CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 被爆77年・映画「おかあさんの被爆ピアノ」上映会 | Main | ベトナム映画「草原に黄色い花を見つける」上映会 »
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
被爆の語り部をうけつぐ自主上映[2022年06月09日(Thu)]
サブ3.JPG
サブ2 (1).jpg
サブ6.jpg
被爆77年・映画「おかあさんの被爆ピアノ」上映会
◎便利でお得なチケット予約(前売券代金、当日精算)をお薦めします。電話080-8907-9293、メールmasuo@jt4.so-net.ne.jp、フェイスブックで、氏名、午前か午後か(メールの場合は電話番号も)をお知らせください。

原爆が投下してから77年目を迎えます。鳥取コミュニティシネマが年に一度、特別の思いを持って催す上映会があります。被爆の語り部をうけつぐ自主上映です。
被爆70年の節目の年に、「ひろしま」の上映から開始し、その後、「原爆の子」「黒い雨」「夕凪の街 桜の国」「父と暮らせば」「爆心 長崎の空」「いしぶみ」を上映。今年の被爆77年は、「おかあさんの被爆ピアノ」を上映します。

原子爆弾の投下によって被爆したピアノを介して出会う 広島の現在と過去を映し、人々の姿を通して 、広島の現在と過去を映し出す。
広島の調律師・矢川光則は、修理・調律、自ら4トントラックを運転して全国に被爆ピアノの音色を届けてまわることに。
東京で生まれた江口菜々子は大学で幼児教育を学び幼稚園教師を目指しているものの将来について漠然としている。被爆ピアノの一台を母・久美子が寄贈したことを知った菜々子は、被爆ピアノコンサートに行き、矢川と出会う。矢川を通して被爆ピアノ、広島のことを考えるようになり、祖母のことを知るうちに自身のルーツ探しをしていく。

監督:五藤利弘/出演:佐野史郎、武藤十夢(AKB48)、森口瑤子
日時:2022年7月29日(金)  @10:30 A14:00 B18:30
場所:鳥取市民会館 大ホール
入場料:一般前売券1.200円(当日券1.500円)、小中高生前売券700円(当日券1000円)
◎前売券は、鳥取市文化センター、鳥取市民会館、とりぎん文化会館、鳥取県立博物館ミュージアムショップでお求めください。
特別後援:鳥取県生活協同組合連合会、鳥取県生活協同組合、鳥取医療生活協同組合、鳥取県教職員組合東部支部、鳥取県高等学校教職員組合東部支部
後援:鳥取市、鳥取市教育委員会、新日本海新聞社
主催:鳥取コミュニティシネマ
連絡先:電話080-8907-9293、メールmasuo@jt4.so-net.ne.jp
(C)2020映画「被爆ピアノ」製作委員会

この記事のURL
https://blog.canpan.info/tcc/archive/99
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

鳥取コミュニティシネマさんの画像
https://blog.canpan.info/tcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/tcc/index2_0.xml