CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
プロフィール

チーム青パトさんの画像
チーム青パト
プロフィール
ブログ
検索
検索語句
リンク
最新記事
月別アーカイブ
8/4(土) 長崎県時津町での出発式 [2012年08月05日(Sun)]
じめじめ、暑い日晴れが続いていますが、全国の青パト活動をされている皆様は、いかがお過ごしでしょうか。くれぐれも熱中症たらーっ(汗)にならないように、水分を十分にとり、活動を頑張ってくださいグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)

さて、先日長崎県時津町で行われた「青パト出発式」に参加してきました。
この出発式は、時津町が「日本一安全な街づくり宣言」を行うために開かれた町民大会と合同で行われ、町内のたくさんの関係者にお披露目することができました。

IMG_1148[1].JPG

当財団 常務理事 佐藤英夫が登壇させていただき、ご挨拶をさせてただきました。

実際に、青パト専用車をお見せすると同時に、時津町防犯協会が行う青パト活動についての紹介もすることができ、大変有意義な会でありました。
出発式の際に、町民の方々に囲まれて出発する隊員さんの照れた顔が印象的でした。ハートたち(複数ハート)

IMG_1165[1].JPG

隊長の松田さん

IMG_1162[1].JPG


時津町は、長崎市内から車で20分ほどのところに位置し、山と海に囲まれた人口約3万人の町です。近年長崎県内で、人口流出が懸念される中、唯一人口が増えている地域なんですよ〜!
それも納得、長崎市と時津町をつなぐトンネルを出たとたん、きれいな海の青と山の緑が印象的な自然豊かなところでした。時津町の海では、イルカも時折姿を見せるそうですよ!

2011年度に青パトの助成をさせていただいた「時津町防犯協会」は、松田郁夫隊長を筆頭に、2010年より個人車5台で活動を開始され、今では地域のさまざまな団体(PTA、各校区のパトロール隊、時津警察署等)を巻き込み、時津町全校区を、ほぼ毎日見回り活動をされている団体です。
隊員の皆様は、平均年齢60台前後にも関わらず、笑顔が印象的で、超元気!
「60歳なんて、まだまだ若者ったい!」といいはる隊員さんに、心強さを感じました。
そもそも、本当に60歳なんて、お若いですよね!失礼いたしましたふらふら

隊長をはじめ、隊員の皆様は、時津町役場の方々とも、とてもよい関係を築かれていました。
冗談まじりの会話の中にも「ちょくちょく」活動経費の助成についての申し入れを忘れない・・そんなお茶目な一面が、地域の方々に愛される秘訣なのだと感じました。

長崎県内では、大村市をはじめ、この時津町で3台目。
これからも全国の青パト活動を応援する、日本財団でありたいと思います。
この夏も、頑張りましょう〜!パンチ






【決定!】第2回全国青パトフォーラムの開催日 [2012年08月05日(Sun)]
全国で青パト活動に取り組んでいる皆様、またこれから活動のご検討をさせている皆様へ

今年の3月17日(土)に、東京の当財団ビルにて第1回目のフォーラムを開催させていただきましたが、なんとなんと「2013年第2回目の青パトフォーラム」も開催できることが決定いたしました。わーい(嬉しい顔)

今回の開催地は、大阪です手(チョキ)
関西エリアの団体様は、もちろん!全国の元気な方々がご参加させることを楽しみにしております。
第2回目も、基調講演や分科会を設ける計画をしております。詳細につきましては、追ってご連絡させていただきたいと考えておりますので、まずは、日程のご予定をお願いいたします。

「第2回全国青パトフォーラム」の開催決定!
日付:2013年3月9日(土曜)
場所:大阪国際交流センター
※第一回全国青パトフォーラムについては、報告書をご参照ください。

何か不明な点がございましたら、公益チーム 青パト担当者までご連絡ください。
では、大阪で会いましょう!!!!!!!!





ブロック別防犯ボランティアフォーラム [2012年07月09日(Mon)]
先日、警察庁主催の各ブロック別防犯ボランティアフォーラムに参加しました。
近畿ブロック大会の写真です。大阪ブロック写真2.JPG各団体とも、それぞれの特色ある活動をたくさん発表されていました。
真野北学区自主防犯推進協議会様の発表では、「みんなで作ろう安心のまち」ということで、青パトを使った取組みの他にも様々な取り組みをされていることが紹介されました。

