CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

チーム青パトさんの画像
チーム青パト
プロフィール
ブログ
検索
検索語句
リンク
最新記事
月別アーカイブ
丸亀市防犯協会 [2010年08月31日(Tue)]
今回ご紹介するのは、香川県丸亀市でご活躍されている、
丸亀市防犯協会さまです。

今回、活動報告をいただきましたので、掲載させていただきます。



城北パトロール隊、青パト 児童の一斉下校パトロール

平成22年4月14日、丸亀市立城北小学校校庭で、地域の防犯活動などを努める城北防犯パトロール隊と城北小学校児童との対面式がありました。4月新年度を迎え、真新しいランドセルを背負った新1年生が入学し、登下校班も新しくなったため、児童の安全を見守るパトロール隊との対面を行ったもので、当日は同校児童約377名とパトロール隊や丸亀警察署員、保護者など関係者約100名が参加しました。また、日本財団の助成を受けた青パトなど、青パト3台、パトカー3台、白バイ1台も参加し、子供たちの一斉下校をパトロールしました。



丸亀市では、現在セーフティトライアングルとして
「地域」「警察」「行政」が三位一体となって安全安心のまちづくり
を行っています。この下校時のパトロールなど、見せる防犯を意識し、努めて声かけなどを行い、地域が一体となって犯罪防止に努めています。
そのセーフティトライアングルの一翼をになっているのが、日本財団から助成を受けて導入した青パトです。平成21年4月21日に丸亀競艇が、まるがめブルーナイターとしてすべてのレースをナイター開催するようになって、安全安心な町づくりのために、青パトを利用したボランティアによる防犯活動が始まりました。レース開催日には、昼と夜の2回、周辺をパトロールするとともに、小学校児童の下校時にも安全パトロールを実施しています。パトロールには丸亀競艇自主警備員と地元自治会ボランティアがペアになって行っています。夏場には不審者対策や未成年者の非行防止に役立ち、またごみの不法投棄なども目に見えて減ってきました。
青パトによるパトロールが始まり、約1年が経過した現在、地元自治会のボランティアメンバーも少しずつ増え、地域の安全のため、なくてはならないものとなりました。

これからも丸亀市の未来を担う子供たちのためにも、安全で安心して住めるまちづくりの推進をお願いします。
大井町防犯地域パトロール隊 [2010年08月26日(Thu)]
今回ご紹介するのは岐阜県恵那市大井町で活動されている
大井町地域防犯パトロール隊さまです。



先日、青色パトロールの取材で、岐阜県恵那市にお邪魔させていただき、
大井町地域防犯パトロール隊さまとまちづくり山岡さまの2つの団体の取材をさせていただきました。



初めて恵那市大井町を訪れたのですが、市役所の窓からダムが見えたことがとても印象的で、ダムの見える市街地としては国内でもここだけとか。また、恵那駅からも近く、市外から通学してくる生徒も多く、お昼前後の駅前は夏休みでも学生たちで賑わってました。

このような地域にある大井町地域防犯パトロール隊に2010年2月、
青パトの助成をさせていただき、半年が過ぎました。

現在では2台の青パトで2つの小学校の校区を週に2回程度巡回しています。



下校時のパトロールでは、小・中学校とPTA、自治会を中心にその他さまざまな団体が、
夜間パトロールでも恵那市議会議員、少年補導員協議会、商店街など多くの団体が協力してパトロールを実施しています。
それ以外にも、犬の散歩時、リードにパトロールの表示をつけて行う「わんわんパトロール」なども実施されています。

パトロール中もスピーカーからパトロールの音楽を流して実施し、小学生からお年寄りまで青い光とパトロールの音楽で、目と耳でパトロールをしていることを知らしめています。
以前はカセットテープで作成しましたが、テープがすぐに伸びてしまい、すぐに作り直しをしなくてはならいという状況でしたが、今回はSDカード方式にしたのでとても快適だそうです。

大井町防犯パトロール隊さまの活動は地域にとても影響が大きく、パトマップを作成をして車の多い箇所や人気の少なく危険な箇所なども地図にして、一目瞭然な形にしていたり、以前から公園などの樹木が生い茂り、公園内の状況が把握しにくいという声があったものの、なかなか改善することができずにいましたが、危険度診断などをして行政とともに整備するなどの活動もしてきました。


このような活動が認められ、2008年10月には総理官邸において
安心・安全まちづくり関係功労賞の内閣総理大臣賞を受賞しました。



これからも更なるご活躍を祈念しています。
2010年度助成先一覧の追加(改正版) [2010年08月18日(Wed)]
おかげさまで、2010年度の青パトの助成の申請もますます増えてきています。

2010年7月19日付のブログで、6台の青パトの助成の追加をご紹介させていただきましたが、諸事情の関係で、5台に修正させていただき、すでに助成させていただいてる14台と合わせて合計19台と修正します。


