CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

チーム青パトさんの画像
チーム青パト
プロフィール
ブログ
検索
検索語句
リンク
最新記事
月別アーカイブ
小坪交番連絡協議会 [2010年07月22日(Thu)]
神奈川県逗子市小坪地区の防犯活動を行っているのが
小坪交番協議会様です。

この小坪地区逗子マリーナや海水浴場があり、夏場はとても賑わう場所でもあり、
名越切通し
など歴史的にも有名なスポットがある地域です。またこの小坪地区は海岸線に位置しますが一歩入ると丘陵地帯であり、昭和30年代にはその丘陵地帯を切り開き住宅地帯とした地域でもあり、とても坂道が多く、その中でも急な坂道があちらこちらに点在しています。



この小坪地区の安全のために日夜活動しているのが
小坪交番協議会様
で、昭和50年代から防犯活動を実施するとても歴史のある団体で、地域からの信頼も厚く地元に根差した活動をしています。

逗子市は全国でも高齢者の割合が高く、小坪地区はその中でも特に高齢化が顕著である地域で、防犯活動がとても必要かつ重要であると感じている方々が多い地区です。
そのような状況の中、小坪交番協議会様は平成18年から自家用車を利用して青色パトロールを開始しました。そして昨年度10月に日本財団が青パト車を1台助成させていただき、現在では総勢2台で小坪市区のパトロールを実施しています。

現在の青パトの活動状況は、運行者(現在30名)の予定に合わせて日時を決めているので不定期ではありますが、朝の小学校の登校時間、下校時間、夕刻から夜にかけてのパトロールを実施し、月間350〜400km走行しています。

青パトの贈呈式は小学校で行われ、小学生にも青パトはとても評判がよく、みんなが手を振ってくれたり、声をかけてきたりとしてくれるとともに、高齢化している住宅地への巡回でもスピーカーを活用することで、安心していただけるなど、地域の方々の認識度も高まり、地域に根ざした活用ができているようです。



現在の課題としては、
@ 活動エリアの拡大
地域の子どもたちが通う小学校はパトロール活動地域にあるが、中学校は活動地域外であり、中学校からパトロールの要請があっても青色灯なしで行わないといけない。
A 行政の支援
 青パト運行に関わる活動費や、青パトの保管場所などについての理解や支援をしていただきたい。
B 団体の若手人材の普及
 亀ヶ岡地区は比較的若い方の世帯が増えて小学校の在籍数も安定してきているが、
小坪交番協議会様に若手人材が増えていない。これからのことも考えて若手とともに活動していかなければいけない。
などです。



今回、急な取材の申し入れに快く受け入れをしていただき、ありがとうございました。
今回の小坪交番協議会様で取材させていただいたことをもとに、これからも日本財団は青パトの助成に力を注いでいきたいと思っています。
高丘町会 [2010年07月08日(Thu)]
今回は北海道函館市を拠点として活動されている高丘町会さまから活動報告が届きましたので、そのまま原文で記載させていただきます。

わが輩は「青パト」である。この町に来て1年になろうとしています。
この町とは北海道の南端にある函館市という人口283,751人、面積677.92平方km、東経140度44分・北緯41度46分に位置する都市で、市の木は「おんこ(いちい)」、市の花は「つつじ」、市の鳥は「ヤマガラ」、市の魚は「イカ」で冬期間も比較的温暖な所、この市は近隣の町村と合併し現在206町で構成されており、この北部に面積は約61ha、世帯数1,600世帯、人口3,100人の「高丘町」という町名の地域が「わが輩」のいるところです。



 この地域の特徴は海抜が約30m前後の平地に昭和40年頃より高専、大学の誘致に伴い急速に宅地化が進み現在では高専・大学以外に幼稚園・小学校・中学校・短期大学等も整備された学園地区になり、さらに高齢者福祉施設が6カ所もある学園と福祉と戸建での住宅地の混在した地域です。
 環境整備や道路整備も進み、交通量の増加とともに交通事故や防犯面の悪化も懸念されるようになってきたときに、「青色防犯パトロール車両(青パト)購入資金助成」が有ることを知り応募したところ幸運にも助成されることになり、「わが輩」が参上した次第です。
 町会に属する「わが輩」は、10名のパトロール実施者の函館市高丘町会青色パトロール隊の中心的存在で、毎日、町内全域をパトロールしています。
 環境明美な地域のために、昨年の夏に森の熊さんが挨拶に現れ住民を驚かせ「わが輩」のパトロール回数や時間も何時もより長く実施されました。いまだに熊さんは行方不明ですが、森に帰ったのではないかと思っています。
 気温が上昇し天候が良くなってくると、気持ちが開放的になるのか思考回路がショートした人間が現れ、学校等の施設関係の周辺から通学路全体の緊急パトロールに出発。青色回転灯や、防犯パトロール中のステッカーを貼付し装備した「わが輩」は、不審者の警戒に交通事故の防止にと日々走り回っています。



 パトロールの時間やコースはパトロール実施者に一任しているため、常に各自の行動が違い逆に不審者にとって予測がつかないことが犯罪の抑止力になっていると考えています。



高丘町会さまは、2009年の9月に青パト助成され、当初は4名で運行していましたが、現在では総勢10名で運行しているとのことです。この青パトが導入を機に、他に2台の自家用車も青パトで活動することになり、より防犯活動に力を注ぎ、活動エリアも広がりつつあるようです。今ではこの青パトの活動が多くのお方々に認められ、地域や学校から感謝されるとともに、住民の防犯に対する意識レベルも向上してきているとのことです。また、「青色パトロール隊結成出発式」では、近隣の大学の学長も参加し、今後は大学と町会が連携して治安維持活動がでればとも語ってくれたようです。



これからの地域や学校などと協力した防犯活動、よろしくお願いいたします。