 最後に、財団の「青パト」助成事業についても紹介させていただく時間をいただきました。本当にありがとうございました。
大阪ブロック写真.JPG
青パト大活躍2 [2012年07月05日(Thu)]
みつい台自治会様の活動の続きです。
「カラスとウグイス」は効果的
防犯パトロールの車中から、地域に呼びかけるアナウンスにもひと工夫
女性の声(ウグイス)は、やさしく地域の方に響き
男性の声(カラス)は、力強く地域の方に届いているそうです。
呼びかける際の1つの工夫ですね。
みつい台写真2.JPG
青パト大活躍 [2012年07月02日(Mon)]
先日、以前に助成させていただいた「八王子みつい台自治会」様の活動の様子を見学させていただきました。実際に青パトに同乗させていただきパトロールにも参加させていただきました。パトロールをしていると、地域の方から挨拶をされるなど地域の方々に認知されているのが実感できました。パトロールの他にも多様な活動に青パトを活用していただき、地域の絆を紡いでいただいているのがよく分かりました。みつい台自治会の皆様、本当にありがとうございました。
photo.jpg
 

【必読】2012年度青パト申請についてのお知らせです! [2012年05月17日(Thu)]
青パトは、地域の安全を見守ると共に、地域の絆づくりにも貢献しています。
「2012年12月中」に、青パトを配備したい!!演劇とお考えの方は、ぜひこの機会にご応募ください。
※青パト事業については、日本財団ホームページより、「青パトの配備」のページをご一読ください。

◆申請書請求について眼鏡
【申請書請求期間】
2012年5月21日(月)〜6月15日(金)

【申請書請求方法】
日本財団コールセンター
TEL.:03-6229-5111
メールアドレス:cc@ps.nippon-foundation.or.jp

◆申請について

【申請期間】
〜6月22日(金)(消印有効)

【対象となる団体】
申請時に、「青色回転灯を自動車に装着して適性に自主防犯パトロールを実施することができる団体であることの証明書」を所持し、活動している団体。

【補助率と助成金額について】
補助率は事業費総額の80%以内で、助成金の上限金額は130万円、
主な経費は、青色回転灯装備の新車(白の軽自動車)の購入代金及び
日本財団指定の車両塗装経費(約20万円:メーカー、車種により変動)

※任意保険、ガソリン代、青パト出発・贈呈式開催費は対象外です。

【提出書類】
@申請書
A青パト運行証明書(写し)※「申請証明書」ではなく、県警本部長などから
申請団体名で受けたもの
B会則または定款、寄附行為(防犯活動が業務に記されている必要があります)

以上3つの書類を必ずご提出ください。

【申請書送付先】
〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2
日本財団 公益チーム 青パト担当

※封筒の表に「青パト申請書在中」(朱書き)と記入してください。
※提出いただいた申請書及び添付資料は返却いたしませんので、ご了承ください。
※控えとしてお手元に申請書のコピーを1部、必ず保管して下さい。


【注意点】
助成決定後、納車の際には、地域の方に広く活動を知ってもらうために、
贈呈式を開催していただきます。

【結果通知予定】
2012年9月頃までに、書面にてご連絡いたします。

【お問い合わせ先】
日本財団 公益チーム 青パト担当 TEL.:03-6229-5161
※なお2013年1月以降に、防犯パトロール車の配備をお考えの方は、お気軽にご相談ください


たくさんのご応募をお待ちしております手(パー)信号
日本財団全国青パトフォーラムそのB [2012年03月29日(Thu)]
続いては、基調講演です。

DSC00396.JPG
科学警察研究所 犯罪行動科学部 犯罪予防研究室長 島田貴仁氏

始めに、日本やアメリカの青パト活動の状況を紹介され、青パトの犯罪抑止効果についてお話しいただきました。

そして、費用の問題や、メンバー高齢化など、正に今回の分科会のテーマが、持続可能な防犯活動ができるかどうかの重要な要素であると、データをもとにご指摘くださいました。

最後に、効果的に活動するためのコツとして、計画→実行→評価→改善PDCAサイクルの勧めと、地域を知り犯罪を知ることの重要さを教えていただきました。

飽きさせないお話で、開会から2時間超にも関わらず、みなさんしっかりと聞いていらっしゃいました。

DSC00400.JPG

科学警察研究所というと、なんか堅苦しいイメージもありますが、島田さんの腰の低い、ユーモラスな話し方が、とっても好評ひらめきでした。

島田さんありがとうございました。

次は、分科会です。

青パトの活動を継続する上で、最も問題になるテーマを設定しました。

分科会Tでは「活動費用について」交流しました。
町内会の各家庭から100円ずつ集めたり、企業から協賛金を得たりしている事例が報告されました。
また、地元の企業のCSR(社会的責任・貢献)として、お金を出してもらえるといいという意見もありました。
しかし、自分たちのまちを自分たちで守るには、まず手を取り合った活動であるべきで、会費制や、有償ボランティアも良い方法であろうという報告がありました。
自分でお金を出して活動することは、それがステータスにもなります。隊員増加や持続可能な組織の維持にもつながるのでは、ということで、分科会を終了しました。

DSC00415.JPG

分科会Uでは「組織運営について」ということで、高齢化や隊員の顔ぶれが変わらないという団体が、多数集まりました。
まず、女性隊員が4割もいることで、組織が元気である例が報告されました。
学校としっかり連携して、先生に同乗してもらうことで、活動が充実できているというほうこくもありました。
また、隣町と共同で専用車を運行することで、ドライバーが一気に50名も増えた団体からは、連携が重要という意見が出ました。
青パトのシェアリングを実施している団体もあり、青パトの活動の更なる可能性を感じた分科会となりました

両分科会の報告の後、島田先生から、
会費制や有償ボランティア、シェアリングなどはまさに、これからの活動のヒントになると講評をいただきました。

最後に、
フォーラム終了後の懇親会には、100名を軽く超える方が参加され、有意義な情報交換の場となりました。

次回は大阪で開催したいと思っていますので、今後も日本財団を、そして担当する公益チームをよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)

DSC00339.JPG
日本財団全国青パトフォーラムそのA [2012年03月17日(Sat)]
続いては事例発表です。

DSC00366.JPG

明大前商店街振興組合自警会


実は、明大前商店街振興組合自警会様は、
日本財団青パト助成第1号るんるん手(チョキ)なんです!


全国初!の、民間交番の設置も含め、
設立当時はやっぱり苦労も多かったとのことです。


日本財団への申請も2年半かかったとか・・・。
その節は、ご迷惑をおかけしました(笑)



DSC00378.JPG
みなさん真剣にメモをとられています
とっても勉強熱心ですよね〜。頭が下がります。



DSC00376.JPG

(特)エンター


自分たちの町内会だけではなく、
隣の町内会の人たちも巻き込んで
とにかく広範囲をたくさんの人と一緒にカバーしよう晴れ
という取り組みについて、ご紹介いただきました。




DSC00386.JPG

(特)守ってあげ隊


自分たちの活動がとりあげられたNHKの番組を
ご紹介いただきました。
また、少しくらい自己負担雷してでも、防犯活動をやりたいという
仲間わーい(嬉しい顔)を地道に増やしていこう!とおっしゃっていただきました。

そのとおりですね。

地道に、気軽に、楽しんで
が長続きのコツでしょうか。



この後は、基調講演と分科会です。

本日開催中!!!日本財団全国青パトフォーラム [2012年03月17日(Sat)]
本日、日本財団ビルにて「全国青パトフォーラム」が
開催されています。


DSC00372.JPG


あいにくの雨雨で足もとの悪い中、
約200人の自主防犯活動に関わる方々が
北は北海道から、南は九州まで・・・
全国各地から集まってくださっています新幹線バス飛行機!!


外は寒いですが、中は熱く盛り上がっています!

DSC00374.JPG


最初に、主催者挨拶として、
日本財団理事長尾形武寿より挨拶させていただきました。


DSC00348.JPG


「限られた財源の中で良い事業をしていくために、
今日一日を有意義に使ってぜひいろんな知恵を出し合ってください」

と挨拶させていただきました。



DSC00355.JPG

警察庁生活安全局生活安全企画課長の、
宮城直樹様他ご来賓の皆さまにも、
熱い熱いメッセージを頂戴しました。

ありがとうございます!!


引き続き、盛り上がって参ります!
NPO法人魚津市西部地域振興協議会 [2011年10月06日(Thu)]
衣替えの季節、みなさん風邪など引いていませんか?
青パトの活動も健康に気を付けて、暖かい服装でお願いいたしますびっくり

さて、本日ご紹介するのは、富山県魚津市で活動されている
NPO法人魚津市西部地域振興協議会さまです。



魚津市で最も早く青パトの運行を始めた団体さまで、上中島校下をパトロールしていらっしゃいます。
現在はPTAや防犯組合、自治会などから30名のドライバーで活動中です。

近辺は交通の要所となっているため、犯罪も増加中注意。ますます青パトの活動が重要になっているとのこと。
しかし、魚津市は小学校下を超えた青パトの活動がほとんど認められないため、横の連携をどう取るかが課題でもあるようです。

また、最近はお年寄りの見回り活動も実施中だそうです。


こちらが活動拠点の「もくもくホール」入口。山の駅にもなっています。



NPO法人としての業務はほかに、巡回バスやもくもくホールの管理があり、
パークゴルフ場や炭焼き小屋、陶芸教室の運営をなさっています。
特に、パークゴルフ場はNPOの自費で作られ、モデルになっているそうです。

すぐ裏山には松倉城址、升方城址があり、富山湾を一望できるスポットになっていました。
地の利を活用した地域の活性化を目指し、日々思索を練られていらっしゃり、
この取材の翌日には、雑草を食べてもらう山羊を3匹、大分県から連れてくる予定で、
「子どもたちのアイドルに育てたい」と、熱く語っていらっしゃいました笑顔



青パトを中心に、地域が活性化できるよう、日本財団は今後も青パトの活動に協力していきますキラキラ