皆様のご協力に感謝するとともに、これからのご活躍を応援しております。
ありがとうございます。

2010年度の追加助成先一覧(5団体)はこちら

@ 天瀬防犯協力会
A ふくろう
B 佐古あいじつ・パトロール協議会
C 河内長野市南花台防犯協力隊
D 魚津市西部地域振興協議会




2010年度の青パトの申請もまだ受け付けておりますが、最終締切日
9月20日(月)(消印有効)
としましたので、ここでをお知らせします。
青パトの助成を思案中の団体様は、お気をつけてください。



◆総事業費:1,650,000円以上 助成金額(上限):1,300,000円 
対象経費任意保険加入費、ガソリン代

[内訳]
1.青色回転灯装備の新車の購入代金
2.日本財団指定の車両塗装経費(約20万円:メーカー、車種により変動) ※指定デザインはこちら
3.1.2.購入後、助成金に余剰がある場合は防犯グッズ等の購入に利用可

◆提出物
1. 助成金申請書

2. 青パト運行証明書(写し)  
  ※「申請証明書」ではなく、県警本部長などから申請団体名で受けたもの

3. 証明書申請時に提出した書類(写し)
  ※自動車検査証の使用者もしくは所有者に団体名が記載されているもの

4. 会則または定款、寄附行為
  ※防犯活動が業務に記されていること

提出物は必須です。以上のものがないと、審査が行えませんのでご注意ください。


◆申請受付期間:
2010年4月12日(月)〜9月20日(月)消印有効


詳しくは、当財団公式サイトよりご覧ください ⇒ こちらから
NPO法人ロックス [2010年08月11日(Wed)]
今回ご紹介させていただく団体は、NPO法人ロックス様です。
このロックス様は、大阪市平野区長吉地区の美化活動と緑化活動を中心に活動されていて、この美化活動や緑化活動と平行して地域防犯や交通安全としての活動もしている団体です。



この団体は近畿道に近いところにあり、その高架下に毎週のようにゴミが溜まるので、その清掃活動とゴミ捨てがされないようにと緑化活動をはじめたのがきっかけであり、また、ひったくリなどの事件も起きていた地域でもあったので、防犯・交通安全活動も同時に実施するようになりました。

ただ、青パトの運行については、青パト講習会の受講者が4〜5名と少なくまた全員が仕事をしているので、活動日が土日に限られてしまうというのが現状で、これからもっと活発な活動をしなければと常々考えています。

しかし、ロックス様の青パトでの防犯・交通安全活動を開始したことがきっかけで、近隣の地域の防犯意識を高めることができ、隣町の町会では自警団をつくり他の団体ではありますが青パトの助成を受けて活動したりと近隣への影響力が大きかったようです。
それ以外にも、あちらこちらで防犯活動や交通安全活動も見られ始めてきました。

現在は、小学生の下校時に交通安全活動をされている方々に青パトの貸し出しも申し入れていますが、青パト講習会を受講していないので、今後は連携を取り合って受講していただいて、青パトを貸し出していこうと考えています。



これからも青パト防犯活動や清掃活動、緑化活動…頑張ってください。
芭蕉散歩道 [2010年08月04日(Wed)]
今回ご紹介するのは、栃木県大田原市で活躍されている芭蕉の散歩道さまです。



この芭蕉の散歩道さまの活動されている地域は、創立当初はまだ黒羽町で、平成17年(2005年)に湯津上村とともに大田原市と合併した町です。

この黒羽町は、団体名にもあるように松尾芭蕉との関わりが深く、奥の細道の旅中に唯一2週間滞在し数々の句を残した地であり「芭蕉の里」とも呼ばれている町です。

芭蕉の散歩道さまは平成17年度から自主防犯活動ということで青パト活動を開始し、今では県内で地域安全安心ステーションのモデル事業として活動されている団体で、日本財団から昨年の6月に青パトを助成させていただきました。

活動範囲は旧黒羽町ということで、かなりの広範囲であり東隣は茨城県、地域には山間部もあり、車両なしでは町内のパトロールはできない地域です。

活動はほぼ毎日で、おもに下校時の1時間〜1時間半のパトロールと町内の花火大会や夏祭りなどの行事などで地域巡回をしています。

また、黒羽町は鮎釣りで有名な那珂川もあり、シーズンになると釣り人でとても賑わう反面、車上荒らしなどの犯罪も多く、今では漁業組合の方々にも青パト講習会を受講していただき、駐車場のパトロールを実施していただいています。
その成果があってか、最近では車上あらしの件数も減少しているとのこと。



青パト受講者についても、開始当初は5名でしたが、現在は36名と人数も増え、上述したように漁業組合の方々や小学校のPTAの方々、それ以外にも小学校の先生方にも青パト講習会を受講していただいています。

現在では開始当初からの車両、大田原市から贈呈された車両、日本財団から助成させていただいた車両の3台を小学校の校区単位で運行し、交通安全や防犯活動を行っています。



現在の会員数は18名で賛助会員が30名、若い世代の方々もいて、これからますます活動される団体であります。今後の芭蕉の散歩道さまのご活躍に期待しております。