CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

チーム青パトさんの画像
チーム青パト
プロフィール
ブログ
検索
検索語句
リンク
最新記事
月別アーカイブ
NPO法人天瀬防犯協力会 [2011年07月29日(Fri)]
今回も富山県の団体を紹介します太陽

富山市の東、常願寺川のほとりに位置する水橋西部小学校区で活動していらっしゃる、
NPO法人天瀬(あませ)防犯協力会さまです。



かつて町の中心を流れていた海士ヶ瀬(あまがせ)川から、この地域を天瀬と呼ぶそうです。
西部小学校歌にも「♫天瀬の川のよどみなく♫〜」と歌われています。


もともと滑水(滑川・水橋)防犯という組織はあったそうですが、あの池田小の事件後、PTA、民生委員、長寿会、体育協会、婦人会、自治振興会が協力して、わずか2週間で立ち上げられた団体さまです。

平成21年にはNPO法人となり、
富山県警察から推薦を受けてカギかけ呼びかけ活動を続けていらっしゃいます。

今回、JR水橋駅前で朝行われる活動にお邪魔させていただきました。



通勤される方や水橋高校の生徒さんに声をかけながら、チラシやステッカー、
団体自前のティッシュなどを配布しました。



所轄の警察官も2名応援に来てくださいました〓



また、天瀬防犯協力会さまは天瀬ふるさと塾を開催し、地区のこどもたちに郷土の歴史や文化を知ってもらおうと、定期的に講座を開いていらっしゃいますびっくり

今後は自治振興会や体育協会とも、青パトを貸し出すなどの連携を考えているそうです。


いまの悩みは

ひとつは青パトに地方税がかかること
警察に代わってパトロールしているのだから、その辺どうにかならないものでしょうかはてな

もう一つは会員の高齢化
なかなか現役世代は難しいでしょうが、定年後時間のある方は多いはず。そういう方々をパトロールに取り込むにはどうすればよいかはてな

何か良い解決策をお持ちの方は、コメントでぜひお知らせください!



                      コメントは右下のココをクリックしてくださいね!
                                           ↓
NPO法人射水おやじの会 [2011年07月21日(Thu)]

東京では今日から夏休み
青パトの下校時見回り活動も一段落ですね。

けれど、夏祭り花火などで夜の外出が増える時季。
皆さんの活動が地域の防犯には欠かせません。
熱中症には気を付けて、今夜もパトロールよろしくお願いいたします。


さて、本日ご紹介するのは、富山県射水(いみず)市で活動されている
NPO法人射水おやじの会さまです。



全国でも最も早く青パトの運行を始めた団体さまで、当時は富山県警察が青パト運行許可に関する十分な知識を持っていなかったことから、直接警察庁の認可を受けて活動を開始されました。

子どもを持つ「おやじ」として地域の子どもに関する活動に積極的に参加する他、全国の「おやじの会」の幹事団体を務めるなどして、おやじの会のネットワークを使って青パト活動の重要性を全国に発信していらっしゃいますびっくり


射水おやじの会さまが活動を始めたことにより、地域の各小学校での自主的な見守り活動が盛んになってきたそうで、現在は夜のパトロールに比重を置いているそうです。





また、「地域の子どもは我々の子ども」という思いで、公共マナーを子どもたちに学ばせるなど、家庭教育アドヴァイザーとの共同事業などもされています。


今後は子育て支援、DV防止活動、お年寄りの見守りなどを考えていらっしゃるそうなので、ますますの活動の拡がりご期待申し上げます鐘


鴫野子供見守り隊 [2011年07月06日(Wed)]
7月に入り、関東は節電のせいもあり暑さがこたえます。皆様お元気でしょうか?

今回紹介させていただくのは、大阪市城東区にある
鴫野(しぎの)子供見守り隊さまです。

大阪環状線の京橋駅南口を出て、7〜8分のところに
鴫野子供見守り隊さまの活動拠点、鴫野会館があります。



平成17年、あの池田小の事件がきっかけで鴫野連合町会が立ち上げたのが
この鴫野子供見守り隊。
平成20年12月から青パトの活動をしていらっしゃいます。

今回は日曜日にもかかわらず、快くお話を聞かせてくださいました。



昨年日本財団の車が導入されたことにより、城東区16連合で唯一の専用車となりました。そのことで、
大阪府警察から「子どもを安全に守るモデル地区」に選ばれたそうですびっくりびっくり

そのおかげで、城東警察署や大阪市建設局東工営所と連携し、
スクールゾーンの設置や信号機の増設など、子どもたちの登下校の安全を確保する道路や交通の見直しの話も進められています。

それまでは18人だった講習受講者も、今は45人に増えたそうで、
乗車する皆さんもパトカーに乗る感覚だそうです。電球
何より毎日巡回することで、子どもたちに安心感を与えています。

また警察の要請隣の連合町会の見回りをしたり、
スピーカーを活用して広報活動を手伝ったりもしているそうです。

今後は、地域のお年寄りを見守る活動や、大阪の今後のまちづくり10年プランにも関わっていく予定だそうです。

駐車場に屋根を作る計画も進めていて、皆さんの青パトを大切にする気持ちがとても伝わってきました。


これからも地域の顔としての青パトの活動を、日本財団は応援していきます。太陽