原川へ避難できて消防車も通れる道を付けることが義務づけられました。そうした防火の工夫の数々は、今の殿田でも見られます。

殿田の大火2.jpg
【切り絵ワークコーナを囲むように設けられた展示パネル】

大火で得た教訓を後世に伝えていくために展示会が企画され、会場では大火当時の白黒写真や体験者からの聞き取り資料、防火の工夫に関する資料などが紹介されていました。また、歴史に興味のない人にも殿田の大火とその教訓を伝える工夫として、切り絵ワークショップが行われました。

年配の人たちが村の歴史を伝えていきたいと願って何かを企画しても、若者がそれに魅力や価値を感じないということはよくあると思います。今回の歴史展示と切り絵ワークショップのコラボは、主催者である年配の方々にとってチャレンジでした。結果としては、切り絵目当てで子どもやその親が会場を訪れ、ねらい通りの成果が得られたのではないかと思います。
(記事:田畑)
タグ:殿田の大火
posted by テダス at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南丹市日吉町