CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年04月 | Main | 2020年06月 »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
映画「蟻の兵隊」上映会〜全国上映ツアーin鳥取〜[2020年05月13日(Wed)]
B5チラシ表.jpg
映画「蟻の兵隊」上映会〜全国上映ツアーin鳥取〜
上映終了後、池谷薫監督トーク
―私たちは上官の命令に従い、蟻のようにただ黙々と戦った。終戦直後の山西省で何が起こっていたのか?
中国山西省で終戦を迎えた北支派遣軍第1軍の将兵2,600人は、武装解除を受けることなく残留。国民党軍の部隊として、戦後4年間共産党軍と戦い、550人が戦死した。生き残った者も700人以上が捕虜となり、ようやく引揚げることができたのは、日本が高度経済成長に突入しようとする昭和30年頃のことだった。“軍の命令で残った”と主張する元兵士らは“志願による残留”とみなされ、戦後補償に応じない国を訴え続けている…。
監督・池谷薫、2005年製作
日時:2020年8月23日(日)午後2時
場所:とりぎん文化会館第1会議室
入場料 一般前売券1.000円(当日券1.300円)、小中高生前売券500円(当日券800円)
鳥取市文化祭参加
主催:鳥取コミュニティシネマ
お問い合わせ先:電話080-8907-9293、メールtorikomi@jt4.so-net.ne.jp
コピーライト:(C)Ren Universe, Inc
「爆心 長崎の空」上映会の延期について[2020年05月04日(Mon)]
「爆心 長崎の空」ポスターチラシデザイン.png
被爆75年・映画「爆心 長崎の空」上映会の延期について
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年7月18日(土)、鳥取市民会館大ホールで開催予定の被爆75年・映画「爆心 長崎の空」上映会を延期します。
延期後の日程は、2020年12月20日(日)、鳥取県立博物館講堂、になります。ご理解のほどよろしくお願いします。
被爆75年・映画「爆心 長崎の空」上映会
―たくさんの命が失われた長崎爆心地周辺のこの街で今を生きる人々が巡りあい、それぞれの過去を受け入れ、あたらしい一歩を踏み出す再生への8月9日をむかえようとしていた―坂の上の団地に住む長崎大学3年生の門田清水は、父母と平凡だが幸福な日々を過ごしている。陸上部で汗を流し、医学生の光太とのデートを楽しむ日々。将来のことは漠然としているが、何の不安もない、明るく純粋な少女だった。ある日、母とケンカしたその夜、母が心臓発作で亡くなった。あまりの突然の出来事に、清水はその死を受け入れられない。母からの電話を無視した罪悪感に押しつぶされそうで、言いそびれた「ごめん」を言葉にすることもできなかった…。               
監督:日向寺太郎、原作:青来有一「爆心」(第43回谷崎潤一郎賞、第18回伊藤整文学賞を受賞)、出演:北乃きい、稲森いずみ、柳楽優弥、佐野史郎、(2013年、98分)                                    
日時:2020年12月20日(日)午前10時30分と午後2時からの2回上映          
場所:鳥取県立博物館講堂                            
入場料:1.000円(当日券1.300円)、小中高生前売券500円(当日券800円)           後援:鳥取市、鳥取市教育委員会、鳥取県教職員組合東部支部、鳥取県高等学校教職員組合東部支部、新日本海新聞社                           
主催:鳥取コミュニティシネマ                          
連絡先:電話080・8907・9293、メールtorikomi@jt4.so-net.ne.jp鳥取コミュニティシネマへ。                               
コピーライト: (C)2013 「爆心 長崎の空」パートナーズ


検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

鳥取コミュニティシネマさんの画像
https://blog.canpan.info/tcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tcc/index2_0.